在学生向け

2019年8月21-24日インドネシア、バリ島IEVC2019参加(2019インドネシア出張報告その3)

2019年9月16日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

このインドネシア出張もその3になりました。画像電子学会が主催するIEVC2019にはメディア学部からたくさんの教員、学生が参加しており、私が紹介することもないかと思いますが、とてもIEVCとは関係が深いので紹介したいと思います。

IEVCの正式名称は
The 6th IIEEJ International Conference on Image Electronics and Visual Computing (IEVC 2019)
です。2つの分野があることが分かります。Image Electronics と Visual Computing です。

70025432_2682496895128743_38723689152375

IEVCの歴史は、このページを見てください。
IEVC2007 Cairns, Australia
IEVC2010 Nice, France
IEVC2012 Kuching, Malaysia
IEVC2014 Koh Samui, Thailand
IEVC2017 Danang, Vietnum
というように、2年か3年おきに開催しています。私は画像電子学会の会長も経験したこともあるために、すべてのIEVCに参加しております。いろいろな国で多くの研究者との交流をしてきました。

69538714_2682482368463529_78469426503672 69355848_2682480125130420_28170531795422

続きを読む "2019年8月21-24日インドネシア、バリ島IEVC2019参加(2019インドネシア出張報告その3)"

2019年9月16日 (月)

学会発表の楽しさ

2019年9月15日 (日) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

秋の学会シーズンですが、最近は学部生でも学会発表をする人が増えてきました。初めての学会発表のときには、緊張して不安そうな人も多いですが、学会が終わって帰ってくると、ほとんどの人が「発表して良かった」と言います。そこで、まだ学会発表をしたことがない人のために、学会発表の楽しさを紹介したいと思います。

第一のメリットは、発表が何よりの自己紹介になるということです。学会では、懇親会があったり、あるいは先生の人脈で他の研究室の人と一緒に食事に行ったりすることがありますが、発表をすませた人には、いろんな人が話しかけてくれます。話しかける側からしても、「あの研究おもしろいですよねー」なんて声をかけやすいですよね。初対面の人と仲良くなるのは、普通は大変なことですが、発表のあとならそのハードルがぐっと下がるのです。

もちろん、研究そのものに関するメリットもあります。自分の研究テーマに関して、普段から研究室内ではいろいろ議論しているでしょうが、メンバーが限られると、どうしても似たような議論に終始してしまいます。しかし、その話を始めて聞いた人からは、思いがけない視点でのコメントをもらえることがよくあります。学会でもらったコメントをきっかけに、研究が思わぬ方向に発展していくということはよくあります。

そして何より、自分の発表に大勢の人が注目してくれるというのは、他になかなかあることではありません。みなさん、ロックスターやオリンピック選手になって聴衆の注目を集めるのって、あこがれますよね。でも学会発表だってそれに近いものだと思えば、何だか楽しそうな気がしてきませんか?

2019年9月15日 (日)

東京ゲームショウビジネスデイ2日目

2019年9月13日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

本日,東京ゲームショウビジネスデイ2日目です.朝方,昨日の来場者数の報告がありました.メディアを含めて33,000人強ということで,歴代最多人数が来場した昨年よりも1,000人以上多い結果となりました.

2019tgs20

昨日,今日とブースにいて感じるのは卒業生の活躍と母校愛ですね.

様々な企業の人事の方がお越しになるのですが,皆様卒業生の名前を挙げていただいたうえで,活躍の様子を聞かせていただいております.卒業した皆さんが,これまでの学びをしっかりと生かして,企業に入っても学び続けて成長している姿がはっきりとわかります.

ゲーム業界は大変変化の激しい業界ですから,大学時代に得た知識やスキルだけではその変化についていくことはできません.勉強の仕方研究の仕方をきちんと身に着けることで,新しい技術を理解して職場に取り入れることができるようになるわけで,そうした実践ができていることと,それができる職場の環境があることが大変喜ばしいです.

前回のエントリーにも書きましたが,大変多くのOBが会場で東京工科大学ブースを見つけ,後輩の作品に対して貴重なアドバイスをくれたり,現場でのいろいろなお話を聞かせたりしてくれています.

上下のつながりも大切にできていて,本当に卒業生たちには感謝しています.全員紹介することはできないのですが,来場した人の一部を写真でご紹介しておきます.

2019tgs22

2019tgs23

2019tgs25

2019tgs21

2019tgs24

東京ゲームショウ向けの作品は,おおよそ1年をかけて制作します.これまで多くの苦難を乗り越えて何とか形になった作品を展示して意見を聞く機会は大変貴重です.ぜひ,この経験を生かして,自分の目標を実現すべく頑張ってほしいと思います.

 

文責:三上浩司

2019年9月13日 (金)

バリ島・番外編

2019年9月13日 (金) 投稿者: メディア技術コース

先日IVEC2019の国際学会のことを書きました。今回は、開催地のバリ島で見た物について書きたいと思います。

(1)バリ島のデザイン

建物の中や町中に像があり、祀られています。写真は学会会場にあったカエルの形をした照明器具です。ユーモラスですね。

Frog

(2)生き物

至る所で様々な花を見ることができ、良い香りもしています。下側の写真はよく歩いていたハトです。日本のキジバトと大きさは似ていますが少し色合いが違い、鳴き声も違います。会場の庭にはリスも来ていました。

Flowers

Dovejpg

(3)バリ島の風景

会場近くの浜辺です。サンゴの塊が散らばっているので泳いだらケガをしないかと心配になりますが、海水浴をしている人も少しいました。夕方に馬で散歩している人がいる場所もありました。

Coral

Seashore

次の写真は、各商店の入り口に置いてあるお供えです。バナナの葉っぱのようなもので正方形や花形の皿を作って、そこに花や線香、お菓子が置いてあります。

Misesaki

(4)学会中に食べた物

学会中は基本的に近所のモールや町中の食堂に出て昼食をとりますが、図は近くのフードコートで食べたミーゴレン(焼きそば)とサテ(焼き鳥)のセットです。料理にはよく下半分にあるようなエビせんを思わせるようなチップスがそえてあります。魚味や野菜味があるようで、フードコートの隣のスーパーでも売られていました。

Lunchm_20190909214201

Chips

 

あと、日本からの参加者に好評だったのは空心菜(中が空洞の茎を持った菜っ葉)の料理です。ソースのようなものでほどよい味付けがされていて歯ごたえもあり、おいしいです。Vegetablem

 

筆者が感動したのは、料理と一緒に注文したジュースでした。ドラゴンフルーツ(左)、スターフルーツ(右)などさまざまなものがあり、どちらも爽やかな酸味と甘みで非常に感激しました。材料のフルーツを食べてみたくてスーパーで買ってみました。赤いタイプのドラゴンフルーツは中身も赤紫です。スターフルーツはその名の通り、断面が星形です。どちらもジュースとは違い甘みは想像より少なかったのですが、これはこれで、さっぱり目のスイカとナシみたいな味で味わい深かったです。Fruitm

メディア技術コース 越智

 

2019年9月13日 (金)

いよいよ開幕東京ゲームショウ

2019年9月12日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

本日いよいよ東京ゲームショウが開幕しました.本日はビジネスデイということで一般日と比較すると来場者は少ないのですが,それでも朝から多くの方がブースを訪問してくださり,学生の開発したゲームを試遊し貴重なコメントを残していってくれました.

2019tgs11

2019tgs112

 

また,研究開発コーナーで熱心に研究について聞いてくださるなど,多くのお客様に恵まれております.

2019tgs12

メディア学部はゲーム業界に就職する学生も多く,またその内容や経験が現場に出てからも大変有用であることから,実にたくさんのOBの方がブースに訪れてくれます.

皆さん,ゲーム業界になくてはならない人材に成長してくれているようで,企業の人事の方も多く訪れて,優秀な卒業生の後輩をぜひ採用したいとおっしゃっていただける機会も増えました.大学としてはありがたい限りです.

 

2019tgs17 2019tgs19

  2019tgs19 2019tgs15  

2019tgs18

明日もビジネスデイが開催されます.

また速報をお伝えしたいと思います.

 

文責:三上浩司

2019年9月12日 (木)

明日から開幕「東京ゲームショウ2019」

2019年9月11日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

 

いよいよ明日9月12日から,「東京ゲームショウ2019」が開幕します.

東京工科大学は先に出展を始めていた専門学校と合同展示する形で,2007年から展示をはじめ今年で13回連続での出展となります.オープンキャンパスなどで来場者にプレイしてもらった意見を踏まえさらにブラッシュアップしたゲームや,ゲームに関する卒業研究や大学院生の研究を展示します.

出展のお知らせWebページ

2019tgs00s

展示準備の様子

 

今年はPCゲームが3チーム,スマホゲームが2チームの合計5チームが作品を展示します.ギリギリまで作品のチェックや展示素材のチェックなどをして何とか出展にこぎつけました.

今年の出展ゲームのWebサイト

2019tgs01s

最後のチェックの様子

9月14日(土),15日(日)は一般の方も来場できる一般デーです.ぜひ興味のある方は幕張メッセ

場所は幕張メッセ1ホール ゲームスクールコーナー 1-N14です.

文責:三上浩司

2019年9月11日 (水)

学会ってどんなとこ?

2019年9月11日 (水) 投稿者: メディア技術コース

Gakkai2019_2w

今は学会シーズンです。連続して3つの学会に行ったので、それぞれの特色を比較しつつ、学会ってどんな雰囲気なのかについて紹介します。

(1)国際会議IEVC2019

  1. 画像がテーマ
  2. インドネシアバリ島で行われた

サウンドの研究が専門の私はこの画像の学会で、画像と音を両方使った研究の発表を行いました。VRなどを目指した360度映像・画像で臨場感の高いバイノーラル録音を活用する研究プロジェクトです。学会発表には大きく分けて、口頭発表とポスター発表の二種類があります。私は今回ポスター発表を行いました。口頭発表は通常の座学形式の発表で、プレゼンテーション+会場からの質疑応答で構成されます、それに対し、ポスター発表とは、研究内容を印刷したA0サイズ程度の大きなポスターを壁に貼ってその前に立ち、見に来た学会参加者に対して直接説明するという形式です。一対多の口頭発表に比べてよりインタラクティブでありたくさんの意見を聞くことができます。今回は、画像やゲームなどに関わる研究者とそのコンテンツに付与する高臨場感がある音とはどういうものかについて活発に議論する機会を得ることができました。

ところで、IEVCは画像を扱う学会であることもあり、ポスター発表の発表者にも、全員の前で自分の発表の概要を1分で述べる時間(ファスト・フォワード)があります。例えばCGについての研究であれば、画像を載せたスライドを出して、聴衆の興味を引いてたくさんの人に聞きに来てもらうことができます。一人1分しかないため、発表者が列になって次々と入れ替わって話すという光景が見られます。

Ffws

さらに、余談ですが、お昼休憩には地元のインドネシア料理の食堂に行きました。写真のようなスープを注文しました。あっさり味でのスープと、ご飯と、激辛唐辛子ソース(左上)の組み合わせがとてもおいしかったです。たいていの料理にライムが添えてあったり、レモングラスというハーブがふんだんに使われていて、辛さの中にも爽やかな清涼感を感じることができます。この学会参加を通じてインドネシアの食文化の奥深さとすばらしさを体験することができました。

Soup

Restaurant006w

(2)JSSFD(日本吃音・流暢性障害学会)

  1. 医療系学会
  2. 当事者(患者)・家族参加型
  3. 今回は神奈川県

次は、がらっと変わって、国内の医療系学会です。筆者が助成金を受けて行っている研究プロジェクトに関わるテーマであり、特定の疾患を扱っている珍しい学会です。また、当事者と家族が参加しているという意味でも特色があり、患者にとっては自分たちの疾患の会に自分たちが参加せずに専門家だけで話し合われる、という従来の形の学会にはない画期的な交流が行われます。とくに、お昼にマイメッセージというプログラムがあり、経験談が語られて生の声が患者と専門家の間で共有されました。

Mymassagews

(3)ASJ(日本音響学会)

  1. 音がテーマ
  2. 学際的・文理融合型
  3. 今回は滋賀県

最後は、音響・音声・音楽など音を扱った学会についてです。音についてなら、言語を研究する人文系の専門家の話、音響教育、建築物での音の響きなどを扱う話、騒音の話、超音波の話など、なんでも含まれています。つまり、聞きたい音、消したい音、聞こえない音、色々な話題があるのです。たくさんの部屋に分かれて口頭発表やポスター発表が行われていて、色々聞いて回ることができます。質疑応答では、結構厳しく鋭い質問が飛んだりします。音を流す発表が多いので、いざ発表時に音が出ないということがないよう、発表者は入念に確認して発表に臨みます。

Asjws

学生の皆さん、このように学会には様々な独自の特色があります。発表の時はドキドキ緊張すると思いますが、是非チャレンジして学外の人と意見交換して自分の研究に磨きをかけてください。

 

メディア技術コース 越智

2019年9月11日 (水)

タイピングの話

2019年9月10日 (火) 投稿者: メディア技術コース

大学の1年生の前期には「情報リテラシー演習」という、大学の授業あるいは将来必要になるであろうIT関連の基礎知識をトレーニングする演習が用意されています。この演習を担当していると昨今の大学生のコンピュータースキルの変化も分かって興味深い面があります。

授業前にアンケートを行って各学生がどの程度のパソコンの習熟度があるかを調べるのですが、近年はパソコン教育も充実して使い慣れた学生ばかりになっている…かと思いきや、逆にスマホなどの普及によってパソコンを日常で使う習慣が薄れてきているような印象を受けます。そうですよね、スマホがあれば大抵のことができるので、わざわざパソコンなんて使わないのです。

ちなみに、パソコンを持っている人へのアンケートをしたところ、「パソコンでメール操作を行うか?」という項目では、メールを扱う学生はパソコン所有者の43%に留まる結果になりました。現代の若者はメールより身近なLINEなどのツールに流れているようです。

--

さて、パソコンの一番のハードルとして四苦八苦するのがタイピングです。大学1年の「情報リテラシー演習」では、タイピング練習も必須になっています。パソコンに普段触っていないと訳が分からないのがこのキーボードのキーの並びですね。

1980年代のSF映画を見ているとしきりに未来のコンピュータの仕様として、音声で命令というのが出てきます(あとよくわからないチカチカ点滅するランプも)。映画「スタートレック4/故郷への長い道(1986)」の中では、80年代に戻った未来人が、パソコンの操作インターフェースを見て、音声入力が無いのに驚き、キーボードを見て「なんて原始的な」と面白がってタイピングをする様子もあります(未来人は習わなくても、さくさくキーボード打てるのです)。この映画の製作から30年以上経っていますが、いまだにパソコンの操作はキーボードです。

文字を印字するタイプライターの発明自体は19世紀中ごろですが、商業的に量産され始めるのは20世紀初めくらいで、この時、タイピングの効率化を図るために、1882年に作られたQWERTY配列のキーボードが使用されます。このキー配列は上段にAIUEOの母音を配置し、残りを“アルファベット順〟に中段左から右に、下段右から左に並べたもので、さらに当時の年号19XXや18XXが打ちやすいように数字の8,9の近くにIを配置(数字の1と兼用)したり、モールス信号の翻訳結果を打鍵しやすいように似た符号のZ,S,Eが並んだり(さらに下段からTQPRYが上段に)、という経緯で現在の並びになっています。一見、キーの並びはランダムに見えますが中段は左から右、下段は右から左にある程度アルファベット順に並んでいるのが観察できると思います。決してランダムというわけではないのです。

タイピングの速度は早い人は1秒間に25打鍵!くらいできるようなので(1分間に25×60…)皆さんも頑張ってその域に達するように心がけましょう。わたし?私はいまだにキーボードを見て打っている派です。

…と、この記事を書いていたら、“脳波でタイピング〟をする技術のニュース記事が目に留まりました。(ソースはこちら
天津大学の大学院生の方が1分あたり691.55バイトの情報伝達速度を記録したとか(そして、普通の人のスマホ操作が1分に600バイト程度とか)。もっとも、打鍵には結構集中力が問われるようなので、まだまだ思っただけで簡単に文字が打ち込める世界は遠いようです。

(以上 文責:1年次「情報リテラシー演習」担当 永田)

 

2019年9月10日 (火)

次世代アニメ制作手法の研究について、国際会議「IEVC2019」にて研究発表

2019年9月 8日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さんこんにちは。メディア学部 特任講師の川島です。
今回は、少し前になりますが、インドネシアのバリ島で開催された国際会議「IEVC2019」での研究発表について紹介します。
ADVANCED SCENE CONSTRUCTION AND COMPOSITE SYSTEM FOR JAPANESE COMMERCIAL ANIME PRODUCTION
私の研究室では、次世代アニメ制作手法の研究をテーマの1つとして取り組んでいます。近年のアニメ作品では、作画と3DCGを組み合わせてダイナミックで複雑なショットを作る機会が増えていますが、3DCGデザイナーと撮影(映像合成のことをアニメ業界では「撮影」といいます)の担当者の両者の負担が増して、トラブルが起きやすいのが現状です。そこで本研究では、バラバラだった3DCGと撮影の作業工程を1つにまとめる、画期的なシステムを提案しています。

Pipeline

これを実現するツールを、近年の映像コンテンツ制作で多方面から期待されているゲームエンジン「Unreal Engine 4」をベースに開発しています。ゲームエンジンでは美しいCGをリアルタイムで表現できますので、この新しいツールを活用することで、制作作業の大幅なスピードアップが期待できます。

Tool

※ 権利関係の都合により、画像の一部をぼかしています

 

本研究は老舗で数々の有名アニメ作品を手掛けている旭プロダクション様との共同プロジェクトとして取り組んでおり、今後も実際の作品制作での活用を前提に開発に取り組んでいきます。
ところで、IEVC2019では、教員や研究者の方々だけでなく、多くの学生が口頭発表やポスター発表を行っていました。在学中に国内外の学会で発表することはハードルが高く感じるかもしれませんが、発表の前後では素敵な懇親会があったり、会場付近の散策などリフレッシュできる楽しみもあります。就職のアピール材料にもなりますので、ぜひ、チャレンジしてみてください!
Img_6834 Img_6840 Img_6810 P8240035

2019年9月 8日 (日)

2019年8月20日インドネシア、iSTTS訪問、講義を実施(2019インドネシア出張報告その2)

2019年9月 7日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

INSTITUT SAINS and TEKNOLOGI TERPADU SURABAYAとは昨年提携をしたばかりです。

Istts

提携はITS(スラバヤ工科大学)の博士課程学生として2013年にEndang先生が来学して、三上先生、柿本先生、近藤らが研究指導したことがきっかけです。その後、iSTTSのEsther先生もITS博士課程の学生として来学して藤澤先生のもとで研究をしています。

69572190_2682439808467785_18824225072862 69092802_2682431065135326_32441972634964 69321641_2682417681803331_70550909846814

今回のインドネシア訪問で、スラバヤ工科大学を訪問することを知ったEndang先生が、講義をしてほしいということを依頼してきました。提携してまだ本学の教員はどなたも訪問しておりませんでしたので、この機会に訪問して講義をすることにしました。

続きを読む "2019年8月20日インドネシア、iSTTS訪問、講義を実施(2019インドネシア出張報告その2)"

2019年9月 7日 (土)

より以前の記事一覧