お知らせ

香港城市大学の交換留学生がメディア学部にやってきました.

|

香港城市大学の交換留学生がメディア学部にやってきました.
香港城市大学(City University of Hong Kong)の学生(LEUNG Kam Fung君,ZHANG Tian Yi君,Sin Yau Lung君の3名)が,メディア学部の講義や演習を履修することがでいる科目等履修生としてやってきました.メディア学部の講義や演習を履修して,メディア学部の成績評価によって単位を取得し,香港城市大学の講義などの単位として認めるという単位互換を行うことができます.
本学の学部講義は日本語で行いますので,留学前に日本語能力試験のレベルN3の合格が求められています.実際に話をしてみると,私たちが話すこともよく理解しており,講義などのガイダンスでもそれぞれ先生方にあいさつにいったりしているとのことでした.
校内で彼らを見かけたら,ぜひ声をかけてください.

17795807_1528273670551077_567287595

17834013_1532238663487911_577250218

Img_1689

続きを読む "香港城市大学の交換留学生がメディア学部にやってきました."

Creative Application演習の有志チームによるアプリ"Mondrian Puzzle"がリリースされました!

|

Creative Application演習の有志チームによるアプリがリリースされました!
Mondrian Puzzle ~ コンポジションシリーズの特徴を考慮した配色構成パズルアプリケーション ~:3月に研究発表したパズルが公開されました.ぜひ,楽しんでください.

4月14日にISUTAでこのアプリが紹介されました.
「面積の色比率を目分量で合わせるユニークな図形パズル」  2017/04/14
Mondrian Puzzle をダウンロードしてください.(iOS版)
次のページのようになっています.

Mondrian

クリアした画面の一例です.

Img_1636

使い方は,次のページをご覧ください.

続きを読む "Creative Application演習の有志チームによるアプリ"Mondrian Puzzle"がリリースされました!"

取材記事公開:CG 業界御用達の雑誌「CGWORLD」のフリーペーパー版にて

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

本日のブログでは,CG 映像・ゲームなどの業界における専門誌として,専門家からも広く購読されている「 CGWORLD 」という雑誌のフリーペーパー版「 CGWORLD Entry 」から,私の研究室が取材を受けた際の記事に関して紹介したいと思います.

まずは,インタビュー記事が「こちら」で公開されておりますので,ご覧ください.

記事の中では,菊池研究室最新の研究成果を紹介するだけでなく,常日頃から私が学生指導の際に考えていることやアドバイスなども書かれております.

フリーペーパー版は 5 月に発行になるそうですので,書店で見かけた際には是非お手に取ってご覧いただければ大変光栄です.


文責:菊池 司

新入生向けプロジェクト演習合同説明会

|

メディア学部の三上です.

ガイダンス期間は4月7日(金)が最終日で,来週からは授業が始まります.
ガイダンスの最後を締めくくるのはここ数年恒例となった「プロジェクト演習合同説明会」です.今年も新入生の大多数(ほとんど全員?)が参加してくれました.

2017projectwgfreshmen

プロジェクト演習は,1年次から専門的な技術が学べる選抜制の演習で,1年生から3年生まで(アシスタントを入れれば4年生や大学院生まで)学年横断的に取り組める,骨太な授業でもあります.

続きを読む "新入生向けプロジェクト演習合同説明会"

 Introduction to Exchange Activities with University of Southern California -Tokyo University of Technology (アメリカ,南カリフォルニア大学)

|

2006年から始まったアメリカの南カリフォルニア大学(USC,USA)との交流について,いくつか紹介します.

■2017年 
 第5回 USC-KI,TUT workshopの開催
 この内容は,後日3回に分けて紹介します.お楽しみに.
■2015年 
南カリフォルニア大学(アメリカ)の学生がメディア学部を訪問(国際交流) 2015.07
 

201502


第4回USC-KI,TUT workshopの紹介
1. 南カリフォルニア大学USCシネマティックアーツ学部とメディア学部の交流:2015年3月USC研修-その1
ジョージ ルーカスやスピルバーグの名前がある建物を見ることができます.この建物の中にはとても充実した映像制作の施設があります.

Dsc_0026

Dsc_0027

2. 南カリフォルニア大学(USC)でメディア学部3年生がCG作品発表:2015年3月USC研修その2 
3. 南カリフォルニア大学USC学生の研究室風景と交流:2015年3月USC研修その3
4. 南カリフォルニア大学-USCキャンパスのみどころ:2015年3月USC研修その4
5. 南カリフォルニア大学のSCA研究施設見学:2015年3月USC研修 その5 2015.3

201501

続きを読む " Introduction to Exchange Activities with University of Southern California -Tokyo University of Technology (アメリカ,南カリフォルニア大学)"

快挙!!「第20回文化庁メディア芸術祭」の「審査委員会推薦作品」に卒業研究作品が選出!

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

この度,菊池研究室2015年度卒業生・宮脇巧真君の卒業研究作品「Crossing Tokyo」が,「第20回文化庁メディア芸術祭」において「審査委員会推薦作品・エンターテインメント部門」に選出されました.

受賞作品一覧は,「文化庁メディア芸術祭」のページからご覧いただけます.

それでは実際に,受賞した「Crossing Tokyo」をご覧ください(音が出ますのでご注意ください).




続きを読む "快挙!!「第20回文化庁メディア芸術祭」の「審査委員会推薦作品」に卒業研究作品が選出!"

Introduction to Exchange Activities with City University of HongKong (CityU) - Tokyo University of Technology

|

香港城市大学の留学生受け入れが来月4月より始まります.科目等履修生として,メディア学部で開講しているいくつかの科目を正式に履修します.香港城市大学は次のようなアジアのラインキング20までに入るような大学で,非常に優秀な学生が多い大学です.

メディア学部のコンテンツ制作(CG,アニメーション,ゲームなど)の教育に2013年頃より関心を持っていただき,本学を訪問し,施設の見学や教育カリキュラムなどを調査していました.昨年,大学提携と学生交換の提携を結び,学生の交流を進めることとなりました.本学の学生の派遣はこれから行います.今後を楽しみにしていてください.
■Times Higher Education Asia University Rankings 2016
アジアの大学ランキング・トップ20では16位です.日本では東京大学と京都大学がそれぞれ,7位,11位となっています.
■香港城市大学との留学生受け入れが来年4月より始まる! 2016.12.13
2016年4月に,香港城市大学(City University of Hong Kong)と提携をし,同時に交換留学生の提携もしました.

Cityustudentsexchange

■香港城市大学(City University of Hong Kong, School of Creative Media )のスタディツアー

Simg_2111

続きを読む "Introduction to Exchange Activities with City University of HongKong (CityU) - Tokyo University of Technology"

メディア学大系第13巻「音声音響インタフェース実践」刊行

|

みなさん、こんにちは、

 
メディア学部では、教科書シリーズ「メディア学大系」を執筆しています。第1期10巻に引き続き、第2期5巻を作成中です。その中の第13巻「音声音響インタフェース実践」(相川清明、大淵康成著)が完成しました。3月13日発行の予定です。

Vol13

 

続きを読む "メディア学大系第13巻「音声音響インタフェース実践」刊行"

Introduction to Media Science and University Guide of Tokyo University of Technology

|

Introduction to School of Media Science
The newly evolved School of Media Science now consists of three attractive new courses. As the first of its kind to be established in Japan, the school has continued to develop revolutionary education and research, but with this renewal, the School of Media Science will offer an even more diverse array of basic media expertise and technical education, with a focus on nurturing richly creative individuals who promise to support the social media of the 21st century.
Introduction to Graduate school, Media Science program (Video in English)
The Media Science Program aims to educate students to become media experts equipped with theory and skills in the expression, service, and distribution of media content.
University Guide (e-book)
Introduction to Graduate school, Media Science program (Video in English)
https://api01-platform.stream.co.jp/apiservice/plt3/MTEwNA%3d%3d%23OTA4%23280%23168%230%2323E7FD54%23

続きを読む "Introduction to Media Science and University Guide of Tokyo University of Technology"

メディア学部卒業生による特別講演会のおしらせ:海外3Dアニメーション映画スタジオで働く

|

海外プロダクションで活躍するメディア学部OBの講演を昨年に続いてお願いしました.
講 師: 若杉 遼 氏 
       (所属:ソニーピクチャーズイメージワークス) メディア学部卒業生
講演題目: 海外3Dアニメーション映画スタジオで働く
日時:  2017年1月23日 10:45‐12:15
場所:  片柳研究所2階KE202
講演内容: 海外の3Dアニメーション映画スタジオにおけるアニメ制作・仕事の様子や、海外で働くこととはどういうことなのかアニメーターとしてアメリカ、カナダで働いている自身の経験から色々とお話しします。
講師略歴: 2010年に東京工科大学を卒業後、サンフランシスコの美術大学院に進学。その後、PixarAnimationStudiosにてアニメーターとしてキャリアを始める。2015年よりアメリカサンフランシスコからバンクーバーに移り、現在はSony Pictures Imageworksに所属。これまでに関わった作品は、「映画アングリーバード」、「コウノトリ大作戦!」「Smurfs: The Lost Village(2017)」など。
昨年の講演:
海外で活躍するメディア学部OBの若杉遼さんの講演(メディア学部ブログ
http://blog.media.teu.ac.jp/2016/02/ob-05b4.html
 

Img_7578

Img_7575

本講演はメディア学部で開講しているコンテンツディベロッピング論の講義時間に行います.主にメディア学部の学生を対象に開講しますが,大学院生の聴講も歓迎します.

より以前の記事一覧