インタラクション

私の博士論文とメディアサイエンス専攻の先端的な研究

2019年5月15日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

この記事では、私の研究成果をまとめた博士論文のことと、メディアサイエンス専攻の先端的な研究成果である博士論文について紹介します。

1980年ごろから始めた研究が一区切りして、1988年3月に私は工学博士号を取得しました。
このころの博士論文は印刷製本して、審査をしていただいた主査や副査の先生方にお渡しするとともに大学や国会図書館にも保管用として必要でしたので、その部数を製本をしていました。私が博士取得した博士論文も国会図書館に保管されていますが、インターネット上には公開されていません。そこで、私は自分でこのページに公開することとしました。ぜひ見てください。

論文名「インタラクティブレンダリングによる3次元形状の表現に関する研究」 1988年(昭和63年3月)
http://kondolab.org/publications/dr_thesis/kondo1988Thesis.pdf

 

私の研究の内容は、今皆さんがよく使うようなお絵かきソフトの研究、対話的にイラストを描く研究、3次元的な形状を分かりやすく描く研究などさまざまです。これらの研究を進めるために使っていたコンピュータはVAX730というミニコンピュータとGraphicaというモニタです。少しおおざっぱな値段ですが、コンピュータは5000万円、モニタは1600万色出力する機能があるので1000万円程度したと記憶しています。


現在では、ペイントシステムやフォトレタッチソフトなどは皆さんが使うようなノートパソコンでも使うことができます。Photoshopは1990年に最初のバージョンが公開されています。私たちの研究成果をはじめとして、その後さまざまなCG技術の研究成果が取り入れられて多くの人に使われるようになっています。

Paint

続きを読む "私の博士論文とメディアサイエンス専攻の先端的な研究"

2019年5月15日 (水)

いよいよ開幕「台湾大学芸術祭」続報

2019年5月 6日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

先日お伝えした台湾大学芸術祭,いよいよ5/3に開幕いたしました.それまでの悪天候とは打って変わり,本日は暖かい日差しが降り注ぎ式典の開催を祝う絶好の天気となりました.本日より,東京工科大学を設置する学校法人片柳学園の千葉理事長が参加されましたので,きっと日本から良い天気を引き連れてこられたのだと思います.

2019ntu15

 

 

続きを読む "いよいよ開幕「台湾大学芸術祭」続報"

2019年5月 6日 (月)

祝!「令和」初イベント「台湾大学芸術祭」(専門学校,メディア学部.デザイン学部共同出展)

2019年5月 5日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

令和に元号が変わって間もない5月1日早朝から,台湾に出張しています.台湾と交流のあった元八王子市長でもある黒須理事のつながりで,第25回台湾大学芸術祭に招かれ,日本工学院専門学校,日本工学院八王子専門学校,東京工科大学メディア学部,デザイン学で招待展示をすることになりました.

専門学校側からは,放送芸術,アニメ,CG,ゲームなどの関連学科から作品の上映や試遊,メディア学部からは研究紹介と作品上映,デザイン学部から作品上映をすることにしました.

この時期の台湾はあいにくの雨ですが,初めての海外の大学での展示,しかも合同展示ということで期待と不安の入り混じったスタートです.

 

2019ntu00

2019ntu01

続きを読む "祝!「令和」初イベント「台湾大学芸術祭」(専門学校,メディア学部.デザイン学部共同出展)"

2019年5月 5日 (日)

三上研究室 春の学会発表成果総括

2019年5月 1日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です

新学期が始まり少し落ち着いたところでGWが始まりました.ひと段落したところで今年の春の学生たちの学会発表について振り返ってみたいと思います.

春は様々な学会が年次大会という年1回の大会を開催したり,若手研究者のためのイベントを用意するなど,学術研究成果を披露する機会が多くあります.

私の研究室では,卒業研究の学生には当初から学会発表できるような成果をあげられるように研究に取り組んでもらいます.最終的に一定の水準の成果が上がった場合,学会で発表してもらうように奨励しています.

今年の学部生17名のうち11名がこの春に合計11件の研究発表をしました.

(1)日本デジタルゲーム学会年次大会

森中 太⼀,兼松祥央,三上浩司「地⾯の性質と⽣物の重量を考慮した⾜跡のプロシージャル⽣成」
前島 ⽞太,兼松祥央,三上浩司「MEJMVision:ロケーションベースVRにおける体験共有⼿法の提案」
猪巻 美夏,兼松祥央,三上浩司「ゲームキャラクターの⾃動⽣成における⾝体的特徴を考慮した能⼒値の⾃動設定」

(2)映像表現・芸術科学フォーラム

小黒由樹,兼松祥央,三上浩司「OGRone:マルチローターを用いた浮遊感覚提示デバイスの開発」
宮崎裕司,茂木龍太,兼松祥央,三上浩司「武装を考慮したロボットキャラクターデザイン支援システムの開発」
院去彰太,茂木龍太,兼松祥央,三上浩司「パーツコラージュ手法による 3D ドラゴンキャラクターのデザイン支援」
佐藤悠太,兼松祥央,三上浩司「SATOBot : ブレインストーミングにおける会話の形態素解析を用いた会議支援 bot」
米山顕広,伊藤彰教,三上浩司「AR ゲームを想定したサウンドデザインツール開発」
青柳柊人,兼松祥央,三上浩司「サッカーゲームにおける選手の姿勢に基づく移動可能範囲の可視化手法の提案」
桑原健吾,兼松祥央,三上浩司「対戦型格闘ゲームにおけるプレイスキル向上のための隙の可視化手法の提案」

2019forum002019forum03

ポスター発表の様子

 

(3)情報処理学会・エンタテインメントコンピューティング研究会

坂本聡美,伊藤彰教,三上浩司「タッチインタラクションと音で実現する『あたたかさ』〜」

 また,これらの発表のうち,小黒君の「OGRone:マルチローターを用いた浮遊感覚提示デバイスの開発」が優秀ポスター賞,坂本さんの「タッチインタラクションと音で実現する『あたたかさ』〜」が第51回研究会研究奨励賞(金賞)を受賞しました.

2019forum0

写真は小黒君と映像表現・芸術科学フォーラムの委員長

 

さらに卒業研究の学生ではなく,先端メディア学の学生として,当時学部2年生の鈴木由香さんも日本デジタルゲーム学会年次大会でポスター発表をしてくれました.

研究の詳しい話は,これからひとつづくこのBlogで紹介できればと思います.

ここのところ企業側には4月の「一括採用」から「通年採用」に切り替えて,より勉強した学生を採用したいという動きがあります.現在でも私の研究室の学生は就職活動と卒業研究をうまく両立させています.今のままでも心配はありませんが,もっと研究に集中できるようになったらと思うとワクワクします.

真剣に勉学に励む学生に有利になるといいですね.

文責:メディア学部 三上浩司

 

続きを読む "三上研究室 春の学会発表成果総括"

2019年5月 1日 (水)

提携校MSUの学生による研究発表(マレーシア出張報告3)

2019年4月18日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

3月27日午後には、Department of media science and graphicの学生3名の卒業研究プロジェクトの発表を聞きました。

1.SDG16のためのゲームの開発について紹介してもらいました。
Godotゲームエンジンを利用して、RPGゲームの制作をしていました。

Dsc_6697

2.Implementation AR Technology in Aircraft MRO trainingの研究でした。企業との共同研究でもあり、非常に大きなプロジェクトの説明をしてもらいました。ARやVRを利用して時間短縮やコスト削減、マニュアルの整備などに挑戦する内容でした。

Dsc_670567f60e7d26154bc5a3eb9febbdce287a

3.A Basic japanese Language Learning Turn Based RPG Gameの制作について紹介してもらいました。日本語を勉強するためのゲームを海外の学生が制作するということに興味を持ちました。実際の評価はこれからですので、成果が楽しみです。

 

82ebad37e2224714af082b25bb2c0e9c 41d13e244d4944d6aa7bcd21eba33bdc

続きを読む "提携校MSUの学生による研究発表(マレーシア出張報告3)"

2019年4月18日 (木)

マレーシア提携校MSUでの講義 Creative technology for Game & Animation (マレーシア出張報告2)

2019年4月16日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース


2019年3月27日にマレーシアのManagement&Science Universityで講義をしました。メディア学部の柿本学部長、三上浩司教授とともに、私もMSUの客員教授です。今回の訪問も客員教授として、学生らに講義することが目的のひとつです。

 

Dsc_6882 Dsc_6886Dsc_6674

さて、当日は10時15分開始12時30分という枠があり、講義とアニメーション紹介として計画をしました。教室の環境の違いを理解していましたので、事前にお願いしておりましたが、写真のような接続をしてPC画面を表示しようと試みました。
ノートPCには、type-CからHDMIの変換、中央の短いケーブルはHDMIをVGAに変換するケーブル、それにプロジェクタのケーブルを接続するということで、PC画面をプロジェクトしたかったのですが、なぜかうまくいかず。。。
USBメモリの講義用データをお借りしたPCを使って利用しました。バックアップとしてにUSBメモリに講義データを持っていきましたので、安心でした。

55698645_2413502732028162_58036739786229
講義は、Creative technology for Game & Animationと題して、メディア学部で講義している1年生向けの内容と3年生向けの講義内容の中から、キャラクターメイキングの紹介をしました。また、最近の研究成果であるキャラクターの配色、ロボットのモデリング、顔の表情制作なども紹介しました。最後に香港城市大学から来ていた学生らによる、研究成果を利用して制作したキャラクターとそのアニメを見てもらいました。この後、質問もあり、MSUでの講義のためにスライドが欲しいという希望もありました。
今後、さらに交流を深めて、メディア学部の教育成果を普及していきたいと思います。

Dsc_6680 Dsc_6685

 

大学院メディアサイエンス専攻 近藤邦雄

2019年4月16日 (火)

Taylor's Universityのデザイン学部訪問 (マレーシア出張報告1)

2019年4月14日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

2019年3月26日にマレーシアの私立大学である Taylor's Universityのデザイン学部を訪問しました。

Dsc_6515 Dsc_6546 

1月に Taylor's UniversityのNoorhayati先生らがメディア学部を訪問されて、交流について太田先生、寺澤先生が相談をしました。ちょうど私が3月にマレーシアを訪問する予定でしたので、ご挨拶をしました。

今回の訪問は、提携校のMSUでの講義や研究打ち合わせ、国際会議の開催について相談をすることが中心的な内容でした。そのために、 Taylor's Universityは夕方に短時間の訪問になりました。

Dsc_6584 Dsc_6585

お会いした先生は、デザイン学部のExective Dean, David Asirvatham先生、Head of SchoolPouline Koh Chailin先生、そしてメディア学部を訪問された、Noorhayati Saad先生です。お互いの大学や学部の紹介をしました。提携の話題について相談し、提携文書の案を後日関係の先生方に送ってもらうことにしました。

Dsc_6540

その後、デザイン学部を中心として大学の施設を見て回りました。見学した施設の一部を紹介します。

 

Dsc_6611 Dsc_6616 Dsc_6603 Dsc_6598 Dsc_6593

 

大学院メディアサイエンス専攻 近藤邦雄

2019年4月14日 (日)

学会紹介:ADADA Japan学術大会と情報処理学会EC2019

2019年3月 9日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

ADADA Japan学術大会情報処理学会EC2019(エンターテインメントコンピューティング)が共催されます。
2019年9月20日から22日に九州大学大橋キャンパスで開催されます。ADADA Japanの発表申し込みは6月28日です。卒研生、大学院生のみなさんは、せひこれに発表するために、研究計画をしていただければと思います。
ADADA Japan学術大会は昨年9月に本学蒲田キャンパスで開催され、メディア学部の学生も大変たくさんの発表をしています。このページから論文集や大会の様子がわかる写真を見ることができます。
http://adada.info/japan5th/
ぜひ多くの発表申し込みをお願いします。
■ADADA Japan学術大会 2019.9.20
http://adada.info/japan6th
■情報処理学会EC2019 2019.9.20-22
http://ec2019.entcomp.org

Ec2019_2

大学院メディアサイエンス専攻 近藤邦雄

2019年3月 9日 (土)

Global Game Jam 2019 最終発表

2019年1月29日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

1月25日から27日まで開催された,48時間のゲーム開発ハッカソンGlobal Game Jam.東京工科大学では9チームのプロアマ混成チームが見事「完走」しました.
本日は最終発表の様子をお伝えします.

2019ggj41

続きを読む "Global Game Jam 2019 最終発表"

2019年1月29日 (火)

Global Game Jam 2019 β版発表

2019年1月27日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

1/25(金)から開催されていますGlobal Game Jam 2019もいよいよ佳境を迎えてまいりました.今回はベータ版発表の様子をお送りします.
ベータ版はゲームがほぼ完成した状態で,これから細かなバランス調整やバグフィックスを残した状態のことを指します.GGJは開発時間が短いので,そこまで進んでいないことも多いですが,ある程度ゲームが形になってきたものを見ることができます.

2019ggj30

続きを読む "Global Game Jam 2019 β版発表"

2019年1月27日 (日)

より以前の記事一覧