高校生向け

キャラクター配色の研究論文:Color Scheme Simulation for the Design of Character Groups

|

今日,大学に
Journal for Geometry and Graphics

という国際学会論文誌が届きました.

Img_3968_4

この論文誌には,私たちが研究してきた
Color Scheme Simulation for the Design of Character Groups
が掲載されていました.
この論文誌は,国際的にも高く評価されており,このページでも紹介されています.

Img_3971_2

続きを読む "キャラクター配色の研究論文:Color Scheme Simulation for the Design of Character Groups "

大学院講義紹介:コンテンツイノベーション分野のコンテンツ制作技術に関する講義

|

大学院メディアサイエンス専攻では,メディア学部で学んだことを基礎にして,さらに高度な理論や技術について習得するために講義が多数用意されています
この記事では,
コンテンツイノベーション分野のうちから,コンテンツ制作技術の講義を紹介します.
映像制作のための手法,CGを利用したアニメーション制作,ゲームデザイン,キャラクター制作,3次元コンテンツ,さらには音楽サウンドなどオの制作技術を学ぶことができます.

02_2

■プロシージャルアニメーション特論 菊池 司
■先端ゲームデザイン特論 三上 浩司 

Kashika04_2

続きを読む "大学院講義紹介:コンテンツイノベーション分野のコンテンツ制作技術に関する講義"

未来社会をデザインするビジョナリーの輩出を目指して:大学院 メディアサイエンス専攻紹介

|

大学院メディアサイエンス専攻はメディア学部の出身者だけではなく,世界各国,日本国内の大学から,多数の学生が進学しています.

この記事では,大学院の2つ大きな教育研究分野を紹介します.
本専攻では大きくコンテンツイノベーション広告イノベーションに分けて研究教育をしています.

コンテンツイノベーション分野には,コンテンツ制作技術メディア情報処理の領域,広告イノベーション分野には広告デザインサービスメディアコミュニケーションの領域で構成しています.

広告分野は広くとらえて,ディジタル報道関係も含まれています.
次の表は,コンテンツイノベーション分野の教員と講義名,研究領域を示しています.

Contentcreation

続きを読む " 未来社会をデザインするビジョナリーの輩出を目指して:大学院 メディアサイエンス専攻紹介"

速報!スキー合宿に参加しています

|

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部准教授 菊池 です.

ただいま,「東京工科大学スキー合宿 2018 in 万座温泉スキー場」に参加しております!

15__2

続きを読む "速報!スキー合宿に参加しています"

3年生 vs 4年生:3年生後期「創成課題」のポスター発表会

|

3年生の前期に卒業研究室(研究プロジェクト)に配属希望を出して,6月に希望調査を行い,配属が決定します.夏休みは始まる前には教員との面談をしたりして,卒業研究の準備を進めます.後期には,各研究プロジェクトで文献調査,研究テーマの模索,テーマに関係する調査や制作実験などを行います.

私のプロジェクトでは,2月7日にコンテンツプロダクションテクノロジー(近藤,鶴田研究室)の卒業研究発表会を実施しました.その時に一緒に創成課題の成果を4年生に紹介するための「創成課題発表会」を開催しました.この発表会は私の研究室では初めてです.4年生は卒業がかかった発表会の後に,後輩である3年生の研究成果を見て,たくさんのコメントをする時間です.先輩が後輩の研究成果を見て,指導するというつながりを作ることはとても大切と考えています.

Img_3893

続きを読む "3年生 vs 4年生:3年生後期「創成課題」のポスター発表会"

コンテンツプロダクションテクノロジープロジェクト(近藤・鶴田研究室)の卒業研究発表会

|

2月7日12:30から15:30まで,コンテンツプロダクションテクノロジープロジェクトの4年生18名が卒業研究発表をしました.

Img_3828

9名の2つのグループに分けて,90分間で交代することとしました.まず,30秒で研究の紹介を各自が行った後に,各自のポスターの前でデモをしながら質問に応えるというスタイルで行いました.学生らは受付で受け取った評価シールをポスターに貼ることにより,ポスター発表の評価をするようにしました.

Img_3830

続きを読む "コンテンツプロダクションテクノロジープロジェクト(近藤・鶴田研究室)の卒業研究発表会"

サウンド×ヒューマン研究室・卒業研究発表会

|

今年も卒研発表会の季節がやってきました。2月7日(水)に開催した「サウンド×ヒューマン研究室」卒研発表会では、最終発表13件・中間発表3件の合計16件の発表がありました。その他に、宇佐美研究室「@TVラボ」からも16件の発表があり、盛りだくさんの発表会となりました。

Final

昨年に引き続きポスター形式での発表会でしたが、かなり大がかりなデモ付き発表が2件あり、その他にも実際に作った音を聴いてもらう発表などが多く、来ていただいた方にも楽しんでいただけたのではないかと思います。以下が発表題目一覧です。

  • 目覚ましにおける最適な音の検証
  • 音の聴取による作業の効率化
  • ドローンを用いた遠隔収音技術
  • 様々な状況下におけるBGMの作業効率への影響
  • 音声合成を用いた漫才における間の最適化
  • セキセイインコと相互コミュニケーションを図る
  • 野球場の音響分析
  • 自動車エンジンにおける排気音のシミュレート
  • 鼻歌入力の認識精度向上
  • リズムアクションゲームにおけるキー音の音響的特徴分析
  • 外的要因による人の聞き取り能力の変化
  • 3次元空間中の音の自動判別とVR技術による可視化
  • 立体音響と女性向け恋愛ゲームの相乗効果について
  • 音による感情の可視化 (中間発表)
  • サラウンドスピーカを用いた視覚と聴覚の関連性の研究 (中間発表)
  • 機械学習を用いた音声識別 (中間発表)

発表を通じて得られた様々なフィードバックは、これから仕上げる卒業論文の最終版に活かされるはずです。みなさん1年間の研究活動お疲れさまでした。

(大淵 康成)

近日発行: 「メディア学キーワードブック - こんなに広いメディアの世界 -」

|

メディア学部の教員20名が執筆者となって,メディア学部の学びにおいて大切な100近い用語を解説しました.
3つのコースであるメディアコンテンツコース,メディア技術コース,メディア社会コースの内容をより深く理解するためにも厳選した用語です.入学後のさまざまな講義や演習で学ぶキーワードをチェックしていくと,卒業までにはすべての用語をいづれかの講義で学ぶことになります.


入学時には知らなかった用語がメディア学部における学びを通じて卒業時には,このキーワードブックの用語すべてを理解してもらうことを期待します.
卒業生にもこの書籍は大学で学んだことを常に忘れずに「メディア学」がよくわからないという人に,メディア学を紹介することができる書籍として利用できます.企業の方にはメディア学部で何を学ぶか,メディア学部が何を目指すかを知っていただく良い入門書ともいえます.

Kerword


続きを読む "近日発行: 「メディア学キーワードブック - こんなに広いメディアの世界 -」"

メディア学大系全10巻の発行:高校生の皆さん必見

|

メディア学部が1999年に創設したときからの一つの目標であったメディア学のための教科書である第一期の10巻が発行され,一区切りしました.この間多くの書籍が教科書として使われ,学生の勉学に役立ってきました.質の高い講義にも大きな役割を果たしています.

Img_39121

続編の2冊(第13巻 音声音響インタフェース実践,第15巻視聴覚メディア)もすでに発行しており,講義で活用されています.一般書店でも販売されていますので,ぜひ一度手に取ってみてください.

続きを読む "メディア学大系全10巻の発行:高校生の皆さん必見"

卒業研究「プロダクトデザイン」の最終発表会です

|

26日(火)の1230から今年度の卒業研究「プロダクトデザイン」の最終発表会がありました。発表者の4年生は各自の卒研ポスターの横に待機する義務時間(90分)があり、レビュアの先生に内容を説明し、審査を受けます。

学会におけるポスター発表と同じ形式で行われますので、レビュアの先生とは別に訪問してくださった先生がたや在学生のみなさんからの質問にも応える義務があります。

12
00には準備完了! そして発表開始となると、会場は参加者の皆さんでとても賑わっていました。

55_2

この発表会は、参加自由ですので、2年生や3年生も数多く訪れてくれます。そして興味をもってくださった卒研には自由に質問をしてくれますので、90分間ずっと説明を続けた4年生は声も枯れてきます。なかなか大変ですが、数多くの人に興味をもっていただけるのはいいことですね。

今年度の4年生18名、お疲れ様でした。いい最終発表会でした。この最終発表会におけるポスターは全員が公開快諾ですので、卒業式以後、この公式ブログで紹介したいと思います。

メディア学部 萩原祐志

より以前の記事一覧