広報

アナログ・ディジタルが交錯する新世代のエレクトロニカ

|

いま「アツい音楽」はいったいどこにあるのでしょう?

アニソン?
音ゲー?

たしかに国内ではそれらも盛り上がっていますね。
では国際的にはどうでしょう。

メディア学部は音楽大学ではありませんが「音楽理論・楽曲分析」も研究対象となります。さらにメディア学部の重要な柱となったサウンドデザイン分野では「音色を作り出すツール」も大切な研究対象です。

世界の音楽クリエイションツールの見本市といえば、アメリカで開催される「NAMM Show」というイベントが大変に重要で、世界中のミュージシャンやエンジニアが、ここでの新製品を楽しみに待っています。このNAMMで、ここ数年、非常に大規模な地殻変動が起きています。

ほんの数年前まで、アナログシンセサイザーといえば、中古品がヴィンテージとして大切に扱われることはあっても、あくまで一部のマニアのものでしかありませんでした。

ところがここ数年、なんと「新作の」アナログシンセサイザーのユニットが次々と企画・発売されており、これがかなりの人気を博しているのです。

ソフトウエアメーカーもこの動きに機敏に対応しています。

Native Instruments社が開発しているサウンド・デザイン・ツール「Reaktor」では、最新バージョンで、アナログシンセサイザーと連動して動作する仕組みを取り入れ、アナログ・ディジタル融合型の音作りができるようになりました。

「アナログシンセなんて、どこで練習できるの?」

メディア学部では15年も前から、現在盛んに利用されているアナログシンセの規格「EuroRack」の元祖であるアナログシンセを20台ほど揃え、音作りの演習を続けています!

Img_3862_3

Img_2442_6

おそらくこれだけのアナログシンセサイザーを、継続して教育に利用している大学は、メディア学部くらいなのではないでしょうか。(あまり大きな声では言えませんが、某有名コンテンツ企業の方が本学を見学された際に、必ずびっくりされるのがこのアナログシンセの一群です。)

「メディア学部に入学する前に、これらを体験してみたい!」

という高校生のみなさんは、6月17日に行われるオープンキャンパスにぜひおいでください。「オープンキャンパスでアナログシンセを体験できたから、メディア学部に決めた」という先輩方が、みなさんをお待ちしています♪

Img_1395_3

メディア学部で、アナログとディジタルが融合した新しい音作りを学び、未来の音楽を共に奏でていきましょう!

(伊藤彰教:特任講師)

オープンキャンパスはじまりました!

|

メディア学部の羽田です.
メディア学部では,ゲーム,CG,AR,広告,音楽などさまざまな展示を
学生が主体となって行っています.

Img_6688

Img_6689

夕方4時くらいまで行っていますので,まだまだ間に合います!
アクセスは中央線八王子駅と横浜線八王子みなみの駅から,無料送迎バスが運行しています!
お近くの方はぜひお越しください.
(羽田久一)

6/17オープンキャンパス(東京ゲームショウ前哨戦)

|

メディア学部の三上です

6月17日(日)は,本年度最初のオープンキャンパスです.
例年,私のプロジェクト演習「インタラクティブゲーム制作」では,その年の東京ゲームショウに出展するゲームのプロトタイプを展示し,実際に来場した高校生にプレイしてもらい,そこからフィードバックを得るという試みをしております.
当日は,実際に開発した先輩たちが授業の様子やゲーム開発に必要な能力など様々なことを聞き出すことができます.

2018oc01_00_2

続きを読む "6/17オープンキャンパス(東京ゲームショウ前哨戦)"

「機械学習を利用した絵コンテの自動着色」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その1)

|

メディア学部の三上です.

少し間が空いてしまいましたが,今年の3月に私が会長を務める芸術科学会のほか,4団体が合同で開催する,映像表現・芸術科学フォーラムにおいて,創成課題学生1名,卒業研究8件,大学院生2件が発表しました.

そのうちのいくつかの研究を紹介します.

2018forum01

続きを読む "「機械学習を利用した絵コンテの自動着色」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その1)"

セミナー情報:Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,私が講師を仰せつかっているセミナーを紹介させていただきたいと思います.

セミナーは,Indyzone 様が主催の「Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム」(5/26開催)です.

続きを読む "セミナー情報:Houdini ユーザのための流体シミュレーションアルゴリズム"

ハルツ大学との共同プロジェクト

|

メディア学部の三上です.

ドイツのハルツ大学の訪問の報告に続き,昨年の秋から始めたプロジェクトについて紹介します.
このプロジェクトは,ハルツ大学のゲーム開発プロジェクトに,日本の学生も入り,ゲームデザインや開発の面で共同でできないかという提案があってスタートしました.
遠隔地での開発,言葉の壁,時差の問題.いろいろ問題が想像できるのですが,私の研究室の8名が積極的に参加してくれました.

2018harz12

続きを読む "ハルツ大学との共同プロジェクト"

ドイツの提携校ハルツ大学訪問

|

メディア学部の三上です.

昨年の8月に提携したドイツのHarz大学,今回はドイツで開催されるCGアニメーションのカンファレンスと合わせて,訪問させていただきました.

日本にも来ていただいたWilhelm先生(ヴィルヘルム先生)をはじめ,学部長のProf. Dr. Andrea Heilmann(ヘイルマン先生),国際担当のProf. Dr. Louisa Klemmer先生にお会いしました.

2018harz01_3

続きを読む "ドイツの提携校ハルツ大学訪問"

集中実技 I (スキー)体験レポート!

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

この記事を執筆している本日(3/28)は,在学生向けの新年度ガイダンスが始まり,キャンパス内の桜も新年度のスタートを祝うかのように見頃を迎えております.

01
図.キャンパス内の桜はちょうど今が見頃です


そんな春爛漫のこの時期に,いまさらではございますが...(笑)

去る 2 月 15 日~ 17 日までの期間,「万座温泉スキー場」にて行われた「東京工科大学・集中実技 I (スキー) 」に参加してきましたので,そのレポートを書きたいと思います.

続きを読む "集中実技 I (スキー)体験レポート!"

菊池研究室「Procedural Animation & Contents Design Science」 4 年生が学会発表で受賞

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

先日(3月16日)に開催された「映像表現・芸術科学フォーラム 2018 ( Expressive Japan 2018 )」において,菊池研究室から研究成果発表を行った「谷野克成君」と「川満陽太君」の 2 名が,優秀発表賞と企業賞を受賞しました.

01
図.賞状を手に記念撮影する谷野君(一番左)と,3つの賞の賞状

続きを読む "菊池研究室「Procedural Animation & Contents Design Science」 4 年生が学会発表で受賞"

次世代コンテンツ研究室4年生も受賞

|

次世代コンテンツ研究室の4年生が、3月16日に開催された映像表現・芸術科学フォーラム2018 で優秀発表賞を受賞しました。
発表者は山田聖也君(写真中央)です。原田拡輝君(写真左)、長谷川隼兵君(写真右)と共同で行った卒業研究の内容について発表しました。

03201

賞状の文字が白とびしてしまっていて、読めないですね。
タイトルは、「小学校段階におけるプログラミングのための円滑な導入教育に関する考察」です。
小学生向けプログラミング教育について、以前から研究されている桑原明栄子先生にご指導頂き、研究を行いました。

学会発表と卒業式も終わり、研究室は寂しくなりました。卒業していく皆さん、ぜひ大物になって下さい!応援しています。

03202

・映像表現・芸術科学フォーラム 2018で発表します (2)

(椿郁子)

より以前の記事一覧