在学生向け

「研究」って何?

2018年12月17日 (月) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、メディア学部新任の森川です。

現在、メディア学部の各研究室では、今年配属された三年生を対象に、プレ卒論指導とも言える「創成課題」の授業を行っています。

毎年後期に行われるこの授業、今年立ち上がったばかりの森川研究室で行うのは、もちろん初めて。

研究室によって進め方は様々ですが、私の研究室では最終成果物を卒論の研究計画書と定め、指導や自由学習を行ってもらっています。

 

学術研究というものに初めて触れる皆さんにまずわかっていただきたいのは、


“「研究」とは何か。”


ということ。

これを読んでくれている皆さんは、何だと思いますか?

 

白衣を着た人が、実験器具を持ってあーでもないこーでもないと言っているイメージ?

それとも、黒板にわけのわからない数式を書いているイメージでしょうか??

Pexelsphoto714699

 


ズバリ研究とは、


「まだ誰も知らないことを明らかにすること」


と言うことができると思います。


さあ、そこで質問です。

“まだ誰も知らないこと”って、どうやったらわかるのでしょうか。

 

ググる?

いやいや、ググって出てくる結果は、そもそもその信憑性が疑わしかったりしますよね。

 

ではどうやって??

森川研に所属している学生は、もちろん正解できるはずです(…よね?)。

 

そう、


「先行研究をレビューする」!


コレです!!

 

学術研究の世界では、自分で勝手にテーマを設定して、勝手に調査等を行ったところで、何の意味もありません。

まずは、先行する文献から「誰かが知っていることは何か」を明らかにする必要があるのです。ですから、研究の第一歩は、他人が書いた学術論文を読むこと、なのです。

 

森川研では、まず徹底的な先行研究レビューをすることからテーマの絞り込みを行うよう指導しています。

興味のある分野は学生によって様々ですが、レビューを始めて3カ月、そろそろ皆が目指す研究テーマの方向性がほんのり見えてきました。

どれも面白い研究になりそう!

いつか、このブログでも紹介したいと思います。

 

本学を志望する高校生の皆さん、在学中の1年生、2年生の皆さん。

「研究」って楽しいですよ。

是非希望を持って、研究室の扉を叩いてくださいね。

 

(メディア学部 森川美幸)

2018年12月17日 (月)

「ProcessingによるCGとメディアアート」(講談社) が出版される

2018年12月11日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部メディアコンテンツコースのの近藤邦雄です.
「ProcessingによるCGとメディアアート」(講談社) が出版されました.
メディア学部では,演習や講義で,Processingを利用してプログラミング演習,CG制作の演習などを行っています.codeをダウンロードして実行できるために,学生の皆さんにはさまざまな講義や演習の理解を深めるために参考書として最適です.
本書の執筆者は,情報工学,芸術科学・芸術工学などを学び,現在,さまざまな大学でプログラミングやコンピュータグラフィックス,メディアアート・デザインなどの先端的な教育を行っている方です.メディア学部では,柿本教授,菊池教授,および,非常勤講師の田所先生,さらには,デザイン学部の松村教授が執筆をしています.本書の3部構成を理解したうえで,各章の執筆者が行っている講義や演習内容を分かりやすく簡潔にまとめていただきました.講師や演習で利用しているcodeを,本書のために見直し,コメントを入れて読者の理解を助けるように工夫しています.
大学生や高校生が論理的な思考を身につけ,プログラミング能力が向上し,メディアコンテンツ,デザイン・アート作品の制作に興味を持つだけでなく,この書籍をきっかけに世界に発信することができるような独創的なコンテンツができることを期待しています.

47425076_2240104379367999_769831979

続きを読む "「ProcessingによるCGとメディアアート」(講談社) が出版される"

2018年12月11日 (火)

台湾で開催されたThe 16th International Conference of Asia Digital Art and Design (ADADA2018) への参加

2018年12月 3日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディアコンテンツコースの近藤邦雄です.
The 16th International Conference of Asia Digital Art and Design (ADADA2018) が台湾の台南,成功大学で開催されました.

Dsc_2490

Dsc_2492

この会議は毎年行われており,16回目となる歴史を持っています.
これを運営する学会がAsia Digital Art and Design Association です.2002年に日本と韓国が中心となって設立されました.現在は日本,韓国,インドネシア,マレーシアの5つの団体が加盟して運営をしています.今後,加盟する団体が増えていくと思っています.
そのために,多くの方が集まるこのADADA会議は大変重要な集まりとなります.今年は,アジア以外のヨーロッパやアメリカからも参加者があり,より多くの地域からの参加者のある大きな会議になっていました.
私は,この国際学会の会長を2016年から担当しています.

46921968_341516509760494_7595378989


46776432_337505800368270_8311854550

ADADAの会議のトピックは,次のようになっています.これ以外にも関連する研究の発表も受け付けています.
* Interactive Art, Digital Art, Media Art
* Interaction Design, Interactive Technologies
* Computer Animation, Computer Graphics, Visual Effects
* Web Design, Web Application Design, Web Service Design
* Virtual Reality, Augmented Reality
* Digital Game and Gamification
* Social Networks, SNS
* IoT, Sensor Networks, Big Data
* Innovative devices, Robotics for Art, Gadgets
* Education, Digital Archives
* Digital Content Design
* Design Theory and Design Methodology
* Digital Music, Musical Interface, Sonification

Dsc_2518

続きを読む "台湾で開催されたThe 16th International Conference of Asia Digital Art and Design (ADADA2018) への参加"

2018年12月 3日 (月)

国立台湾大学の研究室を訪問

2018年12月 2日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディアコンテンツコースの近藤邦雄です.
私が会長をしているADADAの国際会議が台南で開催されるので,初めて国立台湾大学を訪問することになりました.

Dsc_2287_2


Dsc_2297

そこで,以前から知り合いであるRobin Ning-Yu Chen先生の研究室を訪問することにしました.

Dsc_2309

台湾大学は台北にある台湾トップの大学です.この大学の大学院生らが本学を訪問して見学の対応をしましたが私の時間がなく,彼らとは会うことが残念ですがありませんでした.
さて,Robin先生は東京大学のコンピュータグラフィックスの研究室で博士号を取得したこともあり,私とも知り合いになりました.現在の研究はこれにとどまらず,ヒューマンインタラクションや可視化,VRなど幅広い分野を研究していました.
この訪問では,インタラクション関係の研究をしている大学院生やポスドクの方の研究成果を見せていただくことができました.彼らは国際会議で発表したりしているので,とても英語がよくできます.
大学院生のお二人の研究は今年のUISTで発表した研究です.
UIST '18- The 31st Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology

続きを読む "国立台湾大学の研究室を訪問"

2018年12月 2日 (日)

「おおた研究・開発フェア」展示報告

2018年11月28日 (水) 投稿者: メディア社会コース

 

皆さんは、毎年10月に大田区蒲田で開催されている「おおた研究・開発フェア ~産学連携・新技術展~」というイベントをご存知でしょうか? 蒲田は、東京工科大学のキャンパスがある地として馴染み深いところですが、昔からモノづくりの工場がひしめく下町として知られ、いまもその文化や伝統は引き継がれています。このイベントは、そういう町の特長・特性、さらには羽田空港や新幹線の品川駅から近いという地の利を活かし、全国各地から最新の技術やシステムを披露する場として始まりました。

今年(10/25(木)-26(金))は第8回(https://www.pio-ota.jp/ota-r-and-d-fair/8/)を迎え、約90の企業や大学・自治体の展示がありました。メディア学部のインストラクショナル・メディア・プロジェクト(IMP)も、株式会社KIBIとともに、“IT・システム開発”のカテゴリーで産学連携の取り組みを紹介しました。以下の写真は、イベントの様子の一部です。

Mainstage_2  Teu_booth  

 Presen1  Presen2  

〔図〕 メインステージ(上左),東京工科大学のブース(上右)

研究紹介(下左),導入事例紹介(下右)

 

テーマは“外国人留学生向け就職支援システム「KIBI」とBlendedラーニング型研修プログラム”であり、モノづくりの紹介ではなかったのですが、外国人を雇用したい企業や留学生を送り出したい大学から関心を寄せていただきました。

また、思いがけない出会いもありました。イベント2日目に、二つ隣のブースから突然一人の若いスタッフがやってきて、研究の説明を求めてきました。私はいつも通りに淡々と研究紹介をしたのですが、それが終わると、その若者はいきなり「実は私はメディア学部の卒業生です。昨日から(工科大のブースが)気になっていました」とカミングアウトしてきました。こちらとしては「早く言ってよ!」という感じでしたが、その後は少し談笑しました。どうも7年前に伊藤(謙)研を卒業したようで、今はSEとして日々奮闘しているそうです。ちなみに、私のことは覚えてないとのことでした(正直でいいのですが、少し悲しいかな…)。その他にも、デザイン学部の卒業生や日本工学院専門学校の職員との交流や、過去の研究で縁のあった方との再会などが図らずもあり、非常に有意義でした。

このイベントには、ほぼ毎年、工科大のどこかの研究室が出展しています。蒲田キャンパスあるいは蒲田の街の散策ついでに、イベントに立ち寄ってみてはいかがでしょう?

以上

文責: メディア学部  松永 信介

2018.11.25


2018年11月28日 (水)

VR酔いをなくせるか(NICOGRAPH研究発表)

2018年11月22日 (木) 投稿者: メディア技術コース

 先日、芸術科学会主催のNICOGRAPH2018(福岡)で、大学院メディアサイエンス専攻修士2年の加藤木健太君が、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)ユーザーの頭部回転の予測に関する口頭発表をしました。
 
 VRでおなじみのHMDは、頭部の回転を検知して表示映像を反応させます。例えば顔が右を向いたらHMD内の画像は左に移動させた表示をしないといけません。
 
 この反応時間をゼロにすることは通常できません。センサーで検知する時間やPCへの情報転送の時間がわずかですがかかります。表示処理にも少しは時間がかかります。これらの合計だけ表示システムの反応は遅れてしまいます。
 

続きを読む "VR酔いをなくせるか(NICOGRAPH研究発表)"

2018年11月22日 (木)

メディア学部・研究紹介動画撮影レポート

2018年11月15日 (木) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、メディア学部新任の森川です。

みなさんは東京工科大学公式ウェブサイトの、メディア学部ページ内にある、研究紹介動画をご覧になったことがありますか?

現在公開中の動画はこちら

先日、ここに公開する新たな動画の撮影を行いました。

今回メインで登場するのは、本学が採用している学士修士一貫プログラムでこの秋から大学院生となった優秀な学生たち。

彼らの研究の概要を、カメラの前で、時に画像や動画を使いながら説明してもらいました。

研究テーマは、ゲーム関連から健康関連、広告や農業に関することまでさまざま。

 

最初は「緊張する~」と言っていた学生たちですが、不思議なことに、カメラの前ではそんなことおくびにも出さず、はきはきと滑舌良く研究の話をする姿が印象的でした。

私にも経験がありますが、研究に自信があればあるほど、また、研究が好きであればあるほど、研究の話になると饒舌になってしまうんですよね。

学生たちの生き生きと語る様子を見て、研究は楽しい、と思ってくれる学生が、これからひとりでも増えるといいな、と思いました。

今回の動画を見て、彼らのような研究がしたい、研究って楽しそう!と思った高校生の皆さん、是非我が東京工科大学の門を叩いてください。

さらに、研究の道に興味を持った、という在校生の皆さんは、大学院進学や学士終始一貫プログラムへの挑戦を考えてみてはどうですか?



Img_7989


 

Img_7997


 

Img_8002


 

Img_8006

 

 

(メディア学部 森川美幸)

2018年11月15日 (木)

メディア学部と英語と論文

2018年11月 8日 (木) 投稿者: media_staff

技術コースの羽田です.
私の研究室では,毎週1回,卒業研究などの進捗を報告するミーティングとは別に
英語の論文を紹介するゼミを行っています.
卒業論文などで参照される論文の多くは日本語で書かれた日本の学会のものが多いのですが,なぜ,英語の論文なのでしょうか?
それにはいくつか理由があります.
まず一つは英語の論文は読むのに時間がかかり,労力が非常に大きいことです.英語の論文といっても小さい文字の二段組で短くとも4ページ,多いものになると10ページ以上にもなりますから,読むだけで一苦労です.だからこそ,研究室メンバーの前で発表することで,皆のトータルな労力を減らすことができます.3日かけて読んだ論文を15分で話すわけですから,他のメンバーは15分で3日分の勉強をしたことになるわけです.これは皆で交代に勉強する価値があるというものです.

続きを読む "メディア学部と英語と論文"

2018年11月 8日 (木)

ISART TUT Game Jam Final

2018年11月 5日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

少し間が空いてしまいましたが,8月27日から28日にかけて,東京工科大学メディア学部とISART Digitalが共同開催したGame Jamイベントについて最終報告します.
「Rain」というテーマのもと,4つのチームが限りある時間のなかで言葉や文化の違いを乗り超え,特徴のあるゲームを開発することができました.

2018isart20

今回のイベントの以前の記事はこちらからご覧ください.

続きを読む "ISART TUT Game Jam Final"

2018年11月 5日 (月)

NICOGRAPH 2018 で研究成果発表を行っています!

2018年11月 3日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

2018 年 11 月 3 日(土)~ 5 日(月)の 3 日間,福岡県福岡市九州大学西新プラザにて開催される「 NICOGRAPH 2018 」に参加しています.

Img_3293


本大会にはメディア学部からたくさんの教員・学生が参加していて,日頃の研究成果を発表しています.

私の研究室からは,口頭発表 1 件,ポスター発表 2 件,作品展示 2 件の発表を行います.
これらの内容は,大会終了後に改めてブログで紹介したいと思います.

Img_3306

Img_3311

Img_3316

Img_3322


文責 : 菊池 司




2018年11月 3日 (土)

より以前の記事一覧