授業紹介

コロナ禍のハイブリッド授業って何?<1. ダイバーシティとインクルーシブ教育>

2020年11月30日 (月) 投稿者: メディア社会コース

Img_9756

コロナ禍に大学がハイブリッド授業を行っているのをご存知でしょうか。

これが私のハイブリッド授業配信システムです。機材が好きなのは否定しませんが、少なくて済むならその方が好みです。機材が増えれば増えるほど、心配事も増えます。しかし、ハイブリッド授業を追求していたら、いつの間にかこのようなシステムになりました。

今回の私のブログウィークでは、9月から始まったハイブリッド授業についてお話します。

まず、ハイブリッド授業って何でしょう。私はこれまでの人生で、ハイブリッド授業をやる日が来るとは考えたこともありませんでした。ハイブリッドという言葉を辞書で調べると、以下のようにあります。

ハイブリッド(hybrid)とは、異種のものの組み合わせ・掛け合わせによって生み出されるモノあるいは生き物を意味する語(実用日本語表現辞典より引用)。

ハイブリッドという言葉から最初に思い浮かべるのは、プリウスのようなハイブリッドカーです。ガソリンで動くエンジンと電気モーターを組み合わせ、燃費を良くする仕組みですね。登り坂の時はエンジンで速度を保ち、平らな道では電気モーターでエコに走ります。それぞれの利点を生かして効率よく走るため、これまでの車と比べて燃費がかなり良くなることから世界中で人気があります。

残念ながら、ハイブリッド授業はこの考え方には当てはまりません。遠隔と対面のそれぞれの良いところを採用するのではなく、両方を常に同時に行わなければなりません。エンジンと電気モーターを同時につねに動かすのです。どのような仕組みで、どうやって授業を進めるのか、どこにもマニュアルやお手本はありません。

ハイブリッド授業は難しそうだから完全対面授業で良いのではないか、そんな疑問も出てきます。では、完全対面授業にした場合、どんな問題点があるのでしょう。コロナ禍においては、少し熱がある、せきや鼻水などの症状がある、PCR検査で陽性と判明したためしばらく登校できない、というケースが考えられます。「出席をしないと単位がもらえない」というルールにした場合、無理をして登校する学生が出てくるでしょう。新型コロナに感染した可能性がある場合は、遠隔授業で受講できる状態を確保しなければならないのが大学の現状です(小中高でも本来はそうあるべきかと個人的には思います)。体調の悪い学生が無理をしてキャンパスに来ないようにするためには、やはりハイブリッド授業を行うしかないのでしょう。

私は聴覚障害者をITで支援する研究を行っていますが、まさにその理念と一致します。SDGsでも掲げられているように「一人も残さない」。この考えが重要です。多様な学生がいて、それに対応する教育を行うのです。

ハイブリッド授業とは、ダイバーシティ(多様性)を受け入れ、インクルーシブ教育を行うための教育手法なのです。

このように考えを巡らせながら、9月からのハイブリッド授業に備え、研究室の大改造を行いました。今週のブログのラインナップは以下のようになります。

  1. ダイバーシティとインクルーシブ教育
  2. 教室の感染対策
  3. 対面と遠隔の接点
  4. 音のこだわり
  5. 背景のこだわり
  6. 動画共有の工夫
  7. システム図

コロナ禍におけるハイブリッド授業では、対面で受講する学生が安心して学べる環境作りが重要です。

明日は、「教室の感染対策」についてお話します。

 


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

2020年11月30日 (月)

VR演習再び…

2020年11月25日 (水) 投稿者: メディア技術コース

VRコンテンツデザインというプロジェクト演習があります。VRコンテンツということでHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使って行うのですが、前期は御存知のようにコロナのせいでリモート授業になってしまい、機材を利用しての演習ができませんでした。しかーし、後期になってようやくキャンパスでの演習が実施できるようになったので、この演習もHMDを利用することを再開いたしました。コンテンツ自体はUnityという環境を使って行います。Unityによるコンテンツ開発は受講している学生の多くがclusterという環境で前期でも行ったので、今度はプラットフォームが違うだけとも言えますが、やはり自分で作成したものをHMDで見ることができると、PCのディスプレイで見るのとは違った感動があるようです。また、やはり演習中に学生が互いに相談や雑談ができるのはいいですね。

 

Img_3981 Img_3744

演習の様子:密をなるべく避けるようにして…

 

この演習では単に技術的に作品を作れるようになることを目指しているのではありません。むしろ、技術的にはごく簡単な内容のみを学びます。Unityで作成した3DコンテンツをHMDにインポートする方法、それから3Dワールド内を移動する方法、そしてモノ(オブジェクト)を掴んで持ち上げたり投げたりする方法です。これだけで、ちょっとしたアイデアのコンテンツを作ることができます。この程度の簡単な内容を学んだ後、「面白い」コンテンツのアイデアを企画し、それを最終課題として作成します。

 

さて、「面白い」コンテンツの発想が学生にとっては難しいところのようです。今回は特定の動詞をテーマとして各自選択し、その言葉から作品を考えるという課題です。動詞をテーマとする、とは「彷徨う」とか「かがむ」とかの言葉を自分で選んで、それに沿った作品の企画を考えるということです。これがなかなか難しいようで、「撃つ」を選んでシューティングゲームとするようなアイデアが大半を占めてしまいました。動詞として面白くなりそうなものをまず選ぶのが「面白い」テーマを作るための第一歩だと思いますが、観察していると、作るものとしてよく知っているゲームを思いつき、そこから逆にテーマの「動詞」を決めているような人も多そうです。こうした演習だとコンテンツ開発の「技術」を学ぶと考える人が多いかもしれませんが、メディア学部としては、VRという技術を新しいプラットフォームとしたコンテンツとして、新しいアイデアを提案できるようになってほしいと思っています。したがって、ここではそうした企画の立案プロセスをこの演習で学んで欲しい大きな目標の一つとしています。高度な技術や作り込みによってよりも、アイデアの個性を追求して欲しいのです。今期も最後に各自の作成したコンテンツを皆で体験する最終発表会を行う予定でいます。面白い作品ができることを期待しています。

 

 

太田高志

 

2020年11月25日 (水)

「演出デザイン特論」はじまります

2020年11月22日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部助教の兼松です.

11月も終わりに近づきめっきり寒くなったと思いきや,ここ数日はちょっと暖かったりして,体調を崩しやすい日々が続いていますね.
いろいろな授業をやっていても,やはり11月は体調を崩す学生も多かったです.しっかりと体調を整えて,あとわずかな今年の残りの乗り切りましょう.
といいつつも,私もこの週末は体調を崩してしまいました.今年は私も序盤から橈骨神経麻痺などであまり完調とはいえない時期も多かったので気を付けたいところです.

さて,学部のみなさんにとってはあまり馴染みがないと思いますが,大学院生にとってはクォーター切り替えの時期です.
第4クォーターが始まるということで,私が担当する「演出デザイン特論」もスタートします.

演出デザイン特論は,このblogでも紹介しているような,私が学部のときから続けている研究やそれにまつわることなどを解説しつつ,既存の映像コンテンツなどを見ながらいろいろな演出,そしてそれらに深く関わるシナリオ・キャラクターについてお話しする講義です.この授業は昨年度から開講したものですが,実は私にとってまったくのゼロから授業を考えたのはこれがはじめてです.他にもプロジェクト演習などを担当していますが,基本的には私がメディア学部またはメディアサイエンス専攻の学生のころに受けていた授業がもとになっていますので,ゼロからは初めてでした.そういうこともあって昨年度はいろいろ反省点もあって,今年度は改善したバージョンをお届けしようと思っていたのですが,今年度は遠隔授業で実施ということもあり,授業構成も大きく変えることになりました.
皆さんに興味を持ってもらえるように組んだつもりですので,楽しみにしていただければと思います.

余談ですが,この演出デザイン特論の中身を考えるにあたって,私が個人的に持っている裏テーマというか野望があります.それは各回に1つずつ,戦国時代のネタをいれるということです.
このblogで書いたかどうかは忘れましたが,私は日本の戦国時代が大好きです.戦国時代といっても割と範囲が広いですが,歴史好きの中では比較的人口もおおいであろう,織田信長が活躍していたあたりですね.私がこれまで自主制作や研究の中で書いたシナリオ・プロットも時代劇がほとんどです.
ただ,純粋に戦国時代の話をするとそれだけで授業時間が埋まってしまい(信長関係の話だけで7回分の授業できる気がします),演出どこいったんだ!となってしまうので,もちろん黒澤映画などの時代劇映画の話に絡めて考えています.
ぶっちゃけていうと,私が大学院のころに受講していた本学佐々木先生の授業で「今週の黒澤」と題していろいろお話ししてくださったことのパクリでもあります(笑)

とはいえ,昨年度も言うほど毎回はネタを仕込めなかったので,今年度はなんとか野望を達成したいですが・・・ネタを仕込むのはなかなか難しいものですね.

(文責:兼松祥央)

2020年11月22日 (日)

授業紹介:メディア専門演習「ビジュアルコミュニケーション」

2020年11月17日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,私が担当している「メディア専門演習:ビジュアルコミュニケーション」(2年次後期・3年次前期)の中で,
今年度後期の受講生が制作した課題作品を紹介します.

本日紹介する作品は,「文字が主役の東京オリンピックポスター」です.

00_20201117014901

グラフィックデザインにおいて重要な要素のひとつが,「文字」です.
たとえば,Web サイトやポスターにおいてコンテンツに文字を使用する場合,タイポグラフィによって見る人へ与える印象,見え方,読みやすさなどは大きく変わってきます.どのような書体を選ぶか,どう配置するかといった基本のルールを知り,理解しておくことが重要です.

この「文字が主役の東京オリンピックポスター」では,タイポグラフィの基礎を学んだあとに課題作品として受講生が制作した作品です.

これから,受講生たちは「架空の企業の C.I. 計画」という課題にチャレンジしていきます!
作品が完成したら,またこのブログで紹介したいと思いますので,楽しみにしていてください.

文責:菊池 司




   

2020年11月17日 (火)

事前質問埋め込み授業

2020年11月 4日 (水) 投稿者: メディア技術コース

 メディア学部2年次後期の講義「CG数理の基礎」では、授業の前週に公開した資料を予習させています。事前質問がある人には、授業2日前までに提出させています。
 
 この方法だと私が前日に、授業資料に事前質問と私の回答を付記することができます。PowerPointでのコメント付記の機能を使います。そして授業中には通常の講義の中に、それらの質問と回答もなるべく説明するようにします。授業後には質問回答を付記した授業資料を改めて公開します。
 
 これにより多くの質問を引き出し、結果的に補足説明も加わります。一般に大人数の授業では、質問を促してもその場で発言してくれる人はなかなかいません。この方法だと、2~3割の学生が事前質問を提出してくれます。私としても、どの部分で受講生がつまずくかわかりますし、講義内容の改善にもつながります。もちろん、受講生の理解度も確実に向上するはずです。より高度なトピックを紹介する機会もできます。
 
 前期の遠隔授業で、チャット機能を使うことにより、大人数授業でも質問が出るようになりました。今回の方法はこれをさらに改善し、効率よく質問に答え、資料にも残せるようにしたものです。
 
 理解度向上のためのよく知られている方法として「反転授業」があります。学生は事前に授業資料を十分に予習し、当日の授業中、教師は資料の説明はしません。代わりに演習や質疑応答やディスカッションをする、という方法です。学生同士で意見を出し合い教師は交通整理をする、という場合もあります。
 
 私が上で述べた方法は、反転授業の要素(予習・双方向)を一部取り込んだものです。前日に回答を授業資料に埋め込むのは手間はかかりますが、コメント付記機能なので文章で書き込むだけで済みます。スライドのように見栄えを考える必要はありません。手間の割には効果は大きいという印象を持っています。
 
 事前質問埋め込み授業とでも呼べる方法です。わりと考え付きやすい方法であり効果もありますので、すでに何か呼び名があるかもしれません。
 
 メディア学部 柿本正憲

2020年11月 4日 (水)

フレッシャーズゼミ後期(2)

2020年10月29日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

こんにちは。コンテンツコースの椿です。

以前にフレッシャーズゼミについてご紹介してから3週間経ちました。この間にフレッシャーズゼミで行った活動の中から、メディア学部らしい内容を選んで書いていきたいと思います。

  • 就職活動についての講義
    • クリエイティブ産業への就職活動に向けた準備についての説明
  • 大学院進学についての講義
    • 学士・修士一貫早期修了プログラムの説明

メディア学部にはキャリア形成に関する授業もありますが、クリエイティブ産業への就活や早期修了などは早くから準備が必要ですので、1年次のフレッシャーズゼミでも説明することにしました。

また、以前にも行った教員の研究紹介の第2弾として、新たに3名の先生のビデオを視聴しました。

  • 教員の研究紹介
    • メディアとSDGs
    • 福祉工学と音声信号処理
    • シナリオ情報構造化システムによる映像コンテンツ制作支援基盤の構築

今回も多様なテーマが揃いました。ビデオの中には、楽しい部分、難しい部分、シリアスで考えさせられる部分があり、各部分で1年生の表情も変わっていくのが分かります。

研究ビデオを視聴した後は、各テーマについて議論を行いましたが、メディアについて様々な角度からとらえるというメディア学部の考え方は、1年生にも既に浸透しているように感じました。

2020年10月29日 (木)

演習講師紹介:渡邉賢悟氏(クリエイティブ・アプリケーション)

2020年10月27日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

こんにちは。伊藤彰教です。

学部生から「なぜサウンドが専門の伊藤彰教が『クリエイティブ・アプリケーション』演習を担当しているの?」と質問を受けました。そこで渡邉賢悟先生のご紹介と合わせて、クリエイティブ・アプリケーション誕生の経緯を書いてみたいと思います。
 
演習講師の渡邉賢悟先生は、2Dのグラフィック処理を専門とし、現在はその専門性を活かした企業を経営していらっしゃいます。学生のころからイラストに興味があったのに加え、大学で習ったプログラミング技術と合わせて、在学中にペイントソフト『ゆめいろのえのぐ』を公開しました。現在累計で50万ダウンロード以上を記録、いまでも根強いファンがいます。学部生との最近の雑談で「初めて本格的に触ったペイントソフトは『ゆめいろのえのぐ』でした」と聞いて驚きました。

Yumeiro_screenshot

そんな先生は当時、Windowsのみで開発しており、私が主に使用しているmacにはまったく触れていませんでした。ところが、ある日突然「macで開発をはじめます」と言い、1週間ほどで動画像処理プログラムを作成してきました。私もiOSのプログラミングを少しずつ勉強し始めていたところで、これは心強い仲間ができた、と嬉しく思ったことを覚えています。もう10年以上前のことです。
 
その頃は、先生も私も大学研究所の研究員でしたので、お世話になっていた近藤邦雄先生に「メディア学部でも画像と音を合わせた新しい試みをしてはどうか」と申し出たところ「ぜひお二人でやってください」と背中を押していただきました。そしてうまれた演習がクリエイティブ・アプリケーションです。
 
その後、渡邉先生は演習の実施と合わせて、macで開発した動画像処理やiOSの音声・ネットワーク処理のプログラムを活かし、企業活動を展開されています。動画像処理の成果はアニメ業界などでも採用され、スタッフロールにお名前が載っているアニメ作品がいくつもあります。みなさんも楽しんだことのある作品だと思います。ぜひ探してみてください。
 
「さまざまな人とスキルが組み合わさってクリエイティブな活動が花ひらく」というメディア学部ならではの演習を育ててくださった近藤先生は、2019年度にご定年で退職なさいました。現在は教員となった私が当演習を引き継ぎ運営しています。毎週の演習は、渡邉賢悟先生によるものづくりの考え方とグラフィック技術の習得が中心ですが、演習内容を活かして自主的にアプリを制作する学生も多くいます。意欲的な相談に応える形で、私も音やインタラクションの指導を行なっています(残念ながら、現在はコロナの問題で中断中)。
 
教育・研究ともに困難な情勢ですが、コロナがおさまり、再びキャンパスでグラフィック・サウンドが一体となった創造的な活動ができることを願ってやみません。

2020年10月27日 (火)

Swift Playgroundで学べるグラフィック:プロジェクト演習「クリエイティブ・アプリケーション」

2020年10月26日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

こんにちは。メディア学部の伊藤彰教です。

今日は珍しく「グラフィック」についてのプロジェクト演習をご紹介いたします。

本学大学院メディアサイエンス専攻の1期生として、初めて博士(メディア・サイエンス)を授与された1名であり、現在はグラフィックス処理を中心としたシステム開発企業である渡辺電気株式会社を経営されている渡邉賢悟先生が、会社のお仕事としてSwift Playground内にコンピュータグラフィックプログラミングを学べる「Lily PlayGround Books」を制作・公開なさっています。
 
Swift Playgroundは、iPadOS, macOSの上でSwift言語を学ぶのに適したアプリケーションとしてApple社が公式で展開しているプラットフォームです。大学生だけではなく、STEAM教育として世界中の小中高などでも利用されているSwift Playgroundですが、国内ではこの中で活用できる日本語教材を公開している企業は皆無で、渡辺電気株式会社がサードパーティーとしては国内初の快挙を成し遂げました。
 
この記事をご覧になっているみなさんは誰でも、iPadかmacを持っていれば学習することができますが、メディア学部のプロジェクト演習「クリエイティブ・アプリケーション」では、渡邉先生から直接、より分かりやすく、深いところまで学ぶことができます。
 
「ん?誰でも学べるということは簡単なの?」
 
このPlayground Bookは、学習しやすいようにとっつきやすくできていますし、説明もたいへんに丁寧ですが、学ぶほどに画像処理やアニメーションの深みが実感できるように設計されています。このためさらっと終わってしまうのは大変にもったいない!
 
せっかくメディア学部にいるのですから、クリエイティブ・アプリケーションを受講して、この奥深さをぜひ体験してもらいたいと思います。
 
「ちょっと興味がわいてきたぞ…!」
 
という方は「Lily Playgroundの導入」というページをご覧いただき、ぜひご自身でも試してみてください。面白いと感じたら、メディア学部生はぜひ1度クリエイティブ・アプリケーションを履修してみてください。1年前期から3年後期前まで、お好きなタイミングで1学期だけでも受講できます。

渡邉賢悟先生からもあたたかいメッセージを頂いておりますので、掲載いたします。

『このPlaygronds Booksは、iPadかMacを持っている方は演習の受講、大学の所属に関係なく、誰でも使うことができます。ぜひSwiftプログラミングで絵を描くことを楽しんでください。

その上で、当演習に参加することで弊社スタッフに直接相談や質問ができます。理解を深めたり、楽しみを増すこともできるでしょう。

昨今は感染症予防でドアを開けたお店がたくさんありますが、それにならって?、弊社も学びの門を開けて、みなさんをお待ちしております。』

Let's enjoy Swift Graphic Programming !

01lilyswift

2020年10月26日 (月)

後期プロ演「シナリオ・キャラ」スタート

2020年10月10日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部助教の兼松です.

後期が始まってから1週間と少し経ちました.
私が担当しているプロジェクト演習「シナリオアナリシス 」と「デジタルキャラクターメイキング」もそれぞれ初回が終わり,それぞれ受講生も固まったところです.
後期はどちらの演習も,前期と比べて座学少なめ,実制作多めの配分で実施します.したがって基本的にはZoomを使ったリアルタイムの授業です.ただ,一部の授業で対面授業が始まり,学生のみなさんがキャンパスに来る機会も徐々に増えてきたということで,私のプロジェクト演習でも対面でも受けれる形を模索しています.

前期の最後に受講生に行ったアンケートでも,後期も全て遠隔で受けたいと答えた方が半数いる一方で,もう半数は「少なくとも1回以上は対面で受けたい」と答えていました.
その中には「遠隔でのアドバイス・指導に不満はないが,対面ならもっと濃いディスカッションができそう」と言う旨の理由を書いてくださる方も多く,私たちとしても初めての遠隔授業の試みがある程度うまく行ったのかなと思う一方で,「作品について熱く語りあう!」をテーマにしている以上,やはり対面でのやり取りも望まれていることを痛感した結果になりました.

そこでこれら二つの演習では,第一回目に教員は教室から授業を行い,それを同時配信する形を試してみました.
学生は遠隔で受講できますが,他の授業などでキャンパスに来ている学生や,直接我々と話したい学生は教室に来ても良いという形ですね.
キャラクターメイキングのほうは実際に教室に来た学生はいませんでしたが,シナリオアナリシス では数名の学生が教室に来てくれました.
まだ第一回目は学生の発表やディスカッションは行っていないので,今後うまくいくかどうかはまだわかりませんが,同時配信も私たちにとって初めての試みですので,受講生の希望を聞きつつ,色々試して行こうかなと思っています.
ちなみに私としては,私の話に対する演習講師の先生のリアクションが直接みれたり,またその逆もあったりして,やはり対面のほうがやりやすい面も多いなと感じました.

なお,後期も遠隔で受けたいと回答した方の中には,やはり授業時間(19:00スタート)や,通学時間を気にしている方が多かったです.授業時間については外部の演習講師の先生をお招きしている都合上,日中に実施するのは非常に難しいですが,遠隔でも遜色なく受けれるように今後も工夫していくつもりです.

(文責:兼松祥央)

2020年10月10日 (土)

フレッシャーズゼミ後期

2020年10月 9日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

コンテンツコースの椿です。

今日はフレッシャーズゼミについてご紹介します。

フレッシャーズゼミは1年生の前期と後期にある必修の授業です。少人数のクラスに分かれ、各クラスに担当の教員がつき、ホームルームのような意味合いもあります。毎回、決まったテーマに基づいて活動しますが、他の授業とは異なり、和気あいあいと楽しく行うものです。

例年、後期のフレッシャーズゼミではフィールドワークを行っていましたが、今年度は社会状況を鑑み、キャンパス外での活動を断念しました。代わりに、これまでとは異なる新しい活動を取り入れています。今週のテーマは、メディア学部教員の研究紹介でした。教員が作成した研究紹介ビデオを視聴した後、各クラスでそのテーマについて議論を行うというものです。

3人の先生がご協力下さり、以下のタイトルのビデオができました。
・身近なコンテンツ系AI~スマホアプリのAIサービス~
・映像コンテンツにおける演出・シナリオ・キャラクター制作支援に関する研究
・印刷で作るユーザインタフェース・インタラクティブオブジェクト

このように、ビデオタイトルを並べただけでも、メディア学部で扱う分野の多様性が想像できると思います。
また、ちょっと笑える部分もあり、フレッシャーズゼミでの視聴にぴったりのビデオになっています。

すでに視聴した1年生の皆様、いかがでしたでしょうか?
後期のフレッシャーズゼミでは、今後も教員の研究紹介を行います。
今後もどうぞお楽しみに。

2020年10月 9日 (金)

より以前の記事一覧