お知らせ

東京工科大学のオープンキャンパスが 2024年3月24日(日)に開催!申し込み受付中です

2024年3月 4日 (月) 投稿者: メディア技術コース

3月24日(日)に、東京工科大学でオープンキャンパスを実施します。メディア学部でも以下のようなイベントを企画しています。

  • 学部の説明
  • 模擬授業
  • 研究室紹介

これらのイベントの詳細については、こちらのページをご参照ください。模擬授業では本学部の吉岡英樹先生が「メディアとSDGs」という題目で、「より良い社会を作るために情報技術を活用する方法」をご紹介します。研究室紹介では、ゲームやCG、VRなどを研究している10の研究室の活動をご紹介します。

オープンキャンパスへのご参加を希望する方は、こちらの本学のサイトから事前申し込みをお願いします。現在、申し込み受付中です。メディア学部は八王子キャンパスにありますので、「3月24日 八王子」のほうをご選択ください。

3月24日は都合が悪い方のために、バーチャルオープンキャンパスも並列開催しております。バーチャルオープンキャンパスでは、3月1日から31日までの間、好きな時間に以下のコンテンツをご視聴できます。

  • 大学説明動画
  • 360度画像によるバーチャルキャンパス見学
  • メディア学部の説明動画、メディア学部の研究紹介動画

バーチャルオープンキャンパスへのご参加を希望する方も、こちらの本学のサイトから申し込みをお願いします。「オンライン型」がバーチャルオープンキャンパスを指しております。

東京工科大学メディア学部にご興味がある方も、大学選びに迷っている方も、ぜひ本学のオープンキャンパスにご参加ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

(文責: 松吉俊)

Banner1080-1

2024年3月 4日 (月)

春の学会シーズン到来!三上研究室卒業研究室の対外発表情報

2024年2月 5日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

1月18日に卒業論文の提出,1月29日の卒業研究最終発表を終えて,4年生たちはあとは卒業を待つばかりのこの季節ですが,私の研究室は一定水準の研究成果を達成できた学生たちには,学会発表を推奨しています.そして,今年はなんと卒業研究の4年生全員が学会発表ということになりました.
実は,今年度はすでに早期一貫プログラム(3.5年で大学を卒業し大学院に進学する)学生がいたり,昨年まで助教だった兼松先生が講師として使用されて独立されたこともあり,一部の学生が兼松先生の研究室所属になったなど諸事情ありますが,皆さん各自のテーマを見事に昇華させて大変面白い研究成果が出てきました.

研究の詳細は発表後にまたBlogで紹介したいと思いますので,まずは公になっている学会プログラムから発表者や発表予定を紹介します.参加される方がいらっしゃいましたら,ぜひ発表を聞きに来てください.

日本デジタルゲーム学会 第14回年次大会

國井一志,戀津魁,兼松祥央,松吉俊,三上浩司 「ゲーム開発におけるタスク把握のための企画支援ツールの開発」

下田隆介,兼松祥央,松吉俊,三上浩司 「ゲーム実況動画における視聴者のビューワー操作に基づく用語理解度推定を利用した動的解説生成」


映像表現・芸術科学フォーラム2024(Expressive Japan 2024)

小島慧大・兼松祥央・松吉 俊・三上浩司 「VRホラーゲームにおける嗅覚刺激を用いたゲーム体験の向上」

中川史温・戀津 魁・兼松祥央・松吉 俊・三上浩司 「複数名でのシナリオ制作における時系列キャラクター変化図を用いた情報共有手法の提案」

村上朝陽・兼松祥央・松吉 俊・三上浩司 「タクティカルシューティングゲームにおける プリエイムを用いたプレイヤースキルの判別」

望月恒星・兼松祥央・松吉 俊・三上浩司 「キャラクターの感情抽出を用いた一貫性をもったセリフ執筆支援」


情報処理学会 インタラクション2024

伊藤 匠海,兼松 祥央,松吉 俊,盛川 浩志,三上 浩司「視覚と触覚を利用したスライム系モンスターとのVRインタラクション」

加藤 修朋,兼松 祥央,松吉 俊,三上 浩司 「VRコンテンツにおける硬質物体叩打時に発生する反発力の提示デバイス」

熊谷 拓真,兼松 祥央,松吉 俊,三上 浩司 「矢の接触感覚がある和弓の射撃体験デバイス」

布施 皓輝,兼松 祥央,松吉 俊,三上 浩司 「VRにおける雲上行動の触感表現」

 

2024年2月 5日 (月)

これから研究発表(だけではなくプレゼンテーション全般)を控えている皆さんへ

2023年12月30日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆さん,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

いよいよ 2023 年もあとわずかとなりましたね.
年が明けると,卒業研究・修士研究の最終発表や,課題のプレゼンテーションなどを控えている人も多いと思います.

そのような皆さんに,私の「学生時代最大の恐怖体験」(笑)を教えようと思います.

こちらの「ブログ記事」を「自分に起こったこと」だと思ってご覧ください.




ね?いかがでしたか?恐ろしかったでしょ?(笑)

おそらく,現代ならこれより酷い状況になることはまず考えられません.
大丈夫!それまでに十分に努力し,しっかり準備をしていれば,恐れることなどなにもありません.
自信を持って,堂々とプレゼンテーションを行ってください.
PS.
上記記事に登場される近藤先生は,2019年度で定年退職されました.
現在は,東京工科大学名誉教授として定年前と変わることなく(いや,より一層精力的に)各方面でご活躍されております.

文責:菊池 司

2023年12月30日 (土)

メディア学大系第18巻:メディアのためのアルゴリズム-並べ替えから深層学習まで- 発行

2023年10月30日 (月) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の藤澤です。

メディア学大系 第3期の書籍「メディアのためのアルゴリズム」が9月にコロナ社より発行されました。

9784339027761

寺澤先生、羽田先生とともに作り上げたこの書籍は、いろいろあって完成まで足掛け6年かかってしまいました。その分充実した内容になっているかと思います。さて、第3期の書籍はいずれもサブタイトルがついており、本書は「並べ替えから深層学習まで」となっています。当初、前半の純粋なアルゴリズムに関することだけ扱うという構想もあったのですが、検討を重ねた結果、機械学習・深層学習まで扱うこととなりました。書籍の後ろ半分は機械学習に関する内容となり、私が担当しております。この6年間の間には機械学習周りで大きな変化もあり、できる限り取り込むようにしてきました。ただ、この一年間で爆発的に発達・普及した生成AIについては、ごく一部しか入れることができていません。改定する機会があれば、盛り込んでいきたいと思っています。

そこで、生成AIを用いて、本書の前書きをベースに「ブログでの書籍紹介記事」として書かせてみました。なかなか自然な文章になっており、紹介記事としてそん色ないのではないかと思います。

===生成AIによる本書紹介記事ここから===

 

続きを読む "メディア学大系第18巻:メディアのためのアルゴリズム-並べ替えから深層学習まで- 発行"

2023年10月30日 (月)

2023年度・第2回オープンキャンパス開催報告その3(明日のオープンキャンパスにむけて)

2023年8月 5日 (土) 投稿者: メディア技術コース

技術コースの羽田です.

明日の 8/6は東京工科大学のオープンキャンパスの日です.
東京では台風の影響も今週末までは持ち堪えるようで明日も良い天気の予報になっています.
暑い中にはなりますがみなさんのお越しをお待ちしています.
さて,東京工科大学では7月23日にもオープンキャンパスが行われました.その様子を簡単にお伝えしましょう.
いくつかのBLOG記事にもありますとおり,メディア学部のオープンキャンパスでは主に研究室の公開が行われています.模擬授業や学部説明などもありますが,どちらかというと大学生が実際にどのような研究をしているかを見せるのが主な目的です.そして説明をするのもそれぞれの研究室に所属する学生となります.

20230805-144302

我々の研究室でも過去の研究のうちからいくつかを展示して訪れた高校生やその保護者に対しての説明を行いました.

煤を使って絵を描くための装置や,VRでの体験を拡張するためのデバイスなどです.

20230805-144236

明日のオープンキャンパスは新4年生の研究を展示する予定にしています.

前回来られた方もそうでないかたも明日のオープンキャンパスでお待ちしています!

(羽田)

2023年8月 5日 (土)

学生留学体験記(マレーシア Taylor’s大学) #1

2023年6月 7日 (水) 投稿者: メディア技術コース

今年度の4月より、メディア学部の学生がマレーシアのTaylor’s大学に3ヶ月の期間、交換留学生として滞在しています。マレーシアのTyalor’s大学とは、研究の連携や交換留学生に関しての協力関係を結んでおり、希望の学生がいれば今回のように先方の大学で学ぶことができます。Taylor's大学はマレーシアの大学ですが、授業はすべて英語で行われており、英語を鍛えるという意味でもいい選択です。また、マレーシアの私立大学の中でもトップランクに位置づけられるような評価の大学だそうです。では、留学の様子を、当の学生自身の報告で聞いてみましょう。

 

ーーーーーーーーーーーー

私は現在、マレーシアのテイラーズ大学という私立大学で交換留学生として授業を受けています。これからブログ内で留学中の生活について投稿していきます。留学に興味がある人やマレーシアへ旅行したい人にとって参考になれば嬉しいです。

 

入国編

飛行機は3月31日の深夜便で、23:50に羽田発です。7時間のフライトの後、現地時刻で早朝6時ごろにマレーシアに到着しました。羽田空港には2時間前にチェックインしたのですが、規制緩和も相まって荷物検査場には長蛇の列が。結局搭乗口が閉まる時刻ピッタリに飛行機に乗ることができました。この時期のコロナ対策に関しては、マレーシア入国の際の隔離や証明書は不要でした。

 

搭乗手続きを終えたら、まず通信環境を確保します。SIMフリーのスマホを使用しているのでSIMを購入して設定。マレーシアの大手キャリアはHOTLINK、Celcome、Maxim、Digiです。SIM購入の時は滞在期間に合わせてキャリアとプランを選択します。今回は長期滞在である点、後から期間を延ばせる点(マレーシアではトップアップと言います)、接続の良さを考慮してCelcomeにしました。どのキャリアもアプリを提供していて、オンラインで簡単にトップアップできます。またコンビニと同じくらい携帯ショップがあるため、プラン変更やキャリア乗り換えも簡単です。

 

準備を終えた後はテイラーズ大学のハヤティ先生が車で迎えに来てくれて、生活準備を手伝ってくれました。午前は先生の家で朝食を。マレーシアの家庭料理”プルット “pulut” というモチモチのお米に鶏肉のフレークをかけた食事を準備してくれました。日本人が炊いたご飯を冷凍保存するみたいに、サトウキビの葉で包まれたプルットが冷蔵庫から出てきて、蒸し器調理します。そのまま食べてもいいのですが、先生にお勧めされた通りに鶏肉のフレークを大量にかけて食べると、おかかおにぎりに似ていてすごく美味しいです。朝食後は少し休憩をしてから移動し、Airbnbで予約した家に移動してチェックインを済ませました。午後は先生が大学を案内してくれました。ハヤティ先生はとても私のことを気にかけてくれて、ICカードの購入や他の教授との面談の手配など本当に親切にサポートしてくれました。また、マレーシアはスコールが頻繁に起こるため折り畳み傘ももらいました。先生には本当に感謝しきれないです。

 

始業編

月曜日から早速大学が始まりました。月曜日に履修している授業はないのですが教授と面会するために大学に向かいました。この日は”Vortex”というXRコンテンツ開発に特化した施設の教授との面会でした。この施設ではヘッドマウントディスプレイや映像設備が完備されているため、希望すれば様々な技術を試すことができます。Vortexのメンバーは私を家族のように迎え入れてくれて、XRや機材を体験させてくれました。授業がない日はこの部屋でXRに関しての技術を学んでいきます。別の日には他の教授や学長と面会をしました。どの教授もとても親身に私の大学生活を考えてくれます。

 

ちなみに私の平日のスケジュールは以下の通りです。

 

月:Vortex

火:授業

水:Vortex

木:授業

金:授業

 

それぞれの授業は講義と実習を含めて4時間あります。かなり実践的で密度の濃い授業ばかりです。授業概要や様子については後々記事を書きますね。

 

Entrance_1000 Univ_1000

テイラーズ大学の入り口、と中庭にある池

 

 

Vortex2_1000

Vortexラボ

 

 

Xd

授業風景(楽しそう

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ということで、今回は現地に行くところから簡単な大学の紹介まででした(本当はもっと早くに公開すべきでしたが、私の怠慢で遅くなってしまいました…)。当人は凄く楽しんで留学生活を送っている様子です。このような機会を有効にするには、積極性と語学力、そして好奇心が重要だと思います。彼女にはそれらがふんだんにあるようですね。これを見て、他にも興味を持つ学生がでてきたようです。継続して、こういう機会を提供していきたいと考えています。

 

 

太田高志

2023年6月 7日 (水)

6月18日(日)開催のオープンキャンパスで研究成果の展示を行います!

2023年5月31日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

来たる 6 月 18 日(日)に開催される来場型のオープンキャンパスにて,模擬授業を担当させていただくことは,先日(5/29)のブログにて紹介しました.

模擬授業を担当するほか,わたしたち菊池研究室の研究成果も展示いたします.

わたしたちの研究室では,CG映像・技術の中でも「VFX」や「自然現象」,および「食べ物」などをリアルに表現するための CG 技術を研究しています.研究成果のダイジェスト映像は,こちらからご覧ください(音が流れますので,音量や周囲の環境などにご注意ください).

Photo_20230530225301 

6 月 18 日のオープンキャンパスでは,研究室所属学生が日ごろ研究活動を行っている「研究室(研究棟C・519号室)」を公開し,
そこで研究成果動画をたくさん流しながら実際に研究活動を行っている学生が,来客の皆様に研究のポイントなどを説明いたします.

Ios_20230530225701

最新の研究成果も出し惜しみなく(笑)紹介いたしますので,是非会場にお越しください.



2023年5月31日 (水)

6月18日(日)開催のオープンキャンパスで模擬授業を行います!

2023年5月29日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

来たる 6 月 18 日(日)に開催される来場型のオープンキャンパスにて,模擬授業を担当させていただきます.
本日のブログでは,模擬授業の内容を簡単に紹介したいと思います.

今回の模擬授業は「最新 CG 映像の作り方」と題して,CG 映像の基本的な理論と制作手法を解説しながら,皆様が日頃様々なコンテンツで目にしている最新の CG 映像がどのようにして制作されているのかを紹介します. 
また,私たちの研究室での最新研究成果についても紹介する予定です.

コロナ禍の期間は中止されていた模擬授業が,3年ぶりに復活します.
多くの方々にお会いできることを楽しみにしておりますので,是非ご来場ください.
スタッフ一同,心よりお待ちしております.

Tk2018oc01_20230529072901

2023年5月29日 (月)

研究紹介:ジェネレーションギャップの可視化システム

2023年5月12日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

助教の戀津です。

今回は、私の開発したジェネレーションギャップの可視化システムの紹介です。

日本で幼少期を過ごした場合、多くの方がウルトラマンや仮面ライダー、スーパー戦隊シリーズ、プリキュアなどの作品群を観たことがあると思います。
しかし、長期間にわたって放映されているシリーズ作品は、年齢の異なる人物同士で話題にした際に、同じシリーズであっても実際に視聴していた作品が異なる場合が多くあります。
また、昔の記憶なので各自が視聴していた作品が何年のものなのか、また別の人が視聴していたというその作品はいつのものなのか想像がしにくいです。

そこで、多くの特撮・アニメ・映画作品などについて、年表上に表示することでいつの作品かを可視化するシステムを開発しました。
タイトルを年表上に配置し、ドラッグやホイールによるズームイン・アウトをすることでより多くの作品群の情報を見ることができます。現在868作品分の情報を掲載しています。

Ggviewer1

 

年表の部分をクリックすることで、その年度(1~3月生まれの方は前年を指定)に生まれた方が各年で何歳だったか(義務教育期間分については何年生だったか)も表示できます。
これによって、例として1986年生まれの私と2004年生まれの今年度新入生の方のジェネレーションギャップが可視化できます。

Ggviewer2

今年度新入生の方は生まれる前からプリキュアシリーズが放映していた・・・ようですね・・・。

・・・。

 

さらに、ユーザー登録していただくことで自身の視聴していた作品群を入力することができるようにしました。
ユーザー登録なしで各自の年齢をクリックし見比べるだけでも楽しいですが、双方の視聴していた作品群が表示されていればより会話が盛り上がると思います。
例として、私と今年度の四年生男女二名の視聴データを並べてみました。視聴していた作品名が各自の色で表示されます。

Ggviewer3

 

私はスーパー戦隊シリーズや仮面ライダーの一部作品と、娘が生まれて以降のプリキュアシリーズをいくつか観ています。
女子学生さんは幼少期にプリキュアシリーズといくつかの仮面ライダー、男子学生さんはプリキュアシリーズは全く観ていないですがスーパー戦隊・仮面ライダー・ガンダムシリーズの作品をかなり多く視聴していた様子が窺えます。

画面右上の「ユーザー追加」ボタンからユーザー登録や視聴作品登録、他の人のユーザー名を入力すればユーザー間の視聴履歴の比較ができます。
これからも改良を続けますが、現時点でもある程度楽しく利用いただけると思いますので、よければ使ってみてください。
https://contents-lab.net/ggviewer/

2023年5月12日 (金)

スクールバスの行列状況の取得アプリ『TUTSchoolBus』について

2023年5月 8日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

助教の戀津です。
今回は、私の開発・公開しているアプリの『TUTSchoolBus』について紹介します。

本学の八王子キャンパスは最寄り駅から距離があるため、スクールバスの運行をしています。
バスは主に八王子みなみ野駅と八王子駅から発車していますが、朝の時間は1限の授業に向かう学生さん達で大変に込み合ってしまいます。

特に八王子駅が大変で、8:50開始の1限に間に合うためには8:00に八王子駅到着では厳しいくらいに混雑します。
そうなってくると、八王子駅で改札を出ずに、そのまま横浜線に乗り換えて八王子駅みなみ野駅へ行き、そこからみなみ野のバスに乗った方が早い・・・ということが起こりえます。
さらに、八王子みなみ野駅も混んでいた場合駅から徒歩も選択肢に入ります。もちろん歩く速度に依りますが、20分前後で登校可能なので駅で10分以上待つようであれば徒歩の方が早く着く可能性があります。

こうした交通事情があるのですが、上記のような回避策を取ろうと思った場合、八王子駅では改札を出る前に、八王子みなみ野駅では改札を出てバス停に向かう前に込み具合を知る必要があります。
そこで、本学スクールバスの行列状況を測定するためのアプリを開発し、リリースしました。TUTSchoolBusというそのまんまなタイトルですが、スクールバスにまつわる諸々の機能を提供できればということで設定しています。

八王子駅であれば改札階からバス停のある地上へ降りるエレベーター付近、八王子みなみ野駅であればバス停に向かう階段付近を通過した時にバス利用開始として扱い、その時点からバス列の情報取得になります。
バス停から20m、40m、60m、80m付近を通過した時にもログを取得しており、これによって『現在60m~80m付近に5分滞在している人がいる』、というような情報が取得できます。
この情報を使えば、現在のバス列のおおよその長さとバスに乗れるまでにかかる時間が推測できます。また、大学到着時にもログを取得しているのでバスの経路が渋滞している場合もそれを検知できます。

現在はiOS版のみ開発・公開しており、iPhoneユーザーの方にご協力をお願いしています。
登校時、駅に着くまでにアプリを起動しておけば、後はバックグラウンドにあるだけで自動的に位置情報のログを取得します。
八王子駅または八王子駅みなみ野駅に到着したら到着の通知を出すので、別のアプリを使用していても通知で気付くことができます。
各駅と、バス停付近と大学付近の位置情報を使用し、現在各駅のバス停付近がどのような状況かを計測します。

八王子駅の改札を出る前に「八王子バス大学到着まで50分/みなみ野バス大学到着まで30分」というような表示ができれば、横浜線と徒歩の方が早いことがわかり、その選択ができるようになります。(運賃はかかってしまいますが・・・。)
現在のバージョンでは、↑これができるよう情報収集と所要時間推測方法の検討を行っています。

位置情報の取得は随時行いますが、上記特定の個所以外では送信せず、大学に到着すれば自動で取得を終了します。
また、この地点に現在何人いるということはわかってもそれが誰であるかはわからないようにしています。

現状はデータ収集のためだけのアプリになってしまっていますが、現在時刻表機能を準備中です。
アプリを起動すれば、現在地に応じて八王子駅バスまたは八王子みなみ野駅バスの現在時刻から3本先くらいまでのバス発車時刻を表示予定です。
そのほかスクールバス利用に関する便利機能があれば随時更新しようと思います。利用者が増え多くの方が情報を提供していただければ、その分推測の制度が上がりますのでiPhoneユーザーの方はインストールしていただければ幸いです。

こちらからダウンロード可能です。よろしくお願いします。
https://apps.apple.com/jp/app/id1659882368

2023年5月 8日 (月)

より以前の記事一覧