社会

「バズったら宣伝していいというので・・・」

2020年8月 5日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.
今日はいつもと違ったネタを提供します.

先日,人生で初めてTwitterがプチバズりました.
8月5日現在,2,700件以上のRT,6,000以上のいいねが付いています.

バズったツイッターの内容は本業のゲームやアニメ,教育関連でもなく,私の特技である激しい寝癖写真でもなく,国のCOVID-19接触確認アプリ「COCOA」についての素朴なお話でした.

2020twitter01

皆さんの中でも,インストールしている人もいる(本当はもっと増えてほしい)接触確認アプリCOCOA.COVID-19の陽性反応が出た人と,過去14日間に1m以内で15分以上という条件の接触があったかなかったかがわかるアプリ.

出た当初から「みんなが入れなきゃ意味ないじゃん」とか「陽性者が申告しないと意味ない」とか「プライバシーが」など,いろいろ言われていました.今のところ1件ぐらいしか,このアプリの接触確認をもとにした感染者の発見につながっていないとのことで,その効果を疑う人も多くいます.

確かに感染者との濃厚接触という側面もあるのですが,最初のころから「密な接触」を回避するためには自分が普段どれぐらい人と接触しているかを数値化出来たら,自分の生活パターンを評価したり見直したりできるのではと思っていました.自分の普段の行動を数値化して,問題発見したり意識を持つということは「ゲーミフィケーション」という分野で実績があります.接触者を減らすために,電車に乗る時間を面したり,買い物に行く時間をずらしたり,外食を減らしたりと工夫して,その効果が数字で見えるとうれしくなって継続できる(さらに改善できる)という仕組みです.リスクを押して行動をしなければいけない人のリスク評価にもつながるといえばつながります.(ただしスマフォを常に持っているときだけですが・・・)

大学に行く予定の日だったので朝起きて,出かける前に作業しているときにつぶやいたのですが,研究室ではZoomでの遠隔会議やら何やらであまりTwitterをチェックする時間がなく,夕飯を外食するときに何気なく見たら,すでに4桁のいいねが付いていました.

原因はと言えば,非常に著名な楠 正憲さんが早い段階で返信,リツイートしてくれたようなのです.Twitterがバズる理由はいろいろあるようですが,今回は比較的皆さんが関心が高い話題で会ったことと著名な方が反応されたことが多いのかなと思います.

あと,意外なことにリプライとかコメント付きRTとかも比較的良識のあるものが多かったのが意外でした.この手の話題は賛否がありそうなので結構あれるかと思ったら,意外と丁寧な口調で扱ってくれる人がほとんどでした.今度は本業でバズりたいですね.

 

そして,バズったといえば名物「バズったら宣伝していいというので・・・」.いつ始まったかとか賛否があって受けましたが,ネタなのでやらせていただきました.

2020twitter02

そしたらこっちは全然伸びない.そんなもんでしょうね・・・.

文責:三上浩司

2020年8月 5日 (水)

IMPからSmart IMへのチャレンジ

2020年8月 2日 (日) 投稿者: メディア社会コース

急速なICTの進展に伴い、私たちはSociety 5.0と呼ばれる時代に身を置いています。そして、この新たな社会環境のもと、教育システムも変革が求められており、AIによる学習支援は今急速に広まっています。これまで教師が担っていた役割の多くがAIに取って代わられるという日も、そう遠くはないかもしれません。とは言え、教師の役割がすぐに消えるというわけではありません。カリキュラムの設計や学習課題の創出は、まだまだ人が担う必要があります。また、アナログ的感性が欠かせないメンタリングやカウンセリングなども引き続き人が担うことでしょう。

さて、研究スタイルをある程度確立してきたIMPですが、このパラダイムシフトを受け、数年前よりプロジェクトのスキーム(/ヴィジョン)の見直しを進めてきました。そして、満を持して本年度立ち上げたのがSmart IMSmart Instructional Media)です。下図は、Smart IMの研究スキームです。


Intro_media_0

5日前のブログ記事にIMPの研究スキームの図を添えましたが、それとは似て非なる構図です。依拠する2つのデザイン理論はIMPのときと同じですが、Smart IMのスキームではそのIMPを内包しています。少しややこしいですが、IMPの研究スタイルや研究成果は保持しつつ、そこに新時代に見合うICTの援用の探求が加わります。そこで、ビジョンを明確化するために、ユーザエクスペリエンスとラーニングアーキテクチャーという2つの研究視点を設けました。ユーザエクスペリエンスは、正にユーザの体験を意識した研究スタンスです。一方、ラーニングアーキテクチャーは、ユーザエクスペリエンスを裏で支える技術的なことや教授設計を考案することを主とする研究スタンスです。

(文責: メディア学部 松永)

 

2020年8月 2日 (日)

IMPを支える専門演習“DTD”とプロジェクト演習“eBookデザイン”

2020年8月 1日 (土) 投稿者: メディア社会コース

多くの卒研プロジェクトは、それを下支えする、あるいは関連する専門演習やプロジェクト演習をもっています。IMPの場合には、それが専門演習「デジタルテキストデザイン(DTD)」であり、プロジェクト演習「eBookデザイン」(IVVI)です。ここでは、これらの演習でどのようなことを行っているかを紹介します。

DTDは、Mac環境で簡易に利用できるiBooks Atuthorというアプリによる電子書籍制作の演習です。書籍に盛り込む内容は、趣味(料理・スポーツ・旅行…)、教科科目(算数・英語・国語…)など何でもよく、またその形式も、雑誌・紀行・教科書・図鑑など自分で決めてよいという、自由度のある演習です。要件としては、あらかじめ用意されている多様なウィジェットを効果的に活用し、インタラクティブ性のある電子書籍に仕上げるということだけです。下図は、この演習で学生が制作した作品の一例(ドラクエ)です。

Draque

一方のeBookデザインは、Adobe社のInDesignを用いた電子教科書制作の演習です。InDesignは、構成的な本を作るのに欠かせないページレイアウト機能が充実しています。その特徴を活かして電子教科書を作るわけですが、機能を駆使するだけでは教科書にはなりません。そこで、この演習ではインストラクショナルデザイン(教授設計)についても学び、それに立脚した本格的な電子教科書を制作します。

(文責: メディア学部 松永)

2020年8月 1日 (土)

IMPの学外展開(3): 障がい児・生徒対象の学習支援

2020年7月31日 (金) 投稿者: メディア社会コース

最近、共生社会・インクルーシブ教育・SDGsなどの言葉を耳にすることが多くありませんか? これらは実は、国連が主導してその普及が進められている国際標準の概念です。人類は一つという共通スローガンのもと、自助を支援する互助、互助を支援する共助(/公助)という考え方が今世界中に広まりつつあります。

前身のELP時代も含めてIMPでは、この理念を踏まえ、障がい児・生徒の学習支援を一つの大きな柱としてきました。ELPの時代には、視覚障がい児・生徒を支援する点字に関する教材開発の研究が生まれました。これは、当時偶然にも卒研に所属していた弱視の学生の発案がきっかけでした。IMPの時代に入ると、聴覚障がい児・生徒(とりわけ児童)を主対象とする学習支援の研究が大きな潮流となりました。メディア学部の得意分野であり、視覚に訴える動画やアニメーションを活かしやすいという理由によるものです。

IMP時代の過去の卒研テーマをあらためて調べたところ、発足時の2006年度から2018年度まで、毎年1~2件の聴覚障がい児・生徒の支援に関するテーマがありました。これらはいずれも、近隣のろう学校の協力(/監修)を得て行ったもので、実際の授業でも活用して一定の学習効果を確認しています。

なお、この十数年の研究の中でも、対象や学習課題は少しずつ変化しました。前期・中期・後期と分けるならば、前期(20062009)は、ろう児・生徒対象の日本語文法に関する学習課題が中心でした。次の中期(20102013)は、発達障がいを抱える聴覚障がい児を主対象とし、学習課題は語彙強化や助詞理解としました。最後の後期(20142018)は、算数障がい(算数困難)を抱える聴覚障がい児を主対象とし、学習課題は算数計算や文章題克服としました。

冒頭で述べた通り、社会は共生の時代に入っています。皮肉にも現在、迷惑千万な新型コロナウィルスがそのことを突き付けています。ポストコロナ時代の教育・学習環境のイメージがまだよく見えていませんが、IMPに代わって本年度(2020年度)より始動したSmart IMSmart Instructional Media)においても、障がい児・生徒の学習支援を卒研生とともに推進できればと思っています。

(文責: メディア学部 松永)

2020年7月31日 (金)

IMPの学外展開(2): 八王子市教育委員会とのコラボレーション

2020年7月30日 (木) 投稿者: メディア社会コース

IMPの研究の中には、八王子市教育委員会(とりわけ文化財課)の協力を得て行ったものがいくつかあります。例えば、次のような研究です。

・絹の道を通じた八王子歴史学習のためのeラーニング教材の開発(2009

・八王子の歴史を学ぶeラーニング教材の開発 ~八王子城築城以降の歴史と変遷~(2010

・絹の道を通じた八王子歴史学習のためのモバイルラーニング教材の開発(2015

最初の研究は、八王子キャンパスのほど近くにひっそりと佇む「絹の道資料館」がその活動の舞台でした。この資料館の展示物や周辺の旧絹の道沿いの史跡に関して、インタラクティブに学べるeラーニング教材の開発を行いました。展示されている機織り機の動く様子を3DCGで再現するなどの工夫を凝らしているのが特徴と言えます。この教材は、しばらく資料館に置かせてもらい、来館者に使っていただきました。

二つ目の研究は、小田原城の支城である八王子城に焦点を当てた八王子史に関するeラーニング教材の開発です。前年度の絹の道の教材が好評で反響が大きかったため、教育委員会の文化財課の勧めで開発に取り組むこととなりました。学生も私も知らない史実が数多くあり勉強になったのですが、八王子市の「郷土資料館」の館長に監修してもらう形で完成にこぎつけました。また、この教材は、郷土資料館にしばらく展示させていただきました。

三つ目の研究は、最初の研究と志向は同じなのですが、先の研究の教材がデスクトップPC用であったのに対して、この研究ではタブレット端末用のモバイル教材の開発を目指しました。資料館内で持ち運びながら適時参照できるよう、館内の展示イメージをできるだけ再現するとともに、解説内容や確認クイズについても充実させました。この教材もなかなか好評で、目論み通り、利用者は館内で時々立ち止まってはタブレットに目をやり、解説を読んだり、クイズに取り組むなどして楽しんでいる様子が窺えました。

(文責: メディア学部 松永)

2020年7月30日 (木)

IMPの学外展開(1): りそなキッズマネーアカデミー

2020年7月29日 (水) 投稿者: メディア社会コース

2006年6月、東京工科大学とりそな銀行は、地域発展のための包括的な連携に関する協定の締結を発表しました。下の写真は、りそな銀行立川支店で行われたその締結式のときのものです。後方の5名は工科大とりそな銀行の偉い方々です。一方、前面の5名は実は当時のIMPの学生です。

20060622_05

なぜ、このような不思議なショットが生まれたのでしょう? 実は、この連携を後押ししたのは、すでに動いていたIMPとりそな銀行多摩地域の共同プロジェクトでした。りそな銀行はかねてより、子ども向けの金融教育を「りそなキッズマネーアカデミー」の名で全国の支店などで展開していました。子どもに銀行の仕組みやお金の大切さを学んでもらうために、銀行内見学やミニ授業、協調学習などを組み合わせるBlendedラーニングを行っていたのです。そして、ELP時代の我々の研究に関心をもった銀行側から、ミニ授業の部分をeラーニング教材にできないかということでIMPに声が掛かり、プロジェクトがスタートしたのです。そのときに制作したのが、小学高学年向けの「スイートのケーキ屋さん」というゲーム型のシミュレーション教材です。スイートちゃんという主人公が、ケーキ屋さんを開き、運営することをPC上で仮想体験するというものです。ストーリーの中では、銀行から融資を受けたり、収支決算や税金計算を行ったりするのですが、その過程において、算数や社会などの教科の一部内容が学べるような設計になっています。下図は、教材の1シーンです。この教材は後に、八王子市内のいくつかの小学校の「総合的な学習の時間」の中で使われるようになりました。

S_cake

また、ここから派生した、小学低学年向けのデジタル絵本「スイートちゃんとマネーくん:おかねのたび」、中高生向けのeラーニング教材「チャレンジ銀行員君の銀行員度をCHECK!」なども、りそな銀行監修のもとIMPで開発しました。

(文責: メディア学部 松永)

 

2020年7月29日 (水)

ELPから次世代eラーニング研究IMPへ

2020年7月28日 (火) 投稿者: メディア社会コース

前回の記事で紹介したELPE-Learning system Project)は、ある程度順調に卒研として回っていたものの、徐々にそのアプローチや手法にマンネリ化が感じられるようになってきました.そこで、もう一段上の学術研究を目指すべく、2006年にELPに代わる卒研プロジェクトIMPInstructional Media Project)を立ち上げました。

このIMPでは、メディア技術(/ICT)を活用した新たな学習システムや学習スタイルを創案し、それを実現するためのコース設計やメディア設計、教材開発やシステム構築を行うことを研究の基本指針に据えました。下図は、その研究ビジョンのイメージです。

Blog200728_fig

実践的な技術サイドの研究視点を下支えする形で、設計(デザイン)に関する2つの基礎理論を採り入れています。かなり簡易に表現しましたが、学びやすさの設計であるインストラクショナル・デザインと分かりやすさの設計である情報デザインです。

(文責: メディア学部 松永)

 

2020年7月28日 (火)

eラーニング系プロジェクトELPの誕生秘話

2020年7月27日 (月) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部が誕生してから20年近くになりますが、学部開設当初より、eラーニングは看板プロジェクトの一つに据えられてきました。この先の数回のブログ記事では、メディア学部におけるeラーニング系の演習や卒業研究(/卒研)プロジェクトの歴史的変遷について記したいと思います.初回は、ELPE-Learning system Project)の誕生秘話です。

メディア学部の初代学部長(後の第3代学長)の相磯先生は、卒研において複数の教員が共同参画・指導するプロジェクト制を敷く方針を掲げていました。eラーニングに関しては、相磯先生の命を受ける形で、工学出身の浦城先生と佐藤(敬)先生、文学出身の稲葉先生、そして理学出身の私松永の4名が、大学院までの教育・研究ビジョンの考案をすることとなりました。しかし、各教員は年次進行で次々と迫る新たな講義科目の準備に翻弄され、4人での議論はなかなか進まず、暗中模索の状態がしばらく続きました。やがて、制度設計の青写真ができてきて、卒研の前段としての3年次の専門コア演習「eラーニングコンテンツ」が始動しました。Sumtotal社のToolBookMacromedia社のFlashという2つのアプリケーションを用いたインタラクティブ教材を開発する演習です。そして、その翌年の2002年には、この演習のノウハウを活かす形で卒研プロジェクトELPE-Learning system Project)を立ち上げました。

ただ、このELPも順風満帆に進んだというわけではありません。畑(専門)が異なる4人所帯なので、やはり運用方針については何度も衝突しました。S先生とI先生の大喧嘩を、U先生と私が必死に仲裁したことが懐かしく感じられます(イニシャルを使っていますが、誰のことなのかはわかりますね…)。それでも、繰り返し議論をしていくうちに、旧工学部で長らく卒研指導をしていた佐藤先生が全体を統括し、浦城先生と私は主にシステム環境の整備を行い、稲葉先生は新たな教育指針や研究ビジョンを提案するというような役割分担ができていったような気がします。

教員4人のプロジェクトはメディア学部には他になく、ELPは毎年30名を超える卒研生が集うマンモスプロジェクトとなりました。大学院進学者もそれなりにいたので、ピーク時には研究棟C316-3194部屋を使用していました。大学院生を中心に学会発表や論文投稿も盛んに行っていましたが、際立つものとしてはComuter&Education誌に掲載された「認知スタイル理論に基づいたeラーニング教材のデザインと学習効果」が挙げられます。

(文責: メディア学部 松永)

2020年7月27日 (月)

オンライン授業でモチベーションをアップさせる方法

2020年6月 2日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

世界中の多くの大学で授業がオンライン化しています.
本学でも,2020 年 5 月 20 日(水)からオンライン授業が開始されました.
そろそろ 2 週目が終わろうとしていますが,
学生の皆さんは
勉強へのモチベーションは下がっていませんか?

今日は,モチベーションが下がり始めている方のために,
オンライン授業
でもモチベーションを下げずに
学習を続けたくなるコツについてお話ししたいと思います.

なにかの勉強をしているとき,

「ここで切り上げると中途半端だから
 このページをやり切ったら休憩にしよう」

と,キリの良いところまでやって終わりにしている方がほとんどかと思います.

実はこれ,大きな間違いかもしれません!


勉強を目的のところまでやり遂げると,達成感でスッキリした気持ちになりますが
その反動で次の一歩がなかなか踏み出しにくい状況になってしまうケースが多々あります.

実は,勉強はページの終わりや章の終わりなどキリのいいところで終わらせない方が,
毎日続けられるようになる可能性があります.

例えば,テレビドラマやマンガを見ているときに
「いいところなのに!」
というシーンで終わってしまい,1週間ソワソワした経験が誰にでもあるかと思います.

これは「ツァイガルニク効果というもので
「人は達成できなかった事柄や中断している事柄の方を,達成できた事柄よりもよく覚えているという現象」
と心理学で定義されています.

この「ツァイガルニク効果」は勉強にも活かすことができます.

ドラマの続きが気になるように,オンライン授業での勉強も
「今いいところ!」というモチベーションが高いときに辞めると,

「早く続きがやりたい!」

と自然とモチベーションを保てるようになります.

勉強をするときは,ページ数や章で区切るのではなく,
時間で区切ってあげて

「もう少しやりたいのに!」

というモヤモヤ感を残してあげることが習慣化のポイントです.

このモヤモヤとした感じが勉強に取り組む意欲や集中力に繋がるのです.

もし,ずっと家にいて勉強へのモチベーションが上がらない方は
あえて中途半端なところで勉強をストップさせて
意図的にモヤモヤ感を作り出してみてください.

きっと効果が実感できるはずです.

※注意:ただし,課題提出は後回しにせずに締め切りを守りましょうね w)


文責:菊池 司

2020年6月 2日 (火)

医療・介護スタッフの皆様に感謝。

2020年5月31日 (日) 投稿者: メディア社会コース

今日で私が担当するブログウィークが終わります。

最後に、医療・介護スタッフの皆様への感謝の気持ちを書きます。

 

新型コロナにより、これまでのような生活が出来なくて不便に感じている人がほとんどかと思います。キャンパスでの生活を待ち望んでいた新入生の皆さんもそうでしょう。サークル活動を頑張ってきた2年生以上の皆さんも、新入生を迎えられないことが残念でしょう。授業もオンラインになり、学生同士も頑張ってSNSを通じて交流していることかと思います。

 

しかし、やはり忘れてはいけないのは、オンラインでは出来ない仕事で社会を支えている皆さんへの感謝の気持ちだと思います。特に、医療・介護については、全てをオンラインにすることは出来ません。警察・消防・物流・小売・公共交通機関についても同様です。私たちの生活を支えてくれている皆さん、本当にありがとうございます。

 

自分に出来ることはとても少なくて、なるべく外出を控えて、感染拡大を防ぐことくらいです。海外では医療従事者への感謝の気持ちを表す行動が以前からニュースでよく取り上げられます。最近では、日本でもそのような行動が見られるようになってきました。すでにご存知かもしれませんが、緊急事態宣言が解除された今も最前線で働いている方のことを忘れないために、いくつかご紹介したいと思います。

 

午後7時の拍手(YouTUbe)

ニューヨークでは、毎日午後7時になると外に出て「拍手」をしているそうです。医療従事者の皆さんへ、自分たちの感謝の気持ちを伝えるためです。

救急隊員へのサプライズ拍手YouTUbe)

朝、救急隊員が出勤しようとすると、同じ通りに住んでいる人々がみんなで拍手を送っています。本人には知らせず、サプライズで行ったようです。見ているこちらも、もらい泣きしてしまいますね。

新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(READY FOR)

日本ではクラウドファンディングにより、新型コロナウィルスに立ち向かっている人、困っている人などを支援する活動が活発になってきています。

#最前線にエールを何度でも(日本赤十字)


<引用> --------------
いま、新型コロナウイルス感染症で、
医療の現場は、これまで経験したことのない危機的な状況です。
医師や看護師などの医療従事者が、命がけで立ち向かっています。
医療の現場に負担をかけないために、
自宅にいるように心がけている方々もいらっしゃる一方で、
ウイルス感染の危険のある現場で働く人たちに、
心ない言葉をかける人がいることも事実です。
このままでは、医療従事者の中には、
孤立を感じ、心が折れてしまう人も出てきてしまう、そんな状況です。
全国の医療従事者と、それぞれの場所で
この感染症に立ち向かっている全国のみなさんの気持ちを
ひとつにすることはできないか。
そんな想いから、このプロジェクトを立ち上げることにしました。
それが、「#最前線にエールを何度でも」です。
医療ドラマの主題歌にもなったDREAMS COME TRUE「何度でも」。
何度くじけそうになっても立ち上がろうとするこの曲に、
「励まされた」という医療従事者の声も多いことを知り、
UNIVERSAL MUSICにお願いをして、
みんなが想いをのせる曲として、
無償で使用させていただけることになりました。
全国のみなさんから、赤十字病院だけでなく、全国の医療従事者へのエールを、
新型コロナウイルス感染症にともに立ち向かう同じ仲間としてのエールを、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

(後略)

--------------

新型コロナと共存して社会活動を進める今、自分が何をするべきなのか、自分には何が出来るのか、よく考えて行動したいと思います。

さて、私のブログウィークはこれにて終わりです。ありがとうございました。

 


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

2020年5月31日 (日)

より以前の記事一覧