広報

本年度2回目のオープンキャンパス その2

2019年7月23日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部の兼松です.

今日は前回に引き続き,7月14日に行われた本年度2回目のオープンキャンパスの様子をお伝えします.
今回は片柳研究所棟4階で展示を行っていた各ブースをご紹介します.

メディア学部では研究棟Cと片柳研究所の二箇所で展示を行いました.
研究棟Cは,主に4年生が卒業研究を行うための研究室や各教員の居室が入っている建物です.
オープンキャンパスのときには,各研究室がそれぞれの研究を展示しています.
普段,大学生がどんなところで研究しているのかも直接見れますし,案内もそれぞれの研究室に所属している学生が行っていますので,色々詳しい話を聞いていただけたのではないかなと思います.

また,片柳研究所棟はメディア学部に関連する施設では,様々な授業を行う教室やホールのほか,4階にはコンテンツテクノロジーセンター(通称CTC)や5階にメディアテクノロジーセンター(通称MTC)があります.オープンキャンパスでは主にCTCとMTCを使って展示を行っていました.

21 23

上の写真は4階CTC前の様子です.
CTC前はちょっとしたロビーのように机と椅子が置かれていますので,昼休みなどは普段から学生が集まって昼食をとっていたり,授業の合間に休憩したりする姿が見られます.
ただ,上の写真のように,ここまで多くの人がCTC前に集まっているのは,オープンキャンパス特有の光景ですね.

24

今回のオープンキャンパスではこのCTC前で,近藤先生と近藤研の学生たちが,プロジェクト演習で学生が制作したアニメーション作品の展示を行っていました.
今でこそ技術としてはよく聞くようになりましたが,本学にはモーションキャプチャーの撮影ができるスタジオがあります.このモーションキャプチャーを使った学生作品なども展示していました.

22_20190719173001

こちらの写真はCTC内部の様子です.
CTCにはPCをはじめとした演習用の様々な機器が設置されています.
学生が自主的に腕を磨くために使う場合ももちろんあるのですが,一番大きな用途としてはプロジェクト演習です.
ゲームやアニメ,CGに関するプロジェクト演習では,この部屋を使う演習が多いです.

今回のオープンキャンパスではこのCTCで,三上先生・渡辺先生・安原先生が担当しているゲームの演習紹介,竹島先生の研究室での研究紹介,川島先生のCG・アニメの演習紹介,そして三上先生と私の研究や授業を紹介する展示を行っていました.

27 25 26

まずはゲームの演習紹介ブースです.
今回はタブレット用のゲーム2つと,PCゲーム3つが展示されていました.
これらのゲームは,TGS(東京ゲームショウ)出展を目標にして主に学部3年生たちが作っているものです.
まだ制作途中なので粗は目立ちますが,次回出展の際,またはTGS本番で同じゲームをプレイしていただければ,どんな風に進化・改良されたのか,なんて楽しみ方もできますよ(詳しくはこちら).

28

また,CTCの出入り口付近では三上・兼松研の研究展示を行っていました.
ゲーム関連の研究はもちろん,私の専門分野であるシナリオ,キャラクター,そして演出に関する研究や授業の説明も行っています.
まだお越しいただけてない方は,是非次の機会にお越しください.

29 210

竹島先生の研究室のブースでは,主に様々な情報の可視化に関する研究の展示が行われていました.
「そもそも情報可視化とはなんなのか」から,人口変動や,SNSから得られるデータをうまく活用したゲームプレイヤーの感情値の変動など,幅広い分野を対象にした分析,研究の紹介をしていました.

212 211

最後に川島先生のブースです.
こちらでは「最新CG技術を使ったアニメーション制作」ということで,実際の作例を交えながらアニメーション制作手法について解説されていました.川島先生の演習については,先日このブログに掲載されていますので,是非川島先生の記事をチェックしてください.

今回は片柳研究所棟4階で行われた展示のご紹介でした.
次回は5階の展示をご紹介します.
ご興味を持っていただけた方は,是非8月4日のオープンキャンパスにお越しください.

(メディア学部 兼松祥央)

2019年7月23日 (火)

本年度2回目のオープンキャンパス その1

2019年7月22日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部の兼松です.

7月14日に本年度2回目となるオープンキャンパスが実施されました.
今日は,当日の様子をご紹介します.

2_201907172010011_20190717193101

当日は残念ながら雨が降ってしまいましたが,それでも大変多くの方に来ていただきました.ありがとうございます.

以前の記事にも書きましたが,私は東京工科大学のOBでもありますので,私自身も高校生の時,お越し下さった皆さんと同じようにオープンキャンパスに来たことを思い出しながら会場を見回っていました.
オープンキャンパスの時は上の写真にあるように片柳研究所棟が受付・スタート地点になるのですが,高校生の私がオープンキャンパスに来た時は片柳研究所棟はまだ完成していませんでした.
各ブースで展示されている研究や作品はもちろんですが,この片柳研究所棟も含め,キャンパスの美しさも東京工科大学のおすすめポイントの一つですので,景観も楽しんでいただけていれば嬉しいです.
オープンキャンパスの時にはチャンスはほぼ無いと思いますが,深夜〜明け方になると稀にキャンパスに霧がかかることもあり,その様子もなかなか幻想的ですよ.

5_20190717203101
4_20190717203101 3_20190717203001

オープンキャンパスといえば,まずは学部説明会ですね.
学部長の柿本先生によるメディア学部の説明会は,今回も満席になるほどの方に来ていただきました.

9_20190719161901 8_20190719161901 7_20190719161801

菊池先生の模擬授業では「最新CG映像の作り方」ということで,メディア学部の中でも特にコンテンツコースで行なっている研究や教育の代表格とも言える部分を体験していただけたと思います.

11_20190719162101 12_20190719161901

オープンキャンパスでは学部説明や模擬授業のほかにも,各研究室が様々な展示を行っています.
もちろん,お越しいただいた皆様のお好みに合わせて自由に見てもらえれば良いのですが,どこを見れば良いのか迷ってしまう場合もあると思います.
そんな時は是非キャンパスツアーをご活用ください.
各学部に在籍している現役の学生が,各ブースの簡単な説明をしながら案内しています.

各研究室の展示の様子などはまた別の記事でご紹介します.
次回のオープンキャンパスは8月4日に開催予定です.
まだ参加いただけていない方も,リピーターの方も,是非ご参加ください.お待ちしております.

(メディア学部 兼松祥央)

2019年7月22日 (月)

夢ナビライブ 2019 東京会場で講義ライブを行いました!

2019年6月14日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

去る「6月8日(土)」に,東京ビッグサイトで開催された「夢ナビライブ 2019」で講義ライブを行ってきましたので,本日のブログではそのときの様子を書きたいと思います.

この日の講義ライブタイトルは,ずばり「最新の VFX 映像はこうして作られる」です.
映画やゲームの中でよく目にする CG による特殊効果( VFX )映像はどのようにして作られるのか?
なぜあれほどのリアルな映像が作り出せるのか?
その最新技術に関する理論や,高校数学・物理との関連性について,わかりやすく実演を交えながら紹介しました.

講義には,約 230 名の高校生が聞きに来てくれました.
また,講義終了後の質問コーナーにたくさんの高校生が来てくれて,講義をした私もとても嬉しかったです.

当日の写真を少し紹介します.

まずは東京ビッグサイト!(笑)

Img_4424


入り口にはわかりやすい看板が出ています!

Img_4425


これが講義ステージの様子です.
ここだけでも,A1〜6 の島が H まであります.
ものすごい広さです.

Img_4428


ちなみに,講義ライブを担当する教員は,こんな雰囲気の控室で待機しています.
結構緊張感があるんですよね...(笑)

Img_4431


この日の講義内容は,今年度のオープンキャンパスでの模擬講義でも話しますので,オープンキャンパスにも是非お越しください.
(オープンキャンパスの模擬講義の内容は,こちらで紹介しています)

文責 : 菊池 司

2019年6月14日 (金)

6月16日(日)開催のオープンキャンパスで模擬授業を行います!

2019年6月12日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

来たる 6 月 16 日(日)に開催される今年度第 1 回目のオープンキャンパスにて,模擬授業を担当させていただきます.
本日のブログでは,模擬授業と我々の研究室で行う展示内容を簡単に紹介したいと思います.

まずは,今年度のオープンキャンパス用に我々「菊池研究室」の研究成果をまとめたダイジェスト映像を編集しましたので,そちらをご覧ください(音が出ますので再生時は周囲にご注意ください).

●菊池研研究成果ダイジェスト映像 2019 年度版へのリンク

こちらの映像は,オープンキャンパスでの模擬授業,および菊池研展示ブースでも上映しますので,大画面で鑑賞したい方は是非ご来場ください.

さて,今回の模擬授業は「最新 CG 映像の作り方」と題して,CG 映像の基本的な理論と制作手法を解説しながら,皆様が日頃様々なコンテンツで目にしている最新の CG 映像がどのようにして制作されているのかを紹介します. 

Tk2018oc01
図.昨年度の模擬授業の様子

菊池研の展示ブースでは,我々の研究室で行っている「研究内容の紹介」コーナーと研究成果のひとつである「360 度動画によるバーチャルキャンパスツアー」の体験コーナーを設けます.
「360 度動画によるバーチャルキャンパスツアー」は,ヘッドマウントディスプレイを装着してキャンパス内を自由に飛び回ることのできるコンテンツとなっており,例年大変人気のコーナーとなっております.

今年度も多くの方々にお会いできることを楽しみにしておりますので,是非ご来場ください.
スタッフ一同,心よりお待ちしております.

Tk2018oc03

Tk2018oc02
図.昨年度の展示の様子

文責 : 菊池 司

2019年6月12日 (水)

近藤邦雄教授が情報処理学会フェローの称号を授与される

2019年6月 7日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の柿本です。

このブログでもおなじみのメディア学部近藤邦雄教授が、情報処理学会の「フェロー」の称号を授与されました。2019年6月5日に開催された情報処理学会総会において、認証状の授与式が行われました。

一般に学会のフェローというのは、その研究分野で大きく貢献した研究者に贈られる称号です。情報処理学会の場合は、推薦と審査を経て「情報処理および情報通信等の分野において著しく貢献した」と認められた学会員だけに授与されます。約2万人の会員から、今年フェロー称号を授与されたのは13名です。たいへん名誉なことです。今回対象となった近藤先生の業績は、「CGの非写実的表現とコンテンツ制作技術の研究およびその教育・普及に関する貢献」です。

Img_2660

近藤先生(左)と情報処理学会会長の西尾章治郎先生(大阪大学総長)

Fellow

近藤先生に授与された認証状

以下は、情報処理学会会員の研究者5名の推薦者から提出された業績推薦理由です。

『近藤邦雄君は,1980年頃の写実的なCGの研究が全盛の時代に,先駆的な非写実的表現(Non-Photorealistic Rendering)の研究を行い,その後のCG分野の拡大に大きな影響を与えた.その後も一貫して人の理解を助けるCG表現技術を発表した.近年はアニメーションやゲームなどデジタルコンテンツ制作技術の研究と教育に情熱を傾け,数多くの教科書執筆やカリキュラム開発を通じてメディア学の体系化を推進し,コンテンツ制作技術の位置づけを確立し,この分野の教育と普及に比類ない貢献を行った.』

近藤先生が研究と教育に情熱を傾けておられることは、このブログの記事を日ごろ読まれている方々は実感されていると思います。

近藤先生、このたびのフェロー認証、誠におめでとうございます。

メディア学部 柿本 正憲

 

続きを読む "近藤邦雄教授が情報処理学会フェローの称号を授与される"

2019年6月 7日 (金)

[シリーズ難聴-1]なぜメディアの力で聴覚障害者を支援するのか。

2019年5月31日 (金) 投稿者: メディア社会コース

「シリーズ難聴」では、あまり知られていない聴覚障害の実態をご紹介し、なぜメディア(ICT技術やデジタルコンテンツなど)の力で聴覚障害者を支援する必要があるのかについて連載していきます。

Pixta_38639188_m-1 

聴覚障害について調査を始めたのは2年半ほど前のことでした。

言葉をほとんど発しない3歳7ヶ月の娘。自閉症スペクトラムだと診断されたものの、もともと音楽・音響が専門である私にとって釈然としませんでした。娘は音が聞こえていないのでは、と直感的に感じていたからです。いろいろな専門家に意見を聞いたところ、聴覚障害の伺いがあると言語聴覚士の方から指摘されました。聴力検査、脳波を測る検査、遺伝子検査などを経て、聴覚障害であることが確定しました。それまで聴覚障害については全く知識がありませんでしたので、たくさんの論文や本を読んだり、娘の病院や療育先で専門家から教えて頂きました。もともと音の専門家ですので、さらに興味が湧いてきて、聴覚障害に関わる学会に参加するようになりました。

 ところで、新生児の約1,000人に1人から2人が、聴覚に何らかの障害を持って生まれてくるのをご存知でしょうか。聞こえない、もしくは聞こえにくい子どもは、早期に発見して適切な支援を開始することでコミュニケーションの形成や言語発達の面で大きな効果があります。聴覚障害は先天性(生まれつき)の障害だけでなく、だんだん聞こえなくなる進行性や、突然聞こえなくなる後天性の障害もあります。世界保健機関(WHO)の発表によると、高齢者人口の増加などで、世界的に聴覚障害に苦しむ人が増えており、2050年には現在の約4億7千万人から約9億人に達する可能性があるとされています。日本ではこの10年間で、約500万人から550万人に増加したと推定されます。
 
 聴覚障害の原因は、遺伝によるもの、はしかや水ぼうそうなどの感染症、結核などの治療剤による副作用、加齢によるものなどが考えられます。さらに近年では、若者を中心にスマートフォンなどで大音量の音楽を長時間聞く習慣があることから聴覚障害になるケースも増えています。足に障害があり車椅子に乗っていたり、視覚障害があり白杖をついているのとは異なり、聴覚障害は見ただけでは分かりにくいという特徴があります。また、補聴器や人工内耳をして聞こえが改善したとしても、健聴者と同じように聞こえることはありません。
 
 平成28年4月1日より施行された「障害者差別解消法」により、障害者に不利益がないような社会環境の整備が求められています。東京オリンピックに向けて、東京都では多目的トイレの設置や点字ブロックの設置が進んでいます。しかし、聴覚障害者に対する必要な配慮がまだ周知されていないため、「きこえのバリアフリー」はまだあまり進んでいないのが実情です。

 そこで、私は「聴覚障害支援メディア研究室」を立ち上げる決意をし、新しいテクノロジーを活用し、コンテンツの表現を工夫して、聴覚障害者の方々が少しでも暮らしやすい環境づくりを目指した研究をすることにしました。研究室については改めて詳しく記事にします。

 次回の「シリーズ難聴-2」では、今年度後期よりスタートするメディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」についてお話します。


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

2019年5月31日 (金)

オープンキャンパスシーズン到来!

2019年5月22日 (水) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、メディア学部着任2年目の森川美幸です。
昨年、私がオープンキャンパス(OP)のブログ担当として、このブログにPR記事を書いたことを覚えていらっしゃる人はいるでしょうか?
今年はOPの準備全般を担当しています。
実は今、ちょうど本年度初のOPの準備をしている最中なのです!
日程は6月16日(日)
例年同様、
●入試説明会
●学部・学科説明
●研究紹介
●プロジェクト紹介
●キャンパスツアー
●在学生による相談
●個別相談コーナー
●キャンパスランチ
などなど、盛りだくさんの内容が用意されています。
今年は6月のOCでも、メディア学部の研究室が入っている研究棟Cが開放され、いくつかの研究室が出展を行う予定です。
詳しいメディア学部の出展情報などはまた追ってお知らせしますね。
6月以降は、7月14日(日)8月4日(日)の開催も決定しています。
本学のウェブサイトをご参照ください。
本年は、我々が常日頃精力的に取り組んでいる研究の数々を、積極的にご紹介する予定です。
大学院生の研究ポスター展示も予定しています。
内容的に、高校生には少し難しいものもあるかも知れませんが、わからないところは教員や学生に質問してみてください。
大学は学問・研究の場です。
学習を主とする中学や高校とは、そこが大きく違うところです。
だから中学・高校生を「生徒」(学校などで教えを受ける人)と呼ぶのに対し、大学生は「学生」(学問をする人)と呼ばれるのです。
我がメディア学部の学生たちが、日頃どんな「学問」を行っているのか、是非ご覧になりにいらしてください。
八王子キャンパスでお会いしましょう。
12

(メディア学部 森川 美幸)

2019年5月22日 (水)

【授業紹介】メディア専門演習「ビジュアルコミュニケーション」紹介

2019年5月21日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,私が担当している「メディア専門演習Ⅰ・Ⅱ ”ビジュアルコミュニケーション”」に関して紹介したいと思います.

「メディア専門演習Ⅰ・Ⅱ」は,メディア学部の 2 年次後期(Ⅰ)と 3 年次前期(Ⅱ)に履修する「専門教育科目(必修)」で,3 年次後期の「創成課題」や 4 年次の「卒業研究」に着手する前のより専門性の高い演習科目になります.

私が担当しているテーマの「ビジュアルコミュニケーション」では,ビジュアルコミュニケーションのための技術と理論,およびその価値を学びながら,その可能性と多様性を探求するため Adobe Illustrator と Photoshop,および After Effects を用いて自身のアイデアをビジュアルとして制作し,他者に伝えることができるようになることを目標としています.ここで「ビジュアルコミュニケーション」とは,図や写真,絵画,イラストレーション,映像などで構成されるイメージによって受け手の知覚に直接働きかけるもので,主観的,感覚的,瞬間的で共感性が高い視覚による情報伝達のことを指します.

モノを作るためには,道具を自分の身体のように使えることが大切です.

デジタルなクリエイティブの世界でもそれは同じで,創造するためにはまずは技術を身につけることが必要になります.そこで本授業では,大学の PC ルームに設置されている PC と受講生各自が持っているノート PC を併用し,技術的なトレーニングを積みながら,毎週の授業内課題,および最終課題に取り組み,各自で課題に関する調査・分析を行いながら課題作品を制作していきます.

本日のブログでは,毎週の授業内課題のなかから,第3回目の授業で課される「有名人の似顔絵イラスト」を紹介しましょう.

「似顔絵イラスト」は,対象となる人物の視覚的な特徴を抽出し,”どこをどの程度デフォルメ(強調)することによって,観ている人に特徴をより強く印象付けて伝達し,知覚に働きかけることができるか?”を考えなければなりません.
したがって,「ビジュアルコミュニケーション」のための視覚表現にとっては,とてもおもしろい題材になります.

今年度の受講生による作品は,以下のようなものがありました.

20190521


これらの作品は,学生各自が表現対象として選定した有名人に対して,「どのような特徴を抽出し」,「どのように表現すれば観ている人に自分の意図したことが伝わりやすいのか」を考えながら制作していきます.
ある場合には,必ずしもフォトリアルではなく,特徴を誇張して表現することによって情報が伝達しやすくなることもあります.
コミュニケーションとは,そのような「情報の抽出と圧縮・誇張・解凍」の積み重ねによって成り立ちます.それを課題制作を通しながら学んでいきます.

なお今年度は,本課題ではじめて「私(菊池)」を表現対象に選定した学生が現れました(笑.上記作品の右上)

本授業では,これから最終課題に向けてさらなる課題制作を行っていくことになります.
最終課題の成果に関しては,前期が終了した時期にまたご紹介したいと思います.

文責 : 菊池 司

2019年5月21日 (火)

おとなプログラミング講座

2019年5月 9日 (木) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の寺澤です。

立て続けの記事ですみません。以前、八王子市との共催講座の「子供プログラミング講座」や総務省事業の「ヒラメキICTクラブ」などの、小学生を対象としたプログラミング講座の記事をいくつか書きました。昨年、八王子市の担当者と打ち合わせをしていた際に、大人向けにも、小学校でのプログラミング教育開始に絡めて、講演+体験の講座を開いてはどうかという話が持ち上がり、今年3月の末に私が講師を務めて本学と共催の形で実施いたしました。

Otona_prog

市の方で受講者募集を行ったところ、幅広い年齢層の方から申し込みがあったとうかがい、講座内容を検討しました。その結果、やはり2部構成とし、まず、現在のICTの状況と社会の変化、子どもに今後身につけることが求められる能力などについて、文部科学省の手引きなども参考にしながら、1時間ほど講演を行いました。

そのあと、休憩をはさんで、今度は体験として子供たちの講座でも利用しているソニーのMESHを使ったプログラム体験、続いてmicro:bitを用いたプログラム体験をそれぞれ1時間弱程度の時間で行いました。私の研究室の学生2名がアシスタントを務めてくれました。短い時間ではサンプルを動かしてみる程度のことしかできませんでしたが、大人の方でも、自分が作ったプログラムが動くと嬉しいのは同じで、あちこちで笑い声やプログラムが発する音が聞こえ、初めて会った人同士にもかかわらず、教えあう姿もありました。中にはIT企業にお勤めの方もいらして、いろいろとお話しすることもできました。私にとってもよい経験となりました。今後も機会があれば、内容をアップデートしてこのような講座を実施したいと思っています。

(メディア学部 寺澤卓也)

2019年5月 9日 (木)

いよいよ開幕「台湾大学芸術祭」続報

2019年5月 6日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.

先日お伝えした台湾大学芸術祭,いよいよ5/3に開幕いたしました.それまでの悪天候とは打って変わり,本日は暖かい日差しが降り注ぎ式典の開催を祝う絶好の天気となりました.本日より,東京工科大学を設置する学校法人片柳学園の千葉理事長が参加されましたので,きっと日本から良い天気を引き連れてこられたのだと思います.

2019ntu15

 

 

続きを読む "いよいよ開幕「台湾大学芸術祭」続報"

2019年5月 6日 (月)

より以前の記事一覧