高校生向け

本年度2回目のオープンキャンパス その2

2019年7月23日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部の兼松です.

今日は前回に引き続き,7月14日に行われた本年度2回目のオープンキャンパスの様子をお伝えします.
今回は片柳研究所棟4階で展示を行っていた各ブースをご紹介します.

メディア学部では研究棟Cと片柳研究所の二箇所で展示を行いました.
研究棟Cは,主に4年生が卒業研究を行うための研究室や各教員の居室が入っている建物です.
オープンキャンパスのときには,各研究室がそれぞれの研究を展示しています.
普段,大学生がどんなところで研究しているのかも直接見れますし,案内もそれぞれの研究室に所属している学生が行っていますので,色々詳しい話を聞いていただけたのではないかなと思います.

また,片柳研究所棟はメディア学部に関連する施設では,様々な授業を行う教室やホールのほか,4階にはコンテンツテクノロジーセンター(通称CTC)や5階にメディアテクノロジーセンター(通称MTC)があります.オープンキャンパスでは主にCTCとMTCを使って展示を行っていました.

21 23

上の写真は4階CTC前の様子です.
CTC前はちょっとしたロビーのように机と椅子が置かれていますので,昼休みなどは普段から学生が集まって昼食をとっていたり,授業の合間に休憩したりする姿が見られます.
ただ,上の写真のように,ここまで多くの人がCTC前に集まっているのは,オープンキャンパス特有の光景ですね.

24

今回のオープンキャンパスではこのCTC前で,近藤先生と近藤研の学生たちが,プロジェクト演習で学生が制作したアニメーション作品の展示を行っていました.
今でこそ技術としてはよく聞くようになりましたが,本学にはモーションキャプチャーの撮影ができるスタジオがあります.このモーションキャプチャーを使った学生作品なども展示していました.

22_20190719173001

こちらの写真はCTC内部の様子です.
CTCにはPCをはじめとした演習用の様々な機器が設置されています.
学生が自主的に腕を磨くために使う場合ももちろんあるのですが,一番大きな用途としてはプロジェクト演習です.
ゲームやアニメ,CGに関するプロジェクト演習では,この部屋を使う演習が多いです.

今回のオープンキャンパスではこのCTCで,三上先生・渡辺先生・安原先生が担当しているゲームの演習紹介,竹島先生の研究室での研究紹介,川島先生のCG・アニメの演習紹介,そして三上先生と私の研究や授業を紹介する展示を行っていました.

27 25 26

まずはゲームの演習紹介ブースです.
今回はタブレット用のゲーム2つと,PCゲーム3つが展示されていました.
これらのゲームは,TGS(東京ゲームショウ)出展を目標にして主に学部3年生たちが作っているものです.
まだ制作途中なので粗は目立ちますが,次回出展の際,またはTGS本番で同じゲームをプレイしていただければ,どんな風に進化・改良されたのか,なんて楽しみ方もできますよ(詳しくはこちら).

28

また,CTCの出入り口付近では三上・兼松研の研究展示を行っていました.
ゲーム関連の研究はもちろん,私の専門分野であるシナリオ,キャラクター,そして演出に関する研究や授業の説明も行っています.
まだお越しいただけてない方は,是非次の機会にお越しください.

29 210

竹島先生の研究室のブースでは,主に様々な情報の可視化に関する研究の展示が行われていました.
「そもそも情報可視化とはなんなのか」から,人口変動や,SNSから得られるデータをうまく活用したゲームプレイヤーの感情値の変動など,幅広い分野を対象にした分析,研究の紹介をしていました.

212 211

最後に川島先生のブースです.
こちらでは「最新CG技術を使ったアニメーション制作」ということで,実際の作例を交えながらアニメーション制作手法について解説されていました.川島先生の演習については,先日このブログに掲載されていますので,是非川島先生の記事をチェックしてください.

今回は片柳研究所棟4階で行われた展示のご紹介でした.
次回は5階の展示をご紹介します.
ご興味を持っていただけた方は,是非8月4日のオープンキャンパスにお越しください.

(メディア学部 兼松祥央)

2019年7月23日 (火)

本年度2回目のオープンキャンパス その1

2019年7月22日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

みなさん,こんにちは.メディア学部の兼松です.

7月14日に本年度2回目となるオープンキャンパスが実施されました.
今日は,当日の様子をご紹介します.

2_201907172010011_20190717193101

当日は残念ながら雨が降ってしまいましたが,それでも大変多くの方に来ていただきました.ありがとうございます.

以前の記事にも書きましたが,私は東京工科大学のOBでもありますので,私自身も高校生の時,お越し下さった皆さんと同じようにオープンキャンパスに来たことを思い出しながら会場を見回っていました.
オープンキャンパスの時は上の写真にあるように片柳研究所棟が受付・スタート地点になるのですが,高校生の私がオープンキャンパスに来た時は片柳研究所棟はまだ完成していませんでした.
各ブースで展示されている研究や作品はもちろんですが,この片柳研究所棟も含め,キャンパスの美しさも東京工科大学のおすすめポイントの一つですので,景観も楽しんでいただけていれば嬉しいです.
オープンキャンパスの時にはチャンスはほぼ無いと思いますが,深夜〜明け方になると稀にキャンパスに霧がかかることもあり,その様子もなかなか幻想的ですよ.

5_20190717203101
4_20190717203101 3_20190717203001

オープンキャンパスといえば,まずは学部説明会ですね.
学部長の柿本先生によるメディア学部の説明会は,今回も満席になるほどの方に来ていただきました.

9_20190719161901 8_20190719161901 7_20190719161801

菊池先生の模擬授業では「最新CG映像の作り方」ということで,メディア学部の中でも特にコンテンツコースで行なっている研究や教育の代表格とも言える部分を体験していただけたと思います.

11_20190719162101 12_20190719161901

オープンキャンパスでは学部説明や模擬授業のほかにも,各研究室が様々な展示を行っています.
もちろん,お越しいただいた皆様のお好みに合わせて自由に見てもらえれば良いのですが,どこを見れば良いのか迷ってしまう場合もあると思います.
そんな時は是非キャンパスツアーをご活用ください.
各学部に在籍している現役の学生が,各ブースの簡単な説明をしながら案内しています.

各研究室の展示の様子などはまた別の記事でご紹介します.
次回のオープンキャンパスは8月4日に開催予定です.
まだ参加いただけていない方も,リピーターの方も,是非ご参加ください.お待ちしております.

(メディア学部 兼松祥央)

2019年7月22日 (月)

タイ王国大使館学生部 公使参事官らの訪問

2019年7月21日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

2019年7月3日、タイ王国大使館学生部 公使参事官 ソムジャイ・クラーイスバン様と職員2名が本学を訪問しました。
現在、タイ政府派遣奨学生2名が在籍していることから、学生らの学習状況や卒業までの計画などについて報告をしました。在籍している学生は、ゲーオナーセン カンカノックさん(佐々木研究室)、リジットピアン ジャンジラーさん(近藤研究室)です。打ち合わせには本学からメディア学部長柿本正憲教授、佐々木和郎教授、近藤邦雄教授、学務課から2名が出席しました。

Photo_20190716172801

はじめに、柿本学部長から公使参事官に本学とメディア学部の紹介などをしました。その後2名の学生の履修状況などを紹介しました。本学で2名の奨学生が大変よく学習しており、大学生活を楽しんでいる様子を知っていただき、公使参事官らには大変喜んでいただけたと思います。

Photo_20190716172802


 今後は大学院生の受け入れや教員の共同研究の推進を勧めたいということを議論しました。その後、集合写真の撮影やコンテンツコンテンツセンターやメディアテクノロジ-センターの見学をしていただきました。

2e0781c7c4944b968de85e46efa343d1

この訪問の様子は、さっそく翌日の7月4日、大使館ホームページでも紹介されました。(2019年7月4日)
http://education.thaiembassy.jp/

 

P1

2019年7月21日 (日)

マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流

2019年7月19日 (金) 投稿者: メディアコンテンツコース

本学提携校であるマレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生23名と教員2名がMSU Global Leadership Program 🇯🇵'JAPAN TIME TO TRAVEL'の一環として来学しました。
今回の訪問は、昨年4月に引き続き2回目になります。大学の見学、メディア学部などの研究教育紹介、本学の学生との文化交流を計画しました。

MSU、FISEの学生がMalaysian Floral Water Colour techniqueをメディア学部の学生に紹介したいことが一番の要望でした。そこで、教養学環の勝浦先生にご相談したところ、ちょうど訪問日に英語の講義があり、メディア学部の学生が履修しているとのことで、学生の文化交流を英語の時間に実施することとしました。おおよその予定は次のようです。
訪問は10時30分くらいから16時30分くらいとしました。午前の英語の時間でMSUの紹介をまずお願いしました。

 

Dsc_9060 Dsc_9069

その後、
Malaysian Floral Water Colour techniqueを紹介していただき、学生同士の交流を図ることとしました。

 

Dsc_9076 Dsc_9078 Dsc_9096 Dsc_9098 Dsc_9100 Dsc_9104 Dsc_9120Dsc_9124

 

MSUからの贈り物は、交流をしている片柳研究所の水彩画です。MSUの教員が写真を見て、描いたとのことです。学部長の柿本先生とAinol先生です。

Dsc_9143

続きを読む "マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流"

2019年7月19日 (金)

マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流

2019年7月18日 (木) 投稿者: コンテンツ創作コース

大学提携校であるマレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生23名と教員2名がMSU Global Leadership Program 'JAPAN TIME TO TRAVEL'の一環として来学しました。

今回の訪問は、昨年4月に引き続き2回目になります。大学の見学、メディア学部などの研究教育紹介、本学の学生との文化交流を希望されました。MSU、FISEの学生がMalaysian Floral Water Colour techniqueをメディア学部の学生に紹介したいことが一番の要望でした。

そこで、教養学環の勝浦先生にご相談したところ、ちょうど訪問日に英語の講義があり、メディア学部の学生が履修しているとのことで、学生の文化交流を英語の時間に実施することとしました。一日の訪問は10時30分くらいから16時30分として午前の英語の時間でMSUの紹介をまずお願いしました。

その後、Malaysian Floral Water Colour techniqueを紹介していただき、学生同士の交流を図ることとしました。

続きを読む "マレーシアのManagement & Science University (MSU)の学生との交流"

2019年7月18日 (木)

オープンキャンパス準備:展示用動画を撮影しました~バイノーラル録音と音楽とスーパーボールと~

2019年7月12日 (金) 投稿者: メディア技術コース

7月14日のオープンキャンパスで音の研究についての展示を行いますが、先日、オープンキャンパス展示用動画を撮影しました。これは、昨年度卒業生の工藤君による360度画像とバイノーラル録音との組み合わせについて提案する研究での知見にもとづいた展示です。

Music1

バイノーラル録音とは、人間やダミーヘッドの2つの耳部分に取り付けたマイクで録音するもので、音の耳介での反射や頭での回り込みを再現できて高い臨場感が得られます。しかし、バーチャルリアリティ(VR)などで、聞き手が頭の向きを変えたりするさいに向きの変化に対応するには非常にコストや手間がかかります。

そこで、人間の聴覚をだます形で、バイノーラルで録った環境の音(風音や雑踏のガヤガヤした音など)を録って、バイノーラルでない録音と組み合わせて手軽にコンテンツ制作をできないかと考え、実験をしています。工藤君の実験の結果をもとに、今回は大学構内でバイノーラル録音と、楽器演奏の音を録音して、360度カメラの映像と組み合わせました。

Oc2019vr_bins_20190710220301

Oc2019vr_360s

この360度画像とバイノーラル録音の研究は、現在は佐塚君がさらに発展させて継続中です。

さて、撮影ですが、演奏中にスーパーボールを飛ばしたりもしたので、どんなVR映像になるでしょうか。

Superball1

録画担当者と演奏者の間にスーパーボールを飛ばしています

メディア技術コース 越智

2019年7月12日 (金)

7月14日(日)オープンキャンパスのご案内

2019年7月11日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さん、こんにちは。

八王子キャンパスでは前回に引き続き、第2回のOC(オープンキャンパス)が7月14日(日)に開催されます。

すでに本学HPのOC紹介ページをご覧になっている方も多いと思いますが、当日のメディア学部の出展のラインナップをご紹介しましょう。
(★印は今年初めての出展です)


◎片柳研究所棟(4〜5階)

【メディアコンテンツコース】
「最先端のゲーム制作と開発技術研究」(三上・兼松)➡︎関連情報(東京ゲームショウ2018出展紹介)
「ゲーム教育カリキュラム紹介」(三上・兼松)➡︎関連情報
「ゲーム関連研究紹介」(三上・兼松)➡︎関連情報
「映像コンテンツのシナリオ・演出関連研究紹介」(三上・兼松)➡︎関連情報(昨年のOCでの出展紹介)
「コンピュータビジュアリゼーション」(竹島)➡︎関連情報(昨年のOCでの出展報告)
「最新CG技術を使ったアニメーション制作」(川島)★
「CGアニメーション作品紹介」(近藤・川島)★ ➡︎関連情報
「自然現象のプロシージャルアニメーション」(菊池)➡︎関連情報
「コンテンツデザインに関する研究紹介」(菊池)
「360°動画によるバーチャルキャンパスツアー」(菊池)➡︎関連情報
「卒研における学生のデザイン提案紹介」(萩原)★

【メディア社会コース】
「3D地図を利用しよう」(千代倉・飯沼)★ ➡︎関連情報

【大学院】
「大学院生研究紹介」(バイオ・情報メディア研究科 メディアサイエンス専攻)➡︎関連情報


◎研究棟C(3〜5階)

【メディアコンテンツコース】
「インタラクティブメディア研究紹介」(安原)➡︎関連情報
「次世代コンテンツ研究紹介」(椿)➡︎関連情報
「卒業研究紹介(音楽系研究室)」(伊藤(謙))★ ➡︎関連情報(昨年のOCでの出展報告)
「大学院生研究紹介(音楽系研究室)」(伊藤(謙))★ ➡︎関連情報

【メディア技術コース】
「スマートフォンアプリデザイン体験」(千種)★ ➡︎関連情報
「健康メディアとスマートフォンの活用」(千種)★ ➡︎関連情報
「デジタル音響処理と人間の聴覚」(大淵・越智)★ ➡︎関連情報

【メディア社会コース】
「コンテンツビジネスイノベーション研究」(吉岡)★ ➡︎関連情報
「相互行為って何?」(山崎) ➡︎関連情報



このほか以下のイベントも開かれます。

・学部説明(10:10〜10:40/14:15〜14:45)[片柳研究所棟4階 KE402教室]
・模擬授業「Procedural Animation:最新 VFX 映像はこうして作られる」(菊池)(10:45〜11:15/14:50〜15:20)[片柳研究所棟4階 KE402教室]➡︎関連情報(前回の模擬授業の予告)
(※下の写真は昨年のOPでの模擬授業の様子です)

6



・「大学院進学説明会」(12:00〜13:00)[片柳研究所棟10階 アクティブラーニングセンター]
(※メディアサイエンス専攻の大学院生の研究紹介ポスターを片柳研究所棟5階の廊下に展示しています。ぜひご覧ください)
・「先端研究+入試説明会」(11:25〜12:05/12:20〜13:00)[片柳研究所棟地下ホール]
・「城南予備校によるAO入試対策講座」(13:10〜14:00)[片柳研究所棟地下ホール]
・「メディア学部教員・学生による個別相談コーナー」(10:00〜16:00)[研究棟C4階エレベーターホール]

 

なお、これまで片柳研究所棟5階で実施していました「メディア学部教員・学生による個別相談コーナー」が、上に書きましたように研究棟C4階エレベーターホールに場所が移りました。当日は片柳研究所棟と研究棟Cの間を循環するバスが運行されますので、研究棟Cでの研究紹介の見学とともに、個別相談コーナーにもぜひお越しください。

皆さまのご来場をお待ちしています!

 

(メディア学部:伊藤謙一郎)

2019年7月11日 (木)

2019年3月に卒業された卒業研究「プロダクトデザイン」の研究成果 その4

2019年7月 9日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

早いもので今年度の4年生も中間発表の日が近づいてきました。最近の就活多様化が進むなか、みんな卒研と就活の実施時間配分を上手に調整しながら毎週のゼミに出席し、活発に意見交換をしながら調査段階を終えてコンセプト立案に入っています。3月に卒業されたみなさんも勤務先に慣れ順調にお仕事が進み始めていることと思います。

さて本日は、長谷部さん、福井さん、松浦さんのポスターを紹介します。

1_20190703165301

長谷部さんは、最近の子供たちの自宅学習の場は自室ではなく、リビングである場合が多いことに着目しました。アンケート調査を実施した結果、これを裏付ける解答が得られ、移動時の持ち運びや適切な照明に関するニーズの高さも確認しました。さらに現行製品やリビングでの学習に用いるモノの現行製品についても調査しました。これらの調査結果を踏まえ、折り畳み式で持ち運びしやすく、LED照明を装備し、消しゴムの消しかすや小物の収納ポケットを備えたリビング用学習マットのデザイン提案を行いました。

福井さんは、細かいハンドメイド作業を趣味や仕事をする人々が適切な照明環境を得ることに苦労している点を指摘しました。アンケート調査を実施した結果、作業者自身の影が作業を困難にしていることや、作業対象物をピンポイントで照らしてくれることへのニーズが高いことを確認しました。これらのことを踏まえ、腕時計のように手首回りに装着し、自由な位置に回転することで影をつくることなく、ピンポイント照明に近い状態ができる作業対象物を明るく照らす機器のデザイン提案を行いました。

松浦さんは、レディースシューズには例えばウエディングシューズのように特別感はあるものの高価なわりに使用シーンが少ないシューズが多い問題を指摘しました。現行製品と女性を対象としてヒアリングの結果、ウエディングシューズのようなものは必要だがレンタルでよいとの回答が多いことに着目しました。そこで、誰もが購入可能な基本形態を有するシューズをベースに、これを6個のパースに分け、カスタマイズ次第で各種の特別な場において使用できるレディースシューズのデザイン提案を行いました。

オープンキャンパスに是非お越しください。

7月14日のオープンキャンパスでは、3月に卒業なさったみなさんのポスターを展示します。その場では今年度の4年生たちとメディア学部におけるプロダクトデザインについての自由な意見交換も可能です。お待ちしております。

メディア学部 萩原祐志

2019年7月 9日 (火)

実学主義を具現化する「プロ演」

2019年7月 7日 (日) 投稿者: メディア技術コース

 東京工科大学は「実学主義」を掲げています。メディア学部で実学主義を具現化した代表例が「プロジェクト演習」(プロ演)です。
 
 プロジェクト演習は1~3年の各学年前後期で選択科目として設定されています。担当教員ごとのテーマ別に分かれており、約30のテーマがあります。1つのテーマの中で1~3年生が合同で取り組みます。プロジェクトの取り組みの中では上級生が教えるということも多く、サークルのような雰囲気があります。
 
 プロ演での具体的な問題設定に対して成果を出すには、知識の習得や原理の理解のような考えることだけでなく、自ら「手を動かして」成果物を作成する必要があります。
 
 先日、ある4年生と久しぶりに会って立ち話をする機会がありました。彼はプロ演(私の担当テーマではないですが)に積極的に取り組んだ学生です。企業でのインターンシップ体験を話してくれました。プロジェクト演習やその他の授業でソフトを使いこなして編集やデザインを行う経験が役立ち、企業の担当者の方から「手が動く」ことをすごくほめられた、とのことでした。
 
 そのように作業がてきぱきとできることは、職業人としてもちろんプラス評価になります。プロジェクト演習で習得した技能が活かされたということです。
 
 しかし彼はもう一つ、プロ演で習得した重要な「実学主義」の側面を再認識しました。それは、最終目的を見失わないことです。インターンシップで作業をやったとき、上司の指示の背景にある目的を常に把握していたおかげで、作業の成果も高く評価されたのです。プロ演で常に目的を意識するようにと教員から何度も言われたことがとても役に立った、とのことです。
 
 メディア学部のプロジェクト演習は選択科目ながらたいへん人気があります。入学前の高校生や入学したての1年生に聞くと、メディア学部の特長として「プロジェクト演習」の認知度が一番高いです。また、今年度前期のプロ演の履修者数は、学年全体の人数に対して1年生で8割以上、2年生で5割以上、専門科目や専門演習が忙しくなる3年生でも3割以上です。
 
 プロ演は、授業コマ数や修得単位数のわりには、授業外の時間が多くかかります。その代わり、そうやって苦労しながらもしっかり取り組んだ学生は、就活でも良い結果を出しますし、大学院進学してからも優れた研究成果を発表しています。
 
メディア学部 柿本正憲

2019年7月 7日 (日)

プロジェクト演習 「オリジナルCG演習アニメーション制作」ほかCGクリエイターを目指す学生向け演習授業の紹介

2019年7月 6日 (土) 投稿者: メディアコンテンツコース

皆さんこんにちは。メディア学部 特任講師の川島です。
今回は、私の担当するプロジェクト演習について紹介します。

プロジェクト演習は、メディア学部の特徴的な授業の1つです。さまざまな分野の専門スキルを1年次から3年次まで、実践的に学ぶことができます。プロのCGクリエイター、ゲームクリエイターを目指す学生は、講義等から得る知識はもちろんのこと、在学中にプロに近い制作スキルを身に着けておく必要があります。メディア学部創設当初は、3年生にならないとCG制作系の演習を履修することができませんでしたが、社会のニーズを踏まえ、2003年からプロジェクト演習の1つとしてこの授業がスタートしました。

初心者向けの「オリジナルCGアニメーション制作」は、まずプロのCG制作の手順とソフトウェアオペレーションの基礎を学習し、15秒未満のショートアニメーション制作を通じて自身の適正を確認するための授業です。企画書や絵コンテの書き方など、独学では学べない知識についても学習します。さらに高いスキルを身につけたい学生は、2期目以降も「オリジナルCGアニメーション制作」を継続履修することもできますが、基本的には中級クラスである「アドバンストCGアニメーション制作」や応用分野の「ヴァーチャルリアリティCG制作」「モーションキャプチャ」などに進み、就職活動に対応できるレベルの技術習得と作品制作を継続していくイメージです。ゲームクリエイターを目指す学生には「インタラクティブ・ゲーム制作」シリーズの演習授業が用意されていますので、そちらのグラフィクスコースで別途専門スキルを身につけることができます。これらの授業をどのように履修していくかは履修生しだいですが、プロを目指すならば最低でも2カ年の実学ベースでのトレーニングが必要です。

20190626_20190702182101

毎年、50名前後の学生が片柳研究所棟4Fのコンテンツテクノロジーセンターで授業やグループワークにワイワイ取り組んでいます。

Img_6484_20190702181701 Img_6486_20190702181701

今学期の「オリジナルCGアニメーション制作」履修生たちの企画書・絵コンテの一部をご紹介します。初めての作品企画や絵コンテでまだまだ荒削りですが、入学時から温めてきたクリエイティビティが込められた個性的なものばかりです!これらの企画の完成版についても、またの機会にご紹介します。

Gw5_20190702182301 Gw4_20190702182301 Gw1_20190702182301 Gw3_20190702182301 Gw2_20190702182301 Gw6_20190702182301

2019年7月 6日 (土)

より以前の記事一覧