卒業生向け

タイ王国大使館学生部 公使参事官らの訪問

2019年7月21日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

2019年7月3日、タイ王国大使館学生部 公使参事官 ソムジャイ・クラーイスバン様と職員2名が本学を訪問しました。
現在、タイ政府派遣奨学生2名が在籍していることから、学生らの学習状況や卒業までの計画などについて報告をしました。在籍している学生は、ゲーオナーセン カンカノックさん(佐々木研究室)、リジットピアン ジャンジラーさん(近藤研究室)です。打ち合わせには本学からメディア学部長柿本正憲教授、佐々木和郎教授、近藤邦雄教授、学務課から2名が出席しました。

Photo_20190716172801

はじめに、柿本学部長から公使参事官に本学とメディア学部の紹介などをしました。その後2名の学生の履修状況などを紹介しました。本学で2名の奨学生が大変よく学習しており、大学生活を楽しんでいる様子を知っていただき、公使参事官らには大変喜んでいただけたと思います。

Photo_20190716172802


 今後は大学院生の受け入れや教員の共同研究の推進を勧めたいということを議論しました。その後、集合写真の撮影やコンテンツコンテンツセンターやメディアテクノロジ-センターの見学をしていただきました。

2e0781c7c4944b968de85e46efa343d1

この訪問の様子は、さっそく翌日の7月4日、大使館ホームページでも紹介されました。(2019年7月4日)
http://education.thaiembassy.jp/

 

P1

2019年7月21日 (日)

マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流

2019年7月19日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

本学提携校であるマレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生23名と教員2名がMSU Global Leadership Program 🇯🇵'JAPAN TIME TO TRAVEL'の一環として来学しました。
今回の訪問は、昨年4月に引き続き2回目になります。大学の見学、メディア学部などの研究教育紹介、本学の学生との文化交流を計画しました。

MSU、FISEの学生がMalaysian Floral Water Colour techniqueをメディア学部の学生に紹介したいことが一番の要望でした。そこで、教養学環の勝浦先生にご相談したところ、ちょうど訪問日に英語の講義があり、メディア学部の学生が履修しているとのことで、学生の文化交流を英語の時間に実施することとしました。おおよその予定は次のようです。
訪問は10時30分くらいから16時30分くらいとしました。午前の英語の時間でMSUの紹介をまずお願いしました。

 

Dsc_9060 Dsc_9069

その後、
Malaysian Floral Water Colour techniqueを紹介していただき、学生同士の交流を図ることとしました。

 

Dsc_9076 Dsc_9078 Dsc_9096 Dsc_9098 Dsc_9100 Dsc_9104 Dsc_9120Dsc_9124

 

MSUからの贈り物は、交流をしている片柳研究所の水彩画です。MSUの教員が写真を見て、描いたとのことです。学部長の柿本先生とAinol先生です。

Dsc_9143

続きを読む "マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流"

2019年7月19日 (金)

マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流

2019年7月18日 (木) 投稿者: コンテンツ創作コース

大学提携校であるマレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生23名と教員2名がMSU Global Leadership Program 'JAPAN TIME TO TRAVEL'の一環として来学しました。

今回の訪問は、昨年4月に引き続き2回目になります。大学の見学、メディア学部などの研究教育紹介、本学の学生との文化交流を希望されました。MSU、FISEの学生がMalaysian Floral Water Colour techniqueをメディア学部の学生に紹介したいことが一番の要望でした。

そこで、教養学環の勝浦先生にご相談したところ、ちょうど訪問日に英語の講義があり、メディア学部の学生が履修しているとのことで、学生の文化交流を英語の時間に実施することとしました。一日の訪問は10時30分くらいから16時30分として午前の英語の時間でMSUの紹介をまずお願いしました。

その後、Malaysian Floral Water Colour techniqueを紹介していただき、学生同士の交流を図ることとしました。

続きを読む "マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流"

2019年7月18日 (木)

研究の種見つけた!:学生主体の情報交換の場「知の発見」

2019年6月21日 (金) 投稿者: メディア技術コース

Chino_hakken_005m_20190621205201音について研究を行っている大淵・越智研究室では、学生自身が企画した、研究等の紹介と意見交換の会が毎週開かれていて、研究のアイデアが活発に出てくる場になっています。

二年半前に大学院生(当時、昨年大学院修了)の大谷君により「知の発見」と名付けられて開始し、調査した論文、イベントや学会参加、新しい音響機器など、おもしろいと思ったことを各自が持ち寄って共有しています。教員も参加することがありますが、学生主体で自由参加で開かれています。現在は、大学院生の松井君が大谷君を引き継ぎ、中心となって開催しています。

2年生でニコニコ学会βというイベントのボランティアスタッフをした大谷君は、初めて研究発表形式の講演を聞いてとても面白いと思ったそうです。研究に関心を持って大学院進学をするきっかけにもなったそうです。大谷君は、さらに、同じような会を自分もやってみたいと思いました。毎週開催できるように、参加者各自の研究報告に限定せずに、興味を持った国内外の研究論文を広く紹介する会にしようと企画しました。当時大淵研は新しい研究室だったので、自分たちが新しくて面白い文化を作ろうと思い立ったのです。その後、共有内容を論文に限定せずに広く興味を持ったイベント・技術・機器などに広げて現在の「知の発見」という形にして、今は10名前後の有志で毎週続く会になっています。

それでは、今までどんな内容が発表されたか、少し紹介していきます。

(1)論文紹介:AIで好きな曲をダンスゲームにする [1]

音楽に合わせてダンスをするゲーム(Dance Dance Revolution)のダンスステップの指示を、好きな曲から自動生成するという研究です。機械学習の手法である、再帰型ニューラルネットワーク(Reccurent Neural Network: RNN)や畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional Neural Network: CNN)などと、音響特徴量の分析を組み合わせています。音響特徴量とは、音楽中にどの周波数(高さに相当する物理量)の音がどの程度の強さで含まれているかなどです。既存の曲とそれに対するステップの指示の譜面のセットから機械学習を行って、未知の曲が与えられた時にもステップの指示を生成できるようにします。これは福永君の、キー音のあるリズムアクションゲームの自動生成の研究のアイデアの生まれるきっかけになりました。

(2)論文紹介:鳥の鳴き声の自動検出 [2]

この研究は、自然環境の中で録音したデータから鳥の鳴き声がいつ録音されたかを取り出すというもので、その技術の精度について世界中で競い合う大会が行われているということが「知の発見」で共有されました。環境や野生動物の観察のため、野山にカメラやマイクを設置して長時間映像と音声を記録するということは、実は世界中で行われています。そのとき大変になるのが、どの時刻に何が(例えば鳥が鳴いた、など)起こったかということを書きだすこと(アノテーション)です。長時間の録画・録音のため、人手で行うのには非常に手間がかかるので、自動的に鳥の声などを検出できるようになることは、上記の分野に大変に役立ちます。この研究紹介の共有は、昨年鳥の鳴き声の研究をしたS君の研究のヒントになりました。

Sekireim

Tsubamem ちなみに、工科大では現在、上の写真のようなハクセキレイ(上)やツバメ(下)といったさまざまな鳥が見られます。夜は裏の森の中から「ホーホーホー」という鳴き声も聞こえますよ。工科大で鳥の声を録音してみても興味深い結果が観察されるかもしれませんね。

他にも楽しい研究紹介・イベント紹介があり、学生の新たな研究のアイデアに繋がったものがあるので、また次回に紹介したいと思います。

メディア技術コース 越智

参考文献:

[1] Donahue, C., Lipton, Z. C., & McAuley, J. (2017, August). Dance dance convolution. In Proceedings of the 34th International Conference on Machine Learning-Volume 70 (pp. 1039-1048). JMLR. org.

[2] Stowell, D., Wood, M., Stylianou, Y., & Glotin, H. (2016, September). Bird detection in audio: a survey and a challenge. In 2016 IEEE 26th International Workshop on Machine Learning for Signal Processing (MLSP) (pp. 1-6). IEEE.

2019年6月21日 (金)

夢ナビライブ 2019 東京会場で講義ライブを行いました!

2019年6月14日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

去る「6月8日(土)」に,東京ビッグサイトで開催された「夢ナビライブ 2019」で講義ライブを行ってきましたので,本日のブログではそのときの様子を書きたいと思います.

この日の講義ライブタイトルは,ずばり「最新の VFX 映像はこうして作られる」です.
映画やゲームの中でよく目にする CG による特殊効果( VFX )映像はどのようにして作られるのか?
なぜあれほどのリアルな映像が作り出せるのか?
その最新技術に関する理論や,高校数学・物理との関連性について,わかりやすく実演を交えながら紹介しました.

講義には,約 230 名の高校生が聞きに来てくれました.
また,講義終了後の質問コーナーにたくさんの高校生が来てくれて,講義をした私もとても嬉しかったです.

当日の写真を少し紹介します.

まずは東京ビッグサイト!(笑)

Img_4424


入り口にはわかりやすい看板が出ています!

Img_4425


これが講義ステージの様子です.
ここだけでも,A1〜6 の島が H まであります.
ものすごい広さです.

Img_4428


ちなみに,講義ライブを担当する教員は,こんな雰囲気の控室で待機しています.
結構緊張感があるんですよね...(笑)

Img_4431


この日の講義内容は,今年度のオープンキャンパスでの模擬講義でも話しますので,オープンキャンパスにも是非お越しください.
(オープンキャンパスの模擬講義の内容は,こちらで紹介しています)

文責 : 菊池 司

2019年6月14日 (金)

6月16日(日)開催のオープンキャンパスで模擬授業を行います!

2019年6月12日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

来たる 6 月 16 日(日)に開催される今年度第 1 回目のオープンキャンパスにて,模擬授業を担当させていただきます.
本日のブログでは,模擬授業と我々の研究室で行う展示内容を簡単に紹介したいと思います.

まずは,今年度のオープンキャンパス用に我々「菊池研究室」の研究成果をまとめたダイジェスト映像を編集しましたので,そちらをご覧ください(音が出ますので再生時は周囲にご注意ください).

●菊池研研究成果ダイジェスト映像 2019 年度版へのリンク

こちらの映像は,オープンキャンパスでの模擬授業,および菊池研展示ブースでも上映しますので,大画面で鑑賞したい方は是非ご来場ください.

さて,今回の模擬授業は「最新 CG 映像の作り方」と題して,CG 映像の基本的な理論と制作手法を解説しながら,皆様が日頃様々なコンテンツで目にしている最新の CG 映像がどのようにして制作されているのかを紹介します. 

Tk2018oc01
図.昨年度の模擬授業の様子

菊池研の展示ブースでは,我々の研究室で行っている「研究内容の紹介」コーナーと研究成果のひとつである「360 度動画によるバーチャルキャンパスツアー」の体験コーナーを設けます.
「360 度動画によるバーチャルキャンパスツアー」は,ヘッドマウントディスプレイを装着してキャンパス内を自由に飛び回ることのできるコンテンツとなっており,例年大変人気のコーナーとなっております.

今年度も多くの方々にお会いできることを楽しみにしておりますので,是非ご来場ください.
スタッフ一同,心よりお待ちしております.

Tk2018oc03

Tk2018oc02
図.昨年度の展示の様子

文責 : 菊池 司

2019年6月12日 (水)

近藤邦雄教授が情報処理学会フェローの称号を授与される

2019年6月 7日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の柿本です。

このブログでもおなじみのメディア学部近藤邦雄教授が、情報処理学会の「フェロー」の称号を授与されました。2019年6月5日に開催された情報処理学会総会において、認証状の授与式が行われました。

一般に学会のフェローというのは、その研究分野で大きく貢献した研究者に贈られる称号です。情報処理学会の場合は、推薦と審査を経て「情報処理および情報通信等の分野において著しく貢献した」と認められた学会員だけに授与されます。約2万人の会員から、今年フェロー称号を授与されたのは13名です。たいへん名誉なことです。今回対象となった近藤先生の業績は、「CGの非写実的表現とコンテンツ制作技術の研究およびその教育・普及に関する貢献」です。

Img_2660

近藤先生(左)と情報処理学会会長の西尾章治郎先生(大阪大学総長)

Fellow

近藤先生に授与された認証状

以下は、情報処理学会会員の研究者5名の推薦者から提出された業績推薦理由です。

『近藤邦雄君は,1980年頃の写実的なCGの研究が全盛の時代に,先駆的な非写実的表現(Non-Photorealistic Rendering)の研究を行い,その後のCG分野の拡大に大きな影響を与えた.その後も一貫して人の理解を助けるCG表現技術を発表した.近年はアニメーションやゲームなどデジタルコンテンツ制作技術の研究と教育に情熱を傾け,数多くの教科書執筆やカリキュラム開発を通じてメディア学の体系化を推進し,コンテンツ制作技術の位置づけを確立し,この分野の教育と普及に比類ない貢献を行った.』

近藤先生が研究と教育に情熱を傾けておられることは、このブログの記事を日ごろ読まれている方々は実感されていると思います。

近藤先生、このたびのフェロー認証、誠におめでとうございます。

メディア学部 柿本 正憲

 

続きを読む "近藤邦雄教授が情報処理学会フェローの称号を授与される"

2019年6月 7日 (金)

キングモンクット工科大学トンブリー(KMUTT)からインターン学生がやってきた。

2019年6月 4日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

タイのKing Mongkut's University of Technology Thonburi: KMUTT (キングモンクット工科大学トンブリー校)Faculty of Industrial Education and Technologyから
Mr.Navaroot Prirungruang: Root(ニックネーム)
Miss. Sawaros Thongkaew: Bell(ニックネーム)
の2名の学生がインターンシップ学生として私の研究室にきました。

62144565_658082391284928_238148173839309 61714026_660181174409828_256974748087484


KMUTTと提携していて、学生の交流、シンポジウムの開催などをしています。7月5日には本学でシンポジウムを開催します。

彼らは2019年6月3日から7月29日まで2か月程度、メディア学部の私の研究室で研究活動をします。
彼らが興味あるキーワードは、VR,アニメ、Unreal Engine 4です。昨年の卒業研究にちょうどいい題材があるので、まずはそれを理解してもらうことにします。毎日8時間勉強、研究をすることになっています。

続きを読む "キングモンクット工科大学トンブリー(KMUTT)からインターン学生がやってきた。"

2019年6月 4日 (火)

2005年の研究成果が、今年の東京大学の五月祭で紹介される。

2019年6月 1日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

東京大学で行われた五月祭で2005年に私たちが発表したオーロラの研究論文に関係したことが紹介されました。

つぎの画像は、私たちの研究論文の中のオーロラの画像です。

Gazo

2005年とはずいぶんと前のようですが、学会で発表した研究論文はいろいろなところで見られたり、引用されたりします。今はインターネットで、関連する単語をもとに論文を見つけることもできます。今年の4月に東京大学の学生から、メールが送られてきて、私たちの研究論文を見つけたが、ソースコードがあれば、見たいとのことでした。
卒業研究生が整理した資料の中に、プログラムもありました。しかし今現在、それが動くかどうかはわかりませんでしたが、送ることにしました。

続きを読む "2005年の研究成果が、今年の東京大学の五月祭で紹介される。"

2019年6月 1日 (土)

イメージメディア研究室のリニューアル

2019年5月30日 (木) 投稿者: メディア技術コース

 イメージメディア/ビジュアルコンピューティング研究室(柿本・戀津研究室、研究棟C-424)をリニューアルしました。各卒研生・大学院生の机を壁際窓際に並べることで、全体が広くすっきりと使えるようになりました。
  

Img_1014s

 中央に会議机を置き、アクセスしやすいようにしました。入り口側にも談話できるテーブル・椅子を置いています。
  

Img_1015s

 配置換え以前は、壁際に棚が多かったのですが、古い機材を廃棄して棚は最小限に減らしました。これまで机の間で狭く入り組んでいた通路がなくなり広いスペースが取れました。
 
 7年前に退職された宮岡伸一郎先生がイメージメディア研究室を立ち上げてから20年近く同じレイアウトでしたが、初めての大規模なレイアウト変更です。
 
 8月のオープンキャンパスで研究室公開を行う予定です。10月の紅華祭でも公開します。たくさんのOB/OGの方々にもお越しいただいてリニューアルした研究室を見てもらいたいです。

 
メディア学部 柿本正憲

2019年5月30日 (木)

より以前の記事一覧