コンテンツ

キャラクター配色の研究論文:Color Scheme Simulation for the Design of Character Groups

|

今日,大学に
Journal for Geometry and Graphics

という国際学会論文誌が届きました.

Img_3968_4

この論文誌には,私たちが研究してきた
Color Scheme Simulation for the Design of Character Groups
が掲載されていました.
この論文誌は,国際的にも高く評価されており,このページでも紹介されています.

Img_3971_2

続きを読む "キャラクター配色の研究論文:Color Scheme Simulation for the Design of Character Groups "

大学院講義紹介:コンテンツイノベーション分野のコンテンツ制作技術に関する講義

|

大学院メディアサイエンス専攻では,メディア学部で学んだことを基礎にして,さらに高度な理論や技術について習得するために講義が多数用意されています
この記事では,
コンテンツイノベーション分野のうちから,コンテンツ制作技術の講義を紹介します.
映像制作のための手法,CGを利用したアニメーション制作,ゲームデザイン,キャラクター制作,3次元コンテンツ,さらには音楽サウンドなどオの制作技術を学ぶことができます.

02_2

■プロシージャルアニメーション特論 菊池 司
■先端ゲームデザイン特論 三上 浩司 

Kashika04_2

続きを読む "大学院講義紹介:コンテンツイノベーション分野のコンテンツ制作技術に関する講義"

未来社会をデザインするビジョナリーの輩出を目指して:大学院 メディアサイエンス専攻紹介

|

大学院メディアサイエンス専攻はメディア学部の出身者だけではなく,世界各国,日本国内の大学から,多数の学生が進学しています.

この記事では,大学院の2つ大きな教育研究分野を紹介します.
本専攻では大きくコンテンツイノベーション広告イノベーションに分けて研究教育をしています.

コンテンツイノベーション分野には,コンテンツ制作技術メディア情報処理の領域,広告イノベーション分野には広告デザインサービスメディアコミュニケーションの領域で構成しています.

広告分野は広くとらえて,ディジタル報道関係も含まれています.
次の表は,コンテンツイノベーション分野の教員と講義名,研究領域を示しています.

Contentcreation

続きを読む " 未来社会をデザインするビジョナリーの輩出を目指して:大学院 メディアサイエンス専攻紹介"

3年生 vs 4年生:3年生後期「創成課題」のポスター発表会

|

3年生の前期に卒業研究室(研究プロジェクト)に配属希望を出して,6月に希望調査を行い,配属が決定します.夏休みは始まる前には教員との面談をしたりして,卒業研究の準備を進めます.後期には,各研究プロジェクトで文献調査,研究テーマの模索,テーマに関係する調査や制作実験などを行います.

私のプロジェクトでは,2月7日にコンテンツプロダクションテクノロジー(近藤,鶴田研究室)の卒業研究発表会を実施しました.その時に一緒に創成課題の成果を4年生に紹介するための「創成課題発表会」を開催しました.この発表会は私の研究室では初めてです.4年生は卒業がかかった発表会の後に,後輩である3年生の研究成果を見て,たくさんのコメントをする時間です.先輩が後輩の研究成果を見て,指導するというつながりを作ることはとても大切と考えています.

Img_3893

続きを読む "3年生 vs 4年生:3年生後期「創成課題」のポスター発表会"

次世代コンテンツ研究室卒業研究

|

次世代コンテンツ研究室は、昨年立ち上げた新しい所帯です。
初めての卒業研究発表会を2月8日に行います。

以下のテーマで発表します。
各自の想いが詰まった良い研究になりました。

・災害対策におけるVRの有用性
・VRによる体験と脳波に関する研究
・擬似環境モデルを用いたAR手法の考察
・ウェアラブルデバイスを活用することによるファッションの変化と将来性についての研究
・映像技術の進歩がアニメーション制作に与える影響について
・児童の理解に基づいた小学校段階におけるプログラミング教育に関する考察
・小学校段階におけるプログラミング教育の実施環境に関する考察
・小学校段階におけるプログラミング教育導入時の円滑な学習に関する考察

卒業研究は、「自分のアイデアの、どこに価値があるのか」を見極めることに注力して進めてもらいました。
というのは、自分のアイデアに関して調査を進めていくと、多くの場合は、似たような物が既にあった、または、似たような研究が既に行われていた、という結果になってしまいます。しかし、アイデアを深く掘り下げていくと、似ているけれども違う部分が見つかります。その「ちょっとした違い」が、実は大きな価値を生み、良い研究になるということがよくあるからです。

ちょっとした違いを見つけ、そこから生まれる価値を活かすことは、様々な仕事の中で役に立つのではないかと思います。

(椿 郁子)

片柳研究所を撮影

|

先日、3年生の創成課題の中で、ドローンを使った撮影をしました。

A1

下は、ドローンを撮った写真です。

A2

小さすぎてドローンが見えないですね。約70mの高さを飛んでいます。
拡大したのが次の画像です。

A3_2

片柳研究所の建物が、地域で際立って高いことを改めて感じました。
今回撮影した映像は、またの機会にご紹介したいと思います。

ご存知の通り、ドローンはどこでも自由に飛ばしてよいわけではありません。。
国土交通省のページに、無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールが載っています。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

八王子キャンパスは、人口集中地区に該当するため、許可・承認を得て行いました。
安全のために監視員もつけました。

A4

(椿 郁子)

【おもしろメディア学】 見ているものをそのまま信じてはいけない.(その2)

|

先週,九州大学に博士学位論文の審査のために出張に行ってきました.
知り合いの先生が多い学部でしたので,ご挨拶に伺いました.
そこでタイからの興味深いお土産をみつけました.
まずつぎの写真をみてください.
どのように見えていますか?

Img_3717_4


続きを読む "【おもしろメディア学】 見ているものをそのまま信じてはいけない.(その2)"

Global Game Jam 2018 「2日目まとめ」

|

メディア学部の三上です

1月26日(金)から28日(日)にかけて開催される,48時間全世界同時ゲームハッカソン「Global Game Jam 2018」.
今年のテーマは「TRANSMISSION」で,東京工科大学会場では全12チームが開発に挑んでいます.

2018ggj03_01

続きを読む "Global Game Jam 2018 「2日目まとめ」"

Global Game Jam 2018 今年のテーマは「TRANSMISSION」

|

メディア学部の三上です

1月26日(金)から28日(日)にかけて開催される,48時間全世界同時ゲームハッカソン「Global Game Jam 2018」.
全世界の会場が現地時間の26日(金)17:00にスタートということで,日本時間の1月27日(土)12:00に,一番遅く開始するハワイ会場がスタートして,これでテーマに関して公開することができるようになりました.
今年のテーマは「TRANSMISSION」日本語では,「伝送,送信,放送,伝染,伝達,伝播,変速機」と訳することができます.

Theme

続きを読む "Global Game Jam 2018 今年のテーマは「TRANSMISSION」"

いよいよ開幕Global Game Jam 2018 「オープニング編」

|

メディア学部の三上です

本日1月26日(金)より,全世界同時48時間ゲームハッカソン「Global Game Jam 2018」が開催しました.昨年は全世界701会場に36,000以上が集まり実施されました.毎年拡大するGlobal Game Jamに,今年で連続9回目の会場として,東京工科大学メディア学部で会場運営しています.

東京工科大学会場には,85名の参加応募者(プロ31名,学生54名)が集まり,プロと学生の混合チームで,日曜日の完成披露に向けてスタートしました.
参加者の中には日本で働く外国人や留学生も参加し,会場内だけでもグローバルな環境が構築されています.

2018ggj01_01_3

続きを読む "いよいよ開幕Global Game Jam 2018 「オープニング編」"

より以前の記事一覧