高校生向け

「デジタル万華鏡表現の拡張」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その7)

|

メディア学部の三上です.

連続企画も第7回を迎えました.
今年の3月に私が会長を務める芸術科学会のほか,4団体が合同で開催する,映像表現・芸術科学フォーラムにおいて,創成課題学生1名,卒業研究8件,大学院生2件が発表しました.

今回はコンピュータを利用した「デジタル万華鏡」の拡張表現について紹介します.

2018forum01

続きを読む "「デジタル万華鏡表現の拡張」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その7)"

おもしろメディア学:パリの学会会場にあった「文字」の作品紹介【パリ出張報告その3】

|

4月のパリで行われたCumulusに参加したときに,会場で,次の作品を見つけました.

1dsc_2520

これを少し大きくした写真が次です.

2dsc_2526

続きを読む "おもしろメディア学:パリの学会会場にあった「文字」の作品紹介【パリ出張報告その3】"

「人間が描いたような炎をプログラムでどう生み出すか?」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その6)

|

メディア学部の三上です.

連続掲載も6回目を迎えました.
今年の3月に私が会長を務める芸術科学会のほか,4団体が合同で開催する,映像表現・芸術科学フォーラムにおいて,創成課題学生1名,卒業研究8件,大学院生2件が発表しました.

今回紹介するのは,ゲームなどのリアルタイムコンテンツのエフェクトについての研究です.

2018forum02_2

続きを読む "「人間が描いたような炎をプログラムでどう生み出すか?」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その6)"

「背景になじむ親和性と操作しやすい顕著性のはざまで・・・」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その5)

|

メディア学部の三上です.

今年の3月に私が会長を務める芸術科学会のほか,4団体が合同で開催する,映像表現・芸術科学フォーラムにおいて,創成課題学生1名,卒業研究8件,大学院生2件が発表しました.今回紹介するのは第5弾です.

今回紹介するのは,ゲームグラフィックに関する研究です.単に美麗なグラフィックをというわけにもいかない事情を含まて紹介します.

2018forum01

続きを読む "「背景になじむ親和性と操作しやすい顕著性のはざまで・・・」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その5)"

「ホラーコンテンツの魅力を高める血塗りの手形制作支援」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その4)

|

メディア学部の三上です.

連続掲載も4回目を迎えました.
今年の3月に私が会長を務める芸術科学会のほか,4団体が合同で開催する,映像表現・芸術科学フォーラムにおいて,創成課題学生1名,卒業研究8件,大学院生2件が発表しました.

今回紹介するのは,映画やゲームなどのホラーコンテンツに欠かせない,血塗られた手形についての研究です.

2018forum02_2

続きを読む "「ホラーコンテンツの魅力を高める血塗りの手形制作支援」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その4)"

「散点透視映像生成のためのカメラ制御手法」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その3)

|

メディア学部の三上です.

少し間が空いてしまいましたが,今年の3月に私が会長を務める芸術科学会のほか,4団体が合同で開催する,映像表現・芸術科学フォーラムにおいて,創成課題学生1名,卒業研究8件,大学院生2件が発表しました.

今回紹介するのは,水墨画や絵巻などで使われる,消失点が複数ある描画方法を静止画ではなく動画で表現するための手法に関する研究です.

2018forum01

続きを読む "「散点透視映像生成のためのカメラ制御手法」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その3)"

「性格を考慮した群衆シミュレーション」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その2)

|

メディア学部の三上です.

少し間が空いてしまいましたが,今年の3月に私が会長を務める芸術科学会のほか,4団体が合同で開催する,映像表現・芸術科学フォーラムにおいて,創成課題学生1名,卒業研究8件,大学院生2件が発表しました.

今回紹介するのは,映画やゲームなどで利用される群衆表現において群衆を構成する個人の「性格」を考慮したシミュレーションの研究です.

2018forum02

続きを読む "「性格を考慮した群衆シミュレーション」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その2)"

「機械学習を利用した絵コンテの自動着色」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その1)

|

メディア学部の三上です.

少し間が空いてしまいましたが,今年の3月に私が会長を務める芸術科学会のほか,4団体が合同で開催する,映像表現・芸術科学フォーラムにおいて,創成課題学生1名,卒業研究8件,大学院生2件が発表しました.

そのうちのいくつかの研究を紹介します.

2018forum01

続きを読む "「機械学習を利用した絵コンテの自動着色」(三上研芸術科学フォーラム学生発表その1)"

3Dモデルを投稿できるウェブサイト

|

鶴田です。

動画はYoutube、イラストはpixiv、では3Dモデルはどのようにしてシェアすれば良いでしょうか。もちろんレンダリングした画像を公開しても良いのですが、せっかく3Dで作ったのであれば、3Dモデルの投稿サイトに上げておけば自由な視点で閲覧することができます。

この記事では、海外3Dモデルを投稿・シェアできるウェブサイトをいくつか紹介します。投稿されている作品をグリグリ動かして眺めているだけでも楽しいので、ぜひアクセスしてみてください。

  1. Sketchfab https://sketchfab.com/

    さまざまな作品が投稿されている巨大サイト。カテゴリーごとに絞り込むことができて見やすい。美術館所蔵の彫刻作品の3Dモデルなどもある。投稿を考えるならまず一番はここ。

  2. p3d.in https://p3d.in/

    小規模だけど埋め込みのビューワが(個人的に)使いやすい。鶴田のウェブサイトでもこのサイトに多面体の3Dモデルをアップロードして、ビューワを埋め込んで使っている。左上の「Public Gallery」メニューから他の人が公開しているモデルを閲覧できる。

  3. 3D Warehouse https://3dwarehouse.sketchup.com/

    SketchUpと連動した3Dモデル共有サイト。家具とかの3Dモデルを作る場合は参考になるかも。

  4. 3DCGARTS https://3dcg-arts.net/

    国内の投稿サイト。ピックアップ作品や人気作品があきらかに美少女キャラクターに偏っている。

これはSkechfabの大英博物館のページから探してきました。Sketchfabのビューワでは、右下にあるボタンの右から3つ目を選ぶと、レンダリングのオプションメニューが出てきます。メニューの下の方にあるWireframe(ワイヤフレーム)を選ぶとメッシュの様子が確認できたりして面白いです。

ガチ勢かエンジョイ勢か

|

鶴田です。4月の新入生交流会で話したことをブログでも共有しておきます。

ゲームの世界では「ガチ勢」という言葉があります。某対戦ゲームでは「ガチ部屋/エンジョイ部屋」が公式に使われており、本気でゲームをしている人とそうでない人を棲み分けるために使われているようです。最近ではゲーム以外のいろんな分野でも「○○ガチ勢」としてポピュラーになっていますね。「本気度」を示す言葉として使いやすいことは非常に良いことだと思います。

ここにスマブラのネット対戦の画像を引用しようと思いましたが止めました

さて、4年生は就職活動の真っ最中ですが、ガチ勢とそうでない人がはっきりしてきました。クリエイティブ産業を例に挙げれば、クリエイターを目指せる人とそうでない人です。3DCGのキャラクターモデリングだったり、アニメーションだったり人それぞれですが、ガチ勢はオリジナルの成果物をたくさん制作しています。その一方で、成果物が授業課題+α程度しかない勢もいます。趣味で絵を描ければいいのか、仕事としてアニメーターやクリエイターを目指すのかを決めるとき、「あなたは何のガチ勢ですか?」と問われるでしょう。

大学生の間に自分の能力を高めるための時間をたくさんとって、自信を持ってガチ勢だと言えるようになって欲しいです。

鶴田

より以前の記事一覧