« 遠隔研究指導で激烈に便利なアプリ5選 (後半) | トップページ | 読書について1(夜と霧) »

メディアサイエンス先端特別講義Iのお知らせ

2020年6月14日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部助教の兼松です.
今日は大学院メディアサイエンス専攻の特別講義のご案内です.

6月25日(木)から3週に渡ってウプサラ大学(スウェーデン)の林先生をお招きし,コンテンツ制作や関連研究に関する講義を行います.
林先生には昨年度も「メディアサイエンス先端特別講義II」として,TV番組制作やTVMLを用いた番組制作に関する講義をしていただきました.
今年度は内容が昨年度とは違ったものになっています.
また,科目名も今年度は「メディアサイエンス先端特別講義I(昨年度はII)」ですので別授業扱いです!
昨年度”II”を履修していた方も履修できます.

大変貴重な機会ですので,お誘い合わせの上,是非ご参加ください.
受講方法(zoomのアドレスなど)は,メディアサイエンス専攻のメーリングリストなどで追ってお知らせします.
ご不明な点や質問は菊池先生,または兼松までお送りください.

====================

大学院メディアサイエンス専攻 2020年度「メディアサイエンス先端特別講義I」

テーマ:バーチャルミュージアムとメディア研究
講師:林 正樹(Masaki Hayashi)准教授
(Sweden, Uppsala University:メディア学部の提携大学)
実施方法:オンライン講義(Zoom)

講義日程と内容
6月25日(木),7月2日(木),7月9日(木)の各日2コマずつ(4,5限)開催
(4時限 15:10~16:50,5時限 17:05~18:45)

(1)6月25日(木)ウプサラ大学ゲームデザイン学科における研究紹介(4,5限)
 当学科で行われている先端研究:Text-To-Vision、バーチャルミュージアム(今回の講義・実習のメイン)、Neurodrugなどをデモを交えて紹介する。

(2)7月2日(木)バーチャルミュージアム on Unityの操作実習(4,5限)
 各自のノートPCの上で、バーチャルミュージアムのプロジェクトを使って、Unity GameEngineの基本操作を実習した上で、自分のミュージアムを作成する実習を行う。

(3)7月9日(木)3Dスキャニングとバーチャルミュージアム実習(4,5限)
 3Dスキャニングの基礎知識と、Photogrammetry手法を使った実際の3Dスキャンを行い、これをUnityに取り込んでバーチャルミュージアムで展示する実習を行う。最後にコース課題(自分のミュージアム展示の製作)の説明をする。

課題提出の最終締め切り:7月23日(木)

====================  

(文責:兼松祥央)

お知らせ」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

授業紹介」カテゴリの記事

« 遠隔研究指導で激烈に便利なアプリ5選 (後半) | トップページ | 読書について1(夜と霧) »