« 第7回東京都立戸山高等学校Symposium for Women Researchers(SWR)の講師として参加 | トップページ | ふなばし三番瀬学習館のオンラインワークショップについて »

ソーシャル・デザイン論 ゲストスピーカー 水谷衣里氏 世田谷コミュニティ財団

2021年2月23日 (火) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは!社会メディアコースの 飯沼瑞穂です。メディア学部の、2020年度秋学期の講義科目はすべてオンラインで実施されました。

私の担当している 3年生専門科目「ソーシャル・デザイン論」も同じく、すべてオンラインで行いました。

本授業では、持続可能な社会の実現のための仕組みやビジネ、デザインなどについて取り扱っています。(旧授業名:ソーシャル アントレプレナーシップ)今年のゲストスピーカーは水谷衣里氏でした。 以下の写真はその際に水谷氏が自己紹介をされている様子です。

株式会社 風とつばさの代表取締役をされているとともに、数年前から「世田谷コミュニティー財団」の発起人の一人となり、活躍されています。社会を良くするために、財源を調達することは大変重要な項目となってきますが、水谷氏は市民レベルで地域のために活用できるファンドを運営する方法を提唱しています。ソーシャルデザイン論では、モノや商品だけでなく、地域コミュニティのデザインも昨今、大変注目を浴びているテーマです。

Photo_20210218173301

世田谷コミュニティ財団

世田谷コミュニティ財団は、東京都で初の本格的な都市型コミュニティ財団です。社会課題の解決や新たな価値の創造につながる公益活動を広く支え、必要な資源の仲介を行い、社会を構成するすべての主体が公益を支える仕組みを構築することを通じて、「まちを支える生態系」を育むことを目的としています・・世田谷コミュニティ財団 ウェブサイトより

(分責:東京工科大学メディア学部 准教授 飯沼瑞穂)

ソーシャル」カテゴリの記事

« 第7回東京都立戸山高等学校Symposium for Women Researchers(SWR)の講師として参加 | トップページ | ふなばし三番瀬学習館のオンラインワークショップについて »