研究紹介

私の博士論文とメディアサイエンス専攻の先端的な研究

2019年5月15日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

この記事では、私の研究成果をまとめた博士論文のことと、メディアサイエンス専攻の先端的な研究成果である博士論文について紹介します。

1980年ごろから始めた研究が一区切りして、1988年3月に私は工学博士号を取得しました。
このころの博士論文は印刷製本して、審査をしていただいた主査や副査の先生方にお渡しするとともに大学や国会図書館にも保管用として必要でしたので、その部数を製本をしていました。私が博士取得した博士論文も国会図書館に保管されていますが、インターネット上には公開されていません。そこで、私は自分でこのページに公開することとしました。ぜひ見てください。

論文名「インタラクティブレンダリングによる3次元形状の表現に関する研究」 1988年(昭和63年3月)
http://kondolab.org/publications/dr_thesis/kondo1988Thesis.pdf

 

私の研究の内容は、今皆さんがよく使うようなお絵かきソフトの研究、対話的にイラストを描く研究、3次元的な形状を分かりやすく描く研究などさまざまです。これらの研究を進めるために使っていたコンピュータはVAX730というミニコンピュータとGraphicaというモニタです。少しおおざっぱな値段ですが、コンピュータは5000万円、モニタは1600万色出力する機能があるので1000万円程度したと記憶しています。


現在では、ペイントシステムやフォトレタッチソフトなどは皆さんが使うようなノートパソコンでも使うことができます。Photoshopは1990年に最初のバージョンが公開されています。私たちの研究成果をはじめとして、その後さまざまなCG技術の研究成果が取り入れられて多くの人に使われるようになっています。

Paint

続きを読む "私の博士論文とメディアサイエンス専攻の先端的な研究"

2019年5月15日 (水)

2018年度卒研「経済経営調査研究」ゼミ生対外活動成果

2019年5月10日 (金) 投稿者: メディア社会コース

去る3月20日、2018年度卒業研究「経済経営調査研究」所属のゼミ生20名が卒業し、社会に巣立つことになりました。

メディア学部では一昨年度より学部生も学外活動を強く推奨されることになりましたが、当ゼミ生も一昨年、昨年に引き続き、16名の諸君が学会で報告を行いました。各学会で非常に高い評価を受けた研究も少なくなく、率直に言って、卒業させるには誠に惜しい学生もいます。これまで個別に紹介してきたところですが、ここに改めて以下、当ゼミ生20名学外活動の軌跡を報告します。

 

2018年6月23日 ビジネス科学学会全国大会・口頭発表、福岡・中村学園大学

YT君「アメリカン・コミックスの実写映画化に関する研究」

IT君「フィルム・コミッションによる地域振興」

SH君「東京都下におけるバス事業の変遷と展望」

 

2018年7月14日 情報コミュニケーション学会第23回研究会・口頭発表、明治大学

FK君「アニメを使った地域振興についての調査」

CK君「日本のプロ野球球団ファン獲得戦略」

 

2018年8月20日 情報文化学会第17関東支部研究会・口頭発表、本学蒲田

AK君「銭湯衰退に関する分析・提案」

IW君「介護ビジネスに関する調査研究」

 

2018年10月6日 情報文化学会第26回全国大会・口頭発表、東京大学

MHさん「音楽ビジネスと地域復興」

ID君「アニメの聖地巡礼による地域振興について」

YY君「週刊少年漫画雑誌に関する研究」

MMさん「CD/DVDにおける特典物の現状と課題」

 

2018年12月15日 社会情報学会中国支部会・口頭発表、島根大学

TMさん「華についての研究」

NYさん「ビール業界の現状とその広告の在り方に関する研究」

 

2019年1月26日 社会情報学会四国支部会・口頭発表、高知大学

NMさん「かわいいビジネスにおける化粧品業界のプロモーションについての展望」

 

2019年2月18日 情報文化学会第18回関東支部研究会・口頭発表、本学蒲田

TY君「シルバービジネスの現状と展望」

OS君「コンビニエンスストアの現状と今後の展望」

 

なお、諸般の事情により学外では未発表でしたが、

IK君「企業理念の重要性と影響力の調査」

IY君「アパレル製造小売業の現状とEC活用によるその後の展望」

NN君「IT技術を活用した食品ロス問題の解決策の考案」

WY君「ディスカウントストアの現状と展望」

も学内最終発表会では立派な報告ができたことを付言しておきます。また、日頃本学演習講師として懇切丁寧に指導を行ってくれた、東工大のH先生には深く御礼申し上げます。

 

ここに、諸君の日ごろの研鑽に敬意を表するとともに、今後のさらなる活躍を期待しています。

(メディア学部 榊俊吾)

2019年5月10日 (金)

2018年度の寺澤研卒研総括

2019年5月 8日 (水) 投稿者: メディア技術コース

皆さんこんにちは。

メディア学部の寺澤です。
時期を逸してしまいましたが、今回は2018年度の卒業研究と3月にあった学会での発表について2回に分けて書こうと思います。私の研究室は年によって人数の多寡が変動するのですが、2018年度に卒業した4年生は5名でした。この記事では彼らの研究テーマとその内容について簡単に説明します。

  • ネットワーク起動型IoTデバイスの研究
    この研究は家庭でもよく使われている無線LANルーターやネットワーク接続型の監視カメラなどのセキュリティ対策に取り組むものです。従来の対策の発想とは異なるアプローチで解決案を示しました。このテーマは学会で発表したので、もう一つの記事で詳しく述べます。
  • 安全に歩きスマホをするための衝突回避アプリの実装
    歩きスマホはその危険性や周囲に与える迷惑から、社会的な問題となっています。様々な啓蒙活動が行われていますが、無くなる気配はありません。そこで、逆に歩きスマホ自体を認める代わりに、安全性を増す方法を考えようとしたのがこのテーマです。現在のスマートフォンには搭載されていないセンサーを追加し、アプリとの組み合わせで衝突回避を目指す仕組みを実装し、実証実験を行いました。現状では、まだ、電波状況や人混みへの十分な対応ができておらず、改善の余地が残りました。
  • トラフィック分散の為のキャッシュ間連携システムの提案
    インターネットは様々なレベルでの技術の発展により、以前に比べて動画の視聴なども快適に利用できるようになってきています。しかし、そうなればなったで、高精細動画の視聴や巨大なファイルのダウンロードなど、さらなる大容量のトラフィックが発生するようになります。多くの人が利用するファイルやコンテンツに対しては、従来からキャッシュという対応策がありますが、この研究では、これらのキャッシュ同士を連携させることで、トラフィック量を減らそうというアイディアを実現し、評価実験をおこなったものです。実験の結果、効果を示すことはできましたが、現状では効果は限定的であることがわかりました。
  • 単語の学習済みモデルと同時出現数を利用した検索補助システムの提案
    皆さんは日常的にインターネットでの検索を行なっていると思います。しかし、自分があまり詳しくない分野のことを調べようとすると、検索してもなかなか思ったような情報(サイト)に出会えないのではないでしょうか。この研究では、キーワードを入力して検索をした結果画面に情報を付加し、より早く適切な情報にたどり着けることを目指したものです。doc2vecというソフトウェアを使って検索結果画面に表示されているサイトの内容と検索キーワードとの関連度を計り、それらの情報を検索結果画面に付加します。観光に限定してシステムを作りましたが、doc2vecの学習済みモデルが不適切で十分な性能を発揮できませんでした。
  • BBC micro:bitを用いた情報教育の研究
    2020年から小学校でいわゆるプログラミング教育が始まります。それに対応するように様々なプログラミング教室が開かれています(小学校でのプログラミング教育はプログラムを書けるようになることを目指したものではありませんが、長くなるので、それについては書きません)。また、どのような道具を使うのかについても様々なものが試みられています。micro:bitはイギリスで開発され、子供向けに配布もされている小型のコンピューターボードです。この研究では、これを用いて、文部科学省が想定しているような教育に取り組むことを前提に、どのような科目・単元のどのような内容に対応できるかを検討し、いくつかの実例を示しました。

2019年度は12人の学生が卒業研究に取り組みます。今年もそれぞれのテーマで学会発表ができる成果を目指して研究を進めたいと思います。

(メディア学部 寺澤卓也)

 

2019年5月 8日 (水)

寺澤研3月学会発表報告

2019年5月 7日 (火) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の寺澤です。

前回に引き続き、今度は今年3月にあった学会でのポスター発表について書きます。3月19日に東京の早稲田大学西早稲田キャンパス(理工学部)で電子情報通信学会の総合大会がありました。私の研究室からは、大学院修士課程1年(当時)の留学生の胡君と4年生(同)の荒木君がポスター発表を行いました。このポスター発表は学生セッションで、多くの大学から参加者がありましたが、大学院修士課程の学生の発表が多いようでした。中には高校生の発表もありました。

Img_1329

胡君の発表は「機械学習によるCoAPの輻輳予知の検討」というタイトルで、IoT ( Internet of Things ) で用いられる通信プロトコルの CoAP ( Constrained Application Protocol ) の輻輳制御、特に輻輳の予知について提案を行うものです。輻輳というのはネットワークの混雑のことです。(写真右が胡君)

Img_1321

CoAPはIoT向けの通信プロトコルとして広く使われていますが、輻輳に対応する機能は備わっているものの十分ではありません。そこで、IoTネットワークのトラフィックを収集し、その中から、輻輳に至るパターンを見つけ出すことを考えました。これは十分な量のデータがあれば機械学習によって行うことができる考えられます。そうして学習したモデルを使って、リアルタイムにトラフィックを監視すれば輻輳が予知でき、素早く対応することが可能になります。問題は大量のトラフィックデータを入手できるかどうかですが、色々と探しているものの、良いデータを見つけられていません。実際に何らかのIoT環境を自分たちで作ってデータを採集することも考えていますが、課題は多いと言えます。

続きを読む "寺澤研3月学会発表報告"

2019年5月 7日 (火)

三上研究室 春の学会発表成果総括

2019年5月 1日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です

新学期が始まり少し落ち着いたところでGWが始まりました.ひと段落したところで今年の春の学生たちの学会発表について振り返ってみたいと思います.

春は様々な学会が年次大会という年1回の大会を開催したり,若手研究者のためのイベントを用意するなど,学術研究成果を披露する機会が多くあります.

私の研究室では,卒業研究の学生には当初から学会発表できるような成果をあげられるように研究に取り組んでもらいます.最終的に一定の水準の成果が上がった場合,学会で発表してもらうように奨励しています.

今年の学部生17名のうち11名がこの春に合計11件の研究発表をしました.

(1)日本デジタルゲーム学会年次大会

森中 太⼀,兼松祥央,三上浩司「地⾯の性質と⽣物の重量を考慮した⾜跡のプロシージャル⽣成」
前島 ⽞太,兼松祥央,三上浩司「MEJMVision:ロケーションベースVRにおける体験共有⼿法の提案」
猪巻 美夏,兼松祥央,三上浩司「ゲームキャラクターの⾃動⽣成における⾝体的特徴を考慮した能⼒値の⾃動設定」

(2)映像表現・芸術科学フォーラム

小黒由樹,兼松祥央,三上浩司「OGRone:マルチローターを用いた浮遊感覚提示デバイスの開発」
宮崎裕司,茂木龍太,兼松祥央,三上浩司「武装を考慮したロボットキャラクターデザイン支援システムの開発」
院去彰太,茂木龍太,兼松祥央,三上浩司「パーツコラージュ手法による 3D ドラゴンキャラクターのデザイン支援」
佐藤悠太,兼松祥央,三上浩司「SATOBot : ブレインストーミングにおける会話の形態素解析を用いた会議支援 bot」
米山顕広,伊藤彰教,三上浩司「AR ゲームを想定したサウンドデザインツール開発」
青柳柊人,兼松祥央,三上浩司「サッカーゲームにおける選手の姿勢に基づく移動可能範囲の可視化手法の提案」
桑原健吾,兼松祥央,三上浩司「対戦型格闘ゲームにおけるプレイスキル向上のための隙の可視化手法の提案」

2019forum002019forum03

ポスター発表の様子

 

(3)情報処理学会・エンタテインメントコンピューティング研究会

坂本聡美,伊藤彰教,三上浩司「タッチインタラクションと音で実現する『あたたかさ』〜」

 また,これらの発表のうち,小黒君の「OGRone:マルチローターを用いた浮遊感覚提示デバイスの開発」が優秀ポスター賞,坂本さんの「タッチインタラクションと音で実現する『あたたかさ』〜」が第51回研究会研究奨励賞(金賞)を受賞しました.

2019forum0

写真は小黒君と映像表現・芸術科学フォーラムの委員長

 

さらに卒業研究の学生ではなく,先端メディア学の学生として,当時学部2年生の鈴木由香さんも日本デジタルゲーム学会年次大会でポスター発表をしてくれました.

研究の詳しい話は,これからひとつづくこのBlogで紹介できればと思います.

ここのところ企業側には4月の「一括採用」から「通年採用」に切り替えて,より勉強した学生を採用したいという動きがあります.現在でも私の研究室の学生は就職活動と卒業研究をうまく両立させています.今のままでも心配はありませんが,もっと研究に集中できるようになったらと思うとワクワクします.

真剣に勉学に励む学生に有利になるといいですね.

文責:メディア学部 三上浩司

 

続きを読む "三上研究室 春の学会発表成果総括"

2019年5月 1日 (水)

卒業研究成果が学会でダブル受賞

2019年4月28日 (日) 投稿者: メディア技術コース

 少し前の話になりますが、メディア学部4年生(当時)の渋谷新樹君が、3月の2つの学会でダブル受賞しました。
 
●映像表現・芸術科学フォーラム2019 優秀発表賞(3月12日、会場:早稲田大学)
「AR技術を用いたリフティング訓練システムの開発」(ポスター・デモ発表)

Photo
来場者の体験の様子

_
フォーラム実行委員長の向井信彦先生と

●情報処理学会第81回全国大会 学生奨励賞(3月16日、会場:福岡大学)
「複合現実感デバイスを用いた身体動作訓練手法の提案」(口頭発表)

Photo_1渋谷君の口頭発表

Photo_2セッション座長の井村誠孝先生から盾の授与


 渋谷君は、卒業研究でマイクロソフト社のHololensというゴーグル型PCを用いたARの応用システムを開発しました。ARをスポーツの練習に応用する研究です。題材としてサッカーのリフティングを取り上げました。
 
 このシステムの利用者は、ゴーグルをかけながら足を動かしてリフティングをします。ゴーグルは透過型で、自分の足も含め周囲が見えます。ボールだけはCGで合成表示します。この仮想ボールを足でけり上げて現実に近いリフティングを体験できます。
 
 同じ研究発表を複数の学会で行ってはいけません。上記2つの発表は観点を変えて別々の貢献内容を主張しました。「フォーラム」の方はポスター発表会場持ち込みの実演も行い、現実感の高さを強調しました。「情報処理学会」では、口頭発表でより一般的な動作訓練手法として提案し、実験結果として多数の被験者の訓練成果の報告をしました。
 
 HololensはARシステム製品として完成度の高いものです。容易に想定できる使い方をするだけでは研究としての新規性は出せません。卒業研究の過程で渋谷君はだいぶ苦労をしましたが、何とか新規性を主張できるだけの成果を出し、ダブル受賞という結果となりました。
 
メディア学部 柿本 正憲
 

2019年4月28日 (日)

本日放送:テレビ東京系列ワールドビジネスサテライトのトレンドたまごのコーナーに卒業生が出演予定

2019年4月10日 (水) 投稿者: media_staff

技術コースの羽田です.

緊急告知ということで,いつもと違う時間に投稿です.

本日テレビ東京の夜の経済ニュース番組として有名なワールドビジネスサテライトの中の,新しい研究や商品を紹介するコーナーであるトレンドたまごの取材を受けました.

本研究室修了生の藤田くんが修士論文の研究である3Dプリンタの話をします.お時間あればぜひご覧ください.よろしくお願いします.

2019年4月10日 (水)

大学院生が「映像表現・芸術科学フォーラム」で音響演出に関する研究発表を行いました

2019年3月31日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の伊藤謙一郎です。

「映像表現・芸術科学フォーラム」での研究発表についてはこれまでの記事でもいくつか紹介されていますが、本日は私の研究室に所属している大学院1年生、宮園知奈さんの研究をご紹介しましょう。

Photo01_3 Photo02_2

宮園さんが研究対象としている「オーディオドラマ」は、声や効果音などのサウンドのみで作られています。映画やテレビドラマ、ゲームのように映像に付けられたサウンドとは異なり、サウンドそのものがコンテンツを形作っているので、作り手は映像コンテンツでのサウンドとは違った演出を考えなくてはなりません。一方、聴き手は一つ一つのサウンドから自由にイメージを膨らませ、登場人物の表情や仕草、そして登場人物の周りに広がる風景を自由に思い描くことができます。時には、自身がその場にいるような臨場感を味わうこともあるでしょう。

本研究はオーディオドラマのうち、聴き手が登場人物に語りかけられているかのように進行する作品を対象に、その中での音響演出の手法を調べるものです。「聴き手が登場人物に語りかけられているかのよう」な作りのオーディオドラマを指す用語が無いため、ここでは「POV(Point of View)ショット型オーディオドラマ」と名付けました。「POV(Point of View)ショット」とは、もともと映画において、カメラの視点と登場人物の視線を合わせた撮影手法を指す用語です。観客がその登場人物になったかのように感じさせる効果があり、作品への没入度がより高められます。

発表を終えた宮園さんのコメントを紹介しましょう。


私は今回、「POVショット型オーディオドラマにおける恋愛シーンの音響演出分析」というタイトルでポスター発表を行いました。

本研究では、「自分に語りかけている」ような形式のオーディオドラマにおいて、どのような音響演出が施されているかを分析するための知的基盤の形成と、その体系化を目指しています。

学部3年後期からこれまでの約2年半、この研究を続けてきましたが、研究目的につながるようなデータがようやく揃い始めたことから、専門分野でない方にも理解いただけるような発表ができた手応えを感じています。

最終的に良い成果が残せるよう、今回の発表を踏まえて今後さらに精進していきたいと思います。


今回は「恋愛シーン」を分析対象としましたが、1つの作品の中でのさまざまなシーンを分析することで、作品全体がどのように構成されているかが見えてくるかもしれません。今後の研究に期待しています。

(伊藤謙一郎)

2019年3月31日 (日)

4年生が「日本デジタルゲーム学会」でゲーム音楽に関する研究発表を行いました

2019年3月26日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の伊藤謙一郎です。

3月3日(日)~4日(月)に岡山理科大学で開かれた「日本デジタルゲーム学会」第9回年次大会で、私の研究室の4年生、佐藤初心さんが「「場所の音楽・状況の音楽」の二重機能性を考慮した分析楽曲選定手法に関する検討 -『テイルズオブジアビス』の分析を事例として-」と題して研究発表を行いました。

Photo01 Photo02

音楽やサウンドによってゲームの迫力や臨場感、楽しさは全く違ってきますよね。特にストーリー性を伴うRPGでは、キャラクターの心情やシーンの状況をプレイヤーに印象付ける重要な働きがあります。

この研究では『テイルズオブジアビス』を例に、ゲームに付与されている音楽を「場所」と「状況」の2つの観点で捉え、その両面を支える機能を持つ楽曲をゲーム内から抽出することを試みています。研究題目に「分析楽曲選定手法」とあるように、ここでは「楽曲の分析」をするのではなく「分析する楽曲を選ぶ方法」を検討しています。そして、得られた結果の妥当性を検証することで、ゲーム音楽の分析に必要なプロセスを見出そうとしています。

以下は、発表を終えての佐藤さんからのコメントです。


私がこれまでに参加した学会発表はポスター形式でしたが、今回のDiGRA JAPANでの発表は口頭によるもので、しかも1年半にわたる研究の全ての工程を網羅するものとなったので、大幅に内容が増えて準備が大変でした。

実は、口頭発表の資料は発表直前まで作成していました。私の発表が2日目の最後ということもあり、すごく緊張しました。また、私の前の発表者は、どの方もこの分野の専門の先生ばかりだったのも緊張した原因の1つでした。発表後の質疑では、自身の意図をあまりうまく伝えられず心残りもありましたが、発表を無事終えたことで安心した気持ちの方が強かったです。

諸事情で心の余裕があまりないまま、数日間で発表資料を急ピッチで作成することになったのですが、ここまで来られたのは正直、奇跡と思っています。この発表にたどり着くまで、たくさんの方々にいろいろと助けていただきました。私一人では途中で諦めてしまい、きっと発表まで辿り着けなかったでしょう。それも一つの選択肢でしたが、その道を選択しなかった自分がいることをかみしめるとともに、諦めないで良かったと今は心の底から思っています。

ゲームに関する学術的な発表はどれも強く興味をそそられるものでしたが、そのほかでは基調講演をされた方の刀の話がとても楽しかったです。私の推し刀の一振りが備中青江派の元大脇差なので、刀の話はとても勉強になりました。今度、岡山に行くときは、「青江の太刀」を鑑賞しに林原美術館に足を運びたいと思います。


ゲーム音楽は多種多様でその数も膨大ですから、それぞれの楽曲の性質をあらかじめ把握しておくことで、分析の効率化や精度の向上が期待できます。こうした地道な作業の積み重ねが、作曲者やゲームクリエイターの創意の一端を知る手がかりとなるかもしれません。

(伊藤謙一郎)

2019年3月26日 (火)

Academy of Osseointegration Annual Meeting 2019 で発表・受賞

2019年3月24日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

コンテンツコースの加納です。
3月13日~16日にかけてアメリカのワシントンD.C. で開催された Academy of Osseointegration Annual Meeting 2019 (AO2019) に参加してきましたので、報告いたします。Academy of Osseointegration は、口腔インプラントに関する歯科系最大規模の学会です。私の研究の主たる目的は、産業用CTで金属を撮影した際に発生するメタルアーチファクト(金属ノイズ)の低減ですが、医療用CTで体内に金属を含む患者を撮影した際にも同様の問題が発生します。特に、歯科領域においてはインプラント治療などで口腔内に金属を含む患者が多く、そのような患者の断層像を歯科用CTで正確な取得するのは困難です。そこで今回、歯科用CBCT (Cone-beam CT) に対して適用可能なメタルアーチファクト低減の手順を確立させ、"Method for Reducing Metal Artifact in Dental CBCT" (歯科用CBCTにおけるメタルアーチファクト低減手法) の題目で研究成果の報告をしました。発表は、歯科医師である共同研究者の竹林晃氏が行いました。
Img_1424
今回の研究は、特定の歯科用CTのみを対象としていましたが、会場からは製品化までに要する期間や、後付け実装可能なCT装置についての質問がなされ、歯科領域におけるアーチファクト低減の関心の高さや、需要の高さを肌に感じる結果となりました。また、今回の研究成果が高く評価され、Best Clinical Innovations Presentation Award を受賞するに至りました。
Img_1547
最後に、AO2019 のディナーレセプションが少し面白かったので、紹介します。レセプションは、スミソニアン博物館群の一つ、国立自然史博物館 (National Museum of Natural History) のフロアを貸し切って行われました。この博物館は、映画「ナイトミュージアム2」の舞台としても有名です。
Img_1438
通常は閉館時間ということもあり、さすがにすべてのエリアは開放されていませんでしたが、それでも見て回るだけで一日は潰せそうな広さのレセプション会場でした。展示物を見ながらの食事・懇談は、とても楽しく、貴重な時間となりました。
Img_1443
コンテンツコース: 加納 徹

2019年3月24日 (日)

より以前の記事一覧