ビジネス

デジタルトランスフォーメーションについて その7

2021年10月17日 (日) 投稿者: メディア社会コース

みなさんこんにちわ。メディア社会コースの進藤です。今週は7回にわたりデジタルトランスフォーメーションについてお話します。では今日もよろしくお願いします。

------------------------------------------

 この項ではデジタルトランスフォーメーションに必要な組織について述べる。

 デジタルトランスフォーメーションに成功している企業の組織は、まず、デジタルトランスフォーメーションを引き寄せる組織文化を持っている。組織文化は、規範、集団の信念などを意味し、組織の人が容認された行動パターンだと信じているものであり、行動の基本的過程、価値観などを示すもの(ケイン他,2020)であり、デジタルパーパスやビジョンの策定と共有が前提となる。

 デジタルな組織は、また、デジタル環境の変化とスピードに対応することができる体制となっていなければならない。組織をモジュール化(部品のようにばらばらにしておき、組み合わせ可能な状態にしておく)して、必要に応じてすばやく動くことができるクロスファンクショナルチームを作っておき、階層を可能な限り排除することで、外部の人材や組織も含めた、オープンなエコシステム、もしくは、コラボレーションのためのプラットフォームやネットワークを作っておくことが望ましい(ケイン他,2020)。このような、オープンで分散型の組織は、イノベーションを起こすのには向いているが、意思決定に時間がかかったり、モジュール間でのすりあわせ、調整コストが必要な場合もある。そうしたデメリットもあることを意識して、必要に応じて、トップダウン型の意思決定を組み合わせる必要があろう。

 

参考文献

ジェラルド・C・ケイン、アン・グエン・フィリップス、ジョナサン・R・コバルスキー、ガース・R・アンドラス(著)、三谷慶一郎、船木春重、渡辺郁弥(訳)(2020)『DX経営戦略―成熟したデジタル組織をめざして』NTT出版

2021年10月17日 (日)

デジタルトランスフォーメーションについて その6

2021年10月16日 (土) 投稿者: メディア社会コース

みなさんこんにちわ。メディア社会コースの進藤です。今週は7回にわたりデジタルトランスフォーメーションについてお話します。では今日もよろしくお願いします。

------------------------------------------

 この項ではデジタルトランスフォーメーションに必要な人材について述べる。

 まず、必要なのはデジタルトランスフォーメーションを推進するデジタルリーダーである。デジタルリーダーのスキルとして重視されるのは、まずは、前項でのべたデジタルパーパスとデジタルを策定する能力だ。そして、これらを社内で共有するとともに、社内外のエコシステムを動かして、迅速なコラボレーションを実現するプラットフォームを作る。一連の作業をおこなうためには、市場とトレンドの知識、ビジネス的慧眼、高い問題解決能力、前向きであること、先見の明などが求められる。テクノロジーの理解をデジタルリーダーに求めるのは、以上のようなことが満たされた後での話だ(ケイン他、2020)。

 デジタルリーダーは、CDO(チーフデジタルオフィサー)と呼ばれることもある。情報システムを統括してきたCIO(チーフインフォメーションオフィサー)の役割は、技術を活用してプロセスを最適化し、リスクを低減し、既存の事業を改善することであったのに対して、CDOの役割は、より戦略なものであり、技術を活用して、事業そのものを再考し、改革することである

 

参考文献

ジェラルド・C・ケイン、アン・グエン・フィリップス、ジョナサン・R・コバルスキー、ガース・R・アンドラス(著)、三谷慶一郎、船木春重、渡辺郁弥(訳)(2020)『DX経営戦略―成熟したデジタル組織をめざして』NTT出版

2021年10月16日 (土)

デジタルトランスフォーメーションについて その5

2021年10月15日 (金) 投稿者: メディア社会コース

みなさんこんにちわ。メディア社会コースの進藤です。今週は7回にわたりデジタルトランスフォーメーションについてお話します。では今日もよろしくお願いします。

------------------------------------------

デジタルトランスフォーメーションに必要なパーパスについて述べる。

パーパスとは、企業の社会的存在意義や目的を意味する。「我々は何者か」、「我々が充足すべき世界のニーズは何か」という2つの問いの重なる領域としてパーパスは定義できる(BCG,ブライトハウス,n.d.)。デジタルトランスフォーメーションを実現するという文脈で考える場合でも、企業の本業や社会的存在意義、目的は変化しないという場合もあるだろう。しかし、通信会社の例でいえば、その企業の社会的存在意義がアナログの固定電話の敷設であると定義してしまうと、デジタル時代には、既に存在意義を失うことになる。しかし、人々のコミュニケーションを促進すると定義すれば、デジタル時代においても、大きな存在意義がある。あなたの会社のパーパスは、デジタルに対して耐性があるだろうか。そのことを検証するために、デジタル時代のパーパス、すなわち、デジタルパーパスを、書き起こしてみることをおすすめしたい。

 

参考文献

BCG,ブライトハウス(n.d.)「パーパス(存在意義)」

URL:https://www.bcg.com/ja-jp/capabilities/business-organizational-purpose/overview

2021年10月15日 (金)

デジタルトランスフォーメーションについて その4

2021年10月14日 (木) 投稿者: メディア社会コース

みなさんこんにちわ。メディア社会コースの進藤です。今週は7回にわたりデジタルトランスフォーメーションについてお話します。では今日もよろしくお願いします。

------------------------------------------

 現実の企業で、デジタルトランスフォーメーションを実行しようとしても、様々な障害から困難であるという問題が発生している。だが、デジタルトランスフォーメーションは起こるかどうかではなく、いつ、どのようにして起こるかという問題である。企業にとっては、行うべきかどうかという問題ではなく、いつ、どのように行うかという問題である(ウェイル,2018)。

では、明日から、企業がデジタルトランスフォーメーションを実現するためには、どのような事柄を実行していけばよいのだろうか?日本経済新聞(2019)は、デジタル変革に不可欠な6要素として、変革への意欲、変化に強い現代的な基幹系システム、組織と人、経営層の覚悟、ITパートナー、国の支援をあげている。IDC Japan(2017)は、内部エコシステム (組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)を利用することが重要だと述べている。

これらをまとめると、企業がデジタルトランスフォーメーションを実現するためには、(1)デジタルパーパスとデジタルビジョン(2)人材(3)組織(4)戦略(5)ITシステム を変革していく必要があることがわかる。

 

参考文献

ピーター・ウェイル、ステファニー・L・ウォーナー(著)、野村総合研究所システムコンサルティング事業本部(訳)(2018)『デジタル・ビジネスモデル 次世代企業になるための6つの問い』日本経済新聞出版社

日本経済新聞(2019)「デジタル変革に不可欠な6要素」2019年3月19日

グラムコ(n.d.)「パーパスブランディング」

IDC Japan (2017)「Japan IT Market 2018 Top 10 Predictions: デジタルネイティブ企業への変革 - DX エコノミーにおいてイノベーションを飛躍的に拡大せよ」IDC Japan報道発表資料、2017 年 12 月 14 日

 

2021年10月14日 (木)

デジタルトランスフォーメーションについて その3

2021年10月13日 (水) 投稿者: メディア社会コース

みなさんこんにちわ。メディア社会コースの進藤です。今週は7回にわたりデジタルトランスフォーメーションについてお話します。では今日もよろしくお願いします。

------------------------------------------

デジタルトランスフォーメーションとは、単に企業内の局所的なデジタル化ではなく、全社のビジネスモデルを変革する、非常に大きな取り組みであることがわかる。

 だがすべてを同時に実行することはむずかしいので、企業が着目するポイントによって、いくつかの類型がデジタルトランスフォーメーションにはある。市川(2021)は、デジタルトランスフォーメーションを、新サービス・市場創出型DX(ビジネスモデル改革型)、すなわち、デジタル技術を利用して、新たな製品・サービスを提供して顧客への付加価値・市場を創出すべく新たなビジネスモデルを構築するDXと、事業プロセス改革型DX(ビジネストランスフォーメーション型)、すなわち、新たなデジタル技術を利用して、既存の社内外の事業プロセス(バックエンド)全体の改革・効率化を行うパターンのDXと、組織・業務改革型DX(フューチャーオブワーク型)、すなわち、デジタル技術を利用して、組織の働き方や業務のプロセスの改革を行うパターンのDXの、3つに分類している。

 

参考文献

市川類 (2021)「イノベーション論からみたデジタルトランスフォーメーション (DX) 」(No. 21-02). Institute of Innovation Research, Hitotsubashi University

2021年10月13日 (水)

デジタルトランスフォーメーションについて その2

2021年10月12日 (火) 投稿者: メディア社会コース

みなさんこんにちわ。メディア社会コースの進藤です。今週は7回にわたりデジタルトランスフォーメーションについてお話します。では今日もよろしくお願いします。

------------------------------------------

デジタルトランスフォーメーションとは何だろうか。定義は非常にたくさんあるので、それらを紹介することからはじめよう。まず、デジタルトランスフォーメーションという言葉を最初に使ったのは、Stolterman(2004)は、デジタルトランスフォーメーションを、「人間の生活のさまざまな面において、デジタル技術が引き起こし、影響する変化」とした。彼はデジタルトランスフォーメーションを企業のデジタル戦略の一形態としてではなく、社会のデジタル化の視点で定義している(市川,2021)。

 日本でよく利用されている定義は、IDC Japan(2017)によるものであり、デジタルトランスフォーメーションを、「企業が外部エコシステム(顧客、市場)の破壊的な変化に対応しつつ、内部エコシステム (組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネス・モデルを通して、ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること」と定義している。この定義は、経済産業省(2018)によるDXレポートに用いられ、ビジネスにおけるデジタルトランスフォーメーションの定義として広く用いられることになった。

 一方、ウェイドら(2019)は、デジタルトランスフォーメーションを、「デジタル技術とデジタル・ビジネスモデルを用いて組織を変化させ、業績を改善すること」と定義している。

 

参考文献

Erik Stolterman, Anna Croon Fors(2004)“Information Technology and The Good Life”, Umea University, Information Systems Research Relevant Theory and Informed Practice, IFIP TC8/WG2 2004

市川類 (2021)「イノベーション論からみたデジタルトランスフォーメーション (DX) 」(No. 21-02). Institute of Innovation Research, Hitotsubashi University

IDC Japan (2017)「Japan IT Market 2018 Top 10 Predictions: デジタルネイティブ企業への変革 - DX エコノミーにおいてイノベーションを飛躍的に拡大せよ」IDC Japan報道発表資料、2017 年 12 月 14 日

経済産業省(2018)『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』2018年9月7日

URL:http://www.meti.go.jp/press/2018/09/20180907010/20180907010.html

経済産業省(2018)「DX推進ガイドライン」2018年12月URL:https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004.html

マイケル・ウェイド、ジェフ・ルークス、ジェイムズ・マコーレー、アンディ・ノロニャ、ジョエル・バービア(著)、根来龍之(監訳)、武藤陽生、デジタルビジネス・イノベーションセンター(訳)(2019)『DX実行戦略 デジタルで稼ぐ組織を作る』日本経済新聞出版

2021年10月12日 (火)

デジタルトランスフォーメーションについて その1

2021年10月11日 (月) 投稿者: メディア社会コース

みなさんこんにちわ。メディア社会コースの進藤です。今週は7回にわたりデジタルトランスフォーメーションについてお話します。ではよろしくお願いします。

------------------------------------------

近年、社会のデジタル化が驚異的に進み、デジタル技術を基盤とした企業(デジタル企業)の時価総額が大幅に増加していることなどから、デジタルトランスフォーメーションへの関心が高まっている(今井,2020)。また、2020年から2021年にかけては、世界的にコロナ禍に見舞われたため、予想外のかたちで、デジタルトランスフォーメーションが進展した。

では、そもそもデジタルトランスフォーメーションとは、いったい、なんのことだろうか?

そして、あなたの会社でそれを起こす必要はあるのだろうか?

起こしたいと思った場合、まず、何から考えればよいのだろうか?

今週は、そうしたことについて、記していく。

 

参考文献

今井紀夫(2020)「デジタルトランスフォーメーションとその背景の理解」マーケティングジャーナル, 40(2), 65-73.

2021年10月11日 (月)

コロナ禍のもとにおけるインターネットを使ったライブ配信について(7)

2021年4月11日 (日) 投稿者: メディア社会コース

インターネットを使ったライブ配信については、まだ、試行錯誤の時期にあり、今後は業界全体でリアルタイム配信のノウハウや技術を蓄積していく必要があるようです。観客とのコミュニケーション方法にも課題があります。しかし、ライブ配信はコロナ禍のもとでビジネスを継続する手段としては有用です。今後の成長に期待したいと思います。

2021年4月11日 (日)

コロナ禍のもとにおけるインターネットを使ったライブ配信について(6)

2021年4月10日 (土) 投稿者: メディア社会コース

コロナ禍のもとにおけるインターネットを使ったライブ配信について考える場合、祝祭性・社交性を提供する場としての劇場を再現できるかどうかも重要です。しかし祝祭性・社交性は,インターネット配信では、あまり感じられない場合が多いようです。お祭り気分というのは、やはり、対面で、現場に行って、大勢の人と一緒にいないと、なかなか得にくいものなのかもしれません。

2021年4月10日 (土)

コロナ禍のもとにおけるインターネットを使ったライブ配信について(5)

2021年4月 9日 (金) 投稿者: メディア社会コース

コロナ禍のもとにおけるインターネットを使ったライブ配信について考える場合、観客とのコミュニケーションを行うことができるかどうかも大事です。コミュニケーションを行うため、チャットが用意され,観客による投稿がリアルタイムに表示されるなどの工夫を行うこともありますが、なかなか、同じ場にいるときのようにはいかないようです。

2021年4月 9日 (金)

より以前の記事一覧