イベント

サウンド×ヒューマン研究室・卒業研究中間発表会

2022年8月15日 (月) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

8月4日(木)に、当研究室の卒業研究中間発表会を行いました。新型コロナの流行拡大後は、中間発表・最終発表ともオンラインが続いていましたが、今回、2年半ぶりに対面での発表会を行いました。今回は少数精鋭、5人の卒研生の皆さんの発表です。

今期は、4月の授業開始から7月末まで、ずっと対面での活動を続けることができました。飲み食いしながらの懇親会ができないなど、以前と全く同じではないところもありますが、それでもずいぶん落ち着いて研究ができた気がします。最後に感染拡大の第7波が来てしまいましたが、例年より人数が少ないこともあり、感染防止に気をつけながらの対面実施としました。

前期の卒業研究では、とにかく何か手を動かしてみるようにお願いしています。「神は細部に宿る」と言いますが、研究が本当に面白くなるのは、いろんな試行錯誤の中で、小さくても自分なりに工夫できるところを見つけてからです。そういう意味で、まずはどれだけ失敗しても構わないので、とにかく手を動かしてみることが重要です。今回の発表では、実験に使う音や動画を作ったり、アンケートを作ったり、実験用プログラムを作ったり、あるいは実際の測定を行ったり、人それぞれではありましたが、みんなが手を動かしてみた内容を紹介してくれて、私としてはおおいに安心しました。

このあと後期に入ると、これを少しずつ収束させていく必要があります。また、卒業論文という形にまとめあげることも重要です。来年の2月には、どんな研究成果が出たか、このブログにまた投稿させていただきますので、楽しみにお待ちください。

2022年8月15日 (月)

オープンキャンパス報告「クリエイティブ・アプリケーション」

2022年8月12日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

助教の戀津です。

今回は、先日8/7に行われたオープンキャンパスの報告第二弾です。

私は当日、片柳研究所棟5階のMTCで卒業研究とプロジェクト演習の説明をしていました。
昨日に引き続き、今日はプロジェクト演習「クリエイティブ・アプリケーション」の説明です。

クリエイティブ・アプリケーションでは、私を含めた卒業生の制作したiOS向けアプリである『ハノイの本』と『Gen』、先日紹介した、SwiftStudentChallengeにて受賞した久保田さんのアプリを展示していました。
展示のアプリに触っていただきつつ、これらのアプリを創るために授業でどのような事をしているかの説明もしています。

当日は演習講師をしてくださっている渡邉先生にもお越しいただき、直接授業の説明やプログラム教材についてのより深いコンセプトのお話をしていただきました。
渡邉先生はメディア学部一期生であり、初めてのメディア学博士でもあるため、演習以外の面についても広範にわたって質問対応していただきました。
一緒に説明をしていた私自身もメディア学部卒業生でありメディア学博士なので、かなり濃い空間になっていました。

Oc2

写真は展示開始前の状態です。(竹島・戀津研の学生さんにテストプレイをお願いしました)
左奥にGenをTVモニターで表示し、テーブル左側にハノイの本、右側に久保田さんのアプリを配置しています。
それぞれ触っていただきつつ、配布用の紙やモニターの資料などを交え演習の説明をしています。
多くの来場者の方に触っていただきつつ、演習の説明やメディア学部の魅力など多くのことを説明できました。

今回は準備の都合で講師陣のみによる展示となりましたが、今後機会があればぜひ受講生の皆さんにも展示、発表していただければと思います。

2022年8月12日 (金)

オープンキャンパス報告「時間転移を伴うシナリオの制作支援」

2022年8月11日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

助教の戀津です。

今回は、先日8/7に行われたオープンキャンパスの報告です。

私は当日、片柳研究所棟5階のMTCで卒業研究とプロジェクト演習の説明をしていました。
今日は竹島先生と合同で実施している、コンピュータビジュアリゼーションという研究室の発表について紹介します。

以前から何度か紹介していた、小﨑さんが卒研生としてゼミに所属してくれています。
テーマは引き続き物語中の時系列構成についてを取り扱っています。
現在は「時間転移」という表現を使い、研究で取り扱う対象を定義しています。

物語中の設定等で実際にタイムトラベルをするようなものと、そういった特殊な状況は起きないが描写上の順序に前後があるものをそれぞれ扱えるようにしています。
どちらも時系列構成という点では重要で、作品によってそれぞれどれだけ取り扱うかが異なり、物語の特徴になったりもします。
ただ、実際に時間を移動しているかいないかによって物語上の影響度が異なるため、それらを区別して両方扱える必要があります。

これまでの研究ではその区別と支援手法上での可視化方法に苦心していました。
まだ実施・検証中の研究のため詳細は説明できませんが、今までよりも扱いやすい形になってきています。
これからの発展が楽しみです。

Oc1

オープンキャンパスでの説明の様子です。
ゼミでの進捗報告時には背景となる前提やその日以前の進捗説明を省略できたりしますが、初めて聞く人に説明するとまた違った視点が得られたりします。
普段聞いている指導教員やゼミの仲間では気付きにくくなってしまっているような部分への質問が来たり、自分自身説明するために全体を見直す必要があるためです。
オープンキャンパスは来場される皆さんだけでなく、発表する側にもよい機会となります。
今後も機会があれば説明の場にどんどん立っていただければと思います。

また進展があり次第ご報告します。

2022年8月11日 (木)

8/21 第4回オープンキャンパス(八王子キャンパス)のお知らせ

2022年8月 1日 (月) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。メディア技術コースの松吉です。

東京工科大学 八王子キャンパスにおきまして、2022年度4回目の来場型オープンキャンパスが8月21日()に開催されます。参加には事前予約が必要です。本日(8月1日)より参加申し込みの受付を開始しておりますので、本学にご興味のある方はぜひお早めに特設ページにてお申し込みください。来場予約は先着順で受け付けており、定員に達し次第、受付を締め切らせていただいております。

(8月21日()の来場型オープンキャンパスは、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、中止・延期・変更になることがあります。そのような場合には、上記の特設ページ等にてアナウンスいたします。)

8月21日のオープンキャンパスにおきまして、メディア学部は13の研究室にて研究紹介を予定しております。メディア学部 公開研究室一覧ページにて、これらの研究室名(プロジェクト名)、研究テーマ名、展示の概要を記載しております。ぜひ事前にご確認ください。ゲーム、サウンド、コンピューターグラフィックス(CG)、ユーザーインターフェース(UI)、人工知能、eラーニング、...と、とてもメディア学部らしい展示が予定されております。皆様のご来場を心よりお待ちしております!

本学では、来場型に加え、オンライン型のバーチャルオープンキャンパスも7月18日より毎日開催しております。お申し込みいただければ、8月31日までご自由にコンテンツをご覧いただくことができます。入試説明、学部学科専攻説明、模擬授業、研究紹介、オンラインキャンパス見学など、たくさんのコンテンツを配信しております。皆様のバーチャルでのご参加も心よりお待ちしております!

 

(文責: 松吉俊)

 

2022年8月 1日 (月)

おめでとうございます!

2022年7月30日 (土) 投稿者: メディア技術コース

東京工科大学には前年度の成績優秀者を表彰する「学長賞」と、各学部の特色に応じて優れた活動等を行った学生を表彰する「学部長賞」があります。メディア学部では7月18日、19日に学部長賞の2,3年次受賞者の表彰式、21日に学長賞の2,3年次受賞者の表彰式(学部長代読)をそれぞれ対面で行いました。また、学長賞のうち、各学部学科最優秀の学生については26日にオンラインで学長出席の授賞式が行われました。受賞された皆さん、おめでとうございます!

 

学部長賞は年度初めにその年度の各学年(1~3年)の選考基準が示され、それに基づいて選出された受賞者を次の年度に表彰します。したがって、今回表彰された皆さんは、2021年度の実績で選ばれています。現4年生については各研究室で表彰してもらいました。これらの賞は大学の正式な賞ですので、受賞された皆さんはその実績を大いにアピールしてほしいと思います。

表彰式の準備をされた関係者の皆様ありがとうございました。

(メディア学部 寺澤卓也)

2022年7月30日 (土)

7月17日オープンキャンパス開催報告(次世代CGクリエイション 川島研究室)

2022年7月24日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さんこんにちは。メディア学部 特任講師の川島です。
今回は、7/17に実施したオープンキャンパスについて紹介します。
川島研究室では、プロのCGのクリエイター・ゲームクリエイターを目指す学生らのための研究指導を行っています。
7月のオープンキャンパスでは、感染症対策のため各研究室10名程度のキャパシティで紹介を行うルールで実施しました。そのため、来場者1人あたりにじっくり時間をかけて対応できない難しさはありましたが、なるべく多くの方と直接お話する機会を作りたいと考え、短時間の説明と個別のご相談・質問等への対応を繰り返し行いました。
Oc202207_blog
お陰様で多くの皆さんに興味を持っていただき、1日で200名ほどの方々に立ち寄っていただきました。
お待ちいただく間に少しでも時間を無駄にしないよう、学生スタッフが廊下でも紹介資料や学生作品を上映しながら説明してくれました。
Img_2398_
ご参考まで、このブログにも当日上映していた学生作品のダイジェストを貼っておきます。
8月は8/7、8/21にオープンキャンパスがあります。川島研究室は8/21に再び出展しますので、ご興味のある方々はぜひお立ち寄りください!

2022年7月24日 (日)

工科大メディア学部でのゲームデザイン「ミニ講義」

2022年7月20日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さんこんにちは、特任准教授の安原です。
いよいよ高校生の夏休みも近づいてきました。東京工科大学メディア学部では、大学進学を控えての高校生の皆さんに向けて、
たくさんのイベントを楽しめる「オープンキャンパス」を開催しています。
拙研究室では、インタラクティブ・コンテンツに関しての研究を行っていますが、それに関連してオープンキャンパスでは
「ゲームはなぜたのしいの?」というテーマで「ミニ講義」をさせて頂いてます。

 ゲームはおもしろくて当たり前、だと思われていませんか?でも、「なぜたのしいのか、おもしろいのか」を考えることはあまりありません。
 たのしい・おもしろい理由、それはゲームも工業デザインのように「デザイン(設計)」されているからです。しかし、その知見はあまり知られてはいません。ヒトをたのしくさせるゲームのデザイン手法は数多く研究されているのです。
 大学でヒトにとってより良いインタラクティブなコンテンツを作るために必要な知識を学び、自分でおもしろいゲームを作るために、ゲームデザイン、ゲームグラフィック、ゲームプログラムにその知識は使われています。
それは一言では言えない知識ですが、前回のオープンキャンパスでは特別に20分という時間にものすごく圧縮してお話しさせて頂きました。
とても大変だったのですが、みなさんに喜んでもらえたようで、多くのポジティブな感想をいただきました。
次回のオープンキャンパスでも機会があればお話しさせて頂こうと思います。
また、大学の演習で学生有志のみなさんが制作したたくさんのゲームを用意しています。ゲームを作ることに興味のある人もゲームを遊ぶのが好きな人も、大学でどんなゲームを作っているのか、興味を持っていただけると嬉しいです。
工科大オープンキャンパスに足をお運びの際には、是非メディア学部にもお立ち寄りください、お待ちしています。

2022年7月20日 (水)

7月17日オープンキャンパス開催報告(片柳研究所棟)

2022年7月19日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部助教の兼松です.

今日は7月17日に開催したオープンキャンパスの様子を紹介します.メディア学部では八王子キャンパスの中でも,片柳研究所棟と研究所棟Cの2ヶ所で展示を行いました.今日は片柳研究所棟の様子を紹介します.研究所棟Cの様子は,昨日の椿先生の記事をご覧ください.

Dsc_0168

片柳研究所棟でゲーム展示をしている学生チームは,毎回前日の土曜日に会場の設営等,さまざまな準備をしています.土曜日は残念ながら雨が降っていて,オープンキャンパス当日の天気を心配していました.当日の明け方になってもまだ,少し雲行きは怪しい感じがしていましたが,開催時間ごろには天気もすっかりよくなり,安心しました.むしろ,ちょっと暑くなりすぎたくらいでした.八王子キャンパスはとても広いので,ご参加いただいた皆様は移動が大変だったかもしれません.

Dsc_0182 Dsc_0189

メディア学部のオープンキャンパスは,片柳研究所棟地下ホールでの大渕学部長による学部紹介からスタートしました.
単純に理系文系では分けられないメディア学,そしてそのための学部の取り組みや工夫をご理解いただけましたでしょうか?

学部紹介の後は,各所で行われている展示や催物を自由に見学できる時間です.
片柳研究所棟では4階のCTCで,私がCTCやゲーム関連演習,三上・兼松研の紹介などを行い,5階MTCでは学生が開発中のゲーム展示を行なっていました.

Dsc_0166 Dsc_0258 Dsc_0259

4階CTCにも多くの方にお越しいただきました.
私が口頭でお話しさせていただいた他,CTC内外でゲームやアニメに関する研究紹介パネルの展示と,これまでの研究成果をまとめた動画展示を行なっていました.
普段も授業などで人前で話すことには慣れているはずなのですが,やはりオープンキャンパスで話すとなるといまだに緊張して,だいぶ噛んでしまいました.むしろ,次にご紹介する5階で展示している学生達のほうがスムーズに喋れているなぁと毎回感心しています.

Dsc_0165_20220718151101 Dsc_0230 Dsc_0200 Dsc_0213

5階MTCでは,プロジェクト演習でゲーム開発を行なっている学生たちが,開発中のゲームを展示しました.
この学生達は9月に東京ゲームショウ出展を控えています.
彼らのような東京ゲームショウ出展を目指す学生にとって,毎回のオープンキャンパスは出展の練習的な側面も持っていて,毎年学生達自身で展示方法の検討から,準備,必要機材の申請などを行なっています.今年の各チームは,事前に学生同士で相談して自主的に計画を立てることに対してとても力を入れています.

Dsc_0269 Dsc_0237

メディア学部でのゲーム教育は,単にゲーム開発に関する個々のスキルを学ぶだけでなく,チームを結成してゲームを企画するところから,ゲームを社会に出すところまで経験できることが大きな特徴のひとつです.ゲーム会社であれば当然やっていることを,1年生のうちから総合的に体験・学ぶことができます.
オープンキャンパスでは基本的に,このように展示しなさいと,教員側から展示方法を強制することはありません.今回のオープンキャンパスは今年度2回目ということもあり,学生達が前回のオープンキャンパスの反省点などを事前に話し合いました.そして,ゲーム機の台数調整はもちろん,お待ちいただく皆様ができるだけ退屈しないような工夫を行なっていました.
次回展示の際には,さらに成長した姿を見せてくれると信じています.

以上,7月17日オープンキャンパス,片柳研究所棟の様子でした!
次回のオープンキャンパスは8月7日です.お申し込みの受付も既に始まっています!

(文責:兼松祥央)

2022年7月19日 (火)

8月7日(日)本年度3度目の来場型オープンキャンパス開催! 事前登録受付中!!

2022年7月18日 (月) 投稿者: メディア社会コース

皆さんこんにちは、メディア学部社会コースの森川です。
昨年までコロナの影響でなかなか実際に皆様にキャンパスに来ていただくことができませんでしたが、今年は人数を制限した形ではありながらも、既に2回来場型のOCを開催しています。
そしていよいよ本年度3回目の来場型OCが8月7日(日)に開催されます!
ご参加には事前予約が必要となります(定員制)。
本日より受付が始まっていますので、是非こちらからお申し込みください。

Img_5409

今回のOCには、メディア学部から下記の16の研究室が参加します。

【メディアコンテンツコース】
● 菊池研 VFX映像の作り方:CGによるVFX映像がどのように制作されるのかを紹介します。
● 佐々木研 映像のライブ配信を体験してみよう:学生情報局による番組制作と映像配信の実際を紹介します。
● 竹島・戀津研 コンピュータビジュアリゼーション:可視化によるデータ解析の事例を紹介します。
● 伊藤(謙)研 楽曲分析と音楽制作:音楽系研究室での研究・制作の取り組みをポスターでご紹介します。

【メディア技術コース】
● 大淵研 デジタル音響処理と人間の聴覚:いろんな音をコンピューターで作ったり調べたりします。
● 太田・加藤研 UI,UXの研究紹介:人とコンピューターの関わりについて研究を紹介します。
● 柿本・盧研 ビジュアル情報学:CGのモデリング技術とレンダリング技術の応用研究を紹介します。
● 羽田研 メディアとエンタテインメント:ゲームではないエンタテインメントのためのコンピュータの使い方について紹介します。
● 千種研 メディア学部生のデザイン力を地域貢献に:プロジェクト演習で活用しているcanvaによるデザイン制作例を紹介します。
● 永田研 画像処理あれこれ:画像認識の為の技術を紹介します。
● 松吉研 ことばを扱うコンピューター:テキストデータを知的に処理する技術を紹介します。

【メディア社会コース】
● 進藤研 デジタルマーケティング:デジタルマーケティングの最新動向をご紹介します。
● 松永・鈴木研 “進化+深化”の eラーニングの世界:様々なゲーム教材を紹介します。
● 藤崎研 SNSとマーケティングコミュニケーション:SNSを活用したマーケティングコミュニケーションについてご紹介します。
● 森川研 メディア&エンタテインメント研究:メディアの未来を探求する研究の世界にご招待します。
● 吉岡研 聞こえのバリアフリー:情報技術を活用して多様性のある社会を目指します。

お陰様で毎回ご好評をいただいており、特に午前中の枠はすぐに埋まってしまう可能性があります。
どうぞお早めにお申し込みくださいませ。

当日は私の卒研室も出展していますので、ご来場の際は研C-322に足を運んでいただけると嬉しいです。
在籍中の学生が研究に関する説明をさせていただいたり、学生生活についてなど各種ご相談にお答えいたします!

Img_5456 

尚、オンライン型のバーチャルオープンキャンパスも開催されます。
こちらは配信期間中に自由にご覧いただけますので、併せてご利用いただけると幸いです。

東京工科大学メディア学部に興味を持っていただいている皆さんと、直接またはオンラインでお目に掛かれることを楽しみにしています!!

(メディア学部 森川 美幸)

2022年7月18日 (月)

7月17日オープンキャンパス開催報告(研究棟C)

2022年7月18日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の椿です。こんにちは。

7月17日にオープンキャンパスを開催しました。メディア学部は今回も片柳研究所棟と研究棟Cの両方で実施しました。この記事では研究棟C(研C)の様子をご紹介します。研Cでは15の研究室が研究紹介を行いました。上の階から順に写真を載せます。

  • 竹島・戀津研

 Tll1cTll2 

  • 飯沼研

Il1Il2d

  • 盛川研

Mol1Mol2c

  • 小林研

 Kol3Kol1

  • 山崎研

Yml1Yml2

  • 菊池研

Kil2 Kil4

  • 羽田研

Hl1Hl2

  • 吉岡研

Yol2Yol3

  • 安原研

Yal1Yal2

  • 椿研

Tl1Tl2

  • 伊藤[彰]研

 Itl1Itl2

  • 榎本研

 El1El2

  • 渡辺研

 Wl2Wl4

  • 藤崎研

Fl1 Fl2

  • 川島研

 Kal2Kal1

あと、写真を撮るのが思ったより難しかったです。感染対策で各研究室には10人までというルールでしたので、満員の部屋に入らないように、また、お客様の顔が写らないようになど、気を付けながら撮りました。そのため、実際の雰囲気が伝えきれない部分もあります。お客様の来場直前に撮った写真も載せました。

学生スタッフの皆さんも真剣でしたので、さぞかし疲れたことと思います。お疲れさまでした!

高校生の皆様、8月にも開催しますので、またお越しくださいね。

2022年7月18日 (月)

より以前の記事一覧