お知らせ

タイ王国大使館学生部 公使参事官らの訪問

2019年7月21日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

2019年7月3日、タイ王国大使館学生部 公使参事官 ソムジャイ・クラーイスバン様と職員2名が本学を訪問しました。
現在、タイ政府派遣奨学生2名が在籍していることから、学生らの学習状況や卒業までの計画などについて報告をしました。在籍している学生は、ゲーオナーセン カンカノックさん(佐々木研究室)、リジットピアン ジャンジラーさん(近藤研究室)です。打ち合わせには本学からメディア学部長柿本正憲教授、佐々木和郎教授、近藤邦雄教授、学務課から2名が出席しました。

Photo_20190716172801

はじめに、柿本学部長から公使参事官に本学とメディア学部の紹介などをしました。その後2名の学生の履修状況などを紹介しました。本学で2名の奨学生が大変よく学習しており、大学生活を楽しんでいる様子を知っていただき、公使参事官らには大変喜んでいただけたと思います。

Photo_20190716172802


 今後は大学院生の受け入れや教員の共同研究の推進を勧めたいということを議論しました。その後、集合写真の撮影やコンテンツコンテンツセンターやメディアテクノロジ-センターの見学をしていただきました。

2e0781c7c4944b968de85e46efa343d1

この訪問の様子は、さっそく翌日の7月4日、大使館ホームページでも紹介されました。(2019年7月4日)
http://education.thaiembassy.jp/

 

P1

2019年7月21日 (日)

マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流

2019年7月19日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

本学提携校であるマレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生23名と教員2名がMSU Global Leadership Program 🇯🇵'JAPAN TIME TO TRAVEL'の一環として来学しました。
今回の訪問は、昨年4月に引き続き2回目になります。大学の見学、メディア学部などの研究教育紹介、本学の学生との文化交流を計画しました。

MSU、FISEの学生がMalaysian Floral Water Colour techniqueをメディア学部の学生に紹介したいことが一番の要望でした。そこで、教養学環の勝浦先生にご相談したところ、ちょうど訪問日に英語の講義があり、メディア学部の学生が履修しているとのことで、学生の文化交流を英語の時間に実施することとしました。おおよその予定は次のようです。
訪問は10時30分くらいから16時30分くらいとしました。午前の英語の時間でMSUの紹介をまずお願いしました。

 

Dsc_9060 Dsc_9069

その後、
Malaysian Floral Water Colour techniqueを紹介していただき、学生同士の交流を図ることとしました。

 

Dsc_9076 Dsc_9078 Dsc_9096 Dsc_9098 Dsc_9100 Dsc_9104 Dsc_9120Dsc_9124

 

MSUからの贈り物は、交流をしている片柳研究所の水彩画です。MSUの教員が写真を見て、描いたとのことです。学部長の柿本先生とAinol先生です。

Dsc_9143

続きを読む "マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流"

2019年7月19日 (金)

マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流

2019年7月18日 (木) 投稿者: コンテンツ創作コース

大学提携校であるマレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生23名と教員2名がMSU Global Leadership Program 'JAPAN TIME TO TRAVEL'の一環として来学しました。

今回の訪問は、昨年4月に引き続き2回目になります。大学の見学、メディア学部などの研究教育紹介、本学の学生との文化交流を希望されました。MSU、FISEの学生がMalaysian Floral Water Colour techniqueをメディア学部の学生に紹介したいことが一番の要望でした。

そこで、教養学環の勝浦先生にご相談したところ、ちょうど訪問日に英語の講義があり、メディア学部の学生が履修しているとのことで、学生の文化交流を英語の時間に実施することとしました。一日の訪問は10時30分くらいから16時30分として午前の英語の時間でMSUの紹介をまずお願いしました。

その後、Malaysian Floral Water Colour techniqueを紹介していただき、学生同士の交流を図ることとしました。

続きを読む "マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流"

2019年7月18日 (木)

Visual Computing 2019 での展示

2019年7月14日 (日) 投稿者: メディア技術コース

実験助手の阿部です。こんにちは。

 

先月末にあった学会発表の様子をお知らせします。

Visual Computing(通称VC) 2019 が 6/27 ~ 29 の3日間、早稲田大学で開催されていました。共同研究をさせて頂いております渡辺先生の研究室より、2名 の院生がポスター発表を行ってきました。

本学会はその名の通りCGに関する技術カンファレンスであり、国内でも最高峰のCG学会です。ですが、ポスター発表は萌芽的・挑戦的な段階での発表も多くあり、参加しやすい懐の深さもあります。

 Img_0749Img_0777

青木さんは『キャラクターイラストの洋服シワに対するシワ種別ごとの陰影自動生成手法』、津川くんは『候補経路情報を利用した動的な変化に対応する経路探索手法についての研究 』という題目でそれぞれ発表しております。両名とも学部生時代から継続して取り組んでいるテーマであり、完成が楽しみな研究を行っています。

発表時は笑顔で、裏では必死こいてプログラム作っていますので、もし彼らの発表を直に見る機会がありましたら忌憚なき意見を浴びせてあげてください。

 

さて、研究発表といえばオープンキャンパスですね(力一杯話題転換しています)。

今月もオープンキャンパスがあり、各研究室の研究成果や展示物が出展されます。特に研究成果の一部は前回からも展示場所が変更予定であり、より『研究色』に触れ易い展示になる予定です。

ぜひ皆さん足を運んでみてください。

2019年7月14日 (日)

7月14日のオープンキャンパスで音・声を研究する展示をします!(大淵・越智研究室)

2019年7月 2日 (火) 投稿者: メディア技術コース

メディア技術コースの越智です。次回(7月14日(日))開催のオープンキャンパスで、大淵・越智研究室は音・声の研究についての展示を行います。メディア学部の研究室の展示は片柳研究所と研究棟Cの二か所で行われますが、大淵・越智研究室の展示会場は研究棟C3階の号室です。今回はその内容を紹介したいと思います。

Campus002

(1)音の振動を体感する・可視化する

物を振動させるスピーカーの音を聞いて、触って音の発生を体感します。また、声や音の共鳴を可視化してさらに理解を深めます。

(2)音響処理を体験する

世界のコンサートホール・地下駐車場・倉庫など、さまざまな空間での音の響きを音響信号処理により計算して聞き比べることで、音響信号処理の基礎を体験していただきます。

(3)バイノーラル録音で高臨場感を体験する

二つのマイクで録音するステレオ録音は広く使われていますが、人間の耳への音の届き方(肩や耳たぶでの反射や頭を回り込む音など)は再現できません。ここでは、バイノーラル録音という技術により、臨場感が高いコンテンツを体感して録音技術の奥の深さを体験していただきます。

(4)音楽ライブのための、プログラミング・AI・音楽を融合したパフォーマンス

音楽ライブの演奏の進化版として、プログラミングやAIを駆使したライブ演奏についての研究を紹介します。ライブパフォーマンスの可能性をぜひご覧ください。

他にも、これまでの研究室の卒業研究の成果を展示しています。7月14日のオープンキャンパスにお越しの際はぜひ大淵・越智研究室にお立ち寄りください。

技術コース 越智

2019年7月 2日 (火)

タイのキングモンクート大学との共同シンポジウムを開催します

2019年7月 1日 (月) 投稿者: メディア技術コース

King Mongkut’s University of Technology Thonburi (KMUTT) Industrial Education and Technologyという学部と、75日(金曜日)に、東京工科大学、八王子キャンパスにおいて共同シンポジウムを開催いたします。

 

キングモンクート大学のこの学部とメディア学部は以前より、教育や研究活動での連携を行うことを取り結んでおり、共同シンポジウムも数年に一度の割合で開催しています。これまで互いのキャンパスで交互に3回行っており、今回はこちらの大学で第4回目のシンポジウムを行うことになりました。

 

過去のシンポジウムの記録は以下の記事から閲覧することができます。

 

第一回共同シンポジウム

第二回共同シンポジウム

第三回共同シンポジウム

 

 

当日の講演のタイトルやスケジュールが以下のページに記載されています。

 

https://ktcim.org/2019/jp/

 

こちらの大学とは、学生のインターンシップ交換や教員の相互訪問など行っています。興味のある方は、向こうの方達に直接話しを聞く良い機会ですので、是非ご参加ください。

 

 

太田高志

2019年7月 1日 (月)

大学院メディアサイエンス専攻 2019年度先端特別講義のおしらせ

2019年6月23日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース


大学院メディアサイエンス専攻 2019年度先端特別講義

「TVML技術と自動番組制作」

講師:林 正樹(Masaki Hayashi)准教授
(Sweden, Uppsala University:メディア学部の提携大学)
 

使用教室:片柳研究所棟 KE203教室
開講時間:各開講日の4限(15:00~16:30), 5限(16:45~18:15)

第1回目はすでに終わりましたが、大学院生、学部生は第2回目からも参加できます。
講義ページを確認して、第1回目の内容を自習してきてください。
http://hayashimasaki.net/TUT/

Img_2793

講義日程と内容
(1) 6月20日(木) TVMLの基礎と実習(4,5限)
 台本を書くとCGアニメーションができるTVML (TV program Making Language)の基礎を学ぶ。また、TVML Playerを各自のノートPCで動かし、アニメーションの制作実習を行う。

Img_2794
 
2) 6月27日(木) TVMLによる番組模倣と自動番組制作(4,5限)
 TVMLによるテレビ番組の模倣と、これをもとにした自動番組制作技術について、講義と実習を行う。
 
(3) 7月4日(木) ニュース番組の演出解析とWordpressによるニュース番組制作(4,5限)
 ニュース番組を題材として、テレビ番組の演出の解析を行う。また、Wordpressの記事が自動番組制作技術によりTVMLアニメーションになるシステムの実習を行う。最後にコース課題の説明をする。
 
(4) 7月18日(木) 制作課題発表と、TVML研究の将来展開(4,5限)
 各自の制作課題の発表を行う。最後に、TVML研究のさまざまな展開と、将来展望について論じる。

2019年6月23日 (日)

オープンキャンパス開催中です!

2019年6月16日 (日) 投稿者: media_staff

技術コースの羽田です.

今日は2019年度最初のオープンキャンパスの開催日です.
梅雨に入ったばかりで天気が心配だったのですが,今日は朝から快晴で暑いくらいの天気になっています.朝から多くの高校生と保護者のみなさんで賑わってきています.

我々の研究室は昨年までの片柳研究棟での展示ではなく,研究棟Cという我々の本来の研究室で展示を行っています.坂の一番上にある建物で,学部の説明会が行われるところからは一番遠いのですがぜひ足を運んでみてください.我々以外にもいくつもの研究室が展示をおこなっており,足を運んでもらって損はさせないと思っています.

我々の研究室では「AR技術で味のかわるかき氷」や「風を感じることができるVR体験」といった展示を用意しています.これらは今まで学会で発表してきたものですが,実際に動くものを学外の人にむけて展示するのは初めてです.

Img_0814 Img_0813

 

 

 

なお,本学はいろんなCM撮影やドラマの舞台になっていることでも知られています.今日は天気がよいので,それらの場所を探して散歩してみるのも良いかもしれません.

JR八王子駅,あるいは八王子みなみ野駅から送迎バスが出ています.夕方4時までやっていますので,東京近郊ならまだ間に合いますよ!

(羽田久一)

2019年6月16日 (日)

夢ナビライブ 2019 東京会場で講義ライブを行いました!

2019年6月14日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

去る「6月8日(土)」に,東京ビッグサイトで開催された「夢ナビライブ 2019」で講義ライブを行ってきましたので,本日のブログではそのときの様子を書きたいと思います.

この日の講義ライブタイトルは,ずばり「最新の VFX 映像はこうして作られる」です.
映画やゲームの中でよく目にする CG による特殊効果( VFX )映像はどのようにして作られるのか?
なぜあれほどのリアルな映像が作り出せるのか?
その最新技術に関する理論や,高校数学・物理との関連性について,わかりやすく実演を交えながら紹介しました.

講義には,約 230 名の高校生が聞きに来てくれました.
また,講義終了後の質問コーナーにたくさんの高校生が来てくれて,講義をした私もとても嬉しかったです.

当日の写真を少し紹介します.

まずは東京ビッグサイト!(笑)

Img_4424


入り口にはわかりやすい看板が出ています!

Img_4425


これが講義ステージの様子です.
ここだけでも,A1〜6 の島が H まであります.
ものすごい広さです.

Img_4428


ちなみに,講義ライブを担当する教員は,こんな雰囲気の控室で待機しています.
結構緊張感があるんですよね...(笑)

Img_4431


この日の講義内容は,今年度のオープンキャンパスでの模擬講義でも話しますので,オープンキャンパスにも是非お越しください.
(オープンキャンパスの模擬講義の内容は,こちらで紹介しています)

文責 : 菊池 司

2019年6月14日 (金)

6月16日(日)開催のオープンキャンパスで模擬授業を行います!

2019年6月12日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

来たる 6 月 16 日(日)に開催される今年度第 1 回目のオープンキャンパスにて,模擬授業を担当させていただきます.
本日のブログでは,模擬授業と我々の研究室で行う展示内容を簡単に紹介したいと思います.

まずは,今年度のオープンキャンパス用に我々「菊池研究室」の研究成果をまとめたダイジェスト映像を編集しましたので,そちらをご覧ください(音が出ますので再生時は周囲にご注意ください).

●菊池研研究成果ダイジェスト映像 2019 年度版へのリンク

こちらの映像は,オープンキャンパスでの模擬授業,および菊池研展示ブースでも上映しますので,大画面で鑑賞したい方は是非ご来場ください.

さて,今回の模擬授業は「最新 CG 映像の作り方」と題して,CG 映像の基本的な理論と制作手法を解説しながら,皆様が日頃様々なコンテンツで目にしている最新の CG 映像がどのようにして制作されているのかを紹介します. 

Tk2018oc01
図.昨年度の模擬授業の様子

菊池研の展示ブースでは,我々の研究室で行っている「研究内容の紹介」コーナーと研究成果のひとつである「360 度動画によるバーチャルキャンパスツアー」の体験コーナーを設けます.
「360 度動画によるバーチャルキャンパスツアー」は,ヘッドマウントディスプレイを装着してキャンパス内を自由に飛び回ることのできるコンテンツとなっており,例年大変人気のコーナーとなっております.

今年度も多くの方々にお会いできることを楽しみにしておりますので,是非ご来場ください.
スタッフ一同,心よりお待ちしております.

Tk2018oc03

Tk2018oc02
図.昨年度の展示の様子

文責 : 菊池 司

2019年6月12日 (水)

より以前の記事一覧