イベント

8月26日(日)夏休みの締めくくり!平成最後のオープンキャンパス開催!! PRブログ第二回:メディア技術コース編

2018年8月15日 (水) 投稿者: メディア社会コース

PRブログ第一回はこちら

 

皆さんこんにちは。メディア学部新任の森川です。

現在、TV番組『プレバト!』(TBS)内の毒舌先生のコーナーが火付け役となり、にわかに俳句が注目を集めていますよね。

皆さんは、私と同じ苗字の森川という名前の俳人がいるのをご存知ですか?

江戸時代の俳人で、松尾芭蕉の弟子でもあった森川許六(きょりく)という人です。

次回オープンキャンパスOC)が行われる826日は、その森川許六の忌日で「許六忌」と呼ばれ、仲秋の季語にもなっているそうですよ。

 

そう、暦上はすでに仲秋ですが、まだまだ暑い826日(日)には、是非本学八王子キャンパスにお越しください!

今回のOCが本年度最後の開催となります。

時間は10:0016:00

場所は片柳研究所(片研)4Fのコンテンツテクノロジーセンター(CTC)と、5Fのメディアテクノロジーセンター(MTC)、そしてメディア学部の本拠地でもある研究棟Cの3~5階です。

 

PRブログ第二回の今回は、メディア技術コースからの出展を、会場別にご紹介します。

 


【片研4F

   VRARの未来(担当教員:羽田)

VRARの活用で進化する未来のメディアコンテンツについて解説します。

場所:CTC


Hada

 

 3Dプログラミング(担当教員:渡辺)

リアルタイム3DCGプログラミングを活用した、学生作品を披露します。

場所:CTC


Watanabe

 


【研究棟C

 デジタル音響処理と人間の聴覚(担当教員:大淵・越智)

リアルタイム3DCGプログラミングを活用した、学生作品を披露します。

場所:3F 318


Obuchi


 

 最新のIT技術で問題解決!(担当教員:寺澤)

最新のIT技術を用いて身近な問題を解決する方法をご紹介します。

場所:4F 421


Terasawa


 

   ビジュアルシュミレーションの研究紹介(担当教員:柿本)

自然現象を模擬するプログラムで本物そっくりのCG映像を作る研究を紹介します。その他、イメージメディアプログラミング演習もご紹介します。

場所:4F 424


Kakimoto


 

 人工知能実験室(担当教員:藤澤)

「人工知能実験室」ではAI技術の一端をご体験いただけます。

他にも、OpenStreetMapというオープンデータの地図の活用に関する研究を紹介します。

場所:4F 426


Fijisawa


 

 健康メディアとスマートフォンの活用(担当教員:千種)

運動量や健康状態を観測する最先端の健康メディア機器を紹介し、その活用方法を実演します。

場所:4F 会議室


Chigusa


 

 顔画像処理あれこれ(担当教員:永田)

リアルタイムの顔画像の認識と、印象変化のデモをお見せします。

場所:5F 521


Nagata

 

 

 インタラクティブ・コンテンツ研究の紹介(担当教員:太田)

日常での人の行動に様々に反応する仕掛けについてご紹介します。

場所:5F 523


Oota


 

次回はラスト、メディア社会コースの出展ブースのご紹介です。

 

(メディア学部 森川 美幸)

2018年8月15日 (水)

8月26日(日)夏休みの締めくくり!平成最後のオープンキャンパス開催!! PRブログ第一回:メディアコンテンツコース編

2018年8月14日 (火) 投稿者: メディア社会コース

夏休み真っ最中!

皆さんいかがお過ごしですか?

オープンキャンパスOC)ブログでおなじみ、メディア学部新任の森川です。

今年のように暑い夏には、もちろんこまめに水分と塩分を補給することが重要ですが、あまり冷たいものばかり摂っていると、逆に胃腸が弱って夏バテしてしまいますよね。

夏バテ予防にはビタミンB1を多く含む食品が効果ありと言われています。

例えば豚肉やうなぎ、カツオ、鮭などです。

あとは、旬の野菜もたっぷり摂るといいそうですよ。

皆さん、元気いっぱいに暑い夏を乗り切りましょうね!


美味しいものを食べて体調を整えていただき、826日(日)は、是非、本校八王子キャンパスOCにお越しください!

今回のOCが本年度最後の開催となります。

時間は10:0016:00

場所は片柳研究所(片研)4Fのコンテンツテクノロジーセンター(CTC)と、5Fのメディアテクノロジーセンター(MTC)、そしてメディア学部の本拠地でもある研究棟Cの3~5階です。

 

当ブログでは今回も、各出展ブースの見どころを、3つあるメディア学部のコースごとにご紹介します(コースについてはこちら)。

 

まずメディアコンテンツコースから、出展会場別にご紹介します。


 

【片研4F

 最先端のゲーム制作と開発技術研究(担当教員:三上・安原・兼松)

東京ゲームショウ出展予定の最先端のゲーム制作と開発技術研究を紹介!

その他、ゲーム教育カリキュラム、ゲーム関連研究、映像コンテンツのシナリオ・演出関連研究もご紹介します。

場所:CTC


Mikami



 音と映像のコラボレーション(担当教員:伊藤(謙)・伊藤(彰))

映像の印象が、音楽と効果音でどう変わるか体感してみましょう。

また、アナログシンセでの音作りもご体験いただけます。

場所:廊下


Ito1


 

【片研5F

 バーチャルキャンパスツアー(担当教員:菊池)

ドローン+360°動画によるバーチャルキャンパスツアーをお楽しみください。

その他、自然現象のプロシージャルアニメーション、コンテンツデザインに関する研究紹介、プログラミング体験教室も行います。

場所:MTC


Kikuchi

 

 物体内部の観察技術(担当教員:加納)

X線を用いた物体内部の観察技術と、CG分野への応用法を紹介します。

場所:MTC


Kano


 

【研究棟C

 次世代コンテンツ研究紹介(担当教員:椿)

プロジェクションマッピングなど新しい映像コンテンツの制作・編集手法を紹介します。

場所:3F 323


Tsubaki


   卒業研究・大学院研究紹介(担当教員:伊藤(謙)・伊藤(彰))

音楽系研究室で4年生が取り組んでいる研究・制作をご紹介します。また、大学院生の研究もご紹介します。

場所:4F 419


Ito2

 

 

次回はメディア技術コースの出展ブースをご紹介します。

 

(メディア学部 森川 美幸)

2018年8月14日 (火)

サウンド×ヒューマン研究室・卒業研究中間発表会

2018年8月12日 (日) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。今年も恒例の卒研中間発表の時期となりました。私の担当する「サウンド×ヒューマン研究室」でも、7月26日(木)に発表会を行いました。今回の発表題目は以下の通りです。

  • サラウンドスピーカを用いた視覚と聴覚の関連性の研究
  • 聴取者の感情を可視化する音楽プレーヤーの研究
  • アコースティックギターの音の印象評価
  • オーディオミキシングのための新しいインターフェースの開発
  • シンセサイザーのための新しいインタフェース研究
  • ソフトウェア・シンセサイザーにおける新しい合成方式の研究
  • 機械学習を用いた漫才音声の分析
  • 機械学習による歌唱者の特定
  • 機械学習による音楽の分類と可視化
  • 機械学習によるラジオ番組音声の分析
  • 立体音響技術によるホール音響の再現
  • 特殊効果としての音源分離の研究
  • ヴァーチャルリアリティ―における立体音響の研究
  • セキセイインコの鳴き声から感情を検出する
  • BGMによる作業効率の変化
  • 朗読音声合成のための韻律分析
  • 音によるゲームプレイヤーの行動変化
  • 雑音除去による音声聴取正答率の変化

音声・音楽・雑音・動物の声など、音に関わる様々なテーマが並ぶのは毎年のことですが、今年の特徴として、「機械学習」という言葉を冠したテーマが4つも見られます。これは決して、世間の人工知能ブームに安易に便乗したというわけではありません。当研究室では発足当時から機械学習を大きな柱の一つとしており、地道な宣伝を行ってきた中で「機械学習をやりたい」という学生が集まってきてくれた結果かと思っています。

18人の発表者のうち、2人はこれが卒研最終発表で、無事9月の卒業を迎えますが、残る16人はこれから半年かけて研究を仕上げていきます。どんな最終発表になるか、今から楽しみです。

2018_midterm

2018年8月12日 (日)

8/5 オープンキャンパス参加レポート by新任・森川 第三回:メディア社会コース編

2018年8月10日 (金) 投稿者: メディア社会コース

レポートブログ第一回はこちら

レポートブログ第二回はこちら

 

85日(日)開催の八王子キャンパスオープンキャンパスOC)レポートブログもいよいよ最終回!

毎度おなじみ、メディア学部新任の森川です。

 

高校生の皆さんだけでなく、在校生の学生スタッフの皆さん、気付いていたでしょうか。

片柳研究所(片研)の4階と5階の壁には、今回も大学院生の研究ポスターが展示されていたんですよ。

 

1_3

 


卒研をやってみて、「研究」が楽しくなってしまった人は、是非次のステップを考えてみてください。

修士号を取得することで、将来のバリエーションが広がるかも知れませんよ!

 

さて、今回のOCのメディア学部の出展は、片研の7ブースに対し、研究棟Cでは9ブースもありました。

最高気温35度の灼熱の中、片研から研Cへのスロープを徒歩で上るのはとても大変でしたよね。

私は学内巡回バスを有効利用しました。

15分に1本の運航ですが、片研と研Cを涼しく往復できるのでオススメです!

次回OC8/26)もまだまだ暑さ厳しい折だと思います。

来られる方は、是非ご利用ください。

 

2_3

 

3_3



では、メディア社会コースのレポートに移りましょう。

今回は新テーマの出展1件を含め、計4件の出展がありました。


 

【片研5F

   人間・社会・環境の予測とプラン(担当教員:小林)

予測や計画を扱った小林研の展示では、小林先生による手相占いの体験もできました。

占いも古代から行われている予言や予知と同列線上にある、統計を基にした予測のひとつです。

ピタゴラスやニュートンといった科学者たちも、有名な定理の発見後は、占いのような予測の研究に没頭したとのこと。

私も小林先生に少しだけ見てもらいましたが、どうもビジネスに長けた手相をしているそうですよ。

だったらもっとお金持ちになっていてもいいはずなのですが……。

 

4_3

 



 D地図を利用しよう(担当教員:千代倉・飯沼)

この展示は、2年生の後期に受講する必修科目・メディア基礎演習Ⅱ「ソーシャルデザイン」で作ったものだそうです。

SketchUpというソフトとGoogle Earthを連携させ、今はもう荒廃してしまった建物や歴史的建造物を復元したり、外からでは見ることのできない建物内部を作ったりするとのこと。

スクリーンではストーンヘンジの復元画像や出雲大社の内部を作った画像を投影していました。

この授業では、世界遺産の中で、自分が復元したい・作りたい題材を自由に選んで制作できるそうですよ。

 

5_5

 

6_3



 

【研究棟C

 コンテンツビジネスイノベーション研究(担当教員:吉岡)

これまでデジタルサイネージの展示をしてきた吉岡研ですが、今回から新テーマで展示を行います。

メディア学部で学んださまざまなメディアの知識を用い、どうイノベーションを起こして社会に役立てるかが大きな研究テーマとのこと。

卒業生の中には、音楽が好きでメディア学部に入り、コンピュータのスキルを学んで、吉岡研で映画の中の音や効果音の研究をした学生もいたとか。

音楽イベントや電子書籍、メディアートの研究をしている学生もいるそうですよ。

吉岡先生は、「何を学ぶか迷っている人ほどメディア学部へ。メディア学部なら広く学べます。学生のうちだからできることをいろいろやって欲しい」とおっしゃっていました。

 

7_4

 

8_3 

 

 相互行為って何?(担当教員:山崎)

「特に何も考えずに自然とやっているけど、それって何で?」

という、人の“無意識”を分析する研究を行っているのが山崎研。

実は、新しい発想って当たり前のことから生まれたりするものですよね。

メディア学部では、カメラやPC等を使ってコンテンツなど、何かを「生み出す」ことにフォーカスした研究が多いですが、この研究室ではカメラを分析の道具として役立てているそうです。

そういった、“メディアの違う一面を使う”研究室とのことでした。

 

9_3

 


今回のOCでも、学内の数か所にデジタルサイネージによる案内表示をしていました。


10_3

 

11_3

 

12_3

 

立ち止まってご覧いただいた方もたくさんいらっしゃったと思います。


 

さあ、いよいよ次回、826日(日)が今年度最後のOCです。

高校三年生の皆さんにとっては高校生活最後の夏休み。

そして、平成最後の夏。

是非この夏休みの終わりにここ、東京工科大学八王子キャンパスでお会いしましょう。

教員、学生、スタッフ一同、皆様をお待ちしています!!

 

もちろん、こうかとんも待ってます!!

 

13_2_3

(メディア学部 森川 美幸)

2018年8月10日 (金)

8/5 オープンキャンパス参加レポート by新任・森川 第二回:メディア技術コース編

2018年8月 9日 (木) 投稿者: メディア社会コース

レポートブログ第一回はこちら

 

85日(日)に開催された八王子キャンパスオープンキャンパスOC)のレポートブログ第二回。

今回もメディア学部新任・森川がお届けします。

 

7月のOCでは「AO入試対策講座」が開かれましたが、今回は大手予備校講師の先生による「一般入試対策講座」が開かれました。

科目は数学と英語。

こういう授業が無料で受けられるのもOCの魅力の一つですよね。

 

1_2

 

毎度のことながら、このブログの紹介と、コロナ社刊の『メディア学大系』シリーズの紹介コーナーも設置しました。

『メディア学大系』はメディア学部の教授陣が執筆しており、授業でも教科書として使っています。

たくさんの高校生や保護者の方々が手に取ってくれていました。

メディア学部に入ったら、こういう勉強をするのか、というイメージが沸いたでしょうか?

 

2_2

 

より具体的な相談がある方のために、今回も片柳研究所(片研)5階のMTC(メディア・テクノロジー・センター)前に、教員と学生による個別相談コーナーを設置。

気軽に足を止めてお話をして行かれる方も多かったようです。

 

3_2

 

では、本題に戻りましょう。

今回はメディア技術コースの展示レポートです。メディア技術コースは、計6件の出展中5件が今年度初出展でした。


 

【片研4F

 3Dプログラミング(担当教員:渡辺)

学生がプログラムして作ったゲームなどを紹介していました。

 

4_2

 

中でも注目のゲームは、4年生の津川巧君が作った、その名も「撃進スリングショットマン」!!

このゲームはマウスと矢印キーだけでプレイできるアクションゲームで、スリングショットマンのキャラクターと操作性の良さがウリだそうです。

渡辺先生の授業では、ゲームを作る上での基礎となるプログラミングの技術を学ぶことができるとのこと。

学んだ技術は、もちろん「スリングショットマン」の制作にも役立っているそうですよ。

 

5_3

 

6_2



【研究棟C

 デジタル音響処理と人間の聴覚(担当教員:大淵・越智)

大淵研は、「音に関係することなら何でもできる!」(by大淵先生)研究室。

今回も音にまつわる様々な展示がありました。

 

7_3


 

特に興味深かったのは、音の振動が目に見える形で体験できる展示です。

砂をまいたプレートをスピーカーの上に設置。

スピーカーから出る音に共鳴し、プレートの上の砂が幾何学模様を形作ります。

まさにサウンドアート。

不思議ですよね。

 

8_2

 

 ビジュアルシュミレーションの研究紹介(担当教員:柿本)

会場に入ると、まずオーロラの動きや、撥水ガラスの上の水滴の動き、まつ毛によるグレアの見え方など、自然現象をCGで完璧に再現している映像が飛び込んできました。

 

9_2

 

こちらの研究室でも、7月に中間発表を終えたばかりの研究ポスターがずらり。

 

10_2

 

4年生の岡汰斗君は、昼間の画像から夜景を推定し、自動的に変換する技術を研究しているそうです。

その技術を動画にも適用することを想定しているとのことでした。

夜景って、なかなかうまく撮影できないですものね。

自動で変換できるなら、とても便利だと思いました。

 

11_2


 

 健康メディアとスマートフォンの活用(担当教員:千種)

自分の健康上の悩みを解決する研究ができる、というのが千種研だそうです。

卒業研究も、睡眠や美容など、学生本人が抱えるさまざまな悩みをテーマに、自分を被験者として研究を進めている人が多い印象でした。

 

12_2

 

4年生の嶋田眞巳さんは、自分自身が乾燥肌や敏感肌に悩んでいたことから、統計解析に基づいて肌の悩みを分析・改善するアプリを開発する研究に着手。

一口に乾燥肌、敏感肌と言っても、気になる部位(顔、手、足)によって影響する項目が異なっていることを発見したそうですよ。

 

13_2


 

 顔画像処理あれこれ(担当教員:永田)

永田研では、「人と機械との関わり」をテーマに、さまざまな研究が行われています。

「非言語ゲームで探る、人の“気遣い”」や「音楽によるストレス解消」、「HMDにおけるジェスチャーを用いた操作感に関する研究」等々の研究ポスター展示がありました。

 

14_2

 

研究室のあちこちにホログラムが配置されており、ゴーグルをつけると犬・猫や宇宙飛行士、ホイールを回すハムスターなどが見えるという楽しい仕掛けもありました。

 

15_2

 

 

 インタラクティブ・コンテンツ研究の紹介(担当教員:太田)

さまざまなインタラクティブ・コンテンツを扱った研究が展示されていました。

中でも最も目を引いたのは、4年生の藤川寛生君と須藤啓介君による共同研究「ペッパーズ・ゴーストを用いた映像プラットフォームの提案」。

昔のホラー映画などで使われている、ペッパーズ・ゴーストと呼ばれる視覚トリックを、ビジネスやエンターテインメントで活用しようという研究です。

高校生もクロマキー映像を食い入るように見つめていました。

 

16_2


17_2

 

最終回の次回は、メディア社会コースの展示をレポートします。

 

(メディア学部 森川 美幸)

2018年8月 9日 (木)

8/5オープンキャンパス参加レポート by新任・森川 第一回:メディアコンテンツコース編

2018年8月 8日 (水) 投稿者: メディア社会コース

皆さんこんにちは、メディア学部・新任の森川です。

85日(日)、本年度3回目の八王子キャンパスオープンキャンパスOC)が盛況のうちに幕を閉じました。

昨年同時期のOCに比べ、約30%も多くのお客様が我が校にご来校くださいました。

最高気温35度の猛暑の中、本当にどうもありがとうございました!


1

 

メディア学部からは今回、17もの出展があり、さらに全学共通のイベントも多かったので、限られた時間の中でなかなかすべてをご覧になれなかった方も多かったと思います。

是非、このブログで今回のOCの全貌(?)をお楽しみください。

さらに、残念ながら来られなかった方、次回のOCに参加予定の方も、ご参考にしていただければと思います。

 

2

 

今回も、ご来場いただいた方には、まず片柳研究所(片研)地下1階の視聴覚ホールでの入試説明会にご参加いただきました。

メディア学部を目指す高校生と保護者の方も、大勢お越しいただきました。

 

3


 

そして入試説明会の後は、場所を同じ片研の4階に移し、柿本学部長による学部説明会が行われました。

こちらは会場から人が溢れんばかりの大盛況!

用意していた補助席も満席となり、立ち見になってしまったお客様もいらっしゃいました。

メディア学部への関心の高さと、皆様の期待をひしひしと感じました。


5_2

 

4

 

さらに、学部説明会の後は、同じ会場で軽部征夫学長による保護者対象大学説明会を開催。本学の理念や教育・研究、就職などについて、学長自らが説明を行いました。

保護者の方々がメモを取りながら熱心に耳を傾けていらっしゃいました。



6

 

午前中に開催されたイベントに一通り参加した後は、いよいよメディア学部のブース巡りへ!

今回のブログでは、まずメディアコンテンツコースの出展を、会場別にレポートします。



【片研4F

 インターネット・ライブ映像配信(担当教員:佐々木・森川)

6月の出展時と同じく、今回も10:50~、12:50~、15:15~の3回、インターネット・ライブ放送を行いました。

今回の学生リーダーは2年生の冨久田良太君。

初のリーダー役でしたが、本番前の準備やリハーサルを含め、最後まで堂々と仕切って、頑張っていました。

 

7_2

 

8

 

15:15~の授業紹介の生配信では、今回出展もしていた竹島由里子先生が生出演!

高校生の皆さんに、「ひとつのことにとらわれず、さまざまなことを学んでください。いろんなことに目を向けることで、大学生活はより楽しくなると思います」というメッセージを送ってくださいました。

 

9


 

 コンピュータビジュアリゼーション(担当教員:竹島)

生配信のゲストだった竹島先生のブースでは、生配信用のVTR撮影が行われました。


10

 

中国からの留学生で、4年生の胡京輝君が可視化について説明。

科学技術データや、記録などの情報といった、目に見えないものを目に見えるようにする研究について、事例をまじえてわかりやすく教えてくれました。

 

11

 


 物体内部の観察技術(担当教員:加納)

病院の画像診断などで使われるCTの、ノイズ(アーチファクト)を取り除く技術を研究されている加納先生。

ご自身の脳のスキャン画像を使い、アーチファクトが入った画像と取り除いた画像を示しながら、研究の説明をして下さいました。

さらに、この技術を応用してコンテンツ制作に生かすことも研究されているそうです。

力覚デバイスと連携すれば、手術や調理などのバーチャルトレーニングシステムが可能に。

非常に興味深いお話でした。

 

12

 

【片研5F

 卒研における学生のデザイン提案紹介(担当教員:萩原)

萩原研では、卒研生の研究を全公開しているそうです。

今回のOCでは、7月に中間発表が終わったばかりの、半分できかけの新研究がずらりと紹介され、人気投票が行われていました。

 

13

 

私が注目したのは4年生の栃木太河君の財布のデザインの研究です。

人々が財布に求める「機能性・収納性の良さ」に注目し、どのようなデザインの財布であれば、そのニーズを満たせるかを検討しているとのこと。

商品化されたら私も是非欲しい!と思います。

 

14



 

【研究棟C

 キャラクターメイキング研究紹介(担当教員:近藤)

CGキャラクターは高校生の皆さんにも注目度が高く、今回も多くの皆さんがキャラクターの造形や衣装の制作を実際体験されていました。

これまで見ているだけだったアニメのキャラクターやメカを、自分でデザインして作れるようになったらすごいですよね。

今回の体験で、“好き”を仕事にするイメージが、より具体的になっているといいな、と思います。

 

15

 

16


 

 折り紙の技術を活用した形状モデリング(担当教員:鶴田)

一枚の紙から一体どれだけの形が作れるか?

まだ解明されていません。

もしかしたら上限があるのかも知れないし、無限かも知れない。

その未知な領域に挑んでいるのが、この研究です。折り紙は奥が深いのです。

 

17


 

 次世代コンテンツ研究紹介(担当教員:椿)

今回の出展では、プロジェクションマッピング体験や、ヘッドマウントディスプレイ、フォトリアル3DCGなど、さまざまな研究が紹介されていました。

 

18

 

椿研では、さまざまな技術を使って、きれいに見える映像の作り方を研究しているそうです。

例えばプロジェクションマッピングでは、完全平面のスクリーンにまっすぐ投影できる環境が整っているとは限らないので、環境次第できれいに見える映像になるように角度を調整したりする必要が出てきます。

そういった体験ができる展示がありました。

 

19

 



以上、メディアコンテンツコースの出展レポートでした!

次回はメディア技術コースの出展レポートをお届けします。

 

(メディア学部 森川 美幸)

2018年8月 8日 (水)

8月5日オープンキャンパスでの「デジタル音響処理と人間の聴覚」

2018年8月 4日 (土) 投稿者: メディア技術コース

明日(8月5日)は東京工科大学のオープンキャンパスです。大淵・越智研究室では、「デジタル信号処理と人間の聴覚」というテーマで、音や声、聴覚に関わる科学や技術についての展示、研究紹介を行います。

(1)大声コンテスト・サウンドスペクトログラムを見よう
防音室で大声を出してみて、それを分析してサウンドスペクトログラムといわれる画像に出力します。サウンドスペクトログラムとは、音や声に各周波数(音の高さに関わる量)の音がどれぐらいずつ含まれているかを短い時間ごとに分析してその時間変化を表示したもので、声の指紋に例えられることもあるものです。人間の声は下図の縞模様の構造を持っているのが特徴です。ぜひ自分の声の分析をしてみましょう。

Spectrogram_small

(2) オーディオビジュアルパフォーマンスのためのライブインタフェース

音声認識技術を使って音楽装置や演出装置を制御できるシステムの研究をしています。また、このシステムを使った映像と音楽からなるギターパフォーマンスを制作してます。

Guitar_2

(3)立体音響を使った女性向け恋愛ゲーム

バイノーラル録音を使用し、立体音響になっているボイスを実装した女性向けのノベル型恋愛ゲームです。ゲームをする人は多いと思いますが、立体的な音響を体験したことはありますか?バイノーラルマイクという、人の両耳の位置で録音すると、聞こえてくる方向を再現できるマイクを使って録音したゲームの効果を、去年の卒業生が研究していました。この展示ではそのゲーム場面を実際に聞いて体験してもらえます。

Rittaionkyo

(4)VRスイカ割り

こちらは、バーチャルリアリティ(VR)と音響処理技術のひとつの音源定位を組み合わせた、新しいスイカ割りゲームです。音源定位は音の来る方向を推定する技術です。ここでは、二人が協力して音を使ってVR空間上のスイカを割ります。

Suika

8月5日のオープンキャンパスにお越しの方は、ぜひ大淵・越智研究室に音を使った遊びや研究体験をしに来て下さい。       

(メディア技術コース 越智)

2018年8月 4日 (土)

2018年度 卒研中間発表会(コム・メディア・デザイン研究室)

2018年8月 3日 (金) 投稿者: メディア技術コース

7月27日に我が研究室(コム・メディア・デザイン:太田研究室)の卒業研究中間発表会を行いました。例年、羽田研究室と共同でポスター発表の形式で行っています。また、太田研究室ではインタラクティブなコンテンツを研究対象としているため、ポスターと併せてデモを呈示することも必須です。1年かけて行ううちの半分が過ぎたところですが、システムやコンテンツとしては前期までで基本的な部分はできあがることを目標にしているため、この日には実際に動作するものを用意することが期待されています。

研究発表のためのポスターを作成するのもほぼ始めての経験ということもあり、1,2週間前から準備を始めましたが、魅力あるポスターを用意するのは難しいものです。何回も修正をしながらようやく発表会に間に合いました。発表会は、研究室外部の人に説明するだけではなく、互いの研究内容についても議論するいい機会でした。

Img_9404

Img_9411

発表会が終わった後は打ち上げです。大量のピザなどを用意して、とりあえずの達成感を祝いました。ただ、これで夏休み、というわけにはいきません。9月にある学会に向けて、論文執筆とポスターの修正が待っています。そうはいっても、とりえあず週末はまた頑張れるようにおやすみですね。週明けからまたがんばりましょう。

Img_9413

太田高志

2018年8月 3日 (金)

海外大学(タイ)インターンシップ学生の最終発表会

2018年7月28日 (土) 投稿者: メディア技術コース

7月18日(水)にタイのチュラロンコン大学(Chularlongkorn University)とキングモンクート大学(KMUTT)からインターンシップで来ていた5名の学生の最終成果発表会を行いました。学生達は5月末から6月のはじめに来日し、それ以来それぞれの指導教員の下で機械学習やCGキャラクターデザインなど個人ごとの課題に取り組んできました。

2018_internship_poster_session

例年、スライドを用いたプレゼンテーション形式で行っていましたが、議論のしやすさを考え、今年度はポスター発表の形式で行いました。他の大学からのインターンシップの中間発表に続けて行ったため、その学生たちやちょうど当日来学したタイの別の大学(タマサート大学、シラパコーン大学)の方たちも参加されて非常に盛況な会になりました。このインターンシップで行ったことを自分の大学に帰ってからも継続したいという学生もおりましたが、このインターンシップが彼らの今後の研究活動に良い経験となることを願います。

2018_internship_students

このインターンシップのプログラムは相互に学生の受け入れをすることになっているため、日本の学生があちらの大学に行くことも可能です。タイの大学ですが、教員や向こうの学生とは英語(や日本語)で会話することが可能です。また、その他の国の大学でもインターンシップの相互受け入れを提携しているところがあります。本学の学生や入学を考えている高校生も目指してみてはいかがでしょうか?
メディア学部教員 太田高志

2018年7月28日 (土)

8月5日(日)夏まっさかり!本年度3度目のオープンキャンパス開催!! PRブログ第三回:メディア社会コース編

2018年7月27日 (金) 投稿者: メディア社会コース

PRブログ第一回はこちら

PRブログ第二回はこちら

 

今回の八王子キャンパスオープンキャンパスOC)のPRブログも最終回となりました。

メディア学部新任の森川です。

高校三年生の夏休みの思い出と言えば、私にとっては高校の体育祭の準備です。

当時は三年生が主体となって運営するのが恒例でしたので、受験勉強をしつつもみんな毎日のように学校に通って大道具や小道具の制作、出し物の練習等に汗を流しました。

皆さんもそれぞれ、是非心に残る夏休みを過ごしてくださいね。

 

そんな夏休みの思い出のひとつに、本学OCも加えてみてはいかがでしょうか。

日程は8月5日(日)10:0016:00

場所は片柳研究所(片研)4Fのコンテンツテクノロジーセンター(CTC)と、5Fのメディアテクノロジーセンター(MTC)、そしてメディア学部の本拠地でもある研究棟C2~5階です。

 

PRブログのラストとなる今回は、メディア学部メディア社会コースの出展をご紹介します。

 

【片研5F

 人間・社会・環境の予測とプラン(担当教員:小林)

人間や社会の予測と計画についてゲームなどを通して体験してください。

場所:MTC

Kobayashi

 

 D地図を利用しよう(担当教員:千代倉、飯沼)

Dモデルを作成し、3D地図の中に入れる方法を説明します。

場所:MTC

Chiyokura


 

【研究棟C

 コンテンツビジネスイノベーション研究(担当教員:吉岡)

「もっとこうなったらいいのに」を実現するための提案をしています。

場所:4F 420

Yoshioka


※画像は研究棟Cのエレベーターホールに設置されたデジタルサイネージです。

 

 相互行為って何?(担当教員:山崎)

会話などのビデオ分析から、相互行為について明らかにします。

場所:5F 520


Yamazaki

 

今回も大学院生の研究ポスター展示や学生相談コーナー/個別相談コーナーの設置もございます。

Poster_2


入試説明会や、柿本学部長による学部説明会も開催されますので、奮ってご参加くださいませ。

校舎間の移動は無料の学内巡回バスが便利です。


Bus

 

たくさんの皆様のご来校を、教員、学生、スタッフ一同、心よりお待ちしています!!


2016oc_0218

(メディア学部 森川 美幸)

2018年7月27日 (金)

より以前の記事一覧