社会

メディア学部とサクラ:サクラがインターネットにデビュー

2023年1月31日 (火) 投稿者: メディア技術コース

新しいメディア学の研究テーマに取り組んでいる全国唯一の健康メディアデザイン研究室の千種(ちぐさ)です。人体を健康メディアとしてとらえメディアを活用して自らの健康をデザインしたり、多くの人たちに役立つ健康改善するための健康アプリを制作するための研究を行っている研究室です。

大寒波が猛威を振るっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

前回に説明させていただいたように、寒波の後には春がやってきます。春と言ったら桜、桜と言ったら入学式ですが、メディア学部にとって桜(サクラ)とはどのような位置付けにあるでしょうか?画像メディアのひとつとしての桜、映像メディアのひとつとしての桜の散る映像、といったものでしょうか?あとひとつは江戸時代から続く、芝居小屋のサクラというお客を誘導する面白い仕組みでした。

通りすがりの人が賑わっている芝居小屋をみると「何か面白い芝居をやっているのかな?」と思わせるため、知り合いや常連客を誘って、お金を払わず芝居小屋に来てもらい、賑やかしな何人かの人と彼らによる掛け声と芝居小屋を出て「この芝居はとっても面白かったねー」とか話題あるいは口コミを投げかけてもらうことなどをお願いし、芝居小屋が実際の有料入場者以上に賑わって、その賑わいが気になる通行人が「どんな面白い芝居なのだろうか」と興味を持ち芝居小屋にお金を支払って入店するということにつなげてきました。

前述のように長い時間ではないですが、似たような心理的に訴求する仕組みとして「サブリミナル効果」という見ている人が感知できない映像メディアの表現法による心理効果があります。つまりサクラが映像メディアに進出してきました。Wikipediaによると

サブリミナル効果(サブリミナルこうか)とは、意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のことを言い、視覚、聴覚、触覚の3つのサブリミナルがあるとされる。閾下知覚とも呼ばれる。サブリミナルとは「潜在意識の」という意味の言葉である。境界領域下の刺激はサブリミナル刺激(Subliminal stimuli)もしくはサブリミナル・メッセージ(subliminal messages)と呼ばれている。

https://www.nikkei-science.com/201402_056.html

とあり、本人の意図あるいは心理を外部からコントロールする仕組みの悪影響を考え、現在では、映画でもテレビ放送でも「視聴者が感知できない映像表現はアンフェアである」としてほとんどの場合サブリミナル効果を使用した映像表現が禁止されています。

そして、今度は芝居小屋のサクラが映像メディアだけでなく、ついにインターネットにも進出きています。インターネットには「賑わい」も「口コミ」も存在するので、とても親和性が高そうです。ステルスマーケティングと呼ばれるこの手法はWikipediaでは以下のように説明されています。

ステルスマーケティング(英: Stealth Marketing)とは、消費者に広告と明記せずに隠して、非営利の好評価の口コミと装うなどすることで、消費者を欺いてバンドワゴン効果・ウィンザー効果を狙う犯罪行為。「ステマ」の略語で知られる。やらせやサクラなどもこの一例に分類される。映画などの映像の中に目視では認識できない短時間の画像などを挿入して脳内に刷り込む宣伝方法で、ステルス機のように相手に気づかれずに宣伝する手法が語源とされる。

英語圏ではアンダーカバー・マーケティング(英: Undercover Marketing)と呼ばれるゲリラ・マーケティングの1つ。日本では明確には違法になっていないグレーゾーンな行為のため、芸能人やインフルエンサーによるペニーオークション詐欺事件以降にステマの存在が認知された後も、まとめサイトなどウェブサイトやSNSにおけるステルスマーケティングが、後を絶たない。欧州連合やアメリカ合衆国では、広告表記のない宣伝行為は『消費者に対する不公正な欺瞞に当たる行為』として、明確に法律で禁止されている。

という風に、グルメサイトでもショッピングサイトでも豊富な「口コミ」により「賑わい」が創出されているため、そこにマーケティングの要素を取り入れて、宣伝効果を高める手法としてステルスマーケティングが使用されています。事実と異なる現状を演出されていることの是非はかなり議論されているので、すでに法律で禁止されている国もあります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221227/k10013935901000.html

続く


 

 

2023年1月31日 (火)

メディア学部とサクラ:サクラ編

2023年1月30日 (月) 投稿者: メディア技術コース

新しいメディア学の研究テーマに取り組んでいる全国唯一の健康メディアデザイン研究室の千種(ちぐさ)です。人体を健康メディアとしてとらえメディアを活用して自らの健康をデザインしたり、多くの人たちに役立つ健康改善するための健康アプリを制作するための研究を行っている研究室です。

大寒波が猛威を振るっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

寒波の後には春がやってきます。春と言ったら桜、桜と言ったら入学式ですが、メディア学部にとって桜(サクラ)とはどのような位置付けにあるでしょうか?画像メディアのひとつとしての桜、映像メディアのひとつとしての桜の散る映像、といったものでしょうか?あとひとつあります。それは江戸時代から続く、面白い仕組みです。

Img_20220328_211107

江戸時代の元禄文化という大衆文化において花開いたものとして芝居小屋を中心とする観劇があります。今でも全国各地に演芸場といった芝居小屋の建物が残っているように日本の誇る文化のひとつとなっています。そして文化として維持するためには経営が必須です。当時だと劇場の入場料が収入、一方、役者・裏方・浮世絵のチラシなどへの出演料・手数料、劇場の使用料などの支出です。一定期間において収入が支出を上回っている必要がありますし、人気ある役者を雇用し続けるには高額な支払いも必要になるでしょう。最初人気がなくても段々と人気が出てくるケースも多々あったことでしょう。

江戸元禄時代1700年代から300年以上持続するための経営とは並大抵の努力では実現できなかったと思われます。そのためには演劇や劇場を宣伝するための多種多様な技術も発達していきました。現代の看板を劇場前に掲げるだけでなく、現代のチラシの相当する「引き札」、そして入場者に安心感を与える心理的な販売法として「現銀掛け値なし」という定価販売、などがあります。看板やチラシの効果はすぐにわかりますが、定価販売が心理的に安心感を与え、結果として売り上げ増につながるのは興味深いとも思えますし、他に競合のない商品やサービス場合には定価販売の安心感は重要ですが、インターネット時代になった現在では、類似の商品やサービスを簡単に検索して見つけることができるので、これだけでは足りない気もします。

そして、そこで、発展したのがこれも人間の心理に訴求する「賑わい」を演出するプロモーション法です。ひとは行列を見たり、店舗がにぎわっていたりするととても気になります。中には行列を見るととりあえず並んでしまう人もいるくらいです。そこにターゲットを絞り「賑わいを」を演出するプロモーション法が「サクラ」です。

Wikipediaによると

サクラ(おとり)
サクラとは、イベント主催者や販売店に雇われて客や行列の中に紛れ込み、特定の場面やイベント全体を盛り上げたり、商品の売れ行きが良い雰囲気を偽装したりする者を指す隠語。当て字で偽客とも書く。

語義の由来
本来は、江戸時代に芝居小屋で歌舞伎を無料で見させてもらうかわりに、芝居の見せ場で役者に掛声を掛けたりしてその場を盛り上げること、またはそれを行う者のことを『サクラ』といった。桜の花見はそもそもタダ見であること、そしてその場限りの盛り上がりを『桜がパッと咲いてサッと散ること』にかけたものだという。サクラの同義語に「トハ」があるが、これは鳩(はと)を逆に言ったもので、同様にぱっと散り去るからだという。

これが明治時代に入ると、露天商や的屋などの売り子とつるんで客の中に入り込み、冷やかしたり、率先して商品を買ったり、わざと高値で買ったりするような仕込み客のことも隠語でサクラと呼ぶようになった。サクラを「偽客」と書くようになったのはこの露天商などが用いた当て字が一般に広まったものである。

今日では、マーケットリサーチや世論調査などにおいても、良好な調査結果をもたらすために主催者側によって動員されたりあらかじめモニターや調査対象者の中に送り込まれた回し者のことを、サクラと呼ぶ。賭博場やオークション会場などで指し値を吊り上げる目的で主催者側の人間が紛れ込むこともそう呼ばれる。

という、江戸時代に堺の堂島※市場で発明された金融業界における先物取引と同様に、今でも世界中で活用されている凄い仕組みですね。

つづく

2023年1月30日 (月)

「STI for SDGs」アワード優秀賞受賞に至るまで

2022年12月31日 (土) 投稿者: メディア社会コース

今年最も嬉しかったことは、11月上旬に開発したスマホアプリ「Vocagraphy」が「STI for SDGs アワード」優秀賞を受賞したことでした。ちょうどコロナ禍となった2020年3月にアプリをリリースして以来、オンラインでの活動ばかりでした。アプリのダウンロード数が18,000を超えて嬉しかったのですが、本当に社会の役に立っているのかという不安がありました。今回受賞できた事で、これまでよりも責任を感じると共に、さらに多くの方々に使って頂けるよう活動していきたいと誓いました。

「STI for SDGs」アワードとは、未来共創推進事業の一環として、科学技術イノベーション(Science, Technology and Innovation: STI)を用いて社会課題を解決する地域における優れた取組を表彰する制度です。国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が、国内の団体によって行われている優れた取り組みを見出して表彰し、それらの取り組みのさらなる発展や、同じような課題を抱える地域でも広く活用できるような水平展開を進めることを通じて、SDGsの達成に貢献することを目的としています。

Bab8ea2e813549a38b7d16fe45c3dad4写真1:表彰状と私

12月8日には、東京ビックサイトで開催されたエコプロ2022に出展し、開発したスマホアプリ「Vocagraphy」をご紹介しました。大勢の小学生、中学生、高校生がバスで乗り付けて、SDGsについて学んでいました。私の研究室の学生もスタッフで参加し、来場者にアプリの開発経緯や使い方を説明しました。私はミニステージでプレゼンテーションを行い、多くの方にアプリのことを知っていただくことが出来ました。

318868439_472301385044183_78110456834111写真2:ミニステージの様子

Img_3513写真3:学生スタッフと小学生

ことばを覚えるアプリ「Vocagraphy」はリリースから3年目を迎え、ようやく最初の大きな山を超えることができたように思います。多くの方に知って頂き、社会的にも評価をして頂きました。これまで関わって頂いた多くの方々に感謝を申し上げます。

2023年は、このアプリを必要としているさらに多くの方々に知っていただけるよう、尽力していきたいと思います。

皆さま、良いお年をお迎えください。

吉岡 英樹

 


メディア学部 吉岡 英樹

001_20220613213101
略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在は聴覚障害支援を専門としており、メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」、聴覚障害支援メディア研究室 を担当している。


 

2022年12月31日 (土)

ろう学校はどこにある?

2022年12月28日 (水) 投稿者: メディア社会コース

突然ですが、皆さんの家の近くにろう学校(聴覚特別支援学校)はありますか?

もし、自分の子どもが難聴だと分かったら、どこに行けば良いのでしょうか。

⑴ろう学校の数はとても少ない。

生まれてくる赤ちゃんの1000人に1人が難聴であると言われています。1000人に1人というと、多いのか少ないのか分かりません。2021年度の統計データによると、小学校のクラス人数の平均は23.1人で、ボリュームゾーンは26-35人となっています。1学年に3クラスあるとすると、1つの学校の同じ学年の生徒数が約100人で、10校を合わせると1000人になります。その中に1人難聴児がいることになります。このようなデータを見ると、難聴児の数がとても少ないことが分かります。しかし、その子どもがろう学校に行くとなれば、健聴の児童が難聴児に出会うことはないでしょう。これは、私たちが聴覚障害について知る機会が少ないことの要因の一つと言えます。

47都道府県の中で、ろう学校が1校しかないのは21県もあります。場所によっては学校まで車で2時間かかると言われています。難聴児が少ないのでろう学校をたくさん設置することが出来ないのも理解できますが、遠距離通学しなければならないことを見過ごすことも出来ないと思います。

⑵コロナ禍に実施された遠隔療育

コロナ禍に多くの学校でZoomなどのオンライン会議システムを導入したのと同じように、難聴児の療育でも遠隔指導が実施されました。手話でコミュニケーションをとる場合は、自分の後ろに緑の幕を張ることで、見やすくなります。補聴器や人工内耳をしている場合は、音が聞こえるとは言え、電話の音などは音質が悪いので聞き取りづらいことが多くあります。同じように、Zoomなどの音も聴覚障害者には少し聞き取りづらさがあります。そこで、パソコンの音をワイヤレスで補聴器や人工内耳に送信するシステムを使うことで、聞き取りやすくなります。また、指導者は難聴児の様子を把握するために、体全体をカメラで映す必要があります。

実は私の娘も難聴であるため、コロナ禍に遠隔療育を受けました。これまで遠くまで電車を乗り継いで通っていましたが、遠隔でもある程度指導が出来ることが分かりました。

⑶これから求められる遠隔療育

コロナ禍に大学ではオンライン授業を実施してきましたが、改めてその要素を図にまとめてみました。Zoomをしている時に「聞こえない」とか「聞こえにくい」ということがあった場合に、考えられる要因はいろいろあります。例えば、ネットワークの速度、使用しているパソコンのスペック、カメラやマイクの接続や設定などです。

Vocagraphy__202212001

快適な遠隔コミュニケーションを実現するためのポイントをまとめると図のようになります。良い機材を使っていても、設置する場所や部屋の環境、そしてネットワークの状況によって配信がうまくいかない場合もあります。分かる人が各家庭に1人いれば対応できるかもしれませんが、必ずしもそのような状況とは言えません。これからの将来、このような遠隔システムを活用していくのであれば、誰もが快適に使えるようなガイドラインやマニュアルがあると良いと考えています。

 

Vocagraphy__202212002

▶︎まとめ

コロナ禍で注目されたZoomなどの遠隔会議システムは、これから私たちの暮らしに浸透していくのでしょうか。対面の良さはもちろんありますが、遠隔システムを取り入れることで助かる人もいるのではないでしょうか。いろいろな場面に置き換えて考えてみましょう。

 


メディア学部 吉岡 英樹

001_20220613213101
略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在は聴覚障害支援を専門としており、メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」、聴覚障害支援メディア研究室 を担当している。


 

2022年12月28日 (水)

【3D(立体映画)の歴史と挑戦⑦】「アバター」シリーズの挑戦(メディア学部 藤崎実)

2022年12月11日 (日) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部 藤崎実です。

アバター の1作目は2009年に公開されました。
そして2022年の今年、ついに続編「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が1216日、日米同時公開されます!

これから2年ごとにアバターシリーズは公開予定です。

「アバター320241220日公開予定
「アバター420261218日公開予定
「アバター520281222日公開予定

どんな映像世界を見せてくれるのか、とても楽しみですね!
新しい挑戦が、きっと新しい可能性を拡げてくれるはずです!

 #アバター

(メディア学部 藤崎実)

 

2022年12月11日 (日)

【3D(立体映画)の歴史と挑戦⑥】2009年の「アバター」が今までの3D映画と全く違う、たった1つの理由(メディア学部 藤崎実)

2022年12月10日 (土) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部の藤崎実です。

映画「アバター」シリーズの第1作「アバター」(Avatar)は、2009年に3D(立体映画)の超大作として公開されました。

私はジェームズキャメロン監督の大ファンでしたので、公開当時、ジェームズキャメロン監督への様々なインタビュー記事に目を通していました。

そして、ある記事に注目しました。
そこには、映画「アバター」が、今まで作られてきた数多ある3D(立体映画)と、どの点で違う3Dなのか、明確に語られていました。

そして、ジェームズキャメロン監督の発言を聞いて、私は「なるほど!」と大変感銘を受けました。

Avatar

(画像出所)imdbAvatar」 https://www.imdb.com/title/tt0499549/?ref_=tt_mv_close

それまで作られてきた3D映画のほとんどは、画面の奥から画面手前に向かって、何かを差し出したり、
ボールを投げたりすることで3Dの効果を強める演出を行っていました。

(そうした演出が続くと、あざとさが目立ってきます。だから3D映画は、次第に廃れてしまったのです・・・)

でも、3Dの使い方は、それだけではないはず。

ジェームズキャメロン監督はインタビューの中で、従来の3D演出の過剰さについて語り、「アバター」での3D表現は、画面の手前に向かって行われるアクションとは真逆で、映像世界の「奥行き」に対して発揮されている、と語っていたのです。

なるほど!その手があったか」私はとても感動しました。
D表現を、画面手間方向に利用するのではなく、画面の奥行きとして利用する。

どうしてそうした3Dの使い方に、今まで誰も気づかなかったのでしょうか。

映画「アバター」は、奥行きの表現として3Dを使うことで、過剰演出とは全く違った、リアルで未体験の映像世界が魅力の映画となりました。
ジェームズキャメロン監督は天才だな、と思ったのでした。(メディア学部 藤崎実)
 #アバター

2022年12月10日 (土)

【3D(立体映画)の歴史と挑戦⑤】1980年代に3D(立体映画)の第2次ブームが到来!(メディア学部 藤崎実)

2022年12月 9日 (金) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部の藤崎実です。

1950年代に3D(立体映画)がブームになり、その後、長らく3D映画は作られなくなりました。
しかし、ある時、再び3D(立体映画)に注目が集まる時がやってきます。

それが、1980年代の第2次3D(立体映画)映画ブームです!

マカロニウエスタンとしては初めての3D映画、「荒野の復讐」(1981年)、
13日の金曜日Part3」(1981年)、「ジョーズ3Jaws 3-D)」(1983)などの3D映画が次々と製作されました。

20221130-05722

(画像出所)allcinema「ジョーズ3」https://www.allcinema.net/cinema/10913より

1980年代の、この第2次3D映画ブームの特徴も、ホラー映画の「13日の金曜日」や、パニック映画の「ジョーズ」といったテーマに3Dが使われた点でしょう。

ただし、それらの作品では、3Dが3Dである必然性はほとんどなく、過剰な演出や、陳腐なカメラワークが目立つ映画に留まってしまいました。

ですので、本当に一過性のブームとして、あっという間に1980年代の第2次3D映画ブームは去ってしまったのでした。
やはり、内容が伴っていないといけないのですね。(メディア学部 藤崎実)

2022年12月 9日 (金)

【3D(立体映画)の歴史と挑戦④】第1次3D(立体)映画衰退の理由とは(メディア学部 藤崎実)

2022年12月 8日 (木) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部の藤崎実です。

アメリカでは、1950年代に3D(立体映画)のブームが到来します。
そして、しばらく多くの3D映画が作られますが、ある時、ぱったりと製作されなくなります。

その理由は大きく2つありました。

1つ目の理由は映画の大スクリーン化です。
シネラマに代表されるスクリーンの巨大化に伴って、映画撮影の方法も大がかりになっていきました。
その結果、撮影に手間のかかる3D(立体映画)が撮影されなくなっていったのです。

20221130-05437

もう1つの理由は、3D(立体)のマンネリ化です。
D(立体)映画は、立体的な映像を楽しめる映画ですが、では、どのようなシーンを立体で描けば、3D(立体)が際立つでしょうか。
例えば、それは画面の奥にいる人物が、画面に向かってボールを投げるようなシーンでしょう。

従って、3D(立体映画)は、3Dを強調した演出が非常に多いのです。
それが映画の内容に関係すればまだしも、全く関係ない3D演出が目立つ映画の何と多いことか・・・・

そうした映画が飽きられてくるのは自明です。
いつしか3D(立体映画)は、マンネリで飽きられて、衰退してしまったのでした。
技術や仕掛けは、内容が伴っていないと、衰退してしまうという、良い事例だと思います。(メディア学部 藤崎実)

2022年12月 8日 (木)

【3D(立体映画)の歴史と挑戦③】初期の最大のヒット作はホラー映画!!(メディア学部 藤崎実)

2022年12月 7日 (水) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部の藤崎実です。

D(立体)映画の歴史が意外と古いことは前回お伝えした通りです。
まず、1950年代に3D(立体映画)が山のように作られる時期がありました。

その代表作として、「肉の蝋人形」(1953)が挙げられます。
この映画は、今でいうホラー映画ですが、当時の3D(立体映画)における最大のヒット映画となったのでした。

20221129-235805

(画像出所)『肉の蝋人形』(1953)のタイトル画面より

世にも恐ろしいホラー映画に3D(立体映画)が使われたというのは、とても象徴的です。
つまり、映画ならではの、映像としてのおもしろさを訴求するために3D(立体映画)が使われたのです!

画像を見ていただければわかる通り、タイトルも立体的です。
ホラー映画の恐怖をさらにかき立てる工夫として、3Dが使われたというわけです。

映画のエンターテイメントは貪欲です。
新しい技術や工夫をどんどん取り入れていくことがよくわかりますね!
(メディア学部 藤崎実)


2022年12月 7日 (水)

【3D(立体映画)の歴史と挑戦②】第1次ブームは1950年代!(メディア学部 藤崎実)

2022年12月 6日 (火) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部の藤崎実です。

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の前作、2009年公開の映画『アバター』(Avatar)は、3D(立体映画)の超大作として公開されました。

D映画が公開されたのは、「アバター」が最初というわけではありません。
世界の映画の歴史を紐解くと、3D映画はかなり昔から作られてきたのです。

映画の歴史に詳しい人はご存知だと思いますが、古くは1954年の『大アマゾンの半魚人』が3D(立体映画)として製作されました。

サスペンスの巨匠、アルフレッド・ヒッチコックも「ダイヤルMを廻せ!」(1954年)で3D(立体映画)にチャレンジしています。
その他にも、「恐怖の街」「肉の蝋人形」「謎のモルグ街」など、数々の3D(立体)映画が作られるようになります。
1950年代は、まさに3D(立体)映画の黄金期になるのです。

Photo_20221130023401

(画像出所)「予告 大アマゾンの半魚人 1954年」https://www.youtube.com/watch?v=b5o_CvnmrWc

では、当時、どうして3D(立体映画)がたくさん作られたのでしょうか。
その答えはテレビの普及です。当時、家庭にテレビが急激に普及し始め、映画館の興行収入が減少し始めたのです。

そこで、映画でしか楽しめない新しい工夫として、3D(立体)映画が注目されたのでした!

映画は娯楽であり、エンターテイメントの要素があります。
視覚的な新しさを持つ3D(立体映画)をアピールすることで、映画は自らの存在感をアピールすることにしたのです。(メディア学部 藤崎実)

2022年12月 6日 (火)

より以前の記事一覧