研究紹介

学会発表: 何も持たず、何も打たずに文字入力

|

メディア学部の渡辺です。みなさんこんにちは。

今回の記事で紹介するのは、学部4年の山崎宏樹君による「物理ボタンを必要としない仮名文字入力の提案」という研究です。この研究は、2017年11月10〜12日に行われた「NICOGRAPH2017」という学会内で発表を行いました。

近年、高い機能を持つ Head Mount Display (HMD) が数万円程度で発売されるようになり、急速に Virtual Reality (VR, 仮想現実) を用いたコンテンツが普及してきています。多くのゲーム開発者が VR コンテンツに注目しているのですが、これまでモニターに表示していたコンテンツをそのまま HMD で表示すればすぐに問題無く使えるというわけではありません。HMD を被ってしまうと自分の手が見えなくなってしまうため、キー入力が困難になるということも問題の一つです。

続きを読む "学会発表: 何も持たず、何も打たずに文字入力"

学会発表: MRを用いた疑似トレーナー

|

メディア学部の渡辺です。みなさんこんにちは。

今回の記事で紹介するのは、学部4年の小山竜之介君による「擬似的なトレーナーを用いた運動支援に関する研究」という研究です。この研究は、2017年11月10〜12日に行われた「NICOGRAPH2017」という学会内で発表を行いました。

Virtual Reality (VR, 仮想現実) や Augumented Reality (AR, 拡張現実) という概念がかなり普及してきています。VR については、PlayStation VR のようなヘッドマウントディスプレイが注目を集めていますし、AR についてもニンテンドー 3DS や PlayStation Vita にも基本機能として内蔵されていますの、遊んだことがある人も多いかと思います。

続きを読む "学会発表: MRを用いた疑似トレーナー"

Movie Library : 360°動画最前線!

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

本日のブログでは,メディア学部「Movie Library」の中に新たに追加された映像「 360 °動画最前線」を紹介したいと思います.

この動画では,菊池研究室で取り組んでいる「360°動画」に関する研究を応用して,2017年度の本学オープンキャンパス用に大学広報課と協力して制作した「八王子キャンパスを紹介するための,360°動画コンテンツ」の制作舞台裏を紹介しています.

実際に制作して,オープンキャンパスにて来場者の方々にハコスコで鑑賞していただいた映像は,現在「東京工科大学公式 Youtube チャンネル」の「キャンパス施設紹介(八王子):360°VR 動画」にて公開されていますので,是非ご覧ください.

また,菊池研究室で取り組んでいる「360°動画」に関する研究の成果は,以下のようなブログ記事でも紹介していますので,こちらも併せてご覧ください.

文責 : 菊池 司

博士論文公開発表会:キャラクター分析に基づく形式知化とデザイン原案制作支援に関する研究

|

つぎのように,博士論文公開発表会を実施しますので、教職員,大学院生,学部生のみなさま,是非ご出席ください。

---------

大学院メディアサイエンス専攻
「博士学位論文公開発表会」のご案内

日 時:2018年1月25日(木) 16:00~17:30
場 所:KE302教室  

題 目:
 キャラクター分析に基づく形式知化とデザイン原案制作支援に関する研究

発表者:茂木 龍太

審査委員
主査  近藤 邦雄
副査  萩原 祐志
副査  三上 浩司
副査  菊池 司
副査  渡辺 大地

続きを読む "博士論文公開発表会:キャラクター分析に基づく形式知化とデザイン原案制作支援に関する研究"

「メディア学部公式インスタグラム」はじめました

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

突然ですが...(笑)
メディア学部では,2018 年 1 月 1 日より公式「Instagram(インスタグラム)」を開設いたしました.

東京工科大学八王子キャンパスの様子や,メディア学部の様々な授業の様子,イベントの様子などを写真で紹介していきますので,インスタグラムを使われている方はフォローをしていただけると大変光栄です.

メディア学部公式インスタグラムのアカウントは,「tut_media.official」です.

2018年1月1日から9日までにアップした写真は,以下のようなものです.

01_small
2018年1月1日:西門と門松

02_small
2018年1月2日:馬の彫像「躍進」

03_small
2018年1月3日:八王子キャンパスから望む富士山

04_small_2
2018年1月4日:初日の出で輝く片柳研究所棟

05_small
2018年1月5日:フレッシャーズゼミII のフィールドワーク発表会

06_small
2018年1月6日:正門への並木道

07_small
2018年1月7日:西田先生による特別講義

08_small
2018年1月8日:成人の日

09_small
2018年1月9日:メディア専門演習「ビジュアルコミュニケーション」


文責:菊池 司

氷を出力する3Dプリンター

|

こんにちは羽田です.
先日の学会で発表した氷を出力できる3Dプリンターの研究が学部のビデオになりました.
どのような装置なのかは見てもらうのが簡単なのですが,このガスを利用して氷をつくる方法での3Dプリンタは今までの方法とは異なり常温の部屋においても氷を整形することが可能です.
この研究を行っている藤田君は修士課程1年の学生でこの1年近くずっと,この氷をプリントするための装置を開発することに費やしてきました.
ぜひ,動画のほうを見てください.
粉雪のような氷を積み上げて,形が作られていく様子がリアルタイムに見られます.この造形スピードは実際のスピードで,倍速などではありません.この造形の速さもこの3Dプリンタの特徴の1つです.
修士論文中間発表も無事におわり,現在はより精細な出力を目指して,研究を続けています.

(羽田久一)

大学院生がシナリオ執筆支援システムの研究を学会で発表

|

メディア学部の三上です

今回は,私の大学院修士課程の学生が「NICOGRAPH2017」で発表した映像コンテンツのシナリオ執筆における「伏線」の設計支援システムについて紹介します.

学部生の研究発表でも紹介した,私が会長を務める芸術科学会が主催するNICOGRAPH2017では,そのまま論文誌に採択される,Journal TrackというプログラムのほかにConference Trackというプログラムがあります.どちらもフルペーパーとその半分程度のショートペーパーがあります.今回の論文はConference Trackにフルペーパーとして採録された論文です.

フルペーパーとして採録されるには,厳しい査読者のチェックを通過する必要があるので,そうした意味では,高く評価された論文であるといえます.

2017nico10

続きを読む "大学院生がシナリオ執筆支援システムの研究を学会で発表"

大学院生の学会発表(奨励賞受賞)

|

皆さん、こんにちは。
メディア学部の寺澤です。

少し前のことになってしまいますが、11月17日、18日に秋葉原で日本e-Learning学会の学術講演会がありました。私の研究室の大学院修士課程1年の西村希槻 君が口頭発表を行いましたので、報告します。

Img_1336

西村君の発表テーマは「ベイズ理論を用いたキー入力の間違い推定法の検討」というものです。大学生はレポートや論文の作成などでPCを使った大量の文字入力を行います。社会人でも仕事でそのような作業はたくさんあるでしょう。この時、通常はワードプロセッサ(ワープロソフト、マイクロソフト社のWordなど)を使用します。ワープロには辞書を用いた入力間違いの指摘や、表記のゆれ、助詞の好ましくない使用などを指摘する機能がありますが、書き上がった文章をあらためて読むと、日本語変換ミスのほかに誤字脱字が良く見つかります。

この中には、キー入力の時点での間違いが含まれています。西村君のアイディアは、ユーザーはそれぞれ「キー入力の癖」を持っていると想定し、それによって、特定のパターンの時に入力間違いを起こしやすいのではないかと考え、それをあらかじめ見つけ出しておけば、書き上がった文章に対して、どこで間違いを起こしている可能性が高いかを指摘できるのではないかということです。

続きを読む "大学院生の学会発表(奨励賞受賞)"

学会発表: 嘘をつくゲームAI

|

メディア学部の渡辺です。みなさんこんにちは。

12月7日の記事で、「ポーカーにおける表情から相手の手を見抜くAI」という研究を紹介しましたが、今回もゲームAIに関する研究を紹介したいと思います。学部4年の中澤桂介君による「カタンの開拓者たちにおいてウソの情報を流し状況を有利に進める敵の提案」という研究です。この研究は、2017年11月9,10日に行われた情報処理学会デジタルコンテンツクリエーション研究発表会にて発表されています。

続きを読む "学会発表: 嘘をつくゲームAI"

NICOGRAPH2017でのAIを使った音メディア研究の発表(その1)

|

大淵・越智研究室のメンバー2人は芸術科学会の学会NICOGRAPH2017(2017 年11月10日(金)~12 日(日)開催)で、音に関する研究の研究成果を発表しました。ここではその1として、一人目の発表を紹介したいと思います。

福永大輝君は、「リズムアクションゲームおけるキー音の音響的特徴の分析」について発表を行いました。リズムアクションゲームとは、音楽に合わせて画面上に出現する視覚的な記号に沿って入力を行い、入力が正しければ高得点になるゲームです。

Rythm_game3

リズムアクションゲームは、音楽に入力操作によって効果音(打楽器の音など)を追加するものが一般的ですが、この研究では、楽曲中の音を切り出したものが入力の対象(「キー音」と呼ばれます)となるタイプのゲームを対象としています。

Key_sound2_2

つまり、プレイヤーの入力がうまくいくと楽曲が完成するのですが、楽曲中の色んな音色の音がキー音になりうるので、よいゲームにするには熟練した人がどの音をキー音にするか設定する必要があります。

続きを読む "NICOGRAPH2017でのAIを使った音メディア研究の発表(その1)"

より以前の記事一覧