広報

灼熱のタイ滞在記 (1,2日目)

2019年3月23日 (土) 投稿者: メディア技術コース

春休み期間中に、タイのキングモンクート大学(KMUTT: King Mongkut’s University of Technology Thonburi)のメディア学科から招待を受けて訪問いたしました。昨年、教育や学生のインターンシップなどについて学部間で提携することを結んだ関係(「タイ大学訪問報告 - キングモンクート大学」http://blog.media.teu.ac.jp/2018/02/--media-arts-an.html)でこのような機会をいただきました。滞在中には授業をいくつか行い、学生達のプロジェクトについてのディスカッションなどに参加する予定です。

ということなのですが、初日(3月18日)に朝のラッシュのなかを大きなカバンで苦労して空港に辿りついたところ、使用する飛行機を変更する必要があるため5時間の遅延とのメッセージに迎えられました!こんなに苦労して朝の時間に来たのはなんのためだったのか。チェックインの2時間前に空港に来たので、7時間ほど待たなくてはいけなくなってしまいました。

Img_9849-small

待っている間の葛藤は割愛しますが、ようやく出発となってタイに着いたのは夜の9時すぎで、ホテルに着いたのは10時半頃となってしまいました。だいぶ疲れています。結局初日は移動だけで終わってしまいました。ちなみにホテルは大学の敷地内にあります。大学自体がバンコクの中心地からは若干離れた場所にあるので通うのには便利です。ただ、メディア学科は別のキャンパスにあるため、そこに行くには両方のキャンパスを行き来しているバスに乗ります。毎回乗る度に名前や身分やパスポート番号を記入する必要があるのはなかなか面倒です

Img_9861-small

次の日の朝、ホテルのあるほうのキャンパス内のカフェで朝食を食べていると、どうやら日本人の学生らしい人たちが沢山買いに来ているのに遭遇しました。そのうちの一人に話しかけてみると、二週間くらいの期間、英語で学習するプログラムとして来ているのだそうです。金沢の大学からということでしたが、先輩から聞いて参加したと言っていたので毎年そこから来ているようでした。今年は20名くらいが参加していると言ってました。英語とかはどう?と聞いてみましたが、大変だけどプログラムはとても楽しいとの返事でした。タイの学生と組んでプロジェクトを行うような内容だそうです。女子学生だったのですが、明日の午後はタイ式ボクシングを経験しに行くといっており、経験の幅が私とは桁違いです。観光もできている様子でしたがいい経験になりそうです。

その後、朝8時に待ち合わせをして別キャンパスのメディア学科まで連れてきてもらいました。初日のサービスですね。いろいろな先生方と顔合わせをした後で、映像作成やプロダクトデザイン関連のプロジェクト発表会に参加しました。これらについては全くの素人なので、とりあえず学科の様子を知るために参加させていただきましたが、指導の先生方と発表を見ながらいろいろ楽しく話をして、素人ながらもっともらしいコメントしたりいたしました。特に韓国出身のジョン先生とは話がはずみました。

その後も諸々ありましたが、とにかく暑くて汗がダラダラです。辛いものを昼に食べてさらにひどいことになりました。昨日の疲れもあり5時前には退散させていただきました。明日もいろいろある予定です

太田

2019年3月23日 (土)

あにめたまご2019「文化庁若手アニメータ等人材育成事業」

2019年3月12日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

今日はアニメの話題を一つ.
3月9日に本年度の文化庁 若手アニメータ等人材育成事業,通称「あにめたまご2019」 の完成披露試写会がありました.

公募選ばれた4社の制作会社が,若手アニメータを育成しながらオリジナル作品を作るこの取り組み,少し紹介しようと思います.

2019at01

続きを読む "あにめたまご2019「文化庁若手アニメータ等人材育成事業」"

2019年3月12日 (火)

メディア学部の提携校である香港城市大学への訪問

2019年2月27日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

2013年に香港城市大学の学生とEddie先生が来学されたことをきっかけに、メディア学部との提携が2016年に行われました。そのとき、両方の学生がそれぞれの大学で講義の履修をして、単位互換できる交換留学生の制度も一緒に作りました。
2017年度、2018年度の前期に香港城市大学から3名、4名の学生が半年間メディア学部の学部生と一緒に日本語での授業を履修して、単位を取得しました。それらの単位は、香港城市大学の単位として認定されるということになります。詳しい経過は、この記事の最後の活動報告一覧を御覧ください。受け入れは進んでいますが、本学から学生が訪問していません。
香港城市大学の交流プログラム:Tokyo University of Technologyの名前を見つけてください。
https://www.scm.cityu.edu.hk/exchange_programmes/inbound_exchange_programme
そこで、今回、より良い交流や研究交流を進めるための打のち合わせのために訪問しました。メディア学部の教員では初めての訪問になります。そこでこの記事では、おもに、提携しているSchool of Creative Mediaのことについて紹介します。
まず驚くのは、建物です。
https://www.scm.cityu.edu.hk/school_overview
このビデオをみてください。よく見る直方体ではないです。クリエイティブになるためにあえてこのような形にしているとのことでした。

Dsc_4442

続きを読む "メディア学部の提携校である香港城市大学への訪問"

2019年2月27日 (水)

日本テレビ「世界一受けたい授業」(2/23放送)での講義!

2019年2月10日 (日) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の藤澤です。

2/23(土)放送の日本テレビ「世界一受けたい授業」で講師としてスマホアプリについてお話しさせていただきました!

P_20190126_202140_vhdr_autos
【3時限目】◇社会◇東京工科大学 藤澤公也先生
使わないともったいない!家族を守るお助けアプリ



続きを読む "日本テレビ「世界一受けたい授業」(2/23放送)での講義!"

2019年2月10日 (日)

Global Game Jam 2019 最終発表

2019年1月29日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

1月25日から27日まで開催された,48時間のゲーム開発ハッカソンGlobal Game Jam.東京工科大学では9チームのプロアマ混成チームが見事「完走」しました.
本日は最終発表の様子をお伝えします.

2019ggj41

続きを読む "Global Game Jam 2019 最終発表"

2019年1月29日 (火)

Global Game Jam 2019 β版発表

2019年1月27日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

1/25(金)から開催されていますGlobal Game Jam 2019もいよいよ佳境を迎えてまいりました.今回はベータ版発表の様子をお送りします.
ベータ版はゲームがほぼ完成した状態で,これから細かなバランス調整やバグフィックスを残した状態のことを指します.GGJは開発時間が短いので,そこまで進んでいないことも多いですが,ある程度ゲームが形になってきたものを見ることができます.

2019ggj30

続きを読む "Global Game Jam 2019 β版発表"

2019年1月27日 (日)

Global Game Jam 2019 α版発表

2019年1月27日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

Global Game Jam 2019は2日目も終え,最終日に突入しました.
2日目の21:00にはα版の発表ということで各チームが,ゲームをデモ可能な状態にして発表をしていました.
その様子を簡単に紹介します.

2019ggj21

なお,Global Game Jamの開催についてはYomiuri Onlineをはじめ多くのメディアで取り上げられております.

続きを読む "Global Game Jam 2019 α版発表"

2019年1月27日 (日)

Global Game Jam 2019 テーマは「What home means to you.」

2019年1月26日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

ついにGlobal Game Jam 2019の時差スタート会場もすべてスタートし,テーマが正式に公開になりました.
今年のテーマは「What home means to you.」ということで,世界各国の様々な方から「home」についての思いを語っていただく動画とともに公開されました.

2019ggj11

テーマに関する動画はKeynote Speechとともにこちらから閲覧できます.

続きを読む "Global Game Jam 2019 テーマは「What home means to you.」"

2019年1月26日 (土)

GGJをLive配信!

2019年1月26日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

伊藤彰教です。
三上教授が「グローバル・ゲーム・ジャム」の記事をアップされているかと思いますが、私からはその関連活動についてお知らせしようと思います。
GGJは「48時間で1本ゲームを作ってみよう!」という、楽しくも過酷なイベントですが、わたしたちの会場では、「その様子をYouTubeやTwitchでライブ配信しよう!」という企画もセットになって運営されています。

なにはともあれ、配信のチャネルをご覧ください。
 

これらの配信は全て、学生の手で企画・運営がなされています。
番組構成・システム構築など「誰かがやってくれるだろう」ということはありません。
最近はYouTuberやVTuberなどを目にすることも多いと思います。また、ゲーム配信などを経験している高校生のみなさんも増えてきていることでしょう。

しかし、スマホ1台で完結するような配信であればともかく、たくさんの人・動画・音声などが組み合わさった「番組」を構成しようとすると「思ったよりもたいへん…」ということになります。

誰でも手軽にできる…という謳い文句のライブ配信も、まともにやってみると専門スキルが多数必要になります。

実はこの活動は、メディア学部の音響・映像制作のプロジェクト演習の一環として行われています。最終的には学生の自主的な判断が尊重されますが、様々な素地は授業として教えています。

では、その「Behind the Scene(舞台裏)」の様子をご覧ください。

50485472_2023633047733648_7767407_2

50685929_2023633094400310_6056191_2

Img_9146_3


おそらく多くのみなさんが考えているよりも、大掛かりで専門的な活動であることが伺えるかと思います。

「映像・音響・ネットワーク」
「表現・技術・社会」

実は全てが必要になるのが、こうしたネット配信の現実です。
この全ての分野をカバーし、チームの力で解決する力を養う大切な活動です。
こうした分野を学びたいというみなさんを、メディア学部は歓迎します。

2019年1月26日 (土)

いよいよ開幕 Global Game Jam 2019

2019年1月26日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

毎年,1月のこの時期に開催される世界最大のゲームハッカソン「Global Game Jam 2019」.
世界各地の会場にゲーム開発者が集まり,テーマに沿ったゲームを開発するイベントです.
東京工科大学は2010年1月の第2回から連続で会場運営をして,今年で10年を迎えます.
今年もゲーム業界のプロフェッショナルや他大学の学生が61名集まり開発がスタートしました.

2019ggj01

続きを読む "いよいよ開幕 Global Game Jam 2019"

2019年1月26日 (土)

より以前の記事一覧