お知らせ

IMKEN 2022 (海外大学との合同シンポジウム)

2022年6月16日 (木) 投稿者: メディア技術コース

去る6月9日、10日にタイの大学(KMUTT: King Mongkut’s University of Technology, Thonburi)と合同でシンポジウムを開催いたしました。この御時世ですから実施はオンラインです。このシンポジウムは何年かおきにお互いの大学で交互に開催していたので、本来であればタイを訪問してというところでありました。今回は行くことができず非常に残念です。

 

IMKEN 2022、というのは International Conference on Media Technology, Knowledge and Education in Next Normal から取ったということですが、かなり無理がある…? ICMTKENNでは?とも思いますが、それじゃ呼びにくいですしね。イムケン?

 

シンポジウムは、KMUTT側からはIndustrial Education and TechnologyとMedia Technologyという2つの学科が参加し、こちらからはメディア学部が参加しました。メディア学部からは、学部長の大淵先生がオープニングのスピーチをされて、柿本先生がキーノート講演を行い、吉岡先生と太田が口頭発表で参加いたしました。また、学生がポスター発表のセッションに7名ほど参加いたしました。全体では、口頭発表は20件以上ありましたので、こちらの大学からももう少し参加者があると良かったなと思います。

 

さて、メタバースでのシンポジウム開催ですが、いきなり波乱です。今回は、Spatialというサービスを利用したのですが、メタバース環境で用意された部屋に入ろうとすると、入ることは入れたのですがなんだか様子が違う…。人数もやけに少ないし、司会もいません。これは類推なのですが、一つの部屋(ワールド)に入ることができる人数に上限があって、それを超えてしまうと複製された部屋に入場させられてしまうようなのです。しかもその人数は、その瞬間の人数ではなく、その部屋ができてからの累計のような気が…。「入れないよー、なんか変だよー」と主催側の先生方にLineで訴えた結果、全員一度退場して、部屋を再度立ち上げて再入場ということをして

ようやく参加することができました。こういう現象はある程度以上の人数が参加しないと気づかないものですから、シンポジウムの本番で起きたことは不幸でしたが、経験として貴重な知見を得たと思います。今回はメタバースでこのようなイベントを行うときの課題をいろいろ知ることができました。そういう観点からも非常に良い機会でした。

 

Screen-shot-20220609-at-123215 Screen-shot-20220609-at-122636

 

ポスター発表は2日目に行われましたが、ここでも部屋から度々強制的に退去させられ、また戻るということが何回かありました。仮想ワールド内のアバター間の距離が離れると聞こえなくなるという機能はそれなりに機能していて、部屋のレイアウトとポスターの配置をきちんと考えればそれなりに現実を模した形で発表会を行うことができそうでした。

 

Screen-shot-20220610-at-163102 Screen-shot-20220610-at-110200

Screen-shot-20220610-at-171837

 

実際にはメタバースでの課題もいろいろあったため、今回はいくつかの口頭発表のセッションはZoomに変更して行いました。ただ、Zoomのほうが効率的かもしれませんが、メタバースは空間を共有している感覚があるという点では楽しかったですし、オンライン会議としては面白い体験でした。KMUTTはコロナの前に訪問したり、前回のシンポジウムはこちらに来ていただいたりしていましたが、そうした先生方とまたお会いできた?のも嬉しいことでした。学生は互い交流を図るということまではオンラインでは難しいようでした。やはり直接集まって実施できるようになることを期待したいですね。一方で、オンラインでは海外の人ともこうしたイベントを簡単に持つことができます。このシンポジウムのテーマでもありましたが、コロナ後の”Next Normal”では、現地での実施と、こうしたオンラインの活用をうまく組み合わせたアイデアで新しい価値を創り出していくことができるのかもしれません。もっと多くの海外の大学に呼びかけて実施するようなこともできそうです。次回に向けて模索していきたいと思います。

 

この記事に載せたもの以外のシンポジウムの画像が以下のリンク先に載っています。

https://imken.kmutt.ac.th/gallery/

 

また、これまでの過去の4回のシンポジウムについては以下の記事に紹介があります。

第4回(2019年)http://blog.media.teu.ac.jp/2019/07/post-40945d.html

第3回(2016年)http://blog.media.teu.ac.jp/2016/04/international-s.html

第2回(2013年)http://blog.media.teu.ac.jp/2013/06/2nd-kmutt-tut-j.html

第1回(2012年)http://blog.media.teu.ac.jp/2012/06/20123-3fde.html

 

 

太田高志

 

2022年6月16日 (木)

メディア学部の学生がWWDC2022のSwiftStudentChallengeでWinnerに選出

2022年6月10日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

助教の戀津です。
タイトルの通りですが、今回は学生さんの成果についてご報告です。

先日大学のホームページでもお知らせを出しましたが、メディア学部二年生の久保田舞さんがAppleの主催するWWDC2022のSwiftStudentChallengeでWinnerに選出されました。
SwiftStudentChallengeは、SwiftUIという最新のアプリ開発基盤で開発を行い競い合う、学生のためのチャレンジの場です。
今回は4/5に募集が開始され、応募締め切りは4/24と非常にタイトなスケジュールの中での挑戦になりました。

プロジェクト演習『Creative Application』では、演習講師をお願いしている渡辺電気株式会社の渡邉賢悟先生が、ちょうどそのSwiftUI用の開発資料を作成されていました。
SwiftUIはシンプルな記述で画面や機能の設計ができ、コードを書きながらのプレビュー機能が特長です。試行錯誤を高速で行えるので、短期間での開発にも取り組みやすくなっています。
世界的なイベントへの挑戦はとてもいい機会なので是非とお勧めし、何名かでアプリ作りのアイデア出しや簡単な機能のプログラムなどを開始しました。

その中で久保田さんが打ち上げ花火のアプリを企画し、音も絵も自作してアプリを組み上げて応募まで完了できました。
SwiftStudentChallengeは世界中から応募があり、Winnerの選出は350名と狭き門ですが、見事Winnerに輝きました。
後日Apple社から賞品が届き、その写真をいただいたので掲載します。Apple社のロゴ入りです。

Swift

久保田さんから受賞に際してのコメントもいただきました。
「今回のチャレンジは全てが初めてだったのでとても緊張しましたし、未だに信じられません。大学に入ってCreApp演習で初めて触れたプログラミングでこのような成果が出たこと大変嬉しく思います。演習ではMacBookやiPadなどのApple製品を使ったプログラミングだったので、Windowsユーザーであった私には大きな壁がありました。ですが、コロナ禍でオンライン授業を強いられた際に演習講師の渡邉先生が開発されたWebエディタの活用もあり、Windows機でも不自由なく学習を進める事ができました。今回のチャレンジは、渡邉先生や多くの方のサポートがあり達成できた事であると思っております。この結果に満足せず、これからも新しいことにたくさん触れて学習を深めていきたいと思います。」

厳しいスケジュールの中でも果敢に挑戦し、世界的な企業から評価を受けるという、大変素晴らしい成果でした。
制作したアプリについては、後日改めて紹介します。

2022年6月10日 (金)

2022年度オープンキャンパス(八王子キャンパス)のご案内

2022年6月 7日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さん、こんにちは!

すでにご存じの方も多いと思いますが、2022年度の八王子キャンパスでのオープンキャンパスが下記の日程で開催されます。

 ・6月12日() ・7月17日() ・8月7日() ・8月21日(

現時点ではいずれの回も、来場型[定員制・事前予約制]とオンライン型[申込制]での開催を予定しています。

メディア学部は、6月12日(日)の来場型は申込みが定員に達しましたので受付を終了しましたが、オンライン型は6月1日(水)〜6月17日(金)の開催期間にお申込み・ご視聴いただけます。

6月12日(日)の来場型については、こちらのページに各研究室の展示内容をご紹介しています。7月以降も毎回組み合わせを変えながら15前後の研究室を公開しますので、どの研究室がピックアップされるかお楽しみに!

(メディア学部 伊藤謙一郎)

2022年6月 7日 (火)

大学院特別講義がはじまります(学部生も聴講可・zoom開催)

2022年6月 6日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部助教の兼松です.

来週15日水曜日から,メディアサイエンス先端特別講義Iがはじまります.
この特別講義は,6月15日(水),6月22日(水),6月29日(水)の各日2コマずつ(4,5限)+7月後半に課題の講評会の計7コマで実施します.

履修登録不要で,googleformで用意した受講申請フォームから登録するだけのものですので,今からでも受講できます.
各回ともにzoomでの実施ですので,MS専攻のみなさんはぜひ!

気になる内容ですが,スウェーデン・ウプサラ大学の林先生をお招きし,ウプサラ大学ゲームデザイン学科での研究事例や,複数枚の写真から3Dモデルを制作するPhotogrammetry,制作したモデル等を展示できるバーチャルミュージアムなどについて,解説・実践があります.
また,2日目には私の学生時代の指導教員でもあり,メディア学部名誉教授の近藤先生が特別講師としてご講演くださいます.

昨年度開講したメディアサイエンス先端特別講義Ⅱと内容はほぼ同じですが,昨年度受講した方も,興味を持っていただいた方は今年度再び受講することも可能です(一昨年のメディアサイエンス先端特別講義Iで単位認定を受けているかたは,再度単位を取得することはできません)

また,この特別講義は大学院の授業ですが,学部生も聴講可能です.興味のある方はぜひ!

詳細はこちらを確認してください.

(文責:兼松祥央)

2022年6月 6日 (月)

プロジェクト演習『クリエイティブ・アプリケーション』

2022年4月27日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

助教の戀津です。
今回は、これまでにも何度か紹介したプロジェクト演習のクリエイティブ・アプリケーションについてです。

今期も授業が始まりましたが、クリエイティブ・アプリケーションは2年ぶりの対面実施になりました。
演習講師の渡邉先生が、リモート中でも座学だけでなく議論をする工夫をしてくださいましたが、今期もそれを継続しています。
4限は冒頭に知識の紹介と、中盤からはその内容をもとに受講者と渡邉先生とで議論をしていく形です。
多くのメンバーで一つの話題を議論していると、自身にはなかった視点が見えたり、知識同士が結びついてより深まるという経験が得られます。

クリエイティブ・アプリケーションでは、このような視点の違い、知識の結びつきを重要視しています。
歴史から過去に人類の行ってきた美や技術の追求を知り、議論を通じて自身の知識と結び付けて身につけていくことができれば、現代のものづくりにも活かせることが多くあるためです。
一見アプリ作りには関係ないようでいて、大変重要な土台を形作るための時間をとっています。

5限には、MacBookやiPadを使っての実際のアプリケーション制作についての講義・演習をしています。
プログラムの書き方やその背景にある概念に触れつつ、iPhoneなどのiOS上で動作するアプリケーションの実装をしていきます。
iOS向けアプリの制作にはMacBookやiPadが必要ですが、クリエイティブ・アプリケーションでは受講者用に機材の準備をしているので普段使っているPCがWindowsでも問題ありません。

履修登録の時期は過ぎてしまいましたが、聴講はいつでも歓迎です。
大変有意義な時間になると思いますので、水曜日の4限5限が空いている方は覗きに来てみてください。

2022年4月27日 (水)

「メディアのための物理」という本を出版しました。

2022年4月12日 (火) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

このたび、コロナ社より「メディアのための物理」という本を出しました。メディア学部の柿本先生・椿先生との共著です。椿先生が担当される、同じ名前の授業で使う教科書でもあります。

高校の授業の中で、物理は「嫌いな科目」上位の常連です。そんなふうに思われる理由としては、数式が多いとか、専門用語の意味がわからないなどの他に、何の役に立つのかがわからないというのも多いのではないかと思います。そこで本書では、メディアコンテンツを作ってみたい人を念頭に、物理がどんなことに役立つのかを示しながら解説していくようにしました。

私が担当した第4章「音響処理のための物理」では、音のコンテンツを作りたい人のために、音がどのように反響するのか、ハーモニーはどういう条件で生じるのか、マイクやスピーカーはどのような原理で動いているのかなどを説明しています。また、第6章「作品世界の中の物理」では、SF小説や映画・アニメに出てくるタイムマシンやワープ航法の原理やパラドックスについて述べています。その他の章でも、ゲームやCGなどを想定して、物理法則がどのように役立つかが書かれており、これまで無味乾燥だと思っていた物理が、実はいろんな場面で役に立つことがわかっていただけるのではないかと思います。

数式が苦手な人は斜め読みでもいいので、コンテンツ制作と物理の関係を少しでも感じ取っていただければ幸いです。

 

2022年4月12日 (火)

積ん読解消アプリ?

2022年1月 2日 (日) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。
あけましておめでとうございます。

昨年末に家の大掃除をしていたら、仕事部屋で昨年買った本が乱雑に積み重なっている部分があったので整頓をしました。
積んだだけでしっかり読めてない本も多いので、ちゃんと読まないとなと思いつつ、せめて積んであるだけの状態は解消しました。
この流れで思い出したので、せっかくなので久々に宣伝をします。

私は本学卒業生で、以前紹介したプロジェクト演習のクリエイティブ・アプリケーションを受講していました。
そこで作ったiOS向けアプリの企画をブラッシュアップし、2013年に実際にAppStoreへのリリースをしています。
10年近く経ってしまいましたが、今でも時折遊んでいます。また、3歳の長女も遊んでくれています。

『ハノイの本』という、本棚の中で乱雑に散らばっている本を、本の高さ順に本棚に片づけるゲームです。
もちろん現実の本棚は綺麗にならないので、今回はタイトル詐欺ですね。積ん読は頑張って解消してください。

古くからある木のパズルゲームである『ハノイの塔』の、小さい円盤の上に大きい円盤を積めないというルールを片づけに付け加えています。
これは、当時の授業で整理整頓・温故知新・クリアという三つのキーワードからアプリを考えるという演習を行い、その中で生まれたものです。

ハノイの塔を参考にはしましたが、移動に使えるスペースの数が違うことで自由度が増し、その分多くの本や物を配置できるようになっています。
また、タッチインタラクションやサウンドにも大変こだわって作っており、綺麗なグラフィックもあわせてクォリティの高い作品になっています。
このあたりのこだわりはまた改めて記事にしますね。

iOS向け限定にはなってしまいますが、iPhoneはもちろんiPad系でも遊べますので、どれかしらデバイスをお持ちの方は是非遊んでみてください。
AppStoreで『ハノイの本』で検索するか、上記リンクをクリックしていただければ無料で入手できます。
知育アプリの側面もあるので、小さなお子さんやその親御さんにも紹介していただけると嬉しいです。

2022年1月 2日 (日)

2021年の八王子いちょうまつりは11/20(土), 21(日)に実施

2021年10月31日 (日) 投稿者: メディア技術コース

健康メディアデザインという新しい研究テーマを開始した千種(ちぐさ)です。人体を健康メディアとしてとらえメディアを使って自らの健康をデザインするための研究に取り組んでいます。今回は研究とは全く違う個人としてのアクティビティを紹介したいと思います。

もう2021年10月も終わろうとしています。去年、今年と数多のイベントが中止になっていますが、オンラインイベントのみ活発に実施されてきた一年でした。東京オリンピック以降、やっとリアルイベントも適切な対策を講じながら実施されはじめています。

ところで皆さんは八王子いちょう祭りをご存知でしょうか?八王子いちょう祭りは、1961年に始まった八王子まつりが旧宿場町のある八王駅周辺の甲州街道沿いで主に商店街中心で実施されているのに対して、1979年から始まった高尾駅から八王子市追分までの約4kmにわたる約770本のいちょう並木のある甲州街道沿いで実施される市民祭のテイストのお祭りです。このいちょう並木は大正天皇の御陵造営を記念して昭和4年(1929年)に植樹されたとのことです。(Wikipedia)

随分前ですが、東京工科大学の講師に就任してすぐに八王子市民になったので、千種もそこそこの八王子愛の持ち主です。市民として八王子まつりを楽しんだり、八王子いちょうまつりでは、飲食ブーストして出店して八王子ラーメンを提供しています。この収益は全て八王子ラーメンパップ制作費に消えてしまいますが。東京工科大学のサークルや研究室も出店したりイベントを支えたりしてきました。メディア学部も同様です。

今回のブログは1年のどん底を味わった八王子いちょうまつりが今年復活のイベントを開催する心意気を応援するつもりの内容です。今年も八王子ラーメンを提供予定ですので、お時間のある方はイベント会場Bの陵南公園のグルメブースでお会いできればと思っています。

ちなみに全国にいちょうまつりはありますが、2大いちょう祭りは、神宮外苑いちょうまつりと八王子いちょうまつりです。
2つの祭りを比較してみると以下になります。

名称:神宮外苑いちょう祭り
初開催年:1997年
規模:300m、146本のいちょう並木
出店数:約40軒
来場者数:180万人以上

名称:八王子いちょう祭り
初開催年:1979年
出店数:数百店
規模:高尾駅から東へ約4km、約770本のいちょう並木
来場者数:約50万人

少なくとも多摩地域最大のグルメイベントで全国各地のB級グルメや八王子の個店のグルメが食べられるイベントです。
ボランティア団体の出店も多く、焼きそば100円とか焼鳥100円とか激安グルメを探しに歩いてみるのもよいかもしれません。

ここ10年程度の来場者数を調査してグラフにしてみました。近年は例年50万人前後の来場者数でした( https://www.ichou-festa.org/ )。八王子市の人口が57万人なのでかなりすごい来場者数で、市外からの来場者も相当数いるものと推察されます。また去年は小規模開催であり、大幅な赤字になったため、クラウドファンディングで寄付を募集した経緯( https://camp-fire.jp/projects/view/329406 )もあり、千種としては、今年は応援も兼ねて八王子ラーメンで応援したいと思います。天気に恵まれて安心・安全なイベントとして盛り上がりますよう。。。

Photo_20211030205401

2021年10月31日 (日)

ADADA Japan 2021 参加登録締め切り間近!

2021年9月27日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部助教の兼松です.

今週から後期が始まりました.
開始直後に休校が挟まったり,まだまだ変則的で学生の皆さんにとっては授業の受けるだけでも色々大変な面があると思いますが元気に乗り切りましょう!
近々では履修登録など,忘れてはならない手続きなどもありますので,学内サイトのお知らせを見落とさないように注意してください.

さて,先日もご案内しましたが,ADADA Japan 2021という学会が10月8日に開催されます.
今回はメディア学部の学生も多数発表しますし,他大学の学生の発表も多いのが特徴です!
また,研究発表自体もメディア学部助教の戀津先生が作ったシステムを利用して行われます.
この学会は学生の皆さんは参加費無料で聴講できます.
遠隔での開催ですので,ご自宅からでもさまざまな研究発表や招待講演を見ることができますので,ぜひ参加してください.

ただし参加するためには事前に参加登録が必要です.この参加登録は10月1日までと,締め切り間近ですのでご注意ください!

http://adada.info/2021japan/

(文責:兼松祥央)

2021年9月27日 (月)

9月20日(月・祝)LIVE配信「オンライン キャンパス見学会」のご案内

2021年9月10日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さん、こんにちは!

LIVE配信による「オンライン キャンパス見学会」が9月20日(月・祝)に開催されます。

メディア学部の見学時間は13:00〜14:00で、3つの研究室の教員が研究紹介や制作物のデモンストレーションを行います。

 ① 柿本・戀津研究室(ビジュアル&コンテンツインフォマティクス)
  【メディア技術コース】/
  「テーマ:作品に潜む構造と技術」
 ② 吉岡研究室(聴覚障害支援メディア)【メディア社会コース】/
  「テーマ:アプリで多様性を実現」
 ③ 川島研究室(次世代 CG クリエイション)【メディアコンテンツコース】/
  「テーマ:最新CG技術と作品紹介」

LIVE配信をご覧いただきながら、チャットで教員への質問もOKですよ。受験生はもちろんのこと、高校1・2年生の参加もお待ちしています。申込制(定員制)になっていますので、視聴をご希望の方は大学HPからお申し込みください。

以下の写真は、8月8日(日)と8月22日(日)のオンライン型オープンキャンパスで行われた研究室紹介の様子です。
(※9月20日の見学会とは内容・担当教員が異なります)

0808oc_a 0808oc_b
0822oc_c 0822oc_d

上記のLIVE配信のほか、9月20日(月・祝)〜10月31日(日)に以下のオンデマンド動画を配信します。こちらは申し込み不要で、期間中にいつでもご覧いただけます。

 ◎大淵学部長によるメディア学部紹介
 ◎羽田研究室(AED-LAB)/メディア学部の研究室とは?:五感を操るテクノロジー
 ◎模擬授業[竹島教授]【メディアコンテンツコース】/視覚でデータを分析する
 ◎模擬授業[藤澤講師]【メディア技術コース】/AIが創る顔写真
 ◎模擬授業[吉岡講師]【メディア社会コース】/メディアとSDGs

メディア学部・大学院の紹介、各コースの研究紹介動画、3D画像「バーチャルキャンパス見学」などのコンテンツは、こちらから常時視聴いただけますので、併せてぜひご覧ください!

(メディア学部 伊藤謙一郎)

2021年9月10日 (金)

より以前の記事一覧