広報

メディア学部20周年記念誌の紹介と制作録

2020年8月11日 (火) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。メディア学部の寺澤です。

メディア学部は1999年4月の開設から、2019年で20周年を迎えました。それを記念して柿本正憲学部長の指示の下、2019年秋から「メディア学部20周年記念誌」の制作を開始し、2020年3月に完成・納品されました。佐々木和郎先生と私がプロデューサー・ディレクター役を務めましたので、ここで紹介したいと思います。

20th

記念誌は20年間の年表からスタートします。メディア学部での出来事を中心に、その当時の世の中の状況も簡単に載せてあります。年々、学生の活動や学術的な成果が増えたので、年表にどれを載せるか大変悩ましい事態となりましたが、年表については伊藤謙一郎先生に丹念な作業をしていただきました。特徴的なのは、メディア学部は開設当初からノートPC必携でしたので、大学として推奨する機種を毎年選定していました。その変遷もこの年表に載っています。

続いて、初代学部長の相磯秀夫先生(のちに学長)ほか歴代の学部長、ならびに、開設当初の教員であった佐藤 敬先生をはじめとする数名の先生方から頂いたメッセージ、現役教員による20年を振り返っての座談会を掲載しています。中盤にはメディア学部の研究・教育の特色を紹介しています。中でも、現在、社会で活躍する卒業生に集まっていただいた座談会では、メディア学部での学びが、その後の仕事や考え方にどのように影響があったのか興味深い話を語っていただきました。

続きを読む "メディア学部20周年記念誌の紹介と制作録"

2020年8月11日 (火)

8月23日(日)「バーチャルオープンキャンパスDAY(八王子)」開催のお知らせ

2020年8月 8日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さん、こんにちは!

7月19日(日)、8月2日(日)に引き続き、3回目の「バーチャルオープンキャンパスDAY(八王子)」8月23日(日)10:00〜16:00に開催されます。今回が今年最後のバーチャルオープンキャンパスとなりますので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

共通イベントの「大学説明」「入試説明」総合型選抜対策講座「コウカトーク八王子キャンパス学生によるパネルディスカッションは、いずれも申込み制となっています。「バーチャルオープンキャンパス 」のページ内の「バーチャルオープンキャンパスDAYの申込はこちら」から「8月23日バーチャルオープンキャンパスDAY(八王子)」を選んで「次の画面へ」をクリックし、タイムテーブルの「共通イベント」からお申し込みください。

当日、メディア学部は「模擬授業」の動画配信と、「インテブロ」「インタラクティブゲーム制作」の2つのプロジェクト演習による生配信のイベントを行います(※こちらは事前申込み不要です)。詳細は、先ほどご紹介したタイムテーブルの画面で「メディア学部」をクリックするとご覧いただけます。


 ◆10:00〜16:00 メディア学部模擬授業「最新のVFX映像はこうして作られる」【菊池 司 教授】[バーチャルオープンキャンパス メディア学部専用ページでの動画配信](※8/2に実施された「感性の働きを可視化するコンテンツデザイン」もご覧いただけます)

 ◆12:00〜15:00 メディア学部ライブ「教えてANSWER!」【インテブロ】[「ZOOMウェビナー+YouTubeライブ」による生配信](※事前の質問は、こちらから受け付けております!https://twitter.com/in_tebro)

 ◆15:00〜16:00 世界が評価するゲーム開発者育成プログラム紹介と学生作品発表【インタラクティブゲーム制作】[「クラスター+YouTubeライブ」による生配信]


そのほか、各学部に関するご相談や質問にリアルタイムにお答えする「教員とのオンライン相談」が行われます。相談をご希望の方は、8月20日(木)12時までにお申し込みください(先着順です。申込みは、上記タイムテーブル画面からどうぞ)。メディア学部は、「コンテンツコース」「技術コース」「社会コース」の各教員が20分間、対応いたします。ちょっとした疑問にも丁寧にお答えしますので、ぜひご利用ください。

(文責:伊藤謙一郎)

2020年8月 8日 (土)

本日(7/19)開催バーチャルSNSによる「ゲーム制作α版発表会」

2020年7月19日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

いよいよ本日,東京工科大学のオープンキャンパスの特別企画として,バーチャルSNS「Cluster」を利用した,東京ゲームショウ2020向けに学生が開発しているゲームのα版発表会を行います.

12:30からは,ブースがオープンしていますので,東京工科大学のバーチャルオープンキャンパスのイベントを見てもらった後や合間の時間などがあればぜひ遊びに来てください.

12:30から15:30は「東京工科大学オープンキャンパス特別イベント「ゲーム制作α版発表会」【第一部】 」にアクセスしてください.

そして16:30からはこの「Cluster」内においてメインイベント「学生による開発途中のゲーム発表」があります.
この会場は15:30からアクセス可能になっています.時間になりましたら「東京工科大学オープンキャンパス特別イベント「ゲーム制作α版発表会」【第二部】
」にアクセスしてください.

Blog01s

 

「バーチャルSNSって何か心配」とか「やり方よくわからない」という方は,メインイベントの「学生による開発途中のゲーム発表」はYoutube Liveでも内診しております.下記のURLからアクセスしてください!

オープンキャンパス特別イベント「ゲーム制作α版発表会」

Blog02s

 

コロナ禍でも自発的な学びを決して止めない工科大生の活動成果をぜひ見てください.

 

文責:三上浩司

 

 

2020年7月19日 (日)

7/19開催のオープンキャンパスに連動して東京ゲームショウ向けに開発したゲームを紹介する仮想空間イベントを開催!

2020年7月18日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です

 

今年は,コロナウィルスの影響でバーチャルオープンキャンパスとなりました.
例年,東京ゲームショウ(TGS)に向けたゲームのα版(プロトタイプ)を展示して,開発した学生たちと交流できる機会を用意していたのですが,なんとそのTGSも遠隔開催ということになってしまいました.

そこで,遠隔なら遠隔でしかできない挑戦を使用ということでバーチャルSNSである「Cluster」というサービスを使って,仮想空間の中でゲームを展示しようということで企画を進めました.そして,TGS向けに準備している出展ブースをオープンキャンパスでも公開して,高校生の皆さんにも遊びに来てもらおうということで企画を作りました.

・ゲームの試遊(7/19以降いつでも)
http://www.mkmlab.net/TGS/2020/

・開発した学生との交流
(7/19 12:30-15:30)
https://cluster.mu/e/fa5def09-51f3-4640-8de6-420fc792d5c9
(7/19 15:30-18:30)
https://cluster.mu/e/4aee6b56-702e-4dba-a349-430adceb33af

・Youtubeによる番組配信
上記Cluster内のイベントの中継です「Cluster」あまり利用しない方は「Youtube」でもClusterでのリアルタイムイベントを中継しますので是非こちらもご覧ください.
https://youtu.be/qllrqGuPbAk

※番組配信は7/19(日)16:30~18:10の予定です.

 

Voc0715_01 Photo_20200718174801


以下詳細情報です.皆様の来訪をお待ちしております.
------------------
東京工科大学バーチャルオープンキャンパス特別イベント開催!
本番組では東京工科大学メディア学部 ゲーム制作プロジェクト「インタラクティブ・ゲーム制作」バーチャルブースでのイベントの様子をお届けします!
学生の制作したゲームを通して、ゲーム紹介、開発の様子、学生生活などについて各チームからお話を頂きます。
質問などありましたらコメントをどしどしお送りください!!

東京工科大学バーチャルオープンキャンパス会場:https://www.teu.ac.jp/entrance/open/index.html

東京工科大学 公式サイト:https://www.teu.ac.jp/
東京工科大学インタラクティブ・ゲーム制作 2020年度Webページ:http://www.mkmlab.net/TGS/2020/
東京工科大学インタラクティブ・ゲーム制作 学生広報Twitter:https://twitter.com/TUTgp2020

◇東京工科大学バーチャルオープンキャンパス インタラクティブ・ゲーム制作バーチャルブース概要
日時:7/19(日) 15:30開場 16:30開演
場所:cluster
会場URL:https://cluster.mu/e/4aee6b56-702e-4dba-a349-430adceb33af

◇プログラム
16:30 - 16:33 挨拶・イベント説明
16:33 - 16:45 プロジェクト演習「インタラクティブ・ゲーム制作」説明
16:45 - 17:00 『突撃!ドカンとマーチ』by Team Munch-α-
17:00 - 17:15 『潮またぎのアルフレッド』by GAF-fly
17:15 - 17:30 『MAKAMI』by グラさん
17:30 - 17:45 『爆走!!トレイルロード』by タンメン谷口
17:45 - 18:00 『BLADE'NHAMMER』by Team Munch-β-
18:00 - 18:10 プロジェクト演習「インタラクティブ・ゲーム制作」からのお知らせ

◇登壇者紹介
三上浩司 (東京工科大学メディア学部教授):https://twitter.com/mkmtut
松永健斗 (東京工科大学メディア学部学生 / インタラクティブ・ゲーム制作学生出展委員会 委員長)
<以下学生チーム>
Team Munch-α-:https://twitter.com/gurasan2020_tut
GAF-fly
グラさん:https://twitter.com/gurasan2020_tut
タンメン谷口:https://twitter.com/TanTani18GP
Team Munch-β-

◇「cluster」について
「cluster」は様々なデバイスでイベントを無料で開催・参加できるバーチャルSNSです
公式サイト:https://cluster.mu/
イベント参加ガイド:https://cluster.mu/about
<ダウンロードはこちら>
PC(Win/Mac) / VR(Oculus / VIVE):https://cluster.mu/downloads
iPhone:https://apps.apple.com/app/id1490075175
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.cluster.app






東京工科大学では、オープンキャンパスを定期的に開催しています。八王子と蒲田の両方のキャンパスで開催しますが、それぞれ違った体験ができますので、興味のある学科がある方や、本学のことがよく分からない方でも...

2020年7月18日 (土)

7月19日(日)「バーチャルオープンキャンパスDAY(八王子)」開催のお知らせ

2020年7月14日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さん、こんにちは!

7月19日(日)に開催される「バーチャルオープンキャンパスDAY(八王子)」のお知らせです。

すでに大学HPのWebサイト「バーチャルオープンキャンパス」をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、この日は学長による大学紹介、八王子キャンパスの各学部長による学部・学科紹介など、ライブ感あふれる特別動画コンテンツを配信します。八王子の4学部、そしてメディア学部についてさらに詳しく知ることができるチャンスですので、ぜひご視聴ください!

動画コンテンツは10時と13時の2回配信しますが、どちらも同じ内容ですのでご都合に合わせてご覧ください。ただし、視聴にあたっては事前申し込みが必要となります。視聴ご希望の方は、こちらのページから申込みをお願いします。(※当日まで申込み可能です)

そのほか八王子キャンパスの「バーチャルオープンャンパス見学」3D画像も当日公開されます。こちらは申込み不要でどなたも自由にご覧いただけます。どうぞお楽しみに!

また、昨年開催されたオープンキャンパスでのメディア学部の展示の様子は当ブログで紹介しています。こちらも是非ご覧ください。

【2019年6月19日】
オープンキャンパス開催中です!
◆入学希望者必見◆オープンキャンパスレポート①【充実の研究生活編】
◆入学希望者必見◆オープンキャンパスレポート②【充実の学生生活編】
◆入学希望者必見◆オープンキャンパスレポート③【充実のキャンパス空間編】
◆入学希望者必見◆オープンキャンパスレポート④【メディア学部で研究しよう!】

【2019年7月14日】
本年度2回目のオープンキャンパス その1
本年度2回目のオープンキャンパス その2
本年度2回目のオープンキャンパス その3

【2019年8月4日】
オープンキャンパス開催中!
オープンキャンパスに行ってみる(2019年度第3回 メディア学部 片研会場)
オープンキャンパス 8月4日 (研究棟C編)

【2019年8月25日】
8月25日オープンキャンパス研究棟C会場レポート
入学希望のみなさんへ。8/25のオープンキャンパスでの一コマです
写真で体験する8/25のオープンキャンパス!


(文責:伊藤謙一郎)

2020年7月14日 (火)

空から見えるキャンパス(解説編)

2020年7月 4日 (土) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。

皆様昨日の記事はご覧いただいてますでしょうか?今回はその続きです。

飛行機上から本学の八王子キャンパスを発見したお話ですが、関東平野は広大で、街と街の境目がないため特定の場所を発見するのはなかなか困難です。
また、高高度の上空から見渡すと方角や距離感がつかみにくく、だいたいこんな感じかな?というくらいにしか把握しにくいです。
よーく見てじっくり考えればわかるかもしれないですが、何しろ時間がないです。発見したのは離陸から七分後で、八分後にはもう山梨へ抜けてしまいました。

今回はそんな中で八王子キャンパスをどうやって発見したかの解説です。

以前、「大学から見える意外なランドマーク」という記事と、その解説編をこのブログに掲載しました。大学から西武ドームが見えるというお話です。
この時、西武ドームであることを確認するために、GoogleMapで西武ドーム付近や大学との位置関係をよく見ていました。
(実はあの記事を先に書いたのは伏線だったのです)

このため、西武ドームを見つければ大学を探せるかもしれないと考え、まずは西武ドームを探してみました。
関東平野内で北西の方で、緑に囲まれた大きな湖、そしてそのほとりにある大きな白い建物。
これだけ特徴的なものであれば、比較的容易に発見できました。下の写真の赤矢印部分です。

20190314-110055-2

 

次に、西武ドームと大学の位置関係をヒントに大学を探します。
解説編の中で大学から北北東方向』『ちょうど多摩川を挟んで向こう側くらいとあります。
方角は前述の通り高高度からはわかりにくいですが、多摩川はおおよそ東南東方向へ向かって流れているので、多摩川の反対側を探せばよいわけです。

写真ではわかりにくいですが、飛行機からは多摩川はよく見えました。距離は西武ドーム多摩川間と同じくらい離れた位置なので、探す範囲もだいぶ絞られます。次の写真に多摩川と捜索範囲の円を描いています。

20190314-110055-4

そして、この緑の範囲を探していた所、八王子サザンスカイタワーを発見しました。付近で一番大きいビルなので目印になりました。
(残念ながら写真ではごちゃごちゃしてる部分に紛れていてわかりにくいです)
これで八王子駅の場所が分かったので、あとは少し右下あたりかな、と慎重に探してみて、ようやく八王子キャンパスを発見できました。
なかなか難易度が高く、また時間も非常に短い(見える範囲を飛んでいるのは一分半~二分程度?)ので、無事発見できた時は難解なパズルを解いたような爽快感がありました。

発見方法は他にも色々あると思います。実際別の機会に飛行機に乗った際にも、違う方法でも発見しています。
しばらくは飛行機での移動もしにくいのでなかなか機会がないと思いますが、いずれ飛行機で西へ向かう機会があった方は探してみてはいかがでしょうか。
事前に地図を見て予習するのも楽しいかもしれません。

2020年7月 4日 (土)

空から見えるキャンパス

2020年7月 3日 (金) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。

飛行機を利用しての遠出ができなくなってしばらく経ちますが、昨年春に飛行機に乗った際の思い出です。
といってもタイトルでネタバレ済みなのですが・・・。上空から八王子キャンパスを発見できたお話です。

昨年三月に、大学の用事で福岡に出張しました。その際、進行方向に対して右端の窓際席になりました。
座席モニターで進路を見ると、八王子の少し南の上空を通過する様子でした。
これはもしや八王子キャンパスが見えるのでは!?と思い、上空からの捜索を試みました。

まずはこちらの写真をご覧ください。
スマートフォンのカメラでの撮影なので画質は厳しいものがありますが、この中に映っています。
※スマートフォンは機内モードに設定して電波をオフにしています

20190314-110055

 

おわかりいただけたでしょうか?

あわや雲に隠れて見えないところでしたが、運よくギリギリで見えました。
画面中心部の雲の左上付近です。

更に画質が低下してしまいますが、ズームした画像も掲載します。

20190314-110051

 

片柳研究所棟とフーズフー前の植え込み庭園、アリーナなどの特徴的なものが見えますね。
空の上からでも八王子キャンパスを見つけることができました。
広大な関東平野の中からどうやって発見したかはまた次回解説します。

2020年7月 3日 (金)

10年前のゲーム教育を振り返る【Unity道場スペシャル 虎の巻】

2020年6月22日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です

2020年6月20日に開催された「Unity道場スペシャル 虎の巻」というイベントにオンラインで登壇してきました.Unityは世界で最も普及しているゲームエンジン(ゲーム開発統合ツール)で本学でもプロジェクト演習や専門演習,講義科目などで広く利用されております.

東京工科大学メディア学部は,2010年にまだ日本語版もなく,日本の法人も立ち上がっていないころから,Unityを授業(メディア専門演習)に導入し,先進してゲーム開発教育に利用してきました.

今回の講演に当たり,当時Unityで開発した作品や授業資料などを探していて,作品の動画が見つかりました.

2020unity01

作品の紹介動画はYoutubeにアップしてありますので是非見てください.https://youtu.be/QWPkMR5AXpY

 

当然ですが,巷に教科書などがあるわけもなければ日本語で解説しているWebページも乏しい時代でした.現在も演習講師を務める,中村陽介先生とともに,教科書を自作してでも採用しようということで,スタートしました.

ちょうど,東京工科大学では2010年度に文部科学省「産学連携による実践型人材育成事業  -専門人材の基盤的教育推進プログラム-」において 「ゲーム産業における実践的OJT/OFF-JT体感型教育プログラム」が採択されたタイミングで,専門学校と共同で学部の起業と一緒になりゲーム開発をするプロジェクトが動き始めました.そのため,普段は異なる開発環境でゲームを開発している大学や専門学校,さらにはプロとの交流の必要があり,汎用性の高いゲーム開発環境に対する需要もありました.

このように始まったUnityを使った授業なのですが,私の授業のポリシーでもある「自分に必要な技術を自ら習得できる学生」を生み出すことにのっとり,基本的な教材を用意して,後は自らが開発したいゲームに関する必要な情報が何かを明らかにして,探っていくスタイルをとりました.その結果,学生たちはしっかりと基本的な利用方法を理解し,そのうえで自分たちの企画を実現するために自ら学び,最終的になかなか魅力的な作品を生み出してくれました.

 

2010年,2011年はゲーム開発環境に大きな変革が起き始めたときであり,その一端に東京工科大学のこのプロジェクトとGlobal Game Jamがあります.Global Game Jam 2011のお話はまた,別の機会にしたいと思います.

分析:三上浩司

続きを読む "10年前のゲーム教育を振り返る【Unity道場スペシャル 虎の巻】"

2020年6月22日 (月)

遠隔でのゲーム開発グループワーク(プロジェクト演習)

2020年6月 6日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

授業が遠隔で再開されてから早くも2週間.皆さんもう慣れてきましたかね.

遠隔での授業再開と思って,卒業生の皆さんは「そういえばプロ演どうなったの?」って心配になる人いますよね.そのあたりをちょっとお知らせしておこうと思います.

まず,3年生のTGS向けのゲーム制作ですが,授業が再開する5月20日よりもだいぶ前の3月から,定期的に開発の進捗MTG(早い話が授業)は再開していて,本来なら大学に集まって作業する皆さんが遠隔で作業していた成果を確認していたのですが,「あれ,例年より進捗良くない?」みたいなことになりました.外に出かけることができない分,自宅で開発を進めたことが要因なのでしょうが,さすがメディア学部の学生だけあって,遠隔での意思の疎通のはかり方や,プロジェクトの進め方などいち早く適応できているなと感心しました.

その後も遠隔MTGや授業でのアドバイスを受けて,きちんと修正したり理論武装している姿を見て,自分で指導しておきながら「やるな!」と思わせていただきました.

ご存じの通り東京ゲームショウは幕張メッセでの開催を断念しております.遠隔での開催ということですがまだ詳細は明らかになっておりません.そんな情報を受けた最初の授業でもあまりモチベーションは下がらず,「オンラインが初めてならそこに向かって挑戦しよう!」という気概が生まれました.

現在は「Cluster」を使ったバーチャル展示や,Youtube Liveでの配信など様々なイベントを仕込んで展示しようと,開発だけでなく展示のsかけづくりも盛んになってきました.

今期はオープンキャンパスもバーチャル開催なので,例年通りバーチャルTGSの出展内容をオープンキャンパスでも順次テストして,頑張っている学生の様子を見ていただきつつ,直接いろんな話を聞いてもらえたらと思います.

また,1年生の演習の様子などもお知らせします.(1年生のほうがアナログ要素が多いので実はかなりアクロバティック・・・)

文責:三上浩司

 

2020年6月 6日 (土)

令和元年芸術科学会東北支部大会・発表報告(その7・最終回)

2020年4月21日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,7回に渡ってお伝えしてきた「令和元年度芸術科学会東北支部大会」での研究発表報告の
第7回目(最終回)になります.

最終回にご紹介するのは,「区画画像から町の特徴を考慮した城下町のプロシージャルモデリング [1]」です.

01_20200418225701
図.研究発表中の藤塚君


本研究では,お城の周りに広がる城下町を対象とし,城下町を「武家屋敷エリア」や「町人街エリア」,「寺社エリア」などのように領域を分割・指定することにより,エリアの広さに合わせた建造物モデルをプロシージャルに配置していくことで,城下町モデルを半自動的に生成可能としました.

以下のリンク先より,令和元年度芸術科学会東北支部大会発表報告その1からその6までをご覧いただけますので,お時間のある時にでも目を通していただけると光栄です.
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その1)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その2)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その3)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その4)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その5)
●令和元年度芸術科学会東北支部大会・発表報告(その6)


[1] 藤塚 巧,伊藤智也,菊池 司,”区画画像から町の特徴を考慮した城下町のプロシージャルモデリング ”,令和元年度芸術科学会東北支部大会,講演セッション,01-10,2020.


文責:菊池 司 

2020年4月21日 (火)

より以前の記事一覧