ソーシャル

たった一人の日本人 ~Academy of Marketing Coference 2019参加レポート~

2019年7月15日 (月) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは、森川です。
研究室のブログにも投稿しましたが、英ロンドンで開催されたマーケティングの国際学会「Academy of Marketing Conference 2019」に参加してきました!
私にとっては約6年ぶりのロンドン。
夏でも朝晩は寒く、常に重い雲が立ち込めているロンドンの暗いイメージとは裏腹に、今回滞在した1週間は見事に連日晴天で、日焼けしそうなほど強烈な日差しが照り付けていました。
そんなお天気の下、カンファレンスも盛大にスタート。
ロンドンの中心部にあるRegent's University London(下画像参照)を会場に、私を含め380ものプレゼンテーションが行われました。

Img_1031_2

 

 

 

 

 

 

 

 

マーケティングのカンファレンスとしては世界的にも有名なだけあって、イギリス国内はもちろん、北米、南米、アジア、アフリカ、オセアニアなど、まさに世界中からマーケティング研究者たちが集結。
でも、日本からの参加者は私一人で、他のアジアの参加者たちからは「日本人の研究者とは全く会ったことがない」などと言われてしまいました。
私は前にも一度、このカンファレンスに参加したことがあるのですが、その時も日本人は殆どいませんでした(会場はアイルランドの大学でした)。
一方で、中国、韓国、ベトナムやタイの参加者は多く、イギリスへの留学生も多いようです。
日本人ももっと世界に出て研究発表をして欲しいとつくづく思います。

Img_1036_2

 

 

 

 

 

 

 

今回、私は映画のユーザーレビューについての発表を行いました。
日本のデジタル・マーケティングの現状は、海外の人たちにとって興味深いことも多いようで、非常に好意的に受け止めてもらえましたし、かつ、状況を客観視できる海外の人たちならではの新鮮なコメントや指摘をいただくこともできました。
国際学会の良さはこういうところです。
研究の最終形は論文で、学術誌に論文が掲載されることにあります。
ですから、学会発表というのは、自分の研究をブラッシュアップし、研究を完成形に近づけるために活用するものなのです。特に大学院生の皆さんは、是非積極的に国際学会に参加してください。

さて、今回会場となったRegent's University Londonの最寄り駅は、かのBaker Street。
そう、シャーロック・ホームズで知られる、あのベイカー街です。
駅のそばにはシャーロック・ホームズが住む<ベイカー街221B>の下宿があり、シャーロック・ホームズ博物館として公開され、世界中のシャーロキアン(ホームズファンの人たち)が観光に訪れています。
私も学会の合間に、15年以上ぶりに行ってみました。
昔行った時は、中でホームズの扮装をし、ホームズの部屋で椅子に腰かけて写真を撮れたのですが、今回は展示物に触れることも禁止されており、何だかアトラクション感が薄まった感じがして残念でした。
展示物の骨董的価値が高まった結果のようです。

Img_0966

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはまあ、20年近く経てば仕方ないよね、と思うのですが、6年前からお札も刷新されており、何と手元にあったポンド紙幣が使えなくなっていたのです!
地元の人に聞いたところ、銀行に行けば新紙幣に交換してくれるとのことで事なきを得たのですが、たった6年、されど6年、ですね。
Academy of Marketingのカンファレンスは、イギリス国内で行われることが多いので、またお札が変わらないうちに(さすがにもう当分変わることはないでしょうが)発表に行きたいと思っています。


(メディア学部 森川 美幸)

2019年7月15日 (月)

オープンキャンパス:相互行為って何?

2019年7月 4日 (木) 投稿者: メディア社会コース

7月14日のオープンキャンパスでは、研究棟Cの5階520で

「相互行為って何?」というタイトルで発表をします。

会話分析という専門的な研究を、ビデオを含めて解説をします。

もともと会話分析は、ビデオを見ながら研究するものなので、来て下さったかたに

ちょっと考えて頂きながら、4年生が解説をします。

どうか7月14日は少し遠いですが、研究棟Cにもお越し下さい。

 

 山崎 晶子

 

2019年7月 4日 (木)

大学院メディアサイエンス専攻 2019年度先端特別講義のおしらせ

2019年6月23日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース


大学院メディアサイエンス専攻 2019年度先端特別講義

「TVML技術と自動番組制作」

講師:林 正樹(Masaki Hayashi)准教授
(Sweden, Uppsala University:メディア学部の提携大学)
 

使用教室:片柳研究所棟 KE203教室
開講時間:各開講日の4限(15:00~16:30), 5限(16:45~18:15)

第1回目はすでに終わりましたが、大学院生、学部生は第2回目からも参加できます。
講義ページを確認して、第1回目の内容を自習してきてください。
http://hayashimasaki.net/TUT/

Img_2793

講義日程と内容
(1) 6月20日(木) TVMLの基礎と実習(4,5限)
 台本を書くとCGアニメーションができるTVML (TV program Making Language)の基礎を学ぶ。また、TVML Playerを各自のノートPCで動かし、アニメーションの制作実習を行う。

Img_2794
 
2) 6月27日(木) TVMLによる番組模倣と自動番組制作(4,5限)
 TVMLによるテレビ番組の模倣と、これをもとにした自動番組制作技術について、講義と実習を行う。
 
(3) 7月4日(木) ニュース番組の演出解析とWordpressによるニュース番組制作(4,5限)
 ニュース番組を題材として、テレビ番組の演出の解析を行う。また、Wordpressの記事が自動番組制作技術によりTVMLアニメーションになるシステムの実習を行う。最後にコース課題の説明をする。
 
(4) 7月18日(木) 制作課題発表と、TVML研究の将来展開(4,5限)
 各自の制作課題の発表を行う。最後に、TVML研究のさまざまな展開と、将来展望について論じる。

2019年6月23日 (日)

オープンキャンパス(山崎ゼミ: 研究棟Cー520)

2019年6月15日 (土) 投稿者: メディア社会コース

今日はあいにくの天気ですが,明日はオープンキャンパスとなります.

山崎ゼミではオープンキャンパスを研究棟C520で開きます.

研究棟の5階となります.

 

こんにちはーこんにちはという言葉がつながって会話があるわけなどを

解説します.会話と社会のつながりを考えています.

 社会コースの展示なのですが,是非

お立ち寄りください.研究室の学生が対応します.

 

 どうかよろしくお願いします.

 

山崎 晶子

 

2019年6月15日 (土)

SDGs Media Lab. 高大連携プログラムに参加して(Reported by メディア学部4年 鈴木萌水)

2019年6月 9日 (日) 投稿者: メディア社会コース

去る6月1日、SDGs Media Lab.高大連携プログラムに参加しました。

聖学院中・高等学校の生徒たちと工科大生による初の合同ワークショップでした。

1559881120778 1559881120500   

「パラスポーツと高齢者の健康促進」、「図書館のイメージを変える」、「SDGsアクションへのチャレンジの壁を壊すには」、「日本の農業の未来を考える」などなど、生徒たちによるプレゼンは素晴らしく、とてもよく考えられていて感心しました。

中高生のうちからSDGsについて考えることが私たちの社会について考えるきっかけとなり、

問題提起することで様々な活動が始まるのだと思いました。

1559881120405 1559881119996

中高生による提案をよりブラッシュアップするために大学生とのディスカッションが行われましたが、大学生の方が中高生に圧倒させられていると感じてしまいました。

非常に盛り上がり、大学生にとっても大変刺激のあるワークショップになりました。

 

(メディア学部 森川研究室4年 鈴木萌水)

 

2019年6月 9日 (日)

[シリーズ難聴-1]なぜメディアの力で聴覚障害者を支援するのか。

2019年5月31日 (金) 投稿者: メディア社会コース

「シリーズ難聴」では、あまり知られていない聴覚障害の実態をご紹介し、なぜメディア(ICT技術やデジタルコンテンツなど)の力で聴覚障害者を支援する必要があるのかについて連載していきます。

Pixta_38639188_m-1 

聴覚障害について調査を始めたのは2年半ほど前のことでした。

言葉をほとんど発しない3歳7ヶ月の娘。自閉症スペクトラムだと診断されたものの、もともと音楽・音響が専門である私にとって釈然としませんでした。娘は音が聞こえていないのでは、と直感的に感じていたからです。いろいろな専門家に意見を聞いたところ、聴覚障害の伺いがあると言語聴覚士の方から指摘されました。聴力検査、脳波を測る検査、遺伝子検査などを経て、聴覚障害であることが確定しました。それまで聴覚障害については全く知識がありませんでしたので、たくさんの論文や本を読んだり、娘の病院や療育先で専門家から教えて頂きました。もともと音の専門家ですので、さらに興味が湧いてきて、聴覚障害に関わる学会に参加するようになりました。

 ところで、新生児の約1,000人に1人から2人が、聴覚に何らかの障害を持って生まれてくるのをご存知でしょうか。聞こえない、もしくは聞こえにくい子どもは、早期に発見して適切な支援を開始することでコミュニケーションの形成や言語発達の面で大きな効果があります。聴覚障害は先天性(生まれつき)の障害だけでなく、だんだん聞こえなくなる進行性や、突然聞こえなくなる後天性の障害もあります。世界保健機関(WHO)の発表によると、高齢者人口の増加などで、世界的に聴覚障害に苦しむ人が増えており、2050年には現在の約4億7千万人から約9億人に達する可能性があるとされています。日本ではこの10年間で、約500万人から550万人に増加したと推定されます。
 
 聴覚障害の原因は、遺伝によるもの、はしかや水ぼうそうなどの感染症、結核などの治療剤による副作用、加齢によるものなどが考えられます。さらに近年では、若者を中心にスマートフォンなどで大音量の音楽を長時間聞く習慣があることから聴覚障害になるケースも増えています。足に障害があり車椅子に乗っていたり、視覚障害があり白杖をついているのとは異なり、聴覚障害は見ただけでは分かりにくいという特徴があります。また、補聴器や人工内耳をして聞こえが改善したとしても、健聴者と同じように聞こえることはありません。
 
 平成28年4月1日より施行された「障害者差別解消法」により、障害者に不利益がないような社会環境の整備が求められています。東京オリンピックに向けて、東京都では多目的トイレの設置や点字ブロックの設置が進んでいます。しかし、聴覚障害者に対する必要な配慮がまだ周知されていないため、「きこえのバリアフリー」はまだあまり進んでいないのが実情です。

 そこで、私は「聴覚障害支援メディア研究室」を立ち上げる決意をし、新しいテクノロジーを活用し、コンテンツの表現を工夫して、聴覚障害者の方々が少しでも暮らしやすい環境づくりを目指した研究をすることにしました。研究室については改めて詳しく記事にします。

 次回の「シリーズ難聴-2」では、今年度後期よりスタートするメディア専門演習「聴覚障害理解とコミュニケーション支援」についてお話します。


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

2019年5月31日 (金)

企業でのSDGs

2019年5月25日 (土) 投稿者: メディア社会コース

58379250_1899228003514355_49489063935800

東京工科大学メディア学部の3年生授業、「ソーシャルコンテンツデザイン」で(株)リコー、山口明弘氏が140名の学生に講義を行いました。テーマは「企業でのSDGs」です。リコーは日本で最初にRE100に参加したSDGsのリーディングカンパニーです。(RE100は再生可能エネルギー100%で経営を行うことを目標とする企業の国際連合体です。Google、Apple、マイクソフト等、多くの世界的企業が参加しています。日本からも10社程度参加しています。)リコーでSDGsを目指すビジネス事例がいくつか紹介されました。学生たちはSDGsが新しいビジネスにとっていかに重要か理解したと思います。

2019年5月25日 (土)

広告業界の生の声を聞く!

2019年5月24日 (金) 投稿者: メディア社会コース

皆さんこんにちは、着任2年目の森川美幸です。
先日、日本広告学会が毎年行っている「クリエーティブ・フォーラム」というイベントに行ってきました。
このイベントは、広告クリエーティブや広告ビジネスの今日的な話題や実践に焦点を当て、まさに業界の渦中にいる実務者や、研究者の講演やパネルディスカッションに参加できる、というもの。
今回のスポットが当てられたのは、「クリエーティブ・ブティック」と呼ばれる、近年大手広告会社が盛んに社外に設置している小規模なクリエーター組織でした。
当日はADKクリエイティブ・ワンの三寺雅人氏、CHERRYの鈴木聡倫氏、そして博報堂ケトルの大木秀晃氏という3名の実務家の方々の基調講演があり、クリエーティブ・ブティック設立のいきさつや現状、そして将来的な展望など、ある意味生々しくも貴重なお話を伺うことができました。

午後には広告を学ぶ学生や大学院生、実務家による研究のポスターセッションが開かれました。
実は私も大学院生時代、このクリエーティブ・フォーラムでポスター発表をしたことがあり、賞もいただいています。
当時は学部生の発表はなかったと記憶していますが、今年は何組か、大学生も発表者として参加していました。
中にはなかなかユニークな発表もありました。
例えば、
・ファッションと建築の相関性
・好きなタレントから見えてくる消費者像の可視化
・広告コミュニケーションにおける職業制服の役割
といったテーマです。
大学生ならではの大胆な仮説が展開されていました。

この、日本広告学会のクリエーティブ・フォーラムは毎年5月に開催されています。
来年も恐らく5月だと思いますので、興味のある人がいたら是非参加してみてください。
大学生は何と参加費無料(今年の場合)!
また、意欲のある人は是非ポスター発表にチェレンジしてみてください。
イベント参加者は実際に広告業界で働いている実務家も多く、きっと有益な意見をもらえることでしょう。
こういう機会を逃す手はありませんよ!

Img_0715 Img_0719

(メディア学部 森川 美幸)

2019年5月24日 (金)

NPO ETICのインターンシップ

2019年5月22日 (水) 投稿者: メディア社会コース

Fair2019summerbanner

P_20190513_151217

メディア学部3年生の授業「ソーシャルコンテンツデザイン」(担当:千代倉)でNPO ETIC、杉山氏の講演がありました。

ETICは日本中の多くの大学生に、教育の場としてインターンシップを提供しています。このインターンシップでは

大学生が地方のベンチャーに行き、仕事を行いながら、地域貢献をします。地域でも学生たちは歓迎されており、地元の新聞や

テレビで紹介されるとのことです。東京工科大学の学生が多く参加することを期待します。

2019年5月22日 (水)

卒業研究

2019年5月14日 (火) 投稿者: メディア社会コース

ゴールデンウィークがあけてから、また学校に来る日が戻ってきました。

今年の卒業研究は、2.5次元などの新しいテーマもあり、私も勉強をしています。

新しいことが出てくると新しいテーマがあるのだなと思います。

ゼミ生の皆さんも楽しそうで、就職活動など色々なことがありますが、

生き生きとしているのが一番嬉しいなと思っています。

 

        山崎 晶子

2019年5月14日 (火)

より以前の記事一覧