イベント

【7月21日オープンキャンパス】模擬授業「メディアとSDGs」

2024年7月19日 (金) 投稿者: メディア社会コース

私がオープンキャンパスで模擬授業「メディアとSDGs」を始めたのは、コロナ禍の2020年でした。オンラインで実施された模擬授業には、日本各地からテレビ会議システムに参加していただきました。

当時は、「学校でSDGsについての授業を受けたことがありますか?」との質問に「はい」と答える方の数はほんの数人でしたが、最近ではかなり多くの方が手を挙げています。

SDGsについてはすでにご存知の方が多いと思いますが、人間や地球がより長く繁栄するために、2030年までに達成すべき17の目標がかかげられています。逆に言うと、これらの目標が達成されないと、持続的可能でなくなってしまうということです。

Sdgs001_20240626144501
図:SDGsのゴール

メディア学部で扱う「メディア」とは、主に「情報工学」を指しています。新しい情報技術を活用することで、これまで解決するのが難しかった課題を、より良い方向に進めることが出来るのではないかと仮説を立てて教育・研究をしています。

私は、「SDGs」はとても重要だと考えています。なぜなら、便利な生活やお金儲けのためだけに人間が活動してしまうと、環境を破壊したり、貧困や飢餓を助長したりすることにつながってしまいます。例えば、私たちの生活を便利にするために、毎秒テニスコート15面分の森林が失われています。熱帯林減少の最大の要因の一つとされているのがパーム油の生産です。パーム油は、パンやポテトチップスといった加工食品のほか、洗剤やシャンプーなどにも使われており、日常生活において膨大に消費されています。しかし、環境や地域社会に配慮した「持続可能なパーム油」の生産も広まっており、それを認証する仕組みも出来てきました。情報技術を使えば、どの商品が「持続可能なパーム油」を使っているかが分かるように、いわゆるトレーサビリティを可能にします。

7月21日(日)に八王子キャンパスにいらしたら、ぜひ私の模擬授業に参加して、持続可能な生活について一緒に考えましょう。

オープンキャンパスの情報はこちら▶︎
https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/index.html

 


メディア学部 吉岡 英樹

001_20220613213101
略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在は聴覚障害支援を専門としており、メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」、聴覚障害支援メディア研究室 を担当している。


 

2024年7月19日 (金)

◎次回は、7/21(日)にオープンキャンパス開催!(メディア学部:藤崎)

2024年7月17日 (水) 投稿者: メディア社会コース

◎2024年7月21日(日)にオープンキャンパスを開催します。
本学を志望されている方はもちろん、これから大学選びをされる方もぜひご参加ください。

20240716-25433

入試説明および、学部・学科説明!研究室紹介!など多彩な内容です!
20240716-25756

詳細はこちらへGO!

ぜひ、オンライン受付フォームからお申し込みのうえ、お気軽にご参加ください!!
https://jyuken.teu.ac.jp/jyuken/visit_oc_202407.html

みなさまのご来場をお待ちしています!(メディア学部:藤崎)

2024年7月17日 (水)

2024年7/21(日)開催!★東京工科大学★メディア学部オープンキャンパス★申込受付中!

2024年7月16日 (火) 投稿者: メディア社会コース

7月21日はオープンキャンパスを開催します。

今回は大手予備校による総合型選抜対策講座 、入試説明 、研究室紹介 、学部・学科・専攻説明 、模擬講義、個別相談 、キャンパスツアー 、サークル紹介 、キャンパスランチなど 、沢山の内容があります。

開催時間は(10:00-16:00)です。参加は申込制で入退場自由です。

下の申込フォームからお申し込みのうえ、是非お気軽にご参加ください。

 

お待ちしております。

 

 

2024年7月16日 (火)

「第45回日本BtoB広告賞」映像部門 金賞・銀賞・銅賞の決定!(メディア学部 藤崎実)

2024年6月28日 (金) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部の藤崎実です。
この度45年もの歴史ある「日本BtoB広告賞」において、新設された「映像部門<採用系映像>の部」の審査員をつとめました。

審査員全員で議論を行い、決定した受賞作は下記です。

金賞「WORKS STORY of DMW」
広告主:(株)電業社機械製作所

銀賞「海外施工管理 採用ムービー(Short ver.)」 
広告主:清水建設(株)

◎銅賞「鶴田伝記」 
広告主:鶴田電機(株)

20240620-33839

(画像出所)日本BtoB広告賞WEBサイトより引用

どれも素晴らしい内容だと思います。
受賞、おめでとうございます!(メディア学部 藤崎実)

2024年6月28日 (金)

2024年6月オープンキャンパス報告

2024年6月27日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

こんにちは、メディアコンテンツコースの椿です。6月16日(日)に開催されたオープンキャンパスについて、既に何人かの先生が書かれていますが、私もひと言、書きたいと思います。

お越し頂いた方には、受付でこのようなパンフレットが配布されました。 

  •   

私は研究棟Cの3階で研究紹介を担当しました。今回は、3階で公開した研究室が3つで少なめでした。そして3つとも、エレベーターホールから少し離れた奥の方の部屋であり、奥まで来て頂けるかと不安もありましたが、

  •   

その不安は当たらず、いつも通り、奥まで来て頂けました。私の研究室では、これまでの卒業生の研究内容を4年生が紹介しました。他の人の研究を紹介するのは難しい点もありますが、なんとか頑張って伝えようとする姿は頼もしく感じました。

次回のオープンキャンパスは7月21日(日)です。ぜひお越し下さい。

 

2024年6月27日 (木)

「第45回日本BtoB広告賞」映像部門 審査員特別賞は、インサイトを見事に描いたCMに決定(メディア学部 藤崎実)

2024年6月25日 (火) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部の藤崎実です。
この度「第45回日本BtoB広告賞」で、「映像部門<採用系映像>の部」の審査員をつとめました。

応募締切りは2024年3月31日でした。その後、事務局から送られてきた映像作品を何度も何度も見て、応募作を審査しました。
そして、2024年春の某日、都内某所で審査員が集まって、審査会が開催されました!

様々な議論がありましたが、驚くことに審査員の意見はおおかた一致していました。そして、受賞作が決定!
その後、2024年6月5日東武ホテルレバント東京(東京・錦糸町)にて表彰式が行われました。

このブログでは、審査委員会特別賞(映像部門<採用系映像>をご紹介します。

審査委員会特別賞は、株式会社フレクトさんのCMです!
映像はこちら→ 【採用コンセプトムービー 「エンジニアの原点」 ピクセルアニメーションver.】

東京工科大学にはゲーム制作をしたいという夢を持っている学生がたくさんいます。
ただ、その一方で、現実的には全員がゲームクリエイターになれるわけではありません。

一通りやってみて、自分自身がゲーム制作に向いていないと感じる学生も多数いることでしょう。
でもテクノロジーやエンジニアに興味をもったきっかけは「ゲームだった」という若者は多いのではないでしょうか。

「あの頃憧れていたエンジニアになれているだろうか」

受賞作は、そうしたコンシューマーインサイトを描いたCMだと言えます。
心がぐっときますね。素晴らしいです。受賞、おめでとうございます!
20240620-32954
(画像出所)株式会社フレクト【採用コンセプトムービー 「エンジニアの原点」 ピクセルアニメーションver.】より引用


なお、日本BtoB広告賞「第45回受賞作品」はこちらです!

素晴らしい広告ばかりですね!(メディア学部 藤崎実)

2024年6月25日 (火)

2024年6月16日(日)メディア学部★オープンキャンパス報告!

2024年6月25日 (火) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、メディア学部メディア社会コースの森川です。
去る6月16日(日)、八王子キャンパスで本年度最初のオープンキャンパス(OC)が開催されました。
メディア学部からは全部で14の研究室が出展。我が森川研も研究棟Cの卒研室を公開しました。

Img_1263
 
森川研では大学院生1名と卒研生3名が来場者の方々をお迎えし、研究の説明やこれまでの卒研生の論文紹介、さらに進学や大学生活に関する学生相談まで行いました。
毎年6月のOCは7月や8月に比べお客様が少なめなのですが、今年は例年を上回る70名以上の方々が足を止め、研究室内で話を聞いてくださいました。
ゲームやアニメが好きでメディア学部に興味を持った高校生も、「メディア学部ってこんな研究もしているんだ」と関心を持ってくれたようです。
廊下に掲示している卒研生たちの研究ポスターを熱心に読んでいる高校生たちの姿も多く見掛けました。今日のOCに参加した高校生の中から、未来の森川研卒研生が誕生すると私としては本当に嬉しいです。

   
他の研究室にも多くの高校生が訪れてくれました。

Img_1256

Img_1259

Img_1267_20240616203001
 
片柳研究所での出展ではゲームや音楽・音響系の研究室の出展があり、大人気でした。

Img_1276

Img_1270
 
さらにメディア学部の名物プロ演・インテブロでは音楽サークルとコラボしたスペシャルLIVEを実施。
LIVE中継の様子を公開し、大いに盛り上がりました。

Img_1297
 
次回OCは7月21日(日)です。
今回残念ながら来場できなかった皆さんは、是非7月のOCにお越しください。
また、今回のOCに参加した皆さんも、7月には今回出展しなかった卒研室の出展がありますので、是非2度目の参加をご検討ください。
皆さんと八王子キャンパスでお会いできるのを楽しみにしています!!
 
(メディア学部 森川 美幸)

2024年6月25日 (火)

「第45回日本BtoB広告賞」映像部門の審査員をつとめました(メディア学部 藤崎実)

2024年6月24日 (月) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部の藤崎実です。
今日は広告賞の「映像部門<採用系映像>」で、審査員をつとめたお話です。

日本BtoB広告協会主催の「日本BtoB広告賞」は、45年もの歴史ある広告賞です。
ただ、通常の広告賞と若干、異なる点は、対象分野がBtoB向けの広告である点です。

BtoBとは(Business to Business)の略で、企業間取引のことです。
BtoBを簡単に述べると、企業が企業に向けて行う活動のことを言います。
対比語としては、BtoC(Business to Consumer)があります。

こちらは企業が行う活動の対象は消費者です。一般に普通に生活していて目にする広告はBtoCが多いです。

それに対して、BtoB広告は業界向けの広告ですので、普通に生活しているとちょっと目につきずらいかも知れません。
でも、社会には様々な業務や取引がありますので、BtoBという分野も確かに存在しているのです。

20240620-02739

(画像出所)日本BtoB広告協会Webサイトより

さて、前置きが長くなりました。
「第45回日本BtoB広告賞」「映像部門<採用系映像>」には多くの映像広告の応募がありました。
なお、審査員は下記のメンバーでした。

映像部門審査委員(順不同・敬称略)
主幹:橘貴之氏(コミュニケーションデザインリンク)
審査委員:気賀崇氏(イントリックス)、廣田和也氏(CMerTV)、山之口援氏(明治大学大学院 グローバルビジネス研究科講師)、明豊氏(日刊工業新聞社)、藤崎実氏(東京工科大学)、刀根幸二氏(メディアプロデューサー)

さて、受賞作は!

次回のブログでご紹介しますね!
(メディア学部 藤崎実)

2024年6月24日 (月)

人工知能学会全国大会(第38回)での発表

2024年6月19日 (水) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の榎本です。

人工知能学会全国大会(第38回) [2024/5/28-31 in 浜松]で発表してきました。

会場はアクトシティ浜松という巨大な施設です。残念ながら到着した日は台風の影響で、頂上が霞んでいますが、45階だての巨大なホテルに併設されています。コングレスセンター、イベントホール、研究研修センター、音楽工房ホールなど様々な建物で同時並行でA会場からT会場の19箇所あり、到底すべてを見て回ることはできないほど盛況でした。

とにかく、手動でどこを見るか書き出す(汗)じつは、大会プログラムからスケジュール登録すると、自分の参加するセッションが一覧になって、予稿集までくっつけてくれるというすばらしいシステム(アプリ)が存在することをこの時は知る由もなし。

 

 

翌日は見事な晴天。こちらホテルの部屋(39階)からの景色です。奥の方に海も見えます。

 

私の発表は5/30の以下のオーガナイズドセッションです。

OS-22 知・情・意—AIが人間研究になるための哲学

オーガナイザ

  • 諏訪 正樹(慶應義塾大学)
  • 藤井 晴行(東京工業大学)

内容

外界に相対してひとが働かせる心身作用には知・情・意がある。漱石(1978)によれば「知を働かす」とはものごとの関係を明らかにすること、「情を働かす」とは関係を味わうこと、「意を働かす」とは関係を改造することである。岡潔(2022)で、「わからないものに注目しているとき既に情的にはわかっている。情的にわかっているものを知的にわかることが発見である」と述べ、「知」の根底に「情」があると示唆する。そして、生きた自然(「情」)という基盤の上に各個体の自由(「知」)があり得るのに、自然科学は法則で説明できる「知」だけを調べ、物質が常にその法則を満たしているという不思議(「情」)は調べないことを批判する。
 この言説はAI研究の未来を探るヒントになる。「数・データになりやすいものごと」だけを調べ、技術的に可能なことの都合でシステムやツールを導入するのではなく、数・データになりにくいものごとにも眼差しを向け、情報処理研究を脱却し人間研究になることを目指すのがよい。
 この問題意識を議論するため、本OSは、岡潔の『数学する人生』を一読の上、それに紐づけて自身の研究や思想を論じる投稿を募る。一般発表の後にパネル討論も行う。
 本OSのテーマとしては、身体性認知、状況依存性、生活知、創発、身体図式、フレーム問題、相互行為分析、フィールドワーク、コミュニケーション、アクチュアリティ、ゲームAI、現象学、デジタルヒューマニティーズ、文化人類学などが挙げられる。

 

私の発表は以下です。

共同体の成員となるための祭り〜共同体〈心体知〉を得る


〇榎本 美香1、伝 康晴2 (1. 東京工科大学、2. 千葉大学)

キーワード:共同体〈心体知〉、共同体の成員、価値観、見識、倫理観

本研究では、祭りの準備作業の中で獲得される共同体〈心体知〉が、自身がその共同体の一員であるという強い自覚を芽生えさせることを示す。共同体〈心体知〉とは、成員たちがもつ価値観・見識・倫理観といったエートス(心)、成員間で力や身体配置の配分が必要な協働活動技法(体)、縄の結び方や祭りのしきたりといった共有知識(知)である。それらを知らない成員が見習いとして祭りの準備活動を覚える中で、先達の知恵を知り、想いを知り、自身が長い村の歴史を繋ぐ一輪であることを自覚していく様を示す。
例によって野沢のお祭りのお話です。発表後の質疑応答は以下でした。
質問1(K先生)「重機などの機械を導入したりして祭りのやり方が変わっいくことで(変えたくない派閥と変えたい派閥のような)

人々の間に確執は生まれないのか?」
答え1「基本的には村で最も偉い惣代さんに決定権がある。若い人が変えたいと申し出ても、惣代と村の評議委員たちが相談して変えない、という結論になれば変えられない」「惣代さんには誰も逆らえない」
質問2(O先生)「コロナ禍を挟んでいったん祭りが不開催となったことがどのように〈心体知〉と共同体意識の相互依存システムに影響を与えたのか?」

答え2「コロナ禍の真っ最中に1学年だけ全く祭りが開催されない年があったが、彼らが可愛そうということで、惣代さん達が相談して、これまで3年単位でメンバーを入れ替えていたが、1年単位で入れ替えるようシステムを変更し、祭りが開催されたなかった人たちが次の年の祭りの主役になれるようにした。なので、1年休止しただけで、一学年ずつ受け継がれている伝統は耐えなかった。開催されなかった年のことを考えると、やはりその会の人たちは全く集まれなかったし、飲み会や食事会もなかったので、寂しそうであった。次の年、自分たちもできることになり、とてもうれしそうであった。祭りの準備という口実で同い年の人たちが集まって作業したり飲んで騒ぐということが、共同体意識の育成の土壌となっていると考えている」
質問3(O先生)「できたことだけが共有されるのではなく、できなかったこととそれに対する心情などが交友されるプロセスは興味深い」
答え3「たしかに。受け継がれている〈心体知〉に着目しがちだが、受け継がれない〈心体知〉もある。何が契機で廃れてしまったのかを調べるのも面白い」



以上。

2024年6月19日 (水)

6月16日(日)オープンキャンパス報告

2024年6月17日 (月) 投稿者: メディア技術コース

こんにちは、

メディア学部の加藤です。

昨日、6月16日に八王子キャンパスにてオープンキャンパスが開催されました。

メディア学部には 300人以上の参加登録があり、多くの方にお越しいただきました。

 

メディア学部では菊池先生による模擬授業のほか、

片柳研究所、研究棟C、講義実習棟にて、各研究室による研究紹介が行われました。

  • 菊池 研究室「VFX映像の作り方」
    Pxl_20240616_03230185920240617-104142

  • 藤澤 研究室「人工知能とメディアコンテンツ」
    20240617-104402

  • 進藤 研究室「デジタルマーケティング」
    20240617-104231

  • 小林 研究室「予測とプランの研究」
    20240617-104319

  • 吉岡 研究室「サイレント・コミュニケーション体験」
    20240617-104501 20240617-104555
  • 太田・加藤 研究室「インタラクティブなコンテンツ」
    Img_20240616_122227 Img_20240616_131557

    太田・加藤研究室からは、以下の 5件の研究のデモ・動画展示を行いました。

    規則的な食生活を促すバーチャルペット型食生活支援システム」 M1 大渕 香斐
    「雨に打たれる感覚を再現するウェアラブルディスプレイ」B4 上原 陸人
    FoodSkin
    ShiftTouch
    Origami Speaker


    次回のオープンキャンパスは 7月21日(日)に開催を予定しています。
    ぜひご参加ください!
    https://www.teu.ac.jp/entrance/open/index.html


2024年6月17日 (月)

より以前の記事一覧