雑感

シナリオアナリシスでよくある質問(おすすめの映画)その2

2020年9月14日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは。メディア学部実験助手の菅野です。

今回も「プロのシナリオライターを目指すなら見ておいたほうが良い作品はありますか?」という相談があった際に、挙げる作品を紹介します。今回は・・・

 --

『グラディエーター』(Gladiator

監督:リドリー・スコット
脚本:
デヴィッド・フランゾーニ
ジョン・ローガン
ウィリアム・ニコルソン

 参考URL
https://movies.yahoo.co.jp/movie/160256/

--

 まず、あらすじをまとめますと・・・

 「主人公である大ローマ帝国の将軍マキシマスは、皇帝の息子コモドゥスから皇位継承を巡って疎まれ、妻子を殺されたうえ、自身も奴隷としてアフリカに売り飛ばされてしまう。
だが、剣闘士(グラディエーター)になって生き抜き再びローマへ戻ったマキシマスは、剣闘士として観衆の支持を味方につけ、コモドゥスを闘技場での一騎打ちに引きずり込むと、自らの命と引き換えにコモドゥスをうち倒し、復讐を果たした」

このタイトルを紹介する理由は明確で「主人公が最後に死ぬから」です。
大変興味深いことなのですが、シナリオを書こうとする学生の中には「主人公が最後に死ぬ話を書きたいです」と言ってくる人が定期的に現れます。もちろん毎回別な人です。
ところが、いざ具体的な内容を教えてもらうと「主人公が最後に死ぬ」という、構想だけが強すぎるせいか、唐突に「主人公が死ぬ」とか、特に必然性もないが「主人公が死ぬ」という内容だったりします。

たしかに「主人公が最後に死ぬ」という内容は、とてもショッキングで強く印象にも残ります。しかし、とにかく主人公が死ねばいいというわけではなく、「最後に」至るまでの過程と理由がきちんと表現される必要があるのです。その意味で、映画「グラディエーター」は最後に主人公が死んででも目的を達成する理由や過程がとても分かりやすい作品になっています。

余談ですが、東京工科大学メディア学部では過去にこんな研究発表をしたことがあります。

 『人の死の要素を含む作品分析に基づくストーリー制作手法の研究』
https://ci.nii.ac.jp/naid/130007803413/

「主人公が最後に死ぬ」作品は大学での研究テーマになるぐらいのトピックなので、「主人公が最後に死ぬ」作品が記憶に残っているみなさんは、今回のグラディエーターに限らず、色々見てみると、シナリオを書く際に役立つかとおもいます。

(文責:兼松祥央)

2020年9月14日 (月)

鉄道好きの人生(その4)「交通博物館」

2020年9月13日 (日) 投稿者: メディア社会コース

埼玉県大宮にある鉄道博物館ではない。神田万世橋にあった、交通博物館のことである。物心ついて以来、交通博物館には何度も連れて行ってもらった。今回の連載の最後に、交通博物館の思い出について触れてみよう。

1960年代初めの東京は、総武線の車窓に飛び込む、隅田川の黒く濁った色、鼻を突く悪臭、当時の象徴であるスモッグである。そして微かに記憶する、トロリーバスと都電、架線を天蓋にした銀座、日本橋の街並みである。余談であるが、この辺りも、母に連れられてよく出かけた。おそらく、浅草橋で都電に乗り、室町を経て日本橋に出て、三越、白木屋(COREDO日本橋)、高島屋にはしごしたと思われる。当然、呉服巡りは子供には面白くなく、一人おもちゃ売り場、屋上で遊んでいた。あまりの多動ぶりに、母はいつも青ざめていたらしい。

さて、千葉から総武線に一時間ほど揺られ、今やまったく別の街になった秋葉原で降り、交通博物館に向かって、嬉々として父の腕をひっぱって行った。館内に入ると、大きなホールにC57が出迎え、吹き抜けの天井には、複葉機が浮かんでいた。大宮の鉄道博物館と違って、交通博物館には、自動車、航空機、船舶の貴重な展示もあった。しかし、もっぱら鉄道専門だったので、惜しいことに興味がなかった。幼い目に強く焼き付いたのは、図鑑で見慣れていた修学旅行用クハ167の朱と黄の鮮やかなツートンカラー、サシ151を模したこだま型食堂、重厚な石造りの階段、数々の国鉄型模型車両、そして屋外に展示された弁慶号である。その後も、小学校の低学年ぐらいまで通った。

閉館の決まった2006年、まだ幼い上の子を連れて、何十年ぶりに銀座線神田駅から万世橋に向かった。その建物(貴重なモダン建築であったという)、入場券売り場、玄関の古き良き佇まい、館内の喧騒、何もかも変わっていなかったように思う。手すりに触れるとひんやりとした石造りの階段も健在であった。子供は、「見てるばかりでつまんない」と不平タラタラであったが、じっくりと見聞を続けた。残念であったのは、当日特別公開されていた、旧万世橋駅遺構を見学できなかったことである。つくづく一人でくればよかったと思った。閉館されたその日は、奇しくも筆者の誕生日である。

(メディア学部 榊俊吾)

2020年9月13日 (日)

鉄道好きの人生(その3)「幻のEF58 4号機を見た。」

2020年9月12日 (土) 投稿者: メディア社会コース

その2を掲載してから、随分と時間が経ってしまった。筆者にとって、国鉄時代の思い出は尽きない。その中で最も古い記憶の一つを紹介しよう。1963~4年ごろの記憶である。

当時千葉県松戸市に住んでいた親戚宅を訪問した帰り、常磐線松戸駅の改札口越しに、通過していく電気機関車が見えた。幼い筆者は、「ミストラルだ!」と叫んだのである。ミストラルとは、フランス国鉄(SNCF)の誇る花形急行列車ル・ミストラルで、牽引機としてCC7100型電気機関車が有名である。

筆者は、愛読書の交通図鑑に出てくる、濃淡二色の緑色に上下塗り分けられたCC7100を、限りない憧れを持って眺めていた。CC7100は、試験走行で時速331kmの世界最高記録を長らく保持していた(CC7100の記録は326km/hで、当時の世界最高速度331km/hは、同じくフランス国鉄の機関車BB9004が翌日記録したものであることを最近になって知った。不覚にも50年以上誤解していた。)

同じ頃、鉄道模型に出会った。両親がどうせなら丈夫で長持ちするものをと、買い与えてくれたものがカツミのOゲージ、EB58であった。この機関車は国鉄EF58を2軸に小型化した、実在しないモデルである。しかし、Oゲージならではの重厚感、そして何より、4号機と同じ塗装に心奪われたのである。EF58 4号機は、1956年の東海道本線全線電化に先立ち、試験的に塗装された4両のうちの1台である。4号機は濃淡緑二色の塗装で、あのフランス国鉄CC7100などをモデルにしたと言われている。

しかし、わがEF58 4号試験塗装機は、ネット情報あふれる現在でも謎に包まれている。その実態を確認できるのは、1956年の東海道本線全線電化の記念切手で、歌川広重の由井薩埵嶺を背景につばめを牽引する姿だけと言って良い。ただし、実際につばめを牽引していたのかは、不明である。つばめ、はとの牽引に正式に採用されたのは、俗に青大将と呼ばれる、微妙に異なった単一淡緑色塗装のEF58である。時代を画す名機には違いないが、chic4号機には如かずと思う。

4号機の試験塗装が、晩年の青色にいつ塗り直されたのか、確かな記録はまだ世に出ていないようである。青大将が1956年に登場していることから、鉄道に詳しい人たちの間では、遅くとも1960年までには再塗装されているというのが定説のようである。4号機の確かな記録、写真、映像にはお目にかかっていないが、その勇姿は、埼玉県大宮にある鉄道博物館の模型に名残を留めている。しかし、1960年生まれの筆者は、松戸駅を疾走する、EF58 4を確かに見たのである。

(メディア学部 榊俊吾)

2020年9月12日 (土)

もっと抽象的にわかりやすく

2020年9月 1日 (火) 投稿者: メディア技術コース

 抽象化について、日頃から思っていることを話します。先日、学部一年生向け講義「メディア学入門」の最後の授業回で、メディア分野の各種歴史を簡単に紹介しました。
 
 歴史には必ず因果関係がある、という話をしました。そして、二つの歴史的事実の因果関係を現在と未来の事象に当てはめることができる場合がある、という話題の中で「歴史的事実を表層的に理解しただけでは得られる結論も凡庸になる」という説明を加えました。
 
 これに対して受講生から「表層的でない理解とは何ですか」という質問がありました。
 
 それに対する回答は「抽象的な本質の理解」です。「猿も木から落ちる」と「弘法も筆の誤り」を表層的に理解しただけでは、二つに共通する抽象的な教訓、つまり本質を理解したことにはなりません。歴史的事実も同様です。
 
 私の回答はここまででした。蛇足かもしれませんが補足すると、前記二つの各要素を抽象化すれば、「木」と「筆」は専門分野であり、「猿」と「弘法」はその分野での一流の人であり、「落ちる」と「誤り」は失敗ということになります。達人もたまには失敗する、ということですね。
 
 歴史的事実に限らず、抽象化は、物事を考えたり理解したりするときに常に考慮すべき重要ポイントです。
 
 加えて、物事を説明する際にも抽象度は重要です。例えば、専門分野のやや難しい概念をスライドで説明する場面を考えてみましょう。
 
 説明内容が抽象的すぎて理解してもらえない、というのはよくあることです。その場合は少し具体的な例を使って説明すればよいことになります。この対処は比較的容易ですが、本当に良い例を見つけることは難しいです。下手な例を使うと理解してもらえないだけでなく、完全に間違った理解をさせてしまう危険性があります。
 
 一方で、説明が具体的すぎて本質を理解してもらいにくい、という事態もときどき生じます。抽象化した説明で置き換える必要があります。とは言っても、具体化に比べて抽象化は難しいです。そもそも当人が本質を正しく理解しておくことが不可欠です。そのためには普段物事を考える際にも、本質を意識して自ら訓練する必要があります。
 
 学生や大学院生が自分の研究発表のスライドを作る際に、説明は間違いではないのだが発表スライド文脈に照らし合わせると今ひとつ意図が伝わらない、という場合があります。抽象度を調節することで格段に良くなります。
 
 先日も学生の研究発表会で「もっと抽象的にわかりやすく説明してもらえますか」とつい質問してしまいました。本当に具体的すぎて何が言いたいのかわからなかったからです。
 
 ここまでのこの文章も、なるべく理解してもらえるような抽象度を考えて説明したつもりです。具体例を示したところもあれば、あえて抽象的な説明にとどめたところもあります。良い具体例が見つからず、抽象説明だけになった部分もあります。本質を理解してもらえれば幸いです。
 
【参考文献】
 吉田塁,2016年, スーパープログラマーに学ぶ最強シンプル思考術,ディスカヴァー・トゥエンティワン.
 柿本,大淵,三上,進藤,2020年,改訂 メディア学入門,コロナ社.
 
メディア学部 柿本正憲

 

2020年9月 1日 (火)

YouTube番組に出演しました!

2020年8月27日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

先日,YouTube番組「インテブロ情報局」に出演させていただきました!
番組は,こちらから.

「インテブロ情報局」は東京工科大学のあんなことやこんなこと,サークルの紹介から1年生のお悩み相談まで様々な疑問に答えてくれるチャンネルです.

私が出演した回では,私の趣味である「スノーボード」を始めたきっかけや,「盛岡三大麺」,「八王子ラーメン」の麺トーク,私が学生時代に経験した「世に恐ろしい恐怖体験(笑)」,最後は私の研究分野である CG に関しての話まで,楽しくも真面目に話させていただきました.

2_20200827102101

番組は 30 分ほどですので,お時間のあるときにでも聴いていただけたら光栄です.
よろしくお願い申し上げます.

文責:菊池 司

2020年8月27日 (木)

3Dプリンターを使った犬のシャンティ君のモデル

2020年8月19日 (水) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは!飯沼瑞穂 です。メディア学部助教の越智先生が、3Dプリンターを使った作品作りを行っています。

試作品を色々作っていらっしゃっていて、私の飼っているペットの犬の写真を送ったところ、早速3Dモデルを作って

下さいました。アメリカンコッカスパニエルという種類の犬です。ちなみに、名前はシャンティです。

本物はこちら、、

Img_1650

そして、越智先生作の3Dモデルがこちらです。

Img_1652

前から見ると、、かわいいですね~

Img_1651_20200812215601

柄と顔の表情、それから、姿勢の感じが良くとらえられていて、アーティスティックですね。越智先生は

TAこうかとんもモデル化していて、Blog でも紹介しています。こちらから、モデル制作の様子を知ることができるので

こちらも見てみてください。「TAこうかとんだよ~

 

 

 

2020年8月19日 (水)

オンラインでポスターセッション

2020年8月16日 (日) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。

前期の授業期間も終わり、卒業研究中間発表の時期になってきました。
研究の発表会にはいくつかの方式がありますが、その中のポスターセッションという形式が卒業研究の中間発表に適している面があります
そこで今回は、ポスターセッションについての説明と、それをオンラインでどうやるかのお話です。

まずポスターセッションの形式ですが、発表者は発表内容を一枚の大きな(A1やA0等)ポスターにまとめます。
論文ほど文章は書かず、大まかな目的や手法を箇条書きしたり、図表と補足説明を主に載せる形です。

そしてここが大きな特徴ですが、ポスターセッションは大人数で一度に行います。10人前後から、大きな学会では50人くらいで一度にやったこともあります。
大きめのホールなどで発表者がそれぞれ持ってきたポスターを指定の場所に貼り、参加者は会場内を好きなように歩き回ります。
発表者はなるべくポスター前に居て、見に来た人に説明したり質問を受けたりできるよう待機します。
参加者はあらかじめ聴こうと決めていたポスターを見に行っても良いし、適当に歩いて目に留まったものを見てもよいわけです。

普通の発表では、教室や講堂などに人が集まり、前にある壇上から多くの人へ向けて一度に発表します。
研究や教育の成果として得られた知見を、多くの人に一度に共有するためにはこの形式が一般的と言えます。
しかし、〇〇の場合どうなるだろうか?というようなディスカッション的な質問は多少なり時間を要するので、多くの聴衆がいる場面では少しやりにくくなります。

それに対しポスターセッションは、ディスカッションの役割が大きくなります。
発表者と一対一でも会話できるため、細かなところまで詳しく聴いてもよいし、今後の進め方を話し合うこともできます。
逆に発表者側も、ディスカッションを目的として発展途中の研究テーマを出すこともできます。この点が特に中間発表に向いている一面です。

前段が長くなりましたが、このポスターセッションをオンラインでどのようにするか。
ポスターセッションの特徴と利点として、次のいくつかが挙げられます。

  • 一対一(もしくはそれに近い状況)で直接ディスカッションができる
  • 発表されている研究一覧から好きなものを見に行ける(目的なく見回ることで普段の興味の範囲外の研究とも出会いやすい)
  • 発表者が誰かと話していたりポスターを眺めている人が多いなど、「混んでいる」時は後回しにできる

これを実現するためにいくつかサービスを探してみたのですが、ぴったりくるものがなく、これは良さそうというものは少し高めの月額課金制サービスでした。
いいサービスであれば対価を払うのはもちろんいいのですが、複数研究室合同で行う都合上予算の扱いが難しく、今回は見送りました。

そこでどうしたか。システムを自作してみました。
私は元々研究や前職の業務経験などでWebアプリケーション制作を行っており、以前制作したサービスが近い形だったため、それを改良して実装してみました。
要件としては、上の利点と対応する形で

  • ビデオ通話システム(ここは流石に既存サービスを利用)
  • ポスター画像を一覧できるトップページ(クリックして拡大表示・ビデオ通話システムへの接続)
  • ビデオ通話サービスへの接続をした人を記録し、「今発表者と会話している人数」の可視化

今回、特に三つめが重要と考え念入りにやり方を検討しました。
実際のポスターセッションでは、聴いている人数を物理的に見ることができますがオンラインではそこがやりにくく・・・。
「今は他の人が話しているようなので、別の研究を先に見ておこう」これができるのが、ポスターセッションのいいところと思うので。

システムの実装は終え、確認も済んだので後は微調整しつつ来週水曜・木曜に本番です。
実際のシステム画面や、どんな感じでポスターセッションが運用できたかは後日また報告しますね。
上記の通り、来週が本番なので在学生の皆さんは時間があれば是非見学に来てください。学内者限定公開で開催されます。

2020年8月16日 (日)

TAこうかとんだよ!~モデリング編

2020年8月10日 (月) 投稿者: メディア技術コース

Koukaton020_08sstl2hiki

こんにちは。研究で3Dモデルを使う予定をしていることから、今回初めて使う3Dソフトでこうかとんをモデリングしてみました。ZBrush Core/ZBrush Core Miniという、マウスまたはペンタブレットといったデバイスで球体などの基本図形を削ったり膨らませたりしてモデリング(3D形状の作成)をするソフトを使ってみました。クリックまたはドラッグした点をへこませたり膨らませたりすることを繰り返して目標の形にしていきます。最初は操作が難しく感じます。

 

Kouka_model01

こうかとん初号。胴体の付け方がわかりませんでした。

Kouka_model02

こうかとん2号。首にあたる位置をくびれさせることで体を作れることに気づきました。ただし、SFなクリーチャー感が出ています。

Kouka_model03

こうかとん3号。表面を滑らかにする方法がわかり、だいぶ鳥らしくなりました。

Kouka_model04

こうかとん4号。多少かわいらしさが出ました。

Line_1596747645555

こうかとん5号を3Dプリントして着色しています(クリックで動画が再生します)。私の授業のTA(ティーチングアシスタント)に任命したいですね。

次回はこれを目印にARを作っていきたいと思います。

メディア技術コース 越智

2020年8月10日 (月)

シナリオアナリシスでよくある質問(おすすめの映画)

2020年8月 7日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは。メディア学部実験助手の菅野です。

 前回は将来的にはプロのシナリオライターになりたい、と考えている学生向けの書籍を紹介しましたが、似たようなトピックとして「プロのシナリオライターを目指すなら見ておいたほうが良い作品はありますか?」という相談があります。
そこで、そんな要望に答えるときによく挙げる作品を紹介していこうかと思います。

今回は・・・

 --

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(Back to the Future

監督       ロバート・ゼメキス

脚本       ロバート・ゼメキス、ボブ・ゲイル

--

 この作品「映画の教科書」と呼ばれることもあるほど、映画に必要不可欠な要素をコンパクトに組み込んだ作品で、そのシナリオもまた数々の教則本に取り上げられることが多い作品です。バック・トゥ・ザ・フューチャーのシナリオが載っている書籍は何冊もあります。

 あらすじをまとめますと・・・

 「タイムマシンの暴走によって、過去に飛ばされた主人公マーティは
元いた時代に戻ろうとするがタイムマシンはエネルギー不足だったため、
後にタイムマシン開発者となる博士や、若かりし日の両親の協力を得て、
落雷による超エネルギーを獲得して無事現代に生還する」

 こんな話です。

 『なんだ、よくある定番のタイムスリップものじゃないか』と思う方もいるでしょうが、まさにその「定番」を作り出した作品なのです。

日頃から私はよくこの作品をおすすめしていましたが、最近、日本テレビの金曜ロードショー「視聴者リクエスト企画」でランクインして、2020.6.12に放映されました。

https://kinro.ntv.co.jp/lineup/20200612

名前こそ聞いたことはあるけど見たことのない、という方は是非一度見てみてください。シナリオを学ぼうとする方なら、なおさら。

(文責:兼松祥央)

2020年8月 7日 (金)

「バズったら宣伝していいというので・・・」

2020年8月 5日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部の三上です.
今日はいつもと違ったネタを提供します.

先日,人生で初めてTwitterがプチバズりました.
8月5日現在,2,700件以上のRT,6,000以上のいいねが付いています.

バズったツイッターの内容は本業のゲームやアニメ,教育関連でもなく,私の特技である激しい寝癖写真でもなく,国のCOVID-19接触確認アプリ「COCOA」についての素朴なお話でした.

2020twitter01

皆さんの中でも,インストールしている人もいる(本当はもっと増えてほしい)接触確認アプリCOCOA.COVID-19の陽性反応が出た人と,過去14日間に1m以内で15分以上という条件の接触があったかなかったかがわかるアプリ.

出た当初から「みんなが入れなきゃ意味ないじゃん」とか「陽性者が申告しないと意味ない」とか「プライバシーが」など,いろいろ言われていました.今のところ1件ぐらいしか,このアプリの接触確認をもとにした感染者の発見につながっていないとのことで,その効果を疑う人も多くいます.

確かに感染者との濃厚接触という側面もあるのですが,最初のころから「密な接触」を回避するためには自分が普段どれぐらい人と接触しているかを数値化出来たら,自分の生活パターンを評価したり見直したりできるのではと思っていました.自分の普段の行動を数値化して,問題発見したり意識を持つということは「ゲーミフィケーション」という分野で実績があります.接触者を減らすために,電車に乗る時間を面したり,買い物に行く時間をずらしたり,外食を減らしたりと工夫して,その効果が数字で見えるとうれしくなって継続できる(さらに改善できる)という仕組みです.リスクを押して行動をしなければいけない人のリスク評価にもつながるといえばつながります.(ただしスマフォを常に持っているときだけですが・・・)

大学に行く予定の日だったので朝起きて,出かける前に作業しているときにつぶやいたのですが,研究室ではZoomでの遠隔会議やら何やらであまりTwitterをチェックする時間がなく,夕飯を外食するときに何気なく見たら,すでに4桁のいいねが付いていました.

原因はと言えば,非常に著名な楠 正憲さんが早い段階で返信,リツイートしてくれたようなのです.Twitterがバズる理由はいろいろあるようですが,今回は比較的皆さんが関心が高い話題で会ったことと著名な方が反応されたことが多いのかなと思います.

あと,意外なことにリプライとかコメント付きRTとかも比較的良識のあるものが多かったのが意外でした.この手の話題は賛否がありそうなので結構あれるかと思ったら,意外と丁寧な口調で扱ってくれる人がほとんどでした.今度は本業でバズりたいですね.

 

そして,バズったといえば名物「バズったら宣伝していいというので・・・」.いつ始まったかとか賛否があって受けましたが,ネタなのでやらせていただきました.

2020twitter02

そしたらこっちは全然伸びない.そんなもんでしょうね・・・.

文責:三上浩司

2020年8月 5日 (水)

より以前の記事一覧