イベント

いよいよ開幕「台湾大学芸術祭」続報

2019年5月 6日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

先日お伝えした台湾大学芸術祭,いよいよ5/3に開幕いたしました.それまでの悪天候とは打って変わり,本日は暖かい日差しが降り注ぎ式典の開催を祝う絶好の天気となりました.本日より,東京工科大学を設置する学校法人片柳学園の千葉理事長が参加されましたので,きっと日本から良い天気を引き連れてこられたのだと思います.

2019ntu15

 

 

続きを読む "いよいよ開幕「台湾大学芸術祭」続報"

2019年5月 6日 (月)

祝!「令和」初イベント「台湾大学芸術祭」(専門学校,メディア学部.デザイン学部共同出展)

2019年5月 5日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

令和に元号が変わって間もない5月1日早朝から,台湾に出張しています.台湾と交流のあった元八王子市長でもある黒須理事のつながりで,第25回台湾大学芸術祭に招かれ,日本工学院専門学校,日本工学院八王子専門学校,東京工科大学メディア学部,デザイン学で招待展示をすることになりました.

専門学校側からは,放送芸術,アニメ,CG,ゲームなどの関連学科から作品の上映や試遊,メディア学部からは研究紹介と作品上映,デザイン学部から作品上映をすることにしました.

この時期の台湾はあいにくの雨ですが,初めての海外の大学での展示,しかも合同展示ということで期待と不安の入り混じったスタートです.

 

2019ntu00

2019ntu01

続きを読む "祝!「令和」初イベント「台湾大学芸術祭」(専門学校,メディア学部.デザイン学部共同出展)"

2019年5月 5日 (日)

Anime Japan 2019に出展中です!

2019年3月23日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部コンテンツコースの兼松です。
23日、24日の2日間、東京ビッグサイトではAnime Japan 2019(パブリックデイ)が開催されています。
私たちメディア学部もこのイベントに出展しています!
私たちのブースでは様々な講義や演習で学生が制作したアニメ作品や、アニメやCGに関連した研究の展示を行っています。
また、同時開催の日本工学院ブースではアフレコ体験なども行われています!
東京工科大学、日本工学院併せて是非お越しください!
6f7cbbf8188a4e26bca640f31187f2ea

2019年3月23日 (土)

あにめたまご2019「文化庁若手アニメータ等人材育成事業」

2019年3月12日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

今日はアニメの話題を一つ.
3月9日に本年度の文化庁 若手アニメータ等人材育成事業,通称「あにめたまご2019」 の完成披露試写会がありました.

公募選ばれた4社の制作会社が,若手アニメータを育成しながらオリジナル作品を作るこの取り組み,少し紹介しようと思います.

2019at01

続きを読む "あにめたまご2019「文化庁若手アニメータ等人材育成事業」"

2019年3月12日 (火)

卒業研究最終発表「コンテンツプロデューシング/ゲームイノベーション」プロジェクト

2019年2月20日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

卒業論文の指導,修士論文の指導に,最終発表指導と学会への投稿,そして採点と年明けからフルスロットルでしたが,少し落ち着いてきました.
今日は,先日の卒業研究最終発表について少し紹介したいと思います.

2019sotsuken02

続きを読む "卒業研究最終発表「コンテンツプロデューシング/ゲームイノベーション」プロジェクト"

2019年2月20日 (水)

サウンド×ヒューマン研究室・2018年度卒業研究発表会

2019年2月11日 (月) 投稿者: メディア技術コース

2月初旬は卒研発表会の季節です。今年も「サウンド×ヒューマン研究室」の卒研生16人が最終発表に臨みました。2名の中間発表と合わせて、合計18件の発表会です。

Final

「音に関係のあることなら、何でも自分の好きなテーマを選んで良い」というのが当研究室のモットーなので、バラエティに富んだ発表テーマが並ぶのが自慢です。今年もこんな感じで、魅力的なテーマばかりです。こちらでも触れられているように、「ミュージック・アナリシス&クリエイション研究室」との連続開催で、両方聴講された皆さんにとっては、まさに音づくしの4時間になったのではないかと思います。

  • アコースティックギターの音の印象評価
  • 立体音響技術によるホール音響の再現
  • 機械学習を用いた漫才音声の解析
  • BGMによる作業効率の変化
  • ヴァーチャルリアリティにおける立体音響の研究
  • オーディオミキシングのための新しいインターフェースの開発
  • 朗読音声合成のための韻律分析・生成
  • 音によるゲームプレイヤーの行動変化
  • セキセイインコの音声から感情を読み取る
  • 雑音除去による音声聴取正答率の変化
  • 特殊効果としての音源分離の研究
  • 機械学習を用いた歌唱者特定
  • シンセサイザーのための新しいインタフェースの研究
  • 機械学習による音楽の分類と可視化
  • 機械学習によるラジオ番組音声の分析
  • 画像を用いたグラニュラーシンセシス用音源の作成
  • ラウドネス測定値と音の存在感との関係性の研究(中間発表)
  • 機械学習によるタップ音を用いた指の種類識別(中間発表)

今年の特徴は、「機械学習」という言葉が5回も出てくることです。やはり社会的なニーズの高まりには、学生の皆さんも敏感ですね。他にも、音楽・聴覚・動物など、いろんな観点の研究が並んでいます。このように様々な対象に興味を持った人たちが、「音の研究」という共通項のもとに集まって1年間を過ごしたことは、とても良い体験だったのではないかと思います。このあと、発表会でのコメントを受けて、卒業論文の最終稿の提出が待っていますが、きっと素晴らしい論文が出そろうことと期待しています。

(大淵 康成)

2019年2月11日 (月)

Global Game Jam 2019 最終発表

2019年1月29日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

1月25日から27日まで開催された,48時間のゲーム開発ハッカソンGlobal Game Jam.東京工科大学では9チームのプロアマ混成チームが見事「完走」しました.
本日は最終発表の様子をお伝えします.

2019ggj41

続きを読む "Global Game Jam 2019 最終発表"

2019年1月29日 (火)

Global Game Jam 2019 β版発表

2019年1月27日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

1/25(金)から開催されていますGlobal Game Jam 2019もいよいよ佳境を迎えてまいりました.今回はベータ版発表の様子をお送りします.
ベータ版はゲームがほぼ完成した状態で,これから細かなバランス調整やバグフィックスを残した状態のことを指します.GGJは開発時間が短いので,そこまで進んでいないことも多いですが,ある程度ゲームが形になってきたものを見ることができます.

2019ggj30

続きを読む "Global Game Jam 2019 β版発表"

2019年1月27日 (日)

Global Game Jam 2019 α版発表

2019年1月27日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

Global Game Jam 2019は2日目も終え,最終日に突入しました.
2日目の21:00にはα版の発表ということで各チームが,ゲームをデモ可能な状態にして発表をしていました.
その様子を簡単に紹介します.

2019ggj21

なお,Global Game Jamの開催についてはYomiuri Onlineをはじめ多くのメディアで取り上げられております.

続きを読む "Global Game Jam 2019 α版発表"

2019年1月27日 (日)

Global Game Jam 2019 テーマは「What home means to you.」

2019年1月26日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

ついにGlobal Game Jam 2019の時差スタート会場もすべてスタートし,テーマが正式に公開になりました.
今年のテーマは「What home means to you.」ということで,世界各国の様々な方から「home」についての思いを語っていただく動画とともに公開されました.

2019ggj11

テーマに関する動画はKeynote Speechとともにこちらから閲覧できます.

続きを読む "Global Game Jam 2019 テーマは「What home means to you.」"

2019年1月26日 (土)

より以前の記事一覧