お知らせ

研究紹介:流量推定を用いたラテアートシミュレーション手法(学生奨励賞受賞)

2021年3月31日 (水) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。
今回は、3/18~20にオンラインで開催された、情報処理学会全国大会での発表のご報告です。

情報処理学会では、多くの投稿の中から似たジャンルの研究を10件前後まとめて、セッションという名前で発表会を行います。
そして、セッションごとに座長の選ぶ学生奨励賞というものがあります。およそ5~6件に1件程度選ばれるという形です。

私は柿本先生と一緒に卒研ゼミを担当していますが、情報処理学会は柿本・戀津研の研究内容と親和性が高く毎年何件か発表を行っています。
今年は2件の発表を行い、そのうち中村哲平君の『流量推定を用いたラテアートシミュレーション手法の提案』という研究が学生奨励賞を受賞しました!
去年は佐藤君白崎君、一昨年は渋谷君が学生奨励賞を受賞しており、私の着任前から合わせるとなんと6年連続の受賞です。

研究内容は、タイトルの通りラテアートについてです。
ラテアートはエスプレッソコーヒーにフォームしたミルクを注ぎ、その注ぎ方によってカップの液面上に模様を作るというものです。
流体力学によるシミュレーションをしたり、CGでラテアートの再現を行う研究は多くされていますが、今回はラテアートを習得する際の練習過程に着目しています。

実際にラテアートを練習する時は、水を使って練習します。本物のエスプレッソとミルクを使いカップに注ぐと混ざってしまい回収ができず、一回ごとに材料費がかかってしまうためです。(また、材料を無駄にしないために毎回飲まないといけないですね)
しかしもちろん、水をカップに注いでもラテアートの模様は描けません。そこで、この研究では水を使って練習しながらラテアートの模様を描くことで練習効果の向上を目指しています。

ラテアートの練習という目的に対し、当初次のような方法を検討していました。

La1

ピッチャー底部認識法と名付け、ゼミで検討をしていました。スマートフォンの画面に向かって注ぎ込むイメージで、実際のピッチャーを傾けるものです。
ピッチャーの底に円形のマーカーをつけ、内側カメラでマーカーがどのくらい楕円になって見えているかを検出することでピッチャーの傾きを検出、どのくらいミルクが注がれたかを計算するというものでした。

しかし、実際にこの方法を試行錯誤していたところ、意外とマーカーがうまく写らないことや、空っぽのピッチャーで注ぐ動作だけするのはイマイチといった欠点が見つかりました。
画面に向かって注ぐというのは大変直感的で魅力的ではあったのですが、本体が下にあることによって実際の水が注げないというのは大きな欠点でした。
そこで、中村君が新たに次のような方法を考えてくれました。

La2

新しい手法では、カップに向かって実物の水を注ぐという実際の動作に大変近い形を取りながら、カップ上部に据えたスマートフォンの画面上にラテアートの模様を描画できるというものです。
フレキシブルアームを使う必要が出てしまいましたが、スマートフォンが上に来ることによって実際に水を注ぐことができるようになりました。
これは当時柿本先生も私も想定していなかった新しい着眼点でした。学生本人が自身の研究について一番時間を使い、考えてくることで教員の発想を超えてくれるのが卒業研究指導の一番嬉しい時と感じます。

これを実現するには、画像処理を使った水の流量推定やリアルタイムなシミュレーション、カップ上への描画など解決すべき課題が大変多く、残念ながら今年度内の研究では練習手法までの完成には至りませんでした。
しかし、流量推定実験の結果までをまとめたことと、このアイディアが研究の肝となり、冒頭に書いた通り学会でも評価していただけました。
研究室で引き継いで研究を進め、いつか完成させたいと思います。

2021年3月31日 (水)

3/26(金)〜29(月)「バーチャルオープンキャンパスDAY」のご案内

2021年3月22日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さん、こんにちは!

3月26日(金)〜29日(月)に「バーチャルオープンキャンパスDAY」が開催されます。

 特設HPはこちら➡︎ https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html#spcontent

動画配信・LIVE配信による大学紹介や各学部の紹介ほか、リアルタイムでのキャンパス見学会「コウカ散歩LIVE」など、オンラインならではの魅力溢れるイベントやコンテンツが目白押しです。配信は、4日間を通してのものと特定の日時のみのものがあります。また、事前申し込みが必要なものもありますので、タイムテーブルをご確認の上、ご視聴ください。

メディア学部に関連する配信は下記の通りです。

 ◆「模擬授業」【オンデマンド動画】3/26(金)〜29日(月) 各日9:00〜24:00/27日(土) 13:00〜14:00/28日(日) 14:00〜15:00
  ・メディアコンテンツコース:『視覚でデータを分析する』竹島由里子 教授]
  ・メディア技術コース:『AIが創る顔写真』藤澤公也 講師]
  ・メディア社会コース:『メディアとSDGs』吉岡英樹 講師]

 ◆「研究(室)紹介」【オンデマンド動画】3/26(金) 〜29日(月) 各日9:00〜24:00/27日(土) 13:00〜14:00/28日(日) 14:00〜15:00
  ・『メディア学部の研究室とは/五感を操るテクノロジー(羽田研究室)』羽田久一 教授]

 ◆「大学・学部紹介(八王子)」【オンデマンド動画】3/27(土)・28(日) 10:00〜12:40
  ・大学と各学部の魅力を、学長と4学部の学部長が紹介します。


皆さまのご視聴・お申し込みをお待ちしています!

(文責:伊藤謙一郎)

2021年3月22日 (月)

オンラインポスターセッションシステムの公開

2021年3月14日 (日) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。

これまでに何度かお話した、オンラインポスターセッションシステムを公開しましたのでお知らせです。
過去記事: (太田先生ご紹介ありがとうございます)

TeleAgora -テレアゴラ- こちらからアクセス可能です。

TeleAgora(テレアゴラ)はオンラインポスターセッション用システムです。
昨今の情勢により、多人数が一堂に集まり代わる代わる会話をする形であるポスターセッションの開催は困難となりました。
しかしながら、研究の発展においてポスター発表の持つ役割は大きく、どうにかオンラインで行えないかと考えこのシステムを開発しました。

さっそく、3/8に行われた映像表現・芸術科学フォーラム2021でのポスターセッションに利用していただきました。
学会終了後にお願いしたアンケートでは運営の皆様、参加者の皆様よりご好評をいただき、また改善案もいくつかいただけましたので更にブラッシュアップしていければと思います。

これまでに発表会で利用した際は、発表者と参加者向けの部分のみ開発し、発表会主催者向けの機能はありませんでした。
そのため、発表会を行う時には発表者リストからポスター情報の登録をしたり、実際のディスカッションの場となるGoogleMeetのアドレス作成を私自身が行う必要がありました。
私自身の負荷の高さや、主催者の方が内容をコントロールできないという問題がありましたが、今回主催者向け機能も実装できたので公開です。

乱立を避けるため発表会そのものの作成機能は公開していませんが、ご連絡を頂ければオンラインでのポスターセッションを行えるようにできますので、学会関係者の方や研究室での発表でポスターセッションを検討している方は是非ご連絡ください。(連絡先はTeleAgoraページ下部に記載してあります)
多数の発表者/参加者間での成果物共有・ディスカッションができるというものなので、学会等だけでなく個人的な仲間うちでの発表会等でも利用できます。お気軽に問い合わせください。

ちなみに、システムを公開するにあたり結構苦労したのが名前をつけることでした・・・。
TeleAgoraはギリシャ語のTeleとAgoraをあわせた造語です。Teleは『遠くの』、Agoraは『広場』を指す言葉です。
広場は古代ギリシャの都市国家において、学術交流の場としても利用されていました。広場を囲むようにストアと呼ばれる柱廊が多数建てられ、そこで学術交流が行われました。
TeleAgoraではこれになぞらえ、アゴラ(個人ページ)からストア(研究発表会)に参加する形にしています。
実際に人々が集まる広場はまだしばらくの間困難ですが、テレアゴラが多くのストアで賑わい、研究発表会での交流が盛んに行われると幸いです。

2021年3月14日 (日)

今年はオンライン開催「Global Game Jam 2021」

2021年1月18日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

この季節は卒業論文の指導や修士論文と同時に世界同時開催ゲーム開発ハッカソン「Global Game Jam」の季節でもあります.

20200131-17330520200201-125442

COVID-19の影響で今年はフルオンラインの開催で,主催者から は閉会式や開会式を含め集合しないように念を押されております.

そんな状況ではありますが,2010年から連続会場運営をしている東京工科大学は今年もオンラインとは言え会場運営をします.

もともと,早くから開発の様子をオンラインで配信してきた東京工科大学会場なので,配信スタッフのノウハウも蓄積されております.コロナ禍で様変わりした,ゲーム業界最大のハッカソンイベントですが,ぜひ楽しんでもらえればと思います.

当日の様子は下記のYoutubeLiveで配信予定です.現在も昨年やそれ以前のGlobal Game Jamのアーカイブが閲覧できますぜひご覧ください.

Global Game Jam 東京工科大学会場のYoutubeLive!

2021年1月18日 (月)

WISS 2020開催

2020年12月14日 (月) 投稿者: メディア技術コース

こんにちは,メディア学部の加藤です.

12月16〜18日にかけて,インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2020)が開催されます.
WISSは HCI・インタラクションの分野において最もアクティブな学術会議のひとつで,
毎年 150人以上の参加者が活発に議論を行っています (ぼくは学部 3年生の頃から毎年欠かさず参加してきました..w).

そんなWISSが,今年はなんと無料で参加をすることができます!
(COVID-19の影響でオンライン開催となってしまったので,Zoomでの開催です)
メディア学部からも,査読なしセッションでの発表が 1件行われます.

Youtube Live上で配信されるので登録をしない人でも,発表を見ることができます.
HCI・インタラクションの研究分野に興味のある高校生,
学部生(特に来年から研究室配属の学生はぜひ)みなさんは,参加してみてはいかがでしょうか.
https://www.wiss.org/WISS2020/

2020年12月14日 (月)

だっことおんぶの研究会(Academic Babywearing Conference) 講演のご案内

2020年11月23日 (月) 投稿者: メディア技術コース

文責:榎本美香

今週の土曜日に以下の学会で講演させていただきます。

https://babywearing.academy/

 

論文誌「認知科学」に掲載された以下の論文の内容をお話します。

榎本美香(2020) 物的世界と相生する身体技法の習得に関する論考:言葉の藁にすがって水をよじ登る 認知科学, 27巻, 2号 pp. 95-109

 

これを読んでくださった東京大学のだっことおんぶの研究所理事長の園田 正世 氏からお誘いを受けました。

論文は、私が水泳教室でバタフライを習得していった過程をたどり、学習のモデルをつくるという内容です。

水泳の学習が、抱っことおんぶの教授にも通じるのではないか、と感じてくださり招待していただきました。

(ただいま鋭意、発表スライド作成中です)

 

論文誌に掲載されると実にいろいろな分野の方が読んでくださって新たな出会いがありますね。

認知科学会のHPは以下です。

https://www.jcss.gr.jp/

日本認知科学会(Japanese Cognitive Science Society)は「知」の総合的な科学を構築するための学際的な研究交流の場として1983年に設立されました。心理学、人工知能、言語学、脳神経科学、哲学、社会学などさまざまな背景を持つ会員が知の総合科学を目指して、活発な研究活動を行っています。

===========

Academic Babywearing Conference 2020アカデミックベビーウェアリング カンファレンス 2020
[全体テーマ]
『だっことおんぶで「わかる」こと、「できる」こと』

[開催日程・場所]
2020年11月21日(土)13:00~16:30
オンライン会場
プログラム

講演1:
「言葉と物的世界をつなぐわたしの身体」
榎本美香 准教授
東京工科大学メディア学部

先行研究レビューと運動発達に関する基礎知識
「Tummy time(うつ伏せ時間)に関する先行研究の紹介~抱っこ法と首すわりの関連への示唆~」
後藤未来
ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
Ph.D(リハビリテーション科学)

講演2
「人類進化から読み解く知覚-行為発達」
工藤和俊 准教授
東京大学大学院

 

[参加費・お申込み方法等]
参加費:
一般 3,000円
ベビーウェアリングコンシェルジュ専用 2,000円
お申し込み方法:
Peatix アカデミックベビーウェアリングカンファレンス2020
https://abc2020blabo.peatix.com/


※※※チケット販売中※※※

リアルタイム視聴は、先生方に直接ご質問いただけます。
参加者へは、参加記念品をお送りします。

後日、動画を配信予定です。
日本語版 およそ3カ月後、チケットご購入の方へ限定公開
英語版  翻訳でき次第、無料で配信予定

===========

* 研究者はもう少し参加費がやすくなるようです。

2020年11月23日 (月)

ご当地ラーメンとして認知された「八王子ラーメン」のラーメンマップ2万部を発行

2020年11月 6日 (金) 投稿者: メディア技術コース

5年前から新しい研究テーマを始めた健康メディアデザイン研究室の千種(ちぐさ)です。人体を健康メディアとしてとらえメディアをつかって自らの健康をデザインするための研究を行っている研究室です。

私がボランタリーに関わり代表を務める「八麺会」( http://www.hachimen.org/ )では、この10月に八王子市内で「八王子ラーメン」を扱う40店舗を紹介したガイドマップを5年ぶりに改訂して2万部を発行し、市内各所にて無料配布しています。

八麺会は、まだ「八王子ラーメン」という言葉もない2003年に八王子市民を中心に当初は工科大の学生も関わってスタートしました。すぐに公式サイトの制作とラーメンマップを発行して、その後、次々とメディアにピックアップされたり、コンビニ各社が「八王子ラーメン」を発売したりして、「八王子ラーメン」のブランディングが段々と実現されてきました。

そして2010年代には、日清食品などからカップ麺や袋麺の「八王子ラーメン」を発売して全国区になってきました。そして2018年2月、ふるさと名品オブ・ザ・イヤーに三崎マグロなどとともに選出され、地域振興麺部門を受賞しました。その受賞理由は『あなたの地域の課題や魅力を、思い切ってラーメンという親しみのある形にしてみませんか?地域の魅力の詰まったラーメンは、全国にあなたの地域の魅力を伝えると共に、新しい名産品として地域経済にも貢献する可能性を秘めています。地域の課題解決、経済活性化をラーメンで実現する取り組み、アイデア、そして考えたヒトに対して表彰いたします。』とのことでした。

https://furusatomeihin.jp/nissin01.php
https://furusatomeihin.jp/index_past.php

そして「八王子ラーメン」のブランディングの成功と相まって市内外の八王子ラーメン専門店も増え、5年前のラーメンマップ掲載店も32店舗から今回は40店舗と増えました。全国の皆さんに今回のラーメンマップのスクリーンキャプチャをお届けします。

Photo_20201104110901

Photo_20201104110902

今回の発行に際して各マスメディアからも取材を受けました(オンライン版)
・読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20201005-OYTNT50190/

・毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20201024/ddl/k13/040/010000c

・東京MXテレビ

https://s.mxtv.jp/tokyomxplus/mx/article/202011071005/detail/

 

・ショッパー
https://shopper.jp/73884/

・タウンニュース
https://www.townnews.co.jp/0305/2020/10/15/546544.html

2020年11月 6日 (金)

後期授業が始まりました!

2020年10月 6日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の伊藤(謙)です。

9月28日(月)から後期授業が始まり、1週間が経ちました。

前期の授業は「遠隔」(卒業研究や大学院での指導は後半から一部対面もあり)でしたが、この後期は「対面」「遠隔[リアルタイム or オンデマンド]」「対面+遠隔[リアルタイム]」の主に3つの開講形態となります。これにより1年生も晴れて大学の中に入ることができて、まさしく「入学」となったわけですね。その喜びに満ちた新入生の表情を見て、私もとても嬉しい気持ちになりました。

このように対面授業が行われるようになったのは喜ばしいことですが、授業によって開講形態が異なるといろいろと大変なこともあります。

例えば前の授業が「対面」で次の授業「遠隔」の場合、遠隔授業を受ける場所の問題が出てきます。そうした学生のために、学内で遠隔授業が受けられるよう開放教室を設けています。また、対面授業でも、大学に来られない学生が遠隔で受けられるように配慮しています。それでも、履修する科目の組み合わせによってはタイトなスケジュールになってしまうことや、科目の性質から学内での遠隔受講が難しく、大学から急いで帰宅して自宅で遠隔受講するケースもあるようです。

私の担当科目ですと、『卒業研究』は「対面」、『音楽創作論』は「対面+遠隔[リアルタイム]」、メディア専門演習『作曲演習』やプロジェクト演習『和声』、先端メディア学・ゼミナール『ミュージック・アナリシス&クリエイション」は『遠隔[リアルタイム]』といったように開講形態がまちまちです。特に『和声』ではマンツーマンによる遠隔での指導上、自宅の機材を使用する必要があるため、和声のレッスンが入っている日は自宅と大学を往復することになりました。まだ後期授業が始まったばかりで頭も体もペースを掴み切れていない状態ですが、徐々に慣れてくるでしょう。

季節の変わり目で、普通に過ごしていても体調を崩しやすい時期ですね。体調に気をつけながら、学生の皆さん一人ひとりが少しずつ後期授業に慣れて有意義な時間を過ごせるよう心から願っています。

(文責:伊藤謙一郎)

2020年10月 6日 (火)

YouTube番組に出演しました!

2020年8月27日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

先日,YouTube番組「インテブロ情報局」に出演させていただきました!
番組は,こちらから.

「インテブロ情報局」は東京工科大学のあんなことやこんなこと,サークルの紹介から1年生のお悩み相談まで様々な疑問に答えてくれるチャンネルです.

私が出演した回では,私の趣味である「スノーボード」を始めたきっかけや,「盛岡三大麺」,「八王子ラーメン」の麺トーク,私が学生時代に経験した「世に恐ろしい恐怖体験(笑)」,最後は私の研究分野である CG に関しての話まで,楽しくも真面目に話させていただきました.

2_20200827102101

番組は 30 分ほどですので,お時間のあるときにでも聴いていただけたら光栄です.
よろしくお願い申し上げます.

文責:菊池 司

2020年8月27日 (木)

『教員とのオンライン個別相談』の申込受付は【8月20日(木)12時まで】です。お急ぎを!

2020年8月18日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

こんにちは。

先日のブログ記事で、8月23日(日)「バーチャルオープンキャンパスDAY(八王子)」の開催をお知らせしましたが、その中で、当日の10:00〜16:00に行われる『教員とのオンライン個別相談』をご紹介しました。申込受付は、8月20日(木)12時までですので、相談をご希望の方はお急ぎください! お申し込みは、バーチャルオープンキャンパス 」のページ内の「バーチャルオープンキャンパスDAYの申込はこちら」からどうぞ。

高校生の皆さん。メディア学部について次のような疑問をお持ちではないですか?


 ◆メディア学部では何が勉強できる?
 ◆「○○○」(授業名)はどういう内容?
 ◆授業を受けるのに、それ以前に履修しないといけない授業はある?
 ◆メディア学部とコンピュータサイエンス学部ではゲームに関する授業はどう違う?
 ◆「コンテンツ」「技術」「社会」の3つのコースは、それぞれどういうもの?
 ◆「コース」とは? 各コースには定員や選抜はある?
 ◆コースを選んだら、そのコースの授業しか受けられない?
 ◆「コンテンツコース」と「技術コース」では同じ分野(ゲームや映像、音楽・音響など)の授業や研究室があるけど、どう違う?
 ◆途中でコースを変えられる?
 ◆研究室に入ったら、就職先はその研究室の分野になることが多い?
 ◆プロジェクト演習とは? 誰でも受けることができる?
 ◆入学する前にやっておいた方が良いことは?
 ◆パソコンが苦手(あるいは使用経験なし)でも大丈夫?

 ・・・・・・などなど

上記以外の疑問にも、「コンテンツコース」「技術コース」「社会コース」それぞれの教員がわかりやすく丁寧にお答えします。ぜひこの機会を利用して疑問点を解消しましょう。質問だけでなく「ちょっと先生と話してみたい!」という方も大歓迎です。

皆さまのお申し込み・ご参加をお待ちしています!

 

(メディア学部:伊藤謙一郎)

2020年8月18日 (火)

より以前の記事一覧