イベント

IMKEN 2022 (海外大学との合同シンポジウム)

2022年6月16日 (木) 投稿者: メディア技術コース

去る6月9日、10日にタイの大学(KMUTT: King Mongkut’s University of Technology, Thonburi)と合同でシンポジウムを開催いたしました。この御時世ですから実施はオンラインです。このシンポジウムは何年かおきにお互いの大学で交互に開催していたので、本来であればタイを訪問してというところでありました。今回は行くことができず非常に残念です。

 

IMKEN 2022、というのは International Conference on Media Technology, Knowledge and Education in Next Normal から取ったということですが、かなり無理がある…? ICMTKENNでは?とも思いますが、それじゃ呼びにくいですしね。イムケン?

 

シンポジウムは、KMUTT側からはIndustrial Education and TechnologyとMedia Technologyという2つの学科が参加し、こちらからはメディア学部が参加しました。メディア学部からは、学部長の大淵先生がオープニングのスピーチをされて、柿本先生がキーノート講演を行い、吉岡先生と太田が口頭発表で参加いたしました。また、学生がポスター発表のセッションに7名ほど参加いたしました。全体では、口頭発表は20件以上ありましたので、こちらの大学からももう少し参加者があると良かったなと思います。

 

さて、メタバースでのシンポジウム開催ですが、いきなり波乱です。今回は、Spatialというサービスを利用したのですが、メタバース環境で用意された部屋に入ろうとすると、入ることは入れたのですがなんだか様子が違う…。人数もやけに少ないし、司会もいません。これは類推なのですが、一つの部屋(ワールド)に入ることができる人数に上限があって、それを超えてしまうと複製された部屋に入場させられてしまうようなのです。しかもその人数は、その瞬間の人数ではなく、その部屋ができてからの累計のような気が…。「入れないよー、なんか変だよー」と主催側の先生方にLineで訴えた結果、全員一度退場して、部屋を再度立ち上げて再入場ということをして

ようやく参加することができました。こういう現象はある程度以上の人数が参加しないと気づかないものですから、シンポジウムの本番で起きたことは不幸でしたが、経験として貴重な知見を得たと思います。今回はメタバースでこのようなイベントを行うときの課題をいろいろ知ることができました。そういう観点からも非常に良い機会でした。

 

Screen-shot-20220609-at-123215 Screen-shot-20220609-at-122636

 

ポスター発表は2日目に行われましたが、ここでも部屋から度々強制的に退去させられ、また戻るということが何回かありました。仮想ワールド内のアバター間の距離が離れると聞こえなくなるという機能はそれなりに機能していて、部屋のレイアウトとポスターの配置をきちんと考えればそれなりに現実を模した形で発表会を行うことができそうでした。

 

Screen-shot-20220610-at-163102 Screen-shot-20220610-at-110200

Screen-shot-20220610-at-171837

 

実際にはメタバースでの課題もいろいろあったため、今回はいくつかの口頭発表のセッションはZoomに変更して行いました。ただ、Zoomのほうが効率的かもしれませんが、メタバースは空間を共有している感覚があるという点では楽しかったですし、オンライン会議としては面白い体験でした。KMUTTはコロナの前に訪問したり、前回のシンポジウムはこちらに来ていただいたりしていましたが、そうした先生方とまたお会いできた?のも嬉しいことでした。学生は互い交流を図るということまではオンラインでは難しいようでした。やはり直接集まって実施できるようになることを期待したいですね。一方で、オンラインでは海外の人ともこうしたイベントを簡単に持つことができます。このシンポジウムのテーマでもありましたが、コロナ後の”Next Normal”では、現地での実施と、こうしたオンラインの活用をうまく組み合わせたアイデアで新しい価値を創り出していくことができるのかもしれません。もっと多くの海外の大学に呼びかけて実施するようなこともできそうです。次回に向けて模索していきたいと思います。

 

この記事に載せたもの以外のシンポジウムの画像が以下のリンク先に載っています。

https://imken.kmutt.ac.th/gallery/

 

また、これまでの過去の4回のシンポジウムについては以下の記事に紹介があります。

第4回(2019年)http://blog.media.teu.ac.jp/2019/07/post-40945d.html

第3回(2016年)http://blog.media.teu.ac.jp/2016/04/international-s.html

第2回(2013年)http://blog.media.teu.ac.jp/2013/06/2nd-kmutt-tut-j.html

第1回(2012年)http://blog.media.teu.ac.jp/2012/06/20123-3fde.html

 

 

太田高志

 

2022年6月16日 (木)

メタバースを用いた発表会(フレッシャーズゼミ)

2022年6月14日 (火) 投稿者: メディア技術コース

メタバースってご存知ですか?最近巷(ちまた)を賑わせていますね。フレッシャーズゼミの課題があったのを機会として、その発表をメタバース環境で行ってみました。課題は学生それぞれが好きなことを他の人に紹介するというものでした。アメリカの小学校でやっている show and tellみたいですな…、と思い、それをそのままやるのも何なのでメタバースでやってみることにしました。使ってみないとどうこう言えないですもんね。

 

ということで、今回はSpatialというサービスを利用しました。メタバース?っぽい環境はいままでも演習講義や卒業研究の発表会で使用したことがあるのですが、画像でおわかりのようにカスタマイズされたアバターを簡単に作ることができるようになっています。顔画像から自分に見える(見えないこともない)ようなアバターができあがったりするので、それが3DCG空間を動いているだけでちょっと面白く感じます。

 

実はこのとき皆同じクラスに集まっていたので、実施したときは画面を見ながら声は直接話していました。ですからそれぞれ別の場所から参加してネット越しにアバターを通じて会話するという感じではありませんでした。同じような試みを海外の大学とのシンポジウムでこの後に行いました。そうすると色々な課題が見つかるのですが、このときはそういう方法でやっていたため気づきませんでした。ただ、それはまた別のお話…(アラビアン・ナイト風)。

 

 

Screen-shot-20220606-at-141355_1000

Screen-shot-20220606-at-133056_1000

Screen-shot-20220606-at-134951_1000

 

 

太田高志

 

2022年6月14日 (火)

企業・団体のプロモーション技法の学修成果「デザイン力」を発揮して八王子のまちづくりに貢献

2022年6月13日 (月) 投稿者: メディア技術コース

人体を健康メディアとしてとらえメディアをつかって自らの健康をデザインするための研究を行なうという新しい研究領域としての健康メディアデザイン研究室の千種(ちぐさ)です。

今回はプロジェクト演習「企業・団体のプロモーション技法」の課外活動的あるいはボランティア活動として八王子商店研究会の講師例会の講師・アシスタントをした取り組みを紹介いたします。

八王子商店研究会は八王子市近隣のモチベーションの高い商業者が集う設立100年越えた団体です。主に2代目の育成の場として設立され、個店の商品力向上、販売力向上、ネットワーキング、などの取り組み以外にも八王子ゆめ駅伝に2~3チーム出場したりとても意欲的な団体です。

八王子商店研究会の公式Facebookページには以下のように案内があります。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100057076645359

八王子商店研究会は、会員個店のレベルアップと会員資質の向上を図ることのみならず、ひいては八王子商業の健全なる発展を目的として、市内外の商店経営者及びその後継者を中心に、様々な業種の会員が活動しております。

当会では、出会いを大切にし、お客様に喜ばれ、お役に立つ店が「元気な店」となり、地域に「元気な店」が増えることが「活気ある楽しいまち」につながると思っております。それがまず、お客様のためにあることを礎に、今後も事業を検討、活動を実施いたします。

5月26日19:30~21:00の講師例会には商店研究会の会員11名の参加、プロジェクト演習からのスタッフ5名が参加しました。講師の早川氏、千種、アシスタントとして、受講生の江尻さん、栗原さん、三瓶さん、でcanvaを使用したショップカード制作や店頭用ポップ制作をしました。最後にデザインレビューをして時間いっぱいワイワイと楽しみながら充実した講師例会を終えました。

96323
96347

96352

96331

96322


 

 

2022年6月13日 (月)

6月12日オープンキャンパス開催報告(片柳研究所棟)

2022年6月12日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部助教の兼松です.

本日,八王子キャンパスではオープンキャンパスを実施しました.
お越しいただいた皆様,いかがだったでしょうか?
今年度はこの後も,7月17日,8月7日,8月21日にも実施予定ですので,今日お越しいただけなかった皆様も,次の機会にぜひお越しください.

本日のオープンキャンパスで,メディア学部は片柳研究所棟と研究棟Cの2ヶ所で出展していました.
私自身は片柳研究所棟で展示などを行っていましたので,この記事では片柳研究所棟の様子をお伝えします.研究棟Cの様子は,また別の先生が記事にしてくださいますので,そちらをお楽しみに!

片柳研究所棟は3階では伊藤彰教先生の研究室が出展,研究の紹介をしていました.
実は本日,私自身も会場で様々な説明をしていて,思っていたよりも多くの方にお越しいただいたため,伊藤先生のブースを見に行く時間がありませんでしたので,写真のみの紹介になってしまいますが,伊藤彰教先生の研究室では主に音楽・音響に関する研究を行っています.
事前に学生から聞いた話では,伊藤彰教研では,現役の卒研生たちが今回のオープンキャンパスにお越しいただいた高校生に自分の研究の要点をわかりやすく伝えるため,限られた短い時間の中で要点をしっかり説明する練習をしていたと聞いています.その成果はいかがだったでしょうか?

Dsc_0067_20220612215101 Dsc_0134 Dsc_0114

4階のコンテンツテクノロジーセンター(CTC)ではゲームやアニメに関する研究を取り扱う,三上・兼松研が展示を行いました.ここでは主に私が,CTC自体のご紹介や,ゲームやアニメに関する演習,CTC周りで行なっている様々なプロジェクト,そして,三上・兼松研で行なっている研究事例などを紹介していました.
20年と少し前,別の大学附属の高校に通っていた私も,本学のオープンキャンパスに来て,CTCの活動などを見たことで,メディア学部に入学したという経緯があります.
本日お越しいただいた高校生の皆さんにも,CTCでの活動やメディア学部の魅力が少しでも伝わっていたら嬉しいです.

Dsc_0081 Dsc_0085Dsc_0093

4階の廊下部分では佐々木先生率いるIntebroという番組制作や配信を行なっている学生達が,本日のオープンキャンパスの様子をお伝えする番組の配信を行なっていました.普段からこういった活動を集中的にやっているだけに,プロさながらの統率の取れた動きは目を見張るものがあります.Intebroは卒業式などの学内イベントをはじめ,日ごろから様々な配信や番組制作を行なっており,残念ながらキャンパスへお越しいただけない方も,活動の様子に触れられる機会があります.ぜひ本学のwebサイトなどをチェックして,Intebroの活動を見てみてください.

 Dsc_0056_20220612220001Dsc_0064_20220612220201Dsc_0065_20220612220301

そして5階では,プロジェクト演習という授業の中でゲーム制作をおこなっている学生達が,開発したゲームの展示を行なっていました.詳しくは先日の三上先生の記事で解説されていますので,あわせてご覧ください.この学生達は9月にビッグサイトで行われる東京ゲームショウ(TGS)への出展を目指して活動しています.実はゲーム制作を行なっている学生達にとってオープンキャンパスは,高校生の皆さんに自分達の活動を紹介する場であるとともに,TGSへ出展する前に,みなさんから様々な意見を頂く場としても活用されています.

本日お越しいただいた皆様も,ぜひ次回のオープンキャンパスにもお越しください.次回のオープンキャンパスでは,本日いただいたご意見や皆様の反応を活かして,TGS本番に向けてさらにクオリティアップしたバージョンのゲームを展示します.オープンキャンパスに毎回来ていただくと,同じゲームが段々と進化していく様子もお楽しみいただけます!

Dsc_0070 Dsc_0073 Dsc_0087Dsc_0095

以上,本日の片柳研究所棟での展示の様子でした.

次回のオープンキャンパスもお楽しみに!

 

(文責:兼松祥央)

2022年6月12日 (日)

東京ゲームショウ2022展示に向けて開発中のゲームが初お披露目

2022年6月 9日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

今週の日曜日(6月12日)のオープンキャンパスで,東京ゲームショウ2022に向けて学生が開発中のゲームの展示を行います.ここ2年はオンラインでのOCのため,メタバースを制作してのバーチャル展示が続いていましたので,久しぶりのリアル展示となります.

リアル展示となると,PCや展示筐体の準備や誘導など,いろいろと注意することが増えるうえに,COVID-19への感染対策もあり大変なのですが,制作したゲームを多くの人に遊んでもらいたいという学生たちの情熱は,その大変さをはるかに上回るようです.

今年は6チームがTGS出展に向けて開発を続けています.

オープンキャンパスはしばらくは人数制限下での実施ではありますが,ぜひに間さんお越しいただければ幸いです.

来場できない皆様には,各チームのTwitterをご紹介します.ぜひフォローしていただき開発途中の様子なども見ていただければと思います.

ピノストラグル」(ツタを利用したアクションゲーム)

マテルのヘンゲ」(形態変化を活用したアクションゲーム)

Modicter」(文字をモチーフにした謎解きアクション)

HUGE HAND HERO」(ジャイロを利用したハンドアクションゲーム)

サイコロ輪廻」(サイコロをモチーフにしたパズルアクション)

もうひとチームは今回は出展見送り(ちょっと出遅れているので・・・)

 

2019tgs00s_20220610215901
こちらは最後にリアル出展したTGS2019のブース設営の様子です.

2022年6月 9日 (木)

2022年度オープンキャンパス(八王子キャンパス)のご案内

2022年6月 7日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さん、こんにちは!

すでにご存じの方も多いと思いますが、2022年度の八王子キャンパスでのオープンキャンパスが下記の日程で開催されます。

 ・6月12日() ・7月17日() ・8月7日() ・8月21日(

現時点ではいずれの回も、来場型[定員制・事前予約制]とオンライン型[申込制]での開催を予定しています。

メディア学部は、6月12日(日)の来場型は申込みが定員に達しましたので受付を終了しましたが、オンライン型は6月1日(水)〜6月17日(金)の開催期間にお申込み・ご視聴いただけます。

6月12日(日)の来場型については、こちらのページに各研究室の展示内容をご紹介しています。7月以降も毎回組み合わせを変えながら15前後の研究室を公開しますので、どの研究室がピックアップされるかお楽しみに!

(メディア学部 伊藤謙一郎)

2022年6月 7日 (火)

学生作品「Gravarior」と開発した学生がメディアに登壇

2022年4月25日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です。昨日に引き続き学生のメディア登壇情報をお知らせします。
(こちらはGW放映予定だからこれからです!)

Gravarior」(チーム「御伽珈琲店」)

プロジェクト演習(インタラクティブ・ゲーム制作)で開発し,東京ゲームショウ2021にメタバース出展したゲームが、としまテレビ「池袋ゲームクリエイター発掘学園」で紹介され、開発に携わった学生が出演します。

放送予定は5月3日(水)です。

※池袋ゲームクリエイター発掘学園は、「ゲームクリエイター甲子園」に応募された学生さんのゲーム作品を紹介していくテレビ番組です。

池袋ゲームクリエイター発掘学園 https://onl.la/sUZkbY5

ゲームクリエイター甲子園「Gravarior」 https://game.creators-guild.com/gck2021/3723/

 

Gravarior」は重力を自由自在に操り、障害物や敵と対峙しゴールを目指すアクションゲームです。諸事情あってちょっと出遅れたチームだったのですが、素晴らしい選択と集中で、限られた時間やリソースを使ってかなり楽しめるゲームに仕上がりました。

2021tgsgravarior_ss

開発したのは以下の学生たちです。

庭山健斗:ゲームデザイナー
田中睦希:ゲームデザイナー
渡辺充 :リードプログラマー
小崎悠平:プログラマー
大貫聖 :サウンドデザイナー
勝田岳人:グラフィックデザイナー

 

プロジェクト演習(インタラクティブ・ゲーム制作)は1年次からゲームに必要な様々な技術をメディア学部の教員が協力して指導し、3年次に東京ゲームショウに出展できるゲームを作り上げる演習です。

担当教員:三上浩司、渡辺大地、安原広和、伊藤彰教、川島基展、兼松祥央

文責:三上浩司

2022年4月25日 (月)

メディア学部新入生学部交流会

2022年4月17日 (日) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。

東京工科大学では、各学部で「新入生学部交流会」というのを開催します。メディア学部は4月11日の午後に開催したので簡単にレポートしたいと思います。この会はかつては食堂に全員集まって軽食をとりながら交流を深めるようなスタイルで実施していましたが、今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、片柳研究所棟の8つの教室に3~4のフレッシャーズゼミ(FS)クラス単位で入り、飲食の無い分散開催となりました。全体進行やサークル紹介などは各教室を結んだZoomを活用しました。

学部長挨拶に始まり、ゲーム大会の説明、ゲームの実施と続きました。ゲームは各FSクラス(12~14名程度)をさらに2チームにわけ、全チームで成績を競うようなスタイルでチームとして合議した結果の成績に各個人のポイントが反映された順位付けがされました。結果発表は最後に回し、続いて先生方が各教室を回って簡単な自己紹介を行いました。さすがに全教室は回れないので3人組程度の先生方が3つほどの教室を回りました。

続いてサークル紹介です。学務課の協力を得てサークルに声をかけ、たくさんのサークルから紹介動画を提供していただきました。これはZoomを通して再生され各サークルの連絡先も公開されました。今年度は対面でよいスタートが切れており、サークル活動も本格的に再開できるのではないかと期待しています。多くの新入生がサークル参加を考えているようです。

Img_3090s

これは、当日の参加記念品として新入生に配られたUSBメモリです。これとは別に交流会の最後に発表されたゲームの成績上位チームとブービー賞のチームには後日、賞品が配られました。その他多くのチームにも実用的な景品が出ました。

交流会は森川先生と飯沼先生を中心に企画され、助教の先生方と森川研の4年生の協力を得て実施されました。4年生には当日の司会やUSBメモリのデザインをしてもらいました。この場を借りてお礼を申し上げます。

(メディア学部 寺澤卓也)

2022年4月17日 (日)

3月27日(日)オープンキャンパス[来場型]開催報告

2022年4月 4日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

3月27日(日)に八王子キャンパスのオープンキャンパスが開催されました。来場型の開催は昨年7月以来、8ヶ月ぶりです。定員制となりましたが、皆さまを八王子キャンパスにお迎えできまして大変嬉しく思っております。

メディア学部は片柳研究所棟で大淵学部長による学部説明ののち、学生たちがキャンパス内を紹介しながらメディア学部の活動拠点である研究棟Cにご案内し、研究室内部と研究内容の一端をご覧いただきました。

今回は31研究室のうち17研究室を公開しました。見学の順路で研究室名とオープンキャンパスでの紹介テーマ・概要をご紹介しましょう。


【5階】
1)永田研究室「イメージ処理あれこれ」
 画像やセンサ入力デバイスを使った研究を紹介します。
2)小林研究室「ビジネス・プランニング」
 ビジネスに限らない予測とプランニングの研究をしています。
3)太田・加藤研究室「インタラクションデザイン」
 人とコンピュータの新しいインタラクションの研究を紹介します。

【4階】
4)三上・兼松研究室「コンテンツプロデューシング/ゲームイノベーション」
 ゲームやアニメの制作技術研究や作品制作について紹介します。
5)藤澤研究室「人工知能のメディアへの応用」
 プロジェクト演習:人工知能実験室と卒研での研究事例を紹介します。
6)柿本・戀津研究室「CG技術とビジュアルシミュレーション」
 CG技術全般に関する質問に加え、メディア学部に関する質問にもお答えします。
7)寺澤研究室「ネットワークメディア」
 ネットワークを舞台に技術的に日常の問題解決を目指しています。
8)吉岡研究室「聴覚障害支援メディア」
 聴覚障害を取り巻く課題をデジタルで解決する研究をしています。
9)伊藤(謙)研究室「楽曲分析と音楽制作」
 本研究室での活動のほか、関連する授業や演習の質問もどうぞ!
10)安原研究室「インタラクティブコンテンツデザイン」
 おもしろいゲームをデザインする研究について紹介します。

【3階】
11)千種研究室「企業・団体のプロモーション技法」
 プロジェクト演習で使用しているデザインツールcanvaの活用事例を紹介します。
12)大淵研究室「デジタル音響処理と人間の聴覚」
 コンピューターで様々な音を作ったり、音の内容を自動分析したりします。
13)渡辺研究室「ゲームサイエンス」
 ゲームに関するグラフックス技術やAIに関する研究をしています。
14)伊藤(彰)研究室「exSD」
 立体音響を軸にアートやゲームのサウンドデザイン研究を紹介します。
15)森川研究室「メディア&コミュニケーション研究」
 デジタル時代のメディア利用に関する様々な研究を行っています。

【2階】
16)藤崎研究室「広告コミュニケーション・SNSマーケティング」
 ソーシャルメディア時代のマーケティングに関する研究をしています。
17)川島研究室「次世代CGクリエイション」
 CGクリエイター、ゲームクリエイターを目指す在学生らの作品制作や研究の取り組みについて紹介します。



当日の会場の様子です。

20220327oc_01_20220404001201 20220327oc_02
20220327oc_03 20220327oc_04
20220327oc_05 20220327oc_06
20220327oc_07 20220327oc_08


通常のオープンキャンパスのほか、この4月から「ミニキャンパス見学会」(八王子・蒲田)が始まりました。研究紹介はありませんが、実際に大学内を歩いてキャンパスの魅力を体感できるチャンスです。こちらのご参加もお待ちしています!


(メディア学部 伊藤謙一郎)

2022年4月 4日 (月)

Anime Japan 2022 出展中!

2022年3月26日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん、こんにちは。メディア学部助教の兼松です。

本日から東京ビッグサイトでAnimeJapan2022が始まりました!

先日の記事でもお伝えした通り、メディア学部も出展しています。

主に川島先生、早川先生がご担当のアニメ制作に関する専門演習、プロジェクト演習で学生が制作した作品を展示しています。

特にプロジェクト演習は様々な学年の学生が協力してアニメの制作を行っています。今回展示している作品も、上級生ばかりではなく、1年生も制作に大いに携わっています。

アニメ制作の道に興味がある高校生のみなさん。ぜひメディア学部のプロジェクト演習を調べてみてください。

メディア学部のブースは東7ホールです。今日、明日共に出展していますので、会場へお越しの際は是非お立ち寄りください!

(文責:兼松祥央)

B3840e39d4aa47328d2a742c3f2c838e

38246c4f58c649808658e75f48deb68e

2022年3月26日 (土)

より以前の記事一覧