« 【シン・ウルトラマン⑥】脚本家、金城哲夫の功績(メディア学部 藤崎実) | トップページ | 大学院特別講義がはじまります(学部生も聴講可・zoom開催) »

【シン・ウルトラマン⑦】空想特撮という憧れと夢とロマン(メディア学部 藤崎実)

2022年6月 5日 (日) 投稿者: メディア社会コース

映画「シン・ウルトラマン」が2022513日に公開され、現在大ヒット中です。

私の知人が、映画「シン・ウルトラマン」の魅力は、つまるところ、空想特撮ということではないか、と言っていました。
私は懐かしい感覚を思い出しました。随分長いこと、聞いていない懐かしい言葉を聞いたためです。
それは、「特撮」であり、「空想」という言葉です。

現在、映像の特殊効果は、SFXSpecial Effectsスペシャル・エフェクツ)と呼ばれるのが一般的になっています。ですが、かつて映像の特殊効果は「特撮」と、日本語で呼ばれていたのです。

日本でSFXという言葉が一般的になったのは、いくつかの節目があると思いますが、中子真治さんの『SFX映画の世界』(1983年)や、『シネフェックス 日本版1号』(1983年)でSFXというコトバが使われたことがきっかけだったと記憶しています。
実は私はSF映画が好きで、当時それらの書籍を購入したので、よく覚えているのです。

さて、話を「シン・ウルトラマン」に戻しましょう。
映画のタイトルには、何と、「空想特撮映画」とはっきり書いてあるではないですか。

__20220522033801

(画像出所)YouTube 東宝MOVIEチャンネル 内『シン・ウルトラマン』予告【2022513日(金)公開】より(https://www.youtube.com/watch?v=2XK23KGM-eA


そこでYouTubeで、かつての「ウルトラマン」のタイトルを探してみると…。
タイトルには、何と「空想特撮シリーズ」と書いてありました。
こうしたサブタイトルがあったことは、すっかり忘れていました。
Photo_20220522033901

(画像出所)YouTube「ウルトラシリーズ タイトル集(Qz)」より(https://www.youtube.com/watch?v=3vmhl2mCP6o

SFXではなく「特撮」。
その言葉に、何とも言えない作家たちの手作り感覚の熱いエネルギーを感じたのです。

そして「空想」という言葉が持っている、何とも言えない青臭い感じに、懐かしさを感じました。
思い出すと、私は空想が好きな子供でした。
いえ、ウルトラマンが放送されていた当時の子供たちは、みんな空想や空想物語、空想世界が大好きだったようです。

それは、今ほどモノや情報が溢れておらず、PCもインターネットもSNSもスマホもなく、空想という世界がとても身近な世界だったからかもしれません。

おおらかで豊かな空想の世界観。正義や夢や愛やロマン、人間の弱さや強さや、善意や、人の気持ちを信じる世界観。

そうした時代に創造された世界観を、今の時代に再生したのが、「シン・ウルトラマン」だったのですね。(メディア学部 藤崎実)

在学生向け」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

高校生向け」カテゴリの記事

« 【シン・ウルトラマン⑥】脚本家、金城哲夫の功績(メディア学部 藤崎実) | トップページ | 大学院特別講義がはじまります(学部生も聴講可・zoom開催) »