在学生向け

誰か見ている効果2

2019年3月20日 (水) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部卒業生の皆さん、

 ご卒業おめでとうございます。

 一年前この場で申し上げたことを学部ブログに公開したところ、何人かの異なる年代の方々から大きな反応をいただきました。今日はその話である「誰か見ている効果」に絞って、これから社会で仕事をする皆さんへの言葉とします。

 結論を先にいうと、仕事を一生懸命やっているのに誰も認めてくれない、と感じても、必ず誰か見ているから、腐らないで一生懸命やり続けましょう、という話です。

 仕事は必ず誰かと一緒にやるものです。一人で担当する部分もありますが、その成果は必ず誰か一緒に仕事をする人がチェックします。数か月で完結する一つのプロジェクトがあるとしましょう。その中で社内外の人との会議や個別の打合せ、相談、指示など、直接人と話をする時間だけでも累積すれば数時間、あるいは数十時間になるでしょう。

 細部にわたる事項をこれだけの時間話し合えば、あなたが一生懸命やっているかどうか、周りの人が気づかないわけがありません。直接話す時間が少なくても、メールのやり取りからでもわかります。あなたが一人で何か担当した場合でも、その成果物をチェックする人々は、あなたが一生懸命やったかまずわかります。

 たかだか数十分の採用面接でデキる人かどうか判定するのは大変困難です。でも、一つのプロジェクトで一緒に仕事をすれば、ほぼ正確な判定が可能なのです。

 そのことがわかっていれば、「誰も自分を認めてくれない」と嘆くのがいかに無意味なことか、わかるでしょう。つまり、認めていても面と向かってあなたに言わないだけなのです。また、ここが大事ですが、もし認めていなくても面と向かって注意はしません。あなたの周囲の人の頭の中には、あなたはちゃんとやる人、あるいはやらない人、という小さな旗が静かに立つだけです。そしてその旗色はその人々の脳内に長く残り続けます。

 ここでいう周囲の人々というのは上司や部下や同僚だけではありません。社内の他部署の人、協力企業の人、そしてもちろんお客様や顧客企業の人も含みます。あなたと直接会うことのない同業他社やライバル企業の人だって、あなたのチームの成果を通じてあなたを見ているかもしれません。

 このような「誰か見ている効果」が、実際に効果を発揮することは実はほとんどありません。たぶん、就職してから数年から10年ぐらいは、あなたはこの効果に気づく機会すらありません。しかし、重要なのは、「誰か見ている効果」が発動されるのは、人生でせいぜい数回から十数回しか起こらない昇進や転職の機会だということです。

 そのような機会には、あなたの旗の色、つまりあなたがちゃんとやる人なのか否かの情報交換や確認が行われます。業界内のつながりは当然ありますから、思わぬところからあなたの評判が入ってくることもあります。ほとんどの場合そのやりとりに本人は気づきません。

 私が直接「誰か見ている効果」を実感したのは、10年ほど前、長年勤めた会社からリストラ宣告を受けたあとです。あなたのポジションはもうありません、退職日は2か月後です、これは決定事項です、と社長から言われました。これが世にいうリストラかぁ、と思いました。ひと月ほどして、噂を聞きつけた人たちから私に声がかかりました。さらに10年ほど前に私の上司と部下だった二人です。こっちの会社で一緒にやらないかと誘ってくれました。私の仕事ぶりを憶えておいてくれたのです。

 いろいろ「怖い話」風なことを申し上げましたが、恐れる必要はありません。たとえ失敗しても、心を込めて一生懸命仕事をすればよいのです。プロセスも含めて必ず誰か見ています。もちろんいい仕事をするために新しい勉強もして実力をつける必要はあります。実力以上に見せようとしてもすぐにばれます。謙虚すぎるのもいけません。

 「誰か見ている効果」は心の隅でいつも意識しながらも、思い切って、心を込めて仕事をしてください。

 東京工科大のメディア学部を出た人はちゃんと仕事をするよね、という確固たる評判が社会に定着することが私の夢です。私たち教員の側も、卒業生の皆さんがずっと自慢できるようなメディア学部にしていくことをお約束します。

 本日はご卒業おめでとうございました。

メディア学部 柿本 正憲

2019年3月20日 (水)

チュラロンコン大学からのインターン学生との再会

2019年3月14日 (木) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。

メディア学部の寺澤です。

メディア学部では海外からたくさんのインターン学生を受け入れています。特に昨年はタイからの学生が同時期に10人以上滞在していました。その時の様子はこちらの記事をご覧ください。私の研究室では、その中でもチュラロンコン大学からの4名の学生のうち、2名を受け入れていました(活動開始最終発表会ほかの2名の活動)。

先週の3月5日に、2人のうちの一人のHarry君と再会しました。右がHarry君です。

Img_1279_6

来日する直前に連絡をもらい、研究室で会うことになりました。彼は現在、大学4年生ですが、試験休みを利用して日本に一週間ほど観光に訪れているとのことでした。日本にとても興味があるようで、昨年滞在していた時にも休みの日には色々出かけていましたが、今回も小田原や日光などを回ったとのことでした。このあと河口湖にも行ったようです。日本語の授業を取っていて、日本語と英語で会話しました。こちらの研究室のメンバーも卒業が決まり、残念ながら、引越しや就職の準備などで研究室には集まれなかったので、それぞれの様子を伝えました。

続きを読む "チュラロンコン大学からのインターン学生との再会"

2019年3月14日 (木)

あにめたまご2019「文化庁若手アニメータ等人材育成事業」

2019年3月12日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

今日はアニメの話題を一つ.
3月9日に本年度の文化庁 若手アニメータ等人材育成事業,通称「あにめたまご2019」 の完成披露試写会がありました.

公募選ばれた4社の制作会社が,若手アニメータを育成しながらオリジナル作品を作るこの取り組み,少し紹介しようと思います.

2019at01

続きを読む "あにめたまご2019「文化庁若手アニメータ等人材育成事業」"

2019年3月12日 (火)

タイの提携校、キンモンクット大学トンブリに短期訪問しませんか?

2019年3月11日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

学部生、大学院生のみなさん、
タイの提携校のキンモンクット大学トンブリ(KMUTT)からの教員や学生のインターン募集の案内がきました。
学生の皆さんは、ぜひ指導教員の先生と相談してください。いろいろな挑戦を応援します。
大学院生(修士、博士)や卒研生の訪問などにおいて滞在費を支援していただける制度です。
学生のみなさんが申込されることを期待しています。 画像をクリックして大きくしてみてください。

Kmutt1

Kmutt2

Kmutt3

また、7月にKMUTT-TUTシンポジウムを開催します。学生の皆さんの研究発表の募集も行います。また、学生の皆さんが参加しやすい、特別な企画を考えています。お楽しみに。
大学院メディアサイエンス専攻 近藤邦雄

2019年3月11日 (月)

学会紹介:ADADA Japan学術大会と情報処理学会EC2019

2019年3月 9日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

ADADA Japan学術大会情報処理学会EC2019(エンターテインメントコンピューティング)が共催されます。
2019年9月20日から22日に九州大学大橋キャンパスで開催されます。ADADA Japanの発表申し込みは6月28日です。卒研生、大学院生のみなさんは、せひこれに発表するために、研究計画をしていただければと思います。
ADADA Japan学術大会は昨年9月に本学蒲田キャンパスで開催され、メディア学部の学生も大変たくさんの発表をしています。このページから論文集や大会の様子がわかる写真を見ることができます。
http://adada.info/japan5th/
ぜひ多くの発表申し込みをお願いします。
■ADADA Japan学術大会 2019.9.20
http://adada.info/japan6th
■情報処理学会EC2019 2019.9.20-22
http://ec2019.entcomp.org

Ec2019_2

大学院メディアサイエンス専攻 近藤邦雄

2019年3月 9日 (土)

大学院授業:プロシージャルアニメーション特論の紹介

2019年3月 8日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,私が担当する大学院の授業「プロシージャルアニメーション特論」について紹介したいと思います.

プロシージャルアニメーションとは「手続き型のアニメーション」という意味で,アニメーションにおけるオブジェクトの動きをアルゴリズムやシミュレーションによって自動的に作り出す手法を指します.

大学院における本授業では,そもそも「シミュレーションとは何なのか?」や「シミュレーションの意義とは?」を問いかけます.
そして,シミュレーションにおける「アルゴリズム型アプローチ」と「データ型アプローチ」を比較しながら,その長所と短所,および応用の仕方を検討していきます.

次のフェーズでは,流体シミュレーションのアルゴリズムに関して学んでいきます.
流体シミュレーションで使用される偏微分,および 2 階偏微分に関して,偏微分によって何がわかるのかという「偏微分の意味」から学び,グリッドベースとパーティクルベースのアプローチ,およびそれらの長所をミックスした「 FLIP 」というハイブリッドなアルゴリズムも学びます.

01
図. FLIP シミュレーションの例

続きを読む "大学院授業:プロシージャルアニメーション特論の紹介"

2019年3月 8日 (金)

ゲームの学会?!

2019年3月 7日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

伊藤彰教です。
この時期は、卒業研究などの成果を学会で発表することが多いのですが、世の中には「ゲーム」を取り扱う学会があることをご存知でしょうか。わたしも先週・今週と立て続けにゲーム関係の学会に参加しますので、ご紹介したいと思います。
 
<情報処理学会:エンタテインメント・コンピューティング研究会>
情報処理学会は、ディジタル分野での幅広い研究を行う学会です。非常に大きな組織であるため、研究の対象によって内部に「研究会」というサブグループがたくさんあります。その中で、エンタテインメント分野の情報処理に関する研究を行うグループ「エンタテインメント・コンピューティング」(通称「SIGEC」)という研究会があります。
去る2/22・23に、兵庫の関西学院大学にて研究会があり、メディア学部4年生1名、大学院修士1年1名が発表を行いました。

Kwanseigakuinmita_3


(関西学院大学:三田キャンパス)
このような落ち着いた場所で、ゲームの研究会が開催されているんですね!
なお、私たちメディア学部が行なっている研究のうち、今回は「効果音」と「声」に関係する「エンタテインメントとサウンド」に関する研究が中心でした。音楽ではなく「効果音」と「エンタテインメントの中の声」は他大学ではあまり盛んに研究されておらず、多くの方から強く興味を持って頂けたようです。
なお、研究会では堅苦しい研究発表の他に、産業界などでご活躍されている方にゲスト講演をいただく機会もあり、Webの記事やtwitterなどでは滅多に伺えないようなお話も伺うことができます。今回はバンダイナムコスタジオのサウンド部部長として有名な中西晢一さんに、ゲームサウンド制作の裏側について貴重なお話をいただきました。

Guestlecture

<日本デジタルゲーム学会>
その名の通り、デジタルゲームに関係するあらゆる分野の研究を行う学会です。3/3・4にて、今年度の年次研究発表大会が岡山理科大学で開催されます。情報処理学会が主に理工系の学会であるのに対し、デジタルゲーム学会はまさに「文・理・芸」の全てをカバーする学会です。メディア学部からは…
  • ゲームCGの工学的な研究
  • ゲームデザインの研究
  • VRやホラーゲームの生体情報的研究
  • ゲーム音楽の研究
などなど、メディア学部が研究・教育する広い分野から参加する予定です。
今年の年次大会のページをご覧になった方はお気づきになったかと思いますが、基調講演も旬の話題を取り扱います。

「日本刀とゲームと博物館」と題した講演では、現在人気を集めている「歴史物」「刀剣もの」を、博物館の豊富な資料から支えていらっしゃる方に、昨今のブープについてお話いただきます。

高校生のみなさん、いかがでしょうか。ゲームは大学の研究として、立派な分野のひとつになっています。

「ゲームばっかりやってて…。真面目に勉強しなさい!」

と怒られた経験もあるかと思いますが「ゲームが勉強」になるのがメディア学部です。

「そんな不真面目そうななところ、本当に大丈夫なの?」と心配されたら「学会だってあるんだよ!こんなところで研究してみたい!」と説得してみてはいかがでしょうか?

2019年3月 7日 (木)

香港理工大学デザイン学部の紹介

2019年3月 4日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

先に紹介した記事の続きです。Zaha氏の設計した建物の中にデザイン学部のさまざまな学科があります。
各階にひとつずつ学科があるような構成です。
写真に各階の学科名などが書かれていますので、ご覧ください。

Dsc_4829

各階の平面図は次の写真のようです。一般的な長方形とは全く違った形をしています。最初は迷子になりそうでしたが、階段を歩きながら回っている間に共通的な配置である部分が理解できました。私自身、テーブルとイスが一つ置いてあるスペースで、国際無線LANローミング基盤edroamを使って、インターネットに接続してメールのチェックなどもできました。余白のような無駄に見えるスペースで考え事をしたりもできるのはいいなと思いました。

続きを読む "香港理工大学デザイン学部の紹介"

2019年3月 4日 (月)

香港理工大学デザイン学部を訪問し、学部長Lee先生にお会いしました!

2019年3月 3日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

2019年2月27日に香港理工大学のデザイン学部を訪問しました。
韓国のKAISTからデザイン学部の学部長になったKun-Pyo LEE教授にお会いすることができました。

53121459_364501127470421_2601396205

Lee先生とは昨年九州大学でお会いしました。このときは、まだKAISTに所属していましたが、12月末には香港理工大学で研究教育をするということを伺っていました。香港出張の機会にお会いしたいという連絡をしたところ、学部長で大変お忙しい中、会っていただくことができました。学部長室は最上階にあり、市内も見渡せるすばらしいところでした。

Dsc_4720

世界を視野に入れて仕事をするにはぴったりの部屋と思いました。アメリカで開催されているCHIに昔から参加しており、デザインとインタラクションに幅広い研究をされています。
Lee先生は、Honorary Fellow of the Design Research Societyであり、この学会でHonorary Fellowは世界中で10名しかいません。この分野では長年大変なご活躍を世界的にされていることが分かります。

続きを読む "香港理工大学デザイン学部を訪問し、学部長Lee先生にお会いしました!"

2019年3月 3日 (日)

メディア学部の提携校である香港城市大学への訪問

2019年2月27日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

2013年に香港城市大学の学生とEddie先生が来学されたことをきっかけに、メディア学部との提携が2016年に行われました。そのとき、両方の学生がそれぞれの大学で講義の履修をして、単位互換できる交換留学生の制度も一緒に作りました。
2017年度、2018年度の前期に香港城市大学から3名、4名の学生が半年間メディア学部の学部生と一緒に日本語での授業を履修して、単位を取得しました。それらの単位は、香港城市大学の単位として認定されるということになります。詳しい経過は、この記事の最後の活動報告一覧を御覧ください。受け入れは進んでいますが、本学から学生が訪問していません。
香港城市大学の交流プログラム:Tokyo University of Technologyの名前を見つけてください。
https://www.scm.cityu.edu.hk/exchange_programmes/inbound_exchange_programme
そこで、今回、より良い交流や研究交流を進めるための打のち合わせのために訪問しました。メディア学部の教員では初めての訪問になります。そこでこの記事では、おもに、提携しているSchool of Creative Mediaのことについて紹介します。
まず驚くのは、建物です。
https://www.scm.cityu.edu.hk/school_overview
このビデオをみてください。よく見る直方体ではないです。クリエイティブになるためにあえてこのような形にしているとのことでした。

Dsc_4442

続きを読む "メディア学部の提携校である香港城市大学への訪問"

2019年2月27日 (水)

より以前の記事一覧