イベント

八王子市制100周年記念プロジェクションマッピング

|

2017年は、八王子市制100周年ということで、さまざまな行事が行われています。
その1つとして、東京工科大学では、8月11日(山の日)にプロジェクションマッピングが行われました。コンテンツは、デザイン学部の皆様が八王子市の小学校と連携し、制作されました。

_001

_006

メディア学部は、1年生有志がサービスラーニング実習のボランティアとして参加しました。
花火大会や朝の通勤時のうちわ配り、前日の会場設営、当日の会場の誘導、終了後の後片付けなどを担当しました。

_007



当日は、あいにくの雨模様でしたが、そんな天候にもかかわらず多くのお客様がいらっしゃってくれました。1年生も雨の中、一生懸命、誘導してくれました。
おかげさまで、大きな事故もなく、無事、4回の上映を終わらせることができました。
ボランティアのとりまとめをしてくださった、学務課の皆様、ありがとうございます。
大学に入って貴重な最初の夏休みにもかかわらず、参加してくれた1年生の皆さん、お疲れ様でした!
(文責・竹島)

オープンキャンパス(8月6日)へのご来場ありがとうございました

|

皆さん、こんにちは。8月も半ばに入り、思い思いの夏休みを皆さん過ごされていることと思います。

さて、8月6日に八王子キャンパスで第3回オープンキャンパスが開催されました。開催に先立ってこのメディア学部ブログでご紹介しましたように、メディア学部6月7月オープンキャンパスとは異なるラインアップで規模を拡充させて展示や研究紹介を行いました。夏休み期間中ということもあって、高校生やそのご家族をはじめ非常に多くの方々にご来場いただきました。各出展ブースで説明する学生も自然と熱が入ったようです。

今回、メディア学部はメイン会場の片柳研究所棟で9箇所(9テーマ)、研究棟Cで6箇所(9テーマ)の出展を行いました。そのほか、メディア学部に関する相談や質問を受け付ける「大学教員との相談コーナー」を片柳研究所棟3階廊下に12ブース設置し、来場者の方々と教員との懇談も過去最大規模で行われました。

出展テーマについては、8月6日オープンキャンパス紹介のブログ記事に記載していますが、ここに改めて再掲します。


【1】インタラクティブ・オープンキャンパス[佐々木]<片柳研究所棟4F CTC前/3〜4F 踊場
【2】最先端のシリアスゲーム開発[岸本]<片柳研究所棟4F CTC
【3】卒研のデザイン提案紹介[萩原]片柳研究所棟5F MTC>
【4】X線を用いた物体内部の観察技術[加納]<片柳研究所棟5F MTC
【5】「楽しさ」で人の行動に働きかけるアイデア[太田]片柳研究所棟4F CTC
【6】(Un) Controllable 自然と人の境界線[羽田]片柳研究所棟4F CTC
【7】デジタル音響処理と人間の聴覚[大淵・越智]研究棟C3F:318
【8】歌声の印象変化/声質分析/お化け音を作ろう[相川]<研究棟C3F:321>
【10】健康メディアの研究事例[千種]<研究棟C4F:会議室>
【11】顔画像処理あれこれ[永田]研究棟C5F:521>
【12】ユーザー体験価値デザインの世界を実感しよう[上林]片柳研究所棟5F MTC
【13】3D地図を利用しよう[千代倉・飯沼]片柳研究所棟5F MTC
【14】ビジネスのプランをつくる[小林]<片柳研究棟5F MTC
【15】数字で見るビジネスの世界[榊]<研究棟C4F:422>


20170806_oclayout_01 20170806_oclayout_02

20170806_oclayout_03 20170806_oclayout_04



それでは当日の様子を写真でご覧いただきましょう。上記の案内図に沿って、「片柳研究所棟」、「研究棟C」の順序でご紹介します。各テーマ名の前の【C】は「メディアコンテンツ」コース、【T】は「メディア技術」コース、【S】は「メディア社会」コースを示します。

続きを読む "オープンキャンパス(8月6日)へのご来場ありがとうございました"

サウンド×ヒューマン研究室・卒業研究中間発表会

|

メディア学部の大淵です。早いもので、4年生の卒業研究も半分が過ぎました。8月3日(木)には、私の担当する「サウンド×ヒューマン研究室」の卒業研究中間発表会を行いました。

2017_midterm

当研究室は「音と人間に関するテーマであれば、どんなものでもOK」というスタンスで卒業研究を行っています。今年も盛りだくさんの発表でした。以下が今回の発表題目一覧です。

  • 目覚ましにおける最適な音の検証
  • 環境音が知的作業に与える影響について
  • BGMによる作業効率への影響について
  • 漫才の間や声のトーンが与える面白さについて
  • 外的要因による人の聞き取り能力の変化
  • 鼻歌入力(Voice to MIDI)の認識精度向上
  • リズムアクションゲームにおけるキー音の音響的特徴分析
  • 3次元空間中の音の自動判別とVR技術による可視化
  • 立体音響と女性向け恋愛ゲームの相乗効果について
  • 効果音が与えるゲームプレイへの影響
  • ドローンを用いた遠隔収音技術
  • 野球場の音響分析
  • 自動車エンジンにおける燃焼音のシミュレート
  • セキセイインコと相互コミュニケーションを図る

今回は、9月卒業の人の最終発表会も同時に行いました。発表タイトルは「音声入力によりコントロール可能なマルチモーダル演奏システム」です。さすがに最終発表だけあって、なかなかの完成度でした。他の人たちも、半年後にどこまで完成度が上がっているか、今から楽しみです。

インターンシップ学生の成果報告会

|

7月28日に、タイのチュラロンコン大学からインターンシップに来ていた学生の最終発表会を開催しました。今年度は3名の学生が来ており、5月29日からそれぞれの指導教員の下で約二ヶ月に渡ってテーマに取り組んできました。

最終発表会は、一人あたり20分から30分の時間でプレゼンテーションと質疑応答をします。

続きを読む "インターンシップ学生の成果報告会"

8月6日(日)オープンキャンパスのご案内

|

みなさんこんにちは!

大学HPを見てご存知の方も多いと思いますが、明日8月6日(日)に八王子キャンパスオープンキャンパスが開かれます。

メディア学部は前回7月16日(日)のオープンキャンパスと同様、片柳研究所棟研究棟Cの2つの会場で開催します。今回は特に、「メディア社会」コースの出展数が多いのが特徴です(※「メディア社会」コースすべての出展テーマが今年初出展です!)。また、「メディアコンテンツ」コースでは、「インタラクティブ・オープンキャンパス」(佐々木)、「卒研のデザイン提案紹介」(萩原)、「メディア技術」コースでは、「ビジュアルシミュレーションの研究紹介」「イメージメディアプログラミング演習の紹介」(以上、柿本)、「『楽しさ』で人の行動に働きかけるアイデア」(太田)、「顔画像処理あれこれ」(永田)が今年初出展となります。6月・7月のオープンキャンパスに足を運んでくださった方も、新たなラインアップを楽しんでいただけるものと思います。

また、メディア学部の教育(各コースの「カリキュラムツリー」の紹介はこちら)・研究について教員に質問や相談できるコーナーは規模を拡大し、最大12名の教員が対応します。展示を見学したあとは、片柳研究所棟3階の教員相談コーナーへ是非お越しください。また、5階には学生相談コーナーもありますので、どのような授業や演習が行われているか学生から話を聞くことで、メディア学部の特色を実感できることでしょう。

では、今回の出展テーマをご紹介します。写真は昨年(2016年)のオープンキャンパスでの様子です。

続きを読む "8月6日(日)オープンキャンパスのご案内"

専門演習「イメージメディアプログラミング」(8月6日・27日オープンキャンパス展示)

|

8月6日・27日のオープンキャンパスは、メディア学部の卒研室が並ぶ研究棟Cでもいくつかの研究室が公開をします。

私の卒研室でも、専門演習やこれまでの研究成果をポスターや動画で紹介します。

今日は専門演習「イメージメディアプログラミング」(シラバス)での3年生の自由課題プログラムを一つ紹介します。

続きを読む "専門演習「イメージメディアプログラミング」(8月6日・27日オープンキャンパス展示)"

オープンキャンパス(7月16日)へのご来場ありがとうございました

|

みなさん、こんにちは。先週、関東甲信地方が梅雨明けして、ここ八王子も暑い日が続いています。いよいよ夏本番ですね。

さて、7月16日に、第2回オープンキャンパス八王子キャンパスで開催されました。まだ梅雨明け前でしたが、当日は幸いにも天候に恵まれ、たくさんの方々が足を運んでくださいました。ご来場ありがとうございました。

今回のオープンキャンパスでは、メディア学部はメイン会場の片柳研究所棟に、メディア学部の研究室が集結している研究棟Cも加え、前回からさらに規模を拡大して、制作物のデモや研究紹介を行いました。片柳研究所棟で9箇所(13テーマ)、研究棟Cで6箇所(11テーマ)のブースを設けたほか、ゲーム制作に関する模擬授業を開きました。

それらの一覧を以下にご紹介します。


【1】 コンピュータビジュアリゼーション[竹島] 片柳研究所棟4F CTC>
【2】 ゲーム教育カリキュラム紹介/ゲーム関連研究紹介[三上]片柳研究所棟4F CTC
【3】 最先端のエンタメ&シリアスゲーム開発[三上・岸本]片柳研究所棟4F CTC
【4】 プログラミング体験教室/自然現象のプロシージャルアニメーション/コンテンツデザインに関する研究紹介/大学院生研究紹介[菊池]片柳研究所棟5F MTC(会議室含む)
【6】 折り紙の技術を活用した形状モデリング[鶴田]研究棟C2F:218
【7】 3DCGプログラミング演習紹介[渡辺]片柳研究所棟4F CTC
【8】 会話の中の暗黙知[榎本]片柳研究所棟5F MTC
【9】 デジタル音響処理と人間の聴覚[大淵・越智]<研究棟C3F:318>
【10】 歌声の印象変化/声質分析/お化け音を作ろう[相川]<研究棟C3F:321>
【11】 地図メディア活用[藤澤]<研究棟C4F:426>
【12】 健康メディアの研究事例[千種]<研究棟C4F:会議室>
【13】 インタラクティブ・コンテンツ研究の紹介[太田]<研究棟C5F:523>
【14】 広告サービスの未来を先取りしよう[上林]<片柳研究棟5F MTC>
【15】 “進化+深化”のeラーニングの世界[松永]片柳研究棟5F MTC
【16】 デジタルサイネージ[吉岡]<片柳研究棟5F 廊下

◎ 模擬授業
来場者参加型『ゲームデザイン模擬授業』[岸本]片柳研究所棟4F KE402

20170716_oclayout_01_2 20170716_oclayout_02

20170716_oclayout_03 20170716_oclayout_04

次に、各出展ブースの当日の様子をご覧いただきましょう。上記の案内図に沿って、「片柳研究所棟」(※一部、案内図と異なる場所での出展あり)、「研究棟C」の順序でご紹介します。各テーマ名の前の【C】は「メディアコンテンツ」コース、【T】は「メディア技術」コース、【S】は「メディア社会」コースを示します。

続きを読む "オープンキャンパス(7月16日)へのご来場ありがとうございました"

オープンキャンパス:ポスターのQRコードに注目!

|

メディア学部の伊藤です。昨日のブログに書き忘れたことがありました!

今年のオープンキャンパスから、各展示ブースのポスターの一部にQRコードがつきました。下の写真は6月18日の会場の様子です。ポスターの右上に注目してください。QRコードが付いているのがわかるでしょうか?

20170618_qr01 20170618_qr02_2
 

20170618_qr03 20170618_qr04_2
 

このQRコードをスマホなどで読み取ると、ポスターの内容に関連した研究や制作について学生たちや教員が紹介している動画を観ることができます。どんな動画かは、QRコードを読み取って皆さんの目で確認してみてください。動画の内容について質問があれば、その展示ブースの学生や教員にお気軽にお声がけを。きっと面白い話が聞けますよ。

明日のオープンキャンパスでもQRコード付きのポスターが多数展示されます。どうぞお楽しみに!


(文責:伊藤)

7月16日(日)オープンキャンパスのご案内

|

暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか?

さて、大学HPやこのブログでもすでに紹介されていますが、7月16日(日)に八王子キャンパスオープンキャンパスを開催します。

今回と8月6日(日)、8月27日(日)の3回、メディア学部は出展場所を拡大し、片柳研究所棟研究棟Cの2つの会場で開催します。研究棟Cはメディア学部の中枢部。ここには各教員の名前を冠した研究室があり、そのいくつかを各回のオープンキャンパスで公開します。学生たちが取り組んでいる研究や制作の実際を知るチャンスです。当日は出展内容について学生たちが説明し、皆さんからの質問にも丁寧にお答えします。ぜひ足を運んで、メディア学部が展開している教育(各コースの「カリキュラムツリー」の紹介はこちら)と研究をその目で確認してください。

7月16日の出展テーマと模擬授業を以下にご紹介します。写真は昨年(2016年)のオープンキャンパスでの様子です。

続きを読む "7月16日(日)オープンキャンパスのご案内"

7/16オープンキャンパスで折り紙アプリを展示

|

鶴田です。

7月16日のオープンキャンパスでは、折り紙のアプリを展示する予定です。特にみなさんに試してもらいたいのは私が開発した「Origaminista(オリガミニスタ)」というアプリです。

Blog_2

Origaministaは折り紙で折った形をコンピュータで自動生成するものです。3つの簡単なステップで、自分だけの作品を見つけることができます!

  1. 好きな形を探す
  2. 名前(作品名)を付ける
  3. 保存する

形はランダムに作られますが、完全にランダムに折るのではなく「カドとカドを合わせる」とか「フチとフチを合わせる」といった折り紙で頻繁に使われる折り方が組み込まれているため、それらしい形が現れます。さらに、Twitterと連動しているので、発見した作品を投稿して共有することができます。

アプリはWebに公開してあるのでどこからでもアクセスできますが、当日は詳しい使い方や折り畳みのアルゴリズムなども紹介しようと思っています。研究棟C218にお越しください!コンテンツ制作の研究と一緒に展示しています。

メディア学部 鶴田直也

より以前の記事一覧