お知らせ

いよいよ開幕「台湾大学芸術祭」続報

2019年5月 6日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

先日お伝えした台湾大学芸術祭,いよいよ5/3に開幕いたしました.それまでの悪天候とは打って変わり,本日は暖かい日差しが降り注ぎ式典の開催を祝う絶好の天気となりました.本日より,東京工科大学を設置する学校法人片柳学園の千葉理事長が参加されましたので,きっと日本から良い天気を引き連れてこられたのだと思います.

2019ntu15

 

 

続きを読む "いよいよ開幕「台湾大学芸術祭」続報"

2019年5月 6日 (月)

【授業紹介】検定試験に合格すると単位を認定「実践メディア処理技術」

2019年5月 4日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,今年度後期から始まる「実践メディア処理技術」に関して紹介したいと思います.

ズバリっ!
この科目は,「公益財団法人画像情報教育振興協会CG-ARTSが実施しているCGクリエイター検定CGエンジニア検定Webデザイナー検定画像処理エンジニア検定マルチメディア検定」の検定試験に合格し,指定のレポートを提出すると単位として認定するという科目です.

画像や映像を含むディジタル情報によるコミュニケーションは,私たちの生活に必要不可欠なものとなりました.
いま私たちには,コンピュータやスマートフォン,インターネットを利用して画像や映像などのディジタル情報を収集・整理するだけでなく,「ディジタル情報をどのように見せたら効果的か」「どのように活用したら効率的か」といった,より豊かに的確に相手に情報を伝えるスキルが求められています.

この授業では,公益財団法人画像情報教育振興協会CG-ARTSが実施しているCGクリエイター検定,CGエンジニア検定,Webデザイナー検定,画像処理エンジニア検定,マルチメディア検定の検定試験に主体的に取り組み,各検定試験のベーシック,およびエキスパートの別を問わずこれらの1つに合格することを目指します.

学生が自らの計画に基づき自習し,指定の検定試験合格を目指します.
当該年度の春期・秋期のいずれかの試験に合格した後に,レポート提出等の所定の手続きを取れば本授業の単位が得られます.

「検定試験合格」と「単位」の二兎を追って二兎を得てしまう授業となっていますので,学生の皆さんには是非チャレンジして欲しいと思います.

シラバスの詳細は,こちらに公開されています.


文責:菊池 司

2019年5月 4日 (土)

大学院授業 「相互行為分析特論」

2019年5月 3日 (金) 投稿者: メディア社会コース

今年も大学院では「相互行為分析特論」という講義で,ヒューマンインタラクションについて授業を行っています.

例えば,ジェンダー(社会的性差)という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが,たとえジェンダーという言葉を知っている方も,どんなときでもそれを意識して行動をするということは少ないと思います.このようなことを書いている私も,いついかなる時もジェンダーについて考えているかというとそれは違います.

私たちは,色々な人が話をしているところをビデオで撮影し,誰かの発言の次の発言がどのようにつながっているかを,「次の発言」から考えています.実は,その人の発言の心理的状態を考えるのではなくて,次の人が今の発言をどう捉えたかを発言や行動でどのように表しているかを考えるという研究をしています.

今回ビデオを見ながら,その参加者たちがジェンダーをどう捉えているかを見ることができます.参加している院生や早期一貫でイミグレーション科目を取っている学生は,誰一人として相互行為分析を専門としている方はいませんが,分析にそれぞれの専門や関心から参加し,論文も読んでいて,活発な院の授業となっています.

 少し気が早いですが,来年度も参加する方がいることを楽しみにしています.

 

                              山崎 晶子

2019年5月 3日 (金)

大学院進学のススメ

2019年5月 2日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

この 4 月から,大学院メディアサイエンス専攻長を仰せつかりました菊池です.
本日は,「大学院進学のススメ」と題してブログを書きたいと思います.

皆様もご存知の通り,大学の学部を 4 年間で卒業したあとの進路は大きく分けて「就職」か「進学」の 2 つになります.
この「進学」にあたるのが「大学院進学」になります(各種専門学校への進学という道もありますが...).

大学院とは,学部までの知識をもとにより広く深い知識と研究能力を身につけ,高度な専門性を担う人材を育成することを目的とするところです.学部のときとは異なり,研究活動が中心の生活の中でも,少人数でのより専門性の高い講義を受講し,TA( Teaching Assistant )として授業サポートを行うなど,教員からの指示を待ってから行動するのではなく,自らが考えて研究を進め,後輩を指導することも多くなります.

研究活動においては,学術論文・学会発表などを目指して,各自の研究テーマにおける関連研究の調査,現状の解決すべき課題や明らかにしたい事項の洗い出し,それに対する仮説立て,仮説を実証するための実験や開発を行うことになります.
そこには,論理的な展開が求められます.

私が考える「大学院進学のススメ」は,上記に集約されます.

将来的にどのような職種に従事することになろうとも,上記のような「自ら考え行動する」こと,「論理的に考え,進める」こと,および「後輩の面倒をみる」ことは必ずや役に立ちます.

内閣府・経済社会総合研究所の分析レポート ESRI Discussion Paper によると,理工系学部の大学院進学率は国立大学で 50 ~ 90%,有名私立大学で 30 ~ 70% になります.
また,学部卒と大学院卒の賃金プロファイルを比較した結果では,男性においても女性においても大学院卒の生涯賃金収入は学部卒のそれよりも高いことが報告されています.大学院卒の賃金は高年齢層になっても年齢とともに上昇し,それが学部卒の生涯賃金収入との差を広げる大きな要因であることも明らかになっています.さらに,大学院進学に関する内部収益率を計算した結果,博士前期課程(修士)に進学した場合,男性は11.4%,女性は10.1% となることが示されています.

日本ではこれまで,大学院に進学することの経済的価値に疑問が投げかけることも多かったのですが,大学院卒が収入面でのプレミアムを持つことが上記の報告からも明らかとなりました.

人生は長いです.
「社会に出て働く」,「海外で活躍したい」などの将来の目標を考えた際,「人生の価値観を何に持つのか?」を今一度立ち止まって,ゆっくり考えてもいいのではないでしょうか?

昨今の就職活動という世の中の急流に,文字通り「血眼になって」押し流されていく学生たちを見ていて,フッとそのようなことを考える専攻長でした.
01

文責:菊池 司

2019年5月 2日 (木)

MSU学長Shukri先生との面談(マレーシア出張報告4)

2019年4月20日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

MSU滞在の最終日に、Shukri学長にご挨拶しました。前回の訪問時にから、東京でもお会いしたりしていましたので、久しぶりという感じではなかったです。さらに三上先生が2017年にMSUを訪問して講義や交流をしています。このようにいろいろな活動が継続しています。

三上先生の記事 MSU訪問の2日め
http://blog.media.teu.ac.jp/2017/05/msu1-5bdd-1.html
三上先生の記事 MSU訪問の4日め
http://blog.media.teu.ac.jp/2017/05/msu4-8e5d.html

そして、メディア学部との交流活動から、東京工科大学との提携も行うことができ、いろいろな活動に展開しそうです。
その理由の一つに前回の訪問にはまだなかった International Medical School、Faculty of Health and Life Sciences などのほかに病院まで幅広く展開していることです。本学にも医療保健学部や応用生物学部があり、Shukri学長はじめ先生方が応用生物学部を見学したりもしています。

55807439_2791471071078238_68069265158931 55765396_287150185512308_860029876040210

 

続きを読む "MSU学長Shukri先生との面談(マレーシア出張報告4)"

2019年4月20日 (土)

東京工科大学大学院卒業生モンキー・パンチ氏(本名:加藤一彦氏)を偲んで

2019年4月19日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

 

去る,2019年4月11日,「ルパン三世」シリーズで著名な漫画家モンキー・パンチ氏(本名:加藤一彦氏)がご逝去されました.

様々な紹介ページで,モンキー・パンチ氏が東京工科大学大学院メディア学研究科メディア学専攻(現在のバイオ・情報メディア研究科メディアサイエンス専攻)の卒業生であることが伝えられております.モンキーパンチ氏は2003年4月から2005年3月まで在籍し,2005年3月に修士(メディア学)を授与されております.ちなみに,ルパン三世のテレビ第一シリーズの監督であるおおすみ正秋氏も同級生として,本学大学院に進学され見事修士号を授与されております.

モンキー・パンチ氏もおおすみ正秋氏も,指導教員は,私の師匠であった金子滿先生でした.金子先生も残念ながら昨年6月にお亡くなりになっておりますので,当時の大学院のことを知る私から同氏を偲んで,当時について研究についておおすみさんらを交えて語った日々を思い起こしていきたいと思います.

2019mp01

修了証書と記念品の授与
(左:指導教員の金子先生 右:モンキー・パンチ氏)

 

モンキー・パンチ氏が入学した2003年は,東京工科大学大学院メディア学研究科メディア学専攻が誕生した年です.その4年前,日本では初となる「メディア学部」が誕生し,学部教育からさらに高いレベルの研究を求め,大学院が設置されました.

大学院も含めた本学の基本理念は「生活の質の向上と技術の発展に貢献する人材を育成する」であり,その具体的な理念として下記の3つがあります.

・実社会に役立つ専門の学理と技術の教育
・先端的研究を介した教育とその研究成果の社会還元
・理想的な教育と研究を行うための理想的な環境整備

大学院を設置し,教育と研究の環境を整備することは,新たに産声を上げた「メディア学」をさらに高め,実社会に役立つ教育を通じて,先端的な研究を行いその成果を社会還元していくために必須であったと言えます.

 

2019mp02
2003年当時の当時のコンテンツテクノロジーセンターの設備
(当時はまだ高価だったMayaをはじめとする3DCGソフトウェアや作画ツール,ペンタブレットなどが充実)

 

このような理念のもと,業界での実績があるモンキー・パンチ氏やおおすみ正秋氏,さらには元CGARTSの宮井あゆみ氏らが大学院に進学して,他の学生たちとともに議論しながら学んでいただけたというのは,大学の理念とも合致する大変喜ばしいことです.

ちなみに入学当時,モンキー・パンチ氏はすでにパソコンを利用した漫画の作画を試行していました.他の記事では1975年ごろにパソコンに触れてすぐに購入し,1988年からマッキントッシュを仕事にも用いたと記録があります.

モンキー・パンチ氏は他のコンテンツ同様に漫画も制作だけでなく流通やメディアもデジタルになると当時から予測しており,来るべきデジタル漫画時代における制作手法や表現の在り方,流通などについて,大学院で研究を進められました.

指導教員である金子滿先生は日本のCGの草分け的存在の一人で,1983年放映のNHKのアニメ作品「子鹿物語」において日本で初めてテレビアニメにコンピュータを用いた人物でもあります.(現在NHKの朝のドラマで放映されている「なつぞら」とも関連がありますがそれは後ほど別なBlogで)

私は金子先生のもとで,当時急速に進行していたアニメーションのデジタル制作の研究をしておりました.透明なセルにインクで着色しフィルムに撮影していたいわゆるフィルムアニメーション(アナログアニメーション)がコンピュータ上での彩色や合成に代わり,3DCGと組み合わせ表現するデジタルアニメーションになっていった過渡期でもありました.その際に,従来のフィルムアニメーションで培ってきた知識や技能をコンピュータ上でもうまく活用し品質を上げるための方法論や,新たなツールとの共存や移行のための方法論などを調査しまとめていました.そうして出来上がった「デジタルアニメマニュアル」が,制作関係者に広まり,アニメのデジタル化に少なからず寄与することができました.

Dam
デジタルアニメマニュアル
(出版:東京工科大学/デジタルアニメ制作技術研究会)

 

モンキー・パンチ氏の研究はまさにこのデジタル移行(拡張)を漫画の世界で実現するための研究でもありました.単にコンピュータを使って漫画を描くということだけでなく,デジタルデータとなった漫画の表現手法や制作のためのツールに求められる機能など様々な検討を行い修士論文「電子(デジタル)出版によるデジタル漫画の考察とそのキャラクター」を執筆しました.

大学院に入学した当時は66歳だったと伺いました.すでに漫画家として多くの人から尊敬される存在で,むしろ教える側であるモンキー・パンチ氏が,66歳から再び大学院で学び,研究をまとめ上げて修士号を取得する姿には大変敬服いたしました.

当時はキャンパスの喫煙所で研究ミーティングや授業の後に,モンキー・パンチ氏と先述の同級生おおすみ正秋氏とともにタバコをふかしながら,「いやー授業の課題がしんどくてねー」なんて話をして過ごしていたのが懐かしいです.研究の進め方や論文の書き方など,指導と呼ぶにはおこがましいですが,いろいろとお話ししました.すでに作品を通じて多くの実績を残してきた,モンキー・パンチ氏やおおすみ正秋氏の知見を体系化して論文として明文化していくということは大変貴重です.そのため,あまり学術研究の枠にとらわれすぎて,二人の良さが薄れてしまわないように,研究を進めてもらっていました.

2019mp03

卒業式の集合写真
(私は不在ですが,前列左からおおすみ正秋氏,金子滿先生,宮井あゆみ氏,モンキー・パンチ氏)
(それ以外はメディア学部から進学した大学院の同級生ですが,この中にはCG監督として活躍しているOBがすでに2名おります)

 

モンキー・パンチ氏は卒業後,2010年から3年ほど本学の客員教授として着任いただき,後進の育成にもご尽力いただきました.また,大手前大学にて人文科学部やメディア・芸術学部の教授も務められました.制作現場の最前線できらめく実績を残された方が,さらに高みを目指し自分の知見を理論化したり,新たな取り組みを推進する手法を得るべく大学院に進学する姿は大変刺激になりました.

実は私自身も,一度社会人になってから,社会人大学院生として修士号,博士号と取得してきました.学ぶのはいつからでもできるなと本当に思いました.そして,モンキー・パンチ氏やおおすみ正秋氏を指導されていた金子先生のお姿を見て,常々私も指導者として,現場で実績を残された方とともに研究を進める楽しさと,その価値を学ぶことができました.

ご存知の方も多いと思いますが,私の研究室の博士課程にはゲームの世界で著名な遠藤雅伸氏が在籍しております.あのころと同じように日々刺激を受けながら,指導すると同時に自分も学び成長させていただいています.

これからも,自分が専門とするゲーム,アニメ,CG,映画などの分野で,博士課程や修士課程の学生を指導できるという立場から,産業界の発展に寄与していければなと思った所存です.

 

ある意味,私の進むべき方向を示してくれたような,そんな日々を共に過ごさせていただいたモンキーパンチ氏のご冥福を心よりお祈りいたします.

 

文責:東京工科大学 メディア学部 教授 三上浩司

 

 

 

2019年4月19日 (金)

本日放送:テレビ東京系列ワールドビジネスサテライトのトレンドたまごのコーナーに卒業生が出演予定

2019年4月10日 (水) 投稿者: media_staff

技術コースの羽田です.

緊急告知ということで,いつもと違う時間に投稿です.

本日テレビ東京の夜の経済ニュース番組として有名なワールドビジネスサテライトの中の,新しい研究や商品を紹介するコーナーであるトレンドたまごの取材を受けました.

本研究室修了生の藤田くんが修士論文の研究である3Dプリンタの話をします.お時間あればぜひご覧ください.よろしくお願いします.

2019年4月10日 (水)

プロが使うゲームサウンドツールを直接教えてもらえます!

2019年4月10日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

伊藤彰教です。

まずは以下のプレスリリースをご覧ください!

株式会社CRI・ミドルウェアさま4月9日プレスリリース

東京工科大学4月9日プレスリリース

「あれ?そういえばこのロゴ、ゲーム画面が起動するようなところにたまに見かけるけど…」と気づいた方はなかなかの事情通です。ゲームはたった1社が作るものではなく、多くの企業さんの技術を結集して作っていきます。その中でも、多数の利用実績があるのがこの企業のテクノロジー。よくよく見てみると「あのゲームにも!」「このゲームにも!」と、次々と気づくかと思います。

そしてこの春から、この企業の社員の方を講師としてお招きして、いままで以上に実践的なゲームサウンドの演習を行うことになりました!(正直なところ「学生さんたちがうらやましい〜」と思います…)

そしてなんとこの講師の方は、本学メディア学部を卒業し、大学院メディアサイエンス専攻を修了したわれらが先輩。良くも悪くも(?)メディア学部のことをよく知っている先輩が、企業人になったいま、ゲームの制作現場のテクニックを余すことなく教えてくれます♪

Hioki
本学大学院修了の日置さん(これから日置先生!)

実はこのツール、DAWソフトのように音楽制作っぽい操作もできますし、より凝ったサウンド表現を実現するためには、わずかながらもプログラムを組んでいきます。

Adximg

「コンテンツコースなのにプログラミング?!」

そうです。ディジタル・コンテンツである以上、音楽やサウンドで自由自在にコンテンツ表現しようと思ったら、やっぱりプログラミングが<少しは>できた方がいいののです。本当なら<深く大量に>やるべきプログラミングの負担をできるだけ軽減しているのがこのツール、決して教育用のおもちゃではなく、本当にこれで売り物のゲームがたくさん作られています。

このツール、つい最近大幅なバージョンアップがなされたようで、その最新機能も含めてご紹介いただけるとのこと、楽しみですね♪

 

2019年4月10日 (水)

香港理工大学デザイン学部を訪問し、学部長Lee先生にお会いしました!

2019年3月 3日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

2019年2月27日に香港理工大学のデザイン学部を訪問しました。
韓国のKAISTからデザイン学部の学部長になったKun-Pyo LEE教授にお会いすることができました。

53121459_364501127470421_2601396205

Lee先生とは昨年九州大学でお会いしました。このときは、まだKAISTに所属していましたが、12月末には香港理工大学で研究教育をするということを伺っていました。香港出張の機会にお会いしたいという連絡をしたところ、学部長で大変お忙しい中、会っていただくことができました。学部長室は最上階にあり、市内も見渡せるすばらしいところでした。

Dsc_4720

世界を視野に入れて仕事をするにはぴったりの部屋と思いました。アメリカで開催されているCHIに昔から参加しており、デザインとインタラクションに幅広い研究をされています。
Lee先生は、Honorary Fellow of the Design Research Societyであり、この学会でHonorary Fellowは世界中で10名しかいません。この分野では長年大変なご活躍を世界的にされていることが分かります。

続きを読む "香港理工大学デザイン学部を訪問し、学部長Lee先生にお会いしました!"

2019年3月 3日 (日)

情報処理学会の論文誌に論文が掲載されました.

2019年2月28日 (木) 投稿者: media_staff

技術コースの羽田です.
BLOGでも何度か紹介している,修士課程2年の藤田くんの氷の3Dプリンタの研究が
「Elsa:氷を素材とした3Dプリンタの開発」というタイトルで情報処理学会論文誌に論文が掲載されました.一昨年の11月に学会発表を行い,そこから半年かけて論文を修正して投稿したのが昨年の6月で,そのあと査読と修正を含めて半年をかけた大作です.
今までの氷の3Dプリンタの研究の総まとめ的な内容で,何度も実験を繰り返して氷の造形に最適なパラメータを導き出すことに成功しています.学会の論文誌というのは,研究発表の中でも最も重要かつ大変なもので,これに1年かけてチャレンジした成果は指導教員として,共著者として非常に誇らしいものです.
どの大学の大学院であっても修士課程の2年の間に学会での発表だけではなく論文雑誌に掲載される論文を書くというのはなかなか大変なことですから,本学メディア専攻の大学院生の中でも非常に素晴らしい成果だと言えると思います.この数年で本学の大学院の指導体制も大きく変化しつつあり,より研究にフォーカスした学生生活が送れるようになっているはずです.彼に続いて,多くの学生がたくさんの論文を発表できるような大学院生活になるように,教員側も頑張りたいところです.
(羽田久一)

2019年2月28日 (木)

より以前の記事一覧