高校生向け

数学以外から

2024年4月 5日 (金) 投稿者: メディア社会コース

ヴィヴィアーニという数学者の名前を聞いたことはないでしょうか。今日4月5日は、ヴィヴィアーニの生まれた日です。17世紀のことです。

ヴィヴィアーニ自体は、教科書などには載っていないかもしれませんが、トリチェリの弟子で、ガリレオの晩年の助手だったと言えば、わかる人もいると思います。

トリチェリは、ガリレオの弟子で、真空の実験で有名ですが、その実験のときの助手がヴィヴィアーニでした。その後、トリチェリが出世してしまったため、ガリレオの助手を自分の弟子であるヴィヴィアーニにさせたとされています。

ヴィヴィアーニは、ガリレオが亡くなるまで助手をしていました。それもあって、ヴィヴィアーニは、ガリレオについて後世に伝わるのに決定的な役割を果たしています。ガリレオに関する最初の伝記を書いているのです。

もちろん、ヴィヴィアーニ自身も別の大きな功績があります。たとえば、音の速度のほとんど正確な算出に成功しています。共同で実験したボレリという物理学者とのデータをもとにしています。

こうしたことや、おととい4月3日に書いたことからもわかるように、数学は、物理学やコンピュータといった、数学以外の分野がその発端となっていることも多いのです。
自分のしようと思っていることに、いつ数学が関係してくるか、わかりません。その意味でも、数学への抵抗感は少ないほうがいいと思います。

利用される分野がますます広くなっていることとも関係して、現代の数学は範囲も広いです。
そのように広くなる時代のさきがけで、工夫することによって小さいころから複雑な計算をすばやく行うことができて、数学の申し子と言われた、あのガウスも、数学を本格的に始めようと考えたのは、計算ではなく、正十七角形を作図できたときからだったと話していたようです。

以前にも述べましたが、数学以外の分野で使われていることも含めて、何か、よく理解できたとか、面白かったとかいうことから数学に広げていってほしいと思います。

(メディア学部 小林克正)

2024年4月 5日 (金)

数学の不変性

2024年4月 3日 (水) 投稿者: メディア社会コース

「オッペンハイマー」という映画がアカデミー作品賞を受賞しました。第二次世界大戦の原爆の計画の中心だったのが、J・ロバート・オッペンハイマーです。

これに関係する数学者に、スタニスワフ・ウラムがいます。今日4月3日はウラムの生まれた日です。実は、ウラムは、大戦が終わった後も核関連の研究を続け、テラーとともに水爆の設計者となっています。そのため、あまり政治的な評判はかんばしくないのですが、現在のコンピュータの父と考えられているフォン・ノイマンもオッペンハイマーによる原爆の開発にかかわっていました。

ウラムは、現代のコンピュータを利用した計算方法にも用いられるモンテカルロ法を考案し、また、AI の自己複製につながるセル・オートマトンの発案者です。

数学はもっぱら戦争に使われるとか、数学者は戦争に加担している人ばかりだとか思われないために、平和運動に参加している数学者も少なくないことに言及しておきます。やはり同じような時代の、ノーベル賞を受賞したバートランド・ラッセルが有名です。オッペンハイマー自身も原爆の開発を後悔して水爆に反対していたのは事実のようです。

数学の結果は政治には無関係です。それどころか、人間の好き嫌いにも無関係です。そして、原則、変わりません。これを詩的に数学は裏切らないと言う人もいます。

だから、実際に使われているということを別にしても、仕事あるいは趣味として数学を使った研究をするというのは、ライフワークになるものです。そのときに、高校や大学初年度までの数学でイヤイヤ習ったことも役に立つ可能性はあります。あらためてですが、ぜひ数学を勉強してください。あさって述べることも、そのためのちょっとしたヒントになるかもしれません。

(メディア学部 小林克正)

2024年4月 3日 (水)

本日の告知

2024年4月 1日 (月) 投稿者: メディア社会コース

新年度となり、私たちの学部では、新入生からカリキュラムも新しくなります。

合わせて、これまでの教育の枠を超え、新たな一歩を踏み出す決断をしました。多様性と包摂性の観点から、地球外知的生命体に、科目履修を許可することになりました。これは、教育の未来における革新的な進歩であり、学問の世界における英知を深めるものです。

これまでに学内からさまざまな反応がありました。
多くの教職員・学生が、地球外の履修者がもたらす新しい可能性に期待しています。異なる文化や知識との交流が、学問的な成長につながると信じています。
一方で、不安や疑問も百出しています。その多くが、対象とのコミュニケーションや、教育環境への影響について懸念を表明しています。

このような懸念に対して、対話と理解を深めるための場を設けることを計画しています。地球外の方々との交流を通じて、互いの文化や学問について学び合う機会を提供することで、共存と相互理解の精神を育むことができます。

最終的に、この取り組みは、私たちの学部が多様性を受け入れ、新しい知識の探求においてリーダーシップを発揮することをめざすものです。地球外の学生がもたらす新たな視点は、学問的探求において貴重な貢献となるでしょう。未知の領域への探求は、常に困難を伴いますが、それは同時に、私たちの知識と理解を拡大する機会でもあります。

なお、すでに対話の場への参加を表明している地球外の方々から私たちのみならず日本に向けて次のようなメッセージが届いています。

すでルーフルリプイエは日本

(メディア学部 小林克正)

2024年4月 1日 (月)

★いよいよ2024年3/24(日)開催!★東京工科大学★メディア学部オープンキャンパス★申込受付中!

2024年3月18日 (月) 投稿者: メディア社会コース

いよいよ2024年3/24(日)に、東京工科大学メディア学部のオープンキャンパスが開催されます!
開催時間は(10:00-16:00)です。参加は申込制で入退場自由です。

20240313-232321
当日の主な内容は下記です!

■学部紹介(10:30~11:00、13:30~14:00)
メディアを体系的に学べるメディア学部の3つのコースの教育や研究、学びの構造についてお話いたします。ご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。

■模擬授業(11:05~11:35 13:30~14:00)
「メディアとSDGs(吉岡先生)」より良い社会を作るために、情報技術を活用する方法をご紹介します。

■研究紹介(10:00~16:00)
詳細はこちらをご覧ください!

ご参加希望者は、こちらから事前申込みをお願いします。

Oc_kyoutu_main2_2024
なお、ご来場が難しい方のために、バーチャルオープンキャンパスも開催します。
申込みはこちらをご覧ください!(バーチャルオープンキャンパスは、3/31まで各種のコンテンツをご覧いただけます!)

オープンキャンパスについてはこちらもご参照ください!

多くの方のご来場をお待ちしております!
(メディア学部:藤崎実)

2024年3月18日 (月)

【東京工科大学】メディア学部◆オープンキャンパス◆2024年3/24(日)開催◆申込受付中!

2024年3月14日 (木) 投稿者: メディア社会コース

メディア学部の藤崎実です。
東京工科大学は、2024年3/24(日)に来場型オープンキャンパスを開催します!
今日は、そのご案内です!

主なイベント内容は下記です。
◆入試説明(2025年度入試を発表します)
◆学部・学科説明(各学部の学びの特長を説明します)
◆研究室見学(最新研究成果や実習施設の紹介します)

イベント詳細はこちらをご覧ください!

Banner1080-1_20240313231001

ご参加希望者は、こちらの事前申込みをお願いします。
(ご注意)メディア学部は八王子キャンパスです。「3月24日 八王子」をご選択ください。

また、来場が難しい方のために、バーチャルオープンキャンパスも開催します。
申込みはこちらからお願いします!

なお、バーチャルオープンキャンパスは、3/31まで各種のコンテンツをご覧いただけます!
遠方の方は、是非ともオンラインでご参加ください!
Oc_ms_3_2024
◆オープンキャンパスについての詳細は、こちら もご覧ください。

多くの方のご来場をお待ちしております!
(メディア学部 藤崎実)

2024年3月14日 (木)

東京工科大学のオープンキャンパスが 2024年3月24日(日)に開催!申し込み受付中です

2024年3月 4日 (月) 投稿者: メディア技術コース

3月24日(日)に、東京工科大学でオープンキャンパスを実施します。メディア学部でも以下のようなイベントを企画しています。

  • 学部の説明
  • 模擬授業
  • 研究室紹介

これらのイベントの詳細については、こちらのページをご参照ください。模擬授業では本学部の吉岡英樹先生が「メディアとSDGs」という題目で、「より良い社会を作るために情報技術を活用する方法」をご紹介します。研究室紹介では、ゲームやCG、VRなどを研究している10の研究室の活動をご紹介します。

オープンキャンパスへのご参加を希望する方は、こちらの本学のサイトから事前申し込みをお願いします。現在、申し込み受付中です。メディア学部は八王子キャンパスにありますので、「3月24日 八王子」のほうをご選択ください。

3月24日は都合が悪い方のために、バーチャルオープンキャンパスも並列開催しております。バーチャルオープンキャンパスでは、3月1日から31日までの間、好きな時間に以下のコンテンツをご視聴できます。

  • 大学説明動画
  • 360度画像によるバーチャルキャンパス見学
  • メディア学部の説明動画、メディア学部の研究紹介動画

バーチャルオープンキャンパスへのご参加を希望する方も、こちらの本学のサイトから申し込みをお願いします。「オンライン型」がバーチャルオープンキャンパスを指しております。

東京工科大学メディア学部にご興味がある方も、大学選びに迷っている方も、ぜひ本学のオープンキャンパスにご参加ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

(文責: 松吉俊)

Banner1080-1

2024年3月 4日 (月)

サイエンスアゴラ2023に「サイレントコミュニケーション体験」を出展

2024年2月21日 (水) 投稿者: メディア社会コース

昨年11月18日(土)・19日(日)にお台場テレコムセンターで開催されたサイエンスアゴラ2023に吉岡研究室が出展しました。詳細は公式サイトや大学からのリリースをご覧ください。

▶️サイエンスアゴラ2023公式サイト

▶️「サイレント・コミュニケーション体験」展示紹介サイト

大学からのリリースはこちら>
▶️メディア学部の吉岡研究室がサイエンスアゴラ2023に出展

2日間で約200名の来場者に私たちの展示を体験していただきました。聞こえにくい状況をヘッドフォンで体験したり、2つのグループに分かれてジェスチャーゲームをしたり、手話を覚えたりと、家族や友だち同士で楽しく体験していただきました。

Img_0733Img_0719_20240215134201

では、なぜこのような取り組みが必要なのでしょうか。

私は5年近く聴覚障害支援に関する取り組みをしてきましたが、聞こえる人に「聴覚障害」について説明をするのがとても難しいと感じています。もちろん、私も最初はそうでした。聞こえる人にとって、音を聞くことはあまりにも日常過ぎて、意識をしたことがありません。むしろ、どこにいても音があふれていて、それらの音を意識してしまうと情報が多過ぎて疲れてしまうため、人間は必要な音だけを意識して生活しているのです。

体験した方は、「聴覚障害について少し分かった気がする」「これまで聴覚障害について考えたことが無かったが、これからは意識したいと思う」と感想を話していました。

そう、私が求めていたのは、これらの反応でした。「ゼロ」から「いち」になることで、社会が少しずつ変わっていくことがあると考えています。社会を変えるための「コンテンツ」を、これからも作り出していきたいと思います。

ここで質問ですが、聴覚障害のある方は音楽を楽しむことができるのでしょうか。聞こえる人には想像するのが難しいかもしれません。

次回に続きます、、、、、

 


メディア学部 吉岡 英樹

001_20220613213101
略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在は聴覚障害支援を専門としており、メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」、聴覚障害支援メディア研究室 を担当している。


 

2024年2月21日 (水)

高大連携による聴覚障害理解のためのハイブリッド授業

2024年2月19日 (月) 投稿者: メディア社会コース

コロナ禍に活用したWEB会議システムを応用し、高大連携のハイブリッド授業を実施したことを昨年7月にブログでもご紹介しました。

昨年7月にご紹介した記事はこちら>
▶️ハイブリッド配信を活用した中高大連携プロジェクト始動!!

実は、この時は高校生とオンラインでのみ交流していたのですが、その後8月に八王子にあるキャンパスに来ていただくことができました。詳しくは以下のリリースをご覧ください。

大学からのリリースはこちら>
▶️吉岡英樹メディア学部講師が立教女学院とハイブリッド連携授業を実施

Photo_20240215075001Photo_20240215074901

高大連携の一番の難しさはスケジューリングだと感じています。中高生と大学生の時間割は大きく異なりますし、お互いのキャンパスに移動するのには時間も費用もかかります。しかし、オンラインで交流ができれば、お互いの教室をつなぎコミュニケーションをとることができるのです。

今回の取り組みは読売新聞オンラインでも取り上げられました。来年度もさらに発展させる予定です。

読売新聞オンラインの記事はこちら>
▶️【特集】「他者に寄り添う心」を持って有志が続ける障害者支援活動…立教女学院

ところで、今回実施した授業のテーマは「サイレント・コミュニケーション体験と情報工学による聴覚障害支援」でしたが、ここからスピンアウトさせた「サイレント・コミュニケーション体験」を昨年お台場で実施された「サイエンスアゴラ2023」に出展して多くの来場者に体験してもらいました。

次回に続きます、、、、、

 


メディア学部 吉岡 英樹

001_20220613213101
略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在は聴覚障害支援を専門としており、メディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」、聴覚障害支援メディア研究室 を担当している。


 

2024年2月19日 (月)

用語発明術の重要性

2024年2月16日 (金) 投稿者: メディア技術コース

 前回記事では、研究の過程や発表において、新たに考案した物事や概念に新しい名前を考えて付与することについて話しました。良い名前の条件も紹介しました。
 
 今日の記事では研究に限らず、専門性を含む活動全般でそのような「用語発明」が重要であることを話します。
 
 プログラミングはその典型的な活動です。少しでも経験したことのある人は分かると思いますが、プログラムを書くことは新しい名前を発明することの連続です。
 
 特定のデータを表すためには変数名を発明する必要があります。ある一つのまとまった処理の単位に対しては関数名を考案する必要があります。このときも前回紹介した良い名前の条件、特に(2)(具体的)(3)(そもそも何なのかの前提)(6)(誤解されない)がプログラミングにおいても重視されます。
 
 名前を付けるということは、当たり前ですがあとでその名称を使う場合があるということです。使われる状況としてさまざまな場面が想定されます。適切な名称であればその事物あるいは機能が何であるかすぐ理解できます。そうすると、その名称を使うプログラムを読むときに進行中の思考を円滑に展開できます。そのような名称を付けるのは簡単なようで意外と難しいです。
 
 一般に良い名前を付けるには時間をかけて考える必要があるということは前回記事でも言いました。プログラミングでも同じで、変数名一つ付けるのに半日かけるというようなことも珍しくないです。これはひとえに、後から名前を使う場面(自分以外の人が使うこともある)での思考の流れを妨げないためです。
 
 そこまで神経質にならなくてもよいのでは、と思うかもしれません。確かに、1回使えばいいだけのプログラムや行数の短いプログラムならそれでいいでしょう。でもどんどん機能追加して行数が長くなるプログラムでは、各種名称が適切であることは重要です。最初の命名時に時間をかけて熟慮する必要があります。
 
 そのほかにもプログラミングにおいて各種の名称を付けることがなぜ大事か、なぜ時間をかける必要があるか、学会誌の記事としてそのことを紹介しました。プログラミングをある程度行う人であればぜひ読んでみて欲しいです。
 
柿本正憲, 命名に時間をかけよう, 特集 フレッシュマンに向けたプログラミングのススメ, 情報処理, Vol.60, No.6, pp.494-497, June 2019
 
 冒頭で「専門性を含む活動全般で」用語発明が重要であることを話すと言いながら、プログラミングだけの話になりました。あと一回まったく別の事例をいずれ紹介します。

メディア学部 柿本正憲

2024年2月16日 (金)

用語発明術

2024年2月14日 (水) 投稿者: メディア技術コース

 卒業論文や修士論文の審査の時期です。研究は何らかの新しいことを行い、最終的にはその内容をほかの人に伝えるための論文を書きます。このときに大事なのは、新しく考案した物事や概念に新しい名称を付けることです。
 
 今の時期いろいろな研究論文を読む機会があり、そのことを改めて感じています。「これに何か名前を付けた方がいいなあ」と思うことがしばしばあります。
 
 名前を付けた方がいい対象は大きな研究の名称だけに限りません。研究の中では、ほかの人がやっていない調査・実験やさまざまな道具やちょっとした考え方の工夫などが行われたり使われたりします。そういったことがらにも独自の名称を付けることによって、他の人にうまく内容を理解してもらうことができます。
 
 研究発表のときだけではなく、研究室の中で研究を進める際にも、よく使う概念に名前を付けておくことで議論の効率が高まります。
 
 良い名前を付けるのは大変です。条件として、
 
(1) 短い
(2) 対象物の特徴を具体的に表す
(3) そもそも何の一種なのかの前提を示している
(4) 対象物の利点ができればわかる
(5) 検索しても出てこない
(6) 誤解を生じさせない
 
などがあります。これら条件を満たす切れ味のある名前は時間をかけ、できれば複数人で議論して決めるといいでしょう。
 
 一つ事例をあげます。ある学生の研究論文の中で、2つの調査実験に「第1回実証実験」「第2回実証実験」という名称が付けられていました。この名前そのものを論文中でその後ほとんど使わないのであればそのままでいいでしょう。ところが実際には実験結果の記述や考察で何回もこれらの名称が呼ばれています。
 
 読む方としては「第1回ってどういうやつだっけ?」とか「あれ、どっちがどっちだっけ?」という混乱が生じます。議論の効率が悪くなるということになります。上記条件でいうと(2)が満たされていない名称です。
 
 「第1回」と「第2回」は同じ内容の実験だけど被験者が違っていました。「第1回」は若い世代で、実験で行う行動に慣れている人がほとんどという被験者グループで、「第2回」はもっと広い世代でその行動に慣れていない人たちも多いグループでした。
 
 であればその特徴を示す単語あるいは四字熟語を「第1回」や「第2回」の代わりに付けるといいでしょう。単に世代の違いだけでなく慣れているかどうかも示せる単語を使いたいですね。ただし、あまり説明的になると上記条件(1)を満たさなくなります。
 
 もう一つ事例があります。この文章の表題です。上記条件を概ね満たしています。
 
 良い用語を発明することで理解や効率が高まるのは研究だけではありません。専門性を含む活動全般でしばしば当てはまります。次回はそのような話をします。
 
メディア学部 柿本正憲

2024年2月14日 (水)

より以前の記事一覧