コンテンツ

「ProcessingによるCGとメディアアート」(講談社) が出版される

2018年12月11日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部メディアコンテンツコースのの近藤邦雄です.
「ProcessingによるCGとメディアアート」(講談社) が出版されました.
メディア学部では,演習や講義で,Processingを利用してプログラミング演習,CG制作の演習などを行っています.codeをダウンロードして実行できるために,学生の皆さんにはさまざまな講義や演習の理解を深めるために参考書として最適です.
本書の執筆者は,情報工学,芸術科学・芸術工学などを学び,現在,さまざまな大学でプログラミングやコンピュータグラフィックス,メディアアート・デザインなどの先端的な教育を行っている方です.メディア学部では,柿本教授,菊池教授,および,非常勤講師の田所先生,さらには,デザイン学部の松村教授が執筆をしています.本書の3部構成を理解したうえで,各章の執筆者が行っている講義や演習内容を分かりやすく簡潔にまとめていただきました.講師や演習で利用しているcodeを,本書のために見直し,コメントを入れて読者の理解を助けるように工夫しています.
大学生や高校生が論理的な思考を身につけ,プログラミング能力が向上し,メディアコンテンツ,デザイン・アート作品の制作に興味を持つだけでなく,この書籍をきっかけに世界に発信することができるような独創的なコンテンツができることを期待しています.

47425076_2240104379367999_769831979

続きを読む "「ProcessingによるCGとメディアアート」(講談社) が出版される"

2018年12月11日 (火)

音楽系研究室の学生の研究発表紹介:ゲームサウンド(ADADA Japan 学術大会)

2018年12月 6日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の伊藤謙一郎です。

私の研究室の学生3名が、さる9月3日(月)に東京工科大学蒲田キャンパスで開催された「ADADA Japan 学術大会」で研究発表を行いました。

Photo_01_3


私の研究室では音楽そのものだけでなく、音楽が関連するものを幅広く研究対象にしていますが、今回発表した3名はいずれもゲームにおける音楽やその機能について研究している学生です。

映画やアニメ、TVドラマの中で流れる音楽は、その様相によって映像の意味や印象を左右するものですが、コントローラーの操作によって画面やキャラクターの動きが変化するゲームは、音楽や効果音のありようが、映像に接している当事者の感興に強く作用する点で他の映像コンテンツとは大きく異なります。また、コントローラの操作そのものが音楽を変化させていくゲームも多く、このようなインタラクティブ性が他の映像コンテンツにはない特徴であり、魅力と言えるでしょう。

ゲームのこのような特徴を踏まえると、ゲームにおけるサウンドの機能は多岐にわたり、ゲーム機器の性能の向上とともに、その可能性は今後さらに広がっていくことが考えられます。

続きを読む "音楽系研究室の学生の研究発表紹介:ゲームサウンド(ADADA Japan 学術大会)"

2018年12月 6日 (木)

台湾で開催されたThe 16th International Conference of Asia Digital Art and Design (ADADA2018) への参加

2018年12月 3日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディアコンテンツコースの近藤邦雄です.
The 16th International Conference of Asia Digital Art and Design (ADADA2018) が台湾の台南,成功大学で開催されました.

Dsc_2490

Dsc_2492

この会議は毎年行われており,16回目となる歴史を持っています.
これを運営する学会がAsia Digital Art and Design Association です.2002年に日本と韓国が中心となって設立されました.現在は日本,韓国,インドネシア,マレーシアの5つの団体が加盟して運営をしています.今後,加盟する団体が増えていくと思っています.
そのために,多くの方が集まるこのADADA会議は大変重要な集まりとなります.今年は,アジア以外のヨーロッパやアメリカからも参加者があり,より多くの地域からの参加者のある大きな会議になっていました.
私は,この国際学会の会長を2016年から担当しています.

46921968_341516509760494_7595378989


46776432_337505800368270_8311854550

ADADAの会議のトピックは,次のようになっています.これ以外にも関連する研究の発表も受け付けています.
* Interactive Art, Digital Art, Media Art
* Interaction Design, Interactive Technologies
* Computer Animation, Computer Graphics, Visual Effects
* Web Design, Web Application Design, Web Service Design
* Virtual Reality, Augmented Reality
* Digital Game and Gamification
* Social Networks, SNS
* IoT, Sensor Networks, Big Data
* Innovative devices, Robotics for Art, Gadgets
* Education, Digital Archives
* Digital Content Design
* Design Theory and Design Methodology
* Digital Music, Musical Interface, Sonification

Dsc_2518

続きを読む "台湾で開催されたThe 16th International Conference of Asia Digital Art and Design (ADADA2018) への参加"

2018年12月 3日 (月)

ISART TUT Game Jam Final

2018年11月 5日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

少し間が空いてしまいましたが,8月27日から28日にかけて,東京工科大学メディア学部とISART Digitalが共同開催したGame Jamイベントについて最終報告します.
「Rain」というテーマのもと,4つのチームが限りある時間のなかで言葉や文化の違いを乗り超え,特徴のあるゲームを開発することができました.

2018isart20

今回のイベントの以前の記事はこちらからご覧ください.

続きを読む "ISART TUT Game Jam Final"

2018年11月 5日 (月)

メディア基礎演習Ⅰ~デジタルコンテンツを知る~スタート

2018年10月 8日 (月) 投稿者: メディア技術コース

今回は、メディア基礎演習のテーマの一つで私と他3名の教員が授業を担当する「デジタルコンテンツを知る」(竹島先生担当)が先週からスタートしたので、その紹介をします。

この演習テーマは、3週にわたって実際にデジタル音声・画像・映像処理や編集をしながらデジタルコンテンツの基礎について知ろうというもので、今年度の新1年生から初めて開始されました。これまで、第1・第2週の回を終えました。

第1回:音について
まず、基礎知識として、音圧波形を表したアナログ信号をデジタル信号に変換してデジタル処理をすることについて前期の復習をし、デジタル信号の性質を確認しました。

Dc

その後、自分の声や物音を録音してから、音の編集ソフトAudacityを活用して音の編集を体験しました。下図のように音楽(上トラック)などに自分で録音した音(中・下トラック)を繰り返し追加してリズムを作り、ミキシング(混ぜ合わせる作業)を行いました。また、新しい音を音響合成によって作る作業もしました。

Mixing

最後に、皆が作った音を流して鑑賞会をしました。とても凝った音楽的な作品や、開始部分で盛り上がって惹きつけるようにするなど構成が練られた作品や、声や音にエフェクトをかけておもしろい音にしてミックスした作品などがあり、ミキシングとひとことで言っても色んな工夫の仕方があるのを発見しながら聞くことができました。

Sakuhin

作品の波形の例

続きを読む "メディア基礎演習Ⅰ~デジタルコンテンツを知る~スタート"

2018年10月 8日 (月)

インドネシア,バンドンのゲーム会社訪問

2018年9月29日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

インドネシアのバンドン工科大学(ITB)におけるサマーセミナーにお誘いいただいたIntan先生にITBの卒業生が起業したゲーム会社LENTERAを紹介いただき訪問しました.この会社の回りは静かな住宅街であり,訪問した会社も大きな住宅でした.

Dsc_0917

入口を入るとすぐに会議室があり,会社の説明や開発したゲームの紹介をしていただきました.

41925229_2128244610553977_857419044

続きを読む "インドネシア,バンドンのゲーム会社訪問"

2018年9月29日 (土)

indonesiaのTelkom University のデザイン学部を見学

2018年9月25日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

バンドン工科大学におけるサマーセミナー第2日目午後には,学生らと離れて,
私立大学Telkom University のデザイン学部を見学しました.

41841691_2128190010559437_921497632

Dsc_0529


続きを読む "indonesiaのTelkom University のデザイン学部を見学"

2018年9月25日 (火)

びっくりする教会の紹介【おもしろメディア学,視覚と建物】

2018年9月20日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

今年の8月に国際会議(The 18th International Conference on Geometry and Graphics,ICGG2018)がイタリアのミラノで開催されました.
この会議は,幾何学と図学に関係するテーマが中心です.コンピュータグラフィックスをはめとして機械系,建築系,造形デザイン系などさまざまな研究発表が行われます.そのために,ミラノの建築物に興味を持つ研究者も多くいます.私もその一人です.
この記事は国際会議の研究発表のことでなく,視覚と建物の関係について紹介します.
まずは,教会の写真をみてください.

Dsc_9529

Dsc_9530

奥行きのある教会とみていると思います.

続きを読む "びっくりする教会の紹介【おもしろメディア学,視覚と建物】"

2018年9月20日 (木)

台湾大学大学院生がコンテンツテクノロジーセンター(CTC)を見学【国際交流】

2018年9月16日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の近藤邦雄です.
8月31日国立台湾大学の大学院生5名らが本学の見学にやってきました.メディア学部のコンテンツテクノロジーセンターの見学では,私がメディアサイエンス専攻の大学院の紹介をして,三上先生がゲームの研究教育の紹介をしたあと,東京ゲームショーの前,学生らの制作したゲームを体験してもらうこともできました.昼食も本学の学生らと通訳を介して話をすることができました.黒須隆一理事,台湾観光協会会長,学園広報の皆さんも一緒に見学をしていただけました.

Img_6286

Img_6209_2

40484996_2111263352252103_550295949

続きを読む "台湾大学大学院生がコンテンツテクノロジーセンター(CTC)を見学【国際交流】"

2018年9月16日 (日)

ISART TUT Game Jam その2

2018年9月15日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

2018年8月27日から28日にかけて実施された,「ISART-TUT Game Jam」の続報です.
ISART-TUT Game Jamでは,途中にマイルストーンとして企画発表やアルファ版,ベータ版の発表時間を定めています.
こうすることで32時間の開発時間にメリハリをつけつつ,どんなことが行われているのか確認したり,修正したりすることも可能になっています.

2018isart11

ISART-TUT Game Jam その1

続きを読む "ISART TUT Game Jam その2"

2018年9月15日 (土)

より以前の記事一覧