« 「背景になじむ親和性と操作しやすい顕著性のはざまで・・・」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その5) | トップページ | 「人間が描いたような炎をプログラムでどう生み出すか?」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その6) »

講演告知:他者に伝える〜ことば・視線・身振り〜

2018年5月20日 (日) 投稿者: メディア技術コース

今週の土曜日(2018/5/19)、立命館大学で講演をします。

会話では、話し手がかわるがわる交替します。
・どんなタイミングで話し出せば良いのでしょうか?
・たくさんの参加者がいる場合、誰が話し出すのがふさわしいのでしょうか?
日本語において、誰がいつ話し出すのが適切かを知らせる言語的要素や視線・身振りといった非言語的要素についてお話します。
招待してくださった立命館の先生が作ってくださったパンフレットを掲載しておきますね。

Handbillenomoto

残念ながら、非公開です。立命館の学生さんしか受講できません。
また、講演内容は後日こちらにアップします!
榎本

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「背景になじむ親和性と操作しやすい顕著性のはざまで・・・」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その5) | トップページ | 「人間が描いたような炎をプログラムでどう生み出すか?」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その6) »

« 「背景になじむ親和性と操作しやすい顕著性のはざまで・・・」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その5) | トップページ | 「人間が描いたような炎をプログラムでどう生み出すか?」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その6) »