ビデオ付き

こうかとんパンケーキ?

2020年4月 6日 (月) 投稿者: メディア技術コース

こんにちは。テレビ番組で昆虫などの形をかたどったパンケーキを作っている人の紹介を見て、これはこうかとんパンケーキを作るしかないと思って作ってみました。

(1)下図のように自分の中のこうかとんをイメージします。

Igo003_3s

こうかにゃん(キャンパスによくいるネコ)との五目並べの対決場面

 

(2)パンケーキ用の粉と水を製品の指示に従って混ぜます。生地に適量のチョコシロップを混ぜたものも用意します。

Pancake001s

(2)それぞれ調味料のボトルに入れます。

Pancake002s

(3)縁取りをチョコ入り生地で書いた後、隙間にプレーン生地を流し込みます。

 Pancake004s

(4)表面が乾いてきたら慎重にひっくり返します

Pancake005s

できあがり。

(5)2枚目を焼きます。焼き加減は良いものの、なんだか微妙な表情になってしまいました。

Pancake006s

Pancake007s

(6)続いてネコ(こうかにゃん)のパンケーキを焼いてみます。ゴーグルをかけているようになってしましました。

Pancake008s

Pancake009s

 

(7)最後は余った生地で「八王子」を書いてみます。

Pancake011s

(8)裏返すと左右が反転することを考慮していませんでした・・・。

Pancake012s

(9)後日、反省点を踏まえて以下のことを注意して再度作ってみました。

  1. フライパンでは狭いのでホットプレートを使う。
  2. 線をなるべく細く速く書く。後で生地が膨らんできて線が太くなってくるため。
  3. 書き順を工夫する。書きづらい順に線を書くと図形のバランスが悪くなる。

10倍速での作成の様子の動画

 

(11)さらに後日、しぼり口の直径を調整できる生地用の容器を百均で発見し、またもやチャレンジです。

Pancakes_deco_00s

最初のCGをイメージしつつ飾り付けてみました

Pancakes_hachiojis

今度は「八王子」も読める向きで書けました

以上である程度こうかとんに近づけました。反省点を分析してトライ・アンド・エラーを繰り返す工程は研究にも通じるところがあるのではないでしょうか。

 Trial_and_error

トライアンドエラーのあと

 メディア学術コース 越智

2020年4月 6日 (月)

令和元年芸術科学会東北支部大会・発表報告(その3)

2020年1月30日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログは,「令和元年度芸術科学会東北支部大会」での研究発表紹介・第 3 弾です!

本日ご紹介する研究は「Integrated Volcanic Eruption Animation by 4-phenomenas Simulation[1]」です.

01_20200128234601
図.研究発表中のNapatron Sitimanee君


本研究では,火山現象の中でも特に挙動が多様で複雑な火山噴煙挙動に焦点を当て,爆発噴煙モデルトレーサー粒子を用いた疑似ガスモデル重力落下を考慮した火砕流モデル溶岩湖モデルの 4 つの計算モデルによる混相流数値シミュレーション法を提案しました. 
火山噴煙現象すべてを 1 つの計算モデルでシミュレーションするのは非常に困難であるため,本研究で提案する 4 つの計算モデルによるシミュレーション手法は有益であると言えます.

02_20200128234601
図.4 つの計算モデルによるシミュレーション例


こちら」からシミュレーション動画もご覧いただけます.

今後は,さらにシミュレーションのスケールを大きくし,大規模な火山噴煙現象を再現したいと考えています.


文責:菊池 司


[1] Napatron Sitimanee,圓谷章吾,伊藤智也,菊池 司,”Integrated Volcanic Eruption Animation by 4-phenomenas Simulation”,令和元年度芸術科学会東北支部大会,講演セッション,01-04,2020.

2020年1月30日 (木)

令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その2)

2020年1月29日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログは,「令和元年芸術科学会東北支部大会」での発表報告の第 2 弾です(全 7 回の予定).
本日ご紹介する研究は,「XPBDによるクラゲの遊泳運動とFLIPとの流体構造連成解析法の開発[1]」です.

Photo_20200128004701
図.河下君の発表の様子


本研究では,Position Based Dynamics によるソフトボディと FLIP 法による流体の連成問題を数値解析によって解くことで,クラゲの遊泳運動の様子をシミュレーションするというものです.

こちらからシミュレーションの様子をご覧いただけます.

FLIP 流体の解像度がまだまだ低いため,今後は解像度を上げながら計算を高速にする手法を検討するなどの課題に取り組んでいく予定です.


文責:菊池 司

[1] 河下拓紀,伊藤智也,菊池 司,”XPBDによるクラゲの遊泳運動とFLIPとの流体構造連成解析法の開発”,令和元年芸術科学会東北支部大会,講演セッション,01-05,2020.

2020年1月29日 (水)

令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その1)

2020年1月28日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

令和2年(2020年)1月25日(土)に,岩手県盛岡市「いわて県民情報交流センター(アイーナ)」で開催された「令和元年度芸術科学会東北支部大会」において,菊池研究室から 7 件の研究発表を行いました.

本日のブログから毎回 1 件ずつ,発表を行った研究の概要を紹介したいと思います.
初回の本日は,「炊き立て米飯のプロシージャルアニメーションに関する研究[1]」をご紹介いたします.

_01
図.甘君の発表の様子

現在は様々なモノが CG で再現され,商用コンテンツを中心に利用されるようになっています.そのような背景のもとで我々の研究室では「デジタルフード(食べ物の CG 表現)」のモデリング法やアニメーション法の開発を行っています.

本研究では食品の中でも炊き立てのご飯を写実的に描画することを目的に,米粒ひとつひとつの形状のバラツキをプロシージャルにモデリングし,さらに炊き立てのやわらかいご飯がお茶碗などに充填される際の運動を Positon Based Dynamics で高速に計算する手法を開発しています.

_02
図.成果画像例

こちら」からシミュレーション動画をご覧いただけます.

今後はシミュレーションの精度をより高いものにしつつ,様々な応用例を制作していく予定です.


文責:菊池 司

[1] 甘 暁博,伊藤智也,菊池 司,”炊き立て米飯のプロシージャルアニメーションに関する研究” ,令和元年度芸術科学会東北支部大会,講演セッション,01-06,2020

2020年1月28日 (火)

【研究紹介】数式で髪を編む技術 - Procedural Hair Styling ー

2019年11月 5日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,「数式で髪を編む技術 - Procedural Hair Styling -」について紹介したいと思います.

CG で人型のキャラクターを制作する場合,肌や髪などの質感に加えて,表情や動作も人間そのもののようなリアリティのある表現が求められます.特に髪の表現に関しては様々なスタイルがあり,特定の髪型を制作することによってキャラクターの個性を引き出すことが可能となります.すなわち,ヘアースタイリングはキャラクターモデリングにおいて必要不可欠な要素です.

CG におけるヘアースタイリング技術は,人の写真から髪型の情報を読み取って自動的に生成するものが主流となっています.しかしながらこの手法は,三つ編みやお団子,短髪すぎるものなどの髪の流れる方向を読み取れないものには適していません.

そこで我々の研究室では,ガイドカーブを用いて三つ編みを作る Braid パラメータ,一定のカールを作る Coil パラメータ,およびランダムにカールを作る Curl パラメータの3つによって,複雑に編み込まれたような髪型でもパラメータを調整するだけでスタイリングが可能な技術を開発しました.
三つ編みにはリサージュ曲線を,カールヘアーにはヘリックスをそれぞれ制御関数として用い,上記3つのパラメータの変化でスタイリングを行います(図1参照,動画も公開中です).

Fig_20191102000501
図1.スタイリング例


本研究は,「映像表現・芸術科学フォーラム 2019 [1] 」にて発表を行いました.

[1] 中村史穂,菊池 司,”ヘアーのプロシージャルモデリング”,映像表現・芸術科学フォーラム2019概要集


文責:菊池 司

2019年11月 5日 (火)

"Playing Bauhaus" バウハウス100周年を記念したゲーム開発プロジェクトとその展示イベント

2019年10月17日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディ学部の三上です.

2019年10月18日(金)~10月20日(日)にかけて,メディア学部とドイツのハルツ応用科技大学が共同で実施したプロジェクトの展示会”Playing Bauhaus”が開催されます.

2019harz11

このプロジェクトは,ちょうど2019年にドイツの著名な美術や建築の教育機関「Bauhaus」が100年を迎えるということで,Bauhausのコンセプトをテーマにゲームを開発しようとということでスタートしました.企画段階では,日本とドイツの学生が英語でPitch(ショートプレゼンテーション)を行い,良い企画をピックアップし,日本とドイツの学生が協力しなければ完成できないようにチームを組んで開発していきました.

コミュニケーションの基本は英語,当初は英語のしゃべれない日本人学生たちは,コミュニケーションがうまく取れず難航していました.ドイツの学生も同様で,うまく自分の意思を伝えられないことを嘆いていました.

そこで,インターナショナルなゲーム開発に従事している,UBI SoftwareのフランクフルトスタジオのCorinna Beckmann氏とPeter Haesner氏がインターネットを通じて,両校の学生にInternational Teamで開発する際のアドバイスをたくさんいただきました.
(ここでは,内緒)

2019harz12

 

この講演の内容は我々にとってもなるほどと思わせるもので大変いいメッセージをもらいました.(知りたい人は遊びに来てね)

この講演の後は,やはり少しやりやすくなったようで,少しづつチームもうまくいったように思います.

10月19日(土)の14:00からは学生たちも登壇して,開発の様子などを紹介するイベントもありますので,週末にお時間のある人はぜひ!

開発されたゲームはこちら

 

2019年10月17日 (木)

6月16日(日)開催のオープンキャンパスで模擬授業を行います!

2019年6月12日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

来たる 6 月 16 日(日)に開催される今年度第 1 回目のオープンキャンパスにて,模擬授業を担当させていただきます.
本日のブログでは,模擬授業と我々の研究室で行う展示内容を簡単に紹介したいと思います.

まずは,今年度のオープンキャンパス用に我々「菊池研究室」の研究成果をまとめたダイジェスト映像を編集しましたので,そちらをご覧ください(音が出ますので再生時は周囲にご注意ください).

●菊池研研究成果ダイジェスト映像 2019 年度版へのリンク

こちらの映像は,オープンキャンパスでの模擬授業,および菊池研展示ブースでも上映しますので,大画面で鑑賞したい方は是非ご来場ください.

さて,今回の模擬授業は「最新 CG 映像の作り方」と題して,CG 映像の基本的な理論と制作手法を解説しながら,皆様が日頃様々なコンテンツで目にしている最新の CG 映像がどのようにして制作されているのかを紹介します. 

Tk2018oc01
図.昨年度の模擬授業の様子

菊池研の展示ブースでは,我々の研究室で行っている「研究内容の紹介」コーナーと研究成果のひとつである「360 度動画によるバーチャルキャンパスツアー」の体験コーナーを設けます.
「360 度動画によるバーチャルキャンパスツアー」は,ヘッドマウントディスプレイを装着してキャンパス内を自由に飛び回ることのできるコンテンツとなっており,例年大変人気のコーナーとなっております.

今年度も多くの方々にお会いできることを楽しみにしておりますので,是非ご来場ください.
スタッフ一同,心よりお待ちしております.

Tk2018oc03

Tk2018oc02
図.昨年度の展示の様子

文責 : 菊池 司

2019年6月12日 (水)

インドネシアの提携校バンドン工科大学の学生と一週間で制作したゲームの紹介ビデオ

2019年1月12日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

昨年9月に次のような記事に書かれているように,メディア学部,メディアサイエンス専攻の学生らがインドネシアのバンドン工科大学の学生らと1週間でゲーム制作をしました.
制作したゲームを学生らが紹介したムービーが公開されましたので,ぜひご覧ください.
●バンドン工科大学芸術学部開催によるDigital Game Design Summer Courseに参加  2018年8月18日
http://blog.media.teu.ac.jp/2018/08/digital-game-de.html
●インドネシアの提携校バンドン工科大学でのワークショップ 2018年9月11日  (三上先生)
http://blog.media.teu.ac.jp/2018/09/post-3df5.html
●インドネシアの提携校バンドン工科大学でのワークショップ(2)  2018年9月13日  (三上先生)
http://blog.media.teu.ac.jp/2018/09/2-06e6.html
バンドン工科大学とのワークショップ 加藤木健太/王旭/桑原健吾/武田孝騎/森中太一
http://bit.ly/2SRmGmx

No1

続きを読む "インドネシアの提携校バンドン工科大学の学生と一週間で制作したゲームの紹介ビデオ"

2019年1月12日 (土)

セミナー情報:Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム

2018年4月28日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,私が講師を仰せつかっているセミナーを紹介させていただきたいと思います.

セミナーは,Indyzone 様が主催の「Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム」(5/26開催)です.

続きを読む "セミナー情報:Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム"

2018年4月28日 (土)

速報!スキー合宿に参加しています

2018年2月16日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

ただいま,「東京工科大学スキー合宿 2018 in 万座温泉スキー場」に参加しております!

15__2

続きを読む "速報!スキー合宿に参加しています"

2018年2月16日 (金)

より以前の記事一覧