« 情報処理学会第80回全国大会で学生奨励賞受賞 | トップページ | ゲームデザインに関する2つの研究発表:日本デジタルゲーム学会での研究発表(岸本研究室) »

インドネシア弾丸旅行2018(その2) ICOIACT2018におけるKeynote Speech

|

2018年3月6日に、インドネシアのジョグジャカルタにあるUniversity of AMIKOM Yogyakarta主催の「ICOIACT2018:International Conference on Information and Communications Technology」で招待講演を行いました。
"OPPORTUNITIES AND CHALLENGES ON INTELLIGENT SYSTEMS FUTURE INNOVATION"を大きな目標として実施されるこの会議の招待講演ということですので,今まで取り組んできたキャラクターメイキングの研究を”INTELLIGENT”の視点で解説してみようと考えました.


そこで講演は、コンテンツプロダクションテクノロジー分野の研究成果をもとに”Character Making using Small Data of Experts Intelligence”としました.

P01

現在の情報関係のキーワードにBig dataとAIがあります.Big dataに対してSmall data,Artificialに対してExpertsを対応させて,専門家の知能や知識を活用するという見方で今までの私たちの研究を解説しました.

P02

P03

P05

会議では招待講演はKeynote Speechとしてまとめられていて,3名がまず30分程度の講演をして,その後3名の講演者に対して20から30分程度の質問時間が用意されていました.私の話にも興味を持っていただいたようで数名から質問がありました.
次の写真は3名のKeynote Speakerです.また会議の関係者の写真,プレゼントされた記念の楯です.

29101063_1880941691950938_821708425

28959178_1880942028617571_863847647

29177711_1883680031677104_727496021

■インドネシア弾丸旅行2018(その1) University of AMIKOM Yogyakartaとの提携調印式  2018.03.14
http://blog.media.teu.ac.jp/2018/03/20181university.html
このAMIKOMのことは後日詳しく紹介します.まずは,次の昨年の訪問記事を読んでください.
■昨年の訪問記事
AMIKOM大学の見学 (インドネシア訪問その2)2017.11.22
http://blog.media.teu.ac.jp/2017/11/amikom2-b36d.html


大学院メディアサイエンス専攻 近藤邦雄

コンテンツ」カテゴリの記事

卒業生向け」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 情報処理学会第80回全国大会で学生奨励賞受賞 | トップページ | ゲームデザインに関する2つの研究発表:日本デジタルゲーム学会での研究発表(岸本研究室) »