ソーシャル

ソーシャル・デザインプロジェクト卒業研究中間発表とヒオウギ

2020年8月23日 (日) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは!飯沼 瑞穂です。今年も卒研、中間発表の時期がやって参りました。今年は例年と違い、中間発表もすべてオンラインのZOOMを活用して行いました。ソーシャル・デザインプロジェクトは、持続可能な社会の実現のためのアイデアや仕組みについて研究しています。特に教育関連のテーマやメディアの社会活用に関連した内容、近年ではSDGsを取り上げて研究を行ってきました。今年の4年生も幅広い、テーマで研究を行ています。ICTを活用した教育に関する研究から、空き家を通じた地域活性化に関する研究まで、社会の問題を解決する、もしくは新しい時代に沿った、より幸せな社会の実現のためのアイデアや試みに関するテーマを扱っています。

私は以下の写真のような体制で、学生の発表を聞きながら時間を計っていましたが、秋学期の最終発表は、ぜひ教室で全員の前で4年生には発表してもらいたいです。

Img_1671

余談ですが、ヒオウギという花をご存じでしょうか?日本にも自生する夏咲きでやや大型のアヤメ科の花です。剣状の葉が重なり合って

扇のように見えるのでヒオウギと言う名がついたそうです。8月12日の中間発表の日はこのヒオウギが、きれいに咲いていました。

Img_1659_20200813000701

 

2020年8月23日 (日)

国際学会EDMedia&INNOVATELearningオンライン学会参加について

2020年8月22日 (土) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは!飯沼 瑞穂です。オンラインの国際学会に参加発表したので報告です。AACE主催のEDMedia&INNOVATE Learningという国際学会は、ここ数年、オランダのアムステルダムでの開催が続いており、今年も6月に発表が決定していたのでCOVID19が世界的に蔓延する以前は今年も予定を組んでいました。しかし、この学会もオンライン開催に変更が決まったため、残念ながらアムステルダムへの海外出張はキャンセルとなりました。

この国際学会は、教育メディアとイノベーションをテーマとした学会で規模も大きく、毎年、ビジネスパーソンと研究者の両者が参加する大きなイベントです。昨年、発表のため訪れた時には、EU主催の社会起業家教育の事例など、日本とは異なるアプローチの教育の事例を主催者側の視点の発表が行われていたり、教育メディア関連の国際学会では珍しくTechnologies for Social Responsible Learning (社会的責任学習とテクノロジー)やInnovative Approaches to Learning( イノベーティブな学習のアプローチ)など、私の専門に関連するテーマを広く扱われています。アムステルダムは環境デザインも進んでいるので、楽しみな学会の一つだったのですが、残念ながらオンラインでの開催となってしまいました。

オンライン発表ということもあり、ヨーロッパとの時差の関係で、私の発表時間は、なんと日本時間の0時でした。オンライン開催だとこのような問題が生じるのですね。自宅から、発表を行ったので、学会発表に参加している気分とは異なりますね。

 

Img_1544

私の発表の情報は以下の通りです。

Iinuma, M., Nakamura, T. & Chiyokura, H. (2020). A New Approach to Education for Sustainable
Development: Integrating Collaborative Technology and Media Creation for Social Design Curriculum.
In Proceedings of EdMedia + Innovate Learning (pp. 988-993).

2020年8月22日 (土)

基礎演習II 問題発見テーマについて その2.

2020年8月21日 (金) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは!飯沼 瑞穂です。2年生の必須科目の基礎演習IIでは、問題発見をテーマに授業が展開されています。このテーマでは、問題発見の方法について学びます。そのため、簡単な統計のエクササイズや、Google Earthを使った調査なども行っています。さらに、Google Whiteboardを使って、アイデアをまとめるブレインストームセッションを行います。2020年の春学期はコロナの影響で、これらすべてのカリキュラムはオンラインの同期型授業で実行しました。Google Earthを使ったエクササイズでは、Google Earth上で 様々な国の調査を行い、

プロジェクトにまとめます。以下が学生が作ったプロジェクトです。

2_20200812230501

この学生はフィリピンについて調査して、プロジェクトにまとめました。

3_20200812230501

またオンライン上でグループワークを行います。

こちらは、水質問題についてグループで話しあって整理した内容を

Google Jamboardでまとめた画像です。オンライン上でも遠隔でブレインストームとディスカションが

上手く行ったようですね。

2020年8月21日 (金)

基礎演習II 問題発見テーマについて その1.

2020年8月20日 (木) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは!飯沼瑞穂です。2年生の必須科目の基礎演習II の問題発見テーマでは、社会の問題を発見し新しい解決のアイデアの糸口を探ることをテーマに授業を行っています。昨年は対面式で行っていましたが、今年はオールオンラインでほぼ、同じカリキュラムを実施することができました。

Google Classroomを活用して対面式のグループワークを主に行っていたのですが、コロナの影響で本学期は、すべてオンライン化で行うことになりました。

Google Meet,Zoom、Google Classroomを併用して行っています。3コマ続きで3週のクラスです。毎回オンデマンドのビデオを視聴した後に演習講師の先生とTA/SAの指導のもとでオンライングループワークを行うという方法で行ってきました。

グループワークをリアルタイムの同期型のオンライン授業で行うのは、初めてでしたが、充実した資料を作る学生が多いのさすがメディア学部です。

第1回目のオンデマンドビデオではSDGsの紹介と、気候変動や人権問題など現在人類が直面するグローバルな課題の紹介を行っています。

以下はその様子の画像です。今後はコンテンツ制作の場面でも、世界や社会の動向に目を向けつつ、新しいアイデアや面白い解決策を探る時代になったと思います。メディア学部の学生たちには、幅広い視野を手にいれて研究してほしいです。

1_20200812223101

 

 

 

2020年8月20日 (木)

オンライン国際学会ICIET2020での招待講演について

2020年8月18日 (火) 投稿者: メディア社会コース

こんにちは!飯沼 瑞穂です。今年はコロナの影響で、多くの国際学会がオンライン化に移行しました。3月末に行われた国際会議

ICIET2020(International Conference of Inoformation Education Technology)もZOOMを使った国際会議でした。

招待スピーカーということで、新しい時代のリテラシーとソーシャル・デザイン教育に関するお話をしましたが、

初めてのZOOMでの発表で少し戸惑ってしまいました。会場で話すのとは違い、必ずしも参加者の顔と表情が見えないのは国際学会で

様々な国からの参加者が多い場合、やはり、対面式の方が良いなあ、と感じてしまいました。しかしコロナ禍でも開催が可能となった

ことは素晴らしいことだと思います。これからの国際学会の在り方も変わってくるのではないでしょうか?以下は学会が録画して公開して

出さった発表後のディスカッションの様子です(笑)発表内容のタイトルは以下の通りです。

 

Is2

Invited Speech by Assoc. Prof. Mizuho Iinuma, Tokyo University of Technology, Japan

“ Teaching and Learning with Technology in the Knowledge Society: New Literacies and Creating New
Value through Social Learning ” ICIET &ICKE Invited Speaker, Okayama University, Japan(2020)

 

2020年8月18日 (火)

サステナブル・ブランド国際会議2020横浜「全国SDGs未来都市」のスピーカー

2020年8月17日 (月) 投稿者: メディア社会コース

みなさん、こんにちは!飯沼 瑞穂です。少し、今年、スピーカーとして招待された国際学会について紹介したいと思います。

2020年2月、サステナブル・ブランド国際会議2020横浜の、シンポジウム「全国SDGs未来都市ブランド会議」にて

登壇させていただく機会を得ました。この会議は、社会課題解決と事業戦略の統合を狙い、

サステナブル社会の実現を目標としてアメリカで発足した国際会議です。今年は駒沢大学の教授で本国際会議のアカデミックプロデューサーも

務めていらっしゃる青木茂樹先生、Vancouver Economic CommisionのExecutive Director を務める Joan Elangovan氏、

そしてヨコハマSDGsデザインセンター センター長の信時正人氏とのセッションに参加させていただきました。

本セッションは、横浜を含む、日本で採択されたSDGs未来都市の可能性や官民連携の必要性、バンクーバーでの取り組みと都市ブランドの

向上についてがテーマでした。バンクーバーは素晴らしい自然環境に恵まれた都市ですが、例年、住みやすい世界都市ランキングでは上位を

獲得しており、それが都市のブランド向上に役立っているとのことです。

私もバンクーバーは訪れたことがありますが、野生のシャチやイルカの生態系が守られており、素晴らしいと感じた経験があります。

横浜も海に面した都市であり、ヨコハマSDDGsデザインセンターでは子供たちに海に環境保全に関する教育が公立小学校との連携で

始まっているとのことでした。SDGsに関連する課題の解決には市民を含めた様々なレベルでの連携が必要になりますが、

日本でもバンクーバーのように住みやすさと環境の良さが世界に通じるブランドとなる都市がどんどん生まれることを願っています。

ちなみに、余談ですが、本会議のスピーカーは国際会議の前夜に、レセプションパーティーに招待され、私も参加してきました。

夜の横浜美術館のホールで行われ、レセプションの合間に閉館後の美術館を、見ることができとてもゴージャスで

素敵でしたので、その様子の写真をシェアいたしますね!ライトアップされた、横浜美術館と内部のレセプションの様子です。

Img_1081

Img_1082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月17日 (月)

読書について(7)

2020年6月21日 (日) 投稿者: メディア社会コース

今週は,読書についてお話をしました.

現在の私は読書家とは決して言えないというのは,15日に書いたとおりです.しかし,読書は,フランクルの映画と同じように,自分のささえになるものだなと思うと共に,お仕事小説のように,未知の領域で他者の人生を共に生きたり感じたりすることは,私の専攻している社会学にも有用です.私たちの人生は,人の経験を知ったり語ったりすること,知識を得たり相手に与えたりしています.人の経験を知ることは,自分の悲しみだけに閉じこもらず生きることを可能にするなと思っております.

                                             山崎 晶子

2020年6月21日 (日)

読書について(6):お仕事小説というジャンル

2020年6月20日 (土) 投稿者: メディア社会コース

昨日触れたお仕事小説というジャンルが,若い女性をメインターゲットとした文庫などでメインのジャンルの一つとなっていることについてです.現在,大学生にも,仕事をイメージするのは難しいかもしれません.アルバイト先とご両親やご親族,あるいはお友達のご家族の家庭しかまだリアリティのあるものではないでしょう.まして,どのような時間の使い方をしているかなどは,どのような気持ちで仕事に向かうのかは想像しづらいところだと思います.

お仕事小説のメインターゲットが若者にも及ぶことは,この未知なるフィールドであるお仕事に関して想像しやすくし,そして色々なお仕事人生を早くから小説の世界で歩めることになります.今の若者はうらやましいなと感じることの一つでした.

                                               山崎 晶子

2020年6月20日 (土)

読書について(5):お仕事小説というジャンル

2020年6月19日 (金) 投稿者: メディア社会コース

さて,昨日の投稿では,お仕事小説というジャンルがあることを書きました.実は,私が一番驚いたのは,一時期非常に人気のあった少女小説にもお仕事小説がメインジャンルの一つになっていることです.少女小説は,少女や女性の経験する物語を描くことで,「物語の復権」と言われていた時期がありました.しかし,あくまでも私の感想ですが,少女や女性の物語のなかでは,お仕事は一部でしかなかったように思います.

現在の若い女性をメインターゲットにした文庫などでは,お仕事小説は多く,例えばドラマ化された作品もあります.私も読んでみましたが,残念ですが全てのものにそうは言えませんが,主人公の直面する状況のリアルさと,物語として引き込む力の素晴らししいものもありました.

よろしければ読んでみてください.

                                   山崎 晶子

 

2020年6月19日 (金)

読書について(4):お仕事小説というジャンル

2020年6月18日 (木) 投稿者: メディア社会コース

私は寡聞にしてお仕事小説というジャンルがあることを知りませんでした.

読書を一番していた頃は,経済小説と言われていたような気がします.そして

その本を手に取るのは,仕事をしている方と思っていました.今のように,お仕事

小説が人口に膾炙してベストセラーになり,ドラマや映画になり人気をはくすとは驚いています.

お仕事小説については,さまざまな特集があるようです.これは社会を理解する,人と仕事の関わりは

一つではないことを理解するのにも良いきっかけになるだろうなと,今ではすっかり仕事をしている人になった私は思います.

                  山崎 晶子

2020年6月18日 (木)

より以前の記事一覧