おもしろメディア学

「映画の時系列」について考える ~映像作品を分析するということ~

2020年6月30日 (火) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。

昨日に引き続き、映画の時系列のお話です。今回は研究内容の紹介ではなく、そのプロセスについて紹介します。
映画の時系列、とだけ書いてしまえば簡単ですが、しっかりと追究するとそこにはいくつかの異なるものが混ざっています。とりあえず例示すると・・・

① 映画の初めから終わりまでの再生時間上の時系列
② 作品中の世界における歴史上の時系列
③ 作品の登場人物の主観上の時系列

の3つが考えられます。

①については、時系列という呼び方は若干違和感があるかも知れません。「物語上で描写された順序」とより正確に書けばしっくりくるでしょうか。
②は「ストーリーの時系列」と言い換えると誤解が少ないように思います。「映画の時系列」と聞いて一番イメージされるのはこれでしょうか。
③は若干複雑ですが、作品の中で登場人物が時間移動をした場合に生じます。とはいえ基本的には移動するのは主人公で、描写は主人公を中心にされるため多くの場合は①と一致します。

③の、①と一致しない場合というのはどういうものかというと、ループものと呼ばれるジャンルが該当します。
作品中の登場人物が、ある事件・事象を何度も繰り返しているというタイプの作品です。その事件・事象で起きた出来事や結末に納得ができず、何らかの方法でその前の時間まで戻ってやり直す。
やり直しているのが主人公自身の場合も、(主人公を助けるために)他の誰かである場合もありますね。後者の場合はループしていること自体物語の中盤あるいは終盤まで明かされないことが多いでしょうか。
これを可視化しようとすると、通常①・②とは全く違った形になってきます。

このように、一言で「映画の時系列」と言っても全く異なる複数の概念を含んでしまっています。
議論の際には、どれのことを指しているのか、そもそもちゃんとこれらを区別できているのかによって誤解が生じ得ます。
また、映像作品の分析をする際にはどうしても個々人の解釈による差もあるため、その差を常に意識しながら誤解が生じないよう議論を進める必要があります。

昨日の記事で紹介した研究では、③に該当する作品の分析・可視化手法の検討に大変苦労しました。
また、とりあえず3つ挙げてみましたが、時間の流れが通常の範囲を逸脱するとまた別の類型がありそうです。

人格の入れ替わりだとか時間移動と歴史改変だとか、そもそも主人公2人だし・・・という、今はそんなとある作品の分析に頭を悩ませています。

 

2020年6月30日 (火)

オンライン授業でモチベーションをアップさせる方法

2020年6月 2日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

世界中の多くの大学で授業がオンライン化しています.
本学でも,2020 年 5 月 20 日(水)からオンライン授業が開始されました.
そろそろ 2 週目が終わろうとしていますが,
学生の皆さんは
勉強へのモチベーションは下がっていませんか?

今日は,モチベーションが下がり始めている方のために,
オンライン授業
でもモチベーションを下げずに
学習を続けたくなるコツについてお話ししたいと思います.

なにかの勉強をしているとき,

「ここで切り上げると中途半端だから
 このページをやり切ったら休憩にしよう」

と,キリの良いところまでやって終わりにしている方がほとんどかと思います.

実はこれ,大きな間違いかもしれません!


勉強を目的のところまでやり遂げると,達成感でスッキリした気持ちになりますが
その反動で次の一歩がなかなか踏み出しにくい状況になってしまうケースが多々あります.

実は,勉強はページの終わりや章の終わりなどキリのいいところで終わらせない方が,
毎日続けられるようになる可能性があります.

例えば,テレビドラマやマンガを見ているときに
「いいところなのに!」
というシーンで終わってしまい,1週間ソワソワした経験が誰にでもあるかと思います.

これは「ツァイガルニク効果というもので
「人は達成できなかった事柄や中断している事柄の方を,達成できた事柄よりもよく覚えているという現象」
と心理学で定義されています.

この「ツァイガルニク効果」は勉強にも活かすことができます.

ドラマの続きが気になるように,オンライン授業での勉強も
「今いいところ!」というモチベーションが高いときに辞めると,

「早く続きがやりたい!」

と自然とモチベーションを保てるようになります.

勉強をするときは,ページ数や章で区切るのではなく,
時間で区切ってあげて

「もう少しやりたいのに!」

というモヤモヤ感を残してあげることが習慣化のポイントです.

このモヤモヤとした感じが勉強に取り組む意欲や集中力に繋がるのです.

もし,ずっと家にいて勉強へのモチベーションが上がらない方は
あえて中途半端なところで勉強をストップさせて
意図的にモヤモヤ感を作り出してみてください.

きっと効果が実感できるはずです.

※注意:ただし,課題提出は後回しにせずに締め切りを守りましょうね w)


文責:菊池 司

2020年6月 2日 (火)

オンデマンド授業動画でカメラ目線を実現する画期的な方法

2020年5月30日 (土) 投稿者: メディア社会コース

遠隔授業になり、毎日のようにユーチューバーになったつもりで動画を制作している。

毎回の授業で最初の10分くらいは、せめて顔出しして話そうと決めている。身振り手振りを使ったり、表情で伝えたり、少しでもどんな先生がどんな気持ちで話しているのかを伝えたいからだ。学生からしたら余計なお世話かもしれないが、自分が納得いくように授業を進めたい。出来る限りのことをしたい。ただ、それだけだ。「先生は顔を出さなくてもいいんですよ」なんて言っている方もいるが、ちょっとくらい出しても良いではないか。

しかし、いざ撮影をしてみると、左下の小窓に写った自分が気になってしまい、ついそちらを見てしまう。

20200529-165418

これでは印象がよろしくない。でも、自分がどのように映っているのか気になってしまう。

目線が下を向いていると、緊張しているとか、自分に自信がないのではと思われてしまう。

そこでなるべく上の方を見ようと努力するが、こんどはスライドの内容を読んでしまい、ついつい画面中央辺りを見てしまう。

20200529-165437

これもダメだ。見ている人に向かって話をしなければ伝わらない。

目線が落ち着かないと、恥ずかしいのではないかとか、本当のことを言ってないのではないかと疑われてしまう。

どうしたらカメラ目線で話が出来るのか、毎日の撮影で悩んでいた。

カメラの方を見る努力をするのだが、目線がキョロキョロして落ち着かない。

まず、そもそもカメラの位置が良くわからない。

この、小さな丸か。ターゲットが視覚的に明確でないと、視線が固定されないのは仕方ないのではなかろうか。

なんか黒くて、分かりにくい。

調べてみると、どうやら3次元空間において眼球運動を行って、得られた信号を脳の前頭眼野後部領域で受け取ることが影響していそうだが、これを調べ始めると時間がかかりすぎてしまう。

そうだ、ようは見るべきターゲットがもっと明確になっていれば良いのか。

これでどうだ。

20200529-165458

これが、カメラ目線を実現した瞬間だ!

では、いよいよこの画期的な方法を紹介しよう。

Img_9302

これなら笑顔にもなれる。

作り方は、ご想像にお任せする。

 

 


メディア学部 吉岡 英樹

Img_6054

略歴:バークリー音楽院ミュージックシンセシス科卒業後、(有)ウーロン舎に入社しMr.ChildrenやMy Little Loverなどのレコーディングスタッフや小林武史プロデューサーのマネージャーをつとめる。退社後CM音楽の作曲家やモバイルコンテンツのサウンドクリエイターなどを経て現職。1年次科目「音楽産業入門」を担当。現在のコンテンツビジネスイノベーション研究室は2020年度にて終了し、聴覚障害支援メディア研究室として新たなスタートを切る。


 

2020年5月30日 (土)

[ 映画コラム-その1 ] コメディ映画の結末

2020年4月 5日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース





今週末は、外出をひかえて家で過ごされる方も多いかと思います。大変な時期となりましたが、みなさん体調に気をつけて、無事に健康でお過しください。

家にこもっていると気持ちもくもりがちになりますが、そんな時は、DVDやネット配信で映画鑑賞はいかがですか? このブログシリーズ[映画-コラム]では、こんな時期におすすめしたい映画や、映画のひとくち知識などについてご紹介していきたいと思います。

今日のテーマは「コメディ映画」です。コメディ映画で気分転換はいかがでしょうか?

「ブルース・ブラザーズ」は、私のイチオシ映画の一つです。ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドというギャグの天才ふたりが暴れ回る音楽映画ですが、ストーリーは単純明解です。自分たちが育てられた孤児院が、破産寸前の危機に直面しているので、それをなんとか助けようと、バンドを再結成してチャリティコンサートを開催するのです。

ドタバタの大騒ぎの末に、稼いだ5000ドルを寄附するまでの展開が、ほんとに面白いですよ。「ブルース・ブラザーズ」の監督はジョン・ランディスという方です。ほかにもエディ・マーフィと組んだ「大逆転」や「星の王子様ニューヨークへ」などの作品がありますね。

ジョン・ランディスと並ぶんで、ジェリー・ザッカーも素晴らしいコメディ映画の名手です。「ゴースト」は至高のラブストーリー、「ラットレース」は著名俳優大集合の豪華なコメディ映画です。どちらも人間の愚かさと素晴らしさの両面を表現つくしていると思います。ぜひこちらもリストにいれてください。

実は、これらのコメディ映画には、共通するテーマがあります。

それは「お金」です。
お金に振り回されて、人生がおかしくなるほど奔走する人間たち。
その姿がおかしいのと同時に、見る人に人生の価値観を教えてくれます。

今日紹介した映画は、基本的には欲得づくの人間たちが、巨額の資金をめぐって右往左往する話なのですが、最後にはある決まった「オチ」があるのです。見る人がスカっとした気持ちになる仕掛けなのです。さて、どんな結末でしょうか?

みなさんもご覧になって、これらの映画の結末を確かめてみませんか?
どんな「オチ」なのか、それは次回のブログに書きますね。お楽しみに...


今回は、コンテンツコース・佐々木 が担当しました。


2020年4月 5日 (日)

エクセルとうるう年のお話

2020年2月29日 (土) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。

今日は2020年の2月29日、4年に一度のうるう年のうるう日ですね。
せっかくなので、うるう年にまつわるおもしろメディア学です。

うるう年は4年に一度、2月に29日が入るというものですが、実は単に4年に一度ではありません。
西暦の年数が・・・

・4で割り切れるときはうるう年とする
・ただし100でも割り切れるときはうるう年としない
・ただし400でも割り切れるときはうるう年とする
という条件になっています。

条件だけ見ると複雑ですが、後ろ2つは具体的には1900年はうるう年ではなく、2000年はうるう年です。
100年単位で見れば次は2100年・2200年・2300年がうるう年ではなく、2400年がうるう年ということです。

2000年もうるう年だったので、4で割り切れるうるう年でない年は120年間来ていないことになります。

ここまでうるう年自体のお話でしたが、エクセルとはどんな関係があるかというと、実はエクセルの日付計算機能にはうるう年に関するバグがあるのです。
先ほど話した通り、1900年はうるう年ではないのですが、エクセルの機能で日付を見ると1900/2/29が存在しています。
1900年から2400年までの2/26から7日間を表示してみました。

0229_20200229115301

2100年から2300年は2/28の次が3/1になっていて、2000年、2400年は正しく2/29になっています。
そして、1900年にも2/29が現れています。
つまり、エクセルの日付計算機能上は1900年がうるう年として扱われているのです。一般的に考えて、これはバグですね。

なぜこうなっているかというと、エクセルが開発された当時はLotus 1-2-3というソフトが表計算ソフトの主流でしたが、このソフトに1900年をうるう年とするバグがありました。
マイクロソフトとしてはエクセルを売り出したいので、現在主流のLotus 1-2-3を使っている人が同じデータをそのまま使って乗り換えできるようにする必要がありました。
そのため、Lotus 1-2-3と同じ方式で日付計算を行うように設計し互換性を持たせました。これによってエクセルでも1900年はうるう年という誤った情報のままになっているというわけです。

この、互換性を優先して故意にバグを仕込むというのは大変興味深い判断です。
バグ、つまり誤りは正すのが普通ですが、あえて残すどころかわざわざ発生させています。

しかし、もちろんそれをするに足る合理的な理由があります。もしこれを開発当時に修正すればLotus 1-2-3との互換性がなくなり、厳しいシェア争いが必要になりました。
また、もしも今からこのバグを修正すると、これまでに作られた世界中のエクセルファイル全ての日付が1日ずれてしまうという甚大な問題が発生します。

それに対し、1900年をうるう年のままにした場合に起きる問題は、「1900年の1月1日~2月28日の曜日がズレてしまう」というだけです。
エクセルでは1900年以前をもともと日付として扱えないので、このごくわずかな期間、しかもその期間の曜日を計算するというごくごく限られた場面でのみ問題が生じます。(そんなことする人いるのかな・・・?)
つまり、バグを修正した方がより大きな問題が発生するということになります。
これらを総合的に判断した結果、今でもエクセルには1900年の2月29日が存在しているというわけです。

うるう年にまつわる、表計算ソフトの歴史のお話でした。

2020年2月29日 (土)

サウンド×ヒューマン研究まとめ

2020年2月25日 (火) 投稿者: メディア技術コース

Kouka_shokai_004

こんにちは。今回はサウンド研究が中心の大淵・越智研のメンバーが取り組んでいる、または今年度卒業研究・修士論文研究で行った研究課題の概略を図示してみました。これ以外にもサウンドの可視化や画像から音を作る(可聴化)、プログラミングで音楽を奏でるライブコーディングへのAIの導入、音声認識、音声合成など、描ききれない色々な研究テーマがあります。サウンドと一口に言っても色んなことができることがわかりますね。共通するのは、大淵・越智研ではサウンドを芸術的な側面だけではなく技術(機械学習(AI)や統計、音響分析)と結びつけて研究していることです。サウンドを技術的な切り口でとらえてみたい学生の皆さんは是非大淵・越智研で一緒に研究してみませんか?

 メディア技術コース 越智

2020年2月25日 (火)

AIは代わってくれない研究のプロセス

2020年2月24日 (月) 投稿者: メディア技術コース

Sotsuke_process003

研究のプロセス

こんにちは。メディア学部では卒業研究発表と大学院の最終審査がちょうど終わった時期です。ここではメディア学部に限らない研究そのもののプロセスをまとめてゲームマップ風?にまとめてみました。図では単純化していますが、各プロセスは場合によっては前の段階に戻って方針を練り直す必要が生じることが多々あります。卒業研究や大学院の研究活動では、1年(または2年)かけて試行錯誤とチャレンジを繰り返すことそのものが、研究以外においても今後必要となる問題発見や科学的・論理的思考といった力を培うのに役立つことでしょう。これから研究を始める皆さんも、厳しくも楽しい1年を過ごすことにより自分の成長を実感できると思いますのでぜひ頑張ってください。

Koukaton001_2_20200220085601

夕日を浴びる本部棟   

メディア技術コース 越智

2020年2月24日 (月)

図と説明文の話

2020年2月18日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

鶴田です。

先日、Taylor's Universityのみなさんが来学した際に、日本文化の紹介として折り紙のワークショップを行いました(大学からのお知らせはこちら)。

ワークショップは1時間予定されていたので、折り紙の数学や歴史、技術応用の話をした後、簡単な箱の作品を折ってもらうことにしました。
しかし、手元にあるのは日本語の折り図です。当然みなさん読むことができません。とはいえ図が書いているのだから日本語が読めなくてもおおよそ理解できる気もします...。

迷った結果、全部翻訳するのは手間がかかるので「難しそうな手順だけ英語の訳を付けた」のですが、結局「難しい部分は英訳があっても間違える」という結果になりました笑

さて、折り紙の手順を示した図では下記のような説明文が付いていますね。この「半分に折る」という説明は本当に必要なのでしょうか?例えば、立川とかにある某北欧家具メーカーの組立説明書は、説明文をなくして、図だけで理解できるようにしています(本当に理解できるかは別ですが)。

Text15060

いろんな国のいろんな言語を話す人が入り混じる世の中で、翻訳というのは大変なコストになります。私にとっては、図の在り方についてちょっと考えたワークショップになりました。

2020年2月18日 (火)

大学から見える意外なランドマーク(2)

2020年2月 5日 (水) 投稿者: メディア技術コース

助教の戀津です。

先日の記事に続き、学内から見えるもうひとつの意外なランドマークのお話です。
片柳研究所から都心の方を見ると、頭一つ(という表現はちょっと違うかもですが・・・。)抜けた高い高い建造物が見えます。

Dsc_0047_20200201130301

流石に遠いのでズームします。

Dsc_0048_20200201130301

更に拡大・・・。

Dsc_0048z

はい。スカイツリーですね。特徴的なシルエットと、何より大変高いのでわかりやすいです。

探してみたら総務省の公開するこのようなデータがありました。関東広域圏東京親局というのですね。
関東平野の広域にテレビ電波を発信できるように建造されているので、山などに遮られない限り非常に広範囲まで電波が届いていることがわかります。

電波は基本的には直進します。つまり、テレビの電波が届くということは間に何もないということになります。
(厳密には回折や反射といった現象や、中継局などがあるので
その限りではないですが・・・。)
そのため、東京工科大学からは44Kmほど離れていますが、高い位置からであれば視認可能なんですね。

そういう意味ではあまり意外ではないのですが、そんなに遠いのに見えるんだという意味で意外なランドマークのお話でした。

2020年2月 5日 (水)

夜景写真を自動的につくる研究

2020年1月17日 (金) 投稿者: メディア技術コース

 大学院メディアサイエンス専攻修士2年の王 旭(おう きょく)さんの学会誌論文が採録されました。
 
 王 旭,渡辺大地,柿本正憲,2019,昼間の都市俯瞰画像からの夜景画像の生成,画像電子学会誌,48(3),375-384
 
 都市の建物群を撮影した写真一枚から、同じアングルの夜景写真を自動計算で生成するという研究です。
 
4_20200115091101

 この分野は一般に画像のスタイル変換と呼ばれ、近年盛んに研究されています。AIによる画像認識はすっかり世の中に定着しています。画像のスタイル変換にもAI技術が使われます。
 
 ただ、夜景画像は特殊で、昼間には存在しなかった膨大な数の細かいけど明るい光が現れます。これは一般的なスタイル変換では扱いにくい対象です。今回の研究ではAIの手法は使わず、建物群の遠景画像を徹底的に分析し推定する方法を選びました。
 
 例えば、道路付近の街灯や店の灯りや車のヘッドライトなどが高層ビルを下から照らす効果も入れています。また、最終的に描画する細かい光は、色の種類が現実世界と同じような割合になるように工夫しています。1000枚近い既存の夜景写真を分析した結果です。
 
 現在、このような分析的な手法ではなく、日々進歩しているAIの技法をうまく使えるような手法を研究中です。成果が楽しみです。
 
 メディア学部 柿本正憲

2020年1月17日 (金)

より以前の記事一覧