おもしろメディア学

クアラルンプールのランドマーク「Petronas Twin Towers」(マレーシア出張報告6)

2019年4月25日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

メディア学部では、アニメーション制作をするときに、都会などの背景を制作したり、カメラの視点や向きをいろいろ工夫して構図を決めます。ゲームにおいても背景モデリングが重要な課題になります。

私たち教員はいろいろな出張において、街並みや建物の風景を撮影してきます。背景制作のための参考資料に将来なると考えているためです。

三上先生の記事にも紹介されているPetronas Twin Towersを訪問できました。
 MSU訪問の3日め
今回の訪問では3月27日から29日までMSU訪問期間となっており、30日の深夜のフライトで帰国予定になっていました。そこで、マレーシア出身の大学院メディアサイエンス専攻の卒業生に案内していただき、Petronas Twin Towersやモスク、イスラム美術館を見ることができました。

カメラの向き、方向によって建物の印象が変わってしまいます。

Dsc_7176_1  Dsc_7187 Dsc_7191

Petronas Twin Towersには、真ん中には渡り廊下があり、そこにまず上がってクアラルンプールの風景をみることができます。そこから下をみたら、白い点々があり、何かなっと思っていたら、「あそこはお墓ですよ」とことでした。都会の中心にもいっぱいのお墓があるのですね。

さらにそこから、エレベータで86階まで上がって、街並みの様子と建物の見え方を観察してきました。高所恐怖症の方にはちょっといけない場所かもしれませんね。カメラの位置や方向を変えるといろいろな構図の写真を撮ることが分かります。また、建物の一部を撮影すると、その形や部品がはっきり見えたりします。概略だけでなく、詳細も知っておくと、モデル制作時に役立ちます。

写真を何枚お見せします。
観光気分とともに、モデル制作や構図設定の参考にしてください。

 

Img_1621 Img_1596Img_1600_1Img_1610_2Img_1611Img_1624_1Img_1651Img_1659

大学院メディアサイエンス専攻 近藤邦雄

2019年4月25日 (木)

プロが使うゲームサウンドツールを直接教えてもらえます!

2019年4月10日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

伊藤彰教です。

まずは以下のプレスリリースをご覧ください!

株式会社CRI・ミドルウェアさま4月9日プレスリリース

東京工科大学4月9日プレスリリース

「あれ?そういえばこのロゴ、ゲーム画面が起動するようなところにたまに見かけるけど…」と気づいた方はなかなかの事情通です。ゲームはたった1社が作るものではなく、多くの企業さんの技術を結集して作っていきます。その中でも、多数の利用実績があるのがこの企業のテクノロジー。よくよく見てみると「あのゲームにも!」「このゲームにも!」と、次々と気づくかと思います。

そしてこの春から、この企業の社員の方を講師としてお招きして、いままで以上に実践的なゲームサウンドの演習を行うことになりました!(正直なところ「学生さんたちがうらやましい〜」と思います…)

そしてなんとこの講師の方は、本学メディア学部を卒業し、大学院メディアサイエンス専攻を修了したわれらが先輩。良くも悪くも(?)メディア学部のことをよく知っている先輩が、企業人になったいま、ゲームの制作現場のテクニックを余すことなく教えてくれます♪

Hioki
本学大学院修了の日置さん(これから日置先生!)

実はこのツール、DAWソフトのように音楽制作っぽい操作もできますし、より凝ったサウンド表現を実現するためには、わずかながらもプログラムを組んでいきます。

Adximg

「コンテンツコースなのにプログラミング?!」

そうです。ディジタル・コンテンツである以上、音楽やサウンドで自由自在にコンテンツ表現しようと思ったら、やっぱりプログラミングが<少しは>できた方がいいののです。本当なら<深く大量に>やるべきプログラミングの負担をできるだけ軽減しているのがこのツール、決して教育用のおもちゃではなく、本当にこれで売り物のゲームがたくさん作られています。

このツール、つい最近大幅なバージョンアップがなされたようで、その最新機能も含めてご紹介いただけるとのこと、楽しみですね♪

 

2019年4月10日 (水)

【研究紹介】お城を数値で作り上げる!:日本城郭のプロシージャルモデリング

2019年1月22日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

最近の映像コンテンツではロケーション撮影やミニチュアによる特撮ではなく,3DCG を用いた広領域な背景を表現するものが多くなっています.
実写ではなく 3DCG を用いる利点は,大きな世界観を持つコンテンツの場合でもビジュアル化が可能である点が挙げられますが,その一方でどうしても必要となる CG モデルの物量とクオリティの確保,および膨大に膨れ上がる制作パイプラインの管理などが課題として挙げられます.

そこで,都市景観やビル群,建築物などの生成規則をルールとしてまとめ,パラメータ制御によってモデルを半自動的に生成してしまうプロシージャルモデリングという手法が多くみられるようになっています.

”プロシージャル”とは日本語で”手続き”と訳され,モデルの生成規則を手続きとしてコンピュータにインプリメントし,その規則に則って自動的に形状を生成してしまおうというものです.
プロシージャル・アニメーションに関する解説は,こちらもご覧ください.

我々の研究室では,戦国時代をシミュレーションしたゲームや映画などの映像コンテンツで利用できる「日本城郭(いわゆるお城)」をプロシージャルにモデリングする研究を行っています[1].

20190121_1
図.「日本城郭のプロシージャルモデリング」の研究成果例

続きを読む "【研究紹介】お城を数値で作り上げる!:日本城郭のプロシージャルモデリング"

2019年1月22日 (火)

【研究紹介】プロジェクションマッピングはエンタメだけじゃない!プロジェクションマッピングによる動作支援

2019年1月15日 (火) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

皆さんは「プロジェクションマッピング」というと,何を思い浮かべるでしょうか?
東京ディズニーランドのそれや東京駅でのものを思い浮かべる人も多いことと思います.

このように,「プロジェクションマッピング」というと「エンターテインメント分野」のコンテンツを想像される方が多いと思いますが,プロジェクションマッピングとは「映像を実際に存在する物体にマッピング(投影)することで,ある種の錯覚を利用して鑑賞者の印象を操作する」モノであると捉えるならば,その利用方法はなにもエンターテインメント分野に限ったものではないと思われます.

続きを読む "【研究紹介】プロジェクションマッピングはエンタメだけじゃない!プロジェクションマッピングによる動作支援"

2019年1月15日 (火)

高大連携企画・映像制作ワークショップを開催しました

2019年1月14日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

2019年1月13日(日)に東京工科大学八王子キャンパスの PC 教室を利用して,「中高生にもできる映像制作ワークショップ:私も CG 映像作家になれる!」を開催しました.

このワークショップは,東京工科大学メディア学部と神奈川学園中学・高等学校「高大連携共同研究」として進める企画のひとつとして開催しました.

01
図.ワークショップの様子

続きを読む "高大連携企画・映像制作ワークショップを開催しました"

2019年1月14日 (月)

【再掲】世にも恐ろしい本当にあった話...(からぁ~の,エール!)

2019年1月 9日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

2019年もスタートし,日本の大学ではそろそろ卒業研究最終発表や修士・博士の学位審査会などが開催される時期になってきました.

学部 4 年生,あるいは大学院前期・後期の最終学年の皆さんはまさに追い込みの時期になってきたわけですが,この時期だからこそ,私の過去の失敗談を再掲しておきたいと思います(笑).

こちらをご覧ください

01

続きを読む "【再掲】世にも恐ろしい本当にあった話...(からぁ~の,エール!)"

2019年1月 9日 (水)

【研究紹介】”匂い”で季節感を感じさせることはできるか?

2019年1月 6日 (日) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

本日のブログでは,菊池研究室で行った「季節感を感じさせる嗅覚刺激に関する研究 [1]」に関して紹介したいと思います.

人間には,視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の「五感」がありますが,昨今の VR ( Virtual Reality )の発展・普及に伴い,嗅覚ディスプレイの研究・開発が盛んに行われるようになってきました.
嗅覚ディスプレイとは,匂いを提示する装置のことで,映画やゲームのシーンに合わせて匂いを提示して臨場感を高めることや,電子広告と同期して匂いを発生させて新たな宣伝方法を実現することが期待されています.

皆様も一度は,テレビ番組で美味しそうな料理を見たときに「あぁ~,どんな匂いなんだろう?」っと思ったことがあるでしょう?(笑).
嗅覚ディスプレイが実現できれば,その願いが叶うわけですね!

さて我々菊池研究室では,近い将来「映像と匂いを同時に提示するコンテンツ」が実現できると考え,それに先立って「映像と同時に匂いを提示することによって,映像から受ける”季節感”を増幅させることができるのか?」ということを明らかにする研究を行いました.

続きを読む "【研究紹介】”匂い”で季節感を感じさせることはできるか?"

2019年1月 6日 (日)

【研究紹介】”未体験視点”を体験したらどうなるか?

2019年1月 2日 (水) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

昨今の VR (Virtual Reality) の普及に伴い,いろいろなところで「 360 度動画」を目にする機会が増えました.例えば,このような動画です.

Top_2

上記の動画も,こちらで紹介されている動画も我々「菊池研究室」が制作協力をしていますが,我々の研究室では 360 度動画を単純に制作するだけでなく,「普段人間が生活している上で体験することがないであろう映像を制作した場合,視聴者はどのようなことに関して没入感や恐怖感を感じるのか?また,そのような感性を引き起こす要因はなんなのか?」を明らかにする研究を行っています.

この研究成果は,2018年8月3日~7日にイタリア・ミラノで開催された 「 The 18th International Conference on Geometry and Graphics ( ICGG 2018 )」にて発表を行いました [1].

続きを読む "【研究紹介】”未体験視点”を体験したらどうなるか?"

2019年1月 2日 (水)

台南でみかけた立方八面体!?  おもしろメディア学

2018年12月27日 (木) 投稿者: メディアコンテンツコース

国際会議ADADAで台湾の台南に行きました.学会の見学会で街の中のお寺などを見学しました.日本でもお寺などでみることもありますが,立方八面体を利用した柱の飾りをみることができます.
写真のような使い方です.石で制作した飾り,木を加工した飾りなどがあります.この立方八面体は,正多面体である立方体と正八面体から生成できます.神秘的な形状とも言えます.

Dsc_3207

Dsc_3249

Dsc_3250

さて,
次の写真も立方八面体のように見えます.

続きを読む "台南でみかけた立方八面体!?  おもしろメディア学"

2018年12月27日 (木)

【研究紹介】”かわいい LINE スタンプ”って,どんなスタンプ?

2018年12月24日 (月) 投稿者: メディアコンテンツコース

本ブログをご覧の皆様,こんにちは.

メディア学部教授 菊池 です.

先日のこちらのページでも特集されているように,スマホは私たちの日常生活に欠かすことのできないデバイスとなっています.

では皆様は,スマホで一番使っている機能(アプリ)はなんでしょうか?

皆様の中には,「う~ん...LINE かなぁ~?」という人も多いのではないでしょうか?

最新の報告( 2018 年 11 月調べ)では,LINE の月間アクティブユーザ数は日本国内では 7,600 万人以上,全世界では 2 億 1,700 万人以上というデータもありますSocial Media Lab からの引用)

このようなデータからもわかるように,多くの人によって利用されている LINE ですが,その魅力のひとつに「LINE スタンプによるコミュニケーション」があるのではないでしょうか?

Stamp2

図.菊池研究室での研究成果によるオリジナル LINE スタンプ

続きを読む "【研究紹介】”かわいい LINE スタンプ”って,どんなスタンプ?"

2018年12月24日 (月)

より以前の記事一覧