研究紹介

オープンキャンパス(8月6日)へのご来場ありがとうございました

|

皆さん、こんにちは。8月も半ばに入り、思い思いの夏休みを皆さん過ごされていることと思います。

さて、8月6日に八王子キャンパスで第3回オープンキャンパスが開催されました。開催に先立ってこのメディア学部ブログでご紹介しましたように、メディア学部6月7月オープンキャンパスとは異なるラインアップで規模を拡充させて展示や研究紹介を行いました。夏休み期間中ということもあって、高校生やそのご家族をはじめ非常に多くの方々にご来場いただきました。各出展ブースで説明する学生も自然と熱が入ったようです。

今回、メディア学部はメイン会場の片柳研究所棟で9箇所(9テーマ)、研究棟Cで6箇所(9テーマ)の出展を行いました。そのほか、メディア学部に関する相談や質問を受け付ける「大学教員との相談コーナー」を片柳研究所棟3階廊下に12ブース設置し、来場者の方々と教員との懇談も過去最大規模で行われました。

出展テーマについては、8月6日オープンキャンパス紹介のブログ記事に記載していますが、ここに改めて再掲します。


【1】インタラクティブ・オープンキャンパス[佐々木]<片柳研究所棟4F CTC前/3〜4F 踊場
【2】最先端のシリアスゲーム開発[岸本]<片柳研究所棟4F CTC
【3】卒研のデザイン提案紹介[萩原]片柳研究所棟5F MTC>
【4】X線を用いた物体内部の観察技術[加納]<片柳研究所棟5F MTC
【5】「楽しさ」で人の行動に働きかけるアイデア[太田]片柳研究所棟4F CTC
【6】(Un) Controllable 自然と人の境界線[羽田]片柳研究所棟4F CTC
【7】デジタル音響処理と人間の聴覚[大淵・越智]研究棟C3F:318
【8】歌声の印象変化/声質分析/お化け音を作ろう[相川]<研究棟C3F:321>
【10】健康メディアの研究事例[千種]<研究棟C4F:会議室>
【11】顔画像処理あれこれ[永田]研究棟C5F:521>
【12】ユーザー体験価値デザインの世界を実感しよう[上林]片柳研究所棟5F MTC
【13】3D地図を利用しよう[千代倉・飯沼]片柳研究所棟5F MTC
【14】ビジネスのプランをつくる[小林]<片柳研究棟5F MTC
【15】数字で見るビジネスの世界[榊]<研究棟C4F:422>


20170806_oclayout_01 20170806_oclayout_02

20170806_oclayout_03 20170806_oclayout_04



それでは当日の様子を写真でご覧いただきましょう。上記の案内図に沿って、「片柳研究所棟」、「研究棟C」の順序でご紹介します。各テーマ名の前の【C】は「メディアコンテンツ」コース、【T】は「メディア技術」コース、【S】は「メディア社会」コースを示します。

続きを読む "オープンキャンパス(8月6日)へのご来場ありがとうございました"

提案への同意や不同意の先触れとなる聞き手の反応

|

第80回 言語・音声理解と対話処理研究会で発表した私の研究を紹介します。

タイトルは、「クライアントの提案への評価の先触れとなるコンサルタントの聞き手行動」です。

私はコミュニケーションがどうしたら円滑にいくかということを研究テーマにしています。特に、相手が話している最中の、聞き手の行動(笑い、相槌、頷き、視線の向き、手の動きなど)に着目しています。

今回のターゲットは、
一般企業の相談に乗るというコンサルティング会社で行われているコミュニケーション場面です。

コンサルタントの目標は、業務設計や組織改革など、顧客となった企業の投資を最大限に活かす道筋を立てることです。なので、その場限りの同意ではなく、クライアントもコンサルタントも双方が納得できるレベルでの合意が必要になります。

続きを読む "提案への同意や不同意の先触れとなる聞き手の反応"

エリカ様の秘密(2)

|

前回の続きです。
問題2: たくさんの人が目の前に居ても、誰が話しているかある程度特定できる装置があります。
それはどれでしょう?(下の写真の中に写っています)

Img_1190_2


続きを読む "エリカ様の秘密(2)"

エリカ様の秘密(1)

|

先日紹介した自立対話型アンドロイドエリカ様ですが、

対話相手の状態をモニターする機能が仕掛けられています。
それでは皆さんここで問題です。
問題1: 相手のジェスチャーや視線の向きを(将来的には)計測する装置があります。
下の写真の中に写っています。どれでしょう?

Img_1190

続きを読む "エリカ様の秘密(1)"

「コミュニケーション・アナリシス」中間発表会

|

 727日(木)に,「コミュニケーション・アナリシス」プロジェクト(榎本・寺岡研究室)の中間発表会がありました.ここでは,卒研生が取り組んで来た卒業研究について今学期の成果を発表します.

Dsc08915_2

続きを読む "「コミュニケーション・アナリシス」中間発表会"

8月6日(日)オープンキャンパスのご案内

|

みなさんこんにちは!

大学HPを見てご存知の方も多いと思いますが、明日8月6日(日)に八王子キャンパスオープンキャンパスが開かれます。

メディア学部は前回7月16日(日)のオープンキャンパスと同様、片柳研究所棟研究棟Cの2つの会場で開催します。今回は特に、「メディア社会」コースの出展数が多いのが特徴です(※「メディア社会」コースすべての出展テーマが今年初出展です!)。また、「メディアコンテンツ」コースでは、「インタラクティブ・オープンキャンパス」(佐々木)、「卒研のデザイン提案紹介」(萩原)、「メディア技術」コースでは、「ビジュアルシミュレーションの研究紹介」「イメージメディアプログラミング演習の紹介」(以上、柿本)、「『楽しさ』で人の行動に働きかけるアイデア」(太田)、「顔画像処理あれこれ」(永田)が今年初出展となります。6月・7月のオープンキャンパスに足を運んでくださった方も、新たなラインアップを楽しんでいただけるものと思います。

また、メディア学部の教育(各コースの「カリキュラムツリー」の紹介はこちら)・研究について教員に質問や相談できるコーナーは規模を拡大し、最大12名の教員が対応します。展示を見学したあとは、片柳研究所棟3階の教員相談コーナーへ是非お越しください。また、5階には学生相談コーナーもありますので、どのような授業や演習が行われているか学生から話を聞くことで、メディア学部の特色を実感できることでしょう。

では、今回の出展テーマをご紹介します。写真は昨年(2016年)のオープンキャンパスでの様子です。

続きを読む "8月6日(日)オープンキャンパスのご案内"

エリカ様〜自立対話型アンドロイドとの出会い

|

京大での研究会(研究会の紹介はこちら)の後、河原研究室のERIKAのデモを見せてもらいました。

Img_1181

続きを読む "エリカ様〜自立対話型アンドロイドとの出会い"

2018年度卒研・3年次ゼミスタート

|

今年も、6月に次年度卒研生が配属された。経済経営調査研究室にも多数の応募者の中から激戦を勝ち抜いた20名の精鋭達が集った。当卒研では、ここ数年ゼミ生が20名前後に上り、「ゼミ」としての限界を超えた状態が続いている。しかし、応募者の研究計画書・志望理由書から当ゼミでの適性を審査した結果の採用である。

昨年配属になった現4年次生も17名で、皆、就職活動に多忙を極める中、着実に研究成果も挙げつつある優秀な学生たちである。新人諸君にも大いに期待している。指導する方も、昨年に引き続きH先生(島根大学より東京工業大学に転任)に演習講師をお願いしている。

学会報告も、2016年度生15名、現2017年度生も624日に1人、そして7815日の両日、それぞれ2名ずつの報告を行った(2017年度生の学会報告に関しては後日改めて紹介する)2018年度生の志望動機にも学会発表をあげた学生が少なくなく、大いに期待している。

ここで、彼らの研究テーマを紹介しよう。今回も多様な領域に渡り、当卒研の成長を牽引してくれるものと思う。

・アニメビジネスの研究

・銭湯業界の現状と展望

CDDVDの特典物商法に関する研究

・アニメを利用した町おこしに関する研究

・食品廃棄に関する研究

・アニメと地域振興に関する研究

・バブルの発生と崩壊に関する研究

・人材コンサルティングに関する研究

・ファストファッションに関する研究

・小売業界に関する研究

・バス路線の経営維持に関する研究

・プロ野球球団経営に関する研究

・人の「華」に関する研究

・「かわいい」ビジネスに関する研究

・音楽販売に関する研究

・音楽ビジネスを活用した地域振興に関する研究

・欧州サッカーリーグに関する研究

・少年雑誌に関する研究

・ディスカウントストアに関する研究

さて、この新人諸君とは、623日に初顔合わせを行った。緊張した面持ちの中にも、当卒研の自由闊達な伝統を引き継いだ雰囲気を漂わせていた。4回の卒研公開を通じて現4年次生の発表と討論する姿を見て応募を決意してくれたからであると自負している。

そして、翌630日に今後の予定、事前課題等のガイダンスを行い、77日より3週にわたって、個人面談を実施した。授業等ですでに面識のある学生、あるいは初対面の学生もいる(もっとも、初対面というのは、こちらの記憶力の乏しいためで、実際には説明会で何度か顔を合わせている)。今年も大いに期待の持てるメンバーがそろったと確信している。

(榊 俊吾)

出会いと挨拶の相互行為論

| | コメント (0)

本日は、京都大学で開催されている第80回 言語・音声理解と対話処理研究会というのに出席しています。

招待講演者は京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科の木村大治先生でした。
ご発表タイトルは「出会いと挨拶の相互行為論」
挨拶は、哺乳類や鳥類の社会でもみられるけれど、そこで起こっている相互行為は何だろう?というものです。

Photo

図は丹頂鶴の挨拶ですが、左右対称になっていますね。これを「双称性」と言うそうです。
私達の挨拶でも「こんにちわ」に対して「こんにちわ」と同じ形を返しますね。

続きを読む "出会いと挨拶の相互行為論"

オープンキャンパス(7月16日)へのご来場ありがとうございました

|

みなさん、こんにちは。先週、関東甲信地方が梅雨明けして、ここ八王子も暑い日が続いています。いよいよ夏本番ですね。

さて、7月16日に、第2回オープンキャンパス八王子キャンパスで開催されました。まだ梅雨明け前でしたが、当日は幸いにも天候に恵まれ、たくさんの方々が足を運んでくださいました。ご来場ありがとうございました。

今回のオープンキャンパスでは、メディア学部はメイン会場の片柳研究所棟に、メディア学部の研究室が集結している研究棟Cも加え、前回からさらに規模を拡大して、制作物のデモや研究紹介を行いました。片柳研究所棟で9箇所(13テーマ)、研究棟Cで6箇所(11テーマ)のブースを設けたほか、ゲーム制作に関する模擬授業を開きました。

それらの一覧を以下にご紹介します。


【1】 コンピュータビジュアリゼーション[竹島] 片柳研究所棟4F CTC>
【2】 ゲーム教育カリキュラム紹介/ゲーム関連研究紹介[三上]片柳研究所棟4F CTC
【3】 最先端のエンタメ&シリアスゲーム開発[三上・岸本]片柳研究所棟4F CTC
【4】 プログラミング体験教室/自然現象のプロシージャルアニメーション/コンテンツデザインに関する研究紹介/大学院生研究紹介[菊池]片柳研究所棟5F MTC(会議室含む)
【6】 折り紙の技術を活用した形状モデリング[鶴田]研究棟C2F:218
【7】 3DCGプログラミング演習紹介[渡辺]片柳研究所棟4F CTC
【8】 会話の中の暗黙知[榎本]片柳研究所棟5F MTC
【9】 デジタル音響処理と人間の聴覚[大淵・越智]<研究棟C3F:318>
【10】 歌声の印象変化/声質分析/お化け音を作ろう[相川]<研究棟C3F:321>
【11】 地図メディア活用[藤澤]<研究棟C4F:426>
【12】 健康メディアの研究事例[千種]<研究棟C4F:会議室>
【13】 インタラクティブ・コンテンツ研究の紹介[太田]<研究棟C5F:523>
【14】 広告サービスの未来を先取りしよう[上林]<片柳研究棟5F MTC>
【15】 “進化+深化”のeラーニングの世界[松永]片柳研究棟5F MTC
【16】 デジタルサイネージ[吉岡]<片柳研究棟5F 廊下

◎ 模擬授業
来場者参加型『ゲームデザイン模擬授業』[岸本]片柳研究所棟4F KE402

20170716_oclayout_01_2 20170716_oclayout_02

20170716_oclayout_03 20170716_oclayout_04

次に、各出展ブースの当日の様子をご覧いただきましょう。上記の案内図に沿って、「片柳研究所棟」(※一部、案内図と異なる場所での出展あり)、「研究棟C」の順序でご紹介します。各テーマ名の前の【C】は「メディアコンテンツ」コース、【T】は「メディア技術」コース、【S】は「メディア社会」コースを示します。

続きを読む "オープンキャンパス(7月16日)へのご来場ありがとうございました"

より以前の記事一覧