コンテンツ

専⾨演習「空間インタラクティブコンテンツ」2022後期

2023年1月27日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

コンテンツコースの椿です。こんにちは。
専門演習「空間インタラクティブコンテンツ」では,先週は最終課題で制作した作品の
発表会をしました。
その作品の中から1つをご紹介します。

C

ノートPCのカメラで撮影した映像に、魔法陣をのCGを重ねたものです。
LeapMotionというハンドジェスチャを認識する装置を使って手の位置を検出し、リアルタイムで魔法陣を重ねて表示しています。
まるで、魔法陣が本当に手の上に浮かんでいるような映像ができました。

2023年1月27日 (金)

「音楽創作論」での作曲(その4):作曲者によるピアノ演奏

2023年1月26日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の伊藤(謙)です。

これまで3回にわたって、2022年度「音楽創作論」での作曲についてお話ししてきました。

シリーズ最終回の今回は、私のピアノ演奏で曲をお聴きください。

【演奏動画】『揺蕩う夜空』(2022年度「音楽創作論」制作曲)

曲名にある「揺蕩う」「たゆたう」と読みます。最終回の授業で私の演奏を聴いてくれた107名の学生諸君にこの曲にふわさしい曲名を寄せてもらい、その中から私が選んだものです。ほかにも魅力的な曲名案がたくさんあり、曲名の選定にはとても迷ったのですが、「揺蕩う」という言葉がもつ意味と語感、そして「夜空」のイメージに惹きつけられて『揺蕩う夜空』に決まりました。素敵な曲名を考えてくれた学生諸君に感謝します。

この曲名を考えてくれたKさんのコメントを紹介しましょう。


[曲名案]『揺蕩う夜空』

[考案した曲名に関するコメント]
ゆったりとした雰囲気と垣間見える力強さが雄大な宇宙の片鱗を思わせる夜空をただ眺めているときのように感じ、細かな高音が星の瞬きを思わせたから。少し哀愁を感じるところも、人が亡くなった時などお星さまになったと表現されることもあるから夜空が合うと思った。地球が回り続けるように、止まらない時の流れを表したくて「揺蕩う」とつけた。



今回は、「月」「帰り道」「雨」「夜明け」「冬」「別れ」「夕暮れ」「森」…などの語句を含むものやイメージをもつ曲名案が多かったです。曲を聴いた皆さんはどのようなイメージをもちましたか?

2023年度前期に開講の「音楽入門」でも作曲する予定です。完成しましたら、このブログでご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに!

<関連ブログ記事>
2020年度「音楽創作論」制作曲:『Next Step』
2021年度「音楽入門」制作曲:『Sunny Day』

2021年度「音楽創作論」制作曲:『雪月夜』
2022年度「音楽入門」制作曲:『LUMINOUS』


(メディア学部 伊藤謙一郎)

2023年1月26日 (木)

「音楽創作論」での作曲(その3):そのほかのメロディの作成と楽曲構成について

2023年1月25日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の伊藤(謙)です

本シリーズ3回目となる今回は、曲作りにあたってサビ以外のメロディの作成と、全体の楽曲構成についてお話ししましょう。

TさんとMさんが考案した部分動機を組み合わせて動機を作り、それをもとにサビのメロディを考えることにしたというのが前回のお話でした。

では、曲の始まりからサビまではどのように作れば良いでしょうか? もちろん、出だしにサビが置かれる曲もありますが、そうしたものでも、そのあとに再びサビが現れるのが一般的です。サビまでのプロセスをどのように作るかによってサビの聴こえ方が変わってきますし、楽曲全体の印象にも大きく影響してきます。

比較的よく見られるのは【Aメロ−Bメロ−サビ】の構成です。私はこの構成を「ホップ−ステップ−ジャンプ型」などと呼んでいるのですが、サビ(ジャンプ)をより魅力的に聴かせるために、その前の準備段階(ホップ−ステップ)が重要になってきます。サビが引き立つよう、何らかの形でサビとは音楽的な対比(コントラスト)をもつメロディが望ましいです。

さて、前置きが長くなりましたが、そろそろ今回の作曲の話に入りましょう。

当初、これらサビ以外のメロディは独自に作るつもりでした。いろいろ試行錯誤する中で、Tさんの部分動機につながる第2の部分動機としては選ばれなかったものの、Mさんに次いで4票を得たI君とT君の部分動機を活用することを思いつきました。

最終的に、I君の部分動機(②B)はイントロに、T君の部分動機はAメロ(②C)に、そして私が独自に作った部分動機(③)はBメロに使うことにしました。

 2022_2b 


 2022_2c


 2022_3_20230126014701


楽譜を見ながら音を聴いていただくと、それぞれのフレーズの音型やリズムに違いがあることがおわかりいただけるかと思います。

最終的に全体の構成は次のような形になりました。

 イントロ➡︎ Aメロ①➡︎ Bメロ➡︎ サビ①➡︎ サビ②(※前半部分はサビ①の繰り返し)
 ➡︎ Aメロ②➡︎ エンディング(※Bメロサビのフレーズ)


ちなみに、Aメロ②はAメロ①とは異なる「カノン進行」と呼ばれるコード進行を用いています。授業ではカノン進行が用いられている曲を何曲か紹介したので、学生諸君に説明した内容を作曲に盛り込んでみました。

さあ、果たしてどのような曲に仕上がったのでしょうか? いよいよこのシリーズの最終回となる次回(第4回)は、私のピアノ演奏でこの曲をお聴きいただきましょう。


(メディア学部 伊藤謙一郎)

2023年1月25日 (水)

「音楽創作論」での作曲(その2):動機の作成

2023年1月24日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の伊藤(謙)です。

前回からの続きで、「音楽創作論」での作曲に関する第2回のお話です。

Tさんが作成した部分動機に対して、a´(若干変化あり)となる第2の部分動機を100名の学生諸君が作ってくれました。その中から97名による投票で最多の5票を得たMさんの部分動機が選ばれました。その部分動機は次のようなものです。

 2022_2a


Mさんの部分動機を選んだ学生たちのコメントを紹介しましょう。

a(第1小節の部分動機)の高音を使わず盛り上げるというイメージを維持したまま、音の動きを変えてリズム感を作っていたのが良いと思ったから。
aの落ち着いた部分動機から、急にテンポや音の高さが大きく変わったりせず、リズムを感じたため、aに合うと思った。
元の部分動機のイメージを崩さないまま、盛り上がりが生まれておりとても面白いなと思ったため。
4拍目にシンプルに変化が付いていて良いと思ったから。
部分動機と変化もありつつアピールポイントの盛り上がりを失わないようにというものもあってよい印象だったから。


これによって、Tさんが考案した部分動機(①)とMさんが考案した部分動機(②A)を組み合わせた次のような動機が出来上がりました。最も得票数の多かった動機ですので、この動機はサビのメロディに使うことを作曲前から決めていました。

 2022__20230126000701


さて、サビの核となるフレーズは固まりましたが、続く第3〜4小節の第2動機も考える必要があります。つまり、第1動機を【A】とした場合、部分動機の組み合わせと同様、動機を【A+A】【A+A´】【A+B】のどの組み合わせにするかということです(※これによって4小節から成る「小楽節」という単位でのフレーズが出来上がります)。


Mさんの部分動機を選んだ5名の希望を見てみると、【A+A´】が3名、【A+B】が2名でした。これを受けて【A+A´】の動機の組み合わせによる小楽節の作成に取りかかりました。実際にどのようなフレーズになったかは、(その4)での私のピアノ実演でぜひお聴きください。

ところで、ある程度の長さを持ちつつ、まとまりのある曲にするにはサビ以外のメロディも考えなければなりませんね。

これについては次回(その3)のブログでご紹介します。


(メディア学部 伊藤謙一郎)

2023年1月24日 (火)

「音楽創作論」での作曲(その1):部分動機の作成

2023年1月23日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の伊藤(謙)です。

私が担当している授業「音楽創作論」で毎年恒例になっている作曲のご紹介です。
(完成した曲を先にお聴きになりたい方は、第4回の記事からご視聴ください)

今年度は「ド」を開始音とする部分動機の作成を授業での課題にしました。

112名の学生からさまざまなフレーズが寄せられ、履修生が互いの楽譜を確認し合いました。その後、74名による投票の結果、最多の4票を獲得したTさんの部分動機が選ばれました。Tさんが作成した部分動機を紹介しましょう。

 2022_1_20230125210901


Tさんの部分動機を選んだ学生たちのコメントです。

動機を形成するうちの最初の部分動機ということで落ち着きがあるものを作成してしっくりきたため選びました。音高の跳躍が少ない、低音で固めてある、ドミソの和音であるという点で安定感や安心感の演出があり、盛り上がる動機の前に最適だと思いました。また、王道の安定感の中に付点四分音符が入ることで小さい変化を生み出す工夫にも魅力を感じました。この後に音が跳躍して、細かい音符の多い部分動機を繋げコントラストを演出したいなと思いました。
作者のコメントにもあるような盛り上がる前の静かなイメージが表現されており、弾いてみた瞬間にこの部分動機に続く、次の部分動機が想像できたから。
ゆっくりとしたメロディや、既定のドより低い音を使うなど、自分が作ったものとは雰囲気が違った部分動機であり、続きが気になったから。
シンプルな音符で、次に繋がる部分動機が考えやすいと感じたから。またコメントの盛り上がる前の静かな音をイメージして作られていて、次に繋がる部分動機は高音を使って跳躍させて、明るい雰囲気の曲になるのではないかとイメージできたから。


次の課題は、Tさんの部分動機に続く第2の部分動機の作成です。作成の方法は次の3通りです。

 ・Tさんと(ほぼ)同じ部分動機を作る【a】
 ・若干変化させた部分動機を作る【a´】
 ・全く異なる特徴をもつ部分動機を作る【b】

授業でアンケートをとったところ、以下のように6割以上の学生が【a´】を選びました。


 Photo_20230125212901


この課題には100名の学生が取り組みました。その結果、選ばれた第2の部分動機については次回(その2)のブログでご紹介しましょう。


(メディア学部 伊藤謙一郎)

2023年1月23日 (月)

第7回シナリオ執筆に役立つ小理論

2023年1月 8日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん、こんにちは。メディア学部実験助手の菅野です。

今回も「シナリオ執筆に役立つ理論」と題し、知っておくとシナリオの内容が良くなる知識やポイントを簡潔に紹介していこうと思います。

今回は3つ目の「プロット」についてです。

「段階的シナリオ制作その3『L(ロング)プロット』」。

『S(ショート)プロット』は60文字で書くプロット、
『M(ミディアム)プロット』は200文字で書くプロットでしたが、
『L(ロング)プロット』は1600文字以内で書くプロットです。

一気に文字数が増えて、400字詰め原稿用紙なら4枚程度の文字数となり、
小中学校の読書感想文クラスの分量になるわけですが、
それもそのはず、この『L(ロング)プロット』は、
1作品の主要な内容はほぼ書き切るつもりで作成するプロットです。

これまで同様「バックトゥザフューチャー」を例に挙げるなら次のような内容になります

--
Lプロット(1326文字)

高校生のマーティは、上司に逆らえない気弱な父と酒に溺れる母や覇気のない兄姉のいるマクフライ家に生まれた末っ子で、学校では教師に一族全員落ちこぼれ呼ばわりされ、趣味のバンド活動もうまくいかず、自分に自信を失いかけていた

マーティは友人で変わり者の老人発明家ドクに依頼され、ドクの発明したというタイムマシンの実験を手伝うことになった

マーティは半信半疑のまま、助手としてドクのタイムマシン実験を撮影していたが、ドクに恨みを抱くリビア人テロリストに襲撃される。ドクは銃撃により倒れたが、マーティはタイムマシンを起動させ、その場を脱出。身を持ってタイムマシンの存在を信じることになった

マーティがたどり着いたのは、なんと自身がいた時代から30年前の世界だった。そこはマーティが生まれる前の時代であり、頼れる人もおらず、タイムマシンの故障したマーティは途方に暮れる

困り果てたマーティだったが、偶然出会った若かりし頃の父・ジョージを助けたことによって、同じく若かりし頃の母・ロレーンとも出会う。マーティはロレーンの家で、この時代のドクの住所を知ることができた

マーティはドクの家を訪れ、事情を話すとドクはマーティの話を信じ、マーティが元の時代に戻れるよう協力してくれることになった

現代に戻るためタイムマシンを再び使うには、巨大なエネルギーが必要になる、と気付いたマーティとドクは作戦を考える。それは数日後に起きる落雷を活用する方法だった

マーティは自身が持っていた写真から兄の姿が消えかかっていることに気づく。マーティは将来結婚する両親、ジョージとロレーンが出会って恋に落ちるきっかけをつぶしていたため、彼らの子供であるマーティ達が生まれなくなる可能性を生じさせていた。マーティは二人を結び付けたうえで帰還する必要があった

マーティは何とかジョージとロレーンの仲を取り持とうとするがうまくいかず、かえってロレーンに惚れ込まれたマーティは、ロレーンからダンスパーティのパートナーにまで指名され、いよいよその身体は力を失い、薄れ始めていく

マーティはパーティ当日、ロレーンのピンチにジョージが助けに現れて気を引く計画を立てていた。その計画はトラブルによりマーティが支援できなかったにも関わらず、ジョージが奮起してロレーンの窮地を救うことに成功する。ロレーンの気持ちは一気にジョージに傾いて二人は結ばれ、失われかけていたマーティの身体は力を取り戻す

落雷の時間が迫ってきた。大嵐によってエネルギー供給ケーブルが外れそうになったが、ドクが必死につなぎとめ、マーティはタイムマシンの起動に成功し、現代へ飛んだ

マーティは、かつて自分がタイムスリップする数分前の世界に戻り、テロリストからドクを守ろうとしたが、間に合わず、ドクは銃弾に倒れた。悲しむマーティだったが、ドクはむっくり起き上がる。実は過去の世界でマーティが残した襲撃予言のメモをドクは保管しており、対策済みだった

マーティが帰宅すると、家族には劇的な変化が起きていた。過去の世界で自信をつけた父ジョージは大きく出世しており、母もしっかりしていて美しく、兄も姉もやる気に満ち満ちていた。マーティは苦労が報われたことを喜び、自信を取り戻した

--

これだけの文章だと、かなりの情報量だとおもいます。これだけでも読むのは一苦労でしょう。

何度も繰り返しになりますが、シナリオを書く人はこういった壮大な構想をいきなり話したり、文章で読ませようとしがちですが、聞かされる側、読まされる側は、聞くだけでも、読むだけでも大変なことなのに、制作スタッフならばその内容を理解して、さらには面白いかどうかを判断せねばなりません。

自分が自分のためにシナリオを書くなら気にしなくても構いませんが、誰かと一緒に作品を作る場合はプロットを、Sプロット、Mプロット、Lプロットの長さに分け、段階的に作成して共有すると、スムーズに作品制作がすすむことでしょう。

2023年1月 8日 (日)

第6回シナリオ執筆に役立つ小理論

2023年1月 7日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん、こんにちは。メディア学部実験助手の菅野です。

今回も「シナリオ執筆に役立つ理論」と題し、知っておくとシナリオの内容が良くなる知識やポイントを簡潔に紹介していこうと思います。

今回は2つ目の「プロット」についてです。

「段階的シナリオ制作その2『M(ミディアム)プロット』」。

『Sプロット』は60文字前後で書くプロットでしたが、
『M(ミディアム)プロット』は文字数が増えて200文字で書くプロットになります。

60文字では具体的な内容が記述できませんが、200文字なら「特徴」は記述できるでしょう。
全開同様映画「バックトゥザフューチャー」を例に挙げるなら次のような内容になります。

『タイムマシンの暴走によって、過去に飛ばされたマーティは
元いた時代に戻ろうとするがタイムマシンはエネルギー不足だったため、
後にタイムマシン開発者となる博士や、若かりし頃の両親の協力を得て、帰還のチャンスを伺い、
落雷による超エネルギーを獲得して、無事現代に戻った』(129文字)

比較のために前回のSプロットも載せます。

『過去に飛ばされた主人公が
協力者を得て、元いた時代に戻るための条件と問題を解決し
現代に帰還を果たす話』(51文字)

Sプロットではよくわからなかった「過去に飛ばされる」とは
Mプロットでは「タイムマシンの暴走」が原因だとわかります。

Sプロットでは「現代に戻る」という結末しかわかりませんが
Mプロットでは「落雷による超エネルギーを獲得」したことで、それを可能にしたとわかります。

Sプロットで「要するにどんなストーリーなのか」を把握した人たち向けに「作品の具体的な特徴」を知ってもらうためにつくるプロットがMプロットです。

前回の繰り返しになりますが、シナリオを書く人は壮大な構想を持つがゆえに、自分の構想を思いつくままに話してしまいがちです。

しかし、いきなり壮大な構想を話されても、聞く人はすぐに内容を理解できないものです。Sプロットでおおまかな内容を伝えて、Mプロットで特徴をかいつまんで伝える、という段階を踏んだ説明が重要なのです。

2023年1月 7日 (土)

第5回シナリオ執筆に役立つ小理論

2023年1月 6日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん、こんにちは。メディア学部実験助手の菅野です。

今回も「シナリオ執筆に役立つ理論」と題し、知っておくとシナリオの内容が良くなる知識やポイントを簡潔に紹介していこうと思います。

今回から3回にわけて「プロット」について取り上げてみます。

「プロット」は、シナリオを執筆する前にされる、シナリオより短い文章です。

「あらすじ」「シノプシス」「梗概」などと呼ばれることもありますが、おおむねシナリオを執筆する前のたたき台として作成され、作品を一緒につくるスタッフと内容を共有するためのものとして認識されています。

東京工科大学メディア学部ではこの「プロット」を段階的に作成、文字数を徐々に増やしていく「段階的シナリオ制作手法(Bi-step writing)」を教えています。今回はその1つ目を紹介します。

「段階的シナリオ制作その1『S(ショート)プロット』」。

『S(ショート)プロット』は、その名の通り、短く60文字前後で書くプロットです。

60文字では、ほとんど具体的な内容はわかりません。
映画「バックトゥザフューチャー」を例に挙げるならこの程度の内容になります。

『過去に飛ばされた主人公が
協力者を得て、元いた時代に戻るための条件と問題を解決し
現代に帰還を果たす話』(51文字)

多くの人は、これだけを聞かされても「よくあるタイムスリップものだろう?」と思うだけでしょうが、それがSプロットを作る目的になります。

まずは「要するにどんなストーリーなのか」をスタッフが把握できるように作るプロットだからです。

「男女が出会い、問題や障害を乗り越えて、結婚する」なら恋愛もの。
「探偵が事件に遭遇、調査と推理の末、真犯人をつかまえる」ならミステリーもの。

そんな風に、ひと言程度で作品の内容を把握できるようにするためのプロットです。

えてしてシナリオを書く人は壮大な構想を持つがゆえに、「要するにどんなストーリーなのか」よくわからない相手に、自分の構想を話してしまいがちです。

わざわざ言うようなことでもない、と思わずスタッフが理解できるようにSプロットを作ることはとても大事なことなのです。

2023年1月 6日 (金)

今年も開催Global Game Jam 2023 (48時間世界同時ゲーム開発ハッカソン)

2023年1月 5日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

今年も世界同時ゲーム開発ハッカソン「Global Game Jam 2023」が開催されます.このイベントは2008年から企画され2009年に第1回が開催され,東京工科大学は第2回となる2010年から継続して会場運営をしています.

コロナ禍でハイブリッドな開催スタイルが増えてきたため,世界各地の会場である程度自由に開催期間を設けることができるようになりましたが,東京工科大学は日本におけるGGJの聖地でもあるので,オリジナルスケジュールに近い2月3日(金)から5日(日)の3日間で開催します.

昨今では,スマートフォンゲーム開発も開発チームが大型化,制作期間が長期化し,なかなか一つの作品を企画からリリースまで体験する機会が減ってきました.GGJがスタートした2000年代中盤もスマートフォンが隆盛する前ですので,ゲーム開発チームの巨大化し,開発期間が数年というのもざらでした.そんな中で,自分のたちの好きなゲームを週末だけチャレンジして作ろうという,朝鮮からスタートしました.

今では,ゲーム開発のための汎用的なゲームエンジンの性能向上もあり,ゲームハッカソンそのものはだいぶ環境が整ってきましたが,当時は開発ツールを整えるだけでも大変な苦労でした.

今では,海外からの参加者も含め,プロやアマチュアが集うゲーム開発イベントになりました.授業などの数か月スパンの開発ではなく,数日間という短い時間に凝縮されたゲーム開発体験を味わうことで,新たな気付きを得られるのは学生もプロも同じです.

興味があったらぜひ参加してみてください.

※東京工科大学会場は原則18歳以上のみ参加OKとしていますが,開発の様子をYoutubeなどを利用して配信しますのでぜひ楽しんでください.

 

東京工科大学GGJChannel https://www.youtube.com/@GGJTUTChannel

2020ggj21_20230110013601

2020ggj11_20230110013701

コロナ前のGGJ2020の様子



2023年1月 5日 (木)

ぬくもりをメカニクスに取り込んだゲーム体験の拡張(WISS2022報告)

2023年1月 4日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です

引き続いてWISS2022(インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ)で発表した研究について紹介します.

こちらは大学院生の長谷川傑さんが開発した,温度提示を利用したボードゲーム用のデバイスにかかわる研究です.

ボードゲームなどとAR(拡張現実)技術を組み合わせて,体験を向上させる研究はいくつか事例があります.これに加えボードゲームで使うボードそのものも拡張してしまおうというのがこの研究です.

碁盤の目のようになっているボード一つ一つにアルミヒータが設置されており,それをゲームエンジンUnityとArduinoを用いて制御しています.まるで盤面の中に生物が潜んでいるような音感提示を与え,隠れている動物を探し出すコンテンツを開発しました.

2022wiss08

2022wiss07

現在はスマートフォンを通じてコンテンツを楽しんでいますが,これからさらなるデバイスへの発展も検討しています.

これからの進展に目が離せません.

文責:三上浩司

2023年1月 4日 (水)

より以前の記事一覧