« 2020年度卒業研究の風景 | トップページ | 2021年度卒研生選抜 »

2020年度学会報告の見込み

2020年9月10日 (木) 投稿者: メディア社会コース

今年度は、学会が、軒並み、中止、延期になっています。開催予定のものも、オンライン実施が大半のようです。当卒研でも、例年、少なくとも以下の学会報告を予定していましたが、大きな変更を迫られています。

情報文化学会北海道支部研究会(北大5月→中止)

ビジネス科学学会全国大会(福岡中村学園大6月→12月延期)

情報コミュニケーション学会研究会(明治大学7月→オンライン開催、不参加)

情報文化学会全国大会(東大10月→オンライン開催)

社会情報学会関東支部会(茨城大学11月→未定)

社会情報学会中国四国支部会(島根大学12月→未定)

ビジネス科学学会九州支部会(福岡中村学園大12月→延期の全国大会と共催)

社会情報学会中国四国支部会(高知大学2022.2月→未定)

この中、情報文化学会全国大会で、H君が「アニメ業界の現状と課題」をテーマに、S君が「個人の動画配信によるビジネスについての研究」をテーマに、本年度初の報告を予定しています。このほか、ビジネス科学学会九州支部会も現地で、あるいは少なくともオンライン開催を予定していますので、両君に続いて欲しいと思っています。

(メディア学部 榊俊吾)

研究紹介」カテゴリの記事

« 2020年度卒業研究の風景 | トップページ | 2021年度卒研生選抜 »