お知らせ

最終講義のご案内 「コンピュータグラフィックス研究からの学び」

2020年1月12日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

次のように最終講義を行います。学内の学生、教職員、さらには学外の皆さんも聴講可能です。

多くの皆さんのお越しをお待ちしています。

講師: 近藤邦雄教授

題目:「コンピュータグラフィックス研究からの学び」

開催日時:2020年1月20日(月)10:45~12:15

会場:八王子キャンパス メディアホール

「コンテンツディベロッピング論」の15回目の講義の中で行う。履修者以外の学生及び教職員は入室できます。

近藤邦雄の研究紹介ページ

メディア学部近藤邦雄教授 は、2020年3月31日をもちまして御定年を迎えられます。先生は、名古屋工業大学第Ⅱ部を御卒業後、名古屋大学、東京工芸大学、埼玉大学工学部情報システム工学科を経て、現職の東京工科大学に着任され現在に至っています。

その間、コンピュータグラフィックスにおけるNPR(Non Photorealistic Rendering)とスケッチモデリング、感性情報処理に基づくデザイン支援の研究に従事され、それらを展開させたアニメーションやゲーム作品のためのコンテンツ制作支援技術に関する研究テーマを開拓しつつ、多くの優秀な人材を育てられました。

また、画像電子学会会長、Visual Computing研究委員会委員長、芸術科学会会長、Asia Digital Art and Design Association会長、情報処理学会グラフィクスとCAD研究会主査、日本図学会副会長、ISGG理事などを歴任され、国内外のコミュニティーの発展にご尽力されました。これらの貢献により、2014年に画像電子学会フェロー、2019年に情報処理学会フェローの称号を授与されました。



メディア学フロンティアシンポジウムのご案内
 このシンポジウムはどなたでも参加できます。近藤教授のほか4名の講演者と卒業生のパネル討論があります。

2020年3月14日(土)10:00-18:00 (予定)
東京工科大学 蒲田キャンパス
http://www2.teu.ac.jp/lenz/mediafrontier/

メディア学部 兼松 祥央

2020年1月12日 (日)

共同シンポジウムの予稿集の発行

2019年12月24日 (火) 投稿者: メディア技術コース

大分日が経ってしまいましたが、この度、タイのキングモンクート大学(KMUTT)と7月に行った共同シンポジウムの予稿集(論文集)を発行いたしました。これは、当日行われた口頭発表の概要や論文と、ポスター発表についてはポスターそのものを1ページ毎に掲載したものです。全体で74ページもあるものになりました。大学院生や学部生もシンポジウムのために英語でポスターを作成した成果を見ることができます。

 

Screen-shot-20191210-at-154719 Screen-shot-20191210-at-154708

予稿集の表紙と目次

 

 

今回、共同シンポジウムの成果を形として残すことができたことを大変嬉しく感じています。今後もこのシンポジウムは継続するだけでなく、多くの大学を交えてさらに発展させたいと考えています。メディア学部に現在在籍している学生の方だけでなく、今高校生の皆さんも、論文集に名前が載ることを目指してください。

 

予稿集は以下のシンポジウムのページから、どなたでもPDFファイルとしてダウンロードすることができます。

 

シンポジウムのウェブページ: “4th Joint Symposium of KMUTT and TUT”

https://ktcim.org/2019/jp/

 

 

シンポジウム自体の内容については、以下のページに記事がありますので、合わせてお読みください。

 

・東京工科大学 お知らせ

「メディア学部がタイのキングモンクート大学トンブリ校との共同シンポジウムを開催」

https://www.teu.ac.jp/information/2019.html?id=130

 

・メディア学部ブログ

「タイのキングモンクート大学と共同シンポジウムを開催しました」

http://blog.media.teu.ac.jp/2019/07/post-40945d.html

 

 

 

太田高志

 

2019年12月24日 (火)

昆虫の複眼の研究で最優秀ポスター賞

2019年12月23日 (月) 投稿者: メディア技術コース

 大学院メディアサイエンス専攻修士1年の佐藤葵君が「画像関連学会連合会第6回秋季大会」で最優秀ポスター賞を受賞しました。
 
 画像関連学会連合会(日本画像学会・画像電子学会・日本写真学会・日本印刷学会)
 第6回秋季大会(10月31日、会場:京都工芸繊維大学)
 最優秀ポスター賞
 佐藤葵、戀津魁、柿本正憲(東京工科大学)
 「昆虫の複眼による見え方の推定と動体視認実験」
 
 佐藤くんの研究は、昆虫の視覚、つまり外界をどう見ているかを探求するものです。いくつかの仮説に基づいて、多数の微小な個眼の集約である複眼による見え方を推定しました。
 
 一方で、昆虫の複眼は動いている物体の認識に優れているはず、という別の仮説があります。今回の発表は、その検証実験により推定した見え方の妥当性を評価する報告です。実験はディスプレイ上に示した「普通の見え方」と「複眼の見え方」の両方で動く物を被験者の人が認識する早さを調べ、結果を比較しました。
 Img_2070

 ポスター発表の様子

 この写真では説明を聴いている参加者は一人ですが、時間によってはとても多くの参加者が集まっていたそうです。写真学会の会長さんからも、たいへん気に入った研究ですというコメントを個別にいただきました。

 
 S__56623106
画像電子学会会長の斎藤隆文先生と

 この研究テーマのきっかけは、佐藤くんが虫が大好きだということです。卒研で虫をテーマにするには、という議論にはだいぶ時間をかけました。視覚に注目すればメディア学部らしい研究になり得るし、指導教員の専門分野なので指導もできます。これまでにも昆虫の色覚や人間の近視や乱視による見え方シミュレーションの研究は行ってきました。
 
 この研究はまだまだ道半ばです。複眼による見え方にはわからないところがたくさんあり、これからの研究の進展が楽しみです。
 
 メディア学部 柿本 正憲

2019年12月23日 (月)

「大学コンソーシアム八王子」で研究発表&受賞しました!

2019年12月20日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

2019年12月7日(土)・8日(日)の2日間,八王子市東急スクエア11階・八王子市学園都市センターにて開催された「第11回大学コンソーシアム八王子学生発表会」において,菊池研究室所属の4年生13名がこれまでの卒業研究の成果を発表しました.

「大学コンソーシアム八王子学生発表会」は,大学コンソーシアム八王子に加盟する大学・短大・高専で学ぶ学生が 一堂に会し,自らの学びの成果(研究成果)を論理的に説明し,相手に理解させるコミュニ ケーション能力を育むことで,日頃の学びを深めることを目的にしています.
いつもとは違う環境で,他大学・他分野の発表を聴講したり,他大学の学生とのディスカッションを行うことによって,今後の研究に役立てることができると思います.

今年度,我々菊池研究室のメンバーは,「メディア・デジタルコンテンツ」のセッションを中心に,口頭発表11件と展示発表2件の発表を行いました.
そして,計5件の「優秀発表賞」と「準優秀発表賞」を受賞しました.

菊池研究室では,今後も積極的に学外での研究発表を行っていきたいと思います.

20191215_1
図.展示発表,および授賞式の様子

20191215_2
図.菊池研の受賞メンバー


関連サイト:
メディア学部の学生たちが第11回大学コンソーシアム八王子学生発表会で優秀賞と準優秀賞を受賞


文責:菊池 司

2019年12月20日 (金)

1st Yayasan MSU-ADADA Award for Lifetime Achievement in Digital Art and Designの受賞

2019年12月16日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

開催された2019ADADA+Cumulusにおいて、メディア学部近藤邦雄教授が1st Yayasan MSU-ADADA Award for Lifetime Achievement in Digital Art and Designを受賞しました。
 
 
ADADAはAsia Digital Art and Design Associationの略称で、2002年に設立され、2003年より毎年国際会議を開催しています。第17回目の会議である2019ADADAはマレーシアで開催しました。この表彰は、本学の提携校であるManagement and Science Universityが会議開催をきっかけに表彰をしたいということで実施されました。
 
Ekf2u_cu4aiv7i Ekf2u_cu4aevqmi
 
■ADADAの紹介ページ:http://adada.info/
 
■ADADAのfacebookページ
メディアサイエンス専攻 近藤邦雄

2019年12月16日 (月)

大学院博士課程の遠藤雅伸さんが芸術科学会論文賞を受賞

2019年11月 9日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

本学大学院博士課程の遠藤雅伸さんが執筆し,厳正な査読の結果,芸術科学会論文誌第17巻3号に採録された論文「フローゾーンを超えた動的難易度調整~イリンクスを楽しむDynamic Pressure Cycle Control手法~」が,数ある論文の中から選出される「学会誌論文賞」を受賞しました.


2019endoh02

ゲーム業界の特にゲームデザイン分野のレジェンドとして知られる遠藤さん.「ゼビウス」,「ドルアーガの塔」などを産み出した遠藤さんが教員,研究者として大学で活動するにあたり,アカデミックな考えをきっちり身に付けたいと,東京工科大学の大学院に進学し,私の研究室で様々な研究に取り組みました.修士課程,博士課程で大変興味深い研究成果を発表し,また勤務先である東京工芸大学の学生たちも大変魅力的な研究発表を,情報処理学会,芸術科学会,日本デジタルゲーム学会などで発表しています.

今回の研究では難易度調整に着目しました.

デジタルゲームにおいて,難易度は面白さの重要な要素です.難易度がプレイヤーのスキルとつりあった状態(いわゆる「フローゾーンの範囲」)に設定されていれば,プレイヤーはゲームを楽しみ上達していくことができます.
そのために,近年ゲームでも取り入れられている,プレイ中のプレイヤーの状況により,難易度を調整する「動的難易度調整(DDA:Dynamic Difficulty Adjustment)」があります.
しかしプレイヤーは,ゲームの最中に難易度が調整されていることに気付くと不快に感じることが示唆されています.

この研究で遠藤さんは,難易度が適正な範囲を超えてもプレイヤーが楽しいと感じる,動的緊張感周期制御(DPCC: Dynamic Pressure Cycle Control)という新しいゲームデザインコンセプトを考案しました.これは周期的に難易度を極端に変更し,フローゾーンを超えて難易度を乱高下させる方法です.

2019endoh04

この手法を DDA と組み合わせて「テトリス」に実装し,プレイテストによって検証実験を行ったところ,結果は提案手法が新たな面白さの要素をゲームに加えたことを示していました.
また,ゲーム中の意図的な難易度変化に気付いたとしても,不快とは感じないユーザーが存在することからゲームデザインが存在することを示唆した.
ぜひ興味がある人は論文をチェックしてみてください.

2019endoh03

文責:三上浩司

2019年11月 9日 (土)

インドの私立大学関係者の来学とメディア学部の教育研究紹介

2019年10月19日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

2019年9月26日(木)にインドの私立大学から50名を超える方々が来校されました。Dhanda先生(インドの学術教育分野のトップ、母国IITK(ガグラプール校)の学長を経て、日印学術会議議長、IIT-H(ハイデラバード校)の創設者、モディ首相顧問と複数の大学の会長)が代表者として本学の教育研究活動を見学されました。
 
おおよそのスケジュールは次の通りです。
 
10:05~10:45 片柳研究所視聴覚ホール
  《挨拶》千葉理事長、軽部学長、Dhanada先生
  《大学概要説明》大山副学長
10:45~見学
12F  ロボコンルーム
 6F  バイオナノテクセンター
 4F    コンテンツテクノロジーセンター
B1F バイオナノテクセンター分室
 
メディア学部からは、三上浩司先生と私がコンテンツテクノロジーセンターで、メディア学部の説明、産学連携によるアニメーション制作、アニメーション制作やゲーム制作の教育と学生の作品、さらには学部生や大学院生らに研究発表の紹介をしました。
 
大変興味を持っていただいたようで、説明が終わってから質問があったり、連絡先の交換をしたりする方がとても多かったです。
 
今後、メディア学部とインドの大学との交流が進むことが期待されます。

Img_8447 Img_8440

2019年10月19日 (土)

卒業生の作品がアニメ化されます!

2019年10月 1日 (火) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。

十月に入り、今期のアニメは何見ようかなと検討中の方も多いと思います。
そこで、一つおすすめの作品を紹介します。

原作イラストがブリキ先生、声優陣も大変豪華ということで元々注目されていた方も多いかもしれません。
『俺を好きなのはお前だけかよ』

 

Keyvisual

©2018 駱駝/KADOKAWA/「俺好き」製作委員会

公式サイト

 

タイトルに書いてある通りなのですが、実はこの作品の原作者である駱駝先生が、私と同期入学で本学メディア学部の卒業生なのです。
ペンネームで活動されておりプライベートは基本伏せているのですが、今回のアニメ化のタイミングで皆さんにお知らせできるよう相談し、特別にブログ記事で紹介させていただく形になりました。

アニメ化にあたり、シリーズ構成・全話脚本をすべて原作者の駱駝先生がご自身で担当という力の入りようです。
私も原作小説を読んでいますが大変面白く、今から公開がとても楽しみです。

原作者の駱駝先生からメッセージをいただきました。
『朝の調べの噴水につかるかどうかを悩んでいた私が、気が付けばこんなことになっていました。多くの人の力添えのおかげで、非常に素晴らしい作品になっておりますので、是非見ていただければと!』

放送開始は明日10月2日水曜日、24:30(木曜日の0:30)からでTOKYO MXほかにて毎週水曜日放送です。
卒業生の素晴らしい活躍のご紹介でした。皆さんぜひご覧ください。

2019年10月 1日 (火)

2019年8月28日インドネシアUDINUSのConvocation Graduation Ceremonyにて来賓あいさつ(2019インドネシア出張報告その6)

2019年9月24日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース


インドネシア出張の最後は、2013年から交流があるUDINUS( Dian Nuswantoro University)のConvocation Graduation Ceremony(卒業式)における来賓あいさつです。

Dsc_5074 

国際会議IEVCに参加する機会にSemarangの提携校UDINUSを訪問しようという計画をして、こちらの日程を示してご都合をお伺いしました。訪問していいよという返事でした。しばらくしてから、実は卒業式なので、参加しますか?とのことです。もちろん大変貴重な機会ですので、ぜひ参加したいと伝えました。その後、せっかくだからあいさつをしてほしいという連絡がありました。あいさつくらいならいいかと思って挨拶はいいですよという返事をしました。あいさつの時間を聞いて、びっくりしました。30分ということです。

さすがに、最初からいろいろな条件をきちんと確かめておくべきだったと思いつつ、ここまで来たら、やるぞとばかりに、研究発表で利用するようなスライドを使えるか聞いてみました。何もない状態ではなかなか30分は持ちません。スライドがあれば大丈夫と考えました。すぐにOKが来ました。日本の卒業式などであいさつでスライドを使っていることを見たことがないので、少し心配でしたが、使っていいということで安心しました。

さて、その次は、あいさつの中身をどうするかでした。依頼者のpulung先生は、学生を励ましてもらえればいいということが希望でした。
いろいろ考えた末に、次のようにしました。

続きを読む "2019年8月28日インドネシアUDINUSのConvocation Graduation Ceremonyにて来賓あいさつ(2019インドネシア出張報告その6)"

2019年9月24日 (火)

東京ゲームショウビジネスデイ2日目

2019年9月13日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

本日,東京ゲームショウビジネスデイ2日目です.朝方,昨日の来場者数の報告がありました.メディアを含めて33,000人強ということで,歴代最多人数が来場した昨年よりも1,000人以上多い結果となりました.

2019tgs20

昨日,今日とブースにいて感じるのは卒業生の活躍と母校愛ですね.

様々な企業の人事の方がお越しになるのですが,皆様卒業生の名前を挙げていただいたうえで,活躍の様子を聞かせていただいております.卒業した皆さんが,これまでの学びをしっかりと生かして,企業に入っても学び続けて成長している姿がはっきりとわかります.

ゲーム業界は大変変化の激しい業界ですから,大学時代に得た知識やスキルだけではその変化についていくことはできません.勉強の仕方研究の仕方をきちんと身に着けることで,新しい技術を理解して職場に取り入れることができるようになるわけで,そうした実践ができていることと,それができる職場の環境があることが大変喜ばしいです.

前回のエントリーにも書きましたが,大変多くのOBが会場で東京工科大学ブースを見つけ,後輩の作品に対して貴重なアドバイスをくれたり,現場でのいろいろなお話を聞かせたりしてくれています.

上下のつながりも大切にできていて,本当に卒業生たちには感謝しています.全員紹介することはできないのですが,来場した人の一部を写真でご紹介しておきます.

2019tgs22

2019tgs23

2019tgs25

2019tgs21

2019tgs24

東京ゲームショウ向けの作品は,おおよそ1年をかけて制作します.これまで多くの苦難を乗り越えて何とか形になった作品を展示して意見を聞く機会は大変貴重です.ぜひ,この経験を生かして,自分の目標を実現すべく頑張ってほしいと思います.

 

文責:三上浩司

2019年9月13日 (金)

より以前の記事一覧