研究紹介

米国Chapman大学との交流

|

メディア学部の三上です.

6月17日(土)に米国Chapman大学からBill Kroyer教授をはじめ,2名の教員と22名の学生らが東京工科大学を来訪し,私のほか,近藤専攻長,柿本学部長,菊池先生,メディア学部と大学院メディアサイエンス専攻の学生32名と交流しました.
Chapman大学は全米フィルムスクルーランキングで7位にランクされる映画やアニメの代表的な大学のひとつです.今回,日頃から様々な委員や情報交換などさせていただいている,ユニジャパンからの依頼により実現しました.

2017chapman00

続きを読む "米国Chapman大学との交流"

6月18日(日)オープンキャンパスのご案内

|

みなさん、こんにちは!

すでに大学HP等を見てご存知の方も多いと思いますが、八王子キャンパスでは6月18日(日)にオープンキャンパスを開催します。メディア学部からは下記の11テーマを出展します。


■「メディアコンテンツ」コース
【1】 インターネット・ライブ映像配信[佐々木] <4F 廊下/3〜4F 階段>
  特設スタジオから番組をリアルタイム映像配信。来場者には機材の使い方を教えます。

2016oc_0101_3


【2】 最先端のエンタメ&シリアスゲーム開発[三上・岸本] <4F CTC>
  Project Based Learningで進めている東京ゲームショウに出展予定のゲームやシリアスゲームとその開発環境の紹介です。実際に開発している学生が解説します。

2016oc_0102


【3】 音と映像のコラボレーション[伊藤] <4F CTC>
  映画やアニメ、ゲームなどの映像コンテンツに欠かせない効果音。その鳴らし方で映像の印象がどのように変わるか体感しよう。

2016oc_0103


【4】 シンセサイザーによる音作り[伊藤] <4F CTC>
  パッチケーブルを用いたアナログ・シンセサイザーで、いろいろな音色を作ってみよう。ツマミのちょっとした加減で音が千変万化します。

2016oc_0104


【5】 X線を用いた物体内部の観察技術[加納]【New】 <5F MTC>
  さまざまな物体の内部を観察することができる最先端の装置「X線CT」と、CG分野への応用事例を紹介します。


■「メディア技術」コース
【6】 (Un) Controllable 自然と人の境界線[羽田] <4F CTC>
  自然現象に着目したメディアアート作品のコンセプトと作品の紹介を行います。

2016oc_0106


【7】 3DCGプログラミング演習紹介[渡辺] <4F CTC>
  リアルタイム3DCGプログラミングの技術を用いて制作された学生作品を紹介します。

2016oc_0107


【8】 汝は人狼なりや?〜嘘つきのコミュニケーション〜[榎本] <5F MTC>
  目は口ほどにものを言うといいますが、果たして本当に嘘つきの目つきは分かるのでしょうか? 人狼ゲームの映像分析の数々を紹介します。

2016oc_0108


■「メディア社会」コース
【9】 新しい広告の研究[進藤] <5F MTC 会議室>
  インターネットの進化によって、広告は大きく形を変えています。その進化について紹介します。

2016oc_0109


【10】 相互行為って何?[山崎] <5F MTC>
  会話をする時、人はどのように言葉と身体の動きを使うのでしょうか。ビデオ分析から明らかにします。

2016oc_0110


【11】 デジタルサイネージ[吉岡] <5F 廊下>
  大型ディスプレイを使ったインタラクティブな広告コンテンツを研究・開発しています。

2016oc_0111



当日は、出展テーマに関するポスターも各ブースに展示します。このポスターには出展テーマの説明だけでなく、関連する授業名・演習名・卒研名が記載されています。つまり、そこに展示されている制作物や研究成果が、メディア学部でどのような「学び」を通してのものであるかわかるようになっています。

また、カリキュラムツリー(コース別のカリキュラムツリーの閲覧はこちらから➡︎ コンテンツ技術社会)と併せてご覧になれば、それぞれの授業や演習が相互につながりをもち、メディア学部の教育カリキュラムが多彩で多層的であることを、より体感できることでしょう。

2016oc_0112_3 2016oc_0113_2 2016oc_0114

2016oc_0115 2016oc_0116 2016oc_0119

2016oc_0117 2016oc_0118



多くの方々のご来場をお待ちしています!


(文責:伊藤)

オープンキャンパス紹介:「360度動画」+「ドローン」でキャンパス内を空中遊泳しよう!

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

来る「 2017 年 6 月 18 日(日)」に,本学の今年度第 1 回目のオープンキャンパスが開催されます.
詳細は,こちらをご覧ください.

今年度のオープンキャンパスでの大注目コンテンツのひとつは,なんといっても私ども菊池研究室が撮影・編集のほとんどの部分を担当した「 VR によるキャンパスツアー 」でしょう.

続きを読む "オープンキャンパス紹介:「360度動画」+「ドローン」でキャンパス内を空中遊泳しよう!"

コンピュータグラフィックスの研究成果がCG入門教科書に掲載される

|

メディア学部 近藤邦雄です.
私が評議員をしているCG-ARTSから 「ビジュアル情報処理 -CG・画像処理入門- [改訂新版]」が届きました.

19059511_1601411386570638_644614192

「今まで別々に扱われてきたCGと画像処理の基礎をまとめた新しい視点の入門書。豊富な図版、使いやすい傍注など、初心者にもわかり易い工夫が特徴です。」という説明があるとおり,以前このブログでも私や三上先生が紹介した教科書をもとにした入門編です.
この「ビジュアル情報処理」には,私と学生が制作した画像が掲載されています.「コンピュータグラフィックス」と「ディジタル情報処理」に掲載された画像を再度初心者のために分かりやすい解説が加えられています.
画像は次の5つであり,ノンフォトリアリスティックレンダリングと画像処理のところで紹介されています.一つの教科書に学生との研究成果が5か所に掲載されていることは大変名誉なことです.

Cg

続きを読む "コンピュータグラフィックスの研究成果がCG入門教科書に掲載される"

国際会議「NICOGRAPH International2017」での研究発表

|

メディア学部の三上です.

6月2日,3日に京都大学において芸術科学会の国際会議「NICOGRAPH International 2017」が開催されました.
私の研究室からは,大学院博士課程の2名の学生がフルペーパーとして採録されて発表を行いました.

2017ni01


続きを読む "国際会議「NICOGRAPH International2017」での研究発表"

研究紹介:入院患児のためのARを用いたストレス・コーピングコンテンツの提案

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

本日のブログでは,去る5月26日(金)に本学で開催された「情報処理学会デジタルコンテンツクリエーション研究会・第16回研究会 」にて,我々の研究グループから発表した以下の研究成果に関して紹介したいと思います.

■浦野三貴,瀧本理央 (東京工科大),住吉智子 (新潟大),岡崎章(拓殖大),菊池司(東京工科大),”入院患児のためのARを用いたストレス・コーピングコンテンツの提案”

続きを読む "研究紹介:入院患児のためのARを用いたストレス・コーピングコンテンツの提案"

本学で情報処理学会デジタルコンテンツクリエーション研究会を開催

|

メディア学部の三上です.

去る5月26日,本学で情報処理学会のデジタルコンテンツクリエーション研究会が開催されました.本学からは,大学院生浦野君(指導教員菊池先生)と茂木君(指導教員近藤先生,三上)の研究発表がありました.

2017dcc00

続きを読む "本学で情報処理学会デジタルコンテンツクリエーション研究会を開催"

2017年度卒研(経済経営調査研究)スタート

|

今年の卒研がスタートして、早ひと月が過ぎました。本卒研では、今年も毎週のゼミを通じて研究水準並びにプレゼン力を高め、積極的に学会発表を行う予定です。

話はさかのぼり、今年3月卒業した学生18名のうち15名が学会で発表を行いましたのは、すでにこのブログでもご紹介したとおりです。昨年度の発表の内訳は、

情報文化学会全国大会(口頭発表、東京大学)5

社会情報学会関東支部会(ポスター発表、千葉工業大学)5

東アジア企業経営学会九州部会(口頭発表、中村学園大学)1

計画行政学会・社会情報学会関東支部会(ポスター発表、一橋大学)4

でした。

現4年次生は17名で、今はちょうど就職活動に多忙を極める時期ですが、その中早くも学会発表に2名の学生が望む予定です。624日に名古屋学院大学で行われる、ビジネス科学学会全国大会での口頭発表です。

4年生になってまだ間がなく、学会発表は少し早いと感じる向きもあるかもしれません。しかし、開催まで1か月以上あり、当人たちにとって、これまでの研究成果を振り返り、取りまとめるちょうど良いタイミングといえましょう。

さて、ここで改めて、現4年次生の研究テーマを紹介しましょう。今回も多様な領域に渡り、当卒研の成長を牽引してくれるものと思います(以下、提出書類の表記のまま)

・東京五輪における観光地の経済効果と推移から考える観光地プランニングビジネスの研究

・電子書籍の普及における出版業界の現状と展望

・アニメコンテンツビジネスの現状と今後の戦略

・たばこの経営戦略

・株取引におけるテクニカル分析を用いた、個人投資家向けシステムトレードの研究

・日本におけるe-sportsの発展による経済への影響の調査

・企業の公式キャラクターについて

・日本国内における映画産業

JRAの経営に関する研究

・日本の年金問題の原因と若者への影響

・コンテンツの大人をターゲティングとしたマーケティング戦略について

・コンシューマーゲームとアプリゲームの展望

・現在の日本における音楽フェスの展望と課題

・アニメ業界におけるマーケティングの現状と今後の戦略について

・日本のロックフェスティバルの現状と展望についての研究

・映画館ビジネスに関する研究

・定額制動画配信サービスの現状・展望

本年も、全員の学会発表を目指し、研究に励みたいと思います。

(榊 俊吾)

 

ウプサラ大学Leo先生とメディア学部教員,大学院生の研究交流 (国際交流)

|

ウプサラ大学Leo先生との交流は,講義だけでなく,教員や大学院生との研究紹介もありました.

4月26日は午前中に講義を行っていただいた後に,午後には,三上浩司,渡辺大地,菊池司,岸本好弘,近藤邦雄研究室などで,研究紹介を聞いていただきました.

この記事ではその概要を写真で紹介します.
三上先生による産学連携によるCGアニメーション制作の紹介(コンテンツテクノロジーセンター,クリエイティブラボ)

Img_1740

三上先生,渡辺先生のゲーム教育の紹介

Img_1742_2

続きを読む "ウプサラ大学Leo先生とメディア学部教員,大学院生の研究交流 (国際交流)"

構造色を持つ宝石のCG表現

|

3月に開催された情報処理学会第79回全国大会で、メディア学部4年(当時)熱田一仁君が卒業研究で取り組んだ研究を発表しました。

熱田一仁, 藤堂英樹, 柿本正憲, "構造色を持つ宝石のCG表現," 情報処理学会第79回全国大会, 7X-05, 2017.3.

発表した熱田君は、「モデリング・レンダリング」セッション7件の発表中2件選ばれた学生奨励賞のうちの1件として表彰されました。

Img_4038s

宝石の中には、見る角度によって色が変わるようなものもあります。たとえばブルームーンストーンと呼ばれる宝石は内部に微妙な虹色の部分があり、向きを変えるとその虹色が変化したりします。

続きを読む "構造色を持つ宝石のCG表現"

より以前の記事一覧