イベント

令和元年芸術科学会東北支部大会・発表報告(その6)

2020年4月 4日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

さて本日のブログは,令和元年度芸術科学会東北支部大会」での研究発表紹介・第6弾です.

本日ご紹介するのは,「日本城郭のプロシージャルモデリング [1]」です.

01_20200403214501
図.研究発表中の三浦君


本研究では,日本の建築物の中でも「城郭」を対象としたプロシージャルモデリングの手法を提案しました.
日本城郭は戦国ドラマ,映画,およびゲームなどのエンターテインメントコンテンツに数多く登場します.日本で作成されるコンテンツだけでなく,海外のコンテンツでも頻繁に登場する特徴的な建築物です.
日本城郭は近代建築物とは異なり,独自の特徴を多く有しています.そのため,モデリングを行う際には日本城郭の基本的な知識が必須となり, さらにその上で複数のパターンを作成しなけ
ればならない場合はモデラーに多大なる負荷を要求することになります.

本研究で提案する日本城郭のプロシージャルモデリング手法によって,城郭に関する知識を有せずともモデルを作製することが可能となり,映像業界,ゲーム業界といった様々なコンテンツへの利用が可能となります.

02_20200403214601
図.日本城郭のプロシージャルモデリング例


以下のリンク先より,令和元年度芸術科学会東北支部大会発表報告その1からその5までをご覧いただけますので,
お時間のある時にでも目を通していただけると光栄です.

●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その1)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その2)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その3)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その4)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その5)

[1] 三浦嘉大,伊藤智也,菊池 司,”日本城郭のプロシージャルモデリング ”,令和元年度芸術科学会東北支部大会,講演セッション,01-09,2020.


文責:菊池 司

2020年4月 4日 (土)

令和元年芸術科学会東北支部大会・発表報告(その5)

2020年4月 1日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.
現在,日本では新型コロナウィルスの影響が様々なところに出ております.
皆様の平穏な日常が一刻も早く戻りますように,心からお祈り申し上げます.

さて本日のブログは,この新型コロナウィルスが日本で猛威を振るう以前に開催された
令和元年度芸術科学会東北支部大会」での研究発表紹介・第5弾です.

本日ご紹介するのは,「Neural Responsive Art : BCI を用いたジェネラティブアートに関する研究 [1]」です.

01_20200330083501
図.研究発表中の佐藤君


この研究では,脳からリアルタイムで得られるデータに注目し,脳波データから得られるパタメータを利用して circle や square, triangle のような図形の色や形をパタメータにより変形させ,被験者だけの「そのときの絵」を生成しました.
今後は,HMD(Head Mounted Display)を用いた VR への応用や,画像生成だけでなくインスタレーションのような空間演出への応用などを検討しています.

以下のリンク先より,令和元年度芸術科学会東北支部大会発表報告その1からその4までをご覧いただけますので,
お時間のある時にでも目を通していただけると光栄です.

●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その1)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その2)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その3)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その4)

[1] 佐藤佑哉,伊藤智也,菊池 司,”Neural Responsive Art : BCI を用いたジェネラティブアートに関する研究”,令和元年度芸術科学会東北支部大会,講演セッション,01-08,2020.


文責:菊池 司

2020年4月 1日 (水)

令和元年芸術科学会東北支部大会・発表報告(その4)

2020年3月11日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.
本日のブログは,「令和元年度芸術科学会東北支部大会」での研究発表紹介・第 4 弾です!

本日ご紹介する研究は「Alive Flame:酸素分圧勾配による火柱の移動を考慮した火災旋風のプロシージャルアニメーション [1]」です.

Img_5447
図.研究発表中の韋君


本研究では,酸素分圧勾配を計算して,まっすぐ舞い上がる火災旋風が酸素濃度の濃い方向へ向けて移動することによって,周囲への延焼の様子をシミュレーションすることを可能にしました.

研究成果動画は,こちらからご覧いただけます.

今後はさらにシミュレーションのスケールを大きくし,森林火災のシミュレーションなどへの応用を検討しています.


以下のリンク先より,令和元年度芸術科学会東北支部大会発表報告その1からその3までをご覧いただけますので,
お時間のある時にでも目を通していただけると光栄です.

令和元年芸術科学会東北支部大会・発表報告(その1)
令和元年芸術科学会東北支部大会・発表報告(その2)
令和元年芸術科学会東北支部大会・発表報告(その3)

[1] 韋 程博,大西将貴,伊藤智也,菊池 司,”Alive Flame:酸素分圧勾配による火柱の移動を考慮した火災旋風のプロシージャルアニメーション”,令和元年度芸術科学会東北支部大会,講演セッション,01-07,2020.


文責:菊池 司

2020年3月11日 (水)

サウンド×ヒューマン研究室・2019年度卒業研究発表会

2020年3月 1日 (日) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

こちらの記事でもちょっと触れられていますが、2月3日(月)に「サウンド×ヒューマン研究室」の卒業研究発表会を行い、14件の最終発表と2件の中間発表、合計16件の発表をポスター形式で実施しました。

2019final

実際の発表題目のリストを挙げてみますので、先日の記事の図のどのあたりが該当するのか、比べながら見てみて下さい。

  • 音楽の安全利用のための音楽プレーヤーの研究
  • パラメトリックスピーカーを活用した音響情報提供システムの研究
  • 感性表現に基づくシンセサイザーインターフェース
  • VR環境における音響と視覚の協調と競合について
  • 肉声と合成音声の比較に基づく感情音声の研究
  • 複数音源混在時における情報認知に関する研究
  • 聴覚障害者向け警告音検知方式の研究
  • 楽曲と声質の組み合わせに関する聴取印象の研究
  • スマートフォンのマイクを用いた生活モニタリングの研究
  • オーディオ情報をトリガーとするモーショングラフィックスの 研究
  • 声の魅力度と音響特徴量の関係に関する研究
  • ミキシング状況モニタリングシステムの研究
  • ギター音の分析評価
  • 不快感を生じさせる音響信号の分析と評価
  • パラ・非言語情報を用いた画像検索の研究(中間発表)
  • 音楽ゲーム自動生成のための音源分離技術の研究(中間発表)

卒研生も彼らで4代目、合計60件近い発表を行ってきたことになりますが、毎年ユニークなテーマが多く飽きることがありません。発表を見にきていた来年の卒研生たちも、きっと良い刺激を受けたのではないかと思います。

2020年3月 1日 (日)

Global Game Jamから得るものは?

2020年2月23日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

2020年1月31日から2月2日にかけて開催されたGlobal Game Jam(GGJ).怒涛の週末が過ぎて参加者の皆さんは日常に帰っていきました.わずか48時間,足掛け3日の出来事なのですが,プロ・アマ・学生問わず,様々な人がいろいろなことに気付く貴重な時間になっています.

2020ggj20

もともとGGJがスタートした2008年ごろはコンソールゲーム(家庭用ゲーム)やPCゲームが主流で,大規模なゲームだと開発に3,4年かかることもあります.企画から完成まで同じプロジェクトにいられないこともあったり,仕事が細分化されてゲーム開発の全体像が見えにくいなどいろいろ課題がある時期でした.そこで,「もっとゲームを作る根本を楽しもう,週末だけでもはじけて,あの大好きなゲームを作ってみよう!」みたいな風潮のもと,不可能ともいえる48時間のなかでゲームを生み出すこのイベントがスタートしています.

東京工科大学は2010年1月からGGJの会場運営をスタートさせました.そして翌年の2011年にはUnityがGame Jameのシーンに君臨します.それまでは開発することそのものがチャレンジで,完成したら称賛されるというような状況でしたが,ゲームエンジンがその環境を変えます.

プロの現場でも利用できるレベルのツールを自由に会場に持ち込み,他の参加者と共通で使える.今では「ゲーム開発の民主化」などと言われるように,専用の開発会社だけが,独自の開発環境を駆使して開発できた時代から,誰でもが挑戦できる時代に変わったと言えます.

そして,それはスマートフォン向けゲームの隆盛と相まって,ゲーム開発が新たなフェイズを迎えることにつながっていったと言えると思います.

さて,GGJに参加した学生は,プロと同じ課題に取り組み自分の現時点の実力やプロとの違いに気付いたと思います.通用するところ通用しないところ,自分のいいところダメなところ.GGJの期間だけで成長するものではなく,そこで得た気付きをもとにこれからどのように学んでいくのか,自分を高めていくのかが大事だと思います.

何しろ,プロだって遊びに来ているわけではなく,GGJを通じていろいろなことを試したり,気付いたりしてまた成長していくのですから.

2020ggj21

 

文責:三上浩司

2020年2月23日 (日)

メディア学フロンティアシンポジウムを開催します!【2020年3月14日】

2020年2月17日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

鶴田です。
コンテンツプロダクションテクノロジー研究室(近藤・鶴田研)では、来る2020年3月14日に「メディア学フロンティアシンポジウム」と題して公開シンポジウムを開催します。コンテンツ制作に関する様々な分野の先生方をお招きして議論するとともに、卒業生によるパネルディスカッションを行い、メディア学のさらなる展開を探ります。後半のパネルディスカッションには、メディア学部の卒業生であり、現在助教として勤務されている兼松先生も登壇します。
シンポジウムは誰でも無料で参加できますが、事前登録が必要です。詳細はこちら http://www2.teu.ac.jp/lenz/mediafrontier/ をご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております!
開会
10:00 開催のあいさつ  
講演
10:15-11:15 近藤 邦雄 (東京工科大学) 『Media & Human』
11:15-12:00 藤代 一成 (慶應義塾大学) 『スマートアンビエントメディアの挑戦』
司会:竹島 由里子(東京工科大学)
13:00-13:45 三谷 純  (筑波大学) 『折り紙がつくる形』
司会:鶴田 直也 (東京工科大学)
13:45-14:30 伊藤 貴之 (お茶の水女子大学) 『Multimedia meets 3D User Interface』
司会:伊藤 彰教 (東京工科大学)
14:30-15:15 馬場 哲晃 (首都大学東京) 『プロトタイピング思考の育て方』
司会:茂木 龍太 (首都大学東京)
卒業生によるパネルディスカッション
15:30-17:30 渡邉 賢悟
竹内 亮太
兼松 祥央
Kenneth Chan
岩渕 栄太郎
『メディアフロンティア時代の学び ~メディア学のこれまでとこれから~』
司会:三上 浩司(東京工科大学)
祝賀会(※別途申込および参加費が必要です)
18:00-20:00 東京工科大学蒲田キャンパス内

2020年2月17日 (月)

マレーシアのテーラーズ 大学 メディア学部に訪問「2」

2020年2月16日 (日) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは!飯沼瑞穂です。2月5日にマレーシアのテーラーズ大学から80名程の学生が参加しました。異文化交流を体験したいとのご要望に応えるため文化紹介を中心としたワークショップを用意しました。メディア学部 鶴田直也先生のご専門である折り紙をテーマにしたワークショップでは、折り紙の歴史的な資料や、数学を使った折り紙作品の紹介をした後、実際に折り紙を使って作品を作ることをしました。

P1044120

学生達は楽しそうに折り紙を、作っていました。

P1044121

上手ですね!

P1044103

マレーシアでも折り紙は有名らしく、ワークショップが終わった後は、マレーシアの学生達が何人も鶴田先生の周りに集まり、詳しく先生の御研究の内容を興味深そうに聞いている様子が印象深かったです。ワークショップ後はランチタイムで、学生達はマクドナルド派、学食派、コンビニ派に分かれて、本学のマレーシアからの留学生たちの案内の元ランチを楽しみました。このような交流の場はもっと学内で増えることを願っています。

東京工科大学公式HPからの記事も是非、ご覧ください。

テイラーズ大学(Taylor`s University)との国際交流報告

 

 

 

2020年2月16日 (日)

マレーシアのテーラーズ 大学 メディア学部に訪問「1」

2020年2月15日 (土) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、飯沼瑞穂です。2月5日にマレーシアのテーラーズ大学から80名程の大学生と4名の教員の方達が訪問しました。テーラーズ大学はマレーシアでも有名なデザイン学部を有する大学で、クアラルンプール近郊にあります。この日、メディア学部を訪問した学生達は異文化交流のテーマにしたプロジェクトを履修中の学生達で、メディアに興味がある子達でした。1週間ほどの滞在で、日本訪問が初めての学生さんや教員の方も多かったです。

P1044083

そこで日本の文化を積極的に知りたいとの要望に応える形で様々なイベントを教養学環の勝浦先生率いる英語の先生方のご協力のもと、準備しました。

P1044079

プログラムの紹介をメディア社会コースの飯沼准教授が行いました。

P1044086

オープニングでは柿本学部長が東京工科大学とメディア学部の紹介をされました。

P1044088

その後太田教授が、国際交流と大学院の紹介をされました。

P1044099

午前中はその後、鶴田先生による折り紙のワークショップ、午後は卒研ポスター発表の見学や、茶道によるデモンストレーション、剣道部の紹介とコスプレサークルの紹介など盛りだくさんのイベントが用意されました。(つづく)

 

 

 

 

 

2020年2月15日 (土)

卒研ポスターセッションの内覧会

2020年2月 7日 (金) 投稿者: メディア技術コース

1月末から2月初めにかけては、卒業研究の最終発表会のシーズンです。私の研究室でも、2月3日に発表会を開催したのですが、今年からの新しい試みとして、当日の午前中に「内覧会」を行いました。

研究室の卒研生は人数が多いので、いつも4つのグループに分けてミーティングを実施しています。そうすると、同じグループの人がどんな研究をしているかはわかるのですが、他のグループの人の研究のことは、意外と知らないまま卒業することになってしまいます。せっかく同じ研究室になったのに、それではもったいないですね。

最終発表会が口頭発表形式なら、それを聞いて研究内容を知ることができるのですが、あいにくうちの研究室はポスター発表です。発表時間中、4年生はずっと自分のポスターのところにいなければいけないので、他の人の発表を見に行くことができません。そこで、当日の午前中に「内覧会」として、4年生だけでの発表の時間を取ったというわけです。

Preview

これはなかなかのグッドアイディアでした。他の人の発表を知ることができたうえに、良い予行演習になって、午後の本番に向けての改善点なども見つかりました。研究室の恒例行事として、来年以降も続けていこうかなと思っています。

さて、その後の本番はどうだったかというと…。それはまた別記事でご紹介したいと思います。

2020年2月 7日 (金)

今年のテーマは「Repair」 Global Game Jam 2020

2020年2月 2日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

今年で12回目を迎える,全世界同時48時間ゲーム開発ハッカソンGlobal Game Jam.東京工科大学は2010年から会場を運営して今年で11回目を迎えます.

今年は65名の参加者が全9チームに分かれて開発をスタートさせました.今年のテーマは「Repair」です.

65名のうち20%の13名が海外出身の方でインターナショナルな会場になっております.また,40%の26名が社会人ということで例年にない国際化率と社会人率の会場になりました.

テーマの「Repair」は修繕する,修理する,訂正する,償う,賠償する,回復する などの意味をもつ英単語です.多くのチームは修繕,修復のような意味でとらえていましたが2チームほど「賠償」という意味を使っていました.

 

2020ggj10

開会式の様子

 

2020ggj11

会場の様子

2020ggj13

企画会議の様子

 

 Global Game Jam開催にあたっては様々な企業からの支援を受けております.48時間ゲームを開発し続けるために必要な開発のお供を用意するための資金として活用させていただいております.


2020ggj14

2020年2月 2日 (日)

より以前の記事一覧