« 2017年度社会系学会報告(2):ビジネス科学学会九州支部会 | トップページ | 映像表現・芸術科学フォーラムにおける発表と受賞 »

2017年度社会系学会報告(3):進化経済学会全国大会

2018年4月11日 (水) 投稿者: メディア社会コース

年度末の九州地区学会の3回目は、進化経済学会全国大会の模様を紹介します。今年度の進化経済学会全国大会は、329日(木)・30日(金)の両日、九州大学箱崎キャンパスで開催されました。


箱崎キャンパス文系地区中門より(3/29筆者撮影)

九州大学は、本年夏には、伊都新キャンパスへの移転を完了する予定で、箱崎キャンパスでは今まさにその歴史に幕が引かれようとしていました。歴史ある箱崎キャンパスの跡地については、同大学のホームページを見る限りはっきりしませんが、すでに移転を完了した工学系地区などでは建物の取り壊しが進んでいました。

http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/university/campus/hakozaki-campus/

 


箱崎キャンパスのシンボル、本部庁舎(3/29筆者撮影)

さて、本大会報告では、学会長である中央大学教授の有賀裕二先生「進化経済学のためのミクロ的基礎理論」が圧巻でした。久々に先端的な研究成果に接するとともに、経済現象における数理的な構造の解明、アプローチへの取り組みに大いに刺激を受けた1日となりました(同報告は2日目30日に行われた)。

(メディア学部 榊俊吾)

 

研究紹介」カテゴリの記事

« 2017年度社会系学会報告(2):ビジネス科学学会九州支部会 | トップページ | 映像表現・芸術科学フォーラムにおける発表と受賞 »