« チュラロンコン大学からのインターン学生が活動開始 | トップページ | 6月17日(日)今年度最初のオープンキャンパス開催! PRブログ第一回:メディアコンテンツコース編 »

メディア専門演習「空間インタラクティブコンテンツ」の紹介

|

メディア専門演習は、2年生後期と3年生前期にある必修の授業です。20個ほどのテーマの中から希望のテーマを2つ選び、それぞれについて、半年ずつ受講します。
テーマの一つである「空間インタラクティブコンテンツ」では、プロジェクションマッピングや、LeapMotionを使った映像作品を制作します。LeapMotionとは、空中で動かした手のジェスチャを認識する装置です。
今期も、受講している皆さんが、それぞれ作品を制作している途中です。

昨年度の演習で制作された作品の中から3点をご紹介します。いずれも、プロジェクションマッピングの作品です。
1つ目は、画用紙で作った模型に投影した作品です。中心にある小さい立方体は、実際には存在しませんが、あたかも半透明の立方体が置かれているように見えます。

Img2

2つ目は、白い立方体を部屋に見立て、その中にCGで制作したキャラクターや家具を配置した作品です。部屋の2方向からの映像を、立方体の2面に投影しています。

P2_2

3つ目は、ギターに投影した作品です。音楽に合わせて、色と模様が刻々と変化するものです。

Guitar_2

今年度の作品についても、後日、ご紹介したいと思います。

(椿郁子)


コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« チュラロンコン大学からのインターン学生が活動開始 | トップページ | 6月17日(日)今年度最初のオープンキャンパス開催! PRブログ第一回:メディアコンテンツコース編 »