雑感

メディア学部とサクラ:サクラ編

2023年1月30日 (月) 投稿者: メディア技術コース

新しいメディア学の研究テーマに取り組んでいる全国唯一の健康メディアデザイン研究室の千種(ちぐさ)です。人体を健康メディアとしてとらえメディアを活用して自らの健康をデザインしたり、多くの人たちに役立つ健康改善するための健康アプリを制作するための研究を行っている研究室です。

大寒波が猛威を振るっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

寒波の後には春がやってきます。春と言ったら桜、桜と言ったら入学式ですが、メディア学部にとって桜(サクラ)とはどのような位置付けにあるでしょうか?画像メディアのひとつとしての桜、映像メディアのひとつとしての桜の散る映像、といったものでしょうか?あとひとつあります。それは江戸時代から続く、面白い仕組みです。

Img_20220328_211107

江戸時代の元禄文化という大衆文化において花開いたものとして芝居小屋を中心とする観劇があります。今でも全国各地に演芸場といった芝居小屋の建物が残っているように日本の誇る文化のひとつとなっています。そして文化として維持するためには経営が必須です。当時だと劇場の入場料が収入、一方、役者・裏方・浮世絵のチラシなどへの出演料・手数料、劇場の使用料などの支出です。一定期間において収入が支出を上回っている必要がありますし、人気ある役者を雇用し続けるには高額な支払いも必要になるでしょう。最初人気がなくても段々と人気が出てくるケースも多々あったことでしょう。

江戸元禄時代1700年代から300年以上持続するための経営とは並大抵の努力では実現できなかったと思われます。そのためには演劇や劇場を宣伝するための多種多様な技術も発達していきました。現代の看板を劇場前に掲げるだけでなく、現代のチラシの相当する「引き札」、そして入場者に安心感を与える心理的な販売法として「現銀掛け値なし」という定価販売、などがあります。看板やチラシの効果はすぐにわかりますが、定価販売が心理的に安心感を与え、結果として売り上げ増につながるのは興味深いとも思えますし、他に競合のない商品やサービス場合には定価販売の安心感は重要ですが、インターネット時代になった現在では、類似の商品やサービスを簡単に検索して見つけることができるので、これだけでは足りない気もします。

そして、そこで、発展したのがこれも人間の心理に訴求する「賑わい」を演出するプロモーション法です。ひとは行列を見たり、店舗がにぎわっていたりするととても気になります。中には行列を見るととりあえず並んでしまう人もいるくらいです。そこにターゲットを絞り「賑わいを」を演出するプロモーション法が「サクラ」です。

Wikipediaによると

サクラ(おとり)
サクラとは、イベント主催者や販売店に雇われて客や行列の中に紛れ込み、特定の場面やイベント全体を盛り上げたり、商品の売れ行きが良い雰囲気を偽装したりする者を指す隠語。当て字で偽客とも書く。

語義の由来
本来は、江戸時代に芝居小屋で歌舞伎を無料で見させてもらうかわりに、芝居の見せ場で役者に掛声を掛けたりしてその場を盛り上げること、またはそれを行う者のことを『サクラ』といった。桜の花見はそもそもタダ見であること、そしてその場限りの盛り上がりを『桜がパッと咲いてサッと散ること』にかけたものだという。サクラの同義語に「トハ」があるが、これは鳩(はと)を逆に言ったもので、同様にぱっと散り去るからだという。

これが明治時代に入ると、露天商や的屋などの売り子とつるんで客の中に入り込み、冷やかしたり、率先して商品を買ったり、わざと高値で買ったりするような仕込み客のことも隠語でサクラと呼ぶようになった。サクラを「偽客」と書くようになったのはこの露天商などが用いた当て字が一般に広まったものである。

今日では、マーケットリサーチや世論調査などにおいても、良好な調査結果をもたらすために主催者側によって動員されたりあらかじめモニターや調査対象者の中に送り込まれた回し者のことを、サクラと呼ぶ。賭博場やオークション会場などで指し値を吊り上げる目的で主催者側の人間が紛れ込むこともそう呼ばれる。

という、江戸時代に堺の堂島※市場で発明された金融業界における先物取引と同様に、今でも世界中で活用されている凄い仕組みですね。

つづく

2023年1月30日 (月)

肖像画の側に描かれているものは?

2023年1月22日 (日) 投稿者: メディア社会コース

私が西洋の肖像画の見方を教わったのは、私の分野では大研究者である教授でした。アメリカのカリフォルニア州パサディナはカリフォルニア工科大学もあり、ビッグバンセオリーという有名なテレビ番組の舞台となったところです。そこにはとても有名な美術館があります。

そこで、西洋の絵画、特に肖像画のセクションがありました。美術の教科書にあるものならともかく、どうゆっくり楽しんだら良いんだろうという戸惑っていた私に教授は、肖像画の側にはその人を象徴するものが描かれていること、それはお金(裕福な人)、武勇にたけていることなどがわかってきました。それから私は美術館で肖像画をみることが楽しみになりました。中野京子さんの『怖い絵』も絵画の見方をドラマティックに教えてくれる良い本です。しばらく会っていない教授に感謝しながら、本を読み美術館に出かけることは私の楽しみの一つです。

2023年1月22日 (日)

ウクライナ

2023年1月18日 (水) 投稿者: メディア社会コース

昨日お話しした米原万里さんは、愛猫家でした。また、ロシア語通訳として原子力関係のことを通訳する必要が多かったようです。

そこで、米原さんは二匹の子猫を拾うのですが、会議の前にもしもその猫たちがうち捨てられてしまえば、猫が凍え死ぬという

心配したのは、ロシアとウクライナの原子力の関係者たちでした。二人ともとても親しそうに猫と戯れる情景が書いてあります。

現在のウクライナとロシアの状況は、この二人、特にウクライナの方が存命でいらっしゃるのかがとても心配になります。

2023年にはこのような心乱れることがない世の中になるといいなと願っています。

2023年1月18日 (水)

ビブリオバトルで考える

2022年12月21日 (水) 投稿者: メディア技術コース

1年生のフレッシャーズゼミの授業でビブリオバトルをやるというので、最近自分も昔読んだ本を読み返している。本は「トウモロコシ畑の子供たち」(扶桑社ミステリー文庫)。

授業の中でVR(バーチャル・リアリティ)の話をしたこともあって、ふと古い映画の事を思い出した。1992年に公開された「バーチャル・ウォーズ(The Lawnmower man)」という映画で、ピアース・ブロスナンが007に抜擢される前に出演をしていた。大まかなあらすじはこうだ、〝博士が良かれと思ってした施術で、ある男がバーチャル空間で何でもできるようになり、現実までその力が及んでさあ大変〟そんな感じ。なお、映画は字幕なしであればYOUTUBEで観られるので興味ある人は原題で検索してみると良い。原作は有名どころのスティーヴン・キングで、この人は現在にいたるまで沢山の映画化作品がある(例えば「キャリー」「シャイニング」「ショーシャンクの空に」とか)。

話を本に戻すと、この映画「バーチャル・ウォーズ」(1992)の原作が『芝刈り機の男』という短編で、前述の「トウモロコシ畑の子供たち」という本に収録されているのだ。この本自体は“ナイトシフトII”という副題が付いて、短編集の分冊の二冊目。

さて、この「バーチャル・ウォーズ」の原作である『芝刈り機の男』を読むと、バーチャルのバの字も出てこないのに面食らう。簡単なあらすじをネタバレ承知で書くと〝芝刈り機を手放したので業者に頼んだら、変な男が丸裸で芝刈り機を操ってた〟みたいな話。先ず、なぜ映画化しようと思った?と企画担当を激しく問い詰めたい。

 

続きを読む "ビブリオバトルで考える"

2022年12月21日 (水)

動いて見える?

2022年12月20日 (火) 投稿者: メディア技術コース

今、世間では映画「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」が公開されて臨場感云々の話題が盛り上がっているようです。2009年の前作は3D映画ブームの先駆けとなりましたが今回はどうでしょうか。

 

さて、臨場感の話の延長として人間の視覚システムの情報処理の特性で生じる〝勘違い〟な動きの錯覚を紹介しましょう。

私たちがモノが〝動いている〟ことを〝認知〟するとき、網膜上の外界からの視覚刺激のパターン変化を感じ取っています。目から入った情報は瞬時に脳に送られているわけではなく、外界の光景が脳に送られて認知されるまでの時間遅れは一般的に50~300ミリ秒の間と言われています。

その時間、脳が外界を認知するまでに、情報の統合が行われます。「モノが動いている」と認知する場合は、ある物体が〝時間が経つこと〟で〝ある場所〟から「移動した」という情報が検知されるわけです。すなわち「前になかった部分」に「何かが出現した」という情報、あるいはその逆の現象が観測された場合、〝動いた〟という認識が生じます。ちょっと説明が回りくどいですが…。

これを利用すれば、動いていないのに〝錯覚〟で動きを見せることも可能になります。キーとなるのは〝画像の輝度の変化〟です。簡単に画像を並べて例を作ってみましょう。

①画像を用意する
②画像をネガポジ反転する
③方向付けをするために、元画像の輪郭線のコントラストを一定方向に変化させた画像(エンボス加工)を用意する
④3と逆方向のエンボス加工画像を用意する

Ball_all_

 

⇒ ①→③→②→④→①…のように画像を切り替えて表示する。

作例左 円の画像
作例右 どこかの大学の画像

 

続きを読む "動いて見える?"

2022年12月20日 (火)

W杯対ドイツ戦勝利のインパクトは大臣辞任の約145倍(PART2)

2022年11月29日 (火) 投稿者: メディア技術コース

新しいメディア学の研究テーマに取り組んでいる全国唯一の健康メディアデザイン研究室の千種(ちぐさ)です。人体を健康メディアとしてとらえメディアを活用して自らの健康をデザインしたり、多くの人たちに役立つ健康改善するための健康アプリを制作するための研究を行っている研究室です。

中学校・高校とずっとサッカー部でひたすらストイックに練習してきた身としては、今カタールで実施しているワールドカップサッカーは4年に一回の眠れない夜・睡眠不足の日々が続きます。2022年11月23日に日本のA代表がドイツのA代表に勝利するという快挙を成し遂げました。シドニーオリンピックで日本代表がブラジルに勝ったのではと記憶されている方もいらっしゃると思いますが、こちらはA代表でなくU22代表なので、世界中の評価は相当に差があります。

試合内容をレビューする報道メディア的なアプローチもありますが、ここでは日本勝利のインパクトをSNSを活用して定量的に調べてみました。そのインパクトとの対比において、先日のブログにて、大臣辞任というバッドニュースは、Yahoo!リアルタイム検索による直近30日間のデータでは、ツイートのピークは11月2日の約2700ツイートで、感情グラフは流石にほぼネガティブで99%もの割合でした。

一方、11月23日深夜の対ドイツ戦の勝利の分析をしてみました。キーワードとして、まず、ドイツ+日本+サッカーとして30日間のツイートグラフを確認したのが以下になります。

ツイートのピークが約2万8千件となっていて、約10倍です。これではタイトルほどのインパクトありませんね。そこでキーワードをいくつか変更してみました。
Photo_20221130092701

次にヒットしたキーワードが「勝った」です。先ほどの2万8千件よりは10倍以上増えて、約28万5千件です。これで105倍です。人間の心理を考えると、ずっと試合を見ていて、試合終了時に出る言葉は、日本を応援している日本人としては素直に「勝った」という言葉がでますよね。でもこれでも145倍までは到達していません。


Photo_20221130092703

そして、最後に最もインパクトが大きかったキーワードを見つけました。それは「ドイツ」です。なんとツイートのピークは39万2千件です。大臣辞任に比べて145倍のインパクトでした。

これまでの3パターンを分析すると、日本がドイツに勝って喜んだ人は、どのような言葉をツイートするでしょうか?「ドイツ」に「勝った」とか、「ドイツ」に「勝利」とか、でしょうか。念のために「勝利」というキーワードも同じツイートのピークのタイミングに18万5千件ものツイートがありました。

こういった試行錯誤することは、データサイエンスという学問分野で今世界中でAIとともにあるいはAI以上に注目されています。

 

Photo_20221130092702

Photo_20221130095401

2022年11月29日 (火)

W杯対ドイツ戦勝利のインパクトは大臣辞任の約145倍(PART1)

2022年11月28日 (月) 投稿者: メディア技術コース

新しいメディア学の研究テーマに取り組んでいる全国唯一の健康メディアデザイン研究室の千種(ちぐさ)です。人体を健康メディアとしてとらえメディアを活用して自らの健康をデザインしたり、多くの人たちに役立つ健康改善するための健康アプリを制作するための研究を行っている研究室です。

中学校・高校とずっとサッカー部でひたすらストイックに練習してきた身としては、今カタールで実施しているワールドカップサッカーは4年に一回の眠れない夜・睡眠不足の日々が続きます。2022年11月23日に日本のA代表がドイツのA代表に勝利するという快挙を成し遂げました。シドニーオリンピックで日本代表がブラジルに勝ったのではと記憶されている方もいらっしゃると思いますが、こちらはA代表でなくU22代表なので、世界中の評価は相当に差があります。

試合内容をレビューする報道メディア的なアプローチもありますが、ここでは日本勝利のインパクトをSNSを活用して定量的に調べてみました。そのインパクトとの対比において、先日、大臣辞任というバッドニュースがありましたがまずそのインパクトを調べてみました。ツールはtwitterの投稿内容を分析しているYahoo!リアルタイム検索です。直近30日間のデータでは、ツイートのピークは11月2日の約2700ツイートです。それに加えて感情グラフという、ポジティブな内容なのかネガティブな内容なのかもわかります。大臣辞任は流石にほぼネガティブで99%もの割合です。

続いて、本題のワールドカップサッカーの日本対ドイツ戦の結果のツイートを分析してみます。
つづく

Photo_20221125194301

 

2022年11月28日 (月)

付箋にメモして覚えておく

2022年11月 7日 (月) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

しばらく前に書いた「プログラミング入門」の変数の話の続きです。

授業で変数の説明をするとき、私はよく付箋を例に挙げます。(ポストイットと言った方がわかりやすいかもしれませんが、ポストイットは登録商標なので、以下では付箋と呼びます)

Stickynote

プログラム上で何かを覚えておくとき、1つの変数で覚えられることはそんなに多くありません。付箋一枚に、数値とか文字とかを一つだけ書いておくようなイメージです。書くのはもっぱら鉛筆で、後から消しゴムで消して書き換えることもできると思ってください。付箋にはいろんなタイプがあるように、変数にもいくつかのタイプがあって、何を覚えておきたいのかによって使い分けます。

では、もっと沢山のことを覚えておきたいときはどうしたら良いでしょうか。例えば、何千文字もある文章とか、何百個もある数値データとか、さらには文字とか数値とか関数とかをまとめてパックしてしまったものとかを覚えておきたい場合です。そういうものはとても付箋には書ききれないので、コンピューターの中を探して、沢山のことを書いておいても大丈夫な用紙を見つける必要があります。でも、そんな場合にも、付箋には重要な役割があります。それは、どの用紙に書いたのかをメモしておくという役割です。使ってないノートを見つけて数千文字の文章を書いておいたとしても、いざそれを使いたいときに、「どこに書いたんだっけ?」となってしまっては困りますね。そこで、付箋には「本棚の3段目のノート」のように書き、他の付箋と一緒に保存しておけば良いというわけです。

この「書いた場所をメモしておく」という考え方は、プログラミングの世界では「ポインタ」と呼ばれ、プログラミングの勉強に挫折しがちなポイントの一つとして知られています。付箋を使ったこんな例え話が、少しでも皆さんの理解の助けになれば幸いです。

2022年11月 7日 (月)

出張先での夕暮れ

2022年11月 4日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

助教の戀津です。
11月に入り、すっかり日が落ちるのが早くなってきました。

本日から開催している芸術科学会の大会、NICOGRAPH2022に参加していますが、今日は発表の話ではありません。
私の関係での発表は、明日土曜日に予定されています。そちらの報告はまた改めてする予定です。

NICOGRAPH2022ですが、今回は石川県にある北陸先端科学技術大学院大学というところでの実施となりました。
コロナ禍以降、遠方の学会には不参加かリモート参加をしてきたのですが、今回は現地で参加しようと思い久々の出張をしています。

学会に参加中の夕方、室内のある展示を見終え、時計を見ながら部屋の出口に向かいました。
16:58分ごろだったかと思います。歩きながら「もう17時か、外は真っ暗だな」と思いました。
本学は5限の授業が17:05から開始しますが、その前の休み時間中くらいに真っ暗になります。
ちょうど先日、5限開始直前に窓の外を見ていたので記憶に新しかったこともあり、時計を見て外の様子を想像したのでした。

ところが、実際に外に出るとまだ明るいのです。もちろん夕方で日は落ちてるのですが、西の空が赤いだけでなく空全体がまだ明るくて驚きました。
その時の空の様子を写真に撮っています。時刻としては17時0分14秒だったようです。

20221105-170014

どうして・・・?と思いましたが、よく考えてみれば普段とは違う場所にいるのでした。
八王子では17時には日は落ち切って真っ暗ですが、石川県はそこよりも約240Km西にあります。
日本は国内で時差をつけるほど広くはないですが、それでも北海道と沖縄では太陽の運行に1時間以上の差があります。
普段よりも遠く西の土地にいるならば、その距離分地球が自転するまではまだ日が落ち切っていないことになるわけです。(正確には日没後の薄明の時間ですが)

ちなみに、その後10分程度ですぐに真っ暗になってしまいました。秋の日はつるべ落としとはよく言ったものです。
ちょうど17時直前に時計を見ながら外に出たことと、つい先日の記憶があったのは運が良かったです。
もしも外に出たのが17:10ごろで、それで外が真っ暗でもこのことには気付けなかったのではないかと思います。

久々の出張で遠方に来ましたが、思わぬ形で遠方にいることを実感できました。

2022年11月 4日 (金)

最近のCPU

2022年10月23日 (日) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。

私はいくつかのプロジェクト演習を開講していますが、先日、そのうちの一つ「サーバー構築・管理」というテーマでPCの分解・組み立て演習を行いました。最近はノートPCを利用する場面が増え、昔なら経験の機会があったデスクトップPCの「メモリ増設」なども最近のノートPCでは(自分では)できません。

演習ではデスクトップPCで故障しているものや廃棄予定のものを分解し、組み立てなおしました。その過程で、PCの中身の構成や部品の実物を見たり触れたりすることで、PCに関する理解を深めてもらうのが狙いです。ほとんどの受講生は初めてこれを経験するので、分解前の各部の様子を写真にとり、マザーボードのマニュアルをネットで調べて分解と組み立てに臨みました。今回は新品部品をそろえてPCを1台新たに組み立てたり、故障部品(電源装置でした)を特定してそれを取り換えて復旧させたりということもできました。

最近のCPU(組み立て前の新品部品)の写真を撮っておいたので紹介します。Intel社の第12世代Core-i5プロセッサです。手で持っているのがCPUで見えているのは裏側(端子面)です。

Blog10231 Blog10232 Blog10233

FCLGA1700というパッケージ規格になっていてCPU裏側にはパッド状の端子がびっしり並んでいるのが分かります。これに対応するマザーボード上のソケット(2つ目の写真)も大変な密度です。3枚目は取り付けた様子です。CPUは動作時にとても発熱するので、使用する際にはこの上に放熱用の金属フィンとファンを取り付けます。したがって、稼働する状態のデスクトップPCのふたを開けてもCPUそのものを見ることはできません。私も数年ぶりに実物を見ました。この中に複数のコア(昔のCPU1つに相当)が入っているのですから大変なものですね。

(メディア学部 寺澤卓也)

2022年10月23日 (日)

より以前の記事一覧