お知らせ

オープンキャンパスはじまりました!

|

メディア学部の羽田です.
メディア学部では,ゲーム,CG,AR,広告,音楽などさまざまな展示を
学生が主体となって行っています.

Img_6688

Img_6689

夕方4時くらいまで行っていますので,まだまだ間に合います!
アクセスは中央線八王子駅と横浜線八王子みなみの駅から,無料送迎バスが運行しています!
お近くの方はぜひお越しください.
(羽田久一)

plARy:ゲームBGMを使った聴覚ARアプリ

|

みなさんこんにちは.
技術コースの羽田です.
今日は,今週末に迫ったオープンキャンパスに出展する,修士2年生の関さんによる聴覚ARアプリの紹介です.
皆さんはARと聞くとどんなものを思い浮かべるでしょうか?
スマートフォンのカメラを向けると画面に実際の景色に加えてキャラクターのCGが出てくるものがよく知られていると思います.
実はARというのは,カメラを使うものだけではないのです.ARの定義は,
「人が知覚する現実環境を,コンピュータによって拡張すること」.
足してあげる情報はCGなどの絵ではなく,音でも匂いでも味でもいいのです.
私たちは,現実世界にゲームのBGMを付けるというARアプリの開発をしています.
ゲームのBGMというのは,そのフィールドに合った曲が流れていますよね.
また,ゲームが好きな人はピンとくるかもしれませんが,よくプレイしたゲームのBGMを聞くと,
そのフィールドの光景やその時の気持ちが思い出されたりしませんか?
そんな気持ちを日常生活で味わってみようというのがこのアプリです.
今までは屋外用に作っていましたが,今回のオープンキャンパスでは屋内での展示なので,部屋ごとにBGMが変わるように開発しています.ぜひ,ゲームの世界を冒険する気持ちで,探検してもらえたらと思います.

088396fa891e71cc459f38a7db4d282ajpg

(執筆:関, 文責:羽田)

ルイ・ヴィトン財団 (Fondation LOUIS VUITTON)の建築【パリ出張報告その5】

|

少し時間が立ちましたが,4月にCumulusに参加した時に,日本からの参加者から,Fondation LOUIS VUITTONはぜひ見たほうがいいということを言われました.フランク・ゲーリーが設計した建物だけでなく,展示物も素晴らしいということでした.
http://www.fondationlouisvuitton.fr/ja.html

Dsc_4396

この建物は「ブローニュの森」のなかにあり,木々を見ながら歩いていくと,突然にびっくりするような建物が現れます.

Dsc_4403

続きを読む " ルイ・ヴィトン財団 (Fondation LOUIS VUITTON)の建築【パリ出張報告その5】"

香港城市大学の交換留学生がメディア学部にやってきました.

|

香港城市大学の交換留学生が2018年4月からメディア学部にやってきました.受け入れ2年目です.1年目は3名の男子学生でした.今年は4名の女子学生です.

29541567_1899776096734164_224312276

半年間,メディア学部の講義や演習を履修するためにやってきました.メディア学部の講義や演習を履修して,メディア学部の成績評価によって単位を取得し,香港城市大学の講義などの単位として認めるという単位互換を行う留学制度です.

続きを読む "香港城市大学の交換留学生がメディア学部にやってきました."

アート、デザイン、メディアに関する国際連盟Cumulusに加盟 【パリ出張報告その2】

|

アート、デザイン、メディアの教育機関が加盟する国際連盟Cumulusに本学デザイン学部、メディア学部が2018年4月に加盟申請しました.

30698756_1918213941557046_660807201

http://www.cumulusassociation.org/

Cumulusparis

2018年4月11日〜13日にフランス・パリで開催される”Cumulus conference Paris 2018 -To get there: designing together”にデザイン学部松村先生と参加し,大学や学部の紹介をしたり,研究発表を聞いたりしてきました.また,理事会で加盟証書を受け取りました.
TO GET THERE: DESIGNING TOGETHER
PARIS – 11, 12, 13 APRIL 2018
http://www.cumulusparis2018.org/

続きを読む "アート、デザイン、メディアに関する国際連盟Cumulusに加盟 【パリ出張報告その2】"

大学院卒業生の活躍:SIGGRAPH Asiaの学生ボランティア活動のお勧め

|

本学大学院メディアサイエンス専攻出身のリアンティ ヒダヤトさん(インドネシアバンドン工科大学出身)がCGWORLDの記事に紹介されました.彼女は長年Student Volunteers(学生ボランティア)を行っております.今年のSIGGRAPH Asia では学生ボランティアのChairを担当しています.
連載 Ask Me about SIGGRAPH Asia 2018! 第1回
https://cgworld.jp/regular/201804-student.html
ぜひ皆さん,読んでください.
昨年タイで行われた時にも,ボランティアをしており,多くの学生らの指導的な役割をしているところを見ています.本学大学院を修了して,日本のゲーム会社で働きながら,後輩たちの指導もしているリアンティさんの願いは,メディア学部の学生,メディアサイエンス専攻の大学院生と一緒にSIGGRAPH Asiaでボランティアを行うことです.
ぜひ,学生のみなさんは,学生ボランティアに応募してはいかがでしょうか?

Dsc_9325

続きを読む "大学院卒業生の活躍:SIGGRAPH Asiaの学生ボランティア活動のお勧め"

スウェーデン出身の留学生の答辞紹介

|

今年の3月に行われた学位記授与式において,大学院メディアサイエンス専攻Liselotte Heimdahlさんが答辞を述べました.紹介時期が少し遅れてしまいましたが,彼女の活躍と答辞を紹介します.

Img_4308

2015年4月に国費留学生としてスウェーデンから来日し,本学メディアサイエンス専攻の私たちの研究室にやってきました.
スウェーデンから国費留学生が大学院メディアサイエンス専攻にやってきた(留学生紹介) 2015.04.21
研究生として演出関係の研究を進め,その結果を発展して,大学院に入学後,母国で開催された国際会議で研究発表をしました.
スウェーデンで開催された国際学会SIGRAD2016で,留学生が研究発表 (ウプサラ大学訪問その1) 2016.05.29
その活躍ぶりをより広く知ってもらうために,学生の研究紹介ビデオの制作にも協力をしてもらうことになりました.このビデオ映像は次のブログで紹介しています.
東京工科大学大学院メディアサイエンス専攻Liselotte Heimdahlによる映像分析の研究の紹介(英語版)その5 2016.10.12
さらに2年生のときには国際会議AFGSでも演出に関する発表を行い,高い評価評価を得ることができました.
Asian Forum on Graphic Scienceで大学院生がコンテンツ制作のための演出に関する研究発表  2017.08.23
これらの成果が認められ,学位記授与式で答辞を述べることになりました.以下,その原稿を紹介します.

続きを読む "スウェーデン出身の留学生の答辞紹介"

セミナー情報:Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,私が講師を仰せつかっているセミナーを紹介させていただきたいと思います.

セミナーは,Indyzone 様が主催の「Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム」(5/26開催)です.

続きを読む "セミナー情報:Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム"

ドイツの提携校ハルツ大学訪問

|

メディア学部の三上です.

昨年の8月に提携したドイツのHarz大学,今回はドイツで開催されるCGアニメーションのカンファレンスと合わせて,訪問させていただきました.

日本にも来ていただいたWilhelm先生(ヴィルヘルム先生)をはじめ,学部長のProf. Dr. Andrea Heilmann(ヘイルマン先生),国際担当のProf. Dr. Louisa Klemmer先生にお会いしました.

2018harz01_3

続きを読む "ドイツの提携校ハルツ大学訪問"

菊池研究室「Procedural Animation & Contents Design Science」 4 年生が学会発表で受賞

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

先日(3月16日)に開催された「映像表現・芸術科学フォーラム 2018 ( Expressive Japan 2018 )」において,菊池研究室から研究成果発表を行った「谷野克成君」と「川満陽太君」の 2 名が,優秀発表賞と企業賞を受賞しました.

01
図.賞状を手に記念撮影する谷野君(一番左)と,3つの賞の賞状

続きを読む "菊池研究室「Procedural Animation & Contents Design Science」 4 年生が学会発表で受賞"

より以前の記事一覧