研究紹介

NICOGRAPH International 2019でリズムアクションゲームの発表

2019年7月17日 (水) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

 

NICOGRAPH International 2019での2件目の発表は、大学院生の福永大輝さんの"Training Data Clustering for Key-Sound Estimation in Rhythm Action Games"です。

 

Nico2

 

福永さんは、自分の好きな音楽を自動的にリズムアクションゲームにするということを目指して、研究を続けてきています。基本部分については、既に「リズムアクションゲームにおけるキー音の自動推定」というタイトルで論文にもなっているのですが、自動推定の精度が必ずしも十分なものではないのが懸念事項でした。

 

そこで本研究では、データのクラスタリングというアイディアを持ち込みました。そもそも、ある楽曲をどんなゲームに仕上げるかというのは、ゲーム作者の個性が大きく反映される作業であり、たまたまあるゲームデータが存在するからといって、それが唯一無二の正解であるとは限りません。そこで、機械学習に用いるデータをいくつかのクラスタに分け、ゲーム作者の個性が反映されるような複数のモデルを作成してみました。モデルが複数あるので、未知の楽曲に対しても複数のゲームデータが作成されるというわけです。

 

正解が唯一無二ではないとすると、評価をどうすれば良いのかというのが難しいところなのですが、今回の発表では、2種類の評価条件を比較し、ある程度の説得力のある発表ができたのではないかと思います。福永さんも始めての英語発表でしたが、必ずしも音ゲーに詳しくない聴衆からの質問にも、的確に回答していました。今後はさらに研究を進めて、自動作成したゲームでいろんな人に遊んでもらうところまで持っていきたいと考えているところです。

2019年7月17日 (水)

NICOGRAPH International 2019でサラウンド音響の発表

2019年7月16日 (火) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

 

先日の記事にも書いた通り、NICOGRAPH International 2019で2件の発表を行いました。そのうち1件目は、大学院生の矢島春香さんによる"Learning Effect of Fore-Aft Perception of Familiar and Unfamiliar Sounds"という発表です。

 

Nico1

 

この研究では、人間が音を聞いてその方向を推定するとき、左右よりも前後が難しいことに着目して、前後の聞き分けに対する学習効果や、音のタイプによる聞き分けの難易度などについて調べました。

 

矢島さんは、学部在籍時の昨年9月に国内で開催された学会でも、サラウンド音響に関する発表を行っています(紹介記事はこちら)。そのときは、左右の聞き分けだけに着目していたのですが、大学院に進学してから、より難しい前後の聞き分けに対象を広げ、様々な分析を重ねています。

 

今回は、初めての英語での発表でしたが、質疑応答も含めてしっかりとした議論ができました。質疑応答の中では、今後の実験に向けての貴重な提言もいただけたので、さらに研究を進めて、次の学会発表に繋げていければと思っています。

 

2019年7月16日 (火)

Visual Computing 2019 での展示

2019年7月14日 (日) 投稿者: メディア技術コース

実験助手の阿部です。こんにちは。

 

先月末にあった学会発表の様子をお知らせします。

Visual Computing(通称VC) 2019 が 6/27 ~ 29 の3日間、早稲田大学で開催されていました。共同研究をさせて頂いております渡辺先生の研究室より、2名 の院生がポスター発表を行ってきました。

本学会はその名の通りCGに関する技術カンファレンスであり、国内でも最高峰のCG学会です。ですが、ポスター発表は萌芽的・挑戦的な段階での発表も多くあり、参加しやすい懐の深さもあります。

 Img_0749Img_0777

青木さんは『キャラクターイラストの洋服シワに対するシワ種別ごとの陰影自動生成手法』、津川くんは『候補経路情報を利用した動的な変化に対応する経路探索手法についての研究 』という題目でそれぞれ発表しております。両名とも学部生時代から継続して取り組んでいるテーマであり、完成が楽しみな研究を行っています。

発表時は笑顔で、裏では必死こいてプログラム作っていますので、もし彼らの発表を直に見る機会がありましたら忌憚なき意見を浴びせてあげてください。

 

さて、研究発表といえばオープンキャンパスですね(力一杯話題転換しています)。

今月もオープンキャンパスがあり、各研究室の研究成果や展示物が出展されます。特に研究成果の一部は前回からも展示場所が変更予定であり、より『研究色』に触れ易い展示になる予定です。

ぜひ皆さん足を運んでみてください。

2019年7月14日 (日)

オープンキャンパス準備:展示用動画を撮影しました~バイノーラル録音と音楽とスーパーボールと~

2019年7月12日 (金) 投稿者: メディア技術コース

7月14日のオープンキャンパスで音の研究についての展示を行いますが、先日、オープンキャンパス展示用動画を撮影しました。これは、昨年度卒業生の工藤君による360度画像とバイノーラル録音との組み合わせについて提案する研究での知見にもとづいた展示です。

Music1

バイノーラル録音とは、人間やダミーヘッドの2つの耳部分に取り付けたマイクで録音するもので、音の耳介での反射や頭での回り込みを再現できて高い臨場感が得られます。しかし、バーチャルリアリティ(VR)などで、聞き手が頭の向きを変えたりするさいに向きの変化に対応するには非常にコストや手間がかかります。

そこで、人間の聴覚をだます形で、バイノーラルで録った環境の音(風音や雑踏のガヤガヤした音など)を録って、バイノーラルでない録音と組み合わせて手軽にコンテンツ制作をできないかと考え、実験をしています。工藤君の実験の結果をもとに、今回は大学構内でバイノーラル録音と、楽器演奏の音を録音して、360度カメラの映像と組み合わせました。

Oc2019vr_bins_20190710220301

Oc2019vr_360s

この360度画像とバイノーラル録音の研究は、現在は佐塚君がさらに発展させて継続中です。

さて、撮影ですが、演奏中にスーパーボールを飛ばしたりもしたので、どんなVR映像になるでしょうか。

Superball1

録画担当者と演奏者の間にスーパーボールを飛ばしています

メディア技術コース 越智

2019年7月12日 (金)

7月14日(日)オープンキャンパスのご案内

2019年7月11日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さん、こんにちは。

八王子キャンパスでは前回に引き続き、第2回のOC(オープンキャンパス)が7月14日(日)に開催されます。

すでに本学HPのOC紹介ページをご覧になっている方も多いと思いますが、当日のメディア学部の出展のラインナップをご紹介しましょう。
(★印は今年初めての出展です)


◎片柳研究所棟(4〜5階)

【メディアコンテンツコース】
「最先端のゲーム制作と開発技術研究」(三上・兼松)➡︎関連情報(東京ゲームショウ2018出展紹介)
「ゲーム教育カリキュラム紹介」(三上・兼松)➡︎関連情報
「ゲーム関連研究紹介」(三上・兼松)➡︎関連情報
「映像コンテンツのシナリオ・演出関連研究紹介」(三上・兼松)➡︎関連情報(昨年のOCでの出展紹介)
「コンピュータビジュアリゼーション」(竹島)➡︎関連情報(昨年のOCでの出展報告)
「最新CG技術を使ったアニメーション制作」(川島)★
「CGアニメーション作品紹介」(近藤・川島)★ ➡︎関連情報
「自然現象のプロシージャルアニメーション」(菊池)➡︎関連情報
「コンテンツデザインに関する研究紹介」(菊池)
「360°動画によるバーチャルキャンパスツアー」(菊池)➡︎関連情報
「卒研における学生のデザイン提案紹介」(萩原)★

【メディア社会コース】
「3D地図を利用しよう」(千代倉・飯沼)★ ➡︎関連情報

【大学院】
「大学院生研究紹介」(バイオ・情報メディア研究科 メディアサイエンス専攻)➡︎関連情報


◎研究棟C(3〜5階)

【メディアコンテンツコース】
「インタラクティブメディア研究紹介」(安原)➡︎関連情報
「次世代コンテンツ研究紹介」(椿)➡︎関連情報
「卒業研究紹介(音楽系研究室)」(伊藤(謙))★ ➡︎関連情報(昨年のOCでの出展報告)
「大学院生研究紹介(音楽系研究室)」(伊藤(謙))★ ➡︎関連情報

【メディア技術コース】
「スマートフォンアプリデザイン体験」(千種)★ ➡︎関連情報
「健康メディアとスマートフォンの活用」(千種)★ ➡︎関連情報
「デジタル音響処理と人間の聴覚」(大淵・越智)★ ➡︎関連情報

【メディア社会コース】
「コンテンツビジネスイノベーション研究」(吉岡)★ ➡︎関連情報
「相互行為って何?」(山崎) ➡︎関連情報



このほか以下のイベントも開かれます。

・学部説明(10:10〜10:40/14:15〜14:45)[片柳研究所棟4階 KE402教室]
・模擬授業「Procedural Animation:最新 VFX 映像はこうして作られる」(菊池)(10:45〜11:15/14:50〜15:20)[片柳研究所棟4階 KE402教室]➡︎関連情報(前回の模擬授業の予告)
(※下の写真は昨年のOPでの模擬授業の様子です)

6



・「大学院進学説明会」(12:00〜13:00)[片柳研究所棟10階 アクティブラーニングセンター]
(※メディアサイエンス専攻の大学院生の研究紹介ポスターを片柳研究所棟5階の廊下に展示しています。ぜひご覧ください)
・「先端研究+入試説明会」(11:25〜12:05/12:20〜13:00)[片柳研究所棟地下ホール]
・「城南予備校によるAO入試対策講座」(13:10〜14:00)[片柳研究所棟地下ホール]
・「メディア学部教員・学生による個別相談コーナー」(10:00〜16:00)[研究棟C4階エレベーターホール]

 

なお、これまで片柳研究所棟5階で実施していました「メディア学部教員・学生による個別相談コーナー」が、上に書きましたように研究棟C4階エレベーターホールに場所が移りました。当日は片柳研究所棟と研究棟Cの間を循環するバスが運行されますので、研究棟Cでの研究紹介の見学とともに、個別相談コーナーにもぜひお越しください。

皆さまのご来場をお待ちしています!

 

(メディア学部:伊藤謙一郎)

2019年7月11日 (木)

2019年度ビジネス科学学会全国大会に参加して

2019年7月 8日 (月) 投稿者: メディア社会コース

さる629()、中村学園大学で2019年度ビジネス科学学会全国大会が開催されました。事前の天気予報では九州地方は大雨の予報でしたが、幸い福岡市の中心部は、薄日も射し、まずまずの天気でした。今年も博多駅前では、71日から15日まで公開されるという、博多祇園山笠の飾り山笠の一つが最後の仕上げを施されている最中でした。

博多駅前にて (筆者撮影)

さて、本年度のビジネス科学学会でも、当学会の特徴である、海外事例研究や、フィールド調査を重視した研究報告を中心に、マーケティング、組織論、会計、経済学など、研究アプローチの異なるバックグラウンドを持つ研究者/学生の参加で、非常に充実した議論が行われました。本年の報告も以下に示すように非常に多様なものがありました。

自由論題報告

 

 

院生・学部生セッション

 

 

本学からは、小生のゼミ生3名、当ゼミの演習講師を務めてくれている東工大の本田先生、そして筆者も報告を行いました。ゼミ生3名とも、この2週間で驚異的に実証研究を取りまとめ、研究者、大学院生に混じり、充実した報告を行ってくれました。質疑の答弁も立派にこなし、諸先生から大いに評価され、かつ、たくさんのコメントをいただきました。これこそ学部生といえども、学会に参加する意義といえます。

2019年7月 8日 (月)

ゲーム理論とゲームについて(1) ゲーム理論の紹介

2019年7月 5日 (金) 投稿者: メディア技術コース

渡辺です。こんにちは。

 

最近、研究室の学生達と新しい研究を色々と進めておりまして、その中で「ゲーム理論」と呼ばれる学問がとても重要となってきました。せっかくですので、この「ゲーム理論」について不定期連載をしていきたいと思います。

 

もし「ゲーム理論」という単語を初めて見る人は、この単語からどのような内容を想像するでしょうか。おそらくは、ゲーム中のキャラクターがどのように動いていくかとかの、ゲーム内の様々な技術を総称したものと考えるのではないでしょうか?私も学生時代にこの単語を初めて目にしたときはそのような連想をしました。しかし、私の場合問題はその状況でした。というのも、この単語をはじめて聞いたのは経済学の授業の中だったのです。企業利益予測とか社会経済動向とかの説明の中で突如「ゲーム理論」という言葉がでてきて、最初は聞き間違えたかと思ってしまいました。

 

「ゲーム理論」を簡単に説明すると、複数の主体(人・企業・国)が何かしら目標を持っていて、それを達成するために各々で行動していき、その結果がどうなるのかを推測・分析するという学問です。このように抽象的に述べるとわかりづらいのですが、その典型的なものの一つが対戦型ゲームやスポーツ競技です。ババ抜きや七並べなどのトランプゲーム、あるいはテニスやマラソンなどがそれにあたります。これらのゲームやスポーツでは、ルールに従って勝利条件が定められ、勝利を目指してプレイヤーや選手が様々な方針で挑みます。ルールや条件を変えてみると、企業間の利益競争とか、国同士の発展も同じような法則を持つので、これを理論化したものが「ゲーム理論」というわけです。

 

続きを読む "ゲーム理論とゲームについて(1) ゲーム理論の紹介"

2019年7月 5日 (金)

7月14日のオープンキャンパスで音・声を研究する展示をします!(大淵・越智研究室)

2019年7月 2日 (火) 投稿者: メディア技術コース

メディア技術コースの越智です。次回(7月14日(日))開催のオープンキャンパスで、大淵・越智研究室は音・声の研究についての展示を行います。メディア学部の研究室の展示は片柳研究所と研究棟Cの二か所で行われますが、大淵・越智研究室の展示会場は研究棟C3階の号室です。今回はその内容を紹介したいと思います。

Campus002

(1)音の振動を体感する・可視化する

物を振動させるスピーカーの音を聞いて、触って音の発生を体感します。また、声や音の共鳴を可視化してさらに理解を深めます。

(2)音響処理を体験する

世界のコンサートホール・地下駐車場・倉庫など、さまざまな空間での音の響きを音響信号処理により計算して聞き比べることで、音響信号処理の基礎を体験していただきます。

(3)バイノーラル録音で高臨場感を体験する

二つのマイクで録音するステレオ録音は広く使われていますが、人間の耳への音の届き方(肩や耳たぶでの反射や頭を回り込む音など)は再現できません。ここでは、バイノーラル録音という技術により、臨場感が高いコンテンツを体感して録音技術の奥の深さを体験していただきます。

(4)音楽ライブのための、プログラミング・AI・音楽を融合したパフォーマンス

音楽ライブの演奏の進化版として、プログラミングやAIを駆使したライブ演奏についての研究を紹介します。ライブパフォーマンスの可能性をぜひご覧ください。

他にも、これまでの研究室の卒業研究の成果を展示しています。7月14日のオープンキャンパスにお越しの際はぜひ大淵・越智研究室にお立ち寄りください。

技術コース 越智

2019年7月 2日 (火)

お料理音響実験その後と「今度は輪ゴム楽器」?!

2019年6月22日 (土) 投稿者: メディア技術コース

 昨年後期、大淵・越智研究室の講義先端メディアゼミナール「AIと音響分析」で、研究室で天ぷらを揚げてその音を分析するという、お料理音響実験を行いました。その結果は、3月の記事で報告があったように、学会(芸術科学フォーラム)で発表して見事受賞しました。その内容について、今回は紹介したいと思います。

天ぷらは、以下の図のように、揚げ始めと出来上がりで音が違うことが、経験的に言われていました。それを今回科学的に調べたのです。

Tempra_befores Shuwas Untitled1

Tempra_afters Pichis Untitled2

 

Tempra_comps

音は一定時間ごとに区切ったうえで、以前先端メディア学で行われたコイン当て実験のように、音の大きさや音色、高さに関係する物理量が抽出されます。それと答え(揚がったかどうか)をAIに学習させて、新しい音を入力したときに揚がったかどうか判別させます。

Tempra_ai

この研究は現在精度などを挙げるべくAIの改良中です。

Sentan2019_1_s

また、今学期は新しく、輪ゴムを弦に見立てた楽器の音の研究をしています。
Wagomus

羽田先生のアドバイスのもと、クギなどを使ってオリジナルの自動輪ゴム演奏機械が制作されました。

Wagomu_jidous

現在目下分析中です。天ぷらと一緒に発表があった鉛筆の筆記音の研究もそうですが、音の研究は本当に幅が広いですね。

メディア技術コース 越智

2019年6月22日 (土)

オープンキャンパス開催中です!

2019年6月16日 (日) 投稿者: media_staff

技術コースの羽田です.

今日は2019年度最初のオープンキャンパスの開催日です.
梅雨に入ったばかりで天気が心配だったのですが,今日は朝から快晴で暑いくらいの天気になっています.朝から多くの高校生と保護者のみなさんで賑わってきています.

我々の研究室は昨年までの片柳研究棟での展示ではなく,研究棟Cという我々の本来の研究室で展示を行っています.坂の一番上にある建物で,学部の説明会が行われるところからは一番遠いのですがぜひ足を運んでみてください.我々以外にもいくつもの研究室が展示をおこなっており,足を運んでもらって損はさせないと思っています.

我々の研究室では「AR技術で味のかわるかき氷」や「風を感じることができるVR体験」といった展示を用意しています.これらは今まで学会で発表してきたものですが,実際に動くものを学外の人にむけて展示するのは初めてです.

Img_0814 Img_0813

 

 

 

なお,本学はいろんなCM撮影やドラマの舞台になっていることでも知られています.今日は天気がよいので,それらの場所を探して散歩してみるのも良いかもしれません.

JR八王子駅,あるいは八王子みなみ野駅から送迎バスが出ています.夕方4時までやっていますので,東京近郊ならまだ間に合いますよ!

(羽田久一)

2019年6月16日 (日)

より以前の記事一覧