イベント

メディア学フロンティアシンポジウムを開催します!【2020年3月14日】

2020年2月17日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

鶴田です。
コンテンツプロダクションテクノロジー研究室(近藤・鶴田研)では、来る2020年3月14日に「メディア学フロンティアシンポジウム」と題して公開シンポジウムを開催します。コンテンツ制作に関する様々な分野の先生方をお招きして議論するとともに、卒業生によるパネルディスカッションを行い、メディア学のさらなる展開を探ります。後半のパネルディスカッションには、メディア学部の卒業生であり、現在助教として勤務されている兼松先生も登壇します。
シンポジウムは誰でも無料で参加できますが、事前登録が必要です。詳細はこちら http://www2.teu.ac.jp/lenz/mediafrontier/ をご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております!
開会
10:00 開催のあいさつ  
講演
10:15-11:15 近藤 邦雄 (東京工科大学) 『Media & Human』
11:15-12:00 藤代 一成 (慶應義塾大学) 『スマートアンビエントメディアの挑戦』
司会:竹島 由里子(東京工科大学)
13:00-13:45 三谷 純  (筑波大学) 『折り紙がつくる形』
司会:鶴田 直也 (東京工科大学)
13:45-14:30 伊藤 貴之 (お茶の水女子大学) 『Multimedia meets 3D User Interface』
司会:伊藤 彰教 (東京工科大学)
14:30-15:15 馬場 哲晃 (首都大学東京) 『プロトタイピング思考の育て方』
司会:茂木 龍太 (首都大学東京)
卒業生によるパネルディスカッション
15:30-17:30 渡邉 賢悟
竹内 亮太
兼松 祥央
Kenneth Chan
岩渕 栄太郎
『メディアフロンティア時代の学び ~メディア学のこれまでとこれから~』
司会:三上 浩司(東京工科大学)
祝賀会(※別途申込および参加費が必要です)
18:00-20:00 東京工科大学蒲田キャンパス内

2020年2月17日 (月)

マレーシアのテーラーズ 大学 メディア学部に訪問「2」

2020年2月16日 (日) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは!飯沼瑞穂です。2月5日にマレーシアのテーラーズ大学から80名程の学生が参加しました。異文化交流を体験したいとのご要望に応えるため文化紹介を中心としたワークショップを用意しました。メディア学部 鶴田直也先生のご専門である折り紙をテーマにしたワークショップでは、折り紙の歴史的な資料や、数学を使った折り紙作品の紹介をした後、実際に折り紙を使って作品を作ることをしました。

P1044120

学生達は楽しそうに折り紙を、作っていました。

P1044121

上手ですね!

P1044103

マレーシアでも折り紙は有名らしく、ワークショップが終わった後は、マレーシアの学生達が何人も鶴田先生の周りに集まり、詳しく先生の御研究の内容を興味深そうに聞いている様子が印象深かったです。ワークショップ後はランチタイムで、学生達はマクドナルド派、学食派、コンビニ派に分かれて、本学のマレーシアからの留学生たちの案内の元ランチを楽しみました。このような交流の場はもっと学内で増えることを願っています。

東京工科大学公式HPからの記事も是非、ご覧ください。

テイラーズ大学(Taylor`s University)との国際交流報告

 

 

 

2020年2月16日 (日)

マレーシアのテーラーズ 大学 メディア学部に訪問「1」

2020年2月15日 (土) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、飯沼瑞穂です。2月5日にマレーシアのテーラーズ大学から80名程の大学生と4名の教員の方達が訪問しました。テーラーズ大学はマレーシアでも有名なデザイン学部を有する大学で、クアラルンプール近郊にあります。この日、メディア学部を訪問した学生達は異文化交流のテーマにしたプロジェクトを履修中の学生達で、メディアに興味がある子達でした。1週間ほどの滞在で、日本訪問が初めての学生さんや教員の方も多かったです。

P1044083

そこで日本の文化を積極的に知りたいとの要望に応える形で様々なイベントを教養学環の勝浦先生率いる英語の先生方のご協力のもと、準備しました。

P1044079

プログラムの紹介をメディア社会コースの飯沼准教授が行いました。

P1044086

オープニングでは柿本学部長が東京工科大学とメディア学部の紹介をされました。

P1044088

その後太田教授が、国際交流と大学院の紹介をされました。

P1044099

午前中はその後、鶴田先生による折り紙のワークショップ、午後は卒研ポスター発表の見学や、茶道によるデモンストレーション、剣道部の紹介とコスプレサークルの紹介など盛りだくさんのイベントが用意されました。(つづく)

 

 

 

 

 

2020年2月15日 (土)

卒研ポスターセッションの内覧会

2020年2月 7日 (金) 投稿者: メディア技術コース

1月末から2月初めにかけては、卒業研究の最終発表会のシーズンです。私の研究室でも、2月3日に発表会を開催したのですが、今年からの新しい試みとして、当日の午前中に「内覧会」を行いました。

研究室の卒研生は人数が多いので、いつも4つのグループに分けてミーティングを実施しています。そうすると、同じグループの人がどんな研究をしているかはわかるのですが、他のグループの人の研究のことは、意外と知らないまま卒業することになってしまいます。せっかく同じ研究室になったのに、それではもったいないですね。

最終発表会が口頭発表形式なら、それを聞いて研究内容を知ることができるのですが、あいにくうちの研究室はポスター発表です。発表時間中、4年生はずっと自分のポスターのところにいなければいけないので、他の人の発表を見に行くことができません。そこで、当日の午前中に「内覧会」として、4年生だけでの発表の時間を取ったというわけです。

Preview

これはなかなかのグッドアイディアでした。他の人の発表を知ることができたうえに、良い予行演習になって、午後の本番に向けての改善点なども見つかりました。研究室の恒例行事として、来年以降も続けていこうかなと思っています。

さて、その後の本番はどうだったかというと…。それはまた別記事でご紹介したいと思います。

2020年2月 7日 (金)

今年のテーマは「Repair」 Global Game Jam 2020

2020年2月 2日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

今年で12回目を迎える,全世界同時48時間ゲーム開発ハッカソンGlobal Game Jam.東京工科大学は2010年から会場を運営して今年で11回目を迎えます.

今年は65名の参加者が全9チームに分かれて開発をスタートさせました.今年のテーマは「Repair」です.

65名のうち20%の13名が海外出身の方でインターナショナルな会場になっております.また,40%の26名が社会人ということで例年にない国際化率と社会人率の会場になりました.

テーマの「Repair」は修繕する,修理する,訂正する,償う,賠償する,回復する などの意味をもつ英単語です.多くのチームは修繕,修復のような意味でとらえていましたが2チームほど「賠償」という意味を使っていました.

 

2020ggj10

開会式の様子

 

2020ggj11

会場の様子

2020ggj13

企画会議の様子

 

 Global Game Jam開催にあたっては様々な企業からの支援を受けております.48時間ゲームを開発し続けるために必要な開発のお供を用意するための資金として活用させていただいております.


2020ggj14

2020年2月 2日 (日)

Global Game Jam 2020 開催中!

2020年2月 1日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさんこんにちは.メディア学部の兼松です.
昨日(1月31日)から,いよいよGlobal Game Jamがはじまりました!

東京工科大学会場公式サイト
東京工科大学会場FB
Twitch
Youtube

Global Game Jam (GGJ)は毎年,1月のこの時期に開催される世界最大のゲームハッカソンです.
世界各地の会場にゲーム開発者が集まり,テーマに沿ったゲームを開発するイベントです.
東京工科大学は今年も会場の一つになっており,会場運営は今回で11年連続になります.
大学が会場という特性上,参加者の学生率の高さも一つの特徴かなと思いますが,本学の学生だけでなく,他大学・専門学校の方,業界のプロフェッショナルの方など,多くの方々にご参加いただいています.
8_20200201040301 7_20200201040301
それぞれ経験も専門も立場も異なる参加者が,当日組まれたチームに分かれて3日間に渡ってゲームを作り上げるこのイベントは,参加する学生にとっては,多くのことを吸収できるイベントです.
今はプロとして業界で活躍する卒業生達が,このイベントで再び大学に戻ってきてくれて,後輩達と交流してくれるのもとても嬉しいですね!
(本学のOBである私が学生のときにはこんなイベントなかった・・・.今の学生が羨ましくてしかたない!)
3_20200201033301
また,このイベントの運営も多くの学生スタッフに支えられています.
会場設営や参加者対応,そして配信など,一丸となって頑張ってくれています.
会場の様子や発表会などはYoutubeTwitchで配信していますので,こちらもご覧ください.
5_20200201035801 4_20200201035801 6_20200201035801
そして,今年も多くの企業から応援・協賛いただいています.ありがとうございます!
私も着任以来それなりの数のイベントに関わらせていただいていますが,GGJの時の補給物資コーナーの充実っぷりは毎回びっくりします.
9_20200201040801
GGJは日曜日まで続きます.続報と出来上がるゲームにご期待ください!
(文責:兼松祥央)

2020年2月 1日 (土)

大学院修士1年生のポスター発表会

2019年12月29日 (日) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

 

12月25日クリスマス当日に、大学院修士課程1年生のポスター発表会があり、私の研究室からも4人が発表しました。

 

M1poster

 

マイニッケさんと渡邉さんは、二人ともシンセサイザーに関係する発表で、このブログでもご紹介したNICOGRAPHでの発表内容をベースにしたものです。それでも、学会発表から1ヶ月半ほど経っているので、学会のときにいただいたコメントなどを参考に、若干バージョンアップしたものになりました。

 

山口さんは、11月末に開催されたADADA Internationalで発表した、「タップ音の認識を利用したピアノ運指学習システム」に関する研究です。学会発表の様子については別途このブログで紹介させていただくつもりですが、今回はそれを和訳しての発表となりました。

 

松井さんは、来年2月のInternational Conference on Live Codingで発表する予定で、こちらはまだ発表前ですが、英語の論文等はできているので、準備は簡単でした。内容は、学会名にある通りの「ライブコーディング」に関するものです。こちらも学会から帰ってきたらブログ記事にしますので、楽しみにお待ちください。

 

4人とも、大勢の方から沢山のコメントをいただいたようなので、来年は更に研究を発展させていけると期待しています。

 

2019年12月29日 (日)

共同シンポジウムの予稿集の発行

2019年12月24日 (火) 投稿者: メディア技術コース

大分日が経ってしまいましたが、この度、タイのキングモンクート大学(KMUTT)と7月に行った共同シンポジウムの予稿集(論文集)を発行いたしました。これは、当日行われた口頭発表の概要や論文と、ポスター発表についてはポスターそのものを1ページ毎に掲載したものです。全体で74ページもあるものになりました。大学院生や学部生もシンポジウムのために英語でポスターを作成した成果を見ることができます。

 

Screen-shot-20191210-at-154719 Screen-shot-20191210-at-154708

予稿集の表紙と目次

 

 

今回、共同シンポジウムの成果を形として残すことができたことを大変嬉しく感じています。今後もこのシンポジウムは継続するだけでなく、多くの大学を交えてさらに発展させたいと考えています。メディア学部に現在在籍している学生の方だけでなく、今高校生の皆さんも、論文集に名前が載ることを目指してください。

 

予稿集は以下のシンポジウムのページから、どなたでもPDFファイルとしてダウンロードすることができます。

 

シンポジウムのウェブページ: “4th Joint Symposium of KMUTT and TUT”

https://ktcim.org/2019/jp/

 

 

シンポジウム自体の内容については、以下のページに記事がありますので、合わせてお読みください。

 

・東京工科大学 お知らせ

「メディア学部がタイのキングモンクート大学トンブリ校との共同シンポジウムを開催」

https://www.teu.ac.jp/information/2019.html?id=130

 

・メディア学部ブログ

「タイのキングモンクート大学と共同シンポジウムを開催しました」

http://blog.media.teu.ac.jp/2019/07/post-40945d.html

 

 

 

太田高志

 

2019年12月24日 (火)

ADADA International 2019 (学会参加報告)

2019年12月 8日 (日) 投稿者: メディア技術コース

11月の26日から28日まで、マレーシアのクアラルンプール近郊で行われた学会(ADADA International 2019)に参加して参りました。学会自体にはすでに他の先生についての記事があるようですし他にも出てくるでしょうから、ここでは私個人の体験と感想だけにいたします。

 

学会前日の飛行機は、濃霧のため成田で飛行機に乗ってから1時間半ほど待たされ、クアラルンプールの航空上空では雷雨による着陸待ちの混雑のため、旋回して待っておれとのお達しとのことで、こちらでも20分ほど遅れ、結局2時間ほど到着が遅れました。ということで、ホテルについたのが夜の10時半すぎになってしまいました。

 

Img_2301

ディスプレイに映った飛行機の航路。旋回してます。

 

翌日は学会のオープニングでしたが、この学会のオープニングとしてこれまでになく豪華?な感じで行われました。実施会場は現地の大学でしたが、そこの学生も観客として集められたようで盛況な感じが醸し出されています。コーヒーブレイクになって、その後キーノートと呼ばれる招待者による講演が3つほどありました。そして昼ごはんになるのですが、そのときに「係の人が、座長担当の出席を確認してましたよ?」と近藤先生からのお言葉。なんじゃそれ?ここで初めて聞きましたよ?当日渡されたプログラムを見ると、本当だ、座長にされてる(なってる)。

 

「座長」というのは、学会ではいくつかのまとまったグループ(セッションと呼びます)毎に発表を行うのですが、そこでの司会をしろ(する)ということです。司会なんて簡単だから当日知らされるのでもまあいいじゃない、と感じるかと思いますが、座長の重要な仕事は実は司会そのものにあるわけではありません。学会では発表の後、質問やコメントをもらって議論する時間があります。日本やアジアの学会だと、このときに聴衆から質問があることが非常にまれです(欧米の学会だと盛んなことが多い気がします。お国柄でしょうか…)。そのときは時間が空いてしまいますので、座長が何か質問かコメントをしなければならないということになっているのです。今回は8件ほど発表がありましたので、それらほぼ全部について適切な質問をしなければならないということが座長の仕事として予想されるわけです。普通は事前に論文を読んで内容を理解しておくようなことをするのですが、当日の発表直前に知った私はそんな余裕が無いうえに、青いロジャーフェデラーのTシャツとジーンズというくだけた格好でおりました。まあ、格好はしょうがないですし、いまさら多少の知識を仕入れても中途半端なので新鮮な状態で発表を聞かせていただきました。

 

Img_20191126_192443

この格好で座長をするはめに

 

翌日は自分の発表の番です。いままで行ったデジタルサイネージの研究をひとまとめにしたものを話しました。内容としては、コンテンツ内の人物やキャラクターからチラシをもらったり、複数ディスプレイをまたいで広告内の人物がおいかけてくるようなデジタルサイネージのアイデアについてです。写真だと少しまともな格好をしているように見える?かと思いますが、外が暑いせいか室内の冷房がきつくて寒いため長袖のシャツを着たのです。Tシャツよりまともに見える気がいたしますね。質問は、互助会的に同じ大学の先生や知り合いの先生がしてくださったため、議論が活発だったような感じにすることができました。どうもありがとうございました。

ただ、座長をしたセッションもそうだったのですが、オープニングの豪華さに比べると、発表を聴講している人は、自分自身もそこで発表する人がほとんどで少しさびしい感じでした。そうした人達は自分の発表のために余裕がなく、他の人の発表に質問をすることがほとんどありません。もう少し一般の聴講者が多くなって、活発な議論がある学会になるといいなあと感じました。

 

Img_20191127_171831

   発表の勇姿

 

P1022227 P1022242

 

最後に、ナイトマーケットの写真と、電車の写真をおまけにつけます…。私は外国に行くと電車やバスに乗ってみたくなるのですが、マレーシアは距離によらずどこに行くのもタクシーの国だったので、ひたすらタクシーばかり乗っておりました。最後の最後に、空港に行くときに電車に乗ることができました。よかった

 

太田高志

 

2019年12月 8日 (日)

バンクーバーのオススメは中華?(IEEE VIS2019)

2019年11月28日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

もう、1ヶ月ほど前になりますが、可視化の世界最大の国際会議(IEEE VIS2019)に参加してきました。
基本、アメリカ国内での開催なのですが、今年は、お隣カナダのバンクーバーでの開催でした。

海外に行ったら、まず、名物は何だろう?と調べますが、検索しても、メープルシロップばかり出てきます。
そこで、現地の人に聞いてみたところ、「中華料理と日本料理がおいしいよ。」と。
カナダなのに、中華?と思いましたが、聞いてみると、中国への香港返還後にたくさんの人が香港から移住してきたとのこと。
日本と同じく、タピオカ屋さんもたくさんありましたよ。

さて、本来の目的である可視化の国際会議IEEE VIS2019ですが、アメリカのInstitute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)が主催しています。ちなみに、IEEEは、アイ・トリプル・イーと読みます。
世界中の様々な分野の可視化研究者が一同に介する重要な国際会議です。
私が、最初に参加した1997年はあるホテルを会場として、3部屋のパラレルセッションで400名程度の参加者だったと記憶しています。
今年は、コンベンションセンターを会場として、5~8部屋のパラレルセッションで参加者も1164名でした。3倍近く増えてますね。

海外からは多くの学生が発表をしています。しかし、残念ながら日本からの採択はほとんどありません。
具体的な研究の話は、ちょっと難しくなってしまうのでまたの機会にしますが、このような国際会議で発表できるような研究が学生のうちからできるといいですね。

(文責:竹島)

2019年11月28日 (木)

より以前の記事一覧