雑感

卒業研究を通じた成長

2022年1月22日 (土) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。

先日の記事でも書いたように、2021年度のメディア学部卒業論文の提出(オンライン)締め切りは1月20日でした。私の研究室でも当日の昼くらいにはほとんどの学生が提出を終え、17時の提出期限ぎりぎりとなったのはほんのわずかでした。

提出にあたり、各学生は事前に指導教員から提出のOKをもらう必要があります。私の研究室では例年、年末から論文チェックを数回行って、年明けの提出ギリギリまで論文の質を高める作業を行います。ですからOKが出るのは締切前日か当日です。ほとんどの学生は長い論文を書いたことはありませんから、12月のうちに論文構成から文体、基本的な論文のルール、必要なWordの機能などを示すところから始めます。そして、各自の目次をだいたい決め、書けるところから書いてもらうという方式をとっています。

チェック用に提出された論文を見て指示を出しますが、短期間にこの作業を繰り返している間に、個々の学生が成長していることを毎年感じます。論文では明確な論理展開が求められ、一つ一つのことに根拠も必要です。したがって、研究もそのように進める必要があります。これは慣れていない人にとってはとても「めんどくさい」作業です。しかし、それを考慮して論文を仕上げていく過程で自分のやってきたことがどんなことか、もっと他の方法やできることがあったのではないかと各自が考えるようになっていることがわかります。(本来なら半年くらい前にそうなってほしいのですが、全員にそれを求めるのはいろいろ無理もあります。)もちろん、大外れにならないようにアドバイスするのが指導教員の役割ですから、破綻は避けつつ、それぞれの考えを尊重して一緒にゴールまで走ります。

各自の研究の達成度は違いますが、それでも、各学生が本人なりにそういう考え方ができるようになり各自の「正解」が見えるようになってくれたことは大きな成長だと思います。社会に出たら考え抜いて正解を出すことが求められます。卒業研究の経験がそれに少しでも役立てば大変うれしく思います。

(メディア学部 寺澤卓也)

2022年1月22日 (土)

文章を書くこと

2022年1月19日 (水) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。

メディア学部では今年度は1月20日が卒業論文の提出締め切りとなっています。今日は前日の19日です。私の研究室でも最後の論文チェックを行っていますが、毎年感じるのは文章を書く力は個人差が大きいということです。様々な文章を読んでいる人の方が文章を書く能力が高いということが良く言われています。そのため、読書を勧めるという流れになるのですが、これがどの程度データに基づいた話か私は知りません。個人の経験で言えば、読むことも書くことも、そして自分や他人が書いた文章を直すこと・直されることもどれも大事なことであるように思います。

言葉とは進化・変化していくものですから、10年前の基準で判断することが今でも通用するのかは自信が持てないときもあります。現在の社会はSNS等の影響なのか、短文、あるいは単語のレベルでのコミュニケーション(?)が多い印象です。一方、学生の皆さんがレポート等で書いたものを読むと、一つの文がやたら長い割には主語が無かったり、主語と述語の関係がおかしかったりします。変換ミスや誤字脱字ではなく表現や漢字を誤用している(そう覚えているのでしょう)のもよく目にします。

やはり、先に書いたように読み・書き・推敲の訓練が足りないのではないでしょうか。かつて、メディア学部でも長文レポートを課して教員が添削するという授業を実施していたことがありますが、文章の添削指導は教員の側の負担も大きく、十分な量を実施することは困難です。やはり、一人一人が、整った文章をよく読み(教科書や論文も!)、レポートなどの文章を書く際にはよく推敲するということを地道に繰り返すしか方法は無いのかもしれません。何より、自分が書いた文章はおかしくないか?と気にかける姿勢が必要でしょう。

とはいえ、私自身も自分が書いた論文や著書の査読を受けると、内容のこと以外に文章表現についての指摘もかならずあります。能力の問題かもしれませんが、個人的には気分が乗らないときや眠くなっているときなどに書いた文章が指摘を受けることが多いようです。私がこのブログで書いている記事もチェックされると... 怖いです。

(メディア学部 寺澤卓也)

2022年1月19日 (水)

海外大学での講義

2022年1月17日 (月) 投稿者: メディア技術コース

もう昨年の話になってしまいましたが、年末付近に海外の大学で2件ほど講演をいたしました。といっても、残念ながらいまだにこのご時勢ではリモートでの実施ということでしたが、逆に言うと、こういうことが簡単にできるようになったとも言えますね。片方はデザイン学部で、もう一方はゲーム関連のいくつかの大学の学部が共同で実施したカンファレンスでした(たぶん…)。こういう機会では、研究室のこれまでの成果を並べて紹介するのが準備を簡単にすませる常套手段ではあります。しかしながら、今回はどちらも私の専門(インタラクション・デザイン)とは若干ずれているので、せっかいの機会と思い、これまで講義として話したことがなかった内容をまとめてみました。

 

デザイン学部(テイラーズ大学、マレーシア)のほうでは、アイデアの抽象化と他分野への適用についてを取りあげてみました。内容的にはゼミなどでよく話をするものですが、講義としてまとめるのは、自分自身でも考察しなおすのにいい機会でした。やってみると、まだ他の人に伝えるのに十分練れていないようですし、適切な具体例を見つけるなど課題がかなりありますが、とりあえずやってみたのはスタートとして良かったと思います。これをベースとして、来年度から大学院で新しい授業としてみようと画策しています。

 

もうひとつはVRやARについて話して欲しいとのリクエストでした。タイにおけるゲーム関連の大学の学部いくつか(タマサート大学、キングモンクート大学、シラパコーン大学)による共同シンポジウムのようでした。ということで、VR+AR+ゲームが期待されるテーマなのだと思いましたが、2日間に渡って複数の発表者が、VR、ARに関連したゲームやメタバースについて講演するようでしたので(メディア学部の三上先生も講演されました)、そのなかで素人の私が同じ土俵で話してもと思い、インタラクションデザインの観点からの考察というテーマで話を組み立ててみました。このような締切がある状態でもないと、アイデアをまとめるようなことは忙しさにまぎれてなかなかしませんから、こちらも漠然としていたアイデアをまとめるのに良い機会となりました。まとめている間に、研究のアイデアもいくつか浮かんできました。

 

それぞれの講演については、主催者側に顔写真を求められたので送ったら、それぞれ格好いいポスター画像を作ってくれました。こちらで主催して講演をお願いするときも、こういうものを作らないといけないんだなあと反省いたしました。どうせなら違う画像を送っておけば良かった…

 

Image001_1000 Topic05_1000

 

 

太田高志

 

 

2022年1月17日 (月)

積ん読解消アプリ?

2022年1月 2日 (日) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。
あけましておめでとうございます。

昨年末に家の大掃除をしていたら、仕事部屋で昨年買った本が乱雑に積み重なっている部分があったので整頓をしました。
積んだだけでしっかり読めてない本も多いので、ちゃんと読まないとなと思いつつ、せめて積んであるだけの状態は解消しました。
この流れで思い出したので、せっかくなので久々に宣伝をします。

私は本学卒業生で、以前紹介したプロジェクト演習のクリエイティブ・アプリケーションを受講していました。
そこで作ったiOS向けアプリの企画をブラッシュアップし、2013年に実際にAppStoreへのリリースをしています。
10年近く経ってしまいましたが、今でも時折遊んでいます。また、3歳の長女も遊んでくれています。

『ハノイの本』という、本棚の中で乱雑に散らばっている本を、本の高さ順に本棚に片づけるゲームです。
もちろん現実の本棚は綺麗にならないので、今回はタイトル詐欺ですね。積ん読は頑張って解消してください。

古くからある木のパズルゲームである『ハノイの塔』の、小さい円盤の上に大きい円盤を積めないというルールを片づけに付け加えています。
これは、当時の授業で整理整頓・温故知新・クリアという三つのキーワードからアプリを考えるという演習を行い、その中で生まれたものです。

ハノイの塔を参考にはしましたが、移動に使えるスペースの数が違うことで自由度が増し、その分多くの本や物を配置できるようになっています。
また、タッチインタラクションやサウンドにも大変こだわって作っており、綺麗なグラフィックもあわせてクォリティの高い作品になっています。
このあたりのこだわりはまた改めて記事にしますね。

iOS向け限定にはなってしまいますが、iPhoneはもちろんiPad系でも遊べますので、どれかしらデバイスをお持ちの方は是非遊んでみてください。
AppStoreで『ハノイの本』で検索するか、上記リンクをクリックしていただければ無料で入手できます。
知育アプリの側面もあるので、小さなお子さんやその親御さんにも紹介していただけると嬉しいです。

2022年1月 2日 (日)

この1年を振り返り

2021年12月31日 (金) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。

今日は大みそかです。いつもこのブログを見ていただいている方、ありがとうございます。私は学部を代表するような立場ではありませんが、たまたま本日の記事を書いているので、メディア学部のこの1年を勝手に振り返ってみたいと思います。

2021年は新型コロナウィルス感染症のいわゆる第3波の中スタートし、東京都は1月7日には2回目の緊急事態宣言が出され結果的に3月半ば過ぎまで続きました。2020年の後期には少し状況が落ち着き対面授業も一部再開されていましたが、年明けの学期末にこの状態となり、予定していた対面期末試験も一部はレポートに切替えとなったり、卒業研究や大学院の最終発表会等もオンライン化されました。3月の学会シーズンも多くの学会発表会がオンライン開催となりました。

幸い4月には2021年度新入生を無事対面で迎え入れることができ、良いスタートが切れたと思ったのもつかの間、ゴールデンウィーク前には再び状況が悪化し3回目の緊急事態宣言となりました。それでも2020年度とは違い、新年度を対面で始められたことは、特に新入生にとって重要だったと思います。開講スケジュールが変更になり連休明けから6月末まではメディア学部はオンライン授業主体になりました。東京はいったん解除となったのち7月半ばには4回目の緊急事態宣言となりましたが、6月末から再開された対面授業主体の方針のまま期末試験まで走り抜けました。

夏の東京は緊急事態宣言が解除されないままオリンピックが開催されました。ワクチン接種が始まり、さまざまな社会活動も感染防止対策を徹底して行われ、徐々に落ち着きを取り戻してきました。本学でも職域接種を行いました。オープンキャンパスは高校生の皆さんをキャンパスに受け入れて実施するのは1度だけとなりましたが、教職員と在学生の皆さんが協力して、リアルタイムオンラインでのオープンキャンパスを数回実施しました。総合型選抜などの年内入試の面接も対面で実施できました。また、オンライン主体でしたが、学会発表も活発に行われ、AnimeJapanや東京ゲームショウへの出展なども従来通りおこないました。

後期の授業は9月末まで延長された緊急事態宣言の影響で最初の3週間がオンライン主体でしたが、10月18日以降は対面主体の授業となりました。八王子キャンパスは職域接種の2回目が後期授業開始直後となったため、副反応対応で臨時休校が2日あり、またも開講スケジュールが変更となりましたが、幸い、台風等による休講が無かったことで、おおむね、順調に授業ができてこの年末を迎えています。

この2年間、このブログでもたびたび紹介されているように、メディア学部ではオンライン授業への対応で先生方が様々な工夫を凝らされ、結果としてスキルも鍛えられました。今年は対面授業が可能となってもオンライン授業を同時に行うハイフレックス対応や、対面授業の録画を後から公開するなどの対応を自主的にしている先生方もいらっしゃいます。演習授業に関しても、様々なテーマで独自の工夫で教育効果を上げてきました。研究活動や研究指導についてもオンラインのメリットも分かってきました。メディア学部では教員の会議もハイフレックスや一部はオンラインです。

今後の大学の姿は大きく変わっていくことは間違いありません。オンラインでもかなりのことができ、効果もあることが分かった一方、対面でなければ難しいこともいろいろわかってきました。教員も学生の皆さんも両方を体験して、それぞれのメリットが何かわかっています。これまでのノウハウを活用し、一層効果を高めながら、効果的な教育・研究を進めていきたいと思います。また、オンラインで学生生活をスタートせざるを得なかった現2年生には特にきめ細かい対応が必要と考えています。来年は3年生になり、それぞれの専門分野を定め進路のことを考える大切な時期です。これまでの支援が十分であったか自問していますが、これからできることに目を向け支援していきたいと思います。

(メディア学部 寺澤卓也)

2021年12月31日 (金)

初音ミクのネギとインターネットミームの話

2021年12月12日 (日) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。

本日はニコニコ動画がオープンから15周年ということで、色んな所で話題を見かけます。
オープン当時私は大学生で、2007年の初音ミク発売以降の盛り上がりをよく覚えています。
当時ハマった地球防衛軍3が最近Nintendo Switch向けに出たので、当時を懐かしみながら楽しんでいます。

しばらく追いかけられていないので最近の印象はわからないのですが、初音ミクと言えばネギを持っている姿が多く描かれていますね。
発端としてはこちらの動画ですね。初音ミクの発売が2007年の8月31日でこの動画の投稿が9月4日なので、最初期の投稿作です。
この動画が非常に多く再生され、ネギのイメージがついたという様子ですね。

なぜこの動画でネギを持っているかというと、歌われているIevan Polkkaという曲のイメージが引き継がれたためです。
この曲に合わせ、BLEACHの井上織姫というキャラがネギを振り回している動画が海外で流行しており、それに合わせてこの動画でもネギを持たせた形です。

ここで面白いのは、そもそも元の曲にはネギのイメージはもちろんありませんし、井上織姫にも別にネギのイメージはない点です。
ただアニメのある回のある一瞬の動きを切り取ったものが流行した結果、後から曲にイメージがつき、それを引用した動画が流行した結果初音ミク自身にネギのイメージが引き継がれました。

この流れが全て公式あるいは版権元とは無関係に、ネットユーザーによるn次創作の形で形成されています。(後に公式側もこのイメージを使用していたりもするようですが)
このようにインターネット上で文化やイメージが発生し、それが引き継がれていく様子をインターネット・ミームと言います。
文化が遺伝子を持つように変化しながら人から人へ伝播していく様子を指す言葉としてミームがあり、それのインターネット版というわけですね。

ミクといえばネギというイメージは、まさにこのインターネットミームが実感できるわかりやすい例ですね。

2021年12月12日 (日)

授業点検

2021年12月10日 (金) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。

東京工科大学では「授業点検」を実施しています。これは、ある先生の授業一回分を同じ学部の他の複数の先生が授業に出席して点検するものです。教育力の向上のために教授法、授業内容、学生への姿勢などに関し複数のチェック項目について採点します。授業後には、点検を受けた教員も出席して意見交換会が行われます。どの教員も数年ごとに担当科目の授業で点検を受けます。点検者としては、1つの授業に複数の教員が参加するため、毎年いくつかの授業点検に参加することになります。

先日、私もある先生の授業に点検者として参加しました。教室の一番後ろに点検者の席が設けられ、そこで授業を聞きます。チェック項目についてのメモを取りながら、当然、授業にも聞き入ることになります。点検をしていると、先生方がぞれぞれに工夫を凝らして授業を行っていることが良くわかります。教員間でお互いにこのような刺激を受け自己の授業の改善に役立てることも授業点検の目的の一つです。

教室の一番後ろに座っていると受講している学生さんたちの様子もよくわかります。少し話が続くと眠そうにしている学生が出てきます。講義をしている先生は単に一人で話しているだけではなく、学生の意見を聞いたり、適切な間隔で、手を動かす演習的な作業を取り入れたりしています。

点検を受ける身としてはやはり毎回緊張します。その授業回だけに特別なことをしているわけではないのですが、予定していた演習的要素がうまく実施できなかったり、トラブルが発生したり、あるいは早口になってしまったりします。いつもなら、トラブルにも対応して授業時間ちょうどで予定の内容を終えられるようにできるのですが、うまくできなかったりします。

今年の授業では、日本に入国できない留学生や病欠の学生に対応するため、授業をしながらZoom配信を行い、それを録画している先生も見受けられました。私もやっていますが、一人でやるのは慣れても結構大変です。メディア学部では、このようなハイブリッド型の授業に対応するための研究もおこなわれています。今後はこのような授業形態も一般化していくことでしょう。そうすると点検の仕方も変わっていくのかもしれません。

(メディア学部 寺澤卓也)

2021年12月10日 (金)

学会発表の思い出(その2)

2021年11月19日 (金) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

先日は、私の初めての学会発表について書きましたが、今日は「初めての英語での発表」について書こうと思います。企業の研究所に就職して2年目の秋のことです。まだ駆け出しの研究者で、海外出張に行かせてもらえるほどではなかったのですが、ちょうどその頃やっていた研究に関係する大きな国際会議が名古屋で開催されることになり、そこに論文を投稿しました。学会の名前はInternational Joint Conference on Neural Networks (IJCNN)というもので、私の発表は"Deceptive" Problems for Hopfield Neural Networksというタイトルでした。

当時は何回目かの人工知能ブームで、私が取り組んでいたのは、巡回セールスマン問題と呼ばれる難しい問題を、ニューラルネットワークという手法で解くというテーマでした。ニューラルネットワークというのは、当時は何だか怪しげな研究分野という感じでしたが、それから30年近くたって、今では人工知能研究の中心技術として大いに脚光を浴びるようになっています。

さて、私の発表ですが、ポスターセッションという形式で少人数相手に話すもので、時間の制約も緩かったので、思ったほどの緊張はありませんでした。聞きに来る人も英語のネイティブ話者とは限らないので、下手な英語でも意外と何とかなるんだなと思った記憶があります。この発表でちょっと自信を付けて、そこからもう少し研究を発展させてジャーナル論文にすることもできたので、結果的にはとても良い経験でした。

発表が終わった日の夜は、夕食を食べてから名古屋市内のホテルに戻り、ひとりでテレビを見ました。1993年10月28日。そう、あの「ドーハの悲劇」の日だったのです。発表を終えた安心感とサッカーの落胆とで、複雑な思いの夜でした。

2021年11月19日 (金)

メディア学部でのシナリオ研究

2021年11月11日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部助教の兼松です.

先日,芸術科学会が主催するNICOGRAPHが開催されました.
メディア学部からもさまざまな研究室が参加・研究発表を行い,三上・兼松研究室も4名の学生が発表しました.

[岩田摩由璃,兼松祥央,茂木龍太,三上浩司,“セルアニメ風歩行アニメーション再現のためのコマ打ち支援システム”]
[嶋田眞巳,谷村皓奎,松吉俊,兼松祥央,三上浩司,“シナリオのト書きを対象とした主語-述語ペア自動抽出に関する基礎調査”]
[脇坂真広,安原広和,兼松祥央,三上浩司,"即時フィードバックを利用したVRプレゼンテーション練習システム”]
[朱虹羽,兼松祥央,松吉俊,三上浩司,"キャラクタの性格を考慮したポーズ設計支援”]

4件とも大学院生の発表でした.
このblogでもこういった学会発表に参加する度に学生の研究を紹介していますが,その多くがゲームに関する研究です.実際のところ昨今の三上・兼松研では,やはりゲームに興味をもって研究室にはいってくる学生が多いです.
ですが,今回発表した嶋田さんのように,それこそ私がメディア学部の学生だったころから,三上・兼松研,そしてメディア学部ではシナリオに関する研究もたくさん行っています.

古くは,私の学部時代の指導教員である金子満先生の研究ですね.「シナリオライティングの黄金則」という書籍として出版もされました.今でも私たちのシナリオ研究の基盤になっています.私自身も初めてちゃんとシナリオを勉強したと言えるのは金子先生の授業でした.その後,金子先生の研究をさらに進めて,三上先生が「メディア学大系3 コンテンツクリエーション」の中でシナリオについてまとめています.シナリオ執筆や研究に興味がある方はぜひ読んでいただきたいです.

その他,私と同じくメディア学部OBであり,現在はメディア学部助教の戀津先生は,学生時代からシナリオ執筆支援のためのシステム開発を中心に研究しています.最近はシナリオ執筆に関わる情報の可視化などにも力をいれていて,先日のNICOGRAPHでもご自身で発表されていました.

私自身は主にストーリーの構造,つまり物語の流れの組み方に興味をもって学生と一緒にさまざまな研究をしています.嶋田さんの研究もここに大きく関わるものですが,最近は今年度からメディア学部に着任され,言語処理をご専門とする松吉先生が指導に加わってくださり,我々のシナリオ研究で弱かった部分がパワーアップしています.私自身も新しい視点からシナリオ研究を見直すきっかけになり,改めて勉強しなおしているところです.

また別の記事にしようと思っていますが,私が担当しているプロジェクト演習シナリオアナリシスは多くの学生が受講してしてくれていますが,特に今年度は精力的に課題・執筆に取り組む学生が多い印象です.
研究のほうも,より多くの学生に興味を持ってもらい,研究仲間が増えるといいなぁと思っています.

(文責:兼松祥央)

2021年11月11日 (木)

2021年の八王子いちょうまつりは11/20(土), 21(日)に実施

2021年10月31日 (日) 投稿者: メディア技術コース

健康メディアデザインという新しい研究テーマを開始した千種(ちぐさ)です。人体を健康メディアとしてとらえメディアを使って自らの健康をデザインするための研究に取り組んでいます。今回は研究とは全く違う個人としてのアクティビティを紹介したいと思います。

もう2021年10月も終わろうとしています。去年、今年と数多のイベントが中止になっていますが、オンラインイベントのみ活発に実施されてきた一年でした。東京オリンピック以降、やっとリアルイベントも適切な対策を講じながら実施されはじめています。

ところで皆さんは八王子いちょう祭りをご存知でしょうか?八王子いちょう祭りは、1961年に始まった八王子まつりが旧宿場町のある八王駅周辺の甲州街道沿いで主に商店街中心で実施されているのに対して、1979年から始まった高尾駅から八王子市追分までの約4kmにわたる約770本のいちょう並木のある甲州街道沿いで実施される市民祭のテイストのお祭りです。このいちょう並木は大正天皇の御陵造営を記念して昭和4年(1929年)に植樹されたとのことです。(Wikipedia)

随分前ですが、東京工科大学の講師に就任してすぐに八王子市民になったので、千種もそこそこの八王子愛の持ち主です。市民として八王子まつりを楽しんだり、八王子いちょうまつりでは、飲食ブーストして出店して八王子ラーメンを提供しています。この収益は全て八王子ラーメンパップ制作費に消えてしまいますが。東京工科大学のサークルや研究室も出店したりイベントを支えたりしてきました。メディア学部も同様です。

今回のブログは1年のどん底を味わった八王子いちょうまつりが今年復活のイベントを開催する心意気を応援するつもりの内容です。今年も八王子ラーメンを提供予定ですので、お時間のある方はイベント会場Bの陵南公園のグルメブースでお会いできればと思っています。

ちなみに全国にいちょうまつりはありますが、2大いちょう祭りは、神宮外苑いちょうまつりと八王子いちょうまつりです。
2つの祭りを比較してみると以下になります。

名称:神宮外苑いちょう祭り
初開催年:1997年
規模:300m、146本のいちょう並木
出店数:約40軒
来場者数:180万人以上

名称:八王子いちょう祭り
初開催年:1979年
出店数:数百店
規模:高尾駅から東へ約4km、約770本のいちょう並木
来場者数:約50万人

少なくとも多摩地域最大のグルメイベントで全国各地のB級グルメや八王子の個店のグルメが食べられるイベントです。
ボランティア団体の出店も多く、焼きそば100円とか焼鳥100円とか激安グルメを探しに歩いてみるのもよいかもしれません。

ここ10年程度の来場者数を調査してグラフにしてみました。近年は例年50万人前後の来場者数でした( https://www.ichou-festa.org/ )。八王子市の人口が57万人なのでかなりすごい来場者数で、市外からの来場者も相当数いるものと推察されます。また去年は小規模開催であり、大幅な赤字になったため、クラウドファンディングで寄付を募集した経緯( https://camp-fire.jp/projects/view/329406 )もあり、千種としては、今年は応援も兼ねて八王子ラーメンで応援したいと思います。天気に恵まれて安心・安全なイベントとして盛り上がりますよう。。。

Photo_20211030205401

2021年10月31日 (日)

より以前の記事一覧