雑感

架空論文例でみる研究論文の構造

2020年11月28日 (土) 投稿者: メディア技術コース

 高校生の皆さんや大学3年生までの皆さんは、研究論文と聞くと何か難しいだけという印象を持つかもしれません。確かにその分野の専門知識を読者が持つ前提なので普通の人には難しいです。でも、研究論文には共通する構造があり、それを知っておくと大まかな把握がしやすくなります。
 
 もちろん、この構造は将来卒業論文や修士論文を書くときに守るべきことです。ちょうど今頃は学部4年生、修士2年生は執筆の佳境に入った時期ですので参考にしてください。
 
 論文のあるべき構造には"IMRaD"という名前がついています。これはIntroduction(導入), Method(手法), Result(結果), and Discussion(議論考察)の略です。これは何百年も学術研究発表が続いてきた中で確立されたものです。
 
 自分の研究成果の価値をその分野の専門家に認めてもらうための論理構造です。少なくとも科学技術分野の論文ではこれが標準になっています。この理屈自体はそう難しいものではなく、高校生の皆さんにもわかるものだと思います。
 
 以下、架空の研究論文を想定し、一般的にどういう理屈で同業の専門家の読者を納得させるのか例示してみます。カッコ内は読者が読みながらどう思うかを書いてみました。工学系、情報系の分野全般に当てはまる想定ですが、自然科学系の実験論文でも基本的には同様です。
 
●導入(Introduction)
今この分野ではこんなことがよくあるよね。
    (ああ、流行ってるよね、たしかに)
その中でこんなことが問題だよね。
    (あれはちょっと良くないね)
いろんな人が解決しようとしてるけど、うまく行っていないことが多いよ。
    (なるほど、少し知ってはいたがいろいろやられてるんだ。まだまだなのね)
そこで、もしこんなことができれば解決するよね。
    (確かにそうだが、どうやってできるのかね)
この問題、こんな方法で解決できるよ。世の中のためになるでしょ?
    (へえ、じゃあ続きを読ませてもらおうか)

●手法(Method)
基本的なアイディアはこれよ。
    (ああなるほど、でも言うのは簡単だけどどうやるのよ)
こんな方法とこんな方法を組み合わせれば効果あるよ。
    (ほお、そういう手があったか)
理論上はこういう結果になるはずだよね。
    (まあ理屈はそうだね。実際やってみないとね)
こういうように準備すれば試せるよ。
    (うん、そういうのなら用意できるね)
この辺の難しいところは、例のああいう方法を使えばいい。
    (あ、よく使うやつね)
最後はこんなやり方でうまくできるよ。
    (確かに。自分でもやってみようかな)

●結果(Result)
実際やってみたよ。使ったのはこんな前提。
    (ああ、それなら現実によくある条件だな)
こういう風な条件だとこんな結果になったよ。
    (こんないい結果なのか、この方法)
別の例だとこんな結果になる。
    (なるほど、これは使えそうだね)
いままでいろんな人が解決しようとした結果と比べるとこんな感じ。
    (確かにいままでの研究よりもいい結果だね)

●考察(Discussion)
いま示した結果で、最初に示した問題は解決してるよね。
    (そうね、まあ、条件は限られるが)
ただ、こういう場合はうまく行かないんだ。
    (そうだろうな、けど実用的にはいいんじゃないの)
でもたいていの場面で使えるよ。世の中のためになるでしょ。
    (いいところに目をつけたな)
今後の課題や発展形はこれです。
    (その部分、自分がやってみようかな)
    
 この例では、読者はある程度は納得しているようです。本当によい研究論文だと、上記「手法」の中の「そういう手があったか」の部分のインパクトが大きくなります。
 
 またこの例では、解決すべき問題はよく知られた問題という想定です。すぐれた研究の中には、誰も着目していなかった問題を掘り出す問題発見型もあります。
 
メディア学部 柿本正憲

 

2020年11月28日 (土)

9か月ぶりのリアル学会 (NICOGRAPH 2020)

2020年11月27日 (金) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

3月に新型コロナウイルスの感染が深刻化して以来、学会もすべてオンラインでの開催でしたが、11月に少し状況が落ち着いたタイミングで、実に久しぶりのリアル学会に参加しました。11月1日から3日までの3日間、関西大学で開催されたNICOGRAPH 2020です。

Kansai_univ

リアル学会とはいえ、感染のリスクを気にしなくてよくなったわけではありませんから、いろんなところで以前とは違ったやり方になっています。詳しいことは、大会委員長の松下先生がこちらに書かれていますが、いろんなことに配慮しながら、対面での議論の良さも十分に感じることのできる、大変良い学会だったのではないかと思います。

いろんな意見があるとは思いますが、私が考えるリアル学会の最大の長所は、自分自身が「学会モード」に切り替わることです。オンライン学会だと、どうしても聴講の合間に普通の仕事をしてしまったりして、気分が学会モードになりません。しかし、現地に行って学会会場で長い時間を過ごすことにより、日常のことを忘れ、いつもなら考えないようなことが頭の中をめぐり、時には次の研究に向けての新しいアイディアが湧いてくる。これこそが学会に行くことの価値ではないかと思います。

残念ながら、今回は「みんなで食事」は諦めて、ひとり寂しく晩御飯を食べることになりました。昼間に思いついたアイディアが夜の部で更に広がることもあるので、感染を気にせずみんなで食事に行ける日が来ることを期待しています。

 

2020年11月27日 (金)

温泉好きの人生(その2)

2020年11月19日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の伊藤(謙)です。

前回、子供のころから温泉に親しんできたことを書いたあと、これまでどれくらい温泉を巡っているのか、ふと気になり数えてみました。

その結果は「142カ所」でした。この中には一般的な温泉地のほか、温泉が使われている銭湯(最近のスーパー銭湯も含む)、韓国・釜山の温泉地2カ所(海雲台と東莱)をカウントしています。同じところを複数回、訪れていることもありますが、あくまで「場所」で数えて142カ所です。

温泉マニアの中には、何百、何千カ所と巡っている方が数多くいるので、それにはとても及ばない数ですが、その一つ一つにいろいろな思い出が詰まっています。春夏秋冬それぞれの季節に彩られた景色だったり、気心の知れた友人との会話だったり、山上の露天風呂に浸かりながら眼下に広がる夜景をいつまでも眺めていたことなども…。

特に思い出深いのは、高校の卒業記念に一人旅で訪れた湯野上温泉(福島県)です。1987年3月30日から4月2日にかけて、3泊4日で裏磐梯、会津若松、そして湯野上温泉を巡る旅でした。東京発で会津地方に向かう場合、東北新幹線に乗って郡山で磐越西線に乗り換えるのが一般的ですが、この時は、前年開業した野岩鉄道の会津鬼怒川線に乗るべく浅草から北上し、会津高原駅(現 会津高原尾瀬口駅)で国鉄会津線に乗り換えて行きました。ちなみに、旅行中の4月1日は国鉄がJRに変わった日で、早朝、宿の前を走る会津線を見にいくと、前の日まで何も無かった車両の横に「JR」の白い文字が付いていた光景が今でも目に焼き付いています。

湯野上温泉は、大川(阿賀川)の渓谷に沿って旅館や民宿が点在する、山に囲まれた静かな温泉地です。近くには、大川の断崖が削られてできた景勝地「塔のへつり」や、江戸時代の宿場で今でも茅葺き屋根の民家が立ち並ぶ「大内宿」など人気の観光スポットがありますが、私が訪れた30年以上も前は、今ほど観光客は多くなく、自然の静けさと、その中で渾々と湧く温泉の風情を楽しみました。それと会津の郷土料理、数々の山の幸の味も忘れがたいです。

下の写真は、大川の河原にある露天風呂(右側の川沿いにチラッと見える四角いのが湯船です)【写真1】と、国鉄がJRに変わった日の会津線の列車(キハ40)【写真2】です。

 Yunokami_01      Yunokami_02
【写真1】湯野上温泉の露天風呂(1987年4月1日)   【写真2】キハ40(1987年4月1日 会津線・白岩踏切)

その後、湯野上温泉には家族を連れて旅行したり、車を手に入れてからは日帰りで立ち寄ったりしましたが、また機会があれば、ぜひ列車に揺られながらのんびりと旅したいものです。

(文責・伊藤 謙一郎)

2020年11月19日 (木)

温泉好きの人生

2020年11月18日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の伊藤(謙)です。

以前、このブログで榊先生が「鉄道好きの人生」(その3その4)と題して、ご自身の鉄道にまつわる思い出を書いていらっしゃいました。本日これから私が書く内容は、そのブログに触発されてのものになります。

私も小さいころから鉄道が好きで、小学校の卒業文集に「将来の夢は電車(583系)の運転手」と書いたほど熱中していました。6年生のときに、家族で上野から583系の寝台特急「ゆうづる」【写真1】に乗って青森に向かい、青函連絡船に乗り継いで伯父が住んでいる札幌に行ったのは懐かしい思い出です。今から5年ほど前に学会発表で青森に行った際、会場のすぐそばの青森駅構内に停車しているのをたまたま目にし、「思い出の地で再会できるとは!」と興奮しながら写真を撮りました【写真2】。その583系も2017年4月8日のラストランですべて姿を消してしまい、寂しい限りです…。(電気機関車では「峠のシェルパ」と呼ばれたEF63、気動車ではキハ58が今でも好きです)

    583_01     583_02
  【写真1】583系「ゆうづる」(1980年8月11日 上野駅)  【写真2】583系(臨時列車)(2016年3月27日 青森駅)

鉄道とともに温泉も好きです。私が初めて温泉に入ったのは4歳のとき。家族と親戚と一緒に訪れた小涌谷温泉でした。その後、塩原温泉や鬼怒川温泉にも行ったことで温泉への興味が高まり、小学校4年生の夏休みの自由研究は「温泉の種類(成分)」について調べるまでになりました。

歳を重ねるにつれて往年の鉄道熱(鉄分)は徐々に減ってしまいましたが、温泉のほうは加熱する一方。大学時代に原付のスクーターを手に入れてから、あちこち巡るようになりました。都内の温泉(鉱泉)の銭湯をはじめ、関東近郊(特に奥多摩や秩父)の温泉地をよく巡っていました。東京から奥日光まで往復400km、原付で日帰りの温泉旅行はさすがにくたびれましたが。ちなみに、そのときの目的地は「日光山温泉寺」。そう、お寺の中に温泉が湧いているのです。とても珍しいですよね。「お寺の中でどのように温泉が湧いているんだろう?」という興味だけが、私を原付に跨がせて奥日光へと誘ったのでした。

また、今でこそあちこちにスーパー銭湯を見かけますが、その頃は昔ながらの銭湯で、特に温泉のところを好んで入っていました。東京にもいくつかありますね。特に東京湾に近いところでは黒色の湯を湛えた銭湯が多く、このお湯に入ると身体がとても温まるのです。温泉や銭湯の「開放感」も勿論ですが、お湯の成分の違いによる「色」や「香り」も、私がとても惹かれる部分です。

私たちが窺い知ることのできない地下から温かいお湯が渾々と湧き出て、それが場所によって様相がみな違うというのは不思議ではありませんか? そして古くから、その土地に湧く温泉を誰かが発見して、地域で大切に守ってきた歴史にも思いを馳せると、お湯の中に日常とは異なる別世界が広がっているように思えてなりません。私は小さいころからそうした別世界を無意識に感じ、楽しんできたのでしょう。

なお、今回の「温泉好きの人生」というタイトルは、榊先生の「鉄道好きの人生」から拝借したものですが、榊先生も塚本先生の最終講義「プログラム好きの人生」を拝借されたそうです。両先生から拝借の許諾はいただいていませんが、私の温泉に対する熱い気持ちに免じて、温泉のような温かいお心でお許しいただけるものと思っています。

(文責:伊藤 謙一郎)

2020年11月18日 (水)

アリス本の挿絵の話(本の話 #4)

2020年11月 7日 (土) 投稿者: メディア技術コース

本大学で、1年生向けにフレッシャーズゼミという講義科目があります。そこでこんどビブリオバトルをすることになっています。ビブリオバトルとはなんぞや?簡単に言ってしまえば本のオススメ大会です。バトルといくらいですから、ルール等いろいろありますが、ここでは本題ではないので割愛いたしますが、そうした企画があるのにちなんでここでも本の紹介をしようと思います。

 

ということで今回とりあげるのは Alice’s Adventures in Wonderland, 「不思議の国のアリス」なのですが、これはおそらく皆知っているものだと思いますし、いまさら紹介ということも無いですね。ただ、今回とりあげたのはその挿絵についてです。そもそものアリス本にもモノクロの挿絵があってそれもかなりいいのですが(アリスがお姉さんが読んでいる本を見て、「挿絵の無い本のどこが面白いのか…」と考えているシーンが冒頭にありますね)、このアリス本の挿絵はサルバドール・ダリが描いています。ダリはご存知でしょうか?シュールレアリスム絵画の超有名な画家ですね。不思議なモチーフを非常にリアルに描くような画風が有名で、作品を見ればすぐにおわかりになるでしょう。ダリがアリスの挿絵を描いているなんて全く知りませんでしたが、あるときダリの展覧会にいったときに展示されているのを見て本が欲しくなり探しました。

 

Img_3738 Img_3739

ダリの挿絵による「不思議の国のアリス」本

 

さて挿絵自体ですが、これらはダリのすぐに思いつく有名な作品とは違ってシャガール風?な感じ。しかも、アリスの本の中にあるからそうかなと思えますが、図だけ見て不思議の国のアリスだ!とはなかなか思いつかないかもしれない絵です。そのなかでも若干類推がつく絵を2ページほど載せます。1ページ目の図はうさぎです。うさぎすぎますよね?時計持ってなさそうですし。2ページ目はアリスが薬飲んで大きくなってしまい、家からはみだしているところと思われます。この2ページはまあ分かるのですが、後はあまりアリスなのかどうなのか…、という感じですが、いいんです。ダリが描いたアリスの挿絵が載っている本、というだけで御飯三杯はいけます。これはそういう本なのです。

 

Img_3741 Img_3740

左:うさぎ         右:家からはみだしているアリス?

 

ちなみに、今回で本の話も4回目なのですが、思い返してみると全部挿絵についてだったりマンガだったりで、本の文章の内容にふれた記事が無いですね(アリスっぽいのか…?)。まあ、そういうシリーズと考えればいいか…(「アリスのおすすめ本」というシリーズにしようかな?)。

サルバドール・ダリは巨匠なのですが、チュッパチャップスの包み紙のデザインもしていますね。

 

太田高志

 

2020年11月 7日 (土)

聖地巡礼 (スキー編)

2020年11月 2日 (月) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

先日に続いて聖地巡礼のお話です。今日の聖地は、映画「私をスキーに連れてって」に出てくる「志賀万座ルート」です。

この映画が公開された1987年は、スキーバブルの真っただ中でした。映画の中では、志賀高原スキー場にいる主人公たちが、万座温泉スキー場まで急いで行かなければならなくなります。車で行けば5時間、でもスキーで山を越えていけばもっと早く行けるということで、夜の闇の中を滑っていくのが、物語のクライマックスです。

私がこのコースを訪れたのは、1996年3月のことでした。夜行バスで志賀高原まで行ってスキーウェアに着替えると、荷物をすべてリュックに入れて背負い、そのまま山頂に向かいます。そこからスキー場の外に出て、約4キロメートル離れた万座温泉スキー場を目指します。映画では豪快なダウンヒルスキーが描かれますが、実際にはそんな急斜面は無く、ときどき登り坂を挟みながら、ゆったりとした斜面を滑っていきます。2時間程度で万座温泉スキー場の山頂に到着し、そこからはゲレンデを滑り降り、温泉に入って東京に帰りました。

天気さえ良ければ快適なツアーコースですが、それでもゲレンデ外ですので、もちろん登山届を提出し、経験者同行で行きました。この記事を読んでも、くれぐれも未経験者だけで行くことのないようご注意ください。

 

2020年11月 2日 (月)

聖地巡礼 (野球編)

2020年10月18日 (日) 投稿者: メディア技術コース

メディア学部の大淵です。

太田先生の記事に便乗して、私も聖地巡礼の話を書こうと思います。

遡ること30年前、大学院生だった私は、アメリカ国内を周遊旅行していました。ニューヨークから長距離バスでオールバニーという町まで行き、そこでレンタカーを借りて更に数時間、はるばる訪れたのは、クーパーズタウンという町です。ここには、アメリカの野球殿堂があります。日本の野球殿堂は東京ドームの一角にありますが、アメリカの野球殿堂はニューヨークから数百キロも離れた田舎にあるのです。こんな田舎にあるのは、野球の起源をめぐるいろんな逸話が関わっているのですが、それはさておき、苦労して訪れたクーパーズタウンは、それに見合った素晴らしいところでした。野球殿堂そのものは、表彰された選手たちのレリーフがあるだけなのですが、付属の野球博物館が素晴らしく、まる一日ずっと見学していても飽きません。

この町を訪れたいと思ったのは、その数年前に読んだ「世界最高の投手はだれか(佐山和夫)」という本がきっかけでした。メジャーリーグにまだ黒人差別が明確に存在した頃、メジャーリーグとは別に活動していた黒人リーグの伝説の投手であるサチェル・ペイジのことを扱ったノンフィクションです。その中で、差別の対象だった黒人選手たちが少しずつ日の目を見るようになり、やがて野球殿堂に入るまでが描かれています。クーパーズタウンを訪れるのは大変ですが、本の方は簡単に手に入りますので、ぜひ読んでみて下さい。

2020年10月18日 (日)

秋の保護者会

2020年10月17日 (土) 投稿者: メディア技術コース

皆さん、こんにちは。

先日の10月10日、11日に八王子キャンパスの保護者会がありました。読者の方の中には、大学でも保護者会があるのかと驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。本学の場合、例年、春と秋に保護者会があり、秋の保護者会は学園祭(紅華祭)に合わせて実施しています。今回は、学園祭は中止となってしまいましたが、保護者会は規模を縮小してキャンパスで実施しました(春は実施できませんでした)。

Img_2317ss

会場は、普段食堂になっている厚生棟という建物です。今回は、面談員の先生と保護者の方の間に仕切りを作り、マスクの着用や手指・テーブル等の消毒、検温などの感染対策をして面談を行いました。相談の内容は様々ですが、成績に関することや就職に関することが多く、学生本人が同席するケースも少なくありません。本学では、入学時から学生ごとにアドバイザーの先生がいて大学生活のスタートのサポートや新学期ごとの個人面談等を行っています。しかし、保護者の方は成績表が届いたときにしか状況が把握できていないことも多く、先生からも話を聞きたいということで参加される方が多いようです。

(メディア学部 寺澤卓也)

2020年10月17日 (土)

こうかとん&片研(校舎)型のぬいぐるみでハロパー気分だとん★

2020年10月16日 (金) 投稿者: メディア技術コース

みなさんこんにちは。もうすぐハロウィンですね。三密を避けてソーシャルディスタンスを保つため大人数で対面のパーティーを開くのは難しい状況ですが、気分だけでもハロウィンパーティーに!ということで大淵・越智研究室(研究棟C・C318号室)前を飾り付けました。

Kazari01

まず、カッティングプロッター(自動でカッターを制御して図形を切り出す機械)でこうかにゃんのハロウィン風かぼちゃと融合した図形を切り出します。素材は黒のフェルトです。同様にして、オレンジで我らがこうかとんもの形も切り出します。これらは紐で繋げて飾りにします。

Katagami

次に、こうかとんの姿を想像しながら型紙を作り、チャコペンで布に書き写してから幅1cmの縫い代をつけて布を裁ちます。ミシンでチャコペンの曲線に沿ってどんどん縫っていき、裏返してから綿をいれました。

Img_20201008_190839

上の写真は左から右にかけて徐々に型紙を改良しながら制作したこうかとんたちです。写真上はわかりづらいですが、最初は顔が円筒形になって頬のふくらみが足らなかったりしたので、型紙の面積やパーツ数を調整していきました。

 

Kazari04

次は片柳研究棟(通称:片研)です。これもなんとぬいぐるみ化します。そのためにこちらも型紙を生地に移してカットします。今度は縫い代は作らないことにして、展開図通りにカットすることにします。

Nuigurumi03 

展開図の折り目(図形の辺)にあたる部分は端から1mmほどのところでミシンで波縫いをしてしっかり折り目が付くようにしてみました。しかし、自分の技術不足と縫ったぶん図形の面が細くなってしまったためうまく成型できていません。

Nuigurumi01

その後何回か制作を重ね、型紙や縫う順番などを工夫することで歪みが少ない片研になってきました。上図は左から右へと制作を繰り返した結果の比較です。

Nuigurumi05

片研(3Dプリンタによる模型)を肩に載せる片研(ぬいぐるみ)。

Kazari02Kazari03

以上3種類の飾りを研究棟C(C318)の廊下に飾り付けます。

 Kazari05jpg

どうでしょうか。普段の校舎がちょっと楽し気になっていませんか?

メディア技術コース 越智

 

 

2020年10月16日 (金)

音に関係する小説 (3)

2020年10月15日 (木) 投稿者: メディア技術コース

少し間があきましたが、「音」の本の紹介を続けます。第3回は、ちょっと捻って「雑音」に関する小説です。

音声や音楽と違って、雑音というのはあまりロマンを感じさせる要素もなく、小説になりにくい題材ですね。そんな中で私が紹介したいのは、1971年に広瀬正によって書かれた「ツィス」という小説です。

ツィスというのはアルファベットで書くと"Cis"で、「嬰ハ」とも呼ばれる音の高さの表記です。とある都市で、耳鳴りのようにこの音が聞こえるという人が現れ、その人数が少しずつ増えていきます。特定の高さを持つ純音ですから、雑音といっていいのかどうかわかりませんが、その音がだんだんと大きく聞こえるようになり、多くの人が不快に感じるのですから、やはり雑音の一種といっていいでしょう。

音の原因はわからぬまま、社会はこの音から逃れる方策を探していきます。その様子は、ウイルスから逃れようとする社会を描いているかのようで、ある種のパンデミック小説として読むこともできるでしょう。古い小説ですが、そういう意味でも2020年にあらためて読み直す価値のある小説ではないかと思います。

(大淵 康成)

2020年10月15日 (木)

より以前の記事一覧