« VRを利用したバトミントンのトレーニングシステム(WISS2022報告) | トップページ | 今年も開催Global Game Jam 2023 (48時間世界同時ゲーム開発ハッカソン) »

ぬくもりをメカニクスに取り込んだゲーム体験の拡張(WISS2022報告)

2023年1月 4日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です

引き続いてWISS2022(インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ)で発表した研究について紹介します.

こちらは大学院生の長谷川傑さんが開発した,温度提示を利用したボードゲーム用のデバイスにかかわる研究です.

ボードゲームなどとAR(拡張現実)技術を組み合わせて,体験を向上させる研究はいくつか事例があります.これに加えボードゲームで使うボードそのものも拡張してしまおうというのがこの研究です.

碁盤の目のようになっているボード一つ一つにアルミヒータが設置されており,それをゲームエンジンUnityとArduinoを用いて制御しています.まるで盤面の中に生物が潜んでいるような音感提示を与え,隠れている動物を探し出すコンテンツを開発しました.

2022wiss08

2022wiss07

現在はスマートフォンを通じてコンテンツを楽しんでいますが,これからさらなるデバイスへの発展も検討しています.

これからの進展に目が離せません.

文責:三上浩司

イベント」カテゴリの記事

インタラクション」カテゴリの記事

コンテンツ」カテゴリの記事

卒業生向け」カテゴリの記事

在学生向け」カテゴリの記事

研究紹介」カテゴリの記事

« VRを利用したバトミントンのトレーニングシステム(WISS2022報告) | トップページ | 今年も開催Global Game Jam 2023 (48時間世界同時ゲーム開発ハッカソン) »