« 【広告はいつも今と向き合う③】ソーシャルディスタンス/新習慣を根付かせるために(メディア学部 藤崎実) | トップページ | 【広告はいつも今と向き合う⑤】2020年、自粛生活中の中高生のリアルな日常/今は家で過ごそう(メディア学部 藤崎実) »

【広告はいつも今と向き合う④】ソーシャルディスタンス/出かけるのはやめよう(メディア学部 藤崎実)

2020年5月 7日 (木) 投稿者: メディア社会コース

2020年の今現在、世界は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と向き合っています。少しでも感染を広げないためにも、新しい習慣が必要です。そのひとつがソーシャルディスタンスです。

ソーシャルディスタンスは「社会的距離」という意味で、できるだけ人と人の距離を空けようという呼びかけです。世界の自動車会社、アウディやフォルクスワーゲン、日産も、今はソーシャルディスタンスが大切だと伝えています。それぞれを見てみましょう。

アウディは自社のロゴを使いました。アウディのロゴは4つの輪がつながっていますが、今はそれぞれ距離を置くことが重要だと訴えています。アウディのメッセージは、離れて、いっしょにいよう、というものです。#AudiTogether Keep distance, stay together

#AudiTogether: Keep distance, stay together
Photo_20200430013401

(画像引用元)Audi YouTubeチャンネルより 

YouTube動画 #AudiTogether  ←(CM)

Audi MediaCenter

続いてフォルクスワーゲンです。フォルクスワーゲンは、歴史的にすべての危機に立ち向かい、お互いをサポートしてきましたというもの。今はソーシャルディスタンスが大切だと訴えています。

We are Volkswagen - Thanks for keeping your social distance
Photo_20200430013501

(画像引用元)Volkswagen News YouTubeチャンネルより ←(CM)

Nissan - Ode To Empty Roads #TogetherWeCan #StayHome #StaySafe
Photo_20200430013402

(画像引用元)Nissan Middle East (CM→)Nissan - Ode To Empty Roads

日産の中東アカウントは、ドライブに出かけないでくださいというメッセージです。NISSANは、今までハンドルを握ることをすすめてきましたが、今は安全が重要です。道路は待っていてくれるはずなので、今は家にいましょう。 

もちろんこうしたコンテンツだけで、社会的な問題解決を行うことはできません。
また、こうしたクリエイティブそのものが不謹慎という指摘が行われるリスクも当然、発信元は考慮しているはずです。
それであっても、少しでも社会に向けた啓発を行うことで、社会に貢献したいという願いがあるはずです。

自分たちにとってできることを少しでも。そう願うクライアントや広告クリエイターやマーケターは多いのです。
平和で健康的な社会に、早く戻れますように。

(メディア学部 藤崎実)

-------------

◆【広告はいつも今と向き合う】ブログ アーカイブス
【広告はいつも今と向き合う①】2020年の広告コミュニケーションができること(メディア学部 藤崎実)

【広告はいつも今と向き合う②】国連からの公開ブリーフ/世界のクリエイターのみなさんへ(メディア学部 藤崎実)

【広告はいつも今と向き合う③】ソーシャルディスタンス/新習慣を根付かせるために(メディア学部 藤崎実)

【広告はいつも今と向き合う④】ソーシャルディスタンス/出かけるのはやめよう(メディア学部 藤崎実)

-------------



社会」カテゴリの記事

« 【広告はいつも今と向き合う③】ソーシャルディスタンス/新習慣を根付かせるために(メディア学部 藤崎実) | トップページ | 【広告はいつも今と向き合う⑤】2020年、自粛生活中の中高生のリアルな日常/今は家で過ごそう(メディア学部 藤崎実) »