« 武器マニアも納得するFPSゲームの難易度調整手法?:日本デジタルゲーム学会での研究発表(三上研その4) | トップページ | 学生らがゲーム開発会社を見学 »

ゲーム企画会議でアイデアをすぐにゲーム画面にするツール?:日本デジタルゲーム学会での研究発表(三上研その5)

|

メディア学部の三上です.

3月2日,3日に福岡工業大学において日本デジタルゲーム学会の年次大会が開催されました.メディア学部からは,三上研究室,渡辺研究室,岸本研究室から9件の発表がありました.

今回は三上研の卒業研究の4年生の小川峻也君が研究した内容の発表について紹介します.

2018digra051

この研究は「ゲーム制作のブレインストーミングにおけるアイデア可視化システム」と題して,ゲームの企画会議などの場で,瞬時にアイデアを可視化しゲーム画面のイメージをつかむシステムを開発しました.

2018digra052_3

ゲーム制作における企画会議を行う際に,各々が出したアイデアを整理し,まとめるためにKJ法を用いたブレインストーミングが行われることが多くあります.本研究はブレインストーミングでのアイデアの可視化を支援することを目的として、アイデアを即時に可視化するツール「TagViz(タグビズ)」を開発しました.

「TagViz(タグビズ)」では,ゲームに登場するようプレイヤーや敵,攻撃方法などをメモしたタグをドラッグするだけでゲーム画面上に出してくれるというツールです.

ツール上では,ゲームの視点や画角などを瞬時に調整できたり,キャラクターの移動速度などを調整することができます.

これで実際のゲームイメージをかなり共有することができるようになりました.

ツールの開発後は,評価実験を行いツールの有用性について考察しました.その結果,本ツールを使用することで使用者が思い描くゲーム設計の可視化とそれに伴ってブレインストーミング中にアイデア創出を促進させることができるという結果が得られました.

文責:三上浩司

イベント」カテゴリの記事

インタラクション」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

卒業生向け」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

広報」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 武器マニアも納得するFPSゲームの難易度調整手法?:日本デジタルゲーム学会での研究発表(三上研その4) | トップページ | 学生らがゲーム開発会社を見学 »