在学生向け

架空論文例でみる研究論文の構造

2020年11月28日 (土) 投稿者: メディア技術コース

 高校生の皆さんや大学3年生までの皆さんは、研究論文と聞くと何か難しいだけという印象を持つかもしれません。確かにその分野の専門知識を読者が持つ前提なので普通の人には難しいです。でも、研究論文には共通する構造があり、それを知っておくと大まかな把握がしやすくなります。
 
 もちろん、この構造は将来卒業論文や修士論文を書くときに守るべきことです。ちょうど今頃は学部4年生、修士2年生は執筆の佳境に入った時期ですので参考にしてください。
 
 論文のあるべき構造には"IMRaD"という名前がついています。これはIntroduction(導入), Method(手法), Result(結果), and Discussion(議論考察)の略です。これは何百年も学術研究発表が続いてきた中で確立されたものです。
 
 自分の研究成果の価値をその分野の専門家に認めてもらうための論理構造です。少なくとも科学技術分野の論文ではこれが標準になっています。この理屈自体はそう難しいものではなく、高校生の皆さんにもわかるものだと思います。
 
 以下、架空の研究論文を想定し、一般的にどういう理屈で同業の専門家の読者を納得させるのか例示してみます。カッコ内は読者が読みながらどう思うかを書いてみました。工学系、情報系の分野全般に当てはまる想定ですが、自然科学系の実験論文でも基本的には同様です。
 
●導入(Introduction)
今この分野ではこんなことがよくあるよね。
    (ああ、流行ってるよね、たしかに)
その中でこんなことが問題だよね。
    (あれはちょっと良くないね)
いろんな人が解決しようとしてるけど、うまく行っていないことが多いよ。
    (なるほど、少し知ってはいたがいろいろやられてるんだ。まだまだなのね)
そこで、もしこんなことができれば解決するよね。
    (確かにそうだが、どうやってできるのかね)
この問題、こんな方法で解決できるよ。世の中のためになるでしょ?
    (へえ、じゃあ続きを読ませてもらおうか)

●手法(Method)
基本的なアイディアはこれよ。
    (ああなるほど、でも言うのは簡単だけどどうやるのよ)
こんな方法とこんな方法を組み合わせれば効果あるよ。
    (ほお、そういう手があったか)
理論上はこういう結果になるはずだよね。
    (まあ理屈はそうだね。実際やってみないとね)
こういうように準備すれば試せるよ。
    (うん、そういうのなら用意できるね)
この辺の難しいところは、例のああいう方法を使えばいい。
    (あ、よく使うやつね)
最後はこんなやり方でうまくできるよ。
    (確かに。自分でもやってみようかな)

●結果(Result)
実際やってみたよ。使ったのはこんな前提。
    (ああ、それなら現実によくある条件だな)
こういう風な条件だとこんな結果になったよ。
    (こんないい結果なのか、この方法)
別の例だとこんな結果になる。
    (なるほど、これは使えそうだね)
いままでいろんな人が解決しようとした結果と比べるとこんな感じ。
    (確かにいままでの研究よりもいい結果だね)

●考察(Discussion)
いま示した結果で、最初に示した問題は解決してるよね。
    (そうね、まあ、条件は限られるが)
ただ、こういう場合はうまく行かないんだ。
    (そうだろうな、けど実用的にはいいんじゃないの)
でもたいていの場面で使えるよ。世の中のためになるでしょ。
    (いいところに目をつけたな)
今後の課題や発展形はこれです。
    (その部分、自分がやってみようかな)
    
 この例では、読者はある程度は納得しているようです。本当によい研究論文だと、上記「手法」の中の「そういう手があったか」の部分のインパクトが大きくなります。
 
 またこの例では、解決すべき問題はよく知られた問題という想定です。すぐれた研究の中には、誰も着目していなかった問題を掘り出す問題発見型もあります。
 
メディア学部 柿本正憲

 

2020年11月28日 (土)

「学習と対話研究会」研究会での講演のご案内

2020年11月24日 (火) 投稿者: メディア技術コース

文責:榎本美香

2020年11月29日に開催されます「学習と対話研究会」研究会で講演を行います。

「学習と対話研究会」は日本認知科学会の研究分科会です。分科会は以下の8つがあります。


知覚と行動モデリング(SIG- P&O)
学習と対話(SIG L&L)

教育環境のデザイン(SIG DEE)

身体、システム、文化

文学と認知・コンピュータII(SIG LCCII)

デザイン・構成・創造(SIG-DCC)

芸術と情動

間合い-時空間インタラクション(SIG Maai)
それぞれの詳しい活動内容は以下を御覧ください。
https://www.jcss.gr.jp/branch/
学会の年次大会だけだと1年に1度しか無く、議論の時間も限られています。そこで、これぞという研究テーマを掲げ、その内容に興味のある人が年に数回集まって研究会を開くというものです。
最近はよく「間合い-時空間インタラクション」に参加させていただいていましたが、今回は「学習と対話」からお誘いを受け、発表させていただきます。
今回のテーマは「オンラインにおける学習と対話」です。本校もコロナ禍の影響で前期は完全にオンライン・オンデマンド授業でした。後期も一部対面授業が再開されていますが、まだまだオンライン・オンデマンド授業 が多いですね。オンライン学習のあり方やそこで何が起こっているのかを様々な学問分野の人々が集まって議論します。
開催案内は以下です。
============
https://sites.google.com/site/jcsssiglal/home/guo-quno-yan-jiu-hui/di57hui-2020-11-29-onrainniokeru-xue-xito-dui-hua

第57回(2020/11/29)「オンラインにおける学習と対話」




日本認知科学会「学習と対話」研究分科会

第57回「オンラインにおける学習と対話」


◆開催日時:11月29日(日) 14:00~17:00

◆場所:オンライン zoom (zoomミーティングのURL等は後日お知らせいたします)

◆参加費:無料

◆趣旨

 2020年は新型コロナ感染症への対応として、全世界的にオンライン活動が推進されたように思う。2020年度の認知科学会大会もオンライン開催となり、授業のオンライン化、研究活動のオンライン化、事務作業のオンライン化などに取り組み始めた方も多いであろう。本分科会は「学習と対話」がテーマであるが、学校を始めとした多くの学習もオンラインとなり、友人や同僚、さらには家族との対話さえもオンライン化されている。この状況は、新型コロナによりやむなく、十分な準備もなく始まったことであり、様々な困難や問題を抱えながら試行錯誤しているところであろう。しかし見方を変えれば、学習や対話のオンライン化に関する実験的な実践活動を、多くの認知科学研究者が行っているという貴重な状況でもある。現在の取り組みを振り返り、実践活動と各自の学問知とを照らし合わせることで、新たな研究上の問題の発見や仮説の生成、現実の問題(困難)を解決するような手法・工夫の考案、開発が必要な技術、理論や専門知と現実とのギャップなど、様々な気付きがなされることも期待できる。

 そこで、本年度の分科会では、学習と対話に関して異なる専門領域や理論を扱っている研究者に、メディアを介した教育(オンライン授業)という共通の場面での学習と対話について自らの実践例や工夫を紹介して頂き、その実践経験を学問知へのあてはめを試みてもらいたい。これにより、オンライン授業という共通する実践を多角的に捉え、理論と実践の融合をはかる機会としたい。


◆プログラム:(司会進行:粟津俊二(実践女子大学))

14:00-14:10 趣旨説明:粟津俊二(実践女子大学)

 

14:10-15:20 Part1:オンライン学習と対面学習
話題提供1 「物的世界に根ざす共同体〈心体知〉の学習ーオンライン環境では何が失われるのかー」 榎本美香氏(東京工科大学)
話題提供2 「オンラインによる身体スキルの学習と課題点」 山田雅敏氏(常葉大学)
話題提供3 「オンライン授業でのコミュニケーションを考える: 対面コミュニケーションとの比較検討」 馬田一郎氏(株式会社KDDI総合研究所)

 

15:20-15:30 休憩および全体討議用質問収集(チャット)

 

15:30-16:40 Part2:オンライン学習の発展
話題提供4 「オンラインを通じた学習方略・学習観の支援 ー日々の指導実践から現場との実践的協同研究までー」 植阪友理氏(東京大学)
話題提供5 「講義しないオンライン授業」 寺尾敦氏(青山学院大学)
話題提供6 「協調学習ハイブリッド化計画」 白水始氏(
国立教育政策研究所/東京大学)

16:40-16:50 休憩および全体討議用質問収集(チャット)

 

16:50-17:20 全体質疑・討論
16:20-17:30 事務連絡等、閉会


◆参加申し込み方法

研究会への参加をご希望の方は、zoomのURL等をお知らせいたしますので、11/22までにご参加登録をお願いいたします。

事前参加登録のURL: https://forms.gle/DMwfxQ9rSfXbEEbX6

2020年11月24日 (火)

授業紹介:メディア専門演習「ビジュアルコミュニケーション」

2020年11月17日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,私が担当している「メディア専門演習:ビジュアルコミュニケーション」(2年次後期・3年次前期)の中で,
今年度後期の受講生が制作した課題作品を紹介します.

本日紹介する作品は,「文字が主役の東京オリンピックポスター」です.

00_20201117014901

グラフィックデザインにおいて重要な要素のひとつが,「文字」です.
たとえば,Web サイトやポスターにおいてコンテンツに文字を使用する場合,タイポグラフィによって見る人へ与える印象,見え方,読みやすさなどは大きく変わってきます.どのような書体を選ぶか,どう配置するかといった基本のルールを知り,理解しておくことが重要です.

この「文字が主役の東京オリンピックポスター」では,タイポグラフィの基礎を学んだあとに課題作品として受講生が制作した作品です.

これから,受講生たちは「架空の企業の C.I. 計画」という課題にチャレンジしていきます!
作品が完成したら,またこのブログで紹介したいと思いますので,楽しみにしていてください.

文責:菊池 司




   

2020年11月17日 (火)

2年生学部長賞授賞式

2020年11月 8日 (日) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の寺澤です。

11月6日(金)に現2年生への『学部長賞』の授賞式を行いました。学部長賞は1年から3年までの各学年について、年度初めに授賞の基準を示し、実績によって受賞者が決まる制度です。単に総合成績で順位づけするのではなく(そちらは学長賞として存在します)、学部・学年ごとの実学教育で優れた実績を残した人を翌年度に表彰するものです。したがって、今回の受賞者は昨年1年生だった時の実績で決まっています。評価の対象となったのはフレッシャーズゼミIIという科目におけるフィールドワークの発表で、上位5グループの合計19名に授与されました。

Img_2390s

本来、もっと早い時期に表彰式を行うべきだったのですが、対面で授与できる可能性を探っているうち、前期は終わってしまい、後期に入って2年生の対面授業がある日から日時を決めました。とはいえ、新型コロナ対策として、大人数が集まるわけにはいかないので、受賞者のみに会場に来てもらい、短時間で授与を行いました。また、Zoomで参加した受賞者もいました。上の写真ではそのような受賞者に対し、一脚の先につけたWebカメラに向かて柿本学部長が表彰式を見せ読み上げています。

Img_2392s

Img_2393s

Img_2394s

対面で賞状を渡すことができた人も、今年は握手ではなく、腕タッチです。

現3年生、4年生については、3年生の卒研室配属も終わっていることから、各研究室単位で賞状の授与を行ってもらうことになりました。

今年の実績によって来年表彰するための基準もすでに示されています。来年は皆で祝う形にできることを祈っています。

(メディア学部 寺澤卓也)

2020年11月 8日 (日)

事前質問埋め込み授業

2020年11月 4日 (水) 投稿者: メディア技術コース

 メディア学部2年次後期の講義「CG数理の基礎」では、授業の前週に公開した資料を予習させています。事前質問がある人には、授業2日前までに提出させています。
 
 この方法だと私が前日に、授業資料に事前質問と私の回答を付記することができます。PowerPointでのコメント付記の機能を使います。そして授業中には通常の講義の中に、それらの質問と回答もなるべく説明するようにします。授業後には質問回答を付記した授業資料を改めて公開します。
 
 これにより多くの質問を引き出し、結果的に補足説明も加わります。一般に大人数の授業では、質問を促してもその場で発言してくれる人はなかなかいません。この方法だと、2~3割の学生が事前質問を提出してくれます。私としても、どの部分で受講生がつまずくかわかりますし、講義内容の改善にもつながります。もちろん、受講生の理解度も確実に向上するはずです。より高度なトピックを紹介する機会もできます。
 
 前期の遠隔授業で、チャット機能を使うことにより、大人数授業でも質問が出るようになりました。今回の方法はこれをさらに改善し、効率よく質問に答え、資料にも残せるようにしたものです。
 
 理解度向上のためのよく知られている方法として「反転授業」があります。学生は事前に授業資料を十分に予習し、当日の授業中、教師は資料の説明はしません。代わりに演習や質疑応答やディスカッションをする、という方法です。学生同士で意見を出し合い教師は交通整理をする、という場合もあります。
 
 私が上で述べた方法は、反転授業の要素(予習・双方向)を一部取り込んだものです。前日に回答を授業資料に埋め込むのは手間はかかりますが、コメント付記機能なので文章で書き込むだけで済みます。スライドのように見栄えを考える必要はありません。手間の割には効果は大きいという印象を持っています。
 
 事前質問埋め込み授業とでも呼べる方法です。わりと考え付きやすい方法であり効果もありますので、すでに何か呼び名があるかもしれません。
 
 メディア学部 柿本正憲

2020年11月 4日 (水)

フレッシャーズゼミ後期(2)

2020年10月29日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

こんにちは。コンテンツコースの椿です。

以前にフレッシャーズゼミについてご紹介してから3週間経ちました。この間にフレッシャーズゼミで行った活動の中から、メディア学部らしい内容を選んで書いていきたいと思います。

  • 就職活動についての講義
    • クリエイティブ産業への就職活動に向けた準備についての説明
  • 大学院進学についての講義
    • 学士・修士一貫早期修了プログラムの説明

メディア学部にはキャリア形成に関する授業もありますが、クリエイティブ産業への就活や早期修了などは早くから準備が必要ですので、1年次のフレッシャーズゼミでも説明することにしました。

また、以前にも行った教員の研究紹介の第2弾として、新たに3名の先生のビデオを視聴しました。

  • 教員の研究紹介
    • メディアとSDGs
    • 福祉工学と音声信号処理
    • シナリオ情報構造化システムによる映像コンテンツ制作支援基盤の構築

今回も多様なテーマが揃いました。ビデオの中には、楽しい部分、難しい部分、シリアスで考えさせられる部分があり、各部分で1年生の表情も変わっていくのが分かります。

研究ビデオを視聴した後は、各テーマについて議論を行いましたが、メディアについて様々な角度からとらえるというメディア学部の考え方は、1年生にも既に浸透しているように感じました。

2020年10月29日 (木)

演習講師紹介:渡邉賢悟氏(クリエイティブ・アプリケーション)

2020年10月27日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

こんにちは。伊藤彰教です。

学部生から「なぜサウンドが専門の伊藤彰教が『クリエイティブ・アプリケーション』演習を担当しているの?」と質問を受けました。そこで渡邉賢悟先生のご紹介と合わせて、クリエイティブ・アプリケーション誕生の経緯を書いてみたいと思います。
 
演習講師の渡邉賢悟先生は、2Dのグラフィック処理を専門とし、現在はその専門性を活かした企業を経営していらっしゃいます。学生のころからイラストに興味があったのに加え、大学で習ったプログラミング技術と合わせて、在学中にペイントソフト『ゆめいろのえのぐ』を公開しました。現在累計で50万ダウンロード以上を記録、いまでも根強いファンがいます。学部生との最近の雑談で「初めて本格的に触ったペイントソフトは『ゆめいろのえのぐ』でした」と聞いて驚きました。

Yumeiro_screenshot

そんな先生は当時、Windowsのみで開発しており、私が主に使用しているmacにはまったく触れていませんでした。ところが、ある日突然「macで開発をはじめます」と言い、1週間ほどで動画像処理プログラムを作成してきました。私もiOSのプログラミングを少しずつ勉強し始めていたところで、これは心強い仲間ができた、と嬉しく思ったことを覚えています。もう10年以上前のことです。
 
その頃は、先生も私も大学研究所の研究員でしたので、お世話になっていた近藤邦雄先生に「メディア学部でも画像と音を合わせた新しい試みをしてはどうか」と申し出たところ「ぜひお二人でやってください」と背中を押していただきました。そしてうまれた演習がクリエイティブ・アプリケーションです。
 
その後、渡邉先生は演習の実施と合わせて、macで開発した動画像処理やiOSの音声・ネットワーク処理のプログラムを活かし、企業活動を展開されています。動画像処理の成果はアニメ業界などでも採用され、スタッフロールにお名前が載っているアニメ作品がいくつもあります。みなさんも楽しんだことのある作品だと思います。ぜひ探してみてください。
 
「さまざまな人とスキルが組み合わさってクリエイティブな活動が花ひらく」というメディア学部ならではの演習を育ててくださった近藤先生は、2019年度にご定年で退職なさいました。現在は教員となった私が当演習を引き継ぎ運営しています。毎週の演習は、渡邉賢悟先生によるものづくりの考え方とグラフィック技術の習得が中心ですが、演習内容を活かして自主的にアプリを制作する学生も多くいます。意欲的な相談に応える形で、私も音やインタラクションの指導を行なっています(残念ながら、現在はコロナの問題で中断中)。
 
教育・研究ともに困難な情勢ですが、コロナがおさまり、再びキャンパスでグラフィック・サウンドが一体となった創造的な活動ができることを願ってやみません。

2020年10月27日 (火)

Swift Playgroundで学べるグラフィック:プロジェクト演習「クリエイティブ・アプリケーション」

2020年10月26日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

こんにちは。メディア学部の伊藤彰教です。

今日は珍しく「グラフィック」についてのプロジェクト演習をご紹介いたします。

本学大学院メディアサイエンス専攻の1期生として、初めて博士(メディア・サイエンス)を授与された1名であり、現在はグラフィックス処理を中心としたシステム開発企業である渡辺電気株式会社を経営されている渡邉賢悟先生が、会社のお仕事としてSwift Playground内にコンピュータグラフィックプログラミングを学べる「Lily PlayGround Books」を制作・公開なさっています。
 
Swift Playgroundは、iPadOS, macOSの上でSwift言語を学ぶのに適したアプリケーションとしてApple社が公式で展開しているプラットフォームです。大学生だけではなく、STEAM教育として世界中の小中高などでも利用されているSwift Playgroundですが、国内ではこの中で活用できる日本語教材を公開している企業は皆無で、渡辺電気株式会社がサードパーティーとしては国内初の快挙を成し遂げました。
 
この記事をご覧になっているみなさんは誰でも、iPadかmacを持っていれば学習することができますが、メディア学部のプロジェクト演習「クリエイティブ・アプリケーション」では、渡邉先生から直接、より分かりやすく、深いところまで学ぶことができます。
 
「ん?誰でも学べるということは簡単なの?」
 
このPlayground Bookは、学習しやすいようにとっつきやすくできていますし、説明もたいへんに丁寧ですが、学ぶほどに画像処理やアニメーションの深みが実感できるように設計されています。このためさらっと終わってしまうのは大変にもったいない!
 
せっかくメディア学部にいるのですから、クリエイティブ・アプリケーションを受講して、この奥深さをぜひ体験してもらいたいと思います。
 
「ちょっと興味がわいてきたぞ…!」
 
という方は「Lily Playgroundの導入」というページをご覧いただき、ぜひご自身でも試してみてください。面白いと感じたら、メディア学部生はぜひ1度クリエイティブ・アプリケーションを履修してみてください。1年前期から3年後期前まで、お好きなタイミングで1学期だけでも受講できます。

渡邉賢悟先生からもあたたかいメッセージを頂いておりますので、掲載いたします。

『このPlaygronds Booksは、iPadかMacを持っている方は演習の受講、大学の所属に関係なく、誰でも使うことができます。ぜひSwiftプログラミングで絵を描くことを楽しんでください。

その上で、当演習に参加することで弊社スタッフに直接相談や質問ができます。理解を深めたり、楽しみを増すこともできるでしょう。

昨今は感染症予防でドアを開けたお店がたくさんありますが、それにならって?、弊社も学びの門を開けて、みなさんをお待ちしております。』

Let's enjoy Swift Graphic Programming !

01lilyswift

2020年10月26日 (月)

コロナ禍における修士課程進学体験記(7) 安田滉規さんのケース

2020年10月25日 (日) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、メディア学部社会コースの森川です。
今回は、森川研所属の4年生、安田滉規(やすたこうき)君が、就職ではなく大学院進学を選んだ体験談です。
 
----------
私が進学を決めた理由は、専門的な知識や技術の理解を一層深め、常に変化している社会情勢に対応できる経験や実践力を身につけたいと考えたからです。
私が、コロナ下で就職活動する上で、大学卒業後、今の自分が社会に順応できるのかと自分自身を見つめ直しました。
そこで私は、アフターコロナ社会をどう生きるかということを大切にした結果、進学を決めました。
進学することで、創造的研究や学会発表に積極的に取り組み、新しい社会イノベーションに挑戦できる能力を身につけられると考えたからです。
進学を検討する方は、同級生のほとんどが就職を選択していると思います。
ですが、周りに流されず、いま一度自分と環境を客観的に見て、自分に合った進路を選択してほしいと思います。
 

7_20201004151101
 
森川研究室4年 安田滉規
----------
 
安田君はもともと就職を希望していましたが、進学希望に方向転換しました。
その気持ちの変化には、コロナが関係していたようですね。
2020年、コロナウィルス流行の影響で、これまでの世界は一変しました。
同じようなことが今度、いつ何時起こってもおかしくありません。
未来を生きる我々に必要なのは、急激な変化に対応できる身体と頭脳を持つことなのではないでしょうか。
安田君はそのために、まずは頭脳を磨こうと大学院進学を決めたのだと思います。

生きるとは選択することです。
皆さんはどんな選択をしますか?
就職を選ぶにしろ、進学を選ぶにしろ、自分の選択に自信を持って、しっかりと一歩一歩、自分が選んだ道を前に進んで行ってくださいね!!
 
 
(メディア学部 森川 美幸)

2020年10月25日 (日)

コロナ禍における就職活動体験記(6) 曽根愛美さんのケース

2020年10月24日 (土) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、メディア学部社会コースの森川です。
今回は、森川研所属の4年生、曽根愛美(そねまなみ)さんの体験談です。
 
----------
私が就活を始めたのは、3年生の2月頃です。
その前からも企業研究などを少しずつやっていましたが、大学で開催された合同企業説明会に参加するのをきっかけに本格的に始めました。
 
3月になってからは合同企業説明会で知った企業や大企業にエントリーをはじめ、エントリーシートやSPI検査や履歴書をたくさん書きました。
しかし最初の方にエントリーした企業はほとんど全部といっていいほど落ちてしまいました。
エントリー数が多い企業にもエントリーをしていたので、落ちても仕方がなかったのかなと思い、また1から就職活動を始めることにしました。
しかし、コロナウイルスの影響でマイナビやリクナビで毎年行っている大きい合同企業説明会が開催されず、企業研究がうまく進められませんでした。
 
4月はとにかく各企業が独自に行っている会社説明会に参加しました。
たくさんの会社の説明会を受けているうちに、自分の会社選びの条件や相性等の良し悪しがわかるようになっていきました。
5、6月にエントリーをはじめ、7月に入るころに内々定をもらうことができました。 

 

6_20201004150901

森川研究室4年 曽根愛美
----------
 
曽根さんは数を当たることで、段々と企業選びの目を養ったようですね。
つまり、経験を積むことで自分の希望が見えてきた、ということだと思います。
就活は、企業に選ばれる場でもあり、自分が企業を選ぶ場でもあります。
そのためには、できるだけたくさんの企業を見てみることも大事です。
比較して初めて見えてくるものもありますからね。

また、どんな状況でも決して諦めないこと。
気持ちを強く持ってください。
曽根さんも、多くの企業に落ちたと書いています。
必要以上にへこまずに、気を取り直して次を当たりましょう。
前向きに!
  
最終回の明日は、就職ではなく、進学を選んだ安田滉規君の体験記をお届けします!
 
 
(メディア学部 森川 美幸)

2020年10月24日 (土)

より以前の記事一覧